今日もお越しいただきありがとうございます。質問をいただきました。教材のめどがたってきたので、ちょっとこれ書いています。これは読書のカテゴリーなので、読書日記のブログで書いてもいいよう内容ですが、こちらにご質問いただいたので、ここに書きますね。

audibleについて教えてほしいとのこと。「audibleの機械を使っている人はあまりいないのでわかりません」とのことです。わはは。受けました!

audibleは特殊な機械はいらないですヨ。podcastのようにipodやwalkmanにダウンロードして気軽に聞けます。私はスマホをあまり活用しないのですが、スマホでも利用できると思います。私のスマホはガラケーと同じ扱い(汗)

ituneにファイルをほり込んでipodに入れたらいいだけです。podcastと同じ要領です。walkmanなら名前忘れたけど、それようのアプリですね。

あとはaudibleをどう購入するかです。

まずはどちらかに行きます。アメリカ版とイギリス版がありますが、品ぞろえはと購入可能なものが多いのはアメリカなので、アメリカ版にしますね。(海外への輸入制限みたいなのがあるみたいです)

https://www.amazon.com/
http://www.audible.com/

もともとは別会社だったのをアマゾンが吸収合併しました。どちらから買っても同じです。

アマゾンからだと、Bookのジャンルで興味のある本のページに行くと、audibleがあるかどうかがわかります。時々CDはあるけど、audibleがないのもあったり、時期をずらして発売されたりもします。最近はヒットしそうなものは発売日に合わせて売られたりもします。本より先に入手できたのもあったような気もします。

有名な作家モノはたいてい高いです。21ドルとかします。なので、毎月1本とか、半年、1年の年会員がお得です。私はかなりなヘビーユーザーなので、年払いで24作品分を払って1冊9ドルぐらいで買います。8ドル以下のものはその都度払うので、一年で24作品分をうまく消費している形です。足りなくなると3作品分ぐらいを年会費と同じぐらいの値段で買い足させてくれたりするサービスもあります。

その他に、PC版は経由させるソフトをダウンロードします。PCによってはカンタンにituneと連結してくれたりもしますが、ちょっとwindowsとは相性が悪い時があるような気がします。

このところは、年間30冊~40冊をaudibleで楽しんでいます。今までで多分ですが、audibleは170冊~180冊聞いたと思います。読書ブログにも書いたのですが、このところかなり目の調子が悪いので、目で読むのを自重しています。

今後audible中心で読書はすることになるだろうと思います。眼を使うのがしんどくなってきた今、なんとか楽しめるようになってよかったなあと思っています。

私はイギリスのものが好きなので、イギリスの作家のものはなるべくaudibleを探します。いろんな訛りが出てきてほんとにおもしろいです。というか、audibleがあればアメリカ英語でも聞きます。アメリカ英語で苦しいなと思うのは南部訛りかな。でもやっぱり訛りを聞くのが楽しいのは変わりません。

お友達でaudibleを聞き始めてくださった方もいらっしゃって、最初は簡単なものから、聞くのが苦しかったら目で読んで耳で聴くという方法をとってる方もいらっしゃいます。

あと、よくやるのは、原作を読んで映画やドラマを見るという方法です。Lord of the RingsとHarry Potterに始まり(Lord of the Ringsは私には永遠にファンタジー第一位です)Game of Thronesやダン・ブラウンなども原作と映画のタイアップです。あげるときりがない(笑)

読書日記でよく読まれている記事を紹介しときますね。

多聴の進め方

いくつか記事があるので、ご参考になれば幸いです。

今まで360冊以上は読んだんですが、(子供と読んだ絵本やGraded Readerは別で、原書の数です。原書以外は昔数えた記憶では300冊ぐらいでした)まだまだ読書の旅も続いています。読書のいいところは読めば読むほど蓄積が効いてくるに尽きます。日本語の本もそうであるように、自分の中にいろんな蓄積ができて、いろんな気づきがあって、なんだか心が豊かになるような気になるのが好きです。

前にも書きましたが、試験受けるより数百倍好きです。試験にはどうしても萌えれない(燃えれない?)(笑)

英語読書が好きな人がたくさん増えれたらいいなあ、きっかけになったらいいなあとひとり静かに読書日記をつける日々です。

さて、また書いてしまった。明日からは仕事です。仕事に戻りますー。なんとか来週を乗り切ればなんとか見えてくる。

あ、拍手コメントの件で慰めていただいた方々、ありがとうございました。今日よく調べてみたら、ブログの記事の上ではすべて0拍手になっているけど、自分の管理画面からはまだコメントが残っていました!(遡ってかなり読みなおしました!)うれしい~。ご心配おかけしました。でもなんで0にするの?ちょっと悲しい。

読んでいただきありがとうございました。

来週も頑張りましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。