落ち込んだ時の解決法

ひとりごとです。

今日は一生懸命やった結果があまり思わしくなかった一日でした。私の仕事は相手あってなんぼのもの。自分がいくらがんばったって、相手が動かなければ成果がでない。つらいところです。仕事の性質上
私の仕事立場は不安定な職業なので、いつも自分の力をMaxにできるよう努力してきました。今も努力しています。だから、英検1級取得は自分の中ですごく大きいことでした。よく、勘違いされるのは、「帰国子女だったんでしょ?」とか言われて、まあもうおばちゃんなのでだいぶそれも言われなくなりましたが、ちょっと自分の「努力の人」とはかけ離れたイメージをもたれるので困ることも多いです。

でも、私は「努力の人」以外の何者でもないと思っています。全然できな自分から、少しでも「できる」自分になれるように一つ一つのステップをすごく時間をかけてきました。だから一生懸命になっている人をみたら、つい自分も一生懸命になってしまいます。私のまわりには「できる」ことが当たり前の人がうようよいて、「できない」ことがどうも理解できないといった様子の方々もいます。

英語もいまだにわからないことだらけ。恥をかくこともしょっちゅうですが。落ち込んでいる暇はない。
とってもいやなことを言われたり、落ち込んだら、まず最初に

「勉強」します。

そしたらふっとんじゃう。でも、今日は疲れているのでそれもできないから寝ます。明日がんばろう。PB読みたいなあ。おやすみなさい。

ペーパーバック禁止令


1日1分レッスン! 新TOEIC Test 千本ノック! (祥伝社黄金文庫 (Gな7-6))
1日1分レッスン! 新TOEIC Test 千本ノック! (祥伝社黄金文庫 (Gな7-6))
クチコミを見る

昨日に引き続き仕事を持ち帰ってやっています。いつまでたっても終わらないなあ。明日は一番忙しい金曜日の上に子供を医者に連れていかなくちゃ。がんばろう。

私が仕事をする横で、「ママ英語の勉強するね。」と言ってDSを堂々と出して英検の過去問を解いている子供。そう、リスニングに頼るのはもうやめて、「読む」ことを中心に!問題文を声を読んでやってもらっています。まずは4級をきちんとおさらいしてからね。

私もとうとう禁PBにしました。しかし楽しみがないとダメですねえ。自分から笑顔がきえてしまいそう~。

でもね、PBを開く代わりに昨日から子供の通院の待合室は問題集を開くようになりました。(私には両方は無理なので)この前本屋で見つけて「あ、これブログであの人が使っていたのかな?」と思い購入しました。私もがんばってみます!今第2章まで行きました。リスニングも今はデスクワークが中心なので、その間はずっとB.G.M代わりに聴きっぱなしにしています。まあ明日からまた時間を作らないといけませんが、ここ2,3日は一日3時間以上は聴けた。(といっても仕事しながらですが~。)ブログでたくさんがんばってらっしゃる方がいる。めげてなんていられないですよね。みなさん、一緒にがんばりましょう。しかし、TOEICってますますビジネスなんですね。ついていけない。くすん。

明日で忙しいのは一区切りのはず。来週からまた勉強モードにはいりたいです。仕事にもどりまーす。

日本人に合う英語??

さっき、仕事がちょっとキリがついたので、むくむくと湧き出てきたことを書きたいとまたブログに向かっています。

今朝の朝日新聞のオピニオンのコーナーで「これからの英語」と題して鳥飼玖美子教授のインタビューが掲載されていました。「訳読vs.会話」論争についてです。このご意見に全部賛同する訳ではなくても、うなずくこと数回。日本人の大人の人が、「学校で英語をちゃんとやっていないから、英語ができない。だから訳読授業が悪い。」というくだりには、私もちょっとその意見に引いちゃいます。以前にも書いたことがあるけど、訳読授業自体が悪ではなく、私達の英語の勉強量が足りないから使えないんだと常に思っているので。読むのも、聴くのもあまりにも少なすぎる。

それと、ブログで行き来させていただいている方が、「話している英語の単語の使用が難しい単語を使っている。」とネイティブに指摘されたそうです。(すみません、かってに引用して。)私はそのネイティブに言いたい。
堅い英語、難度の高い英語でどこが悪いのか。そりゃこなれてない英語に聞こえるかもしれないけど、私が1級単語を使って話をすると、けっこう驚いて認められるってことのほうが多いんだけどなあ。「なんでそんな難しい単語をつかうの?おもしろい」みたいなノリで。特に学歴の高いネイティブはその傾向があるんじゃないかと感じます。だって、meeting spotをrendezvousと言ったほうがおもしろいじゃないですか!difficult termをgobbledeegookといったほうがなんか響き伝わりません?その方に代わってなんか私達みんな一生懸命勉強しているのに悔しい思いです。

それと、「欧米が英語のモデル」ってのもホントに古いですよね。私は個人的にはイギリス史が好きなのでイギリス英語は好きですが、だからといって発音だけよくて、中身がないのはおかしいと思います。

昔、スコットランドをふらふらと旅行していた時に、予約なして泊まったB&Bで体験したことです。
朝ごはんを食べ終わって、そこのとっても愛想のいい女主人の方が私に。

"Are you finished?" と聞きました。私は”You mean, "Have I finished?"と聞くとそうですとの事。
今は英語の参考書でも当たり前のように出てくるこの表現。「もうお済みになりましたか?」ですね。完了形だけでなく、受身でも言える。

その女主人と、横で朝ごはんを食べていた、グラスゴーからのカップルが笑いながら教えてくれました。
「このあたりは、たいてい受身を使っていうのがあたりまえなの。」
それから、女主人が面白い話をしてくれました。

ある時、その宿に泊まった初老のご婦人に同じように女主人が朝ごはんのお皿を見て、”Are you finished?"とたずねると。

その老婦人は答えた。
”No, I'm Norwegian."オチわかります?

そう、そのスカンジナビア出身の女性は正しい英語を使っただけなんです。受身でたずねると、「あなたはフィンランド人か?」(Are you Finish?)と勘違いしたらしいです。(笑)

その場にいたスコティッシュにしても、他のイギリスで聞いた話でも、私の知りうる限りですが、みんな「北欧の人はイギリス人よりも正しい英語を話す。」といいます。(笑)でもその間違った英語でもコミュニケーションとれてるじゃん。

「正しい英語」ってなんなんでしょうね?あるんですか?もちろん場に応じた話し方はあってしかるべきですが、
私達は第2言語として英語を習っている。完璧であるべきなんでしょうか。
昔、私は昔明石さんの英語をテレビできいたり、今は亡き筑紫哲也さんの英語インタビューとかをきいて、
「日本語アクセントで何がいかん?要は中身だよねやっぱり。」と常々思ったものでした。

それと、私は方言を聞くのが大好き。おかげでヘンな表現を自分の会話にはさんで、わたしの「万国チャンポン間違いだらけ英語」を楽しんでくれるネイティブは結構多いです。話している相手の国独特の言い回しをしっていたら、ワザを使っていつも盛り上がります。そこからもっと教えてもらえるし。

何度も書いているように「中身がなければ、話す内容もない。」だから会話にばっかり力入れるのはもういいんじゃないですか~?大学入試が変わらなければ苦しむのは学生さんですしね。

なんか夜中に熱くなってすみません。偉そうにいえる立場でないラーナーですが、ちょっと一言でした。
もう寝ないと~。

英語読書日記「Fire Study]

Fire Study (MIRA)
Fire Study (MIRA)
クチコミを見る
Maria V. Snyder
Period: 13.October .2010-19. Octorber 2010 (7days)
Category: Paranormal (Fantasy)

441pages

Total Recommends: ★★☆☆☆

difficulty:★★☆☆☆
story: ★★☆☆☆
can't-sleep-degree:★★☆☆☆
romance-packed-degree:★☆☆☆☆

続きものですからね。一応読まないと気がすまない。前回までのキャラクターが大活躍するので、面白いのは面白いし、すぐ読めます。といいながら、「お、これ1級単語」と思いながら調べる調べる。忘れていきますね。星2つなのはやはり、前作、前々作は越えられないというだけの理由です。1巻が圧巻。3巻はつじつまを合わせようとして場面が展開しすぎてるような気がしました。最初からヤマ場が用意されていて、「これが最終巻だよ。」みないなノリが感じられました。

ここ3日ほど、忙しかったにもかかわらず、ひょんなことから読書の時間を確保できるようになりました。恥ずかしながら、うちの子供はまだまだ一人でベッドルームにいけません。だからパパかママがかならず眠るまでそばにいないといけない。英検の勉強や夜の家事なんか(なんかヘンな響き。洗濯とかですよ~。いちおう働くママだから、夜に洗濯しないといけないときもあります。)で、寝かしつけるのはここのところたいていパパ。でも、英検が終わると「待ってました」とばかりに「今日はママと寝るの~。」の大合唱。(いや、ひとりだけですけどね。)いままでは、横で寝るのまってたんですが、3日ほど前にふと、「ライトつけて横で英語の本読んでいい?」ときくと、あっさり、「ライトが明るくてこわくないから、これからそうして。(超こわがりの癖に「怖い話」が好きなへんなヤツ)」やった~!読書時間ゲット~!

で、さっき読み終わりました。このシリーズは主人公がかわって、同じ舞台で新作がでているんですが、やっぱりヒロインは元気でなくちゃ。この主人公が好きです。でもその傍らの恋人が好きなんですがね。中世を思わせる架空の舞台。その世界を堪能できるだけでも楽しいです。つい最近DVDで「トリスタンとイソルデ」を観たんですが、やっぱ中世っていいですねえ~。だから、キャラクターがあんまり複雑な性格でない。ヒーローも単にかっこいい。「Twilight」とまた違います。あれは、一応舞台が現代(過去にさかのぼるシーンが好き~。)なので、なんかエドワードなんて超セレブ的なアプローチでべスにベンツくれたりするけど、「Study」シリーズはそういうのがないからとってもさわやかです。いや、「Twilight」も面白いですがね。ベースはブロンテや、ジェーン・オースティンが流れてますし。両方とも「ヤング・アダルト」のカテゴリーなので、欧米の高校生が読んでいるものです。ラーナーにはホントにおすすめ。語彙も馬鹿にできません。

明日から、次の本を手に取りたいところですがしばらく「禁PB」宣言。

そろそろ1ヶ月ほど勉強はじめます。すぐにペーパーバックばかりになってしまうので。うーん。ちょっと、いや、だいぶ寂しいです。

英検1級合格までの勉強 面接編 (2)スピーチ

面接編 (2)です。

お風呂で「一人英会話」しましたか?では、もうご存知の方は先に進んでいただくとして、まだごらんになってない方はこちらをのぞいてみてください。英検協会のバーチャル2次試験です。

http://www.eiken.or.jp/eikentimes/virtual/eiken_1/index.html

なんとなく、感じがつかめましたか?私が最初これを見たときは、「こんな受け答えできる人いるの?」というのが私の感想でえーす。

でも試験の流れはよくわかるのでシミュレーションできますね。

まず試験場に行きます。早く行けば行くほど先に面接してもらえます。私は先に順番とって、それからお昼食べようと思ったら、「それはできません。食べてからきてください。」といわれ、結局待合室の最後の方になってしましました。どちらにしろ、先に行っても、後にいっても待ち時間は同じということですね。

実は、私の周りにはちらほらと「英検面接官」経験者がいます。たいてい、もちろん日本人で1級を担当された方はいません。2,3級。よくて準1級。だから、1級担当者はおそらく大学の先生とかなんじゃあないかなあと思います。あ、ちがう方のブログで、業界で超有名で、テレビや雑誌にもでてくる○○先生にあたったなんていうのも聞いたことがあります。あと、首都圏は受かりにくいなんてまことしやかな噂もきいたことがありますが、ただの都市伝説でしょうかね。勝手な私の憶測ですが、「面接官が疲れていないうちに試験を受けたほうがいい。」なんていうのも聞くので、早く行ったんですが、結局でべ。待合室から試験の教室に割り振られんですが、なんと私はその試験官の最後の受験者でした。その感触から、「別に最初でも最後でも一緒かも?」というのが感想です。でも、試験官も人間、最初の受験者が超できる人だったら、おのずから採点基準は高くなるかもしれない、もしくは、何人かまで少しブレがあるというのも考えられます。だから早いほうがいいかも?まあ、相手は百戦錬磨の英語の達人。結局どっちでもいっしょじゃないかといのが私の感想。

教室に入ると、とっても知的に見えるお二人が笑顔で迎えてくれました。男の方はどう見ても大学教授のようで、とってもダンディ。女性の方もどう見てもどこかの大学の先生にしか見えない。おそらくイギリス人かオーストラリアの方だろう。(オーストラリアの人で知識階層の人はどちらかというとブリティッシュアクセントの人が多くて、素人の私には時々どちらかわからない。)知的にこうやって年を重ねたいよねと思うような方でした。

まず、軽い会話。もう、私はこの日を7年以上は夢見て過ごしていたので、緊張というより、うれしくてうれしくて。落ちてもいいやみないな気持ちでした。出てきた最初の言葉は、「I could finally come here. I'm sooooo glad to be here!」みたいなことをついくちばしって、お二人とも微笑んでくださいました。試験の採点カードには、「この人はゆうに20回は1次試験受けていて、やっと今回ここにたどり着いた。」なんて勿論書いてもらってないですしね。

第一のポイント「印象はすごく大事。」
格好もできればこぎれいな服がいいのではと思います。それと笑顔。私はうれしくて仕方ないという顔をしていたと思います。もちろんそれだけでは合格するわけないんですが、どう考えても英検の合格者は女性が多い。英語という言語の性質上、明るい印象はすごーく大事だと思います。だから、2,3級の面接で口下手な男の子がスゴーク損。男子諸君がんばって!

会話が終わって、次にカードを渡されてそれを読みます。スピーチのお題をカードに書いてある5つのトピックから選びます。なるべく早く一つに絞ってスピーチを構築しなくてはいけません。私の場合、本当に時間がなかったので、他の方々がやられているような周到な準備はしていません。模擬面接を1回してもらって、そのあと、一人でストップウォッチ片手に即興でスピーチを作るというシミュレーションを前日にやっただけ。だから、
選べるお題は実はたった一つしかありませんでした。

それは、「教育」。そこから派生する「家族」ネタでもまあ大丈夫。ママだから、早期教育とか、小学校の英語導入とかは普段から意見を持っている。でもそれ以外でこれだ!といのは全くない。あえていえば、一般的な環境問題ぐらいでしょうか。そう、私は「教育」ネタを狙った確信犯だったんです。(笑)1級ホルダーの方々にも教育ネタがらみは5つのなかにたいてい含まれていると聞いていたので、それ以外は考えていませんでした。実際過去の問題を見てもそれは一目瞭然。たいてい関連ネタがある。5つから選べるのってすごくラッキーですよね。昔はずらっと数人並べられて、2つのうちから選ぶ方式。(夫がそうだった)

第二のポイントは、普段から「得意分野を作る」です。

カードの中にはもちろん、「日本の学校におけるテストの是非について」なんて感じのお題が!やった。それだけ光ってみえました。あとは英語すら読んでいないと言っても過言ではない。(しかし、あのお題を理解するだけでも難しいと思っているのは私だけでしょうか?すみません。)でも、このテーマについてぴったりと想定したスピーチを一度でもしていたかというと、「No.」です。だから即興で作りました。

その方法は、そう「エッセイ編」で書いたとおりのセオリーで作っていきました。
(ご参照:
http://blog.livedoor.jp/angel430/archives/1164421.html

1. イントロダクション 
2. ボディ①
3. ボディ②
4.コンクルージョン

ここで、「1次対策でエッセイを重点的に」が生きてきます。決まり文句を持っているだけでも、間が持つ。少しかえてあるのは、エッセイではもう一つボディがあります。でもスピーチで入れると時間がオーバーしがちなので、あえて2つに減らして挑みました。(練習でもボディは2つでしました。)で、結果は2分に時間が足りませんでした。なんか繰り返し言ったような気がするけどまあいいか。

おもわず、終わって英語で「もっとなにか足して話したほうがいいですかね?」と質問。試験管が「もういいよ。」と言ってくれました。それとともにタイマーの音。(他に時間はかりの担当者がいます。)

ということで、つづきは「質疑応答編」へ。

英検1級合格までの勉強 面接編(1)

さて、1次試験も終わりました。月曜日の午後になれば解答速報で確認。エッセイを抜いた点数で60点前後あればそれは、「1次突破」。

 

しかし、1次試験の対策だけでも息切れしそうなのにあと何週間かでどうやってスピーチの練習すればいいのだ?てっきり不合格だと思っていて、合格通知が来た時にはもう2週間しかない。そんな場合もっとあせります。

 

私の場合は、何年も受け続けたので、いつものごとく、「また不合格か~。」もしかしたら受かるかもと思いながら。何年も過ぎるとこうなります。皆さんはこうならないようにしてくださいね。だから、合格通知は「寝耳に水」

 

「うわあ、合格した。でも、これだれかのと間違えてるでぇ。」が最初の感想でした。

実際に合格通知が送られてくるまで信じていませんでした。

 

それと、受かるつもりが全然なかったのが如実に現れているエピソードを一つ。

 

英検が終わったら、家族旅行でもしようとなんと7月初旬に旅行を予約していた。

おいおい、最初から2次考えてなかったのね。   

そうです。私のとっての「英検が終わったら」は常に「1次試験が終わったら」なんですね~。

 

旅行から帰ってきたら、たしかすでに試験は1週間先。わはは。「もう今回は捨て試合だね。」と自暴自棄にならないのが私。(いや、実はなりかけた)ここから反撃が始まります。

 

1級合格の方々のお話を聞いていると、1回目はもう不受験。2回目に受けた。とか。2回目に受かったとか。(受験資格は3回まで)最後の3回めにやっと受かったとか。きくところによると、1次2回受かって、面接でずっと落ち続けている方もきいたことがあります。

 

あせる気持ちを横に冷静な夫がネットでデータを見て一言。

 

「2次試験の合格率は5,60%。あんた受かりまっせ。」おおー。何の根拠もなく出るいつもの一言。(いつも超ポジティブ)

 

2次試験までに1週間何をしたかお話したいと思います。

まず、以前にエッセイ対策と兼ねて購入した「スピーチ集」みたいなのをとりあえずウォークマンに掘り込んでシャドウイング。でもこんな立派なスピーチできるわけないし覚えられない。覚えたとしても、緊張でごそっと抜けることが簡単に予想できました。総合編でも書いたとおりです。だから覚える作業は全くしませんでした。ただ口で物まねをするようにシャドウイング。たいていが、通勤中とか、車の中とかで。リスニングの勉強法となんらかわりのないことを続けていました。口頭練習と割り切ってやりました。きれいなブリティッシュアクセントなのでよかったです。

 

そして、試験直前に家のポストに入っていたチラシを見て、急に思いつきました。チラシは「英会話無料体験レッスン」家の近所の新しくできた英会話教室。「よし、これで行こう。」

まずは電話して、英検2次を受ける旨お伝えしました。何度かのやりとりで「先生の用意ができましたので○日の○時にお越しください。」

 

実際に言ってみるとまずアメリカ人?と思われる先生が一人。プレースメントテストをするという。英語の質問に答えることに。でもヘンな質問多い。「夫の親の介護はどうするつもりですか?人間関係はうまくいっていますか?」それってなんか英会話と関係あるのかなあ。テストしてる先生も「これって・・・。」と二人で不思議がりながら会話が進む。で、一応「上級ですね。」と係のオーナーらしき女の人が言う。そして、彼女が「それでは、英検の模擬面接をしてくださる先生がこちらです。」

 

あれ?そのネイティブの人じゃないの?出てきたのはどう見ても大学生。おばちゃんからすると「ナントカ王子」みたいにかわいい。聞いてみると去年受かったそうです。ええ~?

 

模擬面接、ご本人が受けたとおりに再現して時間をはかって何パターンもしてくれました。

本当に一生懸命に。そう、最初はうがった見方をしていたけど、これが結構よかったんです。彼はホントに現役の大学生。今は国連英検を受験中だそうで。アメリカに交換留学で1年滞在していたそう。英語がすごーく流暢という印象はなくても中身はしっかりした優秀な学生さんでとってもいい人。

 

よかった点は。本人の記憶の浅いうちに受験生の立場で面接して、本人の感想を聞けたことです。洗いざらい持ちうるとっても新鮮な情報を教えてくれました。今でも本当に感謝しています。直接お礼をいいたいぐらい。使えます!無料体験レッスン。うがった見方して本当にごめんなさい。やはり、日本人講師しか英検面接はできない。それか英検2次ジャッジ経験者のネイティブ。でもそんな人は探すのが不可能。実は、これ以外にも「英検に強い」と言われる某英語学校にも問い合わせたけど、なんか要領得ないし、べらぼうに高い。やめました。


次回は私の体験も足してお伝えしたいとおもいます。

2次を想定されている方、まずはお風呂の中でもいいので、「一人英会話」をはじめてください。まずはそれからです。

お礼

お礼を言いたいと思います。
まず、
何かのご縁から私のブログにちらっとでも来ていただいてありがとうございます。

感動したことや、一生懸命書いた記事に賛同してくださって、拍手を下さった方、ありがとうございます。

ずっと気になっていたんですが、「拍手」に対してメッセージを書いていただいていたら、お返事できなくてすみません。PC音痴で見方がわからないので。この場にかえてお礼がいいたくて。ほんとうにありがとうございます。

自分の体験から、失敗から、なにか少しでもお役に立てることがあったら、うれしいです。英検の勉強にお役に立てたでしょうか?

いい結果が待っていますように。

英検1級合格までの勉強 時間編 (2)最終手段

時間編2です。

今日は連続で。旦那が遅いので、ちょっとがんばって書いちゃう。だって、明日が最後の英検前。みなさんがんばってらっしゃるから。私だって応援したい。

さて、毎日続く勉強の日々。試験は直前。語彙はやればやるほど「覚えなくちゃ!」とどんどん出てくる。ニュース英語は音読していて、なんかわかったような気がしてるけど、実際どうなの?リスニングだってきりがない。エッセイだって書いてるけど「こんな稚拙な英語で大丈夫なんかい~?」
とやればやるほど、「もっと勉強しときゃよかったーーーーーーー!」と思わない人いませんよね。私も毎回そうでした。もう何年も。だから1週間ぐらい前になると、もう「次はもっと前から勉強するわ。」なんて言って何年も過ごしてきたのです。万年1次が受からないと、こうもなります。


でも、合格してみて冷静に振り返ってみると一つ気づきがありました。1次合格の前回、そして「不合格A」をもらえた時、いつもと違う動きをしていた。

これが今回のテーマ「集中力」です。

私は英検の勉強は早くても2ヶ月前からしかしないと前述しました。1年に3回受けるとしたら、多くても半年程度。(実際はそんなにしてません。はは。)ここ何年かは同じルーティーンで勉強しています。4つの分野に分けて、30分単位でやっていく。細切れ作戦。(それしかできないから)

この準備にかかる期間が2ヶ月前からはじめたから「不合格A」がもらえたか。実はその逆。

例えば、一番短いので、実は以前にホームステイを受け入れた時は英検準備を始めたのが3週間を切っていました。しかもその時はアキレス腱を痛めて松葉杖生活。仕事もしてました。で、試験当日は足が痛くて痛くて、もう行くのをやめようかと思いました。松葉杖でささえていても負担がかかりとにかく激痛が走る。10月以降になってからの短い勉強だったけど、一応したし。残念だなあ。

そこで、夫が一言。「遅刻してもいったら?着いてってあげる。」

それから車で試験場まで急いで行きました。松葉杖と夫の支えと子供の支えとともに。勿論遅刻もいいとこ。試験はすでに10分は経過していた。1級で10分経過だと、フツウもう無理。受験経験者はわかってくださると思います。夫と子供は控え室で待っていてくれている。

受験料もったいないし。(その夫の一言に何度試験場に行かないのが阻止されてきたか。だから払った分はとにかく受験した。)お金の分、ちゃんとやろうと、痛みをこらえてがんばりました。

なんと、その時の英検は「不合格A」でした。びっくりびっくり。(当時は「あと10分あれば、受かってたかもー!」と叫んでました。)

そう、準備期間が短いほうが成績がなぜかいい。例外は今年の冬ぐらい。

それで、思い当たることは一つ。

直前にすごい「集中力」で勉強した以外にありません。ほんとに鬼気迫る感じで。受かった今回も実はそれを意識していたんですね。
最後の一日、いや試験に出かける30分前まで勉強しました。試験場でも
車の中でシャドウイングしてからギリギリに行ったり。

それと、ラッキーにも試験前に仕事が少ない時。1日たっぷり8時間ぐらい(私にはそれ以上は無理・・)は連続してする。それが1週間ぐらいあればもう理想形。3日でも効果大。(今回がそうでした。)

そう、最後の一日でも合格に近づける方法。

ズバリ。頭を限りなく「英語脳」にしてしまうことです。
どういうことかというと、とにかく連続して英語を勉強します。英語を聴きます。話します。シャドウイングだって、音読だって、起きてる時間は毎日やってる1回のルーティーンを何回できるか挑戦するぐらい。私はこれと「英語暗唱」で。もう音読しながら居眠りしそうになるぐらいまでがんばってみました。自分の壁を越えてやる~と思いながら。家の中でヘンな人になったって大丈夫。英語でシャウトしまくってください。たまに「もういやだ~」とか叫んだっていいんです。かのマーク・ピーターセン氏だってそうだったと書いてありました。叫ぶのが英語ならなおよし。

さあ、あと一日まだ大丈夫です。あなたの「英語脳」をアクティベイトさせる時。用意はいいですか?あとは合格のみ。

泣いても、笑っても一日。どうか1級受験者の皆様が充実した一日を送れますように。

私も当日は子供の受験に付き添って皆さんを応援しています。

がんばってください。
心から祈っています。

2014年11月追記:
読んでいただきありがとうございます。あたらしいブログでも勉強時間に関する記事をUPしました。よろしければどうぞ。
http://readaloudlife.blog.jp/archives/1012704800.html 

英検1級合格までの勉強 時間編

時間編です。

前回チラッと書きましたが、私は40歳過ぎてます。はは。そしてまだ小学生低学年の子供が一人います。高齢はは。そしてパートで週に5日は短期ながらも働きにでています。兼業はは。最近は体弱いです。はははです。

よく、HPや勉強法の本を読んでは夫にこういったものです。「男の人っていいよね~。独身ならもちろん時間あるし、結婚しててもご飯作ってる人はすくないし。夜も自分の時間。そりゃ試験も受かるわ。それに引き換え、まだまだ女は大変よ~。家事、育児をして、細切れにしながら勉強しなくちゃいけないんだもの。」とテレビみてゲラゲラ笑ってる夫に向かって言ったものです。いや、夫が全く協力的とは言ってませんがね。ごめんパパ。それと、そうでないモーレツサラリーマンもたくさんいらっしゃることは棚に上げて言っている。すみません。

でも、それでは言い訳してるだけ。世の中にはホントにがんばっている方々がいっぱい!自分が一番つらいなんておもっちゃそこでおしまいです。仕事の準備のため、3時間しか寝ていない友人のママもいる。フルタイムのママだっている。癌を克服し、さらに病魔と向き合いながらもがんばる凄いママもいる。凄いママをあげるときりがない~。もう自分がどれだけ小さく思えるか。それに主婦で仕事しながらもこんなに寝ているヤツも私ぐらいだろうし。女性の勉強法で勝間和代以外はないのか。このぐうたらの私にあったHPはないのか。ないない。

時間のない分どこかで工夫をすればいいのだ。と始まった、時間との戦い。しかも睡眠時間だって削らない。

今考えるとどうやって勉強したか、自分でも不思議です。英検の勉強していない今だってあっというまに時間がたつ。

私の英検の日々はこうでした。英検前約1ヶ月ぐらいから

朝: 単語「お経方式」1時間ぐらい。おきた時間による。ストレッチしながら。

朝食時:朝食を食べながら、「TIME」の一記事を読む。

通勤時:短い通勤時間。ウォークマンで英語をシャドウイングしながら聴く。往復40分あればいいとこ。できるだけ工夫して1時間は聴くようにしました。夕食作ってるときに聴くとか、スーパー歩いてる時とかもかかさず。


午後1:帰宅して、WEBで「The Japan Times」と「The Daily Yomiuri」の国内ニュースを音読。1時間ぐらい。
(この間は3時だったり、4時だったりします。子供次第)

午後2:子供の習いごとに付き添いカフェ勉。30分ぐらい。短いので、ここは英検の語彙の過去問を解いていた。普段は英語読書タイム

夜(子供が寝てから):いろいろ。やれなかったことをやる。例えば朝語彙ができていなかったら、語彙。最後の英検は夜にヤフーの英検語彙クイズをやっていた。
普段は英語読書タイム。

てな感じです。
これに週に1回の茅ヶ崎デーと、エッセイがありました。一日に換算するとおそらく3,4時間とれたらいいほうです。時間も一度にとれるのは1時間ちょっとか1時間半ぐらい。

この勉強はここ何年かと同じ量です。だから、最初は「今回もぎりぎりすべるかなあ。受かりたいなあ。」と思いながら勉強してました。いつもはこれに一つプラスアルファ的に何かの分野を重点的にやっていました。リスニングだけ多めにするとか。でもやりつくしたし。冬は過去問を毎日1時間ぐらいずつ夜に何年分かやってみました。もちろん1度は解いたことのあるもの。これは失敗でした。過去問をやるとまあ7割は取れてしまう。でも実際はそんなに取れない。敗因の一つは、過去問のCDのリスニングは本番よりかなり聴きやすい。(気がします。)もっと早いぞ。緊張のせいか?(だから個人的にはおすすめしません。試験になれる程度でいいと思います。)

それで、自分の勉強量を超えることを一つだけ直前にしました。
本を1冊仕上げること。「茅ヶ崎中級編」の暗唱です。
直前1週間は仕事もセーブできるところはできるだけセーブして、集中できる時間を増やしました。それ以外はルーティーンどおり。毎日なるべく同じ動きをするようにします。

あと、週末などに単語の「お経」を2クールやったりする。夜は睡眠学習(?)なんかホントにこれだけ?と今自分で見て思います。

でもこれ以上はできないので、仕方ありません。特にリスニングは時間が短すぎます。語彙対策、リーディング対策、リスニング対策、エッセイ対策すべてをバランスよくしようと思うと私の場合はこうなります。最後は家では全くリスニングはしませんでした。だから、皆さんがもし私より時間が取れれば、ひとつひとつ、もしくはどれかを1.5倍とかにしてやればいいのではないかと思います。特にリスニングは伸びやすいですし。私はこのペースでしか無理でしたので、特化して時間を増やさない限り、リスニングなどもずっと伸び悩んでいます。

しかし、最終的にはこの4つのパート合計で7割が取れればよいのですから、ご自身の得意パートを作ることが最善だと思います。4つを平均的にすべて7割とるほうが難しいかもしれません。おそらく、多くの帰国子女の方々はリスニングで8割以上とれるでしょうし、英語圏で勉強されたり、仕事されたりした方はさらに読解も高い。この二つで合格。私は逆に和製育ちなので、語彙がなんとか8割。最後はエッセイも少しあがったので、なんとか1次突破できました。でも「なんとか」でも合格は合格。「不合格A」とは雲泥の差。夫は横でいつも、「成績?いやあ勝てば官軍。」いつもなぐさめありがとう。

では、次には時間攻略の上にもう一つのエッセンス、「集中する時間」について述べたいと思っています。

2014年11月追記:
読んでいただきありがとうございます。あたらしいブログでも勉強時間に関する記事をUPしました。よろしければどうぞ。
http://readaloudlife.blog.jp/archives/1012704800.html 

英検1級合格までの勉強 総合編 (3)

ブログ戒厳令があるので、少しずつできる範囲で書きます。

前回「茅ヶ崎」式を紹介いたしました。かつて英検1級受験前にも通っていたことがあります。2回ほど。今回で門をたたくのは3回目。今週は体調不良でいけませんでした。ホメオパシーが今回のテーマだったらしく、振り替えていきたいのですが、週末は仕事と子供の英検で無理~。

教室は春から通っています。週に1回。行ったら、その週の「茅ヶ崎教本」の語彙のテストがあって、例文が理解できているかチェックされます。そのあと時事のリスニングを2本。けっこう疲れます。

週に1回通っていれば、英検が受かる!といいたいところですが、勿論無理無理何でもそうですね。

私が通うことにした最大の理由は「英語へのモチベーション」です。春から仕事を無理やり1日あけて時間を作りました。毎週予習をしないとハラハラドキドキ、だから教材を予習して挑む。このスタンスを保つためです。教材を最大限に利用する。これが大事ですよね。(中にはこの予習をせずに授業に来る方もたまにいらっしゃいます。それとか、リスニングのところだけ聴きにくるとか。それでは全く意味がない。)勿論英検との勉強と平行して通っていました。最初は「上級編」も真面目に前回述べた手法で「英語」を暗唱していました。上級編は中級編とは違い、1回で40文。苦しいこと。でも、今は体のこともあり、途中までのプロセスで済ませています。途中までとは、英語を見て、スラスラと日本語で訳せるところまでです。それだけでも結構勉強にはなります。最終目標は英語も出てくることですが、また倒れては元も子もないので、1タームではなく、また来年も同じテキストを繰り返すので、じっくり腰をすえようと思っています。

通っている教室で、頼んだら、快く先生がエッセイの添削もしてくださいました。これも励みになりました。毎週エッセイを宿題として出すことを自分に課して書きました。そうやって最大限に教室を活用しました。先生、その節は本当にありがとうございました。今は無理無理。

おわかりのように通ったから受かるというわけではなく、週1回の教室を軸に勉強の習慣を立てたからうまくいったということです。毎週1回は茅ヶ崎のテキスト40文の暗記にあて、教室の前日の晩に英作文をする。その他は前述の通り、同じルーティーンで英検対策。そして、最後の1週間に茅ヶ崎の「中級編」を総復習。今回は体調もあったので、一日20分とかですが、ちょこちょこ昼寝をしながらがんばりました。

結論として、教室に通わなくても、モチベーションがしっかりしていてコンスタントに勉強すれば大丈夫と言うことです。お金を払って多少の効率を手に入れたと考えています。そうでないと、時事英語は元々遠ざかってしまいますので~。

40歳を過ぎて、(それ以上の詳細は・・・)小学生の子供がいて、パートながらも週に5日は仕事があって、ウィークディは子供の習い事に奔走しながら、最後は体力なし子になりながら、やっと受かりました。

この私の環境が、「いやあ、パートだから時間あるよね。」と思う方もいらっしゃるだろうし、「細切れ時間でよくがんばった。」と思ってくださる方もいらっしゃると思います。それは読んで下さる方次第。要は「いかに要領よく、効率よく勉強するか」のエッセンスをご自分の勉強法にうまく取り入れてくだされば、これを書いている私も願ったり叶ったりです。

今日は細切れでがんばってみました。
今日こそ子供と英検の過去問。本格的に(いままでは実はDS)やろうと思っていま~す。しかし、子供の勉強時間の確保も難しいんですよね。ママはいつも時間との戦いですね。

2014年8月追記:再受験してまた奮闘記2を引っ越したブログで書いています。関連する記事です。よかったら参考にしていくださいね。
http://readaloudlife.blog.jp/archives/1008120317.html
あなたの合格を祈っています。 
 

記事検索
ギャラリー
  • Podcastで英語を聴こう
  • ワンパラタスク
  • 夜の英語
  • たかが10分、されど10分
  • 百万語読書 
  • 英語が聞き取れない感覚はいつになったら取れるのか?
2017年の洋書本棚
2016年の洋書本棚 50冊
2015年の洋書本棚 60冊
2014年の洋書本棚 35冊
2013年の洋書本棚 50冊
2012年の洋書本棚 95冊
2011年の洋書本棚 50冊
2010までの洋書本棚 34冊
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
  • ライブドアブログ