今日もお越しいただきありがとうございます。暑い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

私は1学期が終わろうとしています。う、うれしい。寄る年波でなかなか大変でした。カメでのろまな私は最後の最後まで雑用に追われておりました。なにかヘマをしていたら、また学校に行かないとなあと思いながら帰途につきました。

話は変わりますが、先日茅ヶ崎メソッドについて聞かれて、私の感想を教えてほしいとリクエストを受けたので、記事を書かせていただきました。ブログで記事にしてほしいという具体的なリクエストでした。

でもちょっと気になることがあって、それについて茅ヶ崎批判だともしかして思われていたらいけないので、再度書かせていただきます。その記事にも自分のレベルが至っていないところもあると書かせていただきました。数校の茅ケ崎に通ったことがあるので、いろんな先生に指導していただいた経験を書いて、全てが悪い方法だとは思っていないですし、自分の授業のヒントにもすごくなっています。茅ケ崎に通われている方に実際に茅ケ崎の中級の本をやるといいとアドバイスしてもらったことは今でもすごく感謝しています。リスニングとリーディングの一体化したものなので、力がつきます。通訳学校に通うよりお得だとも書きました。茅ヶ崎メソッドは今は教材が無料でダウンロードできるので、今はそれを利用して勉強されている方も多いと思います。質問してくださった方は、まずそれで勉強されるのだと思います。ダウンロードされたことがきっかけで質問を受けた経緯があります。教室に通うのは、刺激ももらえるし、リスニングを伸ばすのに、特に2技能に効くと私は今でも思っています。

それともどなたかが茅ヶ崎批判を書かれている人がいるのかなあ。

私は自分が勉強している方法が最高だとも思っていません。いつも模索してがんばっているだけです。ない時間を振り絞って学校に通えない分は独学でがんばるしかない。去年はいろんなことにチャレンジして、今の授業に生かされていることも多いです。やっとことを書いてきて、自分のやり方が一番だとも思っていないです。自分の出来るときにできることをやるのみです。それぞれのやり方があっていいと思っています。

自分が学習者であることは変わらないと思っています。自分が英語ができる、これが絶対という言い方はきっとこの先もできないと思っています。

読者の人もそれをわかっている人が多いです。ご自身にあった教材を選んで、やり方もそれぞれです。

1学期が終わろうとしていて、授業もなかなか思うようにいかないことも多かった今年度のスタートでした。縛りがけっこうあって、自分の思うような授業展開ができないジレンマに悩みました。仕事もかなり減らしたのですが、去年も講座があるたびに依頼を受けて教えた単発の同じ学校の仕事は断ることができずに無理してがんばりました。英検の前日も仕事だったのでちと苦しかったです。

そんな思いで終わろうとしていたら、ふと降りてくるさわやかな風。

廊下ですれ違った去年教えていた生徒達が「先生なんで、私達の学年じゃないの?」また別の生徒たちは個人的に夏休みの勉強方法を求めにやってきてくれる。いろんなアドバイスの中から自分にできることを実践した子が「先生、成績があがったよ」と報告してくれる。

そんな一声に今までも支えられてやってこれました。ブログの読者の方からの一言にも。

ブログを書くことは時に楽しさもあり、苦しさもあります。

でも自分の英語力を少しでも上げたいという自分の気持ちと、読んでくださる方々の気持ちが合わさった時のうれしさがブログを書き続ける力を与えてくれています。

そんな思いを胸にまたはじめようと思います。

一人夏期講習。

今年もやらないといけない課題をこなして、少しでも夢に近づけたらいいなと思いながらガンバリたいです。

またそれぞれのやり方で、一緒に頑張りましょうね。

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。