2011年07月

つぶやき TOEIC 300時間 100点

夫がTOEICの講演会を聴きに行ってきました。職業柄そういう情報が必要。

今は高校生は高校によっては英検受験が義務付けされているところあります。
TOEFL受験なんて学校も。先生も大変です。

で、公演は有名な千田先生。とってもおもしろかったそうです。

「一日1時間で365日のところ、65日は休むとして1年で300時間で
TOEICの点数が100点あがるそうや。」

英語勉強してて、英検やTOEICを受験している人ならそれ、知ってる情報ですがね。

おかしいなあ。私月に4冊PB読みます。、それで月にだいたいだけど平均で40時間弱。
それから通勤で1,5時間ぐらい英語きいて、週に3,4日は英語ニュース月で30時間ぐらい?
英語の勉強時間は70時間ぐらい?うーん、数か月で100時間を超えますね。

TOEICの点数はあればすでに1000点をゆうに越えているはず(笑)

いや、私の場合は1000時間100点かも。力がついたと感じるのはいつの日か。

もうすぐやっとPBが読み終わります。目標の7月いっぱいの自分につけた締め切りを守れそうです。
でも昨日は午前中と夜全部で6時間読む羽目になりました。あと45ページぐらい。なんとか読めるでしょう。
時々、「こんなことしてほんまに英語力ついてんのんか?」と思うこともないわけじゃあないんですが、これ以外で英語を超大量に自分に入れ込むベストな方法はないですし、のめりこめる方法もないですからね。TOEICの
問題を一日6時間やれないですもんねえ。

締め切りを作る。これけっこういけると思います。

今から子供のポケモン映画に連れて行きます。今日はお友達のお母さんも一緒(夫の同僚の英語の先生、ご主人も英語の先生)旦那と3人(4人?)で大人組はおしゃべりしてきまーす。PBも読みたいけどなあ。

つぶやき 半分夏休み

今日は朝から仕事で、また5時半に起きれました。しかも目覚ましなしで。やればできるじゃん。でも4日でゆるして。今日で終わりです。う、うれしい。半分夏休みです。家庭教師はまだ続く。明日も行きます。

朝から仕事してお昼に帰宅、ご飯食べて10分ほど仮眠して(こどもが横で本を読んでいて、起こしてくれました。)子供の夏期講習に向かいました。夏期講習を待つ2時間弱の時間はPBタイム。でもなかなかすすみません。いつもの倍かかります。

夏期講習を終えて帰宅したら、カバンをかえて今度は家庭教師へ。センター模試一緒にといてたら、間違えた。(汗)くやしいなあ。

帰ったらもう8時半でした。今日はおばあちゃんが来てくれていて、私の代わりにカレーを作ってくれました。もう今日は近所で軽く外食かあと思いながらかえってきたので、感謝です。そういう時はおいしく感じますね。迷惑ばかり。

こどもが寝てから締め切りのある英文解釈の問題を仕上げていました。添削してもらえるようなので、がんばって打ちました。ぜえぜえ。明日パパが持って行ってくれる。

でも、なんか英語の勉強になってるんだろうか?と思わないこともないけど、時間もかかるけど、いい加減読みもよくないのでがんばります。

明日も子供の塾。またPB頑張っています。しかしまだ半分弱。目標は7月いっぱいなんですが、間に合うか。といいながら「次は軽めのだよね~。」と言いながらアマゾンを物色。パパに「はよ課題仕上げたら?」と怒られました。読みたい「Forever」は8月5日の予定。無理ならもうキンドルっとこかなあ。「大聖堂」という声も何人かのかたからいただきました。いや、次はヤングアダルトがライトノベルにしときます。今のがんばってるし。(笑)

今日もお越しいただきありがとうございました。
よい週末をお過ごしください。

近道と遠回り

昼寝する毎日に自暴自棄になっているわたしです。いつもより早く職場につかないといけない日々なんですが、ちょうど通勤ラッシュに巻き込まれて、時間が読めない。で、今日は5時半に起きてスタンバイ。というか自然に目がさめて、そこで2度寝するともう大変なので、ソファでぼおっとしてました。それから仕事に行って帰ってきたら、もう朦朧としていておそいお昼と食べるとバタンキュー。起きたら夕方でした。がっくり。

昼寝してる横でいっしょに横になって子供はマンガ読んでいた。あ~あ。

子供が寝てからパパからもらった宿題をやってみましたが、ハリポタの記事でも苦しんだけど、これまた苦しんでいます。

英文が超難しいわけではないのに、ちゃんとした日本語になりません。くうううう。

でも、それを乗り越えないと実力はつきません。子供たちにも偉そうに言えない。奥が深い。英文解釈。いままでなかなかできていないこと。「深く理解すること」に取り組んでいます。

なにが難しいかって。「動き」です。
最近は洋書をよく読むので、頭に映像がけっこう浮かんだりするんですが、正確さを求められると苦しい。
描写や細かい動きを的確に日本語でとらえるのが難しいなと感じます。「こうやって頭をこっちに向けて下を向いている状態」をもっとちゃんとした日本語にできない。

明日で仕事の一つがやっとひと段落。家庭教師に連日いかなくちゃいけないんですが、少しでも自分の英語力をあげたいなと思っています。

まだまだ続く修業。がんばります。

それぞれのアプローチがありますが、どれも近道でもないし、遠回りでもないと思います。
自分が信じた道をコツコツ歩いていくことが大事。もちろん軌道修正したってかまわないですがね。そこで
損したと考えないことが大事だと思います。

「遠回り」って必然だったりするんじゃないかと思います。

いっしょにがんばりましょうね。

今日もきていただきありがとうございました。

師匠の宿題

今日もお越しいただきありがとうございます。
さっきブログ仲間の主婦さんのところいったら、1周年とのこと。おめでとうございます。主婦さんとは「英検1級合格同期」。去年の夏に合格したんですよね。で、私も同じくそれを機にブログを始めました。ちょっと前まで「おお、もうすぐ1周年。よく続いたものだなあ。」と感慨深く思っていたにも関わらず、

すっかり365日過ぎたことも忘れておりました(笑)なんか最近いろいろ忘れてます。今日も銀行に入金するのすっかりわすれて走りました。忙しいの合ってないんですよね。のんびり型だから。

先日私が急に考えなしに好きな記事の英訳(TIMEのハリポタの記事)をしているのを見て今日夫が私に宿題を持ってきました。めずらしい。

「勉強する気になったんやな。これやり。」いや、前から勉強してるぞ。でも、時々やっていた「英文解釈教室」止まっているな。眠くなる。

「・・・。」

こちらのブログでは言っていませんでしたが、こっそり言いますが、(どこが?)実は夫も英語教師です。
受験英語に関しては「師匠」と読んでいます。謙遜を差し引いたとしても実力はぴか一です。くやしいけど。

だから、高校英語に関しての一つの目標は
「夫と並ぶもしくは超えること。」です。む、無理かも。

夫は大学生の時に(大昔)英検1級をとっていたので、私にとっては1級は悲願の?1級でした。でもずるい、昔と今では全然レベル違うぞ。だから語彙とリスニングに関してだけは私の方が上です。えっへん。
だから私が英検に苦しんでる時はずうううっと応援団長になってくれました。いやな顔ひとつせず。感謝です。勉強をみてくれたわけではなく、面接の練習に一回付き合ってくれたぐらいなんですがね。それ以外で多大な迷惑をかけていた訳で。いや今もかけてますが。

その師匠が

「勉強したいんやろ、これやっとき。」

「・・・。」

職場から専門誌の英文解釈講座を持ってきました。しかも締切つき。
それにはいろんな大学の先生の「先生のための夏のおすすめ洋書」の特集も。読んだことある本もちらほらあったけど、「そんな高尚な古典よめまへん。」みたいのもたくさん。ほんと人によってお勧めの本も千差万別。記事の一つにあったんですが、日本の本屋さんの洋書コーナーではいまだにハリポタの1巻がよく売れているそうです。なぜみなそこで止まるのだ?

宿題?週末までにがんばってみます。

7月27日(水)の英語
「実践ビジネス英語」
通勤で聞き流し。朝早くに行かないといけなかったので、眠気が勝ってしまい。ガムを口に。シャドウイングはあんまりできませんでした。いつになったら、これが普通に聞けるのか。難しいですね~。

英語読書
The Help
The Help
クチコミを見る
Kindleで30%ぐらいまで行きました。これはミシシッピの黒人のメイドさんたちの独特の英語があるので、難解な単語というより、独特の言い回しに慣れるまで大変でした。やっぱりネイティブの人が普通に読むベストセラー本は時間がかかります。くやしいな。でも修業の旅は続けまっせ。これで30冊記念だし。

ここで突然ですが、ショックなことが。

昨日、子供の塾を待っている間に読もうとKindleを出そうとしたら、手が滑って床に激突!しかもすごい衝撃で。拾ってみると一か所ひん曲がっていました~。えーん。一応今のところ読むのに支障はないんですが、がっくり。やっぱPBのほうがいいかも。元取れるまでもつかなあ。

今日は朝から仕事で帰ってきてお昼ご飯をたべて、ちょっとお昼寝したら子供の習い事二つと、子供の病院でした。昼寝の代わりに英語ができたらなあ。と遠い目になります。

明日もいい一日でありますように。
明日も英語一緒にがんばりましょうね!

All is last. All is well. さよならタイム

ずっと疑問に思っていました。「いつまでもTIMEが毎週やってくる。」

TIMEを購読し始めたのは昨年の2月。英検1級勉強用に。で、TIME効果が出たのかどうかもわからないままに
偶然?1級に合格しました。だから真面目に?読んだのは(もしくは眺めたのは)3,4か月。あとはリビングのコーヒーテーブルの飾りです。だって難しいんですもの。すみません。

それでもたまに興味のあるのは音読したりしました。あればそれなりにやるもんですね。
でも、職場が変わってそんなことすらできなくなりました。結構真面目にやっていた実践ビジネス英語も聞くだけの日々なのに、TIMEまでは行き着かない。(言い訳)

購読は1年ぐらいだと思っていたら、その後も届く。いつ終わるんだ?
先週やっと「今継続したら安いで」の手紙が届きました。ということはもうすぐ終わりなんですね。

そう思うとちょっと真面目に読んでみようと興味のある「短い」記事をちょっと前に読みました。

「・・・」む、難しい。なんとなくわかるではちょっと悲しいので、真面目に辞書引いて読んでみました。ハリポタの記事。映画のキャッチフレーズが'All is End'なので私もTIMEに対してAll is End'!(日本のポスターでは「これが最後」とあったような?)だから丁寧にがんばってみました。

汗の努力の結晶を出しときます。でも、ええかげん日本語なので、ご容赦くださいね。興味のある方のみ。
英語は矢印したです。ハリポタを知らないとわからないような表現がいっぱいのような気がしました。

All is Wellharry_potter2_0707
angelのええかげん日本語訳

 「終わりよければすべてよし
ハリーポッターシリーズの本や映画を見て育った何百万人もの世代や、そうでない私たちにとっても、架空だが皆を魅了するある青年の成長―ハリーポッター―の魔法使いの世界はユニバース教育としての代替案だとも言える。

読者は本の世界に入り、「the boy who lived」(=ハリー)の永遠の友人としてホグワーツで入学許可を受けて自分たちの日常生活から抜け出すことができたのだ。

ハリーはクィダッチをして子供時代を過ごして育ち、(あの1年生のころのなんと無垢なこと!)魔法の呪文の勉強に必死になって、最も強大な存在であり、ハリーの命を狙う闇の帝王ヴォルデモードとの対決に備えていた。

ずっとその間、私たちは本や映画の中に入り込み、「透明マント」を着てその少年の味方になっていたのだ。そしてハリーがロンやハーマイオニーや(読者の)私たちという、とても仲のいい友人との絆に頼っていいんだという気持ちを胸にしながら。

偶像視されるものとそうでないものの最近の冗談めかした映画の中で、これらの尋常でない終焉を迎えるファンタジー大作であるハリー・ポッターの作品は確固たる一枚岩のようなファンーJ.K.ローリングの魔法世界の7部作を読んでいるすべてのファンーのおかげで利益が得られるのだ。

映画製作者たちはグリンゴッツの金庫を現金で、その金額は64億ドルの映画の収益となり、さらに家庭用ビデオの売り上げが加算される。発表されていないその金額を含めた額で埋め尽くすことができたのだ。そしてまだあった。あらゆる媒体を使用して入ってきた収入、(広告やら)などを計算していなかった。

代わりに、製作者であるデヴィッド・ヘイマンとそのチームは自分たちの役割を畏敬の念を持ってスクリーンに映し出されるローリング氏の10代のヒーローを導く神聖なる話とそのミッションを管財人として見たのだ。映画史上18時間以上の最も長いシリーズものの映画として計画され、総製作費の予算はゆうに10億ドルを超るシリーズは途方もない野望を達成したのだ。子供がトイレ休憩なしのぶっ通しで2時間半通して座って映画が見るることができることも証明された。誰が想像しただろうか、この映画の大成功が映画で尿意を催すことを克服させることができたなんて。

ハリーの物語は7冬を越して語られた。しかし我々にとっては10年なのだ。小説は1997年から2007年にかけて発行され、その映画は2001年から今までかかった。3人の主人公たちは人生の半分を役柄を演じて過ごしてきた。私たちはダニエル・ラドクリフの胸毛が生えてきたり、エマ・ワトソンの胸の谷間が膨らむといった成長を見届けてきた。シリーズ自体も成長した。第3作「アズカバンの囚人」はアルフォンソ・キュアロン監督のもとで本当に、自信にあふれたタッチで映画化された。

そう、これで終わりなのである。ついに。ハリーの最終学年は2年かかった。映画は前後2作に分けられたのだ。ローリング氏の最終巻である「ハリーポッターと死の秘宝」は合わせると4時間半以上を前編、後編に分けられたのだ。前編は昨年の11月にリリースされ、「The Dawdling Hallows」(だらだらと長い退屈な宝探し)などと呼ばれた。それはハリーたちが森の中や撮影されたシーンの中で最も高地でとられた絶壁のシーンなどでうろうろとさまようだけの内容とされた。

「死の秘宝2」では1作以外すべての脚本を担当した脚本家のスティーブ・クロブスと監督のディビッド・イェーツが最後4つの映画を陣頭指揮したが、彼らはローリング氏の300ページにも及ぶハリーとラルフ・ファインズ演ずる威厳があり、かつ邪悪な蛇面のYou Know Who(=悪の帝王ヴォルデモート)の二人の死闘をスクリーン上に描いた。戦い映画として特化して「ハリーポッターと死の秘宝パート2」は子供たちの悪の帝国に対する十字軍的な徹底抗戦を遅咲きのヒーロー達(ネヴィル、我々はほとんど君のことに気が付いていなったんだ。)と共に描き出している。そして超有名人の脇役たちを引き連れて。しかも彼らの出番はほんのちょっとなのだが、それがこの映画のシリーズを肉付けしていている。おそらくこの世代でもっとも継続して出演してきたイギリス人俳優達に対して、他に例を見ない活躍の場を与えた。ダンブルドアのマイケル・ガンボン。スネイプを演じたアラン・リックマン達が最後のカーテンコールに応じたのだ。

「ハリーポッターと死の秘宝part2」はその感情のほとばしる(この映画単体の)頂点としてではなく、ヒット作品一連のクライマックスなのだ。どのようにシリーズものが質や印象において原作を凌ぐことができるのだろうか。たいての視聴者はすでに原作を読んだときに頭の中でローリング氏書いた原作にかなりくわしく彼らの想像力を働かせて自分の映画版を描いているのだ。映画がローリング氏の原作を再び読んでいるような豪華な映像を与えてくれたのはよかった。というか、素晴らしいものとなった。

今や大方の撮影で使われたセットは解体されてしまい、キャストやカメラクルー達は最後の涙の別れの抱擁を交わしてちりじちになった。私たちの旅も終わってしまったのかもしれない。しかし映画は「しもべ妖精」(=話の中で出てくるクリーチャー)のようにDVDという終わりのない記憶装置の中で私たちの心に住み続けのだ。学校(魔法学校のホグワーツもしくはハリポタ映画のことを示す)は終わったが、私たちの心の中にはいつもホグワーツがあり続けるのだ。


ぜいぜい。訳すって難しいですね。こんな大それたことするんじゃあなかったと後悔しました。bladder imperativesってなんだ?もうええ加減解釈です。また一から出直してきます。ほんとは今日は久々に「英文解釈教室」でもやろうとおもったんですが、あれ眠くなるので好きな題材でやりにかかりました。修業のたびに出ますわ。まあ「さよならTIME」記念で。もうやらないぞ。


7月25日(月)の英語
BBCnews
 朝ごはんを食べながら。ノルウェーの事件が主なニュースでした。夏のキャンプが血の惨事に・・・。こわいです。最後は27歳のエイミー・ワインハウスという歌手が亡くなった訃報でした。最初キャロル・キングの声が出てたから、「これはキャロル・キングの若いころの映像なんか?」(キャロル・キングの歌は知っていても、写真じゃわからない私)と1回目はわからないまま終わり。2回目で理解できました。エイミーの訃報に対しての電話インタビューに答えていたようです。

「実践ビジネス英語」7月20日付け分
14日と15日をきこうとしていたら、洗濯物を干していて10時に切り替わるのをすっかりわすれてしまいあました。がっくり。ストリーミングをきいて、英文→日本語にしてから、10回音読しました。これ以上は今日は無理でした。

雑誌「TIME」上の訳です。
ぜいぜい。あの記事に対してですが、1回目にさらっと読んだときに、「これは皮肉って否定的な文章なのか、肯定的な文章なのか」すらわからなかったです。最後の数行で悪いことはかいているわけではないんだろうと思ったんですが。でも、私はネヴィルは好きでしたよ。気が付いてなかったの?

しかし、久しぶりに「訳読」勉強をしてわかったんですが、書下し文を打っているときに、前から読んで日本語を打っている自分に気が付きました。英語読むときに前から読んでいるんですね。日本語を英語の語順で打って、日本語の語順に変えることが多かったです。あと、原作読んだり映画見ていない人にはわからいだろうという言葉はカッコで加筆してみました。原文の中でのかっこもあります。

しかし、自分の日本語自体も怪しいことが露呈しました。この年になって。訳とディクテーションはやれば力がつくんでしょうが、いかんせん時間がかかりすぎてママには無理ざんす。

英語読書
The Help
The Help
クチコミを見る
子供の習い事を待つ間。5%しか進んでいません。舞台はアメリカ南部。まだ黒人差別が強くのこっている中でのお話。ナレーターがThe help(黒人のお手伝いさん)です。なんか読んでて・・・全然英語は違いますが、
Jamie Fraiserを思い出しました。訛りが・・・。しかもこれは文法もちと違うし、略語が多い。時間がかかりそうです。

明日は仕事に子供の講習。ううう。がんばります。
今日もきていただいてありがとうございました。

明日もがんばりましょう!

英語読書日記 Linger

Linger (Wolves of Mercy Falls)
Linger (Wolves of Mercy Falls)
クチコミを見る
Author: Maggie Stiefvater
Period:July 21th~July 23th
Category: Young Adult
416ages

Total recommends:★★★★☆
Difficulty: ★★★☆☆
Story:★★★★☆
Can't-sleep-degree :★★☆☆☆
Mystery-packed -dgree★☆☆☆☆
Romance-packed-degree:★★★☆☆

これはひとつのラブストーリー

今までこれほど多くの愛の形があって
それぞれの愛によって人が違う行動をすることなんて知らなかった

今までそんなにたくさん「さよなら」を言うすべがあったなんて知らなかった
(本文より)

あらすじ
GraceとSamは不思議な縁でつながれている。Samはかつて「オオカミ」だった。Graceが幼少の時にその「オオカミ族」にかまれたときに狼だったSamがGraceの命を助けてからの運命。GraceはSamのようにオオカミになるはずが、その後父親の車に置き去りにされたときに高熱を出したためにその作用が体のなかかで止まってしまい、人間の姿をとどめていた。人間の姿になったSamと生きていく決心をしたGraceだが、状況が変わろうとしていた。Graceの両親はSamを煙たく思うようになり、ある日Graceが高熱を出したのがきっかけで部屋にSamが毎晩泊まっていることが両親に明らかになってしまう。それが決定打となり二人の交際は強く反対され、二人は共にいることが難しくなっていった。

そして、Samの父親代わりで、オオカミから人間に変わる最後の季節を経てオオカミに完全になってしまったBeckがSamと仲間のために新しくオオカミにした人物が現れた。しかし、彼らの「Shift」(オオカミと人間の間をいったりきたりすること)はいままでのパターンと違っていた。新しくオオカミになったColeにSamは違和感を感じる。

そしてGraceとSamに訪れる運命。それはMercy Fallsに訪れる季節と共に移り変わろうといていた。

これはwarewolfのお話で「Twilight」を好きなら、きっとこれも・・・。みたいなキャッチコピーがあります。人間が狼男(女もあり)に変身するお話ですがから、ヴァンパイア同様、パラノーマルの分野なんですが、そのパラノーマルというジャンルが本当にふさわしいのかなあと思わせてくれるお話です。

人間でない主人公が超人的な力を持つわけではなく、ただひたすら悩み、苦しんでいきます。普通の人間が恋して悩み苦しむのとなんら変わりなく。「狼になる」というその非現実さがまるで現実にある、あるウィルスに感染するといった一種の「病気」のように扱われていて、そのハンディを背負って人生を歩んでいくといった形です。だかこそ読者がとても感情移入しやすい。

1巻よりちょっと話が複雑になっていて、語り部が増えます。だから1巻で主人公二人に焦点があてられていたのが、他の個性の強いキャラクターの視点によってちょっと二人のちょっと押したら崩れてしまいそうなfragileな雰囲気が少しぼやけた感じではあります。それでも切ないですがね。1巻のようにSamが今すぐにでもどうにかなるというハラハラ感がなくなって、ちょっとスローテンポに感じました。強力な新たなキャラクターの出現によって、もちろん主人公二人の場面も減るので、散漫な感じはしかたないです。

最後の最後の30ページほどですごい展開になって、「もうこれ以上Samをいじめないでぇ~。」状態に。あまりにも悲しすぎ。いつもいつも悲しみを背負って、Graceと過ごすことで時折見せる幸せに、「このまま続くのかな、この幸せ」といった感情を読者に与えるはかなさ。これがこの本の魅力なんでしょうね。

英語は1巻よりは難しいと感じました。★は前は1つでしたが、2ツ半ぐらいの感じ。若者向けって巻が進むにつれてちょっとずつ難しくなっていく傾向があるんでしょうかね。まだ数こなしていないのでなんとも言えないんですが。表現は1巻同様詩的だと私は感じました。1巻は冬の息が見えそうな感じ。2巻のテーマは「熱」かな?と思いながら読みました。すごく素敵だなあという表現がたくさんあるんですが、メモして覚えているのはこれだけ。家で最後らへんを読んでいた時。(あとはすべて外で読んだので)

I closed my eyes and opened them again. In between I saw  Victor. 

単語はけっこう調べました。特に医学っぽいのを。英検単語っぽいのでわかってるといいかもと思う単語は、

nausea むかつき
contemptuous 軽蔑する
rock-bottom どん底の
pang いたみ
cathartic 精神浄化作用のある
ooze にじみでる
gullible だまされやすい
lethargic 眠い
touche (仏)1本!参った!やれれた!(これ使ってみたい)
vindictive 復讐心に燃えた
catalyst 触媒
syringe 注射器
vertebrate 脊椎
penchant(仏)強い好み
albeit にもかかわらず
concoct でっちあげる

全部あげるときりがないので主要なもの。この半分以上は1級で見たことある単語です。「忘れたらまた出会う」これ私のモットー。

私は1巻は切なくて何か所か涙しちゃったんですが、2巻は泣くほどではありませんでした。ファミレスで読んでちゃあ泣けませんけどね。ごめんなさい、子供を待つ間に2時間以上長居したおばちゃんは私です。でも、そこで他の人が食べてるのを見て、また夜近所の違う支店に行って「夏カレー」食べたからゆるしてええ。(仕事で夜になったので今日はしかたなく外食)

で、ラストは?1巻と同じく何とも言えないミネソタの風が心に吹きます。Samの幸せを願うよ私。ほんとに。3巻読むよ。アマゾンさん早く届けてくださいね。

1巻で終わってもいいし、二人の愛の行方が知りたい人は2巻を読んでもいいと思います。そして
次は3巻。これは終わってよね。Fallenシリーズに裏切られた私。映画化されるそうですね。あれはゴージャスになるだろうなあ。ダニエルはだれがするんだろう。

そうそう、PB姉妹がじわじわと増えつつあるような?(笑)
うれしいかぎりです。

Join the Club!

今日もきていただいてありがとうございました。

センターの物語文が好きだった

今日も朝から仕事。今日は家庭教師。受験生なのでセンター試験対策をはじめました。いやあ、TOEICもこんなんだったらもうちょっと受ける気になるのになあ。以前はは長文はグッとくる内容もありました。あれだけ短いのに感動できるなんて。いいですよね。あれ速読の練習になるんじゃないかなあ。でも最近のトレンドは変わってきていて、論説文が中心。哀しいなあ。

お昼に帰宅してまた急いでごはんをかけこんだら、今度は子供の塾の夏期講習へ。いつもより短い時間なのでいったん帰らずに塾の近所で待機。もちろんその間は「読書」タイム~。ケンタッキーでビスケットとホットミルクティー。これがクロテッドクリームとブルーベリージャムがたっぷりついたスコーンとなんとも荒っぽい味だけど、いい味のミルクティーだったらなあと思いながら読書にふけりました。イギリスでお茶飲むと味が違うのは「水」のせいですがね。日本ではお目にかからない、スーパーで売ってる安物のティーバッグがもう切れてしまって残念です。ティーバックが丸いんですよね。何て名前だったかなあ。こんなしょうもないことイギリスの友人にメールして聞くのもなんなので、まあいいか。今年いくつもりだったのになあ。

講習から帰ったらまた爆睡。これがなければ今頃はもうちょっと「できる女、いやおばちゃん」になれたかもしれないけど、まあしょうがない。だから今日はそうめんと買ってきた天ぷらです。(言い訳)

でも運動はちょっとつづでも欠かさずしてますよ~。昨日は冬の分厚い靴下履いてねたらちょっと楽なので、今日も履いてねます。


7月22日(金)の英語
CNNnews
踏み台昇降運動をしながら。久々のCNNでした。最近これがABCnewsにとって代わられて録画されています。私は3つのニュースを取り混ぜて見れていいんですが。それぞれ違って面白いです。でもいつになったらもっともやもやなく見れるよううになるんでしょうかね。

実践ビジネス英語 
通勤の往復で5レッスン分のビニエットをぼやっと聞く。子供が講習の間に前回の5回分を車の中で音読する。最後に子供が塾の宿題をパパとしているうちに久々に7月13日分のレッスンを別室で聞きました。いやあワイヤレス便利。でも勉強の途中で二人でいろいろこっちに報告にこないでいいんですが。今もことわざの練習をこっちまできてわざわざ二人で「発表会」しに来てくれました。

英語読書
Linger (Wolves of Mercy Falls)
Linger (Wolves of Mercy Falls)
クチコミを見る
 ~200p /416pages  
子供の夏期講習を待つ間に80ページほどと、子供が寝るまで横で読んだんですが、だいたい、10~20ページほど読みました。

1巻より少し時間がかかるような気がします。登場人物が増えてますな。あっこさんが楽しんでるの読んで思わず今日3巻注文してしまいました。2~5週間かかるとのこと。PBなので。早くきてええ。この前kindleでサンプル頼んだ「The Help」が何を間違えたら、1冊ダウンロードしてました。まあいいかどうせ読むし。しかしとにかく合間を縫って「本を読むおばちゃん」してます。

今日も来ていただいてありがとうございました。今日は珍しくパパがエアコンのリモコンに手を出さない。「僕だって我慢できるときはできるやろ?」この涼しさで偉そうに言ってますわ。

い、今パパがテレビのをつけたら「ハリポタ6」がやってるじゃありませんか!しまった録画しとけばよかった。今からちょっと見ますわ。うちのテレビ英語にして字幕モードにできるんです。私は英語だけでも無理やりみちゃうんですが(全部はわかりませんよ。勿論)、パパにはちょっと苦しいので便利です。

明日も英語がんばりましょうね。
よい週末をお過ごしください。

どれにしようかな

今日は朝いつになく早起きして、1時間目から4時間ぶっ通しで授業をこなして、帰宅しあわてて昼食をとって子供とお友達を近所の映画館に「ポケモン」見せに行ってきました。ぜいぜい。昨日2回昼寝しといてよかった。

ここ1週間ぐらいですが、ちょっとづつ運動をしています。腹筋とか、トランポリンとか、踏み台昇降運動も!今日はちょっと柔軟運動もしました。やりすぎ?いえ、ほんのちょっとずつです。ズボラだし。

実は膠原病の症状の一つ、リウマチの症状が出てるので体を動かさないといけないと危機感を感じてなんですが。がんばります。そのおかげか授業で生徒に怒り飛ばしてアドレナリン出すぎたせいか、今日は昼寝なしでいけてます。「加温風呂」に入って早く寝よう。

で、もちろん子供達が映画を見ている間は私の「読書タイム~。」なわけです。昨日手にとっていた本はこれ
The Tea Rose
The Tea Rose
クチコミを見る
675ページは長い。来週は仕事がすごく入ってるしなあ。と思い、Kindleを覗きました。ほんとは夏に読もうとおもった、「アツい=ちょっとhotな」本の続刊を検索しようとしたんですが、パラノーマル続きもなあ。で、次に前から気になっていた本がじりじりとアメリカのアマゾンでベストセラー入りしてきて気になっていた本。
The Help
The Help
クチコミを見る
Kindleは便利です。サンプルをとりあえずいれて、子供の映画の間読んでみようと思ってました。

次に主婦さんのところにいったら、「これ読んでみて~。」のリクエスト。主婦さんからあっこさんと私に指令が出た。
The Pillars of the Earth
The Pillars of the Earth
クチコミを見る
これは1000ページ超えのPBなので、お休みモードのときに読もうとは思ってたんですが、Kindleで。だって字小さいから・・・しんどいですもの。かさばるし。今読んでらっしゃる方は面白いし、そんなにかさばらないですよとおっしゃっていたと思うんですが、やっぱり字の小ささが気になるところ。8月にでもいっとく?

さて、映画に行こうとしたら、宅急便が届きました。アマゾンから・・・。上2冊の本のどちらかを読んだら読もうと思って注文してたヤングアダルトです。注文をかけたときは2~5週間かかるとのことだったんですが、お急ぎ便に近いぞ。で、思わず手にとって映画館へ。1巻がおもしろかったから、つい手にとってしまいました。1巻とは違う紙質でした。1巻は初版本かな。きれいでした。2巻は完全にPB。KindleじゃなくてPBにしたのは生徒に貸すためです。ハリポタ5巻まで読んでる超できる子に読んでほしくて。

最近英語読書日記にたくさん拍手コメントいただけるようになってとってもうれしいです。もともとこちらのブログは英検1級合格後、去年の7月から英語読書日記中心に始めたんですが、読書日記の時にかぎってあまり反応がない日々がずっと続いていました。ただの自己満足でもいいやと1年で何冊読めたかの記録代わりに休まず続けてきました。(右のかっこの数が読んだ数なので便利。)でも徐々にそれを通していろんな方が読んだ本を読んでくださったり、おすすめの本を教えてくださったり、同時に読むPB姉妹ができたり。こうやってお互いにいい方向にいけることが本当にうれしいです。ありがとうございます。

読書日記を書くことによって、「ちゃんと話を理解したい度」が上がるんです。けっこうあらすじを書くのがむずかしいです。しかもなるべくネタバレなしで書くのが。私の場合は最初の波に乗ってくるまで(100ページから200ページまでがPBは結構苦しい。その部分)を書くように心がけています。これからこの本を読もうとしている人の立場になって特にあらすじは書いています。「読んでみたいな」と思ってもらえる記事がかけたらいいなと思いながら。一度原作の映画を見た方に、「ここまでネタバレなしでかけるのはなかなか」と褒めてもらえてすごくうれしかったです。ありがとうございます。感想は思ったことをつらつらと。でも全部を隠すと何書いてるのかわかんなくなるから、ビミョーなのもあります(笑)

本の☆評価ですが、あれはすごーく主観的です。一気に読んだときは評価が高めになったりもします。ごめんなさい。でも正直な感想を書いたほうがいいので自分に正直につけてます。批評という意味ではないです。最近では「自分も含めて英語学習者が読んでどうか」ということも頭にいれてます。だから例えばパーシージャクソンの★二つがおもしろくなかったという意味ではなく、読んだときにゼウスとか、ポセイドンとかハデス、クロノスなどの神様の知識が必要でつかみにくいかなと思ったからです。Sisterも最後はぞわっと来たんですが、ノンネイティブが読んだらかなり手ごわいといった意味で★3つです。★5つつけて「いまいちだった」と言われたこともありますし、★すくなくても「私はおもしろかったですよ~。」という作品だってあります。趣味もかたよりがあるので、すみません。それに、どれもそれなりに面白いです。面白くなかったら最後まで読めないですしね。映画もそうですが、もともと許容範囲は広いほうかもしれません。だから途中では「あくまで主観」と書いてたんですが、それ入れるの最近忘れてますね。でも、自分で本を探すときに、誰かの主観であったとしても、こんな指標があればいいんだけどなあと思ったのであえてつけています。本を探すのは一苦労ですものね。

7月21日(木)の英語
ABCnews
踏み台昇降運動をしながら。わずか10分ですが汗汗。前回見たときもトップニュースが「暑いアメリカ」先週より干上がってました。オクラホマに行った時に24時間クーラーつけっぱなしだったという話を書きましたが、今回はオクラホマが出てた。暑そうです。プールに氷入れてました。日本人は耐えてるぞー。うちは28度と27度の攻防戦ですが・・・。マードック王国の危機はBBCでもやっていました。盗聴はだめでしょう。

「実践ビジネス英語」まだ服装のお話をぼんやりと通勤時間に聞いてただけでした。今日初めて買ったテキストを開いて「日本語」を読みました。まだまだ聞き取れていませんね。いまから少しだけ対訳見て音読して次のに移りたいと思います。さぼり気味。

英語読書
Linger (Wolves of Mercy Falls)
Linger (Wolves of Mercy Falls)
クチコミを見る
 103p /416pages  子供の映画を待つ間と寝かしつけの間。

いや偶然ですな。Kaoriさんは「Shiver」読み始めたとのこと。いいですね~♪超お勧め!PB姉妹に新しい妹ですねえ。妹っていっちゃっていいのかなあ(笑)年齢で言ったら姪っ子ぐらいかも?あれは冬の話が中心だから涼しいですな。切ない感じはやっぱり2巻でも漂っていていいです。透明感があります。読み進められるという意味では今のところYAの女の子シリーズなかではこれと「Twilight」と「Poison Study」が私の中では3本柱ですが、「Shiver」シリーズが一番ピュアアアアです。英語もこれが一番読みやすいと思います。「Fallen」シリーズも期待して読んだんですがね。トリロジーじゃあなかった。Twilightも飛び出ましたがね。3巻までは秀逸。4巻はあの世界にはまった人の世界が待っています(笑)トワイライトは私の教え子でもずいぶんはまってる子が多くて日本語で読んでる子がうじゃうじゃ。男の子もいるんですよお。読み始めてすぐに気が付いたんですが、イギリス式のスペルです。アメリカが舞台のはずなのですが、イギリス版を買ったようです。裏をみたらポンド建てだった。よくあるんですよね。アメリカの作家でもイギリス先行。カナダの作家さんのもそうだった。

このところPB特集ですね。今度はまた時間を見つけてmocoさんのご質問を考えてみたいと思っています~。語彙についてです。

今日も来ていただきありがとうございました。
明日もいい一日でありますよう。

英語読書日記 The Lightning Thief ( Percy Jackson & the Olympians Book 1)

The Lightning Thief: Percy Jackson and the Olympians: Book 1
The Lightning Thief: Percy Jackson and the Olympians: Book 1
クチコミを見る

Author: Rick Riordan
Period:July 13th~July 20th
Category: Children age around 12
375ages

Total recommends:★★☆☆☆
Difficulty: ★★★☆☆
Can't-sleep-degree :★☆☆☆☆
Mystery-packed -dgree★☆☆☆☆
Romance-packed-degree:☆☆☆☆☆

学校を転々としていた僕。みんな僕のことを「変なヤツ」って思ってたけど、
実は神様の子供だった!奇想天外の冒険譚、パーシー・ジャクソンの成長物語。

あらすじ
12歳のPercy は寄宿制の私立学校を転々とする日々を送っている。彼はディスレクシア(字が読めない症状)で、ADHDだと診断されていた。唯一心を寄せるのはやさしい母のみ。父親は彼が生まれる前に母のもとを去り、父の顔さえ覚えていなかった。友人と呼べるのは、1年前に知り合った足の不自由なGroverのみ。

ある日学校からの遠足で博物館を訪れ時に、クラスメートと喧嘩をして算数の先生に呼び出される。そして先生が突然モンスターに変身してPercyを襲ってきた!びっくりしたPercyに助け船を出したのは、彼が唯一先生として敬意を示すMr. Brunnerだった。彼は車いすに乗っていたが、突然部屋に現れて「ペン」を投げる。Percyがキャップをとると、それは剣に変身し、彼はモンスターからの危機から逃れることができたのだ。しかし、Mr.Brunnerは「夢でも見ていたんだろう?」と言い放つだけだった。

夏休みに入り母とその再婚者である義父の家に帰るPercy。しかし、おかしなことが起こり始める。母は言った。
「Percy 、あなたは本来行くべき場所がある。その時期が来たの。」そこに、急にGroverが現れ、そして再びモンスターが襲ってきた。母とGroverと3人で逃げるが、「ある場所」にたどり着く直前に母がモンスターにとらわれて突然消えてしまう。そして彼の前に現れ出た真実。

Percy Jacksonは実はオリンポスの神と人間の母との間にできた半神(Half blood もしくはDemigod)だったのだ。そして何かが起ころうとしていた。


英語が好きな男の子の生徒が「先生何か洋書挑戦したい」と言ってきた時に「先生僕ハリー・ポッターがいい。」「いやあ、まだ難しいんちがうかな。」「いや読む。」と言ったので、貸してあげました。そうか、ハリポタ読めるなら、次のも用意してあげないとと選んでいたのがこれ。だって、うちにあるのは「Twilight」とかどうも女の子向きのものばかり。

でも、結局「先生難しいから読まれへん。」だから言うたやん。まあいいか。また果敢に挑戦してくれる生徒が現れる日を私待~つわ。いつまでも待つわ~♪

子供と一緒に観た映画であらすじは知っていたので、もっとサクサク読めるとおもったんですが、実際最初の部分は実生活が中心の話だったので、サクサク。でも、だんだんと・・・。

あらすじは同じようでも原作はまた違った印象でした。映画のほうが10代後半といった感じ。原作は10代前半が対象です。だから映画のほうが落ち着きが感じられました。でももちろん、原作のほうが凝ってます。出てくる神様も多い。

なんだか、うちの子供がいつも読んでいる奇想天外な子供向けのファんタジーと並ぶお話じゃないかなあと思いながら読みました。これ日本語で娘に与えたらきっと喜びそう。「ママも読んでみて。」と言われること請け合いといった感じでした。

お子さんと一緒に子供向けの分厚い本をシェアされたことのある方ならわかると思いますが、子供が飽きないようになのかな、すごく場面展開が多いように感じました。描写もけっこう大げさで、ネイティブの子供が笑いそうなシーンなんだろうなと思いながら読みました。多分。でもネイティブじゃない私にはけっこうそれがつらいところですな。わかりにくい描写はたいてい「想像の世界」、冥界とかね。「これ、日本の地獄に似てなくもない。」と思いながら、ハデスは閻魔大王ってとこで。でも現代風ですがね。

「場面展開が多くて奇をてらった描写」・・・想像しにくいです・・・。

あと、気が付いたのが、「神様の名前」音にできないんですよね。そうなんです、英単語が音にできないと頭に映像が流れにくい。そう、昨日の続きになりますが、時々音も頼りに読んでいることに気が付きました。まだまだですがね。だから自分の頭の中で音にできない単語がでてくるとつっかえます。オリンポスの神様の由来がわかってることが前提で書かれている、もしくはそれを学びながら読むといった形の本です。このあたり知っとくと英語やるのにけっこう役に立つ知識なんですが、やっぱり全部はわかりませんからね。

私が一番オリンポスの神様のことをやけに詳しく学んだのはホメロスと言いたいところですが、マンガ「アリオン」だしな(汗)。あれ、けっこういけまっせ。ティターン族の話。いや私はガンダム世代じゃないですがね。シャア少佐3回いえないし。

と、いうことで、ネイティブの子供が大喜びしそうな本だなあと思いました。翻訳ならうちの3年生のお嬢もきっと大喜び。今度見つけて読ませてあげます。

しかし、12歳向けのPBでもまだまだクリアじゃないところがいっぱい!まだまだです。いまだ修業の身。謙虚に一つづつ階段上がっていきたいです。

今回は家にいるときはあっこさんがUpしてくださっていた。weblioを使って「マイ単語帳」に記録してみました。それをUPしたいんですが、わかんない。でもあっこさんがおっしゃってた「これはレベル12」とかいうのはこれですかね?私が調べた単語は35個ぐらいです。200ページ分ぐらいは家で読んだのでその中で。一番簡単のでレベル2の単語でも、これはPanという単語で「牧神」の意味で調べたので、レベル2ではないかも?一番難しいレベルで28でした。35個の単語うち29個はレベル10以上の言葉でした。神様用語が多いですからね。

セリフで’What a heck are you doing?'って言い方を覚えました。知らなかったなあ。

これで公式記録は28冊?あと2冊で30冊キリがいいですが、ふうっ。(ちょっと一息)
次は何読もうかなあ。今手元にもってるのは700ページ近い大作。ど、どうしようかなあと考え中です。

今日も来ていただきありがとうございます。
一緒に英語がんばりましょうね!

洋書の読み方 ある英語学習者による一考察

以前にKさんにご質問いただいてずっと棚上げしてた宿題です。今クーラーの設置中で勉強できないし、打ってます。

「洋書、もしくはペーパーバックを英語でもっとスラスラ読めるようになるには?」

私も修業中の身なのでまだまだなんですが、このところ感じたことを書いてみたいと思います。実は
1年の締めくくりにしようと思ってたことなんですが、半年たったところで前半戦。今年28冊目(公式記録?とでもしときます頭数に入れていないのもあり。(笑))読んでいます。ジャンルを問わず?いろいろ読んだつもりなんですが。え?偏ってる?すいません。

PBを読み始めたのは、やっぱりこれが大きなきっかけかもしれません。
Harry Potter and the Philosopher's Stone
Harry Potter and the Philosopher's Stone
クチコミを見る

10年ほど前友人の結婚式にイギリスに行ってから夏に読んでました。イギリス熱再発でしたしね。気分がすぐれなかったので、家でねそべりながら日がな一日読んで3日で読みました。読む速度は今では考えられないぐらい遅かったと思います。今考えたら妊娠してた。子供がいない時になんでもっと読まなかったんだろうと思っても今は後の祭り。時間たくさんあったのに。代わりに映画観てました。

原作読んでから映画も見て「イギリスっぽい」雰囲気の虜になってしまいました。子供が生まれて家にいる時に残りの出ていた3巻までを読みました。そのあとは新刊が出るたびにハードカバーを発売日に手に入れて読みました。ちょうと家庭教師の教え子がはまっていたので一緒に映画観に行ったりしました。

そのあとのブームはこれ、乳飲み子の子供に母乳をあげながら、だっこして寝かしながら読んだ本。
The Fellowship of the Ring: The Lord of the Rings--Part One
The Fellowship of the Ring: The Lord of the Rings--Part One
クチコミを見る
これはパート1の映画を見て、パート1の原作を日本語で読んでから挑戦。日本語も英語もかなり手ごわいですが、(かなり古い感じの言葉がでてきます)圧倒的な世界観。2巻以降は英語だけで読んで映画が来るたびに一人で見にいってました。当時これ読んだってネイティブに言うと、「おお、素晴らしい。」と褒めてもらいましたっけ。たいてい大学上がりで教養高めの人たちなので、結構「高校生の時に夢中になった。」とかいう人が多かったです。この前NZで映画の監督の家の前連れっててもらいました。ミーハーな私。

ここで一代目の電子辞書をぶっ壊しました。

お気づきでしょうか。昔からPBを読むのに利用しているもう一つのツール。
「映画」です。

本来原作を読んで映画を見るとけっこうがっくり来るもんなんですが、私はもともと無類の映画好き。よっぽどでなければゆるせちゃいます。映画にかなり寛容です。スクリーンにどっぷりつかってれば満足なタイプ。批評もあんまり好きじゃない。それは映画ブログでもお気づきだと思います。まったく別のエンターテイメントとしてみていることもあれば、こうやってヴィジュアルを利用することもあります。特に上の二つは映画化されて大成功したもの。原作に忠実です。だからイメージがあんまりぶれない。「ダ・ヴィンチ・コード」も同じ手で見ましたが、かなりずれてます。でも読むのに一助になりました。

読んでいて映像が頭に浮かぶのが読み進むコツの一つだと思います。

その後はなんか「PBをすらすら読めたらなあ。」とこれやってみました。

めざせ100万語!多読で学ぶSSS英語学習法

レベル0からのセットを読むたびに買いました。ひと夏でたぶん100万語ぐらいまで真面目にやってたんですが、「ダレン・シャン」の1冊と「ハリポタ」の最新刊が出て、そちらを読み始めてから買わなくなりました。薄いのですぐ読めますが、1冊のコストパフォーマンスを考えると、ちと高くつきます。それからは「ちょっと厚めのPB」に手を出すように。でもこれがずいぶん基礎を気づいてくれたかも知れません。いまだにヤングアダルトを挟むののここでの経験が生きているかも。

その後は英検の勉強の合間にちょこちょこ。1級の勉強がなかなか手ごわくて、2年ほど前からまたPBにはまっていきました。映画化されたものを中心に。それは英検の「リーディング編」と読書記録総括に書いたと思います。

2年ほど前からは1か月に1冊か2冊のペースで読んでいました。英検前の1,2か月は読まない。そんな感じで好きな本を手にとってました。2週間で1冊でもかなりしんどかったです。

数えていないのでわからないのですが、おそらく2011年以前までに読んだ本の数は60冊ぐらい?100冊は行っていないと思います。でもすごく薄い本も合わせてです。手元にないものも多いので覚えていない。いつの日か「背丈を超えるほど」のPBとともに写した写真をUPしたことがあるんですが、この「自分の背を超える」ってのもいい目安だなあと思いました。どこかで聞いてやってみました。やっぱり「量」を読むことも大事だと思います。

今年の1月からは週にだいたいですが1冊のペースです。ここからが本題ですかね。
どうやって読む速度を上げていくか。

Kさんに聞かれてから毎回本を読むたびに少しだけ時間を計ってみました。だいたいどれぐらいで読めてるのか。ちょっとずぼらですが、30分キッチンタイマーをセットして30分間で何ページ、もしくは何パーセント読めているのか計ってみました。6月から今まで読んだものです。

「Passion」女子高生向きヤングアダルト  1時間換算だと50ページから57ページの間。
「Cedar  Cove 1」女性向ライトノベル?   1時間で50~57ページぐらい。
「Sister 」 昨年のイギリスのベストセラー。ミステリー1時間で40ページぐらい。
「Percy Jackson 1」 小学校高学年中学生向き  1時間で50ページぐらい。

上二つはKindleで読みました。だからパーセントから換算しているのでだいたいです。よく見るとKindleのほうが読む速度が速いかもしれません。気のせいかな。Kindleは文字のサイズを変えれるので小さい文字で1ページにたくさん文字を出した状態で読むと速いような気がします。画面が多きサイズで読んでるからでしょうかね。

ここで大事なことは、速度の速いもの。
そう、「ヤングアダルト」です。10代の子供向けもの。それと初めて読んだ女性向のライトノベル。ちょっと文芸的な本は時間がかかっています。「Sister」は難しかったです。この前読んだ「Atonement」もよく似た速度で読んでいたと思います。今年は意識して「ちょっと無理してでも読んでみたいベストセラー」と「英語が読みやすいヤングアダルト」を挟んでなるべく読むようにしています。そうすると緩急ついてサクサク読めたりして、長続きします。それでも単語は1級レベルの単語がぞろぞろ出てきますが。ヤングアダルトは対象読者が低年齢なので単語がわからなくてもわかりやすい。ハリポタの1もまあまあそんな感じです。これで辞書をひかなくてもざくっと内容をとらえる訓練ができているんじゃないかと思います。ただし、あくまで子供向けの内容なので興味のなるべくあるものを選ぶのが肝心。私は「生徒が読むかなあ。」という感じで読んでいるし、子供と英語の絵本も200以上冊は一緒に読んでいるので、まったく抵抗感がありません。マンガもたくさん読んでるし、映画育ちなので、現実離れした話も大丈夫。

とにかく「読んでいてすいすい読めるものをたくさん読む。」これが一つのポイントです。これをたくさんすれば速度も上がります。

ヤングアダルトが無理な場合は名作なのどの「Graded Readers」があります。英語学習者のために簡単な英語で書き直した作品です。オックスフォードやペンギンやロングマンからたくさん出ています。多読方式はこれらが中心です。シャーロック・ホームズやイギリスの名作もたくさん。私がいつか読みたいジェーン・オースティンやブロンテもほとんどこの「書下し本」で読みました。中にはオリジナルの面白いもの、映画化されたものもたくさんあります。これらをたくさん読んでも速度があがると思います。

共通点はやっぱり「頭の中でイメージしがなら読めるようになること」ではないでしょうか。

私は英語教師ということもあって、いまだにこれらのGraded Readersを読むことも多いです。見本が周りにあったりしますしね。個人的にはオックスフォードのBookwormsシリーズが好きです。

ここでひっかかるのが、やはり「単語の意味がわからない。」ですね。

私はSSS式の多読をやるまでは、わからない単語は読み飛ばすこともあれば、調べることもありました。電子辞書を壊すほどなので、調べたほうかもしれません。これに関しては私は「調べない方がいい。」とは断言できません。その方法で読んでいくと、膨大な時間がかかるからです。たまたまキイを打つことに抵抗がなくて速いので、今では臨機応変にやっています。

家にいるときは調べて、外で読むときはあまり調べない。単語を調べるのでつかれてしまっては意味ありませんからね。読んでみて1ページに10個もしらべて、読み飛ばせないようなら、読むのは待ったほうがいいと思います。私の場合は最近は1ページに1、2個。調べないページももちあります。集中してるとそうなる。で、多いときで5個から7個ぐらいだと思います。電子辞書で調べますが、最近は辞書に載っていない単語が多いので、いい辞書がほしくてしかたありません。いや自分のボキャビルがそんなに上がったわけではなくて、変な借用語とか、スラングを調べてしまったりするからです(笑)

でも、調べたほうが意味が鮮明なのはもちろん。銃撃戦なんの細かい描写や、立ち位置や動きを調べながら読んでみまたすごくイメージできました。単語を調べると「イメージが鮮明」になります。これは断言できます。そして
認識語彙が増えます。=ボキャビルになります。たくさん読むと同じ単語にももちろん出会います。

でも、いきなりこれをやると苦しので、前にも書いたことあるんですが、1級ぐらい、せめて準1級ぐらいまでの語彙は頭にある程度叩き込んでもいいんじゃないかと思います。1000語ためしにやってみてください。ずいぶん楽になります。受験生を指導するときに見ていると、500語ぐらいで効果が見え始めます。長文問題が読みやすくなってくるようです。これ、ほんと。単語集もばかにできないと思うんですがね。

長くなりましたね。まとめてみると
1.自分にとって読みやすいもの、最後までよめそうなものをたくさん読む。
2.時々、ちょっと難しくても読みたいものに挑戦する。映画化されたものはとっつきやすい。原作読んでから映画観てもいいですね。逆だと先にイメージがつきますが、映像化されすぎるゆえ、原作を味わえない場合も。
3.単語は1ページに何個かなら調べてもいい。

あと大事なことが一つ。
「本を読むのが好きなこと」これなしには洋書は無理ですね。日本語で本読むの好きじゃなければ、洋書はなおさら無理です。おもしろければ徹夜してでも本を読んだことがある方なら大丈夫。洋書にはそんな本がざっく、ざく。何時間も本を読める体ならなおよし。私は2,3時間ぶっ通しで読むこともおおいです。寝そべりながら(笑)本によりますがね。

ぜいぜい。今日はこのへんにしときます。晩ご飯つくらなくっちゃ。まだまだ私も修業中の一英語学習者。これからもっとたくさん読んでいきたいです。どれだけ読めるか挑戦中。タイ記録達成中です。いいアドバイスがあればまた教えてくださいね。以上のことがお役に立ちますように。

私の場合、体調が悪くて教室に通ったりできない分、寝そべっても読めるPBはほんとに英語の扉を開けてくれる強力なツールです。世界も広がりますしね。

どうです?今日からPB片手に動きませんか? 写真は今のうちのPBコーナーです。この前もUPしましたが。ヤングアダルトやGraded Readersやらずいぶん職場に持っていきました。本の後ろにもPBが並んだ状態です。
110719_1808~01Join the club!


記事検索
ギャラリー
  • もどかしさを通過しよう
  • 自分しかできないことをちょっとだけ無理してみる
  • 「美女と野獣」観てきました。
  • 「美女と野獣」観てきました。
  • 英語を好きになってほしい
  • 英語を好きになってほしい
2017年の洋書本棚
2016年の洋書本棚 50冊
2015年の洋書本棚 60冊
2014年の洋書本棚 35冊
2013年の洋書本棚 50冊
2012年の洋書本棚 95冊
2011年の洋書本棚 50冊
2010までの洋書本棚 34冊
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
  • ライブドアブログ