今日もお越しいただきありがとうございます。きょうはつぶやき。

私は一応高校の英語教師。生徒達に受験指導をしないといけない身分です。なので、自分がちゃんと英文解釈できてないといけない(汗)でも、一方で英語学習者でもありながら、英語でものを知るという作業も毎日欠かしません。日本語を介在させずに英語だけで小説や映画を楽しむことも大量にしています。有無を言わさず大量にやっているうちにじわじわと理解度をあげていっている状態だと思っています。

矛盾もあるし、相乗効果もあります。

英文解釈は「日本語に訳す」ところに重点があり、普段自分が楽しんでいる英語は「英語だけで直解する」ところに重点があります。特にaudiobookは聞くだけでストーリーを把握する作業なので、日本語が全く介在しません。映画の場合は英語字幕がある場合は英語字幕しか使ってないです。家族と一緒でなければ理解度が下がっても英語字幕がなければ、日本語字幕を使わずに字幕なしで見ています。

私はよく小説を聞いて、感動ものはよく泣くんですが、その描写をわかっているから理解しているから泣いていると思うのですが、それをいちいち日本語にしていません。

だんだん、点数にとらわれないようになってからは、どう思われてもいいかなと思えるようになって、点数を誇示しなくなりました。そこに固執して点数をあげようとした時期もありますが、それも過ぎちゃいました。できないと思われても、点数を誇示して集客目的として自分を売るわけでもないし、実際に自分が英語を楽しんでるし、日々の満足感も高いのもあります。

それと、私がこの間入ろうと門をたたいた学校は、英語で英語を説明できないといけないけど、入った人たちが日本の大学の入試問題を簡単に解くことができるかというと、

無理です。日本語できない人が中心だし。

中にはもちろんいらっしゃるかもしれませんが、それはバイリンガル、もしくはバイリンガルに近い日本人だろうと思われます。両方を兼ね備えようとすると、かなり苦しいということでもあると思います。ほんと英語ができるって何?と毎日自問しながら過ごしています。「ネイティブになりたい」は不可能で、ネイティブに近づくというのも違うような。どちらかというと、バイリンガルに近づくというのがもっと適切だろうなあと思う今日この頃です。ネイティブはその言語が母語という定義ですからね。

この間私が書いた英文を同僚の先生に見てもらった時に、「日本人はほんとにネイティブって言葉を連発するよね。自分は日本にいて慣れてるからいいけど、場合によってはあまり良くないと思うよ」と指摘されました。ブログでも書いたことがあるのですが、私はそれは以前に他の人(外国人)に指摘されてから「ネイティブ」という言葉は使わないように気を付けいて、実際には英語でも日本語でもNative English speakerという言い方しかしないようにしています。そこでもNative単独ではつかっていなかったのですが、それでもまた言われました。人が使っていても自分は使わないようにしようと思います。

話が脱線しました。

日本で言う英語ができるは「日本語に訳せる」が英語ができる定義だよなあとよく思います。あと、それから「テストで点数がとれる」が主流。バイリンガルの人が理解しているのに、うまくもう一方の言語に直せない状態も実は英語ができてるんですが、それはけっこう無視されている状態。帰国子女の生徒を見ていると、初見で4技能(もしくは3技能)をはかる英語のテストではトップに出てくる子もいますが、それ以外ではもともと持っている能力の高さを出せる場面はあまり学校英語ではありません。宿題に追われて、もともともっていた英語を英語で読む能力も生かされずに、ペーパーバックなどを読むひまもなくなって力を落としているようです。

それで思い出したのですが、大昔海外で、一人旅していた時に出会ったダブル(お母さんが日本人。日本ではハーフという人が大半ですが)でトリリンガルの人とバスで話をしている時に、「日本語でうまく言えないから英語に切り替えて話をするね」と話が進んだことがあります。それは、英語力がないのではなくて、日本語の問題。そんなことがきっとバイリンガルの人の頭の中でも起きているのだろうなあと思います。

で、逆のパターンのモノリンガルで英語がすごくできる優秀な生徒を受け持つと、いとも簡単に難解な英文を解析して訳してしまう子がいます。でもしゃべれないし、書けない。逆に訳はすごかったりする。そういう子は日本語にもすごく敏感です。それはそれで素晴らしいと思っています。そういう子たちが難関大学の英語を制覇している状態。

というような矛盾に日々向き合っています。でも「事件は現場で起きてるんだ」状態の私はとにかく今に対応しないといけません。だって現場で教えていて、まだまだ両方必要だから。時々、「好きな英語だけでもういいや」と思う自分に向き合いながら、日々自分のできることをやっている日々です。

昔、「英語の達人」とかいう言葉を使ったことがあると思います。今は、

「英語の仙人」になりたいと思っています(笑)

フレキシブルで枠にとらわれないで突き進む。

今自分の目の前にあることにベストを尽くす。生徒が待っていたら、生徒にとって最高の授業を提供できるように努力する。そのために苦手なテストや机上の勉強もなんとか隙間やながらでやってきて、これからもやっていくと思います。ただただ日本語に訳すというというだけ、テストで点数がとれればいいやという生徒を少しでも減らして、英語を使えるように導いてあげれるように努力するのみです。

そして、好きな英語も突き進む。

挫折だらけの、不器用な私ですが、また気持ちを新たにやっぱり突き進んでいけたらと思っています。

今日から4月、また新たな気持ちでスタートできるといいですね。

また一緒に頑張りましょうね!

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。