今日もお越しいただきありがとうございます。久々にご質問をいただきました。

これはたくさんの方が同じように思われてるところもあるかなと思ったので、

一部抜粋されていただきますね。お悩みがすごくわかる部分。

聞くのは良いのですが,意味が分からずに流れてしまう部分がとても多く,あまりリスニングの練習になっているとは思えないんです。
子供向けの作品も試聴してみましたが,やはり楽しめる感じではありませんでした。
「耳読書」ではなく,何と申しますか,何となく聞こえて来る単語を繋げてストーリーを想像してるだけではないかと。
もしかしたらこれは作品自体の難易度が原因ではないのかも知れませんが。

Audibleはとても良さそうなので学習の一環として今後も続けて行きたいのですが,どのように進めたら良いのかについてご意見を頂けないでしょうか。

では、上のご意見をちょっとずつ分けて一緒に考えてみましょう。

聞くのは良いのですが,意味が分からずに流れてしまう部分がとても多く,あまりリスニングの練習になっているとは思えないんです。

私がaudibleを始めたのは英検1級に合格して2年近くが経とうとしていた時で、TOEICのリスニングは最高で490点でした。でもあれは水ものなので、あんまり点を信用もしていません(笑)ということを考えると、だいたい450点前後で普通の洋書なら聴いて楽しめる感じです。

でも、結論としてはTOEICのリスニング力ではないものの方が必要だと書いたと思います。それ以前は耳読書をしていなかったので、ちょっと参考になるかどうかわかりませんが、一緒に考えさせていただきたいと思います。

実はaudibleだけを聴き続けると私の場合はTOEICのリスニングテストがあっと言う間に落ちました。そうじゃない方もいらっしゃいます。同じ作品を聴いてらっしゃる方から『この前TOEIC受験してみたら950点ありました』というようなコメントをいただいたこともあります。

去年実験的にやってみた記事を参照していただいてもいいかもしれません。ちなみにその点数に関しては今も停滞したままだと思います。→ほぼ耳の取り組みの中心がaudibleだからです(笑)いや、だからと言って普段ネイティブスピーカーとやり取りするのに困っているわけではないです。教科書的な英語じゃないジャブに返って対応できたりします(笑)

audibleも聴き続けるとやっぱり慣れてきます。TOEICのリスニングを特化して点が伸びるように、なんでも「慣れ」が必要なのかなと思います。英語全般と言っても、最初は同じ「英語力」の枠に入ってはいるものの、極めて行けば、やっぱりそれぞれ違いがあるんじゃないかなあというのが個人的に感じていることです。

audibleは実は「聴きながし」なので、ラジオを聞き流して聴いているのと同じです。意味が分からない部分が多いとやっぱりわかりません。例えば初心者が欧米のニュースを聞いて一回ではわかるパーセンテージが低いですよね。それに近いことが起こっています。まあ、朗読は一人の人が読み上げるのでニュースほどはスピードが速くないですね。意味の分かる部分が多いものを聴いて徐々にレベルを上げていかないとどんなものでも苦しいと思います。

だから効率のいい勉強法とは私は思っていません。ただ、「大量に聴く多聴」としての位置づけで楽しんで長期で継続できることが大事ではないかと思います。

子供向けの作品も試聴してみましたが,やはり楽しめる感じではありませんでした。

子供向けの本は読んでも面白くないです。いや、少なくとも私はあんまり面白いとは思いません。最近は高校生向けのものをたまに読んだり聴いたりするぐらいです。でもハリポタやホビット、ロード・オブザ・リング等のストーリーがちょっと入り組んでいるものは別です。そう、起伏のないお話はどうしても眠くなりますね(笑)

耳読書を始めたときに、最初は簡単なもののほうがいいと思い、多読で有名な”The Giver”なんかも聴きました。その時は経験も少なかったので、「いやあ、いいよこれ」とも思いましたが、やっぱり普通の大人が読む大衆的な小説を試してみて、児童書は物足りないということがわかってきました。

この原稿を書いてから「いや、原稿書くんなら、実際にちゃんと自分で試してみよう」と実はこれ聴き始めました。
The Lord of the Rings BBCラジオドラマ版
The Lord of the Rings BBCラジオドラマ版 [CD]
これは日本アマゾンのリンクですが、実際はアメリカのaudibleで1巻分をダウンロードして今1時間ぐらいのところを聴いています。ラジオドラマなので、映画を見ている感覚に近いです。映画に出演していたイアン・ホルムが出演してたり、有名なビル・ナイも出演していたりと、イギリス英語を堪能してます。

実はこの3部作を英語で読んだことが私の英語読書のきっかけの一つです。映画も何度も見てるので、ラジオドラマでわかりにくいアクセントのセリフや言い回しもあまり気になってません。

実際に書評では「うちの子供がどれだけこれを楽しんだか!素晴らしい」みたいなのが載っていましたが、あくまでも欧米人の感想。子供向けだからと言って私たち日本人が「なーんだ簡単!」なんて思えるかと言うと、それは大間違い。児童書でも日本人の英語の語彙力ではとうていついていけないと思います。

だから「児童書だから簡単」というのは正しい=初心者にいい教材とは私は思いません。特に大人が英語を勉強する時には。

でも、これを聴くきっかけを与えたもらえた質問者の方に感謝したいです。ものすごく面白い!

「耳読書」ではなく,何と申しますか,何となく聞こえて来る単語を繋げてストーリーを想像してるだけではないかと。
もしかしたらこれは作品自体の難易度が原因ではないのかも知れませんが。


耳読書にしても、目読書にしても多読の基本は流れてくる言葉を右から左へ流して読んで(聴いて)行くことです。
意味が分かる単語が多ければ多いほど理解度が上がるのは、多読だけじゃなくても同じですね。多読はそこを特に強調しています。返り読みをせず、英語の語順でイメージがわくことが大事。だから単語をつなげてストーリーを想像しているのは、間違った方法ではないと思います。理解度が上がるとその想像も正確になっていく。だからこそ自分に合ったレベルのものを聴くのが大事だと思います。でもそれを選ぶのがムズカシイのが現状です。学習者用に合わせて作られているものではないですからね。だからと言って、学習用に作られたものが面白いかというと、それもまた違うような気がします。よく「Graded Readersは面白くない」という意見と同じですね。

作品自体の難易度も、ご自身でサンプルを読んでみて、聴いてみて、速度をチェックすると、ある程度はわかると思います。読むのに難しいなと思うと聴くのも難しいです。あと読み上げの速度も大事ですね。それでも、やっぱり「あ、これは実は難しかった」と思うことは私もしょっちゅうです。

Audibleはとても良さそうなので学習の一環として今後も続けて行きたいのですが,どのように進めたら良いのかについてご意見を頂けないでしょうか。

おっしゃる通り、Audibleはいったん始めると、本当に病み付きになります。どんどん新しい物語が頭に入り込んで来るこの醍醐味を味わうと、なかなかやめられません。しかも耳読書はながらでできるので、目で読むより早く読み終わります。作品によっては耳で聴いてよかったものもあります。たとえばアクセントを楽しむとか、朗読の人数が複数でドラマチックだったりとか。目で読むのとまた違う魅力があります。

ただ、思うのは「英語力を上げたい」という理由でやるのは、少し非効率ではないかというのが個人的な意見です。audibleだけで何かの結果を出すのは難しいというのが去年の私の無謀な100冊読書で実感したことです。

耳読書に関しては1年で50冊ほど聴きましたが、何かの客観的な数字では何も証明できませんでした。自分の中ではすごい違いはあったと思います。ネイティブスピーカーと話すときに相手の英語がすっと入ってきたり、すっと英語が出やすくなったりしたんですが、それが耳読書の効果なのかは証明できなかったのが悔やまれます。

非効率ですが「楽しみながら続けられる」という魅力があるので、他の英語の取り組みと並行して楽しみとしてやってはいかがでしょうか?私としては是非これからも続けていただきたいし、そのためにも毎回読書日記を書いています。

実はaudibleで耳読書を楽しみたい方々は結構いらっしゃって、このブログに来られえる方もそれが理由の方もいらっしゃるようです。そんな方々のために、主観がはいるものの、細々と難易度等も読書日記につけさせていただいています。ありがたいことに、この評価はけっこうみなさん参考にしていただいているようです。

読書日記も「難易度別に分けたものが見たい」とかの要望をいただいたりもしたことがありますが、そこまでする余裕がないのが現状です。そこまでやってるともっと自分の英語読書の時間、英語取り組みの時間がとられてしまうので、今の状態が精いっぱいです。すみません。

そのうちにまたもっとお役に立つような形にできればいいなとも思います。

あと考えられるアイディアは「複数回数を聴く」です。短めのaudibleならそれもアクションが起こしやすいですね。
私も何作品かでやりました。「星の王子様」をはじめ1日か2日で聴けるものを2回聴きしました。もし、難易度が高いと思われる作品なら、読んだことのあるものを聴くのも手です。これも試したことがあります。でも面白かったです。今聴いているラジオドラマもストーリーは完全にわかって聴いているので、よく似たパターンですね。昔流行った「フレンズ」を擦り切れるほど(これ死語ですね(笑))見てセリフまで覚えるってのもありましたね。回数を重ねれば多聴が精聴になりますね。効率はやっぱりあんまりよくないですが。

私が耳読書を始めた時に気が付いたのが、「児童書よりチックリットの方が簡単」というもの。もしご質問者の方が女性ならこれは使えます。(男性でも)ソフィ・キンセラ女史の作品をいくつかとり上げていますが、この人の作品が私を耳読書の世界にスルッと簡単に入れたきっかけになりました。イギリス英語を聴けるのも一役買っていました。日本アマゾンでよく売れている洋書は読みやすいものも多いです。ニコラス・スパークスなんかがその代表例です。そこをヒントにしてもいいかもしれません。アメリカやイギリスのヒット作品は現地の人のヒットなので、難易度を定めるのは難しい時もあります。(で、このブログがたまに役に立つときもあるようです(笑))

でもマジックツリーハウスという作品を挙げられていたので、もう少し英語がやさしいものも必要ということですね。それは私も試していないので、「マジックツリーハウスの後はこれで行きましょう」という作品を今のところあげてさしあげられなくて申し訳ないです。

先ほども書いたようにaudibleでは客観的な数字を上げられなかったけれども、英語力が上がった実感がなかったわけではありません。50冊という量はやっぱりそれなりの力を与えてくれたとも思います。聞けば聞くほど着実に聞けます。精聴とは違う耳。ゲームのようなテストで点を確実には取れないけど(笑)英語が流れてきて映像が浮かぶ耳です。例えば私たちが日本語で何かを観たり聴いたりしたときに100%完璧にわかっていなくてもストーリーが追えたり、専門用語がわからなくても内容が理解できたりするのに似ています。100%じゃないけどわかるという形の理解。去年イギリスに滞在していた時もなんとなくそういう気分でテレビを見たり、会話をしていてそう思いました。すごーく自然な感覚です。

で、今現在のまとめとしては、
audibleと並行して教材的なものにも取り組めばバランスよくリスニングの力がつく。精度が上がる。
です。

audibleを「楽しい」と思ってやることが大事。読書という別の贈り物も与えてくれますからね。

でも一つの事をやるより、語学に関してはいろんな角度から学習をして経験値を積んでいった方が効果が高いと思います。だからaudible一本でやる、多読だけ、オンラインだけ、TOEICだけetc.というように妄信的にならない方が返っていいのではないかというのが今の感想です。まあテストは戦略が必要ですから仕方ないかな?

今の私には全然できてないことですがね(笑)

さて、今思いつく限りのことを書かせていただきました。お知りになりたかった答えがなかったらすみません。
これからもaudibleは聴き続けると思うので、100冊、200冊となった時にもっとちがう見方もできるかもしれません。

少しでもお役に立つことを願っています。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。