2011年04月

誕生日

自分の英語はいつになったら取り組めるんだろうかと今日も一日過ぎていきました。

今日は子供の誕生日。昨日からじじばばのお家におとまりです。その間に私は明日の来客に備えてお昼ぐらいまで必死で働いとりました。リビングの整理整頓、お客さんようのタオルとシーツを洗い干す。もうこれだけで午前中は終わり。どっちみちGW明けは子供の小学校の家庭訪問があるのできちんと感がでるようにたまっていた不要な書類などをシュレッダーにかけたりしてました。

午後からは仕事。実は仕事を2件掛け持ちしているので、副業?のほうは休みも関係なく仕事がはいります。だからよく考えたら、GWは私にとって全然お休み気分じゃあなかったです。祭日にも仕事が入ってきました。パパはずっと仕事だし。ヒマがあれば仕事の準備をしないと5月にひどい目にあう。今度は仕事に穴をあけるわけにはいきませんからね。

終わると急いでちょっとスーパーへ行き、お客さんの口にあいそうなもの、とりあえずフルーツとか、シリアルとかを買って帰宅。そしてその足でじじばばも一緒に御誕生日祝いのために子供からリクエストがあった「焼肉」屋へ皆で向かいました。

みんなで帰ってきてケーキを食べてプレゼントをあけて、じじばばとパパはスケートを見て、子供が御誕生日プレゼントの一つである「怪盗ルパン」シリーズの1冊を読んでいるうちに、私はお客さんのベッドのベッドメイク。ホテルの人を尊敬します。シーツはめ込むのめんどいですよね。

110430_2041~01ケーキとプレゼントに喜ぶ娘。








で、あっというまに一日が終わりです。もちろんやろうと思っていた雑用は全部おわりませんでした。
英語どころじゃあないな。

明日はお昼ぐらいに空港にお客さんが着くので子供と迎えに行きます。自転車がうちのチビ車にはいりますように。そうそう、イギリスに住んでいる人なので、イギリス人だとおもったら、どうもニュージーランド人かもしれないということがわかりました。納得。

そうなんです。ニュージーランドの方々って本当にアウトドア。その人を紹介した人も自転車乗り。国でスポーツを愛する、自然を愛する人たちたんですよね~。この前も、NZで滞在したことのある友人のお母さん(NZ人)からメールが来たときに、「自転車に乗り始めて、ツーリングにはまっている。」とのこと。うーん、うちのじじばば達があの服でヘルメットかぶって自転車にまたがる姿は想像できません。でもかっこよかったです。ああいう老後いいなあ。

で、あしたからは一応「英会話」ぐらいはできそうです。まあ、すぐに自転車乗って日本列島横断の旅にでるんでしょうがね~。とりあえずホストがんばってみます。また倒れないようにしないと。

今日もきていただいてありがとうございました。
いい一日をお過ごしください。

ロイヤルウェディングですねえ。帽子は必要?

imageいやあ、ロイヤルウェディング見てますわ。あとちょっとでスケートに変えられる。
きれいですねぇ、キャサリンさん。でも劇やせでミシンが運ばれたとか。ドレスも素敵ですねぇ。おばちゃんは素直に拍手しましたよ。ウィリアム王子が見た時に「Beautiful」言ってましたよね。お父さんにも話していましたねぇ。

イギリスの結婚式には帽子がつきもの。見たことある映像ではそう思います。大好きな映画のひとつ「Four Weddings and a funeral」ごらんになったことあります?あれはチャールズ皇太子をひそかに描いているとも言われている作品ですが、映画はとてもイギリスっぽくて私は大好きです。ヒューグラントらしい映画だし。帽子たくさんかぶってます。

タイトルにもどりますが、かつて一度だけイギリスで友人の結婚式に招待されたことがあります。いつも仲良くしているNZ人(国籍はNZとイギリスを持っている)とイギリス人のだんなさんの結婚式。

うわあ、イギリスの結婚式。何に悩んだかって?

勿論着るものです。まず最初に「帽子はかぶるのか?」imageCAZZACF3
fd8495cc.jpg

ね?←すごいですよね、このかたroyal familyみたいです。女王のお孫さんでしょうね。多分。アン王女の娘さんかなあ。間違ってたらごめんなさい。現代王室にあんまり興味なくて。

しかし、帽子もロイヤル~。めだってましたよね。

右は結婚式でのウェストミンスター寺院にて。いっぱいいますね。帽子なしの方もいたいた。でも少数派でしょ?




そう、自分の体験のつづきですが、

私単身で行くので、着物を着てあげたいけど、無理無理~。外国で着付けはできないよ。独身の頃は友人の結婚式といえば、「あんたは着物を着て受付をするべし。」みたいな仕事をけっこうさせられました。一回はそれに歌も歌わされたことも。それ以来袖を通していないかも。いやおばちゃんには懐かしい昔のお話。10年一昔ですな。

だから、普通のロング丈のノースリーブのシンプルなドレスを買いました。夏だったけど、イギリスは寒いので(この表現であってるんですよ。寒いんですホントニ。)それにお姑さんが薄い黄緑色のパシュミナを合わせて買ってくれて、素敵なパールのネックレスとイヤリングのお下がりをくれました。で、

帽子は?イギリスだしぃ~。

わからないので、まず昔私がホームステイしていたママさんに国際電話して聞いてみました。

(以下は適当なイギリスのグラニーイングリッシュに直して想像してください)

「オホホ。そうねえ、みなさん帽子をかぶることは確かに多いけど、かぶらなくても全然いいのよ。失礼にあたらないわ。わざわざ買わなくてもいいと思うわ。」

そうですか、ちょっと興味本位でかぶってみたい気もしたんですが、持って行くにもねえ。向こうで買うにも大変だし、まあなしで行こう。

あっちにつくとやっぱりむっちゃ寒い。毎回そうなんですが、夏のバーゲンで長袖の上着を買いました。普段に着るセーターも買った。

で、結婚式ですが。

隣にすわった新婦(私の友人)のイギリス人の友人がつばが30センチはあるであろう帽子やっぱりかぶっていました。しかも真紅の。

やっぱり帽子いましたわ。イギリスですね~。

バッキンガム宮殿この前ロンドンに行ったときにやっと入れました。ロイヤルミンスター寺院?最低4回は足を踏み入れてます。ひろいですよね。お墓の有名人探しにいつも夢中です。

いやあ、またイギリス好き人間増えそうですね。

今日も来ていただいてありがとうございました。




発熱

今週もやられました。先週は持病の悪化。今週は発熱。またかって感じですな。仕事もしょっぱなから休む羽目になってしまいました。なんとか穴を開けないように昨日病院へ行って注射もしましたが、熱が下がらず朝もまだ8度台から7度台後半。うう~。一匹狼の非常勤講師はなかなかつらいです、1年後の仕事を見越して働いているので、次回のオファーのことを考えると初めての職場ではパフォーマンス最大で行かないといかんのに。

子供が先週寝込んでいて、看病してくれた私の母もその次に寝込みました。次はやっぱり私にきました。あちゃー。体弱いとソンですなあ。

先週末に持病もましになったので、喜んで月曜日にPB読んで睡眠不足になったのがどうもいかんような気もするんですが、黙っていたら、夫が

「仕事の準備を前日に夜中までしないで自分の休みの前にせんかい!本読むか、ブログ書いてたんだろ!」

バレバレですわ。

仕事の量が増えるとやっぱ年なので体にきます。かなしいなあ。やりたいことがいっぱいでもやれないですね。
今日は熱が下がる午後までずっと寝ていました。それから夫の「本を読む前に仕事の準備を先行すること。」という言葉を思い出して、仕事してました。テストもそろそろつくらないといけないんですよね~。夫が帰ってくる前にブログも打たないとまたおこられる~。

だから自分の英語の勉強は今日もできない。寝る前にちょっと本読みたいなあ。でもまたおこられるだろうなあ。

勉強ブログにしたいのに、病気ブログがつづきます。

連休は皆さんはどうお過ごしでしょうか?
私はお客さんと仕事と英語に費やしたいなと思っています。できれば。でも休養が一番ですね。

今日もきていただいてありがとうございました。
よい一日をお過ごしください。




似たもの親子

なんかまだPCの調子が悪くて、そう。新しいPCが。さっきブログ書いたんですが、更新できない。で、古いPCで新しいPCの画面見ながら打ち直しています。くすん。私ってなんか機会にエネルギー出しているんだろうか。新しいPCはリカバリーまでしたのに。まだおかしい。結局古いほうがまだフル稼働。

今日はパパが会議で遅いし、晩ご飯もいらないとのこと。しかも今週もイレギュラーでピアノのレッスンが7時半に終わる。明日は子供の遠足。予報は雨だが。

帰宅して8時過ぎから晩ご飯して洗い物をする気はこのズボラママにはさらさらない。明日は家族全員の弁当作りだ。遠足弁当だからちょっと時間もかかるし、仕事も早めにいかねばならない。今は洗濯機をまわしながら、ゆで卵を作りながら仕事の準備も横のPCでしている。連休は宿題三昧だよ生徒諸君。

ピアノが終わって2人で子供がお気に入りのお好みやさんへ。ここの「塩やきそば」が好きだそうです。

焼きそばができあがるまで2人で何をしていたかって?

110426_1939~01読書です。

ここのお店は子供用の本が充実しているので、彼女のお気に入り。
今日は「孫悟空」を手にとって読んでいました。

子供が本を読むのでもちろんママはカバンのなかからごそごそと・・・
読書です。

塩焼きそばも一緒にとればよかった。
お店の人はヘンな親子だと思っただろうな。


焼きそばがくるまで無言でひたすら本を読む親子。




4月26日(火)の英語

CNNnews BBCnews 録画。 朝ごはんを食べながら。2回ずつ。

「実践ビジネス英語」English in the Global Era(4) 朝仕事に出る前に放送を聞く

PB
Atonement
Atonement
~P42/372pages
PB姉妹のあっこさんと一緒に読み始めました♪しかし、けっこう難しいような気がします。外で読んでいるのもあるのかな。辞書が引けなかったりするし。描写が多いのが理由でもあると思います。(セリフが多いと読みやすい)
私は映画を見ているので、主要登場人物もフォーカスできますが、読み始めはけっこうつらいと思います。でもRobbinはジェームズ・マカヴォイと違う描写です。彼はそんなに背高くないし~。でも好きなんですよね。

最初の部分は「The House at Riverton」を思い出しました。郊外のイギリスのお金持ちの休暇の過ごし方が同じ。イギリスって感じです。

今日は実ビジ詳しく書いたんですが、もう気力がないので、2回めには打てません~。機械ものとは相性が悪いようです。

今日もきていただきありがとうございました。感謝します。
いい一日をお過ごしください。

The Passion

The Passion
The Passion
クチコミを見る

Author:Donna Boyd
Period:4.18. 4.24. 4.25.2011(About 3days)
Category:Paranomal
389pages

Total recommends:★★★☆☆
Difficulty:★★★★☆
Story:★★★☆☆
Can't-sleep-dgree:★★★☆☆
Mystery-packed-degree:☆☆☆☆☆
Romance-packed-degree:★★★☆☆

基準や感想はあくまで一英語学習者の主観に基づくものです。ご了承ください。

まさにパッション!ドラマチックWerewolfものの元祖?

薬が効いて持病が治まりつつあり、先週は何時間も寝てましたが、そうなると収まらない「PB読みたい病」。
今日は他の英語の勉強をかなぐりすてて、朝早くに家事をがんばって済ませて、朝からPBだけで過ごしちゃいました。というのも、うちにきたPBの表紙は上のやつとは違うヤツで、カバーなしには持ち運べないもの。それにちょっと気恥ずかしいメロドラマでもあるので、今週末にやってくるお客さんの前においとくのはちょっと恥ずかしくって。でも今日読まないと明日からは仕事。で、2日ぐらいで130ページほど読んでいたんですが、今朝から一気に全部読みました。ちょっとく、くるしかったですが一日200ページ以上越えに挑戦しました。いえ、かなり苦しかったです。でも後半は盛り上がっておもしろかったので、一気読みできました。

パラノーマルものを久々に読んだような・・・これはけっこう古いものだと思います。一つ前が結構自伝的なお話で現代が舞台だったので、今度は現実離れした昔風なドラマチックな話を読んでみようと、ロマンスの大家雪柳さんのところで紹介されていたのを選んでみました。今はハリポタやアンダーワールドやらで狼男は当たり前ですよね。あ、ヴァン・ヘルシングも結構好きなミーハーな私です。ヒュー・ジャックマンが気に入っているのか、あの話がすきなのか・・・どっちもー!

パラノーマルで最近でてきたウェアウルフといえば、トワイライトシリーズですね。欧米の方は好きなんですね。これとバンパイア。私も大好き。ポーの一族また読みたい。

舞台は現代のニューヨーク巨大財閥の会長ニコラスの持つある機関で殺人事件が起こる。その殺人は人間が起こしたものとは思えないような残虐な現場だった。実はニコラス率いる一族はウェアウルフ(狼人間)の一族で、敵は人間ではなさそうだった。嗅覚の優れた彼らは犯人を捜そうとする。その中には人間のにおいも含まれていた。犯人は人間なのか。疑うニコラスに父であるアレキサンダーがこの闘いの発端となったある悲劇を語りだす。それは19世紀の華やかなパリ、そして極寒の地アラスカで起こった愛の悲劇の話だった。

この話を読んでいて、ちょっと思いだしたのは、「インタビュー・ウィズ・バンパイア」いつか原書も読んでみたいような気もしているのですが、映画を見ました。あとで見るとやっぱり、「バンパイアがアンライスなら、ウェアウルフはドナ・ボイド」みたいなことが表紙に。そう、共通点ですが、なんか貴族っぽいウェアウルフものです。女性ならでは。ウェアウルフ一族の存亡と禁断の人間とのかかわり、愛憎劇とでもいいましょうか。とてもドラマチックな展開が用意されています。

一気読みするとやっぱり長くかかるものよりは面白みを感じて読めました。ありえない話でも楽しんでしまう私なので、万人受けするかどうかは判断できません~。短い読書遍歴ではまだ判断しかねますが、前に読んだ「Outlander」といい、なんだかドラマチックで壮大なお話です。というワケでついでに最近のウェアウルフものも読んでみようかなあとも思っています。「Shivers」でしたっけ?

ちょっと最近は字を読むのがつらいこともあるので、これは字が細かくて、印刷がよくなくて(字が読めないところもあった)それも苦しかったです。本は新品だけど本があきらかに年数たってる感じもしました。古い在庫のようです。英語もやっぱりOutlanderと重なりました。そんなに簡単ではないような。軽い感じはありません。最後100ページぐらいで電子辞書の電池が切れたのでなしでまたタドキスト読みしてしまいました。電池入れます。

次回はちょっとお客さんが来るのでちょっと見栄はって「Atonment」を読んでみようと思っています(笑)イアン・マキューアンってイギリスの方ですよね。週末イギリスの方がちょっとだけうちにインドから来るので。話のネタになるかもしれないし。

映画見て、原作を前から読もうと思っていたんですが、戦争物でもあるので、ちょっと暗くてね~。あっこさんが読まれると聞いたので、アマゾンに行ってみたら、「あと4点です。」なんてあるとついポチッとしてしまうんですよね。こんなことでもなければ手にしていなかったかも、ブログ仲間に感謝ですね。ありがとう。

ブログを更新できない間に、御見舞いをたくさんいただきありがとうございました!

今日も来ていただいてありがとうございました。
いい一日をお過ごしください。

Still a long sleeper

どうも、新学期の疲れが一気に出たようです。今週になってどうも調子がわるいなあと思っていたんですが、
ついに体が悲鳴をあげて、昨日仕事から帰って3時半からほとんど朝まで寝ていました。持病が悪化すると体を起こすことができなくなります。症状がひどい時に飲む特効薬の効き目は即効性がないので、なんとか復帰するのに一日はかかります。今日は根性で朝から仕事をして午前中がんばったら、なんとか昼ぐらいから体調がましになってきたので一安心。薬が効いたようです。

私が寝込んでいる間は、年老いた体に鞭うって母が大活躍してくれました。しかも子供も熱をだして同時に寝込んでいました。親子だなあ。親子そろってlong sleeper。やれやれでした。

まだ本調子ではないんですが、なんとか動くことができるようになったのでよかったです。
動けないともちろん英語も勉強できないし、子供の勉強どころではない。幸い子供寝込んでいたので、今日の習い事を連れて行く必要がなくなって、かえって助かりました。

ここのところ、家ではずっと寝ていたので英語に触れることができるのは通勤の車のなかだけ。それができただけでもよしとします。PBは1週間でよもうと思ってたんですが、無理は禁物ですね。仕事だけはなんとか穴をあけずに1週間終わってほっとしています。私がいなければクラスは成り立ちませんからね。

病気をすると本当に当たり前のことがありがたく感じます。勉強できる幸せ。家族で食卓を囲める幸せ。家族がいたわってくれるありがたみ。

そして、ブログを更新していなくても、こちらに来てくださったり、中にはメッセージを残してくださるかたのやさしさ。

感謝しています。うれしいです。

今週も感謝の一週間となりました。
週末はゆっくりして来週は復帰したいと思います。

今日もきていただいてありがとうございました。
よい週末をお過ごしください。

A long sleeper

さっき、あっこさんのところで「a short sleeper」のことを知ったので、自分だったら反対だなと思いタイトルにしてみました。

今日は朝から健康診断の結果を取りに車で走り、家に帰って実ビジを15分聞いて仕事に向かいました。

帰宅は子供が帰ってくる10分ほど前。子供がテーブルで宿題をするうちに座ったまま寝てました。気がつくと3時44分。あちゃー。子供のスイミングに遅刻です。急いで車でスイミング教室につけた後はクリーニングやら銀行やらをかけずりまわり、また子供を迎えに行きました。ちょっと15分ほどあいたので、車の中でPBを読む執念の女。

スイミングが終わったら、今度はイレギュラーのスケジュールでピアノに直行。待つ間の40分ほどはマクドでPBを読む執念の女。

ピアノが終わったら、もう7時半近い。今度はパパを迎えに駅まで走る。合流後仕方ないので外食です。二人は近所のとんかつ屋さんがお気に入り。ピアノが先生の都合で変更なのだ。だから主婦は堂々と夕飯をつくらないぞ。

帰宅するともう8時45分。明日は子供のそろばんの検定試験でそろばんの宿題がある。そこから30分時間をはかって模擬テストをしないといけない。ひええ。今日は宿題とそろばん以外は無理。いつもはこれに塾の宿題もピアノの練習も算数の通信教育もする。理科も社会もたまにする。それに加えて本人は読書をする。ほぼ一日一冊。
終わってから、お風呂に入れてばたばたでした。なんか子育てブログになってきたのでこのへんでやめます。

で、子供が寝たら洗濯して自分の時間。いや、眠いのでもう寝ます。
7時間以上寝ないと体がもたない。いいなあshort sleepersの方々。でもこの分じゃ6時間半ぐらいしか寝れないので明日お昼ねしたいです~。

おやすみなさい。

4月19日(火)の英語
CNNnews 朝食を食べながら3回繰り返して見ました。

雑誌TIME 同じく朝食を食べながらエッセイを一つ読みました。あとはぱらぱら。おお、時事英語読んだやん!

病院までの往復1時間ぐらいで実ビジ4/13分をシャドウイング。家に帰ってストリーミングを聞く。

通勤の車のなかで往復4/14分をシャドウイング。

子供の習い事の間にPBを読む。400ページもので今80ページくらい。今回は娯楽に走って(毎回娯楽に走っているような気も)Warewolfのお話。

さっき、実ビジ4/13分の音声と同時読み10回、日本語に訳して、音読10回しました。暗唱したいんですが、もう無理なので寝ます。

本当におやすみなさい。

今日もきていただいてありがとうございました。
いい一日をお過ごしください。

Eat Pray Love

Eat, Pray, Love. Movie Tie-In
Eat, Pray, Love. Movie Tie-In
クチコミを見る

Author:Elizabeth Gilbert
Period:4.5.2011~4.17.2011(About 2 weeks)
Category:Fiction based on the author's experience
445pages

Total recommends:★★★☆☆
Difficulty:★★★★☆
Story:★★☆☆☆
Can't-sleep-dgree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:☆☆☆☆☆
Romance-packed-degree:★☆☆☆☆
Spiritual:★★★☆☆

基準や感想はあくまで一英語学習者の主観に基づくものです。ご了承ください。

アラサー(一応アラフォーも)女性のスピリチュアル入門書?読めば気持ちもすっきり・・・するところも多々ありで、モヤモヤな気持ちを晴れやかにしたいときにいい本

「週末でこの本を読み終えるぞ。」と誓ってやっと読み終わりました。ながかった。仕事のどたばたと共に読み始めたのが悪かったです。もっと一気に読めていればもう少し楽しめたはずなお話でした。

作家として成功を収めている著者ご本人の体験記に近い本とでもいいましょうか。主人公もご本人が実名で出ていて、ところどころは名前を変えてあるそうですが、すべて実在の人物がでてきます。

結婚4年目の彼女は夫との終わりのない協議離婚にけりをつけ、ずたずたの心を引きずって1年の旅にでる。イタリア、インド、インドネシア。4ヶ月ずつ滞在して「自分」を取り戻すために。イタリアではイタリア語を習い、おいしい食事に舌鼓を打ち、インドではAshram(ヨガの修行場のようなもの)でひたずら瞑想に打ち込み。インドネシアではMedicine Manに弟子入りして人生を学び「愛」を再度確認する。そして著者のLizは再び旅立とうとしていた。

最後のインドネシア編はほとんどこの週末で読みました。話の展開も早かったです。著者の体験談なので、すごく納得して読めました。スピリチュアルなお話を毛嫌いしていなければ大丈夫です。結構教訓めいたことがたくさん書いてあるので、「そうよね~。やっぱりネガティブ志向じゃだめだめ~。」と4月前半の忙しさで目がまわりそうな時に癒してもらえてよかったです。

しかし、出版社持ちで1年も「自分探しの旅」に出れるなんて、なんてうらやましい。だいたい欧米の人はもともとHolidayは長期滞在志向ですが、これはすごい。まあ、もうすぐうちにやってくるイギリス人?もよく考えれば、仕事せずに旅を半年以上続けているんだから(今はおそらくインドのムンバイ付近。おとつい「今からラクダで砂漠旅行いってくるね~。」とメールが来ていた。ああ!うらやましい。)それって、結構普通なのでしょうかね。夢ですね~。

しかも、場所も憧れの場所。私は3つの国のインドだけは行ったことがないのですが、行きたくなりますよ~。ガイドブックの側面もあるような気がします。

イタリアのナポリのピザのシーンはめずらしく私を食いしん坊にしましたし、インドのヨガ修行では、いつもYogiの友人に「インドに行こうよ~」の誘惑にのりたい気持ちになりましたし。バリはまた絶対訪れてバリの編んだカバンとか、家具とか買うぞ~と誓ったことを思い出しました。

スピリチュアルなお話なので、著者の精神に対する変化も書かれていて興味深かったです。いろんな宗教が出てきますが、結論は非常に平和的でいいです。さすがバリは神々の住まう土地ですな。

英語は現代の英語なので(アメリカの)、言い回しがネイティブっぽいなあと思うものもたくさん出てきました。著者の独白部分はちょっと難しいと思います。会話は読みやすいとは思いました。バリのMedicine Manの英語は不完全なままの英語で面白かったです。Nice to meet you.とNice to see you.は違うという説明があって勉強になりました。ご存知ですか?

というわけで、今年に入ってこれで記念すべき15冊。がんばりました~。
4ヶ月で15冊がんばって読んでみて、自分に変化が感じられるか。うーんよくわかりません。変化が感じられるまで、限界まで読んでみようというのが今年の私のコンセプトではあるので、まだまだがんばってみます。

しばらくは、ちょっと自分を甘やかして、ちょっと甘め路線で自分を甘やかしていこうかと思っています。ロマンス多し。いやミステリーもたまにはいれようかなあ。

今日も来ていただいてありがとうございました。
いい一日をお過ごしください。

ボキャビル

昨日、おもしろい英文を読みました。語彙についてのことです。入試英語もおもしろいですよ~。ためになる。

語彙は認識語彙と活用語彙があって、(recognition vocabulary とactive vocabulary)認識語彙は読んだら理解できるが、自分で実際に話したり書いたりまではできない語彙で、活用語彙は使用できる語彙。活用語彙は認識語彙の三分の一から四分の一ぐらいに値するそうです。

やみくもに単語だけを覚えても、効果が薄く、それよりはたくさん書物を読んで認識できる語彙を増やしたほうが効果的であるという内容でした。

なるほど~。ということは、たくさん英文を読んだ時に、全部は無理でも、「これは」と思う言葉の辞書を調べては忘れの作業が実は認識語彙をはぐくんでいるのだということに気が付きました。

以前ご紹介した「イングリッシュ・モンスター」の著者の方も実践していたのはまさにこれですね。NewsWeekを読んでひたすら単語を調べて読む日々。

私の場合は時事英語ではありませんが、PB読んでいるときに、余裕があれば辞書で単語を調べます。ただ電子辞書で単語をひくだけで、メモもとりません。何度も出てきてなんとなく覚える場合もある。これが認識語彙になっていっているのですね。

英文を読んでいて、日本語にはならなくてもなんとなく、ネガティブなシーンでこの単語は出てくるとか、この副詞は後ろの動詞を強調してるのねなんて調べずに過ぎ去っていく単語も多々あります。特に内容にのめりこんでいるときは調べないことも。それでも「数うちゃ当たる」方式は遠回りのように見えてそうではないことに気が付きました。

あと、覚えた1級単語がPBにはバンバン出てきます。それをまたなんとなく認識しなおす機会にもなっています。これが大きいかも。

でも、「まったく単語を調べずに読む」というのには、そんなにうなずけないです。決定的な単語がわからないと意味がわからないということもありますからね。単語を調べすぎても内容に入っていけないし、まったく調べなかったら深い理解につながらないし。私はその間でいいんじゃないかと思うんですが。私は「なんとなく調べる派」を名乗っときます。机に向かう暇もあんまりないですからね~。ほんとは積み上げられているTIMEを活用すべきなんですがね~。いつになったら購読期間がおわるのだ?もしかして勝手に自動継続になっているのかな。謎です。

ただ、英検に関しては、認識語彙の蓄積を待っていると膨大な時間がいるので、コアの最低1000個ぐらいは「無理やり覚える派」の平行しての勉強がいいのではと経験で思います。英検の単語はのちの「英語読書」に必ず役に立ちます。

そうなんです、こんなこと言ってしまっていいのかどうかわかりませんが、やっぱり英語をやればやるほど、「語彙」って中心に位置しているんだなと思います。強引ですが、入試英語も単語の意味さえわかれば解ける。受験生は文法や構文を叩き込まれているのに「英文解釈」ができなかったりする。のこるは「語彙」。これがわかれば、あとは国語力。時代に逆境しているといわれても自分で英語勉強し続けて実感してしまっているんだから、どうしようもない。

「語彙」大事だと思います。

えらそうなこと言ってますが、まだまだ「認識語彙の旅」の途中な私。終わりはないですね。一緒にいかがですか?

このところ、自分の英語より、人の(生徒の)英語ばっかりに時間がとられるので、なんとか仕切り直ししたいと思っています。自分の子供の英語もまったくできない。国語と算数で精いっぱい、でたまに理科と社会をするのでますます英語まで行き着きません。なんとかせねば。

今日も来ていただいてありがとうございました。
よい週末をお迎えください。

一生勉強

新しい職場で授業を初めて3日目。少しずつ周りが見えてきます。毎日ちょっとでも英語に触れようと頑張ってきた日々。去年念願の英検1級も無事受かりました。でもそれが終わりではなくて始まり。

新しい環境なので周りのみなさんがすごくできる人に見えます。大学で英語を教えてらっしゃった方。当たり前のようにPBを読んでいる方。有名な英語書籍の執筆にかかわっていらっしゃる方。通訳ガイドをされているらしい方。そんな中に入れてもらえて、いいクラスを担当させてもらっていることに身が引きしまる思いです。まだまだ修行しないといけないなと思いました。

私の仕事はいい意味でも悪い意味でもある意味実力勝負。結果をださないと次の仕事が回ってこない。特に今回はそうみたい。だから常に自分の実力をあげておかないといけません。それがこの年になってまで勉強しつづけてきた原動力の一つかもしれませんね。

マイナスから始めた英語の学習。だからこそできない子供たちの気持ちに寄り添えると思って日々自分もがんばります。自分が1級もっているなんて思えないほど自信を無くすこともたくさんあります。

ひとつひとつ積み上げてまた降りて、積み上げる。

ずいぶん昔、占いをたまに生業とされている人が私を見てそのあと手を見ていいました「あんたは一生勉強する。」その時は「へえそうなんだ。」と流していたけど、振り返ると今までの人生その通りでした。それでもまだ一人前じゃないと思う日々。

一生勉強ですね。

4月14日(木)の英語

今日は車の通勤中しか英語がきてない。しかも、かえってきて子供が遊びに行っている間に久々に爆睡してしまいました。昼寝復活。でも、それで英語の時間の確保ができない。なんとか料理しながら英語聞こうと思い、これ見つけました。PCを台所に持ち込んで夕飯つくりながら聞きました。
BBCラジオのワールドニュース。時間も20分ぐらいといういい感じの時間。流し聞きなので、ええかげんですが、何もしないよりまし。最後のほうでたまたま耳に入ってきたのは、キャサリン・セダ・ジョーンズが乳がんの治療をしたとか。

http://www.bbc.co.uk/iplayer/console/p00fwm5p

PCに詳しい方だったら、これをipodとかに取り込んで聞いてらっしゃるんでしょうねえ。アナクロな私には無理無理~。台所で聞けるようになっただけでも御の字です。

雑誌「TIME」あれこれ短い記事を朝ごはん食べながらざっと読みました。

「実践ビジネス英語」4/6分

放送を聞きました。やっと1つ聞けました。子供がパパとお勉強をしている間に。
PB

Eat, Pray, Love. Movie Tie-In
Eat, Pray, Love. Movie Tie-In
クチコミを見る
~281p/445pages
最後に、ちょっと英文法またおさらいしようと子供を寝かしつけるときに、PB読もうか問題集しようか悩んだあげく、夫が「PB読んだら?」という一言でPBもってベッドルームへ。インド編が終わりました。インドに行きたくなったなあ。友人のYogiと行こうかなあ。そのうち。次はインドネシア、おそらくバリかな?ミーゴレン食べたい。

今日は人生初の新記録。3日続けてお弁当を作りました。私にとっては快挙です。(情けないですよね~)夫に「弁当?もうやめてくれ~。」と叫ばれました。我が家ではそれほどすごいことらしい。目覚ましなしで朝起きれるのも快挙。それだけ緊張してるんですな。来週は無理かも~。

今日も来ていただいてありがとうございました。
一緒にがんばりましょうね!


記事検索
ギャラリー
  • 英語を好きになってほしい
  • 英語を好きになってほしい
  • 終了!2017年春期講習
  • 終了!2017年春期講習
  • 春期講習2週目終了
  • The Sleep Revolution
2017年の洋書本棚
2016年の洋書本棚 50冊
2015年の洋書本棚 60冊
2014年の洋書本棚 35冊
2013年の洋書本棚 50冊
2012年の洋書本棚 95冊
2011年の洋書本棚 50冊
2010までの洋書本棚 34冊
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
  • ライブドアブログ