2012年02月

Okey Dokey

お越しいただきありがとうございます。今日も元気ですか~?音読してます?(笑)

ハテナシリーズとそのスピンオフが続いて、たくさんのご意見、共感のお言葉本当にありがとうございました。うれしかったです。コメント欄がなくてご迷惑をかけているにも関わらず、熱いメッセージに目頭が熱くなることも多々。ひとつひとつかみしめて読ませていただいてます。ここまで続いたのも、こうやって読みにきてくださる方々のおかげです。この場を借りて御礼申し上げます。

昨日は月曜日。楽しみにしている近所の映画館1000円ディ。無理して映画見に行こうと、もくろんでいたんですがね。歯医者もオンライン英会話もキャンセルしてね。週末に計画してました。日曜日の夜のうちに洗濯もしてね。

忘れてた!子供の塾の面談が午前中に入っていました。でもまだあきらめていない。面談が終わってお昼からのに間に合う!子供が帰ってくるまでに終わるし、急いでお弁当作れば大丈夫!

でも面談中に小学校から私の携帯に電話があって、
「お母さん今日から学級閉鎖です。今日は給食を食べたら下校させますがいいですか?」

いや映画見に行くから、学校にいといてくれとはいくらなんでも言えませんがな。くすん。(子供は「ママ、用事があるとか、うまいこと言ってくれたら、私図書室に残ってあげたのに。」とあとでやさしい言葉をくれました。)

で、まだあきらめていない私。子供を塾に送ってからふと車のなかで「3時間以上時間あるじゃん、夕方からの映画観られへんかいな。」と夫の職場に電話して時間をネットでこっそり調べてもらいました。(私が携帯で調べるより断然早い)「もう始まってるで。あきらめ。」くすん。

映画はお預けです。→1000円以上で観ようとしない私。

まあいいか。
来週でOkey Dokey.
(この表現ね、初めて聞いたのが、友人のお父さん(イギリス系NZ人)の口癖で、真似して独身の頃から使ってるんですが、使うとみんなにっこりしますね。)

2月28日(火)の英語 (だいたいですが取り組んだ順番に書いてます。)
News Reading : The Japan Times Weekly 朝ごはんを食べながら。一応毎日少しでも目を通すことを目標としています。最低1日1記事目標。昨日はイスラエル大使館員暗殺の話と、アメリカの宇宙飛行士の話とかいくつか読みました。でも英文によって「で?どういうこと?」となってます(笑)今日はアメリカの軍事縮小の話他。数字が並びます・・・。国内ニュースでは橋下(下ですよ、本じゃないです)市長の維新の会の過激ぶりの記事を読みました。

オンライン英会話:QQイングリッシュ Jelly先生 カラン50分レッスン
一週間ぶりにやっと取れました。今週はとれるかなあ。カランレッスンは私語を挟まず決められた英文をいかに速く正確にリスポンスするのが命なんですが、つい、「へえ、タガログ語以外に何があるの~?」とか質問してしまいました。「今はレッスンに集中したいからあとで説明してあげるね。」と言われて教えられて。知らなくてごめんねと言ったら、にっこり笑って説明してくれました。QQはセブ島にあるからセブ語をみなさんお話になるのね。でもタガログ語もわかるから、「すでにバイリンガルで、英語も合わせるとトリリンガルじゃん。だからみなさん英語がうまいのね~。」というとまたにっこり。回数を重ねると先生がかわいく感じるなあ。

レッスンの間に「じゃあ次のレッスンに入るけどいい?」と聞かれて「Okey Dokey.」と答えると、大笑いして、「どこで習ったの?日本人からそれをきくのは初めて~。」と言われました。そうかいな。Jelly先生は50分カラン専門。レッスンでへんな?口語表現使うような生徒さんは来ないようです(笑)「あなたはカランのレッスンをとって、仕上げにきてるだけなのがわかる。」と褒めてもらえました。ありがとうございます。でも、そうでなかったら、実際はヤバイ立場なんですがね(汗)→一応某高校の英語講師。

音読パッケージ
ぐんぐん英語力がアップする音読パッケージトレーニング 中級レベル(CD BOOK)
ぐんぐん英語力がアップする音読パッケージトレーニング 中級レベル(CD BOOK)
クチコミを見る
パッセージ76~80 通勤の車で復習 これ、いろいろ勉強になっていいです。遺跡の話があったり。歴史を学べたり。国旗の由来なんかもある。

ご質問で「リピートをする時に頭に英文が全部浮かばないんですが。」とのこと。これはおもしろい、いいご質問ですよね。でも私も全く文字は頭に描いてません。音の再生だけです。音が脳に残ってるのを思い出してる感じです。ためしに日本語をリピートしてみて、日本語が頭に浮かびますか?私の場合は日本語も頭に浮かんでいません。これは個人差がすごくあると思います。

日本語と同じように口にできるようになれば、脳に負担をかけずにアウトプットできている状態です。「く、苦しい・・・。」と感じるのはある部分の脳がフル活動している証拠。簡単な英語ですれば負荷が低いのでもっと楽に感じるはず。少し「できるかな?」というレベルでやると長続きするのではないかと思います。難しすぎると挫折するので自分の根性と相談ですね。ちょっと苦しい状態はやっぱりレベルを上げるのには必要です。だんだん負荷をかけて行けば訓練になりますからね。

そうそう、ご質問で昔ちょっとかじった幼児教育を思い出しました。(○○脳教育で有名な某有名幼児教室の研修を受けて講師をしたことがあります。)これは「記憶」のプロセスが人それぞれ違うような気がします。「写真記憶」と言って、見た映像をそのまま頭に思い浮かべられる能力が高い人もいます。音の記憶が高い人は語学に向いていると言えますね。でも両方あればいうことなしですね。もうおわかりだとは思いますが、私は完全に音人間です(笑)なんでもそらんじて覚えるタイプ。単語も「お経方式」とよんですべて唱えて覚えました。

とにかく続けることが一番大事です。

実践ビジネス英語 Lesson 22(4)
皆さんに「音読」すすめておいて自分がしないのもなんですからね。今日は久々がんばってみました。

ストリーミングを聴く
同時読み(音声と同時にビニエットを音読)20回
音読(ビニエットだけを読む)20回
シャドウイング(音声だけ聞いて口にだして英語を追います)10回

*RDさん、私の体重の数ではないですよ。ご安心を(笑)これ以上はできなかったです。バタン→倒れる音。
50回ではオーバーラッピングはほど遠いです。各取り組みに10回以上かけるとちょっと変化を感じます。お試しを。英語はこんな難しくなければもっと回数は少なくていいと思います。これ、難しいですからね。

それぞれ役割分担があると思います。
なんちゃって流暢に効く同時読み。(すべてぴったり真似してなりきってくださいね)
文の意味を英語の語順で確認する音読。
スピーキングとリスニングに効くシャドウイング
文の構造を丸ごとがっつり頭に入れる暗唱
これ全部こなせたらTOEICのリスニングは怖くない!→いやリスニング満点とったことないから偉そうに言えないし、あんまり大袈裟にいうとおこられそうなので、話半分で聞いといてください。

杉田先生、これにポーズ付のリピーティング機能いれてくれたら完璧です!これ以上のコストパフォーマンスの教材はないですな。いや、正直私には難しすぎでリピートできないですがね(笑)

でもね、上の「音読パッケージ」でもそうですが、「頭ウニウニ」感(この感じわかるひとにはわかるはず)を何度も通り過ぎるといつの間にかすこしずつレベルアップするんですよ、ホンマホンマ。でも無理は禁物です。回数が少なくても続けることに意義があるのです。

英語読書
A Very Long Engagement
A Very Long Engagement
クチコミを見る
~270page/327pages
ちょっとね、最近こうやって映画化された「Film-Tie in」というのをけっこう狙っているわたしです。これは何年も前に観た映画ですが、また見たくなってきました。「デリカッセン」や「アメリ」の監督さんのもので映像が印象的だったのを覚えています。あともう少し。頑張れ~。 

さて、もうひと頑張りできるかな。

今日も最後までよんでいただきありがとうございました。
明日もがんばりましょうね!

発音信仰

お越しいただきありがとうございます。朝雪が降っていてびっくり。がくがくぶるぶる。
今日は朝から夜まで出ずっぱりなので、昨日の続きUPしまーす。

「発音」に関して私は「見守り会員であって会員じゃない」という理由を書きたいなと思います。

巷の「発音信仰」にびっくりしているからです。こうやっていうと、「angelさんはそこそこ英語が英語っぽく聞こえるからそんなこと言えるんだ。」とか言われるかもしれませんが、実際に私の英語聞いたことがないからですよねえ(笑)たいしたことないです。アメリカ在住何年とかでもないですしね。発音を気にせず発話している勢いだけです。英語だって間違いだらけ(笑)

それは、英語を話すいろんな国の人と話した経験から身をもって感じてきたからです。英語ネイティブでも全然違って聞こえるし、この前あげたスコットランド訛りはもう「これ英語?」なんて思いますしね。イギリスは方言が多くて、電車でちょっと違う町に行くと、聞こえてくる英語が全然ちがったりします(笑)こっちの英語は通じても向こうの言ってることがわかんなかったりして大笑い。おもしろいです。

アメリカも広いので英語が全然違います。これも書いたことがありますが、南部のアメリカ人のお家に泊まった時に、友人のお母さんの英語が南部訛りで聞き取れなくて、友人が英語で英語を通訳してくれました。なんのこっちゃ。

英語ネイティブじゃなくてもアラブの人はアラビア語の訛りを引きづりながら堂々と英語話すし。昔ボランティアで通訳したときに「アラビア語に比べたら英語は簡単だよ。」と確かパレスチナの人が言っていました。インドの人の英語もまた違いますよね。英語ネイティブの人は「インド人の英語は特有」と言っているのをきいたこともあります。でも堂々と議論できるぐらいすごいです。いろんな国の方々のボランティア通訳やった時ですが、当時英検1級なんてほど遠い英語力でも「君の英語はわかりやすい。」と言ってもらえてうれしかったのを覚えています。

ネイティブじゃなくて、英語がうまいと有名なのはスカンジナビアの方々。イギリス人が「私たちより正確な英語を話す」と言っているのを聞いたことがあります。ドイツの方々もうまいんですよね。ヨーロッパの人は共通するものが多いので英語が楽ですね。小学校から英語の授業があります。スカンジナビアの言語も難しいからきっと英語は簡単に感じてるんでしょうね。語学留学した時にイタリア人のジャーナリストの人がいたんですが、(イタリアからベンツのオープンカーで大陸横断してやってきた伊達な人でした。)話すのはもう間違いを気にせず、発音もイタリア語みたい(笑)でも新聞をスラスラ読んでいるので、「どうしてそんなによく読めるの?」と聞くと、「だって単語が共通の単語が多いから類推できるんだよ。簡単」と言っていました。よろしいなあ。

旧ロシア系のクラスメイトもやっぱり「ロシア語に比べたら英語は簡単。」とのたまう。その人たちは結局3か国語は話せる。当時自国のことばと、ロシア語は必須。隣の国同士のクラスメイトとはロシア語で話してました。私のホストファミリー宅にご飯食べに来て、ホストマザーが「あなた方の英語は完璧!」とべた褒めしてました。ごめんよ完璧な英語話せない日本人だったんですよね私(笑)

皆その国のお国訛りを背負って英語話してます。ロシア語なまりもフランス語訛りもありますよね。舌回りすぎたり、Hの発音がやたら抜けたり(お、トリビアですが、昔のイギリス人のおばあちゃまは時々Hotelを「オテール」と言ったりするそうです。グラマースクールでそう習ったと聞きました。)

何度も何度も書いていて本当に恐縮なのですが、「話す中身」が大事なのであって、話し方はその次じゃあなかなといつも思います。日本にいると「アメリカ人みたいに話す」人がやけに重要視されたり、「クイーンズイングリッシュがいい」とか(イギリス英語は実はすごくバラエティ)またはそのように話すご自身がすごくそれをすごいことだと思っていたり。

オンライン英会話でフィリピンの先生と英会話をしていると、「アメリカではこうやって発音する。」と強調したり。うーん。フィリピンの人も独特の話し方してますがね。その中に垣間見える「アメリカ英語みたいじゃないとダメ」という日本とよく似た信仰に近いものを感じるときもあります。日本の学校教育の教材はほとんどがアメリカ英語を基準としていますしね。

その国のお国訛りをそんなに「恥ずかしい」とこんなに強調して思うのは日本人ぐらいじゃないかなあと思ったりもするんですが、まあ勝手に推測しているだけなので、お許しください。日本語は母音が少ない分仕方ないじゃんと私は割り切ってます。そりゃ単語で意味が変わってしまうこともあるから、恥もかくかもしれないけど、それが致命傷となることなんてあるんでしょうかね。私はいままであんまりないです。直してもらえるし。シンガポールの人だって、シンガリッシュだし、中国人の人だって母音が多すぎる故?なのか、やっぱりお国訛りはありますよね。英語はいまや英語ネイティブだけのものじゃないのが現実。

発音より問題なのは「発音がうまくないから」と自信無げに話すこともあるのではないのでしょうか?日本語訛りでも堂々と話している人に向かってネイティブが「あなたの発音はネイティブみたいじゃないからダメ」なんて言うか?言わないですね。中身があるかで判断してます。堂々と自信を持って話すことが大事なような気がします。それがたとえ文法が間違っていたとしても。流暢な英語は最初の突破口なだけで、あとは商談でもなんでも言いたいことが言えなければ意味がない。

これは発音の問題ではなく、「文化」の問題なんじゃないか?と思うこともしばしば。

ネイティブみたいになるという信仰はすてて、「なんちゃって流暢」でいいんだと思うのですが。ダメ?そんなことで人を判断する人のほうがおかしいと思うのですが。ダメ?日本人はそういう発想が多い。「こうじゃないとダメ」という縛りで学校生活を営んできた結果ですね。学校で教鞭をとっておいて言うのはなんですが、「ちょっと窮屈」と思うことしばしば。点数で人を判断せずにもっとのびのびとすればいいのにいつも思います。ジャッジするのは仕方ないけどつらいです。せめて間違えた時には、「よく間違えた!それでもう忘れない。間違えていいんだよ。覚えなおせばいいからね。」という言葉が決め台詞の私です。

まあそんな社会で育っているし、また数字で判断されてきた私たちなので仕方ないと言えば仕方ないですが、大人でもその意識が染みついてしまっています。「彼はTOEIC、TOEFL、IELTSの点数が何点だから。」と英語ネイティブがそれを日本人と同じ感覚で理解しているでしょうか?それを物差しに相手の英語力を見ているか?いえ、話して判断しています。英検1級なんて日本にいるネイティブスピーカーだって知らない人多いですよ。どのテストも英語力全般をはかることはできないと思います。あくまで橋渡し。その意識が抜ければもっと世界がひろくなると思うんですが。

私が今まで英語で話していて「英語が上手ですね。」という褒め言葉以上にうれしかったし、こちらのセリフの方が実際に多い。それは、

’I like your way of thinking.’という言葉です。

中身が大事。
英語でも日本語でも会話はその人の人となりを投影するものですからね。

たとえ英語がつたなくても、思いやりは伝わります。英語が話せなくてもそのさりげない態度に外国人が尊敬してしまう、そんなシーンを何度も見たことがあります。

たとえ英語が上手でもおごりや欺瞞は伝わります。

ご自身の英語にもっと自信持っていいんですよ。大丈夫。
英語しか話せない人も多いんですから(笑)

英語の発音をよくするには?

お越しいただきありがとうございます。連日ハテナシリーズですね。昨日の記事も反応をいただいてよかったです。一生懸命書いたかいがありました。ありがとうございます。

いやお休みのママはなかなか英語できないですからね。昨日はママ友のお宅におよばれしたり、夫の両親の結婚記念日を忙しさのあまりすっかり忘れてしまって、みんなで食事に行ったりと忙しくて。皆が集う中で英語はできないですからね。今日は今日で家事もしないといけないし、夫は仕事に行ってしまうし。子供と二人子供が塾の宿題をしている横で書いています。

さて、今回のご質問のテーマは「発音」です。

何度も申し上げて恐縮ですが、私も一介の英語学習者なので、エラそうにはいえませんよ~。一緒に「発音をよくしたい、頑張ろう会」の見守り会員の一員としての立場で書きますね~。あくまで会員ではなくて見守り会員の立場です(笑)

今までもいろいろ書いてきて重複もありますがお許しください。それぐらいみなさん悩んでらっしゃる問題だと感じます。私は前にも書いた通り、「発音をよくしたい。」と特化して英語を勉強したことがないです。だから自分の英語がへんな英語でもあまり気にしていないです。それも再三書いたんですが、話してる中身が一番大事だと常に思っています。

昔幼児英語に凝って子供とやっていた時に(今は全然やっていないので、うちの子供は中学生になったらまたやり直してもらうことになります(笑)簡単な英語の会話はなんとなく理解しているようです。映画も最近は字幕でみてくれるようになりました。)覚えたものですが、英語の音域はかなり高いそうです。逆に日本語は低い。共通するヘルツがない。だからリスニングや発音する時に「アメリカ人みたいにできない、きけない」となるのはそれが原因の一つらしいです。子供英語ではこれをことさら強調して、「赤ちゃんの脳が柔らかいうちに英語のヘルツを理解できるようにしないと、伸びない。」という理論で3歳までに英語を始めないととか、6歳神話とかを出してきて高い英語教材を売っています。

確かに幼児から英語をやると違いはあるんだろうなと感じたことはあります。巷にいる天才児ちゃんたちはお母さんたちの努力のたまもの。

じゃあ、大人なもう無理なの?流暢に話せないの?全部聞き取ることは無理なの?

そう思いますか?そう思ったらおしまいですよね。自分の限界を自分で設定してはいけません。
遅くても始めないと伸びはないですからね。私自身は「英語を話す」という場面はすでに大人になってからしか遭遇することはなかったです。

発音をよくすると言って特化して教材を使ったことはないと申し上げました。ちょっと前に「英語耳」という言葉がはやりましたよね。発音記号を一つずつ確認して、フレーズや歌でネイティブに近づこうみたいな。

私はそうではなくて、副次的な作用で「あれ?英語の教材使い続けてたらなんかちょっと発音がよくなった?」という派です。一つ一つの音を矯正をしても意識して話してないとすぐに崩れたりするから、英語を音読し続けて、真似し続けて「骨の髄」まで英語話すときにきいた英語のように発話するといったアプローチが遠回りのようにみえて、実は自然じゃないかなあと思ったりもします。いやできてなくても気にしてないから偉そうにはいえませんがね。完璧は目指してない。それが逆に自然に聞こえていいじゃないかなあなんて。言い訳でですな(笑)

では、「なんちゃって流暢」をどう作るのか?
答えは簡単。同じ教材をテープが擦り切れるまで(今はこれが使えませんねカセットテープがない)聞きこむこと。
え?「もう死ぬほど聞きこんだけどできてないから困ってるんじゃないですか!」す、すみません。

何回ほど聞き込みましたか?正の字書いてやってみてもいいかもしれません。

私は車の中が主なリスニングの取り組みですので、正の字は最近かけませんが、先月まで聞いていた実践ビジネス英語の1ビニエット約1分ほどをシャドウイングしながら通勤の往復90分同じものを聞き続けていました。単純計算すると1日で80回以上?ホンマかいな。下手したらそれを何日も。以前は1週間同じものを毎日1時間聞き続けて同時に言えるまでやったこともあります。その時は500回はゆうに超えていたと思います。

そう、1つの英文に対して聞きこむのは100回を超えます。飽きちゃいますよ。もう聞くのイヤッて言うほど。だから折り合いをつけていろいろご自身にあった方法でやるのが一番。シャドウイング、音読、同時読み、リピーティングなどを取り入れてやったりね。暗唱まで行ってもいいです。ディクテーション最終的にやったりね。全部しなくたってあった方法でやればいいと思います。

実ビジは家にいる時間があった去年の今頃は「体重と同じ数だけ音読する。」とかをノリでやってました。→回数はヒ・ミ・ツ(笑)最近は「同時読み」(音声と同時に読む)を10回とか、音読10回とかしたりもします。

家で取り組むと回数はこなせないけど、英文を見ながら同時読みしたり、音読するというもっと違う取り組みができるので、効果が多方面に渡ります。脳の違う部分が動いているような感覚でした。音読は英文の読解力にもきいていると思います。意味を確認しながら読めるので。

ここまでくるとずいぶんわかっていただけたと思います。

同じものをひたすら「音」でとらえる作業をするということです。音声を聞くと自然に口について同時にまったく同じようにいえるまで。

英語っぽい?言い方は実は発音だけではありません。ご存知だとは思いますが、リズム、アクセント、音のトーンも真似しないとできません。それが完成されて初めて英語っぽく聞こえます。

いい例を挙げると、歌ですね。ほらアマチュアロックバンドの少年や少女たち、または歌手の人が黒人顔負けのソウルフルな歌をうたったりするじゃないけですか。意味わかってない場合だってある(笑)あれですよ。「音」で言語をとらえた結果です。聞いて真似してるうちにマスターしてる。
このテーマは以前にもUPしました。コチラ→洋楽を聴くと英語がうまくなる?

歌でも、なんでも、自分の言いたい感じの英語を話す人の「モノマネ」で近づくことは可能ではないかと思います。教材はごろごろしているので、自分が続けても楽しいと思えるもので充分。背伸びして難しいものをする必要もないと思います。

そのパターンを積み重ねていけば、「なんちゃって流暢」への門戸がひらかれるんじゃないかと思っています。
え?私の英語?「なんちゃって」看板を掲げてるんですから、変な英語です。でも気にしていません。私の英語は
いろんな「マネ」の集大成です。だからもちろん日本語訛りだってあるし、アメリカっぽくもなるし、イギリスっぽくもなります。話す相手でまた変わったりもします。でもちゃんぽんを楽しんでいます(笑)

発音に関して以前にこんな記事も書きました。コチラ→英語は発音が大事?

私が思い出す限りで使った教材は前に書いたのでそれを見ていただいてもいいです。
コチラ→音読教材

ぜいぜい、自分のブログの記事の数が増えてきたので、自分でも探すの大変になってきた(汗)

実はこの記事を書き始めたら長くなったので、途中で二つに分けました。(これでも?)
つづきは今度にしますね~。
今から洗濯もの干します。日曜日はのろのろ家事です。

英文の読み方研究 その後

これねなかなかUPできなくてすみません。ご質問いただいてから、なかなかできなくて。お休み宣言している時に結局書き始めちゃいました(笑)

いや、私も「正確に英文を読む」というのは自分にとってもテーマじゃないかなと思いながら過ごす修業の身、
えらそうにお答えするというよりは皆さんと一緒にがんばっていくというスタンスで行きたいと思ってます。

「自分にとって難易度が上がるととたんに意味がとりにくくなっていく。」「主語と動詞がどれが忘れる。」

これね、受験英語のように訳出しの作業をしないとすぐそうなりますよね。私もそうです~。

受験英語の難易度の高い英文はかなりすごいです。訳を要求される入試問題はなかなかできなかったりします。省略、倒置の嵐だったり、構文がわからないと意味不明だったり。no more thanとnot more than、no less than, not less than なんてでてきたら、「ひええええ。」の世界。教えてる時だけはなぜか理解してて、すぐ忘れますな(笑)それに解説には副詞節、名詞節、形容詞節とかの説明があったりして、日本語におぼれそうになりますね。

でも普段「英文左で日本語訳右」なんてことしてる大人の英語学習者は少ないですよね。ええ加減な私ももちろんしてませんがね(笑)

もしやるとしたら、スラッシュ→/ を入れることぐらいです。そのスラッシュの中で意味を即解決しながらよんでいると思います。昔TIMEや英検の問題を読むときにはそうしてました。英文解釈の時は必ず入れています。その時はスラッシュの中で意味をなるべく「英語の語順で」日本語に直していきます。難易度が上がるとこれもかなり苦しいときもあります。学生のみなさんはスラッシュをいれるべき場所がよくわからないらしく、その場所の指定からやっています。接続詞、関係代名詞、カンマでは切りますね。英文がながければ不定詞の前できったりもしますね。thatが接続詞なのか、関係代名詞なのかをいつも意識するようにも目をむけさせます。小さな単位のなかで主語と動詞をその都度解決していく感じです。教えるときは親玉のSとVを言ってあげないといけませんが、自分の時はそれもしないで左から右に読んでいます。うわあ、文法用語がとびかうと日本語におぼれますよね(笑)受験英語は文法と密接な関係を保っていますからね。難しいと思う文はたいてい複文というものですね。主節と従属節をあきらかにして、主節の動詞を見つけると主語が見えてくる。動詞が見えないとその文はよめませんからね。

いわゆる「超難問」といわれる英文の構造を解釈できて訳せる先生が、すらすらPBを読んでいるのか。
これまた違うような気がします。「洋書読んでます?」なんてきいたことないのでわかりませんが、読み方が違うような気もします。そうやってPB読んでたら日が暮れますからね。ちなみに「歩く文法」の異名を持つ、うちの夫はPB読んでません(笑)この前ふと「仮定法現在のthatは省略できるよね?」と疑問に思ってメールして答えてもらいました。便利アルアル。

私が英語の小説を読むときは、そういった類のことはまったくやっていません。メモも全くとらないです。目に飛び込んでくる単語を眺めている感じです。この辺が「ええ加減angel」。映像が浮かんでるような気がします。これは英語を話している時にもそうですが、あんまり意識がない感じです。話し始めは「英語話してる~。」という意識が強いですが、そのうちその意識が飛ぶ感じ。思ったことを言っている。たぶん日本語→英語の転換がないまたはかなり短い状態かもしれません。英語もそんな感じで読んでいるような気がします。いや、だからって正確な英語はなしてないと思いますがね(笑)そもそも私はブロークン英語女。深く考えてないってことです。間違っても気にしてないんですね。だからこんなご質問に答える資格もないかも~。

小説もあまり難易度が高いとさすがにこのええ加減さ通用しないこともありますが、気にせず読み進めているというのが現状です。単語がわからないとさすがにしんどい時でも完璧な日本語にする作業がないから、英語→英語で読んでいるんだと思います。難しいなと思うのはセリフが少ない小説です。

これに対していただいたご質問も。

「映像が浮かんでこない」というものでした。その方は「英文を読む量が足りないのでしょうか?」とおっしゃってました。

映像が浮かぶ人のほうが実際は少ないかもしれないですよね。統計をとったわけではないので、わかりませんが、私は英語は「音」で読んでいると思います。だから音と一緒に映像が出てくる感じです。大昔からの音読でそうなったんだと思います。難しいなととか、集中したい時に音読します。分からなければ何度も音読して意味をとろうとする癖があります。ニュース記事とかでね。PBは集中できるまで音読して、読み返しはほとんどしてません。

前にも書いたような気がしますが、英語は表音文字なので、ネイティブの方々も実際にはそうやって読んでいるんじゃないかなと想像しています。いや、専門じゃないのでええ加減さはおゆるしください。

頭の中で英語→日本語転換がつねに起こっていたら、英文をもっと完璧に理解しないと逆に意味不明になってしまうのではないかと想像します。それだとスピードを上げるのが難しかもしれません。英語によっては、特に小説はそこまでしなくても楽しめるのではないかとも思いますが。どうでしょうか?

日本語でも読んでいて知らない四字熟語とか熟語がでてきても「なんとなくこんな感じ」と前後で判断して読んだりすることありませんか?私の英語を読むときはそんな感じです。だから成長しないのか?(笑)完璧には意味をとらえていない難しい四字熟語を難しい英語表現に例えて、英語の音をそのままなんとなくでほっとく感じです。日本語でも完璧に理解できない時ありますよね。子供の日本語をきいているとよくそう思います(笑)でもそれでも使おうとしたり、年齢にあっていない本を平気で読んでいるのを見ると、自分が英語を読んでいる姿に重なります。

これが翻訳者や、通訳者だともっと鮮明にしなくちゃいけないからすごい作業になるんだろうなと想像します。

読んでらっしゃった英文がどのような種類のものかはわかりませんが(実ビジかな?)、学校英語で訳すことを強いられてきた私たちは、どうしても完璧さを求めてしまうのではないかと思います。英語読書に関してはそこまで肩肘はらないで大丈夫。こんな私でも英語読書を楽しんでいるんですからね。

もし英文が実ビジなら、あれは私が思うに「書き文字を話している」感覚です(笑)難しいと思います。暗唱しても次の日には暗唱できません。でもそれでいいと割り切ってやっていました。暗唱はいったん頭に入れる作業であって忘れてもいいと思います。最近は暗唱作業はやっていないです。今は「音読パッケージ」モニター中です(笑)

場合によっては文法をすると見えてくるものもあるかもと思います。奥が深いですからね。英語の構造を理解するには文法は大事だと私個人は思っています。あと上にあげた構文も知っておくと楽になります。

でも「ええ加減英語」の私は実はあまりそういうこと考えて読んでいません~。昨日もJapan Times Weeklyを読んでいて気が付いたのですが、スラッシュを打って、単語を調べて。1回では「えーっとやね。??」となりました。で、何をしたか。

やっぱり「音読」しました(笑)私の場合は不思議と音読したほうが意味が頭に入りやすいです。

ご参考になるものがあればいいのですが。お答えになっていなかったらすみません。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

念願のインド料理

きょうもお越しいただきありがとうございます。
いつものことですが、またまた暖かい拍手コメントをいただき感謝しております。ありがとうございます。
ブログ続けていてよかったと思います。素直にうれしいです。あったかいですねえ。皆さんのおかげで心ほっこりです。

お一人お一人に御礼もしあげられなくて本当に申し訳ありません。名無しさんも何人かの名無しさんがいらっしゃって、文の内容から「この方は前の方かなあ。」とか想像しながら読んでます。いつも感謝しています。

結局、昨日は「ブログお休み宣言」してたくせに、教育ブログちょろっと書いてから前に質問を受けていた「英文の読み方」の考察の原稿を書きはじめてました。また今度UPしますね。いや仕事もしてましたけどね。試験前の先生って感じ~。今日は作った試験の模範解答が間違っていて、大物の先生に「間違ってますよ~。」とご指摘を受けました。わはは。でもめげない私。ここぞとばかりに「先生教えてください!」と疑問に思っていた文法書なんかにのっていない質問を答えてもらいました。すっきり。なかなかお声をかけにくいからよかったです。うちの夫も「歩く文法書」ですが、その先生はもっとすごい。もっと気軽にきけたらいいのになあ(笑)

今日いただいたご質問もよく考えておきます。またの宿題にさせてくださいね。すみません。時間がもっとあればいいのですがね~。

子供の週3回の塾が始まって3周目。1週目は夫と3回外食しました。そのあと子供を迎えに行く。
でもね、それでもう外食は飽きました。次の週の一回はカレーを作り置き。この前はスパゲティー。

そして今週からカレーが定番になりました(笑)

外食が増えると、家で作る、取るに足らないようなメニューでもすごくおいしく感じ始めた私たち。野菜炒めとお味噌汁だけでも「なんかおいしくない?」と言ったぐらいです。お米も家と外ではおいしさが全然違います。(お米は母がおいしいのをまとめ買いしてくれました。ありがたや)

以前は週末は結構外で食べていたんですが、それもしなくなってきました。「お家で粗食でもいいから食べよう。」という気に。

120224_1951~02それはまあいい結果と言えばいいのですが、ママは大変ですな。洗い物はいやですねえ。お皿洗いだけじゃないですもんね。シンクにたまった生ごみの処理とか、シンクをあらったり、コンロや、フライパンとかの大物。食器洗い機に掘り込むだけじゃすまないから、夜遅いとげんなりしますよね。まあええ加減な主婦ですが(笑)

でもね、今日は外食しました。楽しみにしていたこれ、私のかねてからのお願いを夫が聞き入れてくれました。インド料理~。
ナンが大好き。夫はご飯系でした。ああ、おいしかったです。幸せ~♪

2月25日(金)の英語 (だいたいですが取り組んだ順番に書いてます。)
音読パッケージ
ぐんぐん英語力がアップする音読パッケージトレーニング 中級レベル(CD BOOK)
ぐんぐん英語力がアップする音読パッケージトレーニング 中級レベル(CD BOOK)
クチコミを見る
パッセージ71~75 子供を送った後止めたカフェの駐車場の中で。
車の中でぶつぶつやっていた怪しいおばちゃんは私ですよ。今日はそんなに駐車場が混んでいなかったのでできました。通勤の車の中ではその前の復習してました。予定が押しているので、がんばって仕事から帰ってウォークマンに掘り込んでやりました。

そうそう、昨日職場でネイティブ講師の先生と隣でPC使ってたので、お話しながら仕事してたんですが、口からけっこう言いたいことがつらつら出てきたのでうれしかったです。最近オンラインも週に1回できればいいほうなので、英語を口にするのは、ほらほら↑の「音読パッケージ」のリピートだけなんですよねえ。効果があるのかな?いやわかんないですがね。文法書や辞書に乗ってない細かいことを質問できてよかったですわ。海外の友人にわざわざ電話して聞くのもね。普段部屋が違うので、そばにいてほしいなあ。ごめんよ、でも便利アルよ。春からはもっと気軽に聞ける環境を願う私です。

「発音やイントネーションを合わせるにはどうしたらいいか。」とのご質問。またよく考えますね~。実は私は発音は「日本語英語でも悪くない。」とも思っています(笑)まあ流暢に聞こえることにこしたことはないですがね。

News Reading : The Japan Times Weekly
カフェでスラッシュを入れながら1面を読みました。朝は仕事してて時間がとれませんでした(涙)昨日から「読み方の」記事書いてるから、ちょっと意識して。いつもはええ加減なんですよね(笑)でも、Japan Timesは簡単じゃないと思うのですが(汗)The Daily Yomiuriと勝手が違うぞ。シリアの情勢が悪化していて、もうすでに内戦状態ではないかというお話です。スラッシュつけながら知らない単語を調べてもう一回読み返しました。気づきはまた記事でUPします。

英語読書
A Very Long Engagement
A Very Long Engagement
クチコミを見る
~158page/327pages
く、苦しかったです。半分まで来ました。登場人物が多いのと、その登場人物がニックネームがついている人もいて最初は人物がなかなか特定しにくいです。今も特定できていないのもあるだろうな(汗)→メモはとりません。日本語でもそうことってよくありますよね。それと同じ。今のところは、手紙のやり取りが続きます。半分まで来てやっと動きがでてきてちょっとずつ内容がわかってくる感じです。


今日は帰宅してから「ブログUpしようっと。」と思ってPC立ち上げたら、「ママ一緒に寝て。」と言われて子供が寝るまでPB読んでました。でも5ページぐらいで寝てくれたホッ。

子供は今日はついに学級閉鎖でお休みでした。こんな時にはいつもやいのやいのと言われるおばあちゃんに感謝です。仕事に出れます。週に3度の弁当も少しは慣れてきたかなあ。でも昼寝ができないのがちと玉にきずですね。

今日は暖かくてうれしかったです。車で思わず少しだけ冷房をいれたほど(笑)でもまた寒波がくるそうですね。がくがくぶるぶる。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
明日もがんばりましょう!

やっぱり「One for all, all for one.」

今日もお越しいただきありがとうございます。今日は雨でしたが、幸い気温が高かったので体調がずいぶんましでした。昨日と体の動きが全然違いました。うれしいなあ。足が冷えるととたんに体調が悪くなってくるのがわかるんです。やっぱり私は冬眠中のような気がするなあ。

「ブログを休んではどうですか、強迫観念化してませんか?」とコメントをいただきました。ありがとうございます。強迫観念はあんまりないんですが、集中するたちです(笑)もうお気づきだとは思いますが、打つのもかなり早い方です。UPしてから間違いみつけて大変。だだだーっと打っちゃいます。昔の英文タイプの腕が生かされています。そうそう、電卓打つのもかなり速いです(笑)最近は思いついたら、まただダーッと雛型に文を流し込んでいきます。文章が下手なりに書くのは大好きです。

まあ、試験は確かに自分を追い込んで強迫観念化しないと働くママにはかなり無理がある作業でもあるんじゃないかと思います。(うなづいているママは多いはず)ほんとに時間の確保が大変だと思います。英検でその癖がついたのかもしれません。ここに来るママさん方も朝子供の寝ているうちに勉強されたりしてる方もいらっしゃる。私の友人で仕事の準備を朝の4時とか5時に起きてやっている人もいます。子供の数が増えるとその確率が高いです。私なんかよりもっとたいへんだなあといつも尊敬しています。どうやって洗濯物を畳む時間を確保してるのかとか考えちゃいます。フルタイムで働きながら英語もできて、子供の教育もきっちりやってらっしゃる方もいらっしゃいます。みんな大変。そのうち忙しくてブログに来なくなった方々もいらっしゃいますしね。(笑)みなさんお元気かなあ。

こんなブログでも毎日楽しみしてくださってる方も数名いらっしゃるようで、うれしい限りなんですよね。ありがとうございます。だと、思うんですが(汗)最近は訪問者の数もふえてますが、楽しんでいただいているのかは分からなくなる時もあります。ただのウォッチャーの方ももちろんいらっしゃいますから。とういうか、ブログは大半がそちらですかね?

でも自分の好きなことを書けて、なおかつ読んでもらえるというある意味矛盾をはらんだことを実現してくれるブログという特殊な形では仕方のないことですからね。これだれも見てくれないとまた続かないもんです。でもたった一人でも「angelと一緒に頑張ろう」って思っていただけるだけでも感謝です。ほんと、再び引用させていただきますが、

One for all, all for oneですね。

この先また日をおいてする日もあると思います。

独身の頃から大量の映画を一度に観たり、編み物、洋裁、DIY、インテリア、石鹸や化粧品作りなど、はたまた、幼児教育、子供英語など、かなりの密度でやってしまいます(笑)いや実はほかにも集中してやってたことはあるんですがね(笑)自分でも思いますが、近しい人には「趣味の人」と思われてるようです。

こんなふうに書くと、まるでいつも音速で動いているように聞こえますが、実は超マイペースです。夫は私の「のんびりしたところ」がいいと言ってくれています。ホントですってば!夫の両親にも「おっとり母子」と呼ばれてるんです~。ホントですってば!

ブログも「春からは毎日はできないかもしれない」という気持ちもあるのでできるときに書いている状態です。というかできるうちにできる勉強をしているという状態です。ブログはあとで結構自分にとっても役にたっています。これがないと勉強できないし(笑)

120222_1837~01週日はかなり忙しいですが、実はこう見えても休みの日で許される日は朝ごはんも作らず寝ています。昼までねてまた夕方に昼寝(夕寝?)します(笑)先週は忙しかったのと、仕事がちょっと忙しい時期なので、しわ寄せがきたようです。おととしと去年はもっと体調が悪かったです。今年は寒いのが災いしています。今日は暖かいので、手足のむくみもましです。

でもご心配本当にありがとうございました。せっかくご心配していただいたので、感謝してちょっと自重しますね~。じゃあ。お言葉に甘えて明日は仕事が忙しいので休みます。→結構素直(笑)

写真は今日のミスドです。表紙がちょっとね(汗)ヌードじゃないですがね。

2月22日(水)の英語 (だいたいですが取り組んだ順番に書いてます。)
News Reading : The Japan Times Weekly 
朝ごはんを食べながら。
今日はイギリスの「棺桶ブーム」についての記事を読みました。日本でも生前葬とかいろんな形で生前に自分のお葬式をデザインしたりいろいろ本も出てましたよね。イギリスでも棺桶をデザインする会社があるそうで、電車だったり、グランドピアノだったり。若くしてエイズの人は作った棺桶をリビングのコーヒーテーブルにして来る日を待っているそうとありました。

音読パッケージ
ぐんぐん英語力がアップする音読パッケージトレーニング 中級レベル(CD BOOK)
ぐんぐん英語力がアップする音読パッケージトレーニング 中級レベル(CD BOOK)
クチコミを見る
パッセージ66 ミスタードーナツの駐車場で66をやったんですが、あまりにもお待ちの車がウロウロしていて車の中に居ずらくなって、ミスドに入りました。ほんとは5つ単位なんですが、残りを何とか今日中にやって明日の車は復習にしたいです。

英語読書
A Very Long Engagement
A Very Long Engagement
クチコミを見る
~85page/327pages
前回と同じ第一次世界大戦を扱ったもので、戦争用語もたくさん仕入れたし、映画も見たから気軽に読み始めたんですが・・・。フランス語が原書なので、どうも勝手が違います。映画もおぼろげにしか覚えてないし、フランス語由来の英語が多いからかな、そのままの単語を英語表記で使ってるのか?みたいな感じをいだきます。要するに、ちと難しく感じるってことです。前が1時間50ページ以上読めたので、あまりの落差にくらくらしています。特に戦闘シーンは目が踊りますな(笑)それに人称がつかみにくいです。ロマン系だからか?イギリス人の友人が英語で読んでそのあとフランス語を見つけて「これ面白かったから原書で読もう♪」と買ってたんですがね。くうう。アメリカ英語のPBと比べるとヨーロッパの方がちょっと読みにくい場合が多いと思っているのは私だけでしょうか?しばらく耐えてみます。



今日は仕事が忙しくて午後帰宅するのが少し遅れたらもうお昼を食べる時間が無くなってしまったので、子供のお弁当を作りながらつくったカレーを出る前に食べました。これで夜食べなかったら健康にいいですね。そうは問屋が卸さない(笑)今日は夫の真似をしてカレーにラー油入れて食べたらおいしかったです。シャトルシェフで作ったからというのもあったかも。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
明日もがんばりましょう。あ、明日はお休み宣言したのか。

とにかくいい一日を!

喉元過ぎれば

きょうもお越しいただきありがとうございます。おお、今日もジャーナル更新できた!

でも一日の半分以上を仕事で費やしてしまったので予定通りにできませんでした。残念。
でもこれでもましです。今は3年生の授業がないので、1つテスト作りが減りました。それはうれしい。

去年まではこういう仕事がなかったので楽だったなあ。1つでも苦しいのに今までどうやってやってきたんだろうか?と喉元過ぎればそう思います。英検もTOEICもそうだったんですね。仕事をしながらもやってたような気がします。ブログをここまで更新していなかったかもしれません。でも、ブログを書くようになってから、もともとそうですが、もっと時間をすごく大事に使うようになりました。

これからも一日一日を大事にやっていきたいです。

2月21日(火)の英語 (だいたいですが取り組んだ順番に書いてます。)
News Reading : The Japan Times Weekly 朝ごはんを食べながら。
子供を学校に送り出してから30分後にオンラインレッスンをとっていたので大急ぎで食べながら読みました。2面の小さい6記事ほどの1ページ分。ホイットニーヒューストンのことが書かれていて、「薬物中毒で、亡くなる直前はdisheveled でsweatedな状態で姿を現していた。」そうです。disheveled「乱れた」は1級単語ですね。映画「ボディ・ガード」は当時ケビン・コスナーの超ファンに引っ張られて映画館で見ました。すでに見ていたので2回目だった。ご冥福をお祈りいたします。

オンライン英会話:QQイングリッシュ  Jelly先生 カラン50分レッスン
私がオンラインレッスンをまともにとれるのは今のところ月曜日か火曜日の朝だけです。あとはなかなか難しい。4月からはオンラインレッスンが取れるかどうかは未定。たぶん取れません。その分ネイティブと仕事を通して話せるといいんですが、持つ教科によりますしね。まだわからない。で、今は今後英語を「教える」ということと、「話せる」ということを前提にリスポンスを早くしようと、もう一度きちんと基礎レベルを固める目的もあってカランレッスンをとっています。文法用語もちらほら出てきて私にはいいです。案外完璧に話していないんですよね。特に冠詞は話しているとあやふやになってくる。中学生を教える可能性もあるからすごく大事。それが確認できていいです。が、

でもこれ集中レッスンをとってもかなり時間がかかります。今日Stage 1が終了したんですが、最後に「これStageいくつあるの?」ときいてみたらStage12まであるそうです。Stage1は通常10時間のレッスンが必要とどこかで見ました。私はだいたい3レッスンで終わったので、2倍から3倍の速度で進めるとしても、ケンブリッジ英検FCFレベルまでも普通の人で160時間。ということは、最速でも50レッスン以上とらないといけないのか・・・。気が遠くなりますな。どうしようかな・・・。

ケンブリッジ英検は独身の頃に受けてすべったことがあります(笑)今はIELTSの方が主流なんでしょうかね。まるまる1日拘束で受験料が高かったのを覚えています。

音読パッケージ
ぐんぐん英語力がアップする音読パッケージトレーニング 中級レベル(CD BOOK)
ぐんぐん英語力がアップする音読パッケージトレーニング 中級レベル(CD BOOK)
クチコミを見る
パッセージ61~65 2順 洗濯物を干しながら、掃除機をかけながら5×2回しました。1順の5回のうちは2回がシャドウイングです。文法はそれほどでもないんですが、冠詞や複数形に引っかかります。まだまだですねえ。

英語読書
A Very Long Engagement
A Very Long Engagement
クチコミを見る
~20page/327pages
子供のピアノを待つ間。ちょうどpart1が終わりました。これはKindleではなく、PBです。昔映画を見ました。フランス語の映画。アメリやダヴィンチコードのお姉ちゃん主演の映画です。フランス語から英語への翻訳です。昔友人が英語とフランス語両方で読んでいたので(いいなあ)、見かけてつい買ってしまいました。これも戦争シーンがあります。


今日はお昼ぐらいからテスト作りに奮闘していたんですが、大きなテスト以外にソフトを使って小テストを作ろうとしたら、ソフトの不具合なのか、うまくつくれず時間がくいました(涙)くうう。いつも時間との闘いなのでこういう無駄は困るんですよね。寝る時間が減る。ただでさえ日々の20分昼寝をけずっているのかあだになって、口の周りにヘルペスができてきて、ふくらはぎがむくんできてます。これ危険信号なのでなんとか体を休めたいです。え?英語読書の時間減らせって?そうするしかないかも(涙)

今から仕事して洗濯干して寝ます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
がんばりすぎない程度にがんばって明日もがんばりましょう!なんのこっちゃ。

英語読書日記 War Horse 戦火の馬

War Horse
War Horse
クチコミを見る
Author :Michael Morpurgo
Period:February19th~20th
Category:Fiction<Children 8~
Pages: 192pages 

Total recommends:
★★★★★
Difficulty:★★☆☆☆
Story
:★★★★★
Can't-sleep-degree:★★★★☆
Romance-packed-degree:☆☆☆☆☆
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:☆☆☆☆☆

映画「戦火の馬」の原作
これまた大人も読めて感動の秀作の児童書 英語学習者に超おすすめ!

映画のトレイラーも合わせてどうぞ2012年3月日本公開だそうです。


どんなお話?(最初だけです、ご安心ください):
ウマのお話です。イギリスの農場の少年Albertが一目ぼれした仔馬をJoeyと名付けてかわいがるんですが、時代は第一次世界大戦に突入。暮らしに困ったAlbertの父親が戦場に赴くためにいいウマを探していた陸軍の将校にJoeyを売ってしまいます。Albertと別れ別れになったJoey。戦場でJoeyはいろんな経験をします。Joeyはたして大好きなAlbertと再び再開できるのか。Joeyを通して考える戦争とは。愛とは。馬と人間達の交流を描いた感動作。

これもたまたまアメリカアマゾンでDVDを物色していて見つけたものです。最初はDVDを見つけて本もあったのでクリックしました。「児童書をスピルバーグが映画化?これは感動ものに違いない。」とサンプルをポチットしてました。日本で公開とは原作を読み始めるまで知りませんでした。けっこうタイムリーでしたね。

で、またまた大当たり。大人も「いやこんな奇想天外な子供っぽいのはダメ」という気にはなりません。どこまでもリアリティーがあります。で、英語も児童書なので読みやすい。私たち大人の英語学習者にぴったりだと思います。映画は子供向けのお話を膨らましてもっと映像で楽しめる内容になっているのではと想像しています。

最初は語り手が誰かわかりにくくて「あれ?」と思いましたが、実は語り手は馬のJoey。馬の視点を通して馬と人間の交流を描いていきます。前にも犬のそのパターン読んだことありますが、これはやられますよ。人間じゃなないところに客観化されて尚一層感動を誘います。私はサンプルをまず前の晩に読んでから、昨日全部読みました。ほとんどマクドナルドで(笑)おそらく3時間位で読めたと思います。マクドで目に涙を浮かべながら読んでいたおばちゃんは私です。

英語レベルは8歳からとあるので非常に字が大きくて読みやすいです。ほんとは★ひとつぐらいですが、出てくる単語が最初慣れるまでわかりにくいかなと思ったので、これも1,5個ぐらいの感じです。第1次世界大戦を描いているので、いわゆる兵隊用語がわかりにくいかなと思いました。あと馬関連ですね。馬関連と戦争関連は読んだことがあればそんなに気になりません。もしそれを飛ばしても、十分タドキスト読みでも感動がありますから大丈夫。

ちょっとあげると、
jobhpurs 乗馬ズボン
neigh 馬のいななき
squadron 騎兵大隊
fodder 馬の食べ物
bivouac 野営
infantry 歩兵
bugle 軍隊ラッパ
fetlock 馬のけづめ
bandoleer 弾薬帯
lancer 槍騎兵

などです。ストーリーに直接関与するのは避けてあるのでご安心を。けっこう難しいのありますね。これが児童書か・・・。

原作を読んで納得。どおりでスピルバーグが映画化する訳だと思いました。舞台がヨーロッパでイギリスの牧草地もたくさん出てくるし、ハリポタで有名なカールスクームも出てくるそうです。ちょっと映画「プライベート・ライアン」を思い出しました。内容は違うけど戦場を生き抜くという話。あれもスピルバーグですよね。ディズニー映画なので、子供を連れていこうかなあ。3月公開だそうです。

いや、ほんとよかったです。一日で読もうと思えば読めます。

今日は今から家事を済ませて仕事です。今日中にしないとお尻に火がついている状態です~。だから次の本に手を出すのは終わってからにします。くすん。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Full stop

今日もお越しいただきありがとうございます。今日は2回目の更新。

実は、昨日毎日ブログを更新していることが夫にばれて、「あんたこんなことしてる暇あったら、早くテストつくり。」とちびっと怒られました。だから今日もテスト作らないで自分の英語とブログを優先してるのでこっそり書いてます。内緒ですよ。

TOEICでも少し書きましたが、テストを受ける際にすごく意識したらいいなと思ったことは。

「客観性、論理性」だと思いました。英語の特性でもあります。

例えば4つの選択肢の答えがあると、明らかに違う答えは1つとして、あとは間違いを導き出す「ひねり解答」が用意されています。そこで大事なのは「事実のみ答えてるもの」が答えであるということです。少しでも想像が入ったらアウト。「彼女は怒り出した。」なんて動きと感情の入った解答はあり得ないということです。

それに気をつけると少しはましになったような気がしたかな?
とかいいながらまだ偉そうに言える私じゃありませんが、
また追々気づきやその時に伝授してもらったことをUPできたらしますね~。

まだまだ修行の日々です。
一緒にがんばりましょう。

2月20日(月)の英語 (だいたいですが取り組んだ順番に書いてます。)
News Reading : The Japan Times Weekly 朝ごはんを食べながら。これ、1部を1週間で全部読むのはかなり苦しいことに気が付きました。すでに新しいのが届いていますが、前のが半分も読めていないので、今朝は先週号の記事を2,3記事読んだ後、ざっと見出しを見ました。それに英文は私にとっては全然やさしくないです。The Daily Yomiuriの方が断然読みやすい。もうちょっと時間を割かないとだめかなあ。すぐPBに走る私だし。でもこれで少しは世の中の動きがわかっていいです。今日はFacebookが株式上場したお話とかを読みました。

オンライン英会話:QQイングリッシュ  Jelly先生 カラン50分レッスン
カランレッスンをするにはリスポンスの速さが命なんですが、それは教える側にも共通です。先週の先生もよかったけど、Jelly先生もリスポンスが早い。発音もきれいです。ほとんど私語を挟まない授業ですが、終わった後はけっこう疲れます。先生も疲れるだろうなあ。今のところは初級なのでかなりのスピードで進めてくれているようです。初級でもやっぱり学びはあります。発音や冠詞の使い方まで指導されるのでいいですね。でも意識してないとまた間違えますがね(笑)それと、普段「ピリオド」と読んでいるものの別名を知りました。「Full stop」と言うそうです。そういう基本的なこと案外知らなかったりするんですよね。明日もJelly先生とってみました。でもポイントがなくなってしまったので、次どうしようかなあ。カランは高い。


実践ビジネス英語 Lesson22(1) Welcome Mat for Business Travelers ストリーミング、同時読み6回音読10回。
ストリーミングを月火で聞いておかないと、こなせない今日この頃です。4月からは仕事が増えるのでどこでこれを聴く時間をとろうか悩んでいます。できるかなあ。

音読パッケージ
ぐんぐん英語力がアップする音読パッケージトレーニング 中級レベル(CD BOOK)
ぐんぐん英語力がアップする音読パッケージトレーニング 中級レベル(CD BOOK)
クチコミを見る
パッセージ61~65 テキストを使って1順。子供を塾に送ってマクドの駐車場の車の中でぶつぶつやっていたおばちゃんは私です。どこでも私の勉強部屋。

英語読書
War Horse
War Horse
クチコミを見る
87%/192pages Kindleで。マクドナルドでただのコーヒー券とメープルパイ合計120円でほぼ一冊近くを読み続けて数時間ねばったおばちゃんは私です。いつもすみません。今日はすいてたからゆるしてええ。



今日は歯医者も行かなくちゃいけなくて大変でした。ブログ書いてるからやろという声が聞こえてきそうですな。

今日の塾弁:スパゲティミートソース。サラダ。キィウィフルーツ。
私たちの晩ご飯:スパゲティミートソース。サラダ。

今日は外食をやめようとメニューを立てたら、「ママお弁当にそれ入れて。」保温弁当にミートソーススパ詰めてみました。でも迎えに行ったら、「今度からミートスパはいいわ。」どうもおいしくなかったようで、帰宅して私たち夫婦ともう一回ミートスパを食べてました。「やっぱりお弁当に入れないほうがおいしい。」また夢の簡単弁当メニューが消え去ろうとしています(涙)帰宅したらすぐにお風呂にいれて寝かせようとしたのに、時間が押して大忙しです。これがあと3年続くのか・・・。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
これでFull stop.→使ってみたかっただけ。
明日までにテスト作らなきゃ(汗)

明日もがんばりましょうね♪

1月TOEIC結果

さっき、メールが届いていたので覗いてみました。
わはは。けっこう思っていた点数でした。

Listening 490点
Reading 420点
Total   910点

Readingが確実に点数が落ちることを確信してたので予想通りでいした。あの状況でこれだけ取れただけでも御の字です。でも幸いに900点あってよかった。トータルしたら10点下がっちゃいましたね。

Listeningはお隣の人もおとなしかったので、勉強したことが生かせたんだと思います。

でもびっくりしたのは直前に解いた「リアル模試」とほぼ同じ成績です。やるな花田先生。
今回はReadingに特化して勉強したことが生かされていなくて残念でした。文法かなあ。やっぱもっと問題数をこなさないと無理なんでしょうかね。

今回使用した問題集は以下です。ほぼ。やった順です。
Part7対策
新TOEIC TEST読解特急3 上級編
新TOEIC TEST読解特急3 上級編
クチコミを見る
読み物として楽しみました。

Part5,6対策
極めろ!リーディング解答力 TOEIC TEST Part 5 &amp; 6
極めろ!リーディング解答力 TOEIC TEST Part 5 &amp; 6
クチコミを見る
これ、やらなくてもいいと私は思いました。凝りすぎ。全般的に固めて時間をかけてやりたい人向き。1度通しでやって、間違えた問題を2順目にやりました。おすすめしません。

解きまくれ!リーディングドリル TOEIC TEST Part 5 &amp; 6
解きまくれ!リーディングドリル TOEIC TEST Part 5 &amp; 6
クチコミを見る
上の青より新しいのでまだこちらの方がお勧めです。このシリーズは難易度が高いと思います。2順したような気がします。しかしまだ癖があるような気がするのは私だけ?

新TOEIC TEST 900点特急 パート5&6
新TOEIC TEST 900点特急 パート5&6
クチコミを見る
これも900点以上の問題。かなりツボをついてきます。でもこれだけやってると逆に基本的な問題を見ても「もしかして裏があるのか?」という気持ちになります。基本問題と抱合せで使わないと逆効果。1回やりました。

イ・イクフン語学院公式厳選ドリル〈VOL.1〉TOEIC TESTリーディングPart5&amp;6
イ・イクフン語学院公式厳選ドリル〈VOL.1〉TOEIC TESTリーディングPart5&amp;6
クチコミを見る
これは仕上げ用にいいです。バランスが取れていました。最新なので癖が少ないし、傾向と対策も練れていると思いました。すぐできる。これは1順して間違えたところを試験直前にやりました。

新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編
新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編
クチコミを見る
1順やりました。これは結構すぐれもののような気がします。以前から持っていたものをまたやりました。

試験直前までに解いた問題数は重複も合わせておよそ2500問ほどです。1月で解いた数です。

総合編
TOEICテスト超リアル模試600問(CD-ROM付)
TOEICテスト超リアル模試600問(CD-ROM付)
クチコミを見る
ほぼ現状に近い自分の成績を図ることができると思いました。よくできています。

でも、以上の問題集をやっても前回より30点足りない。前回はリーディングは450点でしたが、問題集は特急本を試験直前にぱらぱら試験会場でしたのみ。リスニングはオンラインレッスンでpart1,2対策が効いたかもしれませんが、オンラインレッスンでは実はリーディングの方に時間を割いていました(笑)

で、これらのことから自分で導き出した結論は

「問題集」をやっても、ほかの取り組みをやってもさほど点数は変わらない。ということです。
というかやっぱ水もののような気もしないでもないです。

問題集をこなしても、点数にはそう簡単には反映しないと思いました。それなら、もっと楽しく英語のシャワーを浴びて、少しだけ特化するといった形の方がかえって点数が上がると思います。今回は「問題集重点バターン」でわざと実験的にやってみました。でも問題集はいわゆる「特有のへんな問題」以外は文法の勉強にもなったともいえますがね。でもそれだけでは総合力はつかない。

まあ、試験前はものすごいハードスケジュールだったので、何とも言えないですが。今後リスニングもこの点数を超えることはないような気がします(笑)集中力がもちません~。

「試験を受ける」と公表するとプレッシャーがかかっていい場合もあるけど、悪い場合もありますからね。これから受ける皆さんは受験を公表しなくちゃいけないとか、点数を公表しなくちゃいけないという縛りを自分にかけなくてもいいんじゃないかなと思います。私もそうでした(笑)今回は公表パターン。自分のペースでやっているようでかえってできていない場合もありますからね。諸刃の刃。

以上とりあえず、TOEICご報告でした~。

記事検索
ギャラリー
  • 英語を好きになってほしい
  • 英語を好きになってほしい
  • 終了!2017年春期講習
  • 終了!2017年春期講習
  • 春期講習2週目終了
  • The Sleep Revolution
2017年の洋書本棚
2016年の洋書本棚 50冊
2015年の洋書本棚 60冊
2014年の洋書本棚 35冊
2013年の洋書本棚 50冊
2012年の洋書本棚 95冊
2011年の洋書本棚 50冊
2010までの洋書本棚 34冊
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
  • ライブドアブログ