ワンパラタスク

今日もお越しいただきありがとうございます。このところの新記録?5日連続。

読者の皆様は私の更新をだいたい読んでますねー。「4日連続更新はこのところで珍しい」とのこと!あはは。更新する日をだいたいこのあたりだと思って読みに来てくださって「たまっていた記事を今読みました」とか言ってくださる方もいらっしゃいます。

昨日はちょっと夜勉強しようとおもったのに、手を止めてしまいました。帰宅した夫がテレビつけたらちょうどやっていた映画。

一度家族で観たので、最初はaudibleを聴いて台所仕事していたのですが、どうしても気になって手をとめてテレビの前でくぎ付けになってほとんど見てしまいました。子供はけっこう内容を覚えていました。おお、なかなかいいぞ。

おかげでaudibleの予定がずれるわ、他の英語のタスクができないわでした。でもいいや。

改めて見てると、マシュー・マコノヒーも、アン・ハサウェイも泣き顔やシリアスな顔が多かったなあ。マッド・デイモンの役柄がいつもと違うのが意外ですよね。しかしものごっつい豪華キャストだ。わかったようなわからないような映画ですが、なぜか見入ってしまいます。映画の音楽が寝るまで頭の中でなっていました。

今日はライティングについて書こうと思います。私はこの数年、特に英検に関してはライティングの準備をほとんでできずに受験しつづけてました。ほかのテストも後手に回ってしまっています。

それが、前回2次の面接で落とされた大きな原因の一つだと自分では分析しています。エッセイチック(そんな言葉あるのか?)なこと英語で話すことってないですからね。他のテストはあんな感じのスピーキングじゃないので、よけいです。

でも、英検のためにとかじゃなくて、やらないといけない(涙)書けないといけないのです。それに生徒の英作文も見ないといけない。今は生徒が黒板に書いた英文を見て即座に直していかないといけないので、勉強にはなるけど、やっぱり常にメンテナンスしとかないとと思います。できる子たちからは鋭い質問がやってくる(汗)だから逆にテストでも受けないと書くことすらなくなるというわけです。なんだかなあ。

ほんとは、受けたいライティングの講座があるのですが、(エッセイ添削とかじゃなくて)その前段階でもたもたしている状態です。くすん。

なので、まずは基本的な4とか5パラのエッセイのやり直しからです。

英作文は書いてもっていけば、添削してくれる英語母語者の先生は何人かいるんですが、

いつ帰ってくるかわからないというおまけつきです(笑)タダだとそうなる。

前回、海外のサイトでエッセイを頼んだことがあるのですが、そこも値上がりしてたしなあ。日本の英作文サイトはとってもお高いと感じるのはわたしだけかなあ。大昔やっていたカクタスというところで、インドの先生方に添削をたくさんしていただいたことがあるのですが、そこも結構しました。で、やったあとにあまりにもきれいに英文が直されすぎていて、すなわち私の英語がだめだめすぎて、添削されたものは、

自分の英文には思えない(笑)なので、頭に入りにくい。

復習が大事なのですがね。

で、9月に入ってタスクの見直しをしている中に、ライティングも入っているんですが、短いものを積み重ねることでなんとかやっているので、このライティングというのが非常にいれにくいです。

で、いざ書いてみると、できないんですよねえ。くすん。studyplusのタイムラインは英語でグダグダかいていたんですが、(グダグダ書きすぎていた時もあってお友達に謝ったこともあります。スミマセン)あれは日常の延長なので全然違う。

その他にも実は冬からしばらくは隠れて映画の感想とかを英語で書いて「闇ブログ」として書いていた時期があるのですが(知ってる人はたった一人(笑))これもなかなか続かない・・・。母が入院したことも重なって、忙しくなってきてあっという間にできなくなりました。いろいろ試行錯誤で,ない時間とエネルギーを振り絞って努力はしてるんですがね。全然だめです。

で、いろいろ考えて、こうすることにしました。

10分ぐらいで、1パラグラフを書くようにしました。1つのタスクに250語を書くようにしているので、4パラか5パラ構成のどちらかで1パラ10分から15分。これを今日から朝に入れてみました。

なのでタイトル通りのワンパラタスクとなります。

夜になんとか一気にやりたいのですが、夜は疲れてよけいにできない(ブログは書けるくせに(汗))今日は子供が塾だし、夫は会議なので弁当作りの前になんとかこのあと1パラだけでもやってみようと思います。

コツはまずはベーシックです。①意見②理由③具体例です。パラグラフライティングの基本すら自信ないなあ(汗)今ティームティーチングでも生徒にやらせているのですが、あまりディスコースマーカーにとらわれすぎても良くなさそうです。あ、エッセイはbodyが命です。ハウツーはよく授業でやるので、言えても実際に自分が書いてなければ意味がないです。やらなくちゃ(汗)

そうそう、ここだけの話ですが、英作文にとてもくわしい英語母語者の知り合いがが日本人が著者であるある市販の英作文の本を買ってみてびっくりしたそうです。(ちょっとこわくて言えない)「これはネイティブスピーカーが校正しているのか?ヒドイ」と言っていました。あ、ちなみに日本の学校の英語の教科書は英語母語者に見せないほうがいいかも(笑)

ブログと同じで(ちょっと自虐的?あはは。)、本もほんとにいろいろあるので、売れているからと言って良書とは限らないということですね。見るなら「公式本」「過去問」と呼ばれているものがよさそうです。そのモデルアンサーが無難。でも公式本のモデルアンサーはかなり高嶺の花なかんじですもんねえ。困ったもんだ。

で、自分のことに戻すと、
なんでもそうですが、一気にできないのなら、

分解するのみ。

今までも全部そうでした。

きっと想像以上に時間が必要だろうけど、そうするしか取り組めないので仕方ないです。毎日はなかなか苦しいけどなんとかルーティーンにもっていきたいと必死です。ここでブログに書いたことで実行できればと書いています。

ディクテーションは習慣になりつつあるので、これも3日坊主にならないようにガンバリたいです。

一生学習者な私です。どうです?「ワンパラグラフライティング」なかなかいいと思うのですが。

読んでいただきありがとうございました。

明日もがんばりましょうね!

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

夜の英語

今日もお越しいただきありがとうございます。今日は日記風です。

一昨日も、昨日の記事も反応があってうれしいです。あ、コメントで「足長おじさんは私ではありません。拍手はしたことがないです」と書いてくださって受けました。わはは。

その前に書いたディクテーションについては、書いてからお友達のブログにいったら同じテーマで「おお!気が合うなあ」と喜んでいました。その方は回数を決めているとのこと、それ読んで今日は私も5回でやってみました。なるほど。参考になりました!

こちらの方は朝雨がひどくて大雨警報が出てました。朝方目が覚めて、いったんソファで寝ころんでいたら、5時ぐらいに愛犬が「ちょっと、ちょっと!起きてえや」とキュンキュンいいながら腕をひっかくしぐさで無理やり起こされました。

雷の音が超苦手。だっこしないと震えが収まらないのです。仕方ないので体を起こしてだっこしながら寝てました・・・。そのうち起きてきた夫と交代で抱っこしてました。赤ちゃんと一緒ですね。なので眠い一日でした。

そんな日でもなんとかルーティーンをこなそうとする自分がいます。今日は朝に時間があったので、オンラインでお試しレッスンをうけました。英語母語者の方でした。優しそうだったなあ。しばらくはこうやって先生を探そうと思っています。私には毎日はきついので、週に何回かあればいいかなと思っています。多分1回かな(汗)

しかし、お話している間も生あくびしてました。今日は仕事でティームティーチングの間もあくびしてたところを同僚の先生に見られてしまった(汗)自分が話してない時はどうしても眠い。ごめんよ。でもあとでなんで眠いか説明したら受けました。英語で説明するのはいい練習ですしね。笑ってもらえると嬉しいし。

こういう日は夕方帰ると、即座に寝てしまいます。でも子供を迎えに行かないといけないので、「帰るコール」が目覚ましになります。

夕方から夜にかけては晩御飯とお弁当の支度があって、立っていることが多いので、そこはaudibleでストレス解消しながらです。疲れてくると勉強系のことができないのがつらいですね。

サイトの英単語のテストは朝にやると無理があるので、夜にやるようにしました。10分ぐらいですが、これもやっぱり塵積作戦です。横で家族が話しかけてきたり、テレビがガンガンついている中でですが、それなりに毎日見てるとやっぱり覚えてきます。

あと、時短に貢献してくれているのが、以前にも何度かご紹介したこちら。
選んだメニューの材料を宅配してくれます。

こんな感じのカタログです。けっこうおしゃれです。
ダウンロード (10)
ヨシケイというところで材料を宅配してもらってるんですが、そこが新しいカタログを開発して、2冊あります。最近はこちらばかり選んでいます。エスニック料理とかもあって、お気に入り。

こちらで週に何回かとっているのでかなりなズボラ主婦となっています(汗)仕事帰りにスーパーに行かなくて済む日があるのはありがたい。

仕事帰りに、「今晩何しよう~。うー」とスーパーをうろうろすることが少なくなるので精神衛生上とてもいいです。それにうちの夫と子供、特に子供が好き嫌いが激しくて、メニューが限られます。なので、有無を言わさず「今日はヨシケイ」と言って、少しは栄養のバランスもとれてるかなというところです。でも食べれそうなメニューを選ぶんですがね。うちは娘だし、全員少食なほうなので、たまに3人分とるけど、普段は二人分で十分です。なのでそれほど不経済でもないし、効率もいいかなと思っています。

今日は主婦っぽい内容に徹しています。え?いつもだって?すみません。

働くママはつらいのだ。

さて、夜にどれだけタスクを入れ込めるか、まだまだ調整中の私です。授業の準備もあるんですが、なんとかkindle読書も増やしたい秋の夜長です。

皆さんはどんな工夫をされていますか?よかったら教えてくださいネ。

読んでいただきありがとうございました。

明日もがんばりましょうね!

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

たかが10分、されど10分

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

週末は友人と会っていたので、あまり英語はできなかったのですが、30年来の親友たちとこのように定期的に集まれるのは恵まれてるなとしみじみしました。

友人のおうちの近所でこんなランチ食べました。ヘルシー。
DSC_0030 (1)
このあとデザートも注文して食べたんですが、写真撮るの忘れた。豆乳プリン、抹茶パフェ、シフォンケーキ頼んで友人たちと分けました。美味しかったです。

更新するつもりもなかったんですが、書き始めたらつい書いてしまうこのブロガー根性(汗)7年も8年も書き続けてるとこうなる?

今日は10分についてです。いやね、朝、子供を送っていったときに流していたpodcast newsで言ってました。

10-minute brisk walk
がとってもいいそう。
10分キビキビと歩くだけで随分違うそうです。それが月に一回でもとのこと。あ、このpodcastも10分番組だ(笑)

なんとかラジオ体操を朝に取り入れようと必死なんですが、今でも遅刻しそうになるのに、どうしたものかと思うのですが、なんとかしたいなとこのニュース聞いて思いました。10分もない。やる時にはラジオ体操第一と第二、それになんちゃって腹筋をしてだいたい10分。朝はその10分も貴重でがなんとかしたい。だけどこれ書いてがんばってやりました。ひいい。

たかが10分、されど10分。

朝はバタバタしながらも「ながら族」な私は洗濯物を干しながらの時間をシャドウイング(どちらかというとサイマル読み)の時間にあてています。10分のタイマーと、1回リピートを駆使してひたすら同じものをブツブツいいながら洗濯物を干します。お隣の奥さんはベランダ越しに時々聞こえてくる英語にもうなれてしまってるかも(笑)

たかが10分、されど10分。

今度は台所で洗い物をしながらシャドウイング(これもほとんどサイマル読み)。やり終わるまでに家事を済まそうとする自分もいるので、仕事もはかどる?→雑なだけという噂も。

この蓄積が自分のスピーキングを作っていると思っています。あ、大したことない?スミマセン。

このところはサイトの単語テストも10分前後になっているので、ほんとにten-minute brisk learningって感じです。

10分だけじゃなくて、15分、20分、30分単位で動いています。隙間道とでも呼びましょうか(笑)おお、ネーミングだらけ。

あ、しつこいようですが、これをやれと言ってるわけではないです。あるおばちゃんのひとつの例なだけです。

「たかが」にするか「されど」にするかは自分次第ってことですね。

あなたはどちら派?

今日も読んでいただきありがとうございました。

明日も頑張りましょうね!

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

Dictationでわかるもの

今日もお越しいただきありがとうございます。更新が増えてますね。勉強しいやって感じですがね(汗)

Dictationを日課にしてなんとか毎日続くようになってきました。一応1週間続いたので、三日坊主じゃないです(笑)

やっているのはこんなことです。

①1回通しで聴いて内容を把握


②自分が英語を取れるかなというところまでで切って、英語を書く。


なるべく負荷をかけるように、徐々に長めに止めるようにしていますが、まだまだです。
ここでレベルによって調整をすればいいと思いました。難しい場合は2語とかで切ってまず単語を書いてみる。

③抜けてところがありながらも、最後まで終わったら、今度はリピートで流しながら足りないところを足していきます。

私はこの手の教材をやる時は2回目以降は色を変えて、後で付け足した箇所がどこかわかるようにすることもあります。ペンが見当たらなかったらそのままというずぼらな奴ですが(笑)
これをわかるまで何度もやります。

④スクリプトとチェックして赤で訂正して確認します。


何回も聴くうちに英語が取れてしまうこともあるので、(全問正解はめったにないけど(笑))負荷をかける場合には聴く回数を減らすと、よくある授業でやってる形になる感じですよね。でも続けることが大事なので少しずつ負荷をかけていってもいいと思っています。

⑤チェックしたあとは、自分の書いた英文を見ながら音声と一緒に同時読みします。

そこでどこが取れていなかったのか目と耳で確認。

⑥原稿と一緒にも同時読み。そしてなしでシャドウイングします。
ここまでくると、私が日常やっていることと同じです。私がいう音読は素読だけでなく、音声を使ってやるのも音読と勝手に音読と読んでいます。

だいたいですが、15分から20分ぐらいでやっています。音読を減らすと15分以内にできちゃうと思います。

このディクテーションというもの、私は通訳学校や茅ヶ崎教室で似たようなものをやる以外にあまりやってきませんでした。通訳学校で出されたディクテーションの課題が出されたものはすごく長かった覚えがあります。それと、通訳学校や茅ヶ崎では聴く回数がある程度きまっていて、何度も聞かずにたとえば1回でどれぐらいとれるかということが大事なので、(通訳者はたいていは1回でわからないといけませんから、当たり前ですね。)それはすごく力になるともは思うのですが、通訳になりたいとか思わない限りなかなかできない。

ということは、少ない回数で理解度をあげる練習が負荷をかけれるということでもあります。でもそれで無理してやらなくなるより、継続して徐々に減らしていく方法を自分はとることにしました。週に一回少ない回数でするか、毎日多い回数でするか。それを意識するだけでも違うかも。

それと、教材は1分以内。30秒前後がいいと再確認しました。私はイギリス英語を好んで聞く傾向にありますが、そればかりでもないです。こんな感じのもの。

イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアの各局から拾ってきたものが網羅されていますが、イギリス英語もBBCなどで聴くのと違う場合も多いです。だからといって悪いとも思ってないです。BBCイングリッシュと言われるもの、それも今はいろいろあるので違うのですが、そのスタンダードな英語を大多数のイギリス人がつかっているかというと、違いますからね。

別に回し者でもなんでもないです(笑)生の教材がいいと思っただけ。

レベルによっては加工されたものから徐々に負荷をあげていくほうがやりやすいかもです。まあそうとも言えない部分もありますが。

1級レベル前後という意味で「生」のナチュラルスピードを重視しています。上の教材にはあらためて教材として読み上げたゆっくりモードもあるのでなかなか素晴らしいですね。

なによりも続けることが肝要です。

やってみて気が付いたことがたくさんありました。

①複数形のSがよく抜ける。
  複数形のsなのか、be動詞のsなのか混乱するときもあるし、単に文法的に意味を見落としている時 もありました。
②the とtheirの混同
れはどちらでも文法的に合っている場合もあるので、ものすごく難しいです。
③前置詞
  of が難しいです。oの音がないにも等しいので文構造をみないと気が付かないことも。
④接続詞のthat
  省略が可能なので、ない場合もあるけど、ある場合もある。

  この①~④までは文法、語法の力があるとカバーできる部分も多いです。文をみておかしいなと思ったら足しておいてあとで聞き返すということもあります。でもどれも一番重要な情報でないため、弱く読まれる部分です。そこを拾えることで、単語自体は簡単な塊たとえば、go for itを一語のように言うところがもっとくっきりわかってくるようになるのではないかと思って、願ってやっています。

ポイントはチャンク(語の塊)です。

このほかにこれはレベルに関係すると思いますが、

知らない単語はとれないというのがあります。ボキャブラリーが増えれば増えるほど負荷が軽くなるのは当たり前ですからね。やっぱり単語は知っていればいるほど得です。

それよりも、「知っている単語しか出てこないのに意味が取れない」が大変だと思っています。

以上ですが、ディクテーションは単にリスニングの力だけでなくて、いろんな力が必要だということを再確認できました。

語彙、文法、語法の力も必要です。その力を総動員してリスング力を養える方法かなとやってみて思いました。


私はこのディクテーションはめんどくさがり屋なのもあって、自分がたくさん読むことで英語をなんとか上達させてきました。机に向かえない時間も多いのがあります。

音読、自分では素読、シャドウイング、同時読み(サイマル読み)等です。英語を声に出して読んだり、言ったりすることは言語活動としてとても効果的なことだと自分でも証明できたのではないかと思っていますが、

でもそれをやらないといけないとは決して書いてきませんでした。

自分がやってよかったことを書いただけで、それをヒントにご自身のやり方がをアレンジして、継続してできることが大事だと思っているし、まだまだ学習者の域にいる自分もいます。過去に試験に受かっても、ますますできない自分に出会ってる今だし(笑)

実際に自分の授業でも音読をかなり取り入れて生徒の力をあげてきたもの事実ですが、それをしないから英語が伸びないかというと、そうじゃない。そうしてこなかったけど英語ができる生徒は山ほどいます。

例えば私の子供の学校はインターナショナルとかじゃないですが、英語教育は巷の学校とは一線を画していて、生徒のレベルが全体的にかなり上のようです。やっている内容も私がかかわっている学校とはまったく違う。完全に入試のその先を見据えた方法です。いや度外視かも(汗)でも入試に対応できていないかというと、そうでもなさそうです。あんまり言うと怒られる。

でも全然音読なんてしてません。うちの子供は置いといて(笑)「その年齢で英検〇級!」なんて生徒さんがウヨウヨいるようです。

私の教え子でもとびぬけて英語ができる子はいままでも何人もいました。あ、帰国子女もいれば、親が外国人って子もいるけど、そうでない子もいます。その子たちがみなそろって音読を徹底的にしてるかというと、

していません。

たまたまあった言語習得にであえたから、環境があったからと、本人のやる気、ひとそれぞれだと思います。

このディクテーションにしても同じことが言えます。これやってこなかったけどそれなりに他のやり方で伸びてきました。

やって画期的に伸びるかもしれないし、伸びないかもしれない。その人のレベルでもかわってきます。

「これはマスト」というのはご自身が決めることです。私が決めるべきことではないと思っています。

もちろん少しでも英語を上達させたいのは誰もが思うこと。私も全く同じです。

そこに近道はないと思っています。速く習得できた人は要領ではなくて、時間を凌駕するほど努力したんじゃないかなと思っています。帰国子女の子供がサバイバルのために英語を習得するのは効率的にやったのではなくて、生き抜くために必死だからですよね。負荷を無理矢理かけられている状態です。

そんな状態を作り上げればいいのですが、我が家の様に英語子育て挫折組も実際にたくさんいるわけです。私は子供の自我の成長をおさえつけてまではできませんでした。それは親のエゴだとも猛反省しましたし。お受験ですらも、やってよかったと思うと同時に失ったものもあるかも思うこともあります。持っていきかた一つですが、今は本人の意志力が大事だと思うに至っています。本人がやる気にならないと意味がない。最近になって、子供が自ら一斉授業の塾に行きたいと言ってくれてちょっと嬉しかったです。

自分がやろうと思うことほど強いこともないのです。意思を強く持つことが大事。自分の責任ですからね。

それを育てるには、やっぱり自分が毎日コツコツできることをやっていくしかないのです。そこに近道もない。

マストなんてのも実はあるようでないなと思いながら自分もがんばっています。

また一緒に頑張りましょう!

読んでいただきありがとうございました。

充実した1週間をお過ごしください。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

共有

今日もお越しいただきありがとうございます。

今日は午前中に英語のタスクをがんばってこなしました。午後からは予定があったから。

母と姉とランチしてきました。昨日は「遠いし、これからあんまりくることもないかな」と言っていたので、じゃあ、せっかくの機会だからおいしいもの食べに行こうとバイキング形式のレストランランチしに行きました。そのあと3人でショッピングをして(母はほとんど椅子に座って待っていましたが)午後に新幹線に乗って帰っていったのですが、ついてから、よほど楽しかったみたいで「これからもランチ会しよう!」と言ってくれました。もうすぐ赤いちゃんちゃんこを着る予定とは思えないおしゃれで若々しい姉ですが、今後はもっと行き来できたらいいねえと話をしました。娘たちに囲まれて何よりも母が嬉しそうなのが良かったです。長生きできるようにたくさんこうやって楽しい機会を作ってあげたいなあと思いました。買い物も随分付き合わされたけど(笑)姪っ子が下宿でほとんどいないので、女同士でワイワイガヤガヤ、気の置けない話もできたのが良かったみたいです。

気持ちを共有することで、また会いたいと思ってくれる。時間を作ってよかったと思いました。

夜はかなりお疲れモードだったので、一つだけタスクがこなせませんでした。最後はソファで寝そうになりながらやりました。朝にどうしても入れ込めないものは夜にもってくるんですが、どうしても疲れててなかなかできない。なので夜はなるべくエンタメ系にしたほうがいいかもと思っています。まだまだ調整中。

夜眠りそうになりながらも勉強しているときには横から子供が宿題をしながらいろいろ話しかけてきます。それでも本をおかない自分も自分ですが(汗)

こうやって家族が楽しそうで、穏やかで、ブログも穏やかに日々綴れることにありがたいなと思った一日でした。

たしか、2013年ごろに、このブログの前身である「兼業ママの英検1級奮闘記とその後」をいったん止めたときに数百の拍手をいただいたのは、私の人生の中で10本の指に入る出来事だと思っています。統合した時に消えてしまったので、500だったか、600だったか覚えていない(涙)これはほんとにうれしかったです。一人一人のお気持ちにどれだけ泣いたか。それからそんなブログがかけてるかというと、なかなかそこまではいかないのですが、未だその頃からの読者の方もいらっしゃって、本当に感謝です。

このブログの嬉しいところは、更新すると必ずどなたかがコメントを残してくださるところです。毎日くださる方、決まった間隔でくださる方、「読み逃げすみません!」といいながら読みに来てくださったことを教えてくださる方(嬉しい!) それから健康情報をくださる方、英語の情報をくださる方、英語の勉強について報告してくださる方、近況を教えてくださる方、生存確認できるようにコメントを久々に残してくださる方(笑)おつらい気持ちを抱えながらも一緒に頑張ってくださっている方、ほんとに上げるときりがないくらい。ブロガーの人もいらっしゃるけど、大多数がそうでない方々です。

それと、今日みたいにあんまり遅くに更新するとないのですが、毎回じゃないにしても、更新したらすぐに拍手を下さる方がいらっしゃって、その人は同じ人じゃないかなと思っています。なんだか足長おじさんみたいです。あ、男性か女性かはまったくわかりませんが。いつもありがとうございます。

気持ちを共有できてちょっと心が軽くなる。そんなブログになりたいです。今日はあんまり英語ネタなくてすみません。

読んでいただきありがとうございました。

よい週末をお過ごしください。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

黒革の手帳じゃないけど

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

今日はこちらの方はあいにくの雨でまたまたむしむししてました。またエアコンを除湿にしてつけてます。

最近飲み始めた漢方薬がちょっと効いている気がします。季節もあるのかもしれないけど、体が少し楽になった気が。漢方専門の薬局で良く効くときいて、他の漢方薬と一緒に飲んでます。ちょっとお値段がはりますが、この1年かそこらだと思うので飲んでみることにしました。

あと片目に飛蚊庄の症状がでているのと、老眼が進んでちょっと読むのがつらくなってきたときにルテインを飲み始めて数か月経つのですが、点がきえることはないけど、少しはましになったような気もします。すぐに疲れて読むのがしんどくなっていたのがちょっと長めに読めるようにもなってます。あ、フルーツジュースのことを心配してくださった方もいらっしゃるんですが、10mlとか20mlの単位なので、ほんのちょっとです。サプリの錠剤よりはいいかなと思ってるんですが。サジーは体が暖まって鉄剤要らずになったのでイイ感じです。

あ、また健康ネタになってしまいましたね。すみません。

2学期に入って生徒達もちょっとは落ち着いてきました。

今日は生徒達に「先生の『素晴らしいー!』を最近聞けてないからもっと言って!」とお願いされました。「じゃあ、言われるようにがんばりなはれ」と答えときました。なんでも大げさに褒めてあげちゃうんですが、全員起きてたら「みんな起きてるー?あ、全員起きてる!素晴らしい!」というだけでもみんなニコニコしています。かわいいなあ。

今日は遠いところから姉が用事で来ました。もうすぐ定年になります。それもあるのか、穏やかになって、楽しそうにいろいろ話してくれました。一緒に旅行にも行こうねと話しています。母を連れて大学生の姪っ子が下宿している遠方に旅行を兼ねていこうと計画中です。確か今5回生なので、早くいっとかないと。

毎日仕事と勉強に忙しい日々だけど、そうやってちょっと休憩するのもいいなと思いました。

私も子育てがひと段落したら、小さな夢を一つずつかなえていきたいなと思っています。そのためにも今はやっぱり頑張らないといけません。いつまで、どれぐらい働くかは未定ですが、できる範囲でがんばろうと思います。

今は長期のお休みの時だけStudyplusに入って勉強記録をつけています。仕事をしているときは時間を記録するとかえって精神衛生上よくないので、すっぱりとお休みにしています。体を壊しては元も子もないですしね。

両方を経験すると、両方の短所長所がわかります。

記録しないと勉強時間がやっぱり減るんですが、無理をしないのがいいです。でも仕事があるのでかえってルーティーンがきまっていて、規則的なのでさほど崩れません。時間が物理的に限られてくるので、よけいに大事に過ごせて充実しています。それと、PCに向かったりする時間が減るのもいいです。その分家族との会話もできます。でもこうやってブログの更新が増えてるから、どうなんでしょう(笑)

よくこれも取り上げるのですが、私は手帳を使って勉強を管理しています。Studyplusをしていてもしていなくてもです。これはすごく有効だと思います。
黒革じゃないです。長年これ。もちろん4月はじまりです。

過去ログがさっと確認できるのが秀逸です。いろんなメモとかも書き込んであるので、見開きでみれるものはほんとに便利。私は1週間見開きの手帳をかれこれ30年ぐらい同じように使っています。

1週間の見開きのダイアリー帳に、やるべきことを先に書いておいて、実際に取り組んだら線を引いて消し込んでいきます。書くのは例えば、Podcastだったら、「P]と書くだけです。「よくばり英作文」は「よ」です(笑)消さずにのこったものが見えるので、次の週にまた修正して1週間分を書いて消し込んでいきます。可視化されているので、全部消したくなります。

それをやることで、例えば朝に15分やっていた単語のタスクを時間を調整して10分にしたりとか細かい調整をしています。そしてなるべくルーティーンにして固定化していきます。

今は調整中なのですが、今朝もディクテーションのタスクをこなすことができてうれしかったです。でもまだ仕事に行く時にバタバタするので、もうすこし改善したいと思っています。

今晩、母のところに泊っている姉が母と一緒に明日うちにくるだろうから、あんまり英語もできないだろうけど、誰もいない朝のうちになんとかできることをやりたいです。こういうのも大事ですしね。

今日も読んでいただきありがとうございました。

また明日も頑張りましょうね!

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

癖を直す

今日もお越しいただきありがとうございます。少し涼しくなってきて、過ごしやすくなってきました。でもこの辺りは雨の加減でまだ蒸し暑い時もあります。

長文ブログを3日連続でUPしたら、喜んでいただけた方もいらっしゃるんですが、一気に読者が減りました(笑)喜んでない人の方が多いのかも。いや、ますます変人と思われたのかも。すみません。

さて、今は自分の英語の取り組みの見直しをしています。初心に帰ってまたゼロから心機一転したいと思っています。できる自分をアピールしてもしかたないですしね。いやできてないけど(笑)なので、他にもいろいろ考え中です。雑音もしんどいし、自分が勉強に集中できることが大事かなと思いました。

私の英語の取り組みは朝が貴重な時間です。家事の合間にする10分、15分単位の取り組みを変えようとしているのですが、

長年やった癖が抜けなくてなかなか苦しいです。

例えば、何本ものpodcast。ダウンロードしているものを全部聞き終わらないとと思う自分がいます。イギリス、アメリカ、カナダ、日本といろんな国の英語ニュースを何種類も聞くのですが、同じ話題は確認できるのがけっこう気に入っていました。でもそれも4本ほどに減らしました。時間がある時は繰り返し同じものを聴くという何本かでやっていた方法をとることにしました。

ニュースはスピーカーで忙しい朝に送り迎えや家事をしながら、仕事に出る支度をしながらとかで聴いていたのですが、一部をシャドウイングに変えました。

それから、これは癖ではないのですが、春からは週日は仕事に出る前にオンライン英会話をとっていたのですが、前に書いた通り、すっぱりやめました。今は週に1回とかのレッスンを検討中です。

その時間は再びインプットです。今日は音読。それから違うことをやりました。

毎日は無理かもしれませんが、夏に少しはじめていたことをルーティーンにしようと思っています。できるかな(汗)

ちょっと違うものですが、よく似たのがこれです。
もともとこの形がやりやすいと思っています。1分もない英文。

以前はこの類のものをたくさんシャドウイング、同時読み、素読と何十回も音声とともに読んでいましたが、今回は、

ディクテーションです。本じゃなくても短くて、スクリプトのあるものならなんでもできます。

何十回も繰り返し聴いて、白紙の紙に書きなぐる(笑)朝なので時間がかぎられているので、スリルとサスペンスの中でできて効果抜群?スクリプトと見比べて「あちゃー」となることもありますが、しばらくこれをやって新たな習慣にしようと思っています。最後はシャドウイングや同時読みもやりました。自分のペースでできるのがいいです。

実は夏にお友達と一緒に「ディクテーションしよう!」と意気込んだものの、お友達は毎日やってらっしゃったのに、言い出しっぺの私は試験やらで時間がなかなかとれてませんでした。

仕事が始まるとリズムがかえってつくので、英会話していた一部の時間をこれに充てることにしました。

あ、続くかどうかは謎(汗)でも一緒にやってくださるお友達もいるので伴走できたらと思っています。

映画とかドラマはストーリーを堪能したいので、超短いもので学習系はやろうと思います。自分はそのほうが長続きすると思うので。ズボラはつらい。

とにかくルーティーンにして、同時間に同じタスクをするのですが、その中身を入れ替える作業中です。

それが吉と出るか凶と出るかは別にして、

結局コツコツやることに変わりはないです。

あ、長くなるといけないので、今日はここまで。仕事も少しずつ落ち着いてきたので、ちょっとだけですが余裕が出てきました。

今週も後半に突入です。また一緒に頑張りましょうね!私は明日の弁当作りにかかります。

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

2017年一人夏期講習で取り組んだもの

今日もお越しいただきありがとうございます。今日も長文です。すみません。「長文歓迎」なんて言ってくださる方が何人かいらっしゃって恐縮です。

夏期講習をやっていたのが、ずいぶん前のような気がします。今年は家族の都合も全く合わなくて、年に一度の家族旅行を我慢しました。あ、子供はお友達と旅行したのでそれはそれで楽しそうでした。それと母の食欲がなくなると体重もがたっと落ちて弱ってくるので、それもあって見送りました。今は涼しくなってきて少し食欲が出てきたので、ちょっと元気になってくれて嬉しいです。

なのでその分いつもより長く取り組んだんですが、それで結果が出せなかったのでよけいに悲しかったのもあります。

やったことを自分の備忘録として記録しておこうと思いますが、悪い例として参考にしていただいてもいいです(笑)検討しなおすためにも書いてます。

リスニング
もう何年間かPodcastnewsを2時間ほどで数種類の番組を聴くというのは年間を通して同じなんですが、これもちょっと検討し直さないとと思っていながら習慣でダウンロードされるものを聴いている自分がいます。8月の最後はここを削ってaudiobookでストレス解消してました。朝から午前中にきき終わるのが毎日の目標としていました。

音読
長文と短文をやるのがルーティーンですが、休みの時は発音練習と楽しくもやりたいので、長文は8月の中旬にUpさせていいただいたショートスピーチのディクテーション、シャドウイング、同時読み、素読です。これを毎日30分。1分なので30回を重ねていきました。これでつくのは英語力ではなくて、発音とかが中心のスピーキングだと思います。休みの時にブラッシュアップする感じです。

短文は普段取り組んでいたものは音声が使いにくいので、ずっと素読していたのですが、ふと思い出してこちらをまた取り出してやっていました。

音を聴いたら口について同時に英文が出てくる感覚を思い出したかったのでやりました。単語の最初がでてくるとつるつるっと英文を最後まで言えるというのがけっこう生きてくると思ったので。音声をつかってやったり、早読みで素読したりとその時々で変えていました。

長文は洗濯を干しながら、食器洗いをしながらが中心でした。音読は両方やると1時間は超えてしまうので、時間を捻出するのが難しかったりしました。

英文法
まずは文法いつものこれです。
今回は春に全問解いたときに、間違えた問題に付箋をつけておきました。たいていお昼ご飯をたべながらが多かったです。一日20分から30分ぐらい。正解してももう一度やった方がいいと思ったら付箋をつけたので、かなりな量(汗)4周してもまだまだです。それを夏は付箋の部分だけを5周して付箋を外していきました。最後までのこったものは答えを覚えているぐらいになったのですが、わざと外さず残しました。倒置とかがめんどくさいですよね。

で、これで終わるかというと、終わらずに、また休みの時にいっきに全問解いて付箋をつけようと思っています。文法はすぐに忘れます。いやなんでもそうですね。使わないとわすれるので、さびつかないようにするためにしないとです。

これが終わったとはこちらを3分の2ほど読みました。
文法と文型のおさらいになります。8月後半は読書に走ったので、これが途中になりました。

語彙
yasuboy
これはひたすらこのサイトで毎日30分ほどやっていました。8月に入って途中時間がなくて15分ぐらいに縮めたと思います。やる内容は再テストという、自分が間違えた単語をシャッフルしてくれるテストが中心で、そこの単語が20個に減ると、再テストができなくなるので、またカテゴリー別のテストをして間違えた単語をプールして再テストをするというのを繰り返しました。英検1級の2というところが昔は中心だったのですが、そこで点数がでなくなってしまって、全問正解してもマイナスになるようになって、さらに上のレベルに行かないと点数があがらなくなってきたので、そのカテゴリーでわからない単語をつぶしていくという方法しかとれなくなってきました。このサイトがアクションが少なくてやりやすいのでやっていますが、そろそろ見直さないといけないなと、今検討中です。

英会話
4月からネイティブキャンプで予約なしでやっていたんですが、8月にはいってお友達と英語で勉強会をけっこうしたので、週に数回英語で話す機会が他で増えるとそれ以外にまたオンライン英会話を取ろうとする自分がいませんでした。予約なしでも面倒な時があります。あはは。混んでて全然取れなかったりとかもあるとその時間のロスがもったいなくて。予約すると課金されるのでやらなくなっていきました。

月に4千円ちょっとで、それは安い方みたいなのですが、やらないのはお金の無駄でもあるので思い立ったらすぐに退会しました。

オンラインレッスンはいろいろやってきましたが、そこの教材を使うとマンネリになったり、先生の答えが一辺倒なことも多い(マニュアルがしっかりしているという意味なんですが)フリー英会話はただ楽しいで受けて、おしゃべりしていても、自分の知り合いでもなんでもないので、ある程度すると頭打ちになる経験を何度もしました。ある意味有効だとは思います。アウトプットは必要ですからね。やるとしたら、次回は目的をもってやりたいと思います。


英語読書
冊数はだいたいですが、目で読むのはランチに文法をすると時間がなかなかとれません。7月の間に確か2冊ぐらい。で、8月の中旬までは目で読むのは我慢しました。全く時間がとれなかったから。8月の最後に1冊です。そのかわり、audiobookが大活躍したのはご存じのところだと思います。

podcastnewsのノルマを終えるとご褒美にaudiobookというのがルーティーンです。夏休みは毎日母の送り迎えや子供の送り迎えで出たり入ったりするので、買い物とかの用事もあるとすごく動き回っていて、耳で聴くことが増えました。だからaudiobookの数もおのずから増えます。全部で10冊ほどです。合計12冊ほど、8月はそのあとも怒涛の勢いで聴いたのは二つ前の記事に書きました。

映画とドラマ
これは、借りているDownton AbbeyのDVDを7月から見始めました。2から見始めて、やっと今シーズン3です。7月と8月後半は一日1話という感じです。いったんこれも見る時間がとれませんでした。

ドラマはやっぱり字幕をつけずに見ています。わかりにくいところは時間があれば字幕でチェックしたりもします。Upper classの英語はマギー・スミス以外はわかりやすいですが、使用人のアクセントにアクセン苦闘中です。コックニーやスコティッシュとかが入り交じって苦しい時もあります。今日も見てて、あとで英語字幕を見ておもったんですが、やっぱり英語字幕でも、字幕があると耳が鍛えられないと感じました。目で理解できちゃいますものね。そのさじ加減がまだ難しいです。

それと、何度も書いているように、この夏のメインイベントGame of Thronesを毎週月曜日に欠かさず見てました。またこれは英語だけを流して聴く予定です。

その他は映画が4本。たったの4本(涙)そのうち映画館に行ったのが2本。記録し忘れてるのもあると思います。ケーブルテレビに入ったのもあって、夫がいるとたいていテレビから映画が流れているので、途中からとか見たりもしてました。ほんとは夏に10本は見たかったのですが、そこまで時間がとれませんでした。これは目標の年間50本は苦しいかもです。30本か、いけても40本かも。やっぱ去年は50本も映画見てたから今年度に響いているのかもー(汗)

試験対策
英語の試験勉強です。8月に受験しました。2週間はかなり集中したんですが、記録を見るとその前の週から徐々に負荷をかけていたみたいです。普段の勉強を調整して8月にはいって約3冊分の問題集をやりました。それプラス、英語のビデオ講座を毎日見るということをしました。最後の方では、海外のすごいサイトをみつけてサイト上でテストができるので、それを利用してやっていましたが、「こんなのタダでほんとに大丈夫?」という贅沢な作りだったんです。勝手に採点してくれて、スコアも出してくれました。でも、今日見たらやっぱり閉鎖してました。著作権に触れてますしね。

この試験勉強で自分ではかなり無理したのと、体調がちょうど悪くなるころと重なって熱出してダウンしたうえでの試験でした。試験受けた直後からダメなのはわかっていたんですが、また一から出直しかと思うと気が遠くなりそうです。英語は好きですが、試験はやっぱり苦しいですぅ。それでもいままでで一番たくさんやったんですが、やっぱりだめな私でした。

いくら過去に試験に受かっていても、何度も受かっても、こうやって波がやってくるので、上級者と名乗ろうとも思わない自分がいます。

でも、これに関しては、仕事の打診を受けたんですが、予定が合いませんでした。でもこんなに安定しない自分がやるわけにはいかないと、もっと頑張らないととも思いました。

勉強時間
これは前のスタディプラスのデータもUPしましたが。少ない時で6時間、多い時で9時間。でも多い時はaudibleや映画が多い時で、集中するものが多い試験勉強の時はそこまでできませんでした。ほとんどのタスクは30分前後でやっていました。それ以上はなかなか無理。

反省点
夏休みでもやっぱり机に迎える時間はそうたくさん取れていなくて、用事が結構多かったのと、昼寝もしっかりとっていたので、ながらが中心な感がありました。でもそれも必要でした。体壊してはもともこもないですからね。それでも8月の中旬で肝心な時にだめでした。悔しかったです。

それから、やろうと思っていたことができなかったのと、手がつけられなかったものがあります。一番痛いところはライティング。これが敗因の一つであることは否めません。

やっぱり自分の勉強の癖ってありますよね。今改善中しようとルーティーンを変えつつあります。

まとめ
試験に特化するのはほんとにぎりぎりにして、あとはほんとにオーソドックスな取り組みをしています。これが要領がいいとも思っていないですが、このプラトー状態をなんとかしないといけないと思っています。ここまでくると、もう酸素が足りなくて勾配がきついと感じています。あ、まだまだ7合目ぐらいとか言われそうですね。あ、もっと下かもー(汗)

もともと持ち合わせていないとは思いますが(笑)おごりを捨てて、コツコツとやることのみが自分を救ってくれると思っています。コメントにも「愚直にがんばるangelさん」と言っていただきました。ほんとその通りです。その言葉通りにこれからも地味にがんばる私です。少しでもやる気を持って帰ってくださいネ。

夏休みも終わってまた普段の生活が戻ってきました。子供も新学期が始まって、また夜にお弁当を作る生活が始まります(涙)なんとかがんばらねば。

最後まで読んでいただき感謝です。

また一緒に頑張りましょうね!

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

失敗しながらも続ける力

今日もお越しいただきありがとうございます。前の記事もまだ読まれていないうちに怒涛の更新です。

前回の健康ネタにもアドバイスありがとうございます。歯磨きは結構マメにするのですが、リステリンはしてませんでした。またやってみます。口内炎はプロポリスを塗って治すのですが、今回は何回塗ってもなかなか治らないので、疲れを取ることの方が大事かなと自分を甘やかして昼寝してます。

あと、スーパーフルーツは良くない場合もあると教えてくださった方もいらっしゃいました。ありがとうございます。サジーは貧血と冷えに効くと聞いて、実際に効果があるのを実感しています。うーん、どうしましょうか。あと、抗酸化が必要なので、飲んでいます。どちらにしろいろいろ勉強になります。健康が一番ですものね。

他にも、このブログを読んでいるうちに「この人男性じゃなかったんだ。しかも50代!」と気付いて書いてくださったかも。あはは、男性の英語学習者の方々の緻密さは全くないですねえ。あったらもっとできてますねえ(笑)先日、ブロガーのNobuさんと何度かお話させていただいたのですが、分析力が優れていてさすがだなあと感心しました。フィードバックをちゃんと消化して再構築して直せるのは素晴らしいし、ビジネスマンは英語の戦略もビジネスっぽくてさすがです。応援しています!ブログも客観的でいつも勉強になります。

今年度に入っていわゆるテストにはかなり見放されている私です(涙)受けるテストが思うようにとれない。一番特化したものが一番悪いと落ち込みます。リスニングものすごくやったのになあ。3年分の過去問繰り返し解いたのになあ。くすん。病み上がりがだめだったと言いたくないなあ。なんでテストによってこんなにムラがあるんだろうと思います。

テストだけではなくて、わたしの英語の取り組み方自体にご批判を受けます。audiobookをはじめ、他のこともです。正直辛い気持ちはあります。例えばaudiobookの魅力をいったん知れば、きっとわかっていただけると思うのですが。聞いてわかるのって結構大変なんですがね。くすん。座って読める時間が取れない分、なんとか時間を振り絞ってできるだけ英語に触れたい一心でやっています。

それだけ英語漬けでなんて要領の悪いと思われても仕方ないのですが、英語に触れている時間は日本語に触れている時間より多い日々をもうずっと送っているにもかかわらず、春ぐらいから徐々にテストでいい成績がとれなくなっています。今年の冬と比べるとがたんと落ちました。それはあまり集中できていない証拠でもあるのですが、それでもテストをたまに受けていたのは、仕事の確保と、テストである一定の成績をおさめたらまた学校にアプライしようとおもっていました。なので夏ものたうち回ったんですが、苦しさだけが残って思ったような結果が出せませんでした。

やってもやっても門前払い。本当に苦しいです。大きな山が目の前にあっていくら歩いてもずっと遠くのままです。その合間にせめてと、多聴をがんばるとそれも叩かれる。うう。そのうちに歩く速度も遅くなっている自分がいる。

でも、これは今は学校にアプライするなと言われているのかなと。冷静に考えると、もともと疲れ果てているのにどうやってこなすのか。レクチャーを受けるだけでなく、日々調べ物をしたり、レポートを書く時間なんてどうやって確保するのか。経験者の知り合いにはかなり体力が必要だと言われました。本当は仕事を1年ほど休んでやろうと思ったのですが、そんな身分でもないので仕事をとりました。

体調が落ち着いてからじゃないと、家族にも迷惑をかけるし。実際今もかけてるし。

自分のことだけ考えていればいい立場じゃないので、そこのところもちゃんと考えないとなあと、反省もしました。高齢の親のこともありますし。

次年度の仕事もめどが一応たったので、仕事のために英語を勉強するという言い訳ばかりもしていたら、大事なものを見失ってしまうなとも思いました。

主婦であり母であり、一応仕事もあって、その上で英語力を維持向上することをずっと試みています。もっと大変な条件でがんばってらっしゃる女性はたくさんいらっしゃいます。その方々と自分も一緒に歩ませていただいていると思っています。

せめて好きな形で英語をやっているだけでもよかったと思わないととも思います。英語読書とかがなくて、思ったようにとれない点数だけが目の前にあったら、やめてしまいたい気持ちになっていたと思います。100万語できてよかった。邪道だと思われても、読書じゃないと思われてもよかった。

それでも、おそくても、失敗しても英語はやめていません。

失敗があるのが当たり前。失敗のない人生なんてありません。

失敗してもやり続けるから成功があるのです。その成功もまたつづけるうちに失敗してまた成長がある。

そう思うと今は自分が底にいるのかもしれないし、もしかして上がる直前にいるのかもしれない。

今までも何度も試験に落ちて何度も失敗してきました。試験だけじゃなくていろんなことに失敗してきました。でも自分が不幸かというと、全然そうじゃない。敗者なのかと言われると、そうでもない。勝者とか敗者とか自体がおかしいとも思います。幸せか不幸かもおかしい。両方あってあたりまえですものね。

落ち込みはしますが、そこでやめないことが大事。やめてないから浮き沈みがある。たたかれてもたたかれても、今までもですが、これからもやめません。

コメントで以前「angelさんはブログに書くことで心の整理をしているのですね」と書かれた方がいらっしゃいました。その通りです。ブログを書く方は十分わかってくださっていると思うのですが、特に長文の記事は何時間もかけて書いています。思いを書いて、それを何度も見返して、何度も消して、引き算と足し算を繰り返しすることがもたらしてくれることは大きいと思っています。以前にも書きましたが、だからブログという媒体が好きです。

書いたそのつぶやきが誰かの役にたつこともたまにある。そんな偶然が好きで書き続けてきました。ただ、反響が増えると、反感もふえるのはつらいところです。

ここには試験に何度も落ちても頑張っている方、激務を抱えながら頑張る方、病気と戦いながら頑張る方、夢に近づくために頑張る方、違う言語を勉強されている方、折れそうになりながらもなんとか頑張ろうとしている方、悲しい思いを抱えながらも前に進もうとしている方、ほんとうにいろんな方が読みに来てくださいます。それが私の支えでもあります。そうでなければこんなに長い間続けることは不可能だったと思います。

ここで、私が心折れていたら申し訳ない。

だから、頑張りすぎることができなくても、続けることはやめません。

迷いながらも歩き続ける。落ち込みながらも自分ができることで頑張り続ける。間違った道でもまたもどってもいいし、どこかでまた繋がっていることもある。

それが私の歩む道。

よければ一緒に頑張りましょう。

また来週も一緒にがんばりましょうね!

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

百万語読書 

今日もお越しいただきありがとうございます。こんな長文ブログ誰か読んでくれるのか?という長文ブログを書いてしまう私です。すみません。

さて、暦上は秋なので、読書の秋と無理やりテーマにしています。

英語一日3万語、
英語一日100ページ、
1週間25万語、
1か月100万語
英語読書は万里を越える?

読書は多読王国にあり。

いや、この語呂合わせが好きで我が家ではこの王将ネタがつきないのですがね。あ、いちおう1ページ300語ぐらいに設定しました。あ、変なこと書いてすみません。多読王国にお世話になっているので、感謝の意味も込めて。

いやなんのこっちゃない、8月に試験受けたんですが、完全に失速してしまったので、このまま消化不良のまま2017年の夏を終わりたくないと思い、試験が終わって気持ちを切り替えたいのもあって、本来自分がやりたいこと、読書に集中しようと思いました。春休みにもできたのですが、お休みの時には1か月で100万語を超えるという小さな目標を立てていたのを思い出しました。

このままでは体調も英語力も落ち込むばかりの自分を鼓舞したかったのもあります。

しかし、夏期講習はあと1週間、8月はあと2週間という時期でした。その時の語数は40万語に至っていませんでした。12日ほどで半分以上を達成できるのか、最後の一週間は仕事が始まるのでできるのか半信半疑でした。

いや、凝り性なんでやりきっちゃいました。
キャプチャ

お友達にsnipping toolのやり方を教えてもらって快適です!Mさんありがとう!7月は2位だったんですが、そのときもがんばって100万語を超えてました。それも作っとけばよかったなあ。9月にこれすると、仕事もあるし、他の事できないので、もちろん100万語超えなんてつもりはないです。podcast newsとかも普段は聞いてますしね。今年の平均はだいたいですが、お休み以外は70万語のあたりだと思います。80万という数字も見た覚えがるので、

ということは、だいたい1年で1千万語に到達できる感じですね。おお,いいですねえ。でも、だから何なんだという感じですが、こうやってイメージを固めるのは悪くないと思っています。

どんなタスクをクリアすればなれるのかさっぱりさだかでないですが、英語仙人の道はまだまだ遠し。というか、遠ざかってるかもー。

8月後半読書に暴走したのは確かです。12日ほどで60万語は自分でも普通じゃないと思っています。テストと体調の悪さでかなり参っていたので、その反動もすごかった。試験の英語とか一切見ないのがこれほど楽しいなんてと思いながら夢中でやっていました。幸せ♡ストレス解消になりました。仕事も決まったのもあって、ちょっと気が緩んでるのもありますね。これ、教壇に立ちだすとまたまたちょっと気分も引き締まるので、いろいろやらないといけないので、しばしの憩いでした。

私は兼業主婦。なので、読書に一日中費やすなんて贅沢は許されていません。それ故ありとあらゆるながら化を駆使して読書に挑んでいます。

大きな武器はご存じaudible。読むより聴くほうが楽な今日この頃です。

昔子供がお受験のころには、車で送っていって、家に帰ってまた迎えに行くのはとっても非効率だった時期があったので、週に数回は近くのカフェで読書というのが習慣になっていました。子供が10時ぐらいまで塾だったので、仕事帰りの夫と待ち合わせて外食というパターンでした。今考えるととっても贅沢な時間をすごしてました。

実はaudibleは目で追うより時間がかかります。さっき一つの作品を見てみたら、audibleだと10時間ぐらいの作品が、目では7時間ぐらいとありました。あ、これは英語母語者の平均だと思います。でも音声を聴きながら本を読むとわかるのですが、実際に目の方が速いはずです。

しかし私にはじっと座る時間が限られています。たいていランチとかおやつとかを食べながらです。だいたい1時間で50ページから60ページぐらいで読むので、時間があれば目で読むほうが早く済む。でも座れるのは30分単位で多くて一日1時間とかです。わざわざ時間を取らない限りは至難の業。

一方でaudibleは「ながら」でできます。手は違うことをしながら聴けるので、家事をしながら雑用をしながら聴けばかなりの時間を割くことができます。しかも耳から聞くともう、インナートリップしちゃうんですよねえ。ただの朗読なのに、その世界にいけちゃう味を占めるとほんとに楽しいです。お料理したり、アイロン押したりするときは絶好のaudibleタイム。

「じゃあ、100万語読んだり聞いたりしたら英語ができる。テストで高得点」なんておもってやってないです。

どちらかというと趣味に走っているだけだと自覚しています。もともと凝り性なので、それ自体が楽しい。映画やドラマのところでも触れたと思うのですが、本もたくさん読めば英語ができるようになる、テストの点数が急激にあがるという幻想はすでに持っていないです。自分で実験して、特化なしには高得点は無理とわかって、実際に特化しないで下がって、不合格になって(涙)自分なりの答えを得たのもあります。事実、実験した以外の年も見てみると、読書の量が増えているときはテストの成績が悪い・・・。今年はおそらく80冊を超えるのですが、100冊の時もそうでした。35冊に抑えた時はかなりよかった。うーん。このパターンは私だけでしょうかねえ。見事に比例してるんですよねえ。

ただ、英語読書が全く役に立たないかというと、そうでもないのも事実です。そして、それだけで英語ができるようになるというのではなくて、いろんな要素がからんで初めて英語ができるようにになるのではないかなと実感しながらやっています。

いろんなやり方があって、一長一短です。いいところもあれば、悪いとこもある。絶賛されたり、批判されたりいろいろです。

でも私たちは英語ができるようになりたい。だから他人が実際にやってみて効果的だった方法を取り入れざる得ないのだなと思います。お金払っても、払ってなくてもつかまされるものが見えないものだけによけいですね。

私は遠回りがあまり苦じゃないのもあって、読書はあっています。テストのような派手さはないけど、英語を通して何かを得ることができるという方法がとても好きです。英語ありきじゃない。

それと、試験と違ってあまり裏切りがない。自分の脳みそのキャパや、そのときの処理能力、体調に左右されないのがいいです。その小さな達成感の積み重ねは裏切らない。そこに点数云々よりも、やった達成感を続けることで徐々についていく何かがあればいいかなとも思っています。どんくさい私にはあっています。

読書日記の方でも書いたのですが、本から得た知識が自分を助けてくれたり、役に立ったりする機会が多いです。英語母語者と話をするときにも、引用すると話が盛り上がるなんてことはしょっちゅう。この間もトレバー・ノアの話で盛り上がりました。

コミュニケーションのツールとしてすごく役に立ちます。言語を超えていう点でも素晴らしいと思っています。

1か月に100万語読めば云々という意味で書いていません。小さな達成感(100万語は小さくないけど(汗))を積み重ねるのも一つの励みになります。自分の小さな達成感の単位を決めて積み重ねていく。自己満足を重ねて自分を褒めてあげることは案外大事。

それは、編み物とか、縫物とかにちょっと似ています。小さな積み重ねで一つのものが出来上がる。1回ではなく、一つ一つのパーツが生きてくる。テストはやらないとあっという間に点数が下がるけど、読んだ本の蓄積は自分の中に残るのが好きです。セーターが手元にあるのと同じ感じ。思いをはせることができる。もはや英語云々じゃないないですねえ。

私のようにテストでなかなか自分のピークを乗り越えられないような場合も、英語読書ならモチベーションを持ち続けることが可能です。

テストで点数が出せなくても英語を楽しむ権利はありますしね。

何よりも続ける、言語を使ってなにかすることが大事だと思います。

教壇に立って、生徒たちに「このテキストの英文たちを暗記したら、定期テストで高得点とれるよね。君たちはほんとにえらい、こんな短期間でこんなにたくさんの英文を覚えてくれる。ほんとすごい!でもね、そこで終わっちゃだめだよ。点数をとったら終わりじゃない。覚えた英文を生かさなくっちゃね。今度はそれが口について言えるようになったとき、一部分を入れかえて自分の言葉で言えたり、かけたりしたときに、はじめて「英語が使えた」となるんだよ。だからまた覚え直して、いつか使えるようになろうね。おうちではCDと一緒に読んでね。ささ、一緒に音読だ!」と授業を始めました。みな大きな大きな声でリピートしてくれました。かわいいなあ。

覚えた英文に近いものが、英語読書に出てくる、知らない単語、いいまわしを知る。英語で読んで物語を堪能する。なにもかもが絡んで「わかる」になっていく。

そのプロセスを得る方法の一つである読書。

100万語とはいいませんが、どうです?読書の秋、なにか1冊読んでみませんか?楽しいですヨ。

去年ぐらいからお世話になっている多読王国、読書日記にはそこからも多くの方が訪問してくださるようにもなってきました。多読王国を通して知り合った方もいてとてもうれしい日々です。そして、一緒に読書を楽しんでいるみなさんにも感謝です。この夏は特に、勝手に一緒にがんばらせてもらえるだけでも励みになりました。ありがとうございます。

audiobookを多読王国で記録することで前からずいぶん怒ってらっしゃる方がいらっしゃっるんですが。また新たに怒ってらっしゃるようです。攻撃されるのつらいなあ。悲しいなあ。

英語読書の目標は500冊です、8月末で433冊。語数はあまり正確でないと思うのですが、5千万語を超えました。あと67冊なので、来年には達成できると思います。この目標を決めるきっかけを下さったBlancaさんにも感謝の気持ちでいっぱいです。このブログももう読んでらっしゃらないかもしれないけど、お礼の気持ちをここに記したいです。

いろいろと落ち込むことの方が多いこの頃ですが、自分で自分を救い上げることをしてなんとか頑張っています。

やめないことが大事。

ああ、読書っていいですねえ。

長文すみません!

また一緒にがんばりましょうね。読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。
記事検索
ギャラリー
  • 2017年 第3回 実用英語技能検定
  • 速度は遅いけど
  • 温床
  • ヤダヤダヤダ
  • イギリスの好きな食べ物
  • イギリスの好きな食べ物
2017年の洋書本棚
2016年の洋書本棚 50冊
2015年の洋書本棚 60冊
2014年の洋書本棚 35冊
2013年の洋書本棚 50冊
2012年の洋書本棚 95冊
2011年の洋書本棚 50冊
2010までの洋書本棚 34冊
  • ライブドアブログ