今日もお越しいただきありがとうございます。ひさびさのはてな?シリーズ。

最近仕事も増えたのもあって、耳で聴くaudibleが中心な私ですが、目で読むことが減るとやっぱりスピードも落ちるので、せめて今年は月に1冊は目で本を読もうと頑張っています。実はaudibleがすごく充実してきた今日この頃、audibleのない本のほうが少なくなってきているので、選ぶのが難しかったりします。

小説は楽しむものでもあると思っているので、語彙にこだわって読むことはあまりない私ですが、

語彙力はあったほうがもちろんいいです。かつてお友達に教えていただいたものですが、仰ってる通り、英文の95%の語、言い換えると5%わからない単語があると、とたんに読解力が落ちるという研究を紹介していただいてここでも書いたことがあります。恐らくですが、大人が読んでいる小説を楽しむにはやっぱり1万語は超えたほうがいいのではないかというのが自分の印象です。

英検1級ぐらいということです。私が洋書読みを本格的に始めたのは1級を受かったあとだったので、語彙に関してはそれが助けてくれたという経験で書かせてもらっています。

前後して1級に受かる前からアンラーン、すなわち多読の方法で「やさたく」の本も読んできたというのも洋書を読むハードルがもともと低くなったと思っています。これは時間のかかるものですが、英語を英語で理解する力を養ってくれる。わからない単語をなんとなくこうなんだと少しずつ理解する。日本語を介在させない直解の力ですが、これは図る定規が少ない。入試や試験ではわかりにくいものの一つかなあと常々思います。これは母国語のとるアプローチなので、その方法だけで力をつけるにはかなりの時間が必要なのは自明の理ですね。

二つの要素

「語彙力がある」「語彙を推測しながら読む」の両輪が洋書を読むのに大きく助けてくれる要素じゃないかなと思います。

あと、本を読むときにいわゆる多読の基本原則を守って「辞書は引かない」でいいのかどうかです。

一度同じようなテーマで書いたときは、「どちらでもいい」でした。実際に紙ベースでペーパーバックを読むときはあまり辞書を引きません。

一方でkindle(電子書籍)で読むときは辞書機能を使います。わからない語や、覚えたけどあやふやになりつつある語の確認のためにも引きます。

ただ、その回数が問題だと思っています。あまりたくさん引かないといけないと中断されるので、読む速度はつかないでしょう。多読の一つの利点は、前からたくさん量を読んで、語一語一語ずつを意識するのではなく、

チャンクで読む癖をつけるというものがあると思います。語彙を調べすぎるとその能力が養われにくいのでは?

スラッシュリーディングはそれのまずは目印みたいなものだと思います。違ってたらすみません。どこかでスラッシュを打つとダメと書いている人がいたけど、自分は教えるときもスラッシュも構文解析もてんこ盛りでやります。ようするに語句の塊、意味の塊を意識させることが大事。それを前から読めるように促すのが目的。日本語訳がないと楽なんですが、そこに和訳がはいるので(入試にまだでてくるので)両方の力をつけてあげようといつも試行錯誤して頑張っている最中な私です。

ということは、やはり前述の、わからない単語が5%以下のものを読むのが一番いいということですよね。読んでいてストレスがあまりかかるのなら、それはその数字を超えているということでね。よくあるんですが、自分がkindleで単語を確認すると、「wikipediaに接続します」という表示が出て結局わからないことがあります。

新しすぎて既存の辞書にのっていない単語ということだと思います。電池を持たすためにwi-fi機能を切って読むのが常なので(読んでるときに電池切れになるのがあまり好きでないので)結局「こんな感じかな」と通り過ぎることも多いです。それで話がわからなくなるということはあまり起こらないので、気にしていないです。それが多いとやっぱり自分にとっては語彙の難しい本という位置づけになると思います。

あと、ご質問であったのが、「これは1級に出そうだと思いながらチェックする」というすごい努力をされていることです。素晴らしい。それでしんどくなると思われないのならそれも一つの方法だと思います。それで語彙力をすごく上げてらっしゃる方だっていらっしゃいますしね。

私は1級語彙と読書の語彙の位置づけが少し違います。というか、そこまで時間と根性がないといったほうがいいかも(笑)ええ加減ですみません。

試験は試験というスタンスです。1級で出てきて、その後本を読んでいて「あ、出てきた」というプロセスです。kindleの辞書機能は調べた単語をすべて記録してくれるのでうまく活用でもできると思います。それを覚えるためのテスト機能もある。自分はほとんど使ったことがないのですが(汗)

文の中で出会って、「こんなコロケーションで使うのか」にとどまっています。出会うたびに「これ見たことあるなあ」からだんだんはっきりする単語もなくはないですが、そこにフォーカスするのではなく、

話そのものにフォーカスして味わうことを優先しています。

それがアンラーン、直解の魅力ではないかと思っています。

時間をかけてやっていると、カンみたいなものも養われるような気もします。たとえば、英検1級の単語も「これだと思う」という解き方でも正答率が高くなっているようです。消去法でも答えを導き出すことも多いですが、このコロケーションという解き方もしています。

それと選択肢を見る前に答えがわかることもあります。それは過去問の力だと思っています。実はある程度試験範囲がある。決まったパターンがあります。案外良心的だと思っています。ああ見えても努力が報われるように意識してくれてる部分も多い。

印象ですが、1問正答率を上げようと思ったら、それに対して500語ぐらいの単語という感覚を持っています。英検は語彙力が9000語ぐらいでも受かると思いますが、1万語、そこからさらに500語、1000語と増えれば増えるほど満点に近くなると思います。なので1万語という数字をあげさせていただきました。

テストはテストとして扱う方がテスト対策としては王道なので、問題解く方が効率がいいと自分は思います。

再度書かせていただくと、単語は辞書を引く時もあれば、引かない、引けない時もあります。聴いている時も確認したい語があれば調べたりもしますし、聞き流すというのもあるのも同じ感じです。いまされている方法、ストーリーもわかるけど、1ページに2語ぐらいの語を調べるというのでも私は大丈夫だと思いますヨ。kindleだとあまり手を止めなくて済むのでよけいにいいと思います。

あんまり参考になってなかったらすみません。

読んでいただきありがとうございました。

また一緒に頑張りましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。