今日もお越しいただきありがとうございます。

最近の私はあまりの時間のなさと、目で読む読書がなかなかつらくなってきているので、これ以上目を酷使しないようにというのもあって、audiobookで本を聴くことにシフトしています。

眼は老眼が進行?していて、授業をするのも手元が見えるのを優先するか、生徒の顔を見るのを優先するかとう悩みも持っています(笑)PCに向かうことも多いので、ブルーグラスの眼鏡も買いました。その上に片方の目に黒い線が常時見えるようになり、(これは飛蚊症というらしいです)あまり無理をするなと言われているのだと思って、いろいろ緩やかに持っていこうと今必死で努力中なのです。疲れがひどくなるとどうも調子が悪いので、この際怠け者になっています。

コメントで大好きなお姉さまから、「angelさん、私は耳も来てるわよ」と教えていただいたのもあるので、イヤホンも気をつけないといけないなあと思っています。家にいるときはできるときはスピーカーで聴くようにしています。

まあ、あまりに酷使しすぎているのもあったので、耳も眼も気をつけないとです。iherbでルテイン買って飲んでます。それと栄養補給的な目薬買いました。

この間、「無料のaudible」についてお友達に教えていただいたことを書いたら、好評だったので、(拍手の数とコメント欄で『この記事はいまいちだったかなあ』とか『この記事にこんなに反応をもらえるなんて以外』一人反応しております。)特集するために、急いで教えていただいた作品を今聞き終わりました。一応自分で確かめないとなあと思ったので、遅れてスミマセン。変なところで責任感持ってしまいます。

教えていただいたサイトは二つ。
librivox
今聞き終わったのはこのLibivoxのものです。ディケンズのクリスマスキャロルの原書です。約3時間で昨日と今日で聴きました。

感想は、

名作の原書なので、子供向けでも、簡単とはいいがたいものでした。 でも、ディケンズを聞けたのはよかったなあ。こんなきっかけがなかったら聞かなかったかも。ありがとうございます。思わず無料でkindleにダウンロードして仕事の往復の電車で読んでました。語彙も難しいものがありました。

録音は全世界の英語話者のボランティアの人が集まって朗読してくれています。それゆえ無料。なので、著作権の切れた古典が中心です。

名作をaudioで聴きたい人はすごくいいと思いました。ただ、audiobook初心者には古典であるゆえに難しいところもあるかもです。それと朗読者はプロではないので、いろいろでした。同じ作品をいろんな人が読んでいる作品もあるので、比べてみて選べるのもあります。 

長所は無料であるのと、著作権の切れた作品がほとんどなので、テキスト(原稿)も私がやったように無料で手に入りやすいということです。目と耳両方で読んでもいいかもです。

もう一つはこちら
Book Companion Site 
こちらはGraded Readerが中心なのと、ナレーションもかなり聴きやすいです。難易度もですが、一つ一つの作品が短いので、学習者にはうってつけです。audibleを始めるのならこちらのほうがとっつきやすいと思いました。

教えていただいたのをきっかけに、自分でも見てみました。これにいろいろ紹介がありました。
http://www.digitaltrends.com/web/best-websites-for-free-audiobooks/

この中の「グーテンベルグ」というのはaudiobookを始めたころにどなたかのサイトで知ったものです。

上の二つも、ここで扱っているサイトも(Livriboxは重複しています)合法ですが、それゆえ、前述した著作権の切れたものが中心だということです。

文学作品が多いということですね。現代ものはやっぱり有料になります。

もともと知っている作品などを聞くのにはものすごく役に立つので、お金を払う前に親しみのある作品を聞いてもいかもしれません。こんなの見つけたので、聞いてみようかなあと思っています。
http://www.loyalbooks.com/book/wuthering-heights-by-emily-bronte
 
ブロンテやオースティンは聴きやすいほうだと思うので、例に挙げてみました。ジェーン・オースティンは「高慢と偏見」を目と耳両方で一度読んだことがあります。audibleは有料でしたが、テキストは無料でamazonでダウンロードして読みました。上のサイトには無料で「高慢と偏見」のaudiobookもありました。

古典はどうしても硬い部分も多いので、大衆向けとされる現代もののロマンスやミステリーがとっつきやすい=英語で読んだりしやすい、聴きやすいとなります。会話文が多いほど聴きやすいというのが今まで聞いてきた自分の印象です。よく質問された時があって、何を勧めたかというとソフィ―キンセラをよく挙げていました。

それと有料のものはナレーションのうまさがあります。上手い人の朗読は本当にのめりこんじゃう。

こんな感じです。もっとあるかもしれないので、またシェアしましょうね!

私は今日も仕事だったので、ちょっとヘトヘトです。でも今からまた期末試験を仕上げないといけません(涙)ちょっとお疲れモードも伴って、ただどんくさいだけですー。

日々、一生懸命な生徒と出会うと、また疲れた体を引きずって頑張ろうと思えます。英語の偏差値75以上の生徒もいるようなクラスを持たせてもらえるなんて、教師冥利につきます。私は非常勤なのでなおさらです。非常勤には普通いいクラスはなかなか回ってこないです。なので、信頼していただいた証拠だと思って、なおさらがんばります。ちなみに今までで持った生徒の中の最高の英語の偏差値は85!ひええですよね。分野によっては自分よりも長けている生徒達。(いや全部かも(汗))なんで私がとしょっちゅう思います。彼らの信頼にこたえられるように、できない自分に鞭打って今日も頑張るおばちゃん先生です。

明日は日曜日、充実した休日をお過ごしください。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。