どこでも音読生活

今日もお越しいただきありがとうございます。英語してますかー。

いやね、今日また復活した勉強があるので、これ書いています。

この間、いつもこのブログに登場される激務の中、ほぼ通勤時間だけで1級と戦いつづけるお友達から残念なメッセージをいただいて、二つ前のブログを思わず書いた私ですが、その方に、

「これからは、私もお風呂で2次の勉強頑張ってみます」と宣言したんです。

でも、全然できてませんでした(汗)

これではダメだと、お風呂に入った時に、ふと口についたのが、

毎朝洗濯物を干しながら同時読み(サイマル読み)している2本のスピーチ。夏に音声をブログでUPしたものです。

そうなんです、実はあれからそのスピーチを毎日欠かすことなく洗濯物を干している間はブツブツやっています。なので換算すると

すでに1000回は超えていると思います。夏の時点で500回は超えていたので、その後1か月で200回以上できるので、だいたいそれぐらいです。

もう一つは倍の長さなんですが、何年もやっているので、やっぱり1000回はこえているはず。

ながら族なので、何かのアクションと一緒に英語のアクションを起こします。セットなので、欠かさずできます。

そのスピーチをお風呂で音源なしに自分で再生して練習しました。あれ?2次対策はどこへ?あはは(汗)→ちょっとあせってもいる。

おばちゃんの脳みそなので、1回めは「あれ?」と躓いたのですが、数回やっていると徐々に思い出してつながっていきました。

フロ勉復活です。

季節的によくあったまったほうがいいので、のぼせるほど浸かって(笑)また同じイメージ貼っときます。

ダウンロード
一人でブツブツやっていました。。

一石二鳥かもー。

お風呂の中は音が響くので、自分の英語がすごくよく聴こえてすごく練習になりました。これでさらに回数も増えますね。朝は音源と一緒に、夜はなしで。ちょっとはうまくなってないかなあ

ボキャビエンヌの次はフロリーナ?

どうです?一緒に頑張りませんか?

明日は5時間連続授業なのについ書いてしまいました。

オヤスミナサイ!

読んでいただきありがとうございました。

明日も頑張りましょうね。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。


ボキャビエンヌ

今日もお越しいただきありがとうございます。ボキャビエンヌのangelです。ちょっと寒いですね。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

前回の記事はちょっと引かれてしまったかなあ。すみません。

英検2次もあるんですが、もっとやらないとと思いながらも(汗)このところのマイブームは、

ボキャビルです。

これ、やっと1巡しました。めずらしくスマホを活用中の私です。
ダウンロード (2)
スペルを見ずに4択から答えを選ぶというルールでやりました。あまりにわからないのはスペルみました。特に熟語は前置詞や副詞の違いで意味が変わるので、ややこしい。

Phrasal verbは多くの人が苦手ですよね。今日もオンラインレッスンで「もっとphrasal verb使わないと」とアドバイスを受けました。

ボキャビエンヌは変な単語が出てきてしまうときもあります(汗)

これやっていて再確認したんですが、

パス単を声に出して音読しながら英語と日本語を唱えていたので、あれ?となった場合は、音声を脳内で再生させたり、実際にリピートすると日本語がツルッと出てくることも多いです。読んでいてたとえばreservoirとパット見ても思い浮かばなくても読むと音で意味が浮かぶというプロセスです。あ、reservoirはタランティーノ監督の「レザボア・ドック」でまずは覚えた気が。でも私は最初の10分でギブアップです。無理。

音読効くと思うんですがね。

あ、でもね、時々発音記号読んでできてたと思っていた発音やアクセントが微妙にずれていてたりするのもあったので、その矯正にもなっています。

この音声を頼りに意味を取る作業はやっぱり、

「聞いてすぐにわかる」という目的でやっています。

実はyasuboyとかも、単語を読みながらやると正答率が高かったりすることが多かったです。今は音にして読む速度よりクリックする速度が速いのであんまりしてません。意味の単語を全部読まずに最初の文字で判断してすぐにクリックしないと点数にならないのです(涙)

この音声を伴う覚え方はやっぱりaudiobookにはものすごく効いていると思います。ニュースにも効いているとは思うんですが、やっぱり小説の方が使われている単語に修飾語とかが多いので、そちらのほうが役に立っていると感じます。

これは私の個人的な意見ですが、英検1級の語彙は時事英語と小説の両方から成り立っているような気がします。いや、気のせいかもしれませんが、小説を読んだり聞いたりしていると、「これ出題者の人が読んだんじゃないか?」と思うような時もあります。ゴロゴロでてきます。どちらかというと大衆的すぎないかためな作品が多いかも。知識と教養の1級?

1週間ほどで終わりたかったんですが、2週間以上かかってしまいました。体調や座ってやる時間が確保しにくいので、子供を待つ車の中とか、夜ソファでとかのコマギレでガンバリました。

また明日から2巡目に入りたいです。

もう一つのサイトのVocabulary.comは私なんて足元にも及ばない単語マニアな日本人の方もいらっしゃるようです。私のお友達にもすごい人がいます。すごい人はほんとにたくさんいらっしゃるんです。あ、その方々のように成績がすごいだけとかじゃなくて、他に努力もすごい人もです。少しでも近づけるようにがんばりたいです。

ボキャビエンヌ募集中。あ、ボキャビラ―でもいいです。

あ、そうそうお友達から「angelはん、単語についてこんな考察を特集されては?」と提案をいただいています。その「こんな」をまた考えてみますね。

11月ですね。

なんとか今年を乗り切りたいです。

徐々に寒くなってきました。お風邪など召しませんように。

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

自分の意見

今日もお越しいただきありがとうございます。

お友達がライティングの結果が振るわなかったとメッセージをいただいたのもあるので、ふと思いついて書いています。

私もライティングの点数はすごくよかったり、ぎりぎりセーフだったりというていたらくなので、偉そうに書くつもりは全然ないですが、ご参考になれば幸いです。

お友達のためだけでなく、もう一つ頭をよぎったことがありました。

学校でもライティングをさせます。意見を書かせて、英語母語者の先生がチェックするということをやっています。最近はそうことをやっている学校も少しは増えてきています。上位校で意識の高い学校はやっていますが、今だ上位校ですら、英語母語者(ちまたではネイティブスピーカーというのが普通ですね)を雇ってそういうことをしている学校もあれば、週に一度のレッスンで投げ込み程度のところもあれば、それすらないところもあると前回も書きました。

受験には今は必要ないからと思われてるからですかね。リスニングは問題配ってCD流すだけとか?

いや毒づくのはやめときます。

学校によっては外国人が入って英語でやるレッスンは「遊び」みたいな感覚を持っている先生や生徒もいまだ多いと思います。

私自身も生徒の日→英を指導しないといけないので、その延長上にたまに生徒の自由英作文、いわゆる英検のエッセイに近いものも見ることがあります。

同僚の英語母語者の先生が嘆いていることをこの間、目の当たりにして、自分も嘆いてしまいました。

生徒が書いてくる解答、日→英は答えがあるので、ほぼ暗記なのでそれは置いといて、自由に書いてくるエッセイに問題がありました。あ、日英は答を覚えるにとどまらず、パラフレーズできることも大事だと強く生徒に言っています。もし違う答えがきたら、採点は大変ですが(笑)

話を戻して、エッセイを読んでいると、(エッセイといえるかは不明(笑))

テストでカンニングしているわけでもないのに、

答がまるで同じ。金太郎あめのように出てくる絵が同じ感じです。

これに近いことが英検を受ける私たちの間でももちろん起こっているんだろうなと思いました。

例えば、英検2次の会場に行くと、かなりな割合で同じテキストを手にしていることが多いです。それを覚えて使おうというのも一つのとっかかりなので、否定もしません。最初はそうするしかないですからね。

思うにつかっていいのは、いわゆるディスコースマーカーだとか、型の最初の部分はとってもいいと思います。それはルールに近いものですものね。

でも、たとえば、モデルアンサーのボディの部分を暗記に近い状態で、それを面接会場で言った場合、やっぱり「またこの答か」という試験官の感想が待っているということです。

それでも受かればいいというのも一つの答えです。1回受かった人の意見はここで止まるのも仕方のないことです。

私もいろんな本や英検2次のサンプルの商材にも手を出して暗記に近いことをしようとした時期がありました。でも、覚えきれないし、自分のアイディアでないので、じぶんのエッセイを読み込むという方法を2回めの合格時(2014年ぐらいだったと思います。初めての2010年時はほぼ即興)に確立してやってきました。そのブログを読んでくださった方も多いと思います。それまでは、サンプルアンサーを暗記するというやり方をやっていた方々ももいまそうでないようですよね。自分のエッセイが2次に強く影響するという言い方に変わってきてます。よかったよかった。

サンプルアンサーを参考にするのは誰もがまずは走る手です。アイディアが浮かばないから、お知恵を拝借する。合格するにはそれも必要でもあります。でも本当に必要なのはその合格の先にある、コピーでない自分の意見を英語で語れることです。そのためのテストでもある。

ふと立ち止まって考えてみました。

自分のアイディアが思い浮かばないのは、普段そんなこと考えていないから。そこに根の深さがあるのではないか。

日本では、議論をするという土壌がありません。できれば避けたい。私もその一人です(笑)

でも、英語母語者と英語でやりとりしていると、そうはいかない場面に直面します。自分の意見をはっきり言わないと話が進まない。

英語で話しててよくその話になるのですが、自分も含めて、生徒や日本語で生活している私達には英語を使う際に欠けているものがあるのではないかということです。

自分の考えを確立する作業です。自分はこう思う、相手の意見に反対だ、賛成だと話し合いながら、着地点を決める。日本語でもやっているとは思うのですが、もっとあいまいさが伴うと思います。

さらに言うと、意見を持たさないようにしていることもあるかもなんて思うこともあります。それと最近のテレビの日本の文化や日本人は世界で活躍しているかというような類の日本の持ち上げ方もなんだかコワいと感じているのはわたしだけですかね。あれに洗脳されている子供も多い。いや自信ももっていいんですが、「日本はクール」と思わせたい意図的な匂いがするような。それと、アイドルを何十人も束ねてくるのも私には耐えられません(笑)まあ、もともとあんまりテレビ見てないですが。

とにかく受け身にせざる得ない状況か学生時代も延々と続いている状態。社会もその延長な場合も多い。だからなのか、裏表がきつくて陰湿さも出てくる場合も。ネットはさらにコワかったりしたりして。

なので、英語母語者と話していて、彼らが消化不良に思うのは、この着地点のない会話運びだと以前に言われたことがあります。「だから何がいいたいのだ?」とよくなると。例えば、英語母語者同士でない間だと英語でも話が弾む。フィリピンの人とかと英語母語者の人だと違うというのも同じ根があるのではないかと思う私です。

たとえば、生徒が”I like baseball because it is fun."と書いたとします。ここには決定的な欠落があります。

「面白いから好き」と日本語で言ってもべつに不思議に思う人は少ない。

でも英語では、「なんでおもしろいのか」を書かないと意味がない。

普段から考えてないからできないのです。

だから、サンプルアンサーに理由を求めてみんな走るのではないかと思っています。サンプルアンサーには試験官が合格をくれる理由が満載です。

それをダメと言っているのでなくて、それを自分で出せるようになってはじめて、英語で意見が言える自分がいるのではないかと考えました。

2010年に初めて英検1級に合格した時に自分が書いたブログで、「英語でネイティブスピーカーとハイチの地震のことについてネイティブスピーカーと話したりした」とか「夫と日本語でニュースを見ながら意見を交わす」と書いていました。無意識に意見を言うことが大事だと気が付いていたのだと思います。

そのあと、2回目の2014年にはサンプルアンサーをしばらくあさることをして、また気が付いて自分で書いたエッセイを流用して面接に挑むということをしていました。

英検1級は、エッセイも、面接も、普段私たちが日本語ですら意見を言わないことが満載です。

意見をもとう。が鍵ですね。

じぶんのひな型を持つのは大事なことですが、そのひな形が借り物から、本当の自分の意見であることが大事なのではないかと思います。試験攻略という意味でここを強化するというのは王道だとも思いますが、

実際に英語で商談や、会議、話し合いで、使える自分がいることが大事なのでは?それができている人材が必要だから試験で問われるのでは?

いやただの一学習者のつぶやきなので、すみません。

日本語でもいいからやってみて、そこから訳すのではなくて、こんどは英語でやってみる。

あの2次には、自分の意見を持つという隠れた意味もある。

英語力だけじゃないと思います。

エッセイに悩んだ方、これから2次に向かって頑張ろうとしている方にエールを込めて書いています。

私も前回得意なはずのトピックを選んだにもかかわらず理由が一つしか言えず(一応二つ並べたが、同じような理由を繰り返してしまった)、ぐちゃぐちゃになって不合格でした。スピーチができなければ、理由が一つだと、きかれる質問も限られて、質疑応答でも挽回は難しいです。スピーチの型の印象で、発音までいつもより悪かった。

なので、自分に対しても書いています。不合格になった人の意見だとスルーしてもらっても全然かまいません。(あ、一応それまでは8回受かってます。多分(汗)あんまり最近数えないのでわからなくなってきた。2次はこの間初めて落ちました)しかし失敗から学んだことが大事だと自分は思っています。

といいながら、週末は寝てばかりの自分です。前回のリベンジしたい自分が全然湧いてきません(涙)練習相手も減ってしまったので、またお尻を叩いてやらねば。

なんとかガンバリたいです。

ブログ書いてないでやらないと、ほんとにまた落ちるぞ(汗)その前に洗濯物干しまーす。

一緒にがんばりましょうね。

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

純粋

今日もお越しいただきありがとうございます。また台風が来ているとのこと、今度は直撃じゃないみたいですが、まだ前回の台風で被害に遭われた地方の方もいらっしゃいます。皆様のご近所は大丈夫ですか?

拍手コメントがなくなるというお知らせに、コメント自体がなくなるような印象を持たれた方が何人かいらっしゃいます。このブログのコメント欄は原則オープンにしないので、下のコメント機能を使えばもっと広くコメントをかけるので、1行とかでもぜひそちらに書いてほしいです。みなさんのつぶやきが読めなくなるのは私もかなりさみしいです。

コメントで「たまにある辛口なブログも好きです」と言われてちょっと嬉しい♪今日はちょっと辛口かもです。

英検の結果が紙ベースで送られてきました。我が家は2枚。子供と私の分です。

実は子供は前回も受けていて、不合格Aでぎりぎり1次がだめだったのですが、今回はその教訓があるので、1週間前ぐらいから私が教えたときに使っていた過去問を手に取って、母のようにコマギレ作戦で問題をやっていたようです。時々一人でCDを流してはリスニングを解いていました。

もともと準2級もリスニングがとびぬけてできて受かっていました。前回の2級はリスニングで集中が切れてできなかったことが敗因だったようです。今回はもともとのパターンのリスニングで受かってました。1⃣の語彙文法でかなり落として(中学生なのでここはもともと弱い)リーディングとリスニングで取っています。リーディングもなんとなくで解いていきます。多読の効果も高いのではないかと思います。

これは学校の英語のレベルがかなり高いこともあります。英語の塾も行ってないし、文法もよくわかってないところもあります。形容詞とか副詞とか言う文法用語も日本語で言われれないのであんまり意識していません。宿題もあんまりない。普段学校の英語の成績もさほどよくないのですが、それでもできるのは学校の英語の質の高さにつきます。

私は職業柄、学校の事情もよく知っているほうですが、学校が授業以外に必死で特化して英検合格を生み出しているなんて構造があるのです。学校で受験用にガンガンに詰め込んで、放課後、英検用にガンガンに英語を詰め込んでいく。

そんなことしなくてもできるということを、英語嫌いのわが子がちょっとは証明してくれたかなと思っています。

なので、今英検のブームがいい方向に行くことを願わずにはいられません。

結局受験英語がよくないと言われて、良い方向に変えようとしても、いびつさが出てるように見えるのは、

テスト辺重な状況が変わらない、もしくはせざるを得ない状況だからですね。それもわかります。

大人の世界でもそうだから仕方がない。

私は、毎回そうなのですが、3技能のうちどれか一つがよいことが多いです。前回はリスニング、今回はライティングでした。リスニングがいつもより点数を落としていた状態だったので、ひやひやしたのですが、それをカバーしてもらえた形です。

リーディングは長文で左右されます。特に穴埋め問題が鬼門。内容把握も問題とそりが合わないと落とします。今回はどちらの長文も全問不正解と全問正解という初めてのパターンでした。だから落ち込んでました。設問のひねり具合もあったかもしれませんが、チャーチルについてはイギリス史でしょっちゅうでてくる人物なので、よく知ってるとおもっていたし、実際本文は楽しく読んだのに解けなかった。

語彙については、英検パターンを把握するとある程度安定すると思っています。蓄積が生きてくるので、受ければ受けるほど語彙は安定している人が多いのもうなずけます。いちばん攻略しやすい箇所でもあります。英検の語彙は英検パターンで20点越えは可能だと思いますが、語彙の満点は運というかカンの強さも必要かなあというのが自分の印象です。うろ覚えなものは消去法ですからね。

今回助けれられたのはライティングですが、一番後手に回ったものが一番できるというなんとも複雑な結果でした。いつもの私らしく、満点はとれない(笑)1点落としました。もともとのパターンの引き出しを持っていない状態なので、ボディの理由を毎回その場で考えるのが常。安定した点数は期待していませんが、びっくりしました。

でも、これってどうなんだろうかと思いながらです。自分がライティングができるなんてやっぱり思ってないし。今でも偉そうに「こうしたらいい」なんて言えないなあと思いながらやっています。

テストって。といつも頭によぎりながらやっている自分がいます。

私はテストの解き方を教えたりもしないといけないので、それをシミュレーションするためにも受けていますが、それだけで英語力がとか、真に必要な英語力がつくのかとか、いろいろ頭によぎってしまいます。

そのためにテストを利用するのですが、テストのために英語を勉強しているのではない大前提が置き去りにされているような気もします。

テストのためではない、特化せずにと言っても、結局はそれのためにやっているようにも見えます。ポーズであることも多いですね。やってないけど実力よというアピール。その逆もありますしね。みんなけっこうやってますよね。

テストはテストでやっぱりそれなりの特化をしないとよほどでないと無理だと自分は思っています。でもそれをやることで、趣味の英語の時間をそがれてしまう。なので、実の利の多いテストを取るのが普通だと思います。テストの準備だけでもできないのが普通です。映画三昧、読書三昧だけでは受からないということは身をもって経験しました。いくらヨークシャーアクセントやスコティッシュアクセントが少しは聞き取れるようになってきても、

全然関係ない(笑)

子供たちに試験用のシミュレーションで授業をするたびに、とにかくテスト慣れをさせて点数を取らせることが目的になっていることに対して、

いつも疑問を感じます。子供たち自身も英語が通じたときの喜びを忘れて、受験を経て、大人になったら、今度は点数でものを測りだす。その温床になっています。

それに疑問を持たない先生も多い。教える暇もなく、考えさす暇もなく、シミュレーションをやらせることに時々疲れます。私じゃなくてもできるじゃんと思ってしまう。

現場では英会話は必要ないと思っている先生も実際にいるのです。外国人の先生の授業がない学校もあります。逆に、4技能を叫んでいる割には実情はそれをできる先生がいるのか?ってのも。英語で論理的に議論を戦わせられる人材をと言うけど、日本語でもできないことをどうやってやれっていうのだ?あ、この辺でやめときます。ストーップ!

教室で生徒が絞りだすように、英語で何かを伝えて通じたときの笑顔をみると、ほんとに頭にいろいろよぎります。


この純粋さを忘れていないだろうか。

テストは必要だとわかっていても、テストを受けるたびに思います。

もっと英語を使う、通じることの喜びを与えてあげれたらといつも思います。テストで点をとるだけではなく、コミュニケーションのためのものだとわからせてあげるにはと。

自分自身も英語の楽しさを味わう純粋さを忘れていないかと自問しながら。


読んでいただきありがとうございました。


個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

「てんやわんや」って英語で何で言う?

今日もお越しいただきありがとうございます。

タイトルに「英検1級!」とか書くと読者が増えるだろうけど、派手にするよりこうやって常連さんが来てくださる今の状況がとても心地よい私です。なんにも宣伝することもないし、完全に趣味になりつつあるこの頃ですしね。

しかし、そのブログにちょっとショックなことがありました。私にとってはBad newsです。

今年をもって拍手コメントが閉鎖されるそうです。しかもデータも消えるみたい。ちょっとした一言を楽しみに生きていた私にはとっても悲しいお知らせでした。ライブドアさん、なんでー?公式ブロガーでもなんでもないから意見も通らないか。くすん。

拍手のみはこれからも使えるようです。

最初からお返事書かないのを貫いているので、ずうずうしのは承知なんですが、コメント欄は使えるようなので、もしコメントを残してくださるならそちらにしてくださるとうれしいです。

英検1次の発表が終わって、なんとかお尻叩いてやらないとは思うのですが、日々の生活に追われてあまりできてません。寒くなってきたのもあるかもしれないけど、仕事から帰ってまずやることは仮眠。寝ないと夜までもちません。仮眠した後は家事をしてまた疲れてしまうので、できないです。

もともと座る時間がかぎられてるし、何かしながらのながら族なので、どうしようもないですが、週に1、2回練習をする機会があるので、今のところそれだけです。あとは、お友達ともですが、職場では英語でおしゃべりはするけど、それはいつものことですしね。

1次試験が終わって、生徒の試験前で少しだけ時間ができたときに、2,3話つづけてやっとこのドラマを見ました。あと少しで返せます。長い間借りて悪いなあ。あ、映像はお屋敷にしてみました。ただのBGMが流れるだけです。


ちまちま見ているので、まだシーズン4です。あと少し。「angel先生、シーズン5もこの前買ったから、スタンバイってますヨ」とまた貸してもらえることに。今度は早く見て返したいです。

もちろんロケと言い、インテリアと言い、時代設定は好きなんですが、いつも見ているGOTは戦争の話で、かなり残酷に人が死ぬのですが、これは人々の日常を描いているはずなのに、なぜか同じぐらいすぐに死ぬキャラクター達。もしかして、呪いの館か?でもここまで来たら最後まで見ます。

このドラマはヨークシャーアクセントをはじめ、なかなかリスニングがタフな時がありますが、セリフの言い回しも面白かったりします。慇懃無礼さやまわりくどいセリフが面白かったりする。

ダウントンでマギースミスが言うセリフがけっこう凝っていると思うのですが、一度覚えて意味がうろ覚えの表現が出てきました。


「てんやわんや」「いざこざ」

あれこれ起こって収集がつかない感じのことを言うときのセリフでした。

その後、確かaudibleを聴いていたら、またセリフで出てきました。Podcastのニュースだったかなあ。いや、小説だったと思います。

今聴いているのは「赤毛のアン」です。これはaudiobookで聴くとかなり難易度上のような気がします。すごく速い。アン・シャーリーも違う意味でバイオレットに劣らない言葉を操る少女な印象ですが、同じ表現を使っていたので、この記事が出来上がりました。

「てんやわんや」はダウンロード (5)


Kettle of fish 



と言います。こんな表現をどこで覚えたんだろう。多分これかなあ

CD付 究極の英単語セレクション 極上の1000語 (究極シリーズ)
後ろの索引がごそっと抜け落ちて調べられないー。入ってなかったらスミマセン。でも面白いのたくさん入ってます。

どのシリーズかは忘れたんですが、Game of Thronesで主人公の一人ティリオンが「生きるか死ぬかの問題なんだよ」というセリフa matter of life and deathもしっかりこの単語集で覚えていたので、ちょっと嬉しかった覚えがあります。

その他にもどちらか忘れたけど、Husband's Secretを書いた作家さんの一連のどれかの作品で、air one's dirty laundry 「内輪の恥を世間にさらす」とう表現も覚えていたので、嬉しかった覚えがあります。探すといくらでも出てきますねえ。

映画やドラマ見てて、いったん覚えた表現や難しめの単語が出てくるとなんだか嬉しい。

語彙はほんとにきりがないんですが、せめて楽しみながらやりたいものです。

こんなこと覚えてても2次面接にはあんまり関係ないですね(汗)上の表現達を使うような要素もない。わはは。でも英語で雑談してるときにいろいろ使うと笑いもとれるしなあ。すごく話が盛り上がります。でもそれで試験は受からせてもらえない(涙)

しかし、なんとかガンバリたいです、とりあえずは週末目指してガンバリマス。

また一緒に頑張りましょうね。

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

W受験

今日もお越しいただきありがとうございます。台風すごかったですね。私はお休みを願いながらずっと仕事三昧の週末でした。試験の採点です。今日はこのひなびたブログも少し読者数が増えてる気もします。お待たせしました。え?待ってない?すみません。

この1週間耳しか空いてない状態がずっとでした。まったくいつものリズムじゃなくなるのは職業柄仕方がない。でも、その耳も、時々耳鳴りがするので、音量を小さくしてノイズキャンセリング機能をつかうことも多いです。読者の方で、目や耳で苦しまれている方のことを教えていただいて、大事にしないとなと思えるようになっています。いつもありがとうございます。その後目や耳の調子は大丈夫ですか?心配しています。そしてそれでもこのブログに来てくださることに感謝です。

特に女性は体を冷やすといろいろなところに支障をきたしますよね。下半身だけでなく、目にしても耳にしてもあたたかくしてあげるのがいいように思います。首とか肩とか、あ、全部ですねえ。若いあなたも予防に是非あっためてあげてくださいネ。ほんとに何十年後かに違いがでてくると思います。

レンタカー生活からやっと解放されて、車も座席ヒーターが使えてお尻があたたかくて快適です。

実はすごい修理費で、車のディーラーさんから「来年車検で、この走行距離なら保険の分を利用して買い替えのチャンスです」と勧められて、数年前倒しで新しい車になりました。どう考えても得だと周りに言われたので、思い切って買い替えです。しかし予定外にまた貧乏になってしまった(涙)高齢のおじいちゃん、おばあちゃんたちのことも考えて、ちょっとだけ座席がひろくなりました。私はいつも送迎係です。

新しい車についている機能で、車屋さんが携帯電話をbluetoothにつなげてくれて、ハンズフリーで話せるようになったのがすごく快適です。ハンドルについている電話のボタンを押せばつながります。
あ、ちなみにハンドルは和製英語です。英語ではwheelもしくはsteering wheel。困ったカタカナちゃんたちです。

なんだかコクピットみたい。運転中にしょっちゅう電話がかかってくるのでありがたい。「マイケル何だい?」とは話しかけられないですがね。(これに笑ってくれる人がいることを望む、少なくともうちの夫には大うけ))



ほんとこのところいろいろありました。

今年度にはいってからやることなすことダメで、凹み続けてましたしね。

事故の後家族でお祓いに行ってきました。

そのあとすぐに英検を受けに行ったけど、リーディングの読解ができなくて、全然自信がありませんでした。

もともとライティングもまともにやっていなくて、やっても1度にワンパラグラフ書くという作業だけだったので、「前回は2次退敗、今回はもしかして1次退敗か?」と何度も頭をよぎりました。週末に試験の生徒の英訳と自由英作文を採点しながら「英検落ちてたら、これ採点する資格ないなあ」なんて思いながらやってました。

それでも重い腰を上げて、1級を受験されたお友達とスカイプで2次対策を始めていたところです。

結果は無事合格してました。

実は子供も2級を同時に受けていて、一緒に親子で1次突破できました。それが何よりうれしい。二人でPCの前でハイタッチしました。
娘とダブル受験?ダブル合格?

私は前回はリスニングで1次合格したようなものなんですが、なんと今回はライティングがとびぬけてよかった。リーディングと100点近く差があります(汗)一体何なんだ、この乱高下する成績はといういつもの感じです。相変わらず全然安定しません。

でも、英検という枠を超えて、ライティングが自分の課題でもあるので、引き続き勉強しないといけないなと思いました。すぐにヘタレてやらなくなるし(汗)

二人で夕方からずっと合否閲覧に入れずにやっと夜に入ることができました。受験者が多いのではないかと思います。特に中高生が多いのではないでしょうか。今後の受験のこともありますからね。子供は2級をなんとか突破して、高校生のうちに準1級をとらないと意味がないので、ここからが踏ん張りどころです。新制度では、たしか大学受験には高校生3年生の4月から12月までに取った英語資格が必要になります。

前回初めて2次に落ちて、1次免除をせずに1次から受けなおして、ダメだったらどうしようかともちろん思いました。でも合格ではなくて、英語力をつけることが大事だと自分に言い聞かせて、できることをやっている日々です。

できない日もあります。すぐに熱っぽくなったり、疲れて日に2度3度を仮眠をとって頑張った日もありました。

なによりも一番の収穫は、

その横で子供が自分から英検の問題集を自らとってやり始めてくれました。

自分のことよりも子供の1次合格が嬉しいです。

どうしても試験中心な生活ができない自分。毎日audibleを欠かさず聞いて楽しんでしまう自分。映画やドラマもちょこちょこ見てしまう自分。本に関しては、今年はすでに70冊を超えているので、今までの例からして、あまりよくないかも思いながら、平行できてたのはちょっと嬉しいです。

2次は前回の様にならないように何とかしないととは思っているんですが、今の状態であの特殊な状況に向かって集中できるかはどうかは不明です。でもお友達が伴走してくださっているので、一緒に頑張りたいです。

失敗して、なんとかうまく行く時も出てきて、また失敗して、またうまくいく。

失敗からたくさん学んでいる自分です。

またよければ一緒にがんばりましょうね。

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

失敗のごほうび

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?今日はつぶやきです。

急に寒くなりました。雪の降ったところもあるそうです。ちょっと調子が悪かったので、早めの「おなかカイロ」を始めてしまいました。湯たんぽをおすすめされたんですが、我が家は昔子供が小学生の時に湯たんぽでやけどをして、傷が足に一生残ることになってしまったので、それ以降は湯たんぽは使わないようにしています。蓋のところにカバーがなくて、そこに一晩足をあてて重度のやけどになってしまいました。自分を呪いました。みなさんも気を付けてくださいね。

いいのはわかってるんですがね。でもお勧めしていただいて嬉しいです♪

今はテストの採点作業や次の教材作りが立て込んでいるので、自分の試験対策とかいってられない(そもそも試験対策をしていいのかも未定(笑))おなかに肩にカイロを貼って、フットヒータをつけてひたすらがんばっています。

でも、採点している横でこんな映画流されたらつい。ボリュームを大きくして英語聴きながらやりました。これも90年代。一番最初に見たときはもうびっくりして、夫に勧めて一緒に見てからもう何回みたでしょう。今度は途中から子供も一緒に見てました。

ケビンスペイシー怪演。脚本で賞とるのもわかりますよね。

今年度はほんとに集中できない日々が続ています。というか、今までできていた仕事も勉強も、同じようにやっているつもりでもこなせない自分がいます。

予定を立てて、それを一日にやろうと思っても、やりきれる時が少ない。その小さな積み重ねが結果となって出ているのかなとも思いますが、できる自分ばかりじゃないのが当たり前。

毎日自分でできる限りの努力をして勉強をしていても、求められる英語力を維持するには程遠い自分。イヤになることの方が多いです。

10年ぐらい英検1級に苦しみ続けて、やっと受かって、また落ちて、また受かったと思ったら、また落とされる。

受かる前も苦しかったけど、何度も受かった後でも、また違う苦しさを感じています。逃げ出したくなります。

それでも、できることから、コツコツやるしかない。

自分が失敗しながら学び続けることが、生徒に還元されていることがわかっているから。

ノートに生徒が書いてくれる「先生、音読したら、こんなに読めるようになった」「先生のオリジナルの宿題がいい」「先生の授業が好き」そんなちょっとした一言を胸に、

生徒にいつも「失敗してもいいんだよ」という自分の言葉を

自分に言い聞かせています。失敗してもそこから学んでやり続ける。

こんな私でも、アドバイスを求めてくれる他の先生方もいる。嬉しさもあり、もっとできるようになって的確なアドバイスをあげられらと頑張る気持ちも湧いてきます。そう思うと、やっぱり頑張らないとなと思えます。

今日も重い体をなんとか引きずってガンバリマス。仕事片づけないとです。なんとかまたリズムをとりもどしたいと思っています。

今日はなんだかつぶやきになってしまいました。読んでいただきありがとうございました。

また一緒に頑張りましょうね。


個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

冬のくだもの

今日もお越しいただきありがとうございます。いつも拍手にコメント嬉しいです!ちょっとガクブル。さ、寒くなってきましたよね。体のことを考えて、このところ寒いのは我慢しない私なので、電気じゅうたんとフットヒーターを使い始めた私です。

レンタカー生活もはや1か月になろうとしているんですが、今のレンタカーには座席にヒーターがついていない。そうなんです、寒冷地じゃないくせに、前の座席のお尻の部分が暖まるヒーターをオプションで付けてる私。ちょっと眠くなるのが玉に瑕ですが、体にはいいですよね。

昨日は長文のコメントもいただいていました。いろんな層の読者の方が来てくださってます。独身の方や、子育てまっさかりのママさん、子育てひと段落の方、仕事を頑張ってらっしゃる方、定年ライフを満喫されている方。他にもたくさんいろんな方が読んでくださっています。コメントでこころあたたまったり、すごく鋭い観察眼でいろいろ書いてくださる方もいて勉強になってます。ありがとうございます。

もう読みに来られてないかな?と思ってたら、来てくださっていたというのを知るのは本当にうれしいです。派手さもないこのブログに訪れてくださる方にいつも感謝です。

今は試験の時期なので、授業はないけど、採点や次の教材の準備に追われています。なので、相変わらずながらな私です。

今日はながらとくだものがテーマです。冬の果物と言えば、

やっぱりこれですね。

ミカン。
ダウンロード (4)
私は主食が果物かと言われるほど果物が大好きです。冬はミカンの食べ過ぎで掌が黄色くなってしまうほど食べるので、このところは以前よりは控えています。果物は体を冷やすからだめですヨーと読者の方も教えてくださってるんですが、これを取られると人生が暗くなるので、なかなかね。すみません。

で、みかんつながりです。

週末から「ボキャビル宣言」したので、がんばってます。仕事の休み時間に5分でもあればやってます。昨日はコマギレで30分ぐらい400語ぐらい行きました。まだパス単Aランク。でもうっかり間違えるのがあります。
ダウンロード (2)
1回に1分とかでもけっこうがんばってやりました。これで私も一人前のスマホユーザー?ゲーム的なのはあまり続かない傾向にあるので、なんとか早めにやってしまおうと思います。

全部で2300語ぐらいなので、1週間で終わらないかなあ。でもB,Cが時間かかりそうですね。

しかし今のアプリはすごいですね。いい点を見つけました。

「音声が出る」これです。以前のソフトはそんなのあったかなあ。記憶にないほどやってない(笑)

テストをするときに、スペルを見ずに音声だけを頼りに日本語訳を探すってのもやってみました。これだと、「聞いてわかる」語が増えそうです。

家でPCを家族が使っているときにソファでやっていたら、単語が発音されるので、横で夫もリピートしてました(笑)ちょっとうるさいけど、まあいいや。

この冬はバーチャルでもミカンなので、

一皮むけたボキャビラー、いや、ボキャビエンヌ?(お友達がいろんな命名をするキャンペーン?中なので、まねてみました)になりたいなあと思っています。

また変なこと書いてますね。すみません。仕事行ってきます。また急に思い立って書いてしまった。朝なのに(汗)

読んでいただきありがとうございました。

今日もいい一日でありますように。


個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

新しいボキャビル始めました

今日もお越しいただきありがとうございます。週末はいかがお過ごしでしたでしょうか。

私は相変わらず、audiobookを聴きながらの家事が中心でした。今日は雨だったので洗濯物が乾かず、カワックと扇風機作戦で乾かしました。夏に洗濯機が壊れてドラム式から従来型に変えてから電気代がコワくて、ドラム式の時はけっこう頻繁に使っていたのですが、洗濯機の乾燥機は使っても10分ぐらいです。やっぱりドラム式にすればよかった。でもマイクロナノバブルってのにひかれてしまいました。

夫のワイシャツのアイロンがけも、半袖をかけてしまって徐々に衣替えです。(かなり暑がりなので、やっと今長袖になりつつあります)

秋からいろんなことを見直して替えつつあるのですが、根本的には以前のような底力がないので、試験前にもパワーアップできずに低迷中な私です。それでもいつか細く長くやっていれば光が見えてくるものもあると信じています。

で細々ついでに、好きなものをやってみようと今日から始めました。

ボキャビルです。

英検1級の単語も試験前にさらっとおさらいするのみになっているので、ちょっとここらでホールアウト的にやってみます。英検のテストだと消去法であってしまうものが多いので、もうすこし精度をあげたら、小説ももっと読みやすくなるのではないかと思って。

一つはずっとやっているyasuboyです。ちょっとだけやって、間違ったものの再テストを使うことが多いです。最近は1級単語に手を出すと全問正解でもがたんと点が落ちるので、復習ができない(汗)このサイトは上のカテゴリーでテストをすると加点が大きいのです。ある一定になると加点も1点とか0点とかになります。医療英語や英英が高い配点となっているようです。でも英英は再テストに入れられないようです。

なので、他の角度からやろうと、違うことにトライし始めました。

まずは1級単語ですが、これはちょっと気になっていたこれをスマホに入れてみました。

mikanの出る順パス単1級

これはアンドロイドでもappleでも両方あるようです。有料で840円でした。うちはアンドロイドなので、前のは旧式でした。今回はこちらを使って見ることに。でも私は携帯あんまり使わないので、できるかどうかは不明ですが、とりあえず今日はやりました。

その他のものは無料。以下です。

テスト形式で間違えた問題をあぶりだして、ここのサイトに単語リストを作りました。
Quizletというサイトです。

随分前に先生の間で情報が回ってきたものなんですが、(私は夫経由)お気に入りに入れて使ってませんでした。これもまた違うお友達が教えてくれたので、使ってみました。みなさんうれしいなあ。

自分の単語リストを使ってテストを自動的に作ってくれます。PCでやると単語カードを作る時に日本語がわからなくても、辞書からコピペしてすぐに作れて便利。

自分のわからなかった単語ばかりなので、かなり効率がいいです。スマホでもできるのですが、私は今日始めたばかりなのでPCでとりあえずやっています。

また見つけてしまいました・・・。
images

それから、これも随分前からお気に入りに入っていたんですが、最近お友達も教えてくださったので、やってみることに。

Vocabulary.comというサイトです。

こちらは英→英です。登録してやるタイプのものです。間違えると再度またその単語を聞いてくれます。レベルは最初から難しめだと思いました。日本人のKoikeさんという方が2位なのですが、Koikeさん目指して頑張ろうと思えますね。ラーメン好きかなあ。

今日から初めてまだまだ序の口なので、20万点超えになるにはかなり時間が必要だと思われます。

私の脳みそは反応が遅いので(汗)一カ月でどれくらい覚えられるかわかりませんが、本物の、1万5000語(なんちゃって1万5000語だと思っています)暫定でもいいので2万語を目指して頑張ってみようと思います。

一緒にボキャビルがんばってみませんか?

いや、そんなことしてないで、angelはん、英検大丈夫?という声が聞こえてきそうですね。いや、2次いけないかもしれないし(汗)普段、仕事で英語使うこともあっても、結構用がたりちゃってるのもあって、2次みたいに論理的に話せないと英語できないと言われてもいいかなあなんて思っちゃう自分に甘い私ですが、なんとかがんばりたいです。

とにかく何でもいいので、一緒に頑張りましょう!

読んでいただきありがとうございました。


個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

子供のいない夜

今日もお越しいただきありがとうございます。

英検が終わって読者の数も落ち着いてきました。1次通過できるかなあということを書くのは勇気がいりましたが、それでも変わらず読みに来てくださる方がいらっしゃるのが嬉しい私です。いつもありがとうございます。

今年度は大変なこともあるけど、今年度は英語のことをシェアできる日本人の若い優秀な先生がいるので、ドラマや小説の話や文法についても話しあったりできて、ちょっと嬉しい日々です。「ええと、leaveとkeepとremainの使わけってどうだったけ?」とか「このingって現在分詞?それとも動名詞?どっちでしたっけ?」「なんで不可算なのにaがつくのだ?」とか一緒に膝を突き合わせて話せます。

先生によっては「そんなことも知らないの?」「できないの?」という場合もあるけど、私はそういうのを聞かれて知っていたとしてもそんな風に思わないし、一緒にいろいろ勉強するようにしています。なので、お互いにすごく聞きやすい雰囲気があってすごく貴重に思えます。「angel先生と一緒の日はうれしい」と言ってもらえるのがまたうれしい。

リアルでも、バーチャルでも「そんなことも知らないの?」みたいな秋波を出す人いますしね。コワいなあ。

試験で時間ができると、他の先生方からもランチのお誘いを受けて、それもうれしい。どんなときにもどんな人にも真面目に思いやりをもって接することが大事かなとそんな時ふと思います。

ブログもそうですね。

子供のいない夜が数日。全然連絡もなく、さみしいような、うれしいような。成長したのかなとも思うことも。こうやって徐々に手を離れていっているわけですね。

もう中学生で、あっという間に高校生になる子供です。うちは高校受験がないので、それはありがたい。でもそれに乗じてかなりのんびりしているぞ(汗)お受験が今は懐かしいです。子供の学校では中学を終えるまでにけっこうな数の生徒が英検2級保持って感じなので、なかなかついて行くのが大変そうです。(準1級もすでに持っている子もいる)うちの子供は英語の塾にもかよってないし。でも英語教師の親も教えられないし(笑)なんとか自力で頑張ってほしいです。

電車通学なので、朝早くに駅(遠いし、暗くなると心配なので)まで車で送り迎えして、夜にお弁当を作る日々です。

毎日バタバタしながら、過ごしていた時間ですが、こうやってその用事がぬけると、なんだかとっても時間があることに気が付きました。

これだけ違うんだ。

例えば夫婦だけだったらすごい時間。一人だったらもっと多い。子供が複数ならもっと少ない。仕事なかったらもっと英語で楽しめる。

でも、それは隣の芝生であって、自分じゃない。

私は家族がいるからこそできるのだと思っています。バランスが難しくても、そのバランスがじぶんにとってかけがいのないものになっています。

不自由さのなかの自由だからこそ貴重に思えます。

違う立場でも、かならずなにかがあるのです。

自分の立場をしっかりと見極めて、じぶんカスタムを作るのが肝心だと思っています。

もうすぐ子供が帰ってきます。お土産話をたくさんもって。

また「携帯やめなさい!」と叫ぶ日々だろうけど(笑)

それが自分の日常。

長く続けている中では、低迷することもあります。

ここにもいろんな立場の方がいらっしゃって、それぞれにがんばっています。

お互いにエールを送りあいながら、がんばりたいですね。

読んでいただきありがとうございました。


個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。
記事検索
ギャラリー
  • 2017年 第3回 実用英語技能検定
  • 速度は遅いけど
  • 温床
  • ヤダヤダヤダ
  • イギリスの好きな食べ物
  • イギリスの好きな食べ物
2017年の洋書本棚
2016年の洋書本棚 50冊
2015年の洋書本棚 60冊
2014年の洋書本棚 35冊
2013年の洋書本棚 50冊
2012年の洋書本棚 95冊
2011年の洋書本棚 50冊
2010までの洋書本棚 34冊
  • ライブドアブログ