2010年10月

英語のスイッチ

勝手に読んでます。「英語のスイッチ」。

私の留学歴はたったの3ヶ月の大学の語学コースのみで、その後あとは知り合いの家や旅行して半年過ごしたのが最長です。仕事をやめて退職金を使っての自分へのご褒美です。30歳を越してました。あとはちょこちょこ、短期で英語ネイティブの家に滞在しているだけです。

だから、全然偉そうにいえないんですが、こんな私でも「英語のスイッチ」みたいなのを感じたことがあります。

最初にはっきりと感じたのは、結婚してから一人で友人の結婚式のために何年か振りにイギリスに行ったとき。マンチェスター空港から電車に乗り換える切符売り場で、ちょっとドキドキ。「英語話せるかな?アクセントわかるかな?」切符売り場の人の英語ははやーい。(マンチェスターの人の英語は私にはむずかしーい。)

でも切符買うときにすっと「往復でお願いします。」1週間の往復切符が確か買えました。

その英語を口にしたとき、ビビット来たような感覚に襲われました。そして、なんかすこしずつ英語が出てくる感じ。へたなりにうれしかったです。
その一週間は英語オンリーの世界。自分が滞在したことのある街での結婚式だったので、とっても満喫しました。イギリスの鉄道の旅はほんとに楽しいです。景色がなんともいえず。いつも見るたびに「私は前世はあの丘の上に一本あるあの木に違いない!」と思うほどなだらかの丘の景色を見るのが好きです。なぜかしら?都会より田舎の風景が好き。

昔、語学留学が終わった直後にイギリスで会った、日本時代からのその英語ネイティブの友人に「英語あんまりうまくなってないねえ。」といわれました。ちょっとショック。友人曰く、「あなたのホストマザーはすごくおしゃべりが好きだから、リスニングが伸びたんじゃない?」とフォローはつけてくれたけど。確かによく話しをしたし、テレビも観てたな。

でも、この前子供を連れてロンドンにその友人宅に滞在した時に、

「留学している時よりも、結婚式の時よりも、今が一番英語がうまい。日本でよくそれだけがんばったね。」と褒めてくれました。

やっぱり、その時も「スイッチ」入っていました。

でも、一番言いたいことは、「スイッチ」を入れるのは別に留学しなくてもできるんですね。日本で勉強したのは、駅前留学したわけでもなく、淡々と単語を覚え、文法をやり直し、英語を読む日々でした。その蓄積が自分の「話したい」力と直結したんだと思います。それが間違えだらけでも。(笑)

何度も言って聞き飽きたらすみません。「話す内容」が大事。これからも自分の中身を充実させたいです。まだまだです。

今日の勉強
リスニング:1時間ぐらい。内容はTOEICの公式問題集を1,5倍と英検スピーチ集の音声を1,5倍で。
英文法:「千本ノック 2」 第4章。病院の待合室で。「カフェ勉」ならぬ
「待合勉」あんまりかっこよくない。

あとは仕事の準備でいろいろ英語しらべたけど、「キム本」できませんでした。

今日も読んでいただき感謝します。皆様の明日がいい日でありますように。
DSCN04860001

コッツウォルズ周辺に行った時の写真です。これは確か文化遺産だったと思います。この建物の向かいに有名なスワンホテルがあります。



かくし味

極めろ!リーディング解答力TOEIC TEST〈Part7〉
極めろ!リーディング解答力TOEIC TEST〈Part7〉
クチコミを見る

今日は水曜日。またまた英語学校をお休みしました。子供の通院は毎日で水曜日は午後は休診日。まあ、しかたなーい。昨日歩いて病院に行ったのがとても楽しかったらしく、「ママ、今日も二人でお話しながら歩いて行こうね。」うーん、堂々と小学校も遅刻。行ったらちょうど体育の時間。どうせ見学なのでまあよかった。

傷の処置をしている時にふと子供の傷の糸を見て思いました。うーん、これはHarry Potterの稲妻型の傷のようだ。おもわず一言。
「魔法使いになれるかもよ。」

今日は、ここのところのごたごたで昼ねしていない体がサインを出し、気づくと爆睡していた。

このところいろいろあったけど、昨日よく行くブログの方がいいことをおっしゃってました。すごく感心しました。

「悪いことの連続は次に来るとびきりの幸運の兆し」


だから、「運が悪いなあ。いやなことばかり。」で気持ちを止めるのではなく、次に来る幸運のために起こっていると思えば、そんなにつらくない。
ほんと、心の持ちよう!膝を打ちました。ありがとうございました。心が軽くなりましたよ~。エネルギーいただきました。これもブログ効果ですねえ。

そうそう、今日は子供の習い事が2つ重なる日、私が爆睡していたために少し遅刻してしまったけど、そのあと怪我とは別件で違う医者にも子供を連れていったので、今日の晩はカレーです。

カレーといえば、いつも子供は「ママのカレーよりも幼稚園の給食のカレーが一番おいしい。」うむむ、その言葉に挑戦しようと、以前に幼稚園のカレーレシピを聞いている。卒園以来いろいろがんばって幼稚園レシピに近づこうとがんばっている。ポイントはスキムミルク。でもいつも家にないんだよね。前回はカレールー(バーモンドカレー甘口)にりんごとバナナをすりつぶして牛乳をいれた。結果は「甘すぎる。」
がっくり。

今回はりんごを少し入れて、冷蔵庫に生クリームが少し残っていたので、少し入れる。味はどう?どう?

子供:「ママこれ、今までで一番おいしい!」やったー!

私:「今日の隠し味は何だと思う?スキムミルクはなかったけど、近いもの。」

子供:「わかった!母乳!」

んな訳ないでしょ。

今日の勉強

英文法:「千本ノック 2」第3章まで。診察の待合や子供の習い事の待ち時間に。
リーディング:「キム本」買ってみました。最初の13問ぐらい。(英文一つにつき3、4問なので、実際は英文4問ぐらいです。)試験対策に効率いいかなあと思って。600問近くある~。使ってよかったら、また取り上げたいとおもいます。

今日は一人での移動時間がほとんどなかったので、リスニングできず。

英語日記も書きたいなあ。今日もありがとうございました。感謝します。

怪我の功名?

いやあ、昨日の晩はやっぱり寝付けなくてウォークマンでケルティックウーマン聞いてほんとにアイルランドにトリップしてました。(笑)しかし、何度も「息してるか?」と子供を確認し。今はねむーい。子供は何事もなくおでこに大きな絆創膏を貼って学校へ行きました。

昨日の子供の怪我で思い出したことがあります。子供が幼稚園年中の時に、イギリスに旅行したときのことです。実は子供に乳児の頃から英語子育てをしています。一応今も。ええかげんですが。(本来の予定から大幅に遅れて)

そんな彼女が幼稚園に入って子供がふと気づきました。「なんでどこでも英語が聞こえないのに、英語するの?」それまで観ていた英語音声のDVDやケーブルチャンネルをことごとく拒否し、英語のアクティビティも拒否。やめるのももったいない。でも、無理強いはできない。

それで、なけなしのへそくりで、ロンドンに住む友人を訪ねることにしました。友人の彼女はニュージーランド人でご主人はイギリス人。結婚式にも行きました。そこにはうちの子供と年の近い姉妹がいます。電話したら、「いいよ、おいでよ~。」と二つ返事でOKしてくれた。ロンドン滞在のおかげで、子供は「そうか、英語は実は使う言葉なのか。」と彼女なりに納得してくれて英語の勉強を細々と続けられるようになりました。高い授業料だったけど、親子の絆も強まりました。

滞在中に、友人一家がお城好きの私のために、行ったことのない(けっこうお城はいろいろ行っている私)ウォーリック城にドライブとピクニックを兼ねて連れていってくれました。自分の長女と私の子供に「お姫様ドレス」を着せてくれて。

「お城だからプリンセスにならなきゃね。」素敵な友人。

お城のお庭でみなに「Hi, Princess.」と何度もみなに挨拶されて上機嫌のうちの子供。調子にのって、ドレスで走りまわっている間に、長いドレスにひっかかって転んだ!思い切り地面の小石で頭を強打。

泣きながらこちらを向いた顔は血だらけ。おでこの上に1センチ近い傷。
頭の出血は大量です。もうパパは先に日本に帰ってしまったし。(仕事で長期は無理)その時も胃がひっくり返りそうになり、卒倒しそうな気分でした。しかも場所は日本じゃない。保険は入ってるけどどうしたらいいんだ!
頭はパニック。

でも、出血が収まって、友人が応急手当にバンドエイドを貼ってくれて芝生で二人で座り込んでいました。

子供は元気ですね。あっというまに気分を取り直し「アイスクリームが欲しい。」

私は「頭痛くない?気持ち悪くない?ふらふらしない?」間をおきながらしばらく聞き続けました。次の日も。

小さな傷は残ったけどほとんどわからない。昨日の傷はその3倍ぐらいの大きさだった。当時彼女は5歳。「あんなことあったね~。」鮮明に覚えているようです。でもそれも一つの思い出となりました。
今回も「たいしたことなかった。」と時が経って親子で話をしたいです。
いやあ、びびりの母で情けないです。強くならなくちゃいけませんね。

今日は忙しかったけど、悪いことばかりではありませんでした。

今日はニュージーランドからメールがあって、そのご主人のお友達が今ロンドンにいて、近々自転車で世界を旅行するらしく、日本の滞在先にうちにきてもいいかと打診されました。その人は学者で、陶芸家?らしい。しかも子供が大好き。最初はインドから旅を開始。うーんスケールがちがう。おもしろそうです。

ちょっと前にも11月末にもカナダからまた友人が用事で日本に来日するので、ついでにあいに来るとメールがありました。去年来たときには、モントリオールにしか売っていない、とってもかわいい缶入りのバニラ入り砂糖を持ってきてくれました。そうだ、今日はそれでミルクティーでも飲みます。

落ち込んでばかりいられない。受け入れるのに苦労がないといえば嘘になりますが、日本を好きになってもらいたい。

DSCN05290001  

(写真はウォーリック城と子供達です。ロンドンから北へ車で2時間ぐらいのところにあります。)

世界はつながってるんですものね。いいエネルギーをお互いに運びあう。これほんと大事ですね。みなさんからもいいエネルギーをいただいて、私も少しでもお分けできたらといつも思います。

今日の勉強
リスニング:1時間ぐらい。通勤時と晩御飯つくりながら。
英文法:「千本ノック1」病院の待合で。昨日は3章じゃなくて、4章までしていた。今日は6章最後までできて、1冊を1週間で2周。次は少し寝かして違う「千本ノック2」にとりかかりました。

今日は忙しすぎてこれだけ~。寒くなってきました。急に冬ものや羽毛布団やらを出してきました。明日はもっと寒いそうです。お体ご自愛ください。

勉強?娯楽?

GZ_main
今日は、午後から水曜日休んだ英語学校に行ってきました。夫の「2週間もやすんだんでしょ?行っておいで。」という言葉に甘えて。

行くには予習が必要。軽く?予習をして電車に揺られて行ってきました。遅刻しちゃったけど、2週間ぶりの割には英語が聴けたような気がする。そう、最近ウォークマンに入っている聴きなれた英語を1,2倍とか、1,5倍とか2倍にして聴いている。それの効果かも?うれしー。気のせいでも。久しぶりでやっぱ頭使ったからか眠いです。

帰りに駅でつい借りてしまった。DVD。夫も一緒に見れるのをと思って、アクション満載の「Green Zone」。イラクのWMDは実は捏造であって、派兵は間違いだったという事実を延々と描く映画です。

戦争モノはあまり得意じゃないんだけど、マット・ディモンが「ボーン・シリーズ」の監督とタッグを組んだと聞いてつい。いやあ、以前はジェイソン・ボーンを観にわざわざ映画館まで足運んだよ、おばちゃんは。扱うネタがフィクションになりきれない分歯切れは悪いです。それってあり?みたいな小さな映画らしいご都合のいい展開はありますが。でもまあ、面白かった。

話は単純明快で、一貫してます。最近は茅ヶ崎で時事の英語を見聞きするおかげで、少しとっつきやすく観れました。こんなん作って大丈夫?
興行収入は地味になるよね。この関連の映画はディカプリオとラッセル・クロウの「ワールド・オブ・ライズ」とかジェイミー・フォックス「キングダム」とか観たことあるけど、(ロケ地も同じみたいです。モロッコ中心)どれもよく似たアプローチ。そうせざるをえない展開。とにかく密室なんだよね。

「英語と趣味」を兼ねようとつい映画に走る私です。でも夫は結局横で居眠り。半分は一人で観ました。ゾンビ映画だったら起きてるくせに。(私が見ないが)

でも、こういう華のない硬派の映画も観ないとね。マット・ディモンにつられて、現代史(?)を学ぶのもあり。時事的なお話でした。

今日の勉強
リスニング: 2時間ぐらい?(ずるいけどレッスン分も入れよう)
「千本ノック」:2週目第3章まで。(前回は3日で1クール終了。明日もがんばる)

いやあ、これだけ?明日からがんばります。英文読まなくちゃいけませんね。


英検1級合格までの勉強 面接編 (3)質疑応答

面接編(3)です。

緊張のスピーチが終わって、やれやれ。ほっと行きたいところですが、ご存知のように面接はスピーチだけが採点対象ではありません。それはほんの一部。

スピーチ
質疑応答
発音
文法

と細かくチェックされてるんですね~。だからスピーチが思ったほどできが良くなくても、この後の質疑応答でかなり挽回できるんです。というか、質疑応答で答えに詰まってしまうと落ちる。スピーチと質疑応答の2本柱。

そう、怖いのはここですね。ここからは「生の英語」コーナー。スピーチに関してはけっこう少なくない方々がスピーチを周到に用意して練習しておられます。私は前述の通り、原稿を一枚も書くことなく即興練習のみ。私の場合はこれが功を奏したのかもしれません。しかし、周到な準備をしていないということは、普通他の方が2次勉強を通して得られるたくさんの時事知識や専門知識を自分のなかにとり入れることができなかったと言うことなので、はたして得かどうかはわかりません。だからいまだに自分が1級を受かったことに自信ないこともしばしは。よく、「面接の時の会話力、エッセイ書いてるときの英語力が一番ピーク」というのを目にしますが、私の場合はなんかそんなことすらも感じない程度です。悪い意味で。

質疑応答で問われるもの。それは、「質問に的確に答える力」ですよね。それともちろんここで「コミュニケーション能力」も見られます。もし、質問の意図がわかりにくければ、即座に「質問の意味がよく把握できなかったから、もういちど説明してもらえます?」みたいなことを英語で聞く。ここで、「わかってないな、この人、だからダメ」ではなく、そのやり取りが非常に大事だと思います。実際に私は質問を聞き返しました。

面接官に「あなたのスピーチで、どうもわからないことがあるんだけど、もう一度説明してもらえます?」と
スピーチ自体に対してすでに点数減な質問を受けました。ぐちゃぐちゃだったしなあ。でも、そこでめげずにまた新たな例をあげて説明します。そして、もう一人の面接官に「このトピックに関するadvantageとdisadvantageについて述べてください。」と聞かれました。その時に、「adavantageって?disadvantageって?」と一瞬頭が空白に。(笑)ここで、考えるために私がしたこと。

「adavantage and disadvantage」とオウム返しにゆっくり言葉を反芻していました。そのあいだに考える。ここで黙ってはいけません。沈黙が続くのは厳禁。反芻している間にない知識をふりしぼって会話を始めます。途中でいいたい英単語がひとつどうしても浮かんでこない!だからそこは、「こんな感じの弊害をもった生徒もいる」なんてエクイバレントに答えます。言い終わったあと、ふとその英単語を思い出したので、「Oh, that is "Asperger’s syndrome. I remembered.」とポンと言いました。(たまたまその時ちょうど読み終わったPB本が「The Girl with the Dragon Tattoo」だったのでちょうどよかった。)

質疑応答は2人の面接官から各ひとつづつの質問に答えることで終わりました。それで外国人の面接官の方が、「これで終了です。席をたって教室をでてもいいですよ。」みたいなことを言われた時。私はまだ面接のトピックカードを持ったまま。はじめてでよくわからないので、持ったまま「これ持ってかえっていいですか?」と聞くと、
二人とも笑って、「ダメですよ~。置いていってくださいね。」といわれました。

この時点で「なんでこの人受かったの?」と思われるかたもいらっしゃると思います。自分でも思います。もうこれ以上体力がもたなくてどこかの八百万の神さまの一人が「何年も受けてるし、もうこのへんで合格にさせてあげよ。」と許してくれたとか、はては、たまたまラッキーだったのかもしれません。だから、「英検にギリギリ受かる法」と思って読んでもらって全然かまいませ~ん。でも、気をつけたポイントが合否に大きく左右したことははっきりといえます。これは私一人の意見ではないので大丈夫です。

そう、英検2次の面接は、「受験生の専門知識」を推し量るテストではありません。あくまで「議論しやすい社会的な事象を通じて英語で会話が成り立つか。」を見ているからです。だから、その専門性は実はそんなに問われていないと思います。「このことについてどう思うか?」と聞かれた時、答えに窮したら英語で「そのようなことを日本社会で経験したことがないので、立場的に理解できないので、わからない。」と答えてもいいのです。答えの中身ではなく、いかに「応答」できるかを見ていると思います。実際に私がそうでした。知らないと言ってもいいと思います。そこをなんかあたかも知っているように矛盾したことを言って詰まってしまうより、あっさり認めてしまってから。(開き直って)なぜ、しらないかを少し足せばいいのではと思います。もしくは、言っているうちに詰まってしまたとしたら、「なんか自分でも矛盾してると思います。おかしいですね。」と英語で言うことが肝心です。

言い換えると、普段もしネイティブと英語で会話できるとしましょう。例えば、この前ハイチで大地震が起きた時に
私がネイティブの人と交わした会話です。

以下、英語で交わされたものです。

私:「知ってる?ハイチで大地震が起きたって!」
相手:「ええ~!知らなかった。どれくらいの規模なの?私の故郷の近くだからスゴーク心配。」
私:「デイリーヨミウリには500人って書いてあるけど、日本のテレビのニュースではもっと増えてたよ。」
相手:「何人ぐらい?」
私「「うーん、忘れた。1000人は超したと思う。」

以下省略


と、数字が明らかでない、自分の意見ではないことを英語で会話しました。この会話のちょっとむずかしめの会話を私は英検の会場でやっただけです。情報があいまいでも会話が成り立つ。それが一番のポイントではないかと思います。それは実際付け焼刃ではできません。普段からテレビのニュースに対して思っていることをへたでも英語に置き換えて言う感じです。普段英語をちょっとでもそのような形で使う機会があればあるほど合格率はあがるのではと思います。相手のジャブに対してちゃんと対応できる会話力です。それは机上だけではやはりできないので、2次で苦しんでらっしゃる方はそのへんの練習をするのが一番だと思います。機会がなくて一人だったら、お風呂で「一人英会話」でも効果があると思います。

実際、2次の待合室でそんな人をみかけました。ipodかなにかを聞きながら、「Oh, yeah.」「Really?」とかけっこう大きな声でシャウトしたかと思うと。「Oh, my God!」とか歌を歌ったり。人前でやるとちょっとみなさんびっくりでしたが、その方はご自分の聞いている音声に反応して「一人英会話」していたんですね。どうか合格されてますように。いや、ちょっとびっくりしたんですけどね。でも、それぐらいの気合で家で練習すればいいじゃないかとミョーに感心しました。まあ、私なら面接では、oh, yeahとか、oh, my God.は使いませんがね。

それと、英検1次の実力はまあだいたいアメリカとかの高校程度から卒業程度?ほどの英語力。会話とリスニングはもっと劣る。1級が頂上では決してないんですね。今それをひしひしを感じています。やっと門をたたいてあけてもらった感じです。やっと会話のカヤの外から中に一応いれてもらって、話を聞かせてもらえるような状況。
いやまたカヤの外に追い出されたかも?でもあまり恐れすぎるのもよくないような気がします。英検をちょっと高すぎるプライベートレッスンみたいな気持ちで行ったほうがかえっていいかも?私はうれしさあまって、(7年以上待ったので)笑顔満開でした。笑顔で受かったか?

それと大事なことをもう一つ。私は時事にとっても弱いです。普段からテレビはほとんどみません。かわりに夫はテレビが大好き。私はテレビがついていてもPB読んだり、インターネットを横でしたりしています。中日と巨人がどっちが勝っているかもテレビついていてもわかっていない。でも、たまにニュースなんかを横で見聞きして、その時に夫と話をします。勿論日本語で。「独居死が増えてるって。どう思う?」と意見を言い合う。「尖閣諸島の問題ってそもそもどういうこと?」とか、「鳥飼久美子教授の記事がおもしろかった。読んでみて!パパこれどう思う?」といった感じでできる範囲で自分の意見を言うようにしています。(と、いいながら彼が見る「お笑い」番組の横でついバカ笑いしてる自分に気が付きますが・・・毒されます。)

そう、普段から日本語で意見が言えることが大事だと思います。以前に書いたことですが、「中身がなければ、会話はなりたたない。」日本語でも英語でも同じです。あやふやでも思うことでも口にだして言ってみる。すごく大事だと思います。さあ今日からテレビに向かって池上彰さんとお話をする気持ちでお話してはどうでしょう?まず「へえーそうなんだ、知らなかった。」を英語にしてみる。こんなたわいのないことも大事だと私は思います。

さて、ここまでで一応「英検シリーズ」は一段落。読んでくださってありがとうございました。すこしでもお役に立てることを願って書きました。みなさんは私のような遠回りをせずに栄冠を勝ち取ってくださいね。私もこの記事を書く時間を次は自分の勉強時間に当てて一緒にがんばります。

この記事がおわるとまた、閑古鳥のなくブログにもどるだろうけど、細々と英語学習続けて行きたいと思っています。

お昼食べたら、仕事にいってきま~す。

2014年7月追記:再受験してまた奮闘記2を引っ越したブログで書いています。よかったら参考にしていくださいね。
http://readaloudlife.blog.jp/archives/1006013266.html 
あなたの合格を祈っています。 

落ち込んだ時の解決法

ひとりごとです。

今日は一生懸命やった結果があまり思わしくなかった一日でした。私の仕事は相手あってなんぼのもの。自分がいくらがんばったって、相手が動かなければ成果がでない。つらいところです。仕事の性質上
私の仕事立場は不安定な職業なので、いつも自分の力をMaxにできるよう努力してきました。今も努力しています。だから、英検1級取得は自分の中ですごく大きいことでした。よく、勘違いされるのは、「帰国子女だったんでしょ?」とか言われて、まあもうおばちゃんなのでだいぶそれも言われなくなりましたが、ちょっと自分の「努力の人」とはかけ離れたイメージをもたれるので困ることも多いです。

でも、私は「努力の人」以外の何者でもないと思っています。全然できな自分から、少しでも「できる」自分になれるように一つ一つのステップをすごく時間をかけてきました。だから一生懸命になっている人をみたら、つい自分も一生懸命になってしまいます。私のまわりには「できる」ことが当たり前の人がうようよいて、「できない」ことがどうも理解できないといった様子の方々もいます。

英語もいまだにわからないことだらけ。恥をかくこともしょっちゅうですが。落ち込んでいる暇はない。
とってもいやなことを言われたり、落ち込んだら、まず最初に

「勉強」します。

そしたらふっとんじゃう。でも、今日は疲れているのでそれもできないから寝ます。明日がんばろう。PB読みたいなあ。おやすみなさい。

ペーパーバック禁止令


1日1分レッスン! 新TOEIC Test 千本ノック! (祥伝社黄金文庫 (Gな7-6))
1日1分レッスン! 新TOEIC Test 千本ノック! (祥伝社黄金文庫 (Gな7-6))
クチコミを見る

昨日に引き続き仕事を持ち帰ってやっています。いつまでたっても終わらないなあ。明日は一番忙しい金曜日の上に子供を医者に連れていかなくちゃ。がんばろう。

私が仕事をする横で、「ママ英語の勉強するね。」と言ってDSを堂々と出して英検の過去問を解いている子供。そう、リスニングに頼るのはもうやめて、「読む」ことを中心に!問題文を声を読んでやってもらっています。まずは4級をきちんとおさらいしてからね。

私もとうとう禁PBにしました。しかし楽しみがないとダメですねえ。自分から笑顔がきえてしまいそう~。

でもね、PBを開く代わりに昨日から子供の通院の待合室は問題集を開くようになりました。(私には両方は無理なので)この前本屋で見つけて「あ、これブログであの人が使っていたのかな?」と思い購入しました。私もがんばってみます!今第2章まで行きました。リスニングも今はデスクワークが中心なので、その間はずっとB.G.M代わりに聴きっぱなしにしています。まあ明日からまた時間を作らないといけませんが、ここ2,3日は一日3時間以上は聴けた。(といっても仕事しながらですが~。)ブログでたくさんがんばってらっしゃる方がいる。めげてなんていられないですよね。みなさん、一緒にがんばりましょう。しかし、TOEICってますますビジネスなんですね。ついていけない。くすん。

明日で忙しいのは一区切りのはず。来週からまた勉強モードにはいりたいです。仕事にもどりまーす。

日本人に合う英語??

さっき、仕事がちょっとキリがついたので、むくむくと湧き出てきたことを書きたいとまたブログに向かっています。

今朝の朝日新聞のオピニオンのコーナーで「これからの英語」と題して鳥飼玖美子教授のインタビューが掲載されていました。「訳読vs.会話」論争についてです。このご意見に全部賛同する訳ではなくても、うなずくこと数回。日本人の大人の人が、「学校で英語をちゃんとやっていないから、英語ができない。だから訳読授業が悪い。」というくだりには、私もちょっとその意見に引いちゃいます。以前にも書いたことがあるけど、訳読授業自体が悪ではなく、私達の英語の勉強量が足りないから使えないんだと常に思っているので。読むのも、聴くのもあまりにも少なすぎる。

それと、ブログで行き来させていただいている方が、「話している英語の単語の使用が難しい単語を使っている。」とネイティブに指摘されたそうです。(すみません、かってに引用して。)私はそのネイティブに言いたい。
堅い英語、難度の高い英語でどこが悪いのか。そりゃこなれてない英語に聞こえるかもしれないけど、私が1級単語を使って話をすると、けっこう驚いて認められるってことのほうが多いんだけどなあ。「なんでそんな難しい単語をつかうの?おもしろい」みたいなノリで。特に学歴の高いネイティブはその傾向があるんじゃないかと感じます。だって、meeting spotをrendezvousと言ったほうがおもしろいじゃないですか!difficult termをgobbledeegookといったほうがなんか響き伝わりません?その方に代わってなんか私達みんな一生懸命勉強しているのに悔しい思いです。

それと、「欧米が英語のモデル」ってのもホントに古いですよね。私は個人的にはイギリス史が好きなのでイギリス英語は好きですが、だからといって発音だけよくて、中身がないのはおかしいと思います。

昔、スコットランドをふらふらと旅行していた時に、予約なして泊まったB&Bで体験したことです。
朝ごはんを食べ終わって、そこのとっても愛想のいい女主人の方が私に。

"Are you finished?" と聞きました。私は”You mean, "Have I finished?"と聞くとそうですとの事。
今は英語の参考書でも当たり前のように出てくるこの表現。「もうお済みになりましたか?」ですね。完了形だけでなく、受身でも言える。

その女主人と、横で朝ごはんを食べていた、グラスゴーからのカップルが笑いながら教えてくれました。
「このあたりは、たいてい受身を使っていうのがあたりまえなの。」
それから、女主人が面白い話をしてくれました。

ある時、その宿に泊まった初老のご婦人に同じように女主人が朝ごはんのお皿を見て、”Are you finished?"とたずねると。

その老婦人は答えた。
”No, I'm Norwegian."オチわかります?

そう、そのスカンジナビア出身の女性は正しい英語を使っただけなんです。受身でたずねると、「あなたはフィンランド人か?」(Are you Finish?)と勘違いしたらしいです。(笑)

その場にいたスコティッシュにしても、他のイギリスで聞いた話でも、私の知りうる限りですが、みんな「北欧の人はイギリス人よりも正しい英語を話す。」といいます。(笑)でもその間違った英語でもコミュニケーションとれてるじゃん。

「正しい英語」ってなんなんでしょうね?あるんですか?もちろん場に応じた話し方はあってしかるべきですが、
私達は第2言語として英語を習っている。完璧であるべきなんでしょうか。
昔、私は昔明石さんの英語をテレビできいたり、今は亡き筑紫哲也さんの英語インタビューとかをきいて、
「日本語アクセントで何がいかん?要は中身だよねやっぱり。」と常々思ったものでした。

それと、私は方言を聞くのが大好き。おかげでヘンな表現を自分の会話にはさんで、わたしの「万国チャンポン間違いだらけ英語」を楽しんでくれるネイティブは結構多いです。話している相手の国独特の言い回しをしっていたら、ワザを使っていつも盛り上がります。そこからもっと教えてもらえるし。

何度も書いているように「中身がなければ、話す内容もない。」だから会話にばっかり力入れるのはもういいんじゃないですか~?大学入試が変わらなければ苦しむのは学生さんですしね。

なんか夜中に熱くなってすみません。偉そうにいえる立場でないラーナーですが、ちょっと一言でした。
もう寝ないと~。

英語読書日記「Fire Study]

Fire Study (MIRA)
Fire Study (MIRA)
クチコミを見る
Maria V. Snyder
Period: 13.October .2010-19. Octorber 2010 (7days)
Category: Paranormal (Fantasy)

441pages

Total Recommends: ★★☆☆☆

difficulty:★★☆☆☆
story: ★★☆☆☆
can't-sleep-degree:★★☆☆☆
romance-packed-degree:★☆☆☆☆

続きものですからね。一応読まないと気がすまない。前回までのキャラクターが大活躍するので、面白いのは面白いし、すぐ読めます。といいながら、「お、これ1級単語」と思いながら調べる調べる。忘れていきますね。星2つなのはやはり、前作、前々作は越えられないというだけの理由です。1巻が圧巻。3巻はつじつまを合わせようとして場面が展開しすぎてるような気がしました。最初からヤマ場が用意されていて、「これが最終巻だよ。」みないなノリが感じられました。

ここ3日ほど、忙しかったにもかかわらず、ひょんなことから読書の時間を確保できるようになりました。恥ずかしながら、うちの子供はまだまだ一人でベッドルームにいけません。だからパパかママがかならず眠るまでそばにいないといけない。英検の勉強や夜の家事なんか(なんかヘンな響き。洗濯とかですよ~。いちおう働くママだから、夜に洗濯しないといけないときもあります。)で、寝かしつけるのはここのところたいていパパ。でも、英検が終わると「待ってました」とばかりに「今日はママと寝るの~。」の大合唱。(いや、ひとりだけですけどね。)いままでは、横で寝るのまってたんですが、3日ほど前にふと、「ライトつけて横で英語の本読んでいい?」ときくと、あっさり、「ライトが明るくてこわくないから、これからそうして。(超こわがりの癖に「怖い話」が好きなへんなヤツ)」やった~!読書時間ゲット~!

で、さっき読み終わりました。このシリーズは主人公がかわって、同じ舞台で新作がでているんですが、やっぱりヒロインは元気でなくちゃ。この主人公が好きです。でもその傍らの恋人が好きなんですがね。中世を思わせる架空の舞台。その世界を堪能できるだけでも楽しいです。つい最近DVDで「トリスタンとイソルデ」を観たんですが、やっぱ中世っていいですねえ~。だから、キャラクターがあんまり複雑な性格でない。ヒーローも単にかっこいい。「Twilight」とまた違います。あれは、一応舞台が現代(過去にさかのぼるシーンが好き~。)なので、なんかエドワードなんて超セレブ的なアプローチでべスにベンツくれたりするけど、「Study」シリーズはそういうのがないからとってもさわやかです。いや、「Twilight」も面白いですがね。ベースはブロンテや、ジェーン・オースティンが流れてますし。両方とも「ヤング・アダルト」のカテゴリーなので、欧米の高校生が読んでいるものです。ラーナーにはホントにおすすめ。語彙も馬鹿にできません。

明日から、次の本を手に取りたいところですがしばらく「禁PB」宣言。

そろそろ1ヶ月ほど勉強はじめます。すぐにペーパーバックばかりになってしまうので。うーん。ちょっと、いや、だいぶ寂しいです。

英検1級合格までの勉強 面接編 (2)スピーチ

面接編 (2)です。

お風呂で「一人英会話」しましたか?では、もうご存知の方は先に進んでいただくとして、まだごらんになってない方はこちらをのぞいてみてください。英検協会のバーチャル2次試験です。

http://www.eiken.or.jp/eikentimes/virtual/eiken_1/index.html

なんとなく、感じがつかめましたか?私が最初これを見たときは、「こんな受け答えできる人いるの?」というのが私の感想でえーす。

でも試験の流れはよくわかるのでシミュレーションできますね。

まず試験場に行きます。早く行けば行くほど先に面接してもらえます。私は先に順番とって、それからお昼食べようと思ったら、「それはできません。食べてからきてください。」といわれ、結局待合室の最後の方になってしましました。どちらにしろ、先に行っても、後にいっても待ち時間は同じということですね。

実は、私の周りにはちらほらと「英検面接官」経験者がいます。たいてい、もちろん日本人で1級を担当された方はいません。2,3級。よくて準1級。だから、1級担当者はおそらく大学の先生とかなんじゃあないかなあと思います。あ、ちがう方のブログで、業界で超有名で、テレビや雑誌にもでてくる○○先生にあたったなんていうのも聞いたことがあります。あと、首都圏は受かりにくいなんてまことしやかな噂もきいたことがありますが、ただの都市伝説でしょうかね。勝手な私の憶測ですが、「面接官が疲れていないうちに試験を受けたほうがいい。」なんていうのも聞くので、早く行ったんですが、結局でべ。待合室から試験の教室に割り振られんですが、なんと私はその試験官の最後の受験者でした。その感触から、「別に最初でも最後でも一緒かも?」というのが感想です。でも、試験官も人間、最初の受験者が超できる人だったら、おのずから採点基準は高くなるかもしれない、もしくは、何人かまで少しブレがあるというのも考えられます。だから早いほうがいいかも?まあ、相手は百戦錬磨の英語の達人。結局どっちでもいっしょじゃないかといのが私の感想。

教室に入ると、とっても知的に見えるお二人が笑顔で迎えてくれました。男の方はどう見ても大学教授のようで、とってもダンディ。女性の方もどう見てもどこかの大学の先生にしか見えない。おそらくイギリス人かオーストラリアの方だろう。(オーストラリアの人で知識階層の人はどちらかというとブリティッシュアクセントの人が多くて、素人の私には時々どちらかわからない。)知的にこうやって年を重ねたいよねと思うような方でした。

まず、軽い会話。もう、私はこの日を7年以上は夢見て過ごしていたので、緊張というより、うれしくてうれしくて。落ちてもいいやみないな気持ちでした。出てきた最初の言葉は、「I could finally come here. I'm sooooo glad to be here!」みたいなことをついくちばしって、お二人とも微笑んでくださいました。試験の採点カードには、「この人はゆうに20回は1次試験受けていて、やっと今回ここにたどり着いた。」なんて勿論書いてもらってないですしね。

第一のポイント「印象はすごく大事。」
格好もできればこぎれいな服がいいのではと思います。それと笑顔。私はうれしくて仕方ないという顔をしていたと思います。もちろんそれだけでは合格するわけないんですが、どう考えても英検の合格者は女性が多い。英語という言語の性質上、明るい印象はすごーく大事だと思います。だから、2,3級の面接で口下手な男の子がスゴーク損。男子諸君がんばって!

会話が終わって、次にカードを渡されてそれを読みます。スピーチのお題をカードに書いてある5つのトピックから選びます。なるべく早く一つに絞ってスピーチを構築しなくてはいけません。私の場合、本当に時間がなかったので、他の方々がやられているような周到な準備はしていません。模擬面接を1回してもらって、そのあと、一人でストップウォッチ片手に即興でスピーチを作るというシミュレーションを前日にやっただけ。だから、
選べるお題は実はたった一つしかありませんでした。

それは、「教育」。そこから派生する「家族」ネタでもまあ大丈夫。ママだから、早期教育とか、小学校の英語導入とかは普段から意見を持っている。でもそれ以外でこれだ!といのは全くない。あえていえば、一般的な環境問題ぐらいでしょうか。そう、私は「教育」ネタを狙った確信犯だったんです。(笑)1級ホルダーの方々にも教育ネタがらみは5つのなかにたいてい含まれていると聞いていたので、それ以外は考えていませんでした。実際過去の問題を見てもそれは一目瞭然。たいてい関連ネタがある。5つから選べるのってすごくラッキーですよね。昔はずらっと数人並べられて、2つのうちから選ぶ方式。(夫がそうだった)

第二のポイントは、普段から「得意分野を作る」です。

カードの中にはもちろん、「日本の学校におけるテストの是非について」なんて感じのお題が!やった。それだけ光ってみえました。あとは英語すら読んでいないと言っても過言ではない。(しかし、あのお題を理解するだけでも難しいと思っているのは私だけでしょうか?すみません。)でも、このテーマについてぴったりと想定したスピーチを一度でもしていたかというと、「No.」です。だから即興で作りました。

その方法は、そう「エッセイ編」で書いたとおりのセオリーで作っていきました。
(ご参照:
http://blog.livedoor.jp/angel430/archives/1164421.html

1. イントロダクション 
2. ボディ①
3. ボディ②
4.コンクルージョン

ここで、「1次対策でエッセイを重点的に」が生きてきます。決まり文句を持っているだけでも、間が持つ。少しかえてあるのは、エッセイではもう一つボディがあります。でもスピーチで入れると時間がオーバーしがちなので、あえて2つに減らして挑みました。(練習でもボディは2つでしました。)で、結果は2分に時間が足りませんでした。なんか繰り返し言ったような気がするけどまあいいか。

おもわず、終わって英語で「もっとなにか足して話したほうがいいですかね?」と質問。試験管が「もういいよ。」と言ってくれました。それとともにタイマーの音。(他に時間はかりの担当者がいます。)

ということで、つづきは「質疑応答編」へ。

記事検索
ギャラリー
  • 英語を好きになってほしい
  • 英語を好きになってほしい
  • 終了!2017年春期講習
  • 終了!2017年春期講習
  • 春期講習2週目終了
  • The Sleep Revolution
2017年の洋書本棚
2016年の洋書本棚 50冊
2015年の洋書本棚 60冊
2014年の洋書本棚 35冊
2013年の洋書本棚 50冊
2012年の洋書本棚 95冊
2011年の洋書本棚 50冊
2010までの洋書本棚 34冊
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
  • ライブドアブログ