2012年05月

英語読書(耳読書No.16)日記 The Long Way Home (Audible)

The Long Way Home
The Long Way Home
クチコミを見る
U.S.Amazonの( audible. )で Unubridged版をダウンロードしました。

Author : Karen McQuestion
Period: May 27th~30th 2012 (4days)
Category:Comtemporary Fiction
Length: 8 hours and 50 minutes (336 pages )

Total recommends:★★★★☆
Difficulty:★★★☆☆
Story:★★★☆☆
Can't-sleep-degree:★★★☆☆
Romance-packed-degree★☆☆☆☆
Adventure-packed -degree:★☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:☆☆☆☆☆

アメリカの広い大陸をウィスコンシンからラスベガスまで車で旅をするという、映画だと「ロードムービー」と呼ばれる感じの雰囲気一杯です。ほんと良質の映画をみている気分できかせてもらいました。とってもチャーミングなお話です。

出会いはちょっと特殊な能力のあるジャジーが急に自分の第六感に導かれるまま訪れた地域のカルチャーセンター。そこでは「grief group therapy」みたいな講座が開かれていて、それぞれに家族と死に別れた人が集う活動が一室で行われていた。そこに導かれるように入っていくジャジー。そこで彼女は実の娘を殺された、リタ、夫が急死し義理の息子を泣く泣く手放したマーニーに出会うのだった。やがてマーニーの家主であるリバートも巻き込んでマーニーの義理の息子に会いに来るまで皆で旅にでることになる。

スリルとサスペンスじゃなくて、ロマンスじゃなくて、ファンタジーじゃなくてという話に出会えたという感じです。

ひょんなことから出会った女性4人がラスベガスに向かって旅に出ることになる。その女性もそれぞれ全く世代の違う女性。普段なら全くつながりがない。旅を通して、友情を、そしてそれぞれの人生を見つめなおし、新しい人生を発見していくというとても心温まるお話でした。


殺人事件も疲れたし、恋愛ばかりも疲れたし、肉弾戦にも疲れたし(笑)という大人の女性にピッタリな、まったりお茶しながら読める(聞ける)アメリカらしい物語。20代の人も、30代の人も、50代以降の人もそれぞれに投影できるキャラクターが出てくるので非常に入りやすいです。日常の延長にある非日常的な出来事を描いています。

→最近はいろんなジャンルを並行して常に複数読むので、私はあんまり辟易ならないですねえ(笑)それもあり、なんてね。

この作品は読んだ後、偶然が導くそれぞれの人生に「ああ、捨てたもんじゃないな」と思わせてくれるさわやかな読了感があります。小休止にもってこい。

派手じゃないけど、映画でも、小説でもこういう話、私は大好きです。心温まりますね。 昨日、中途半端に残り30分ほどだったので、眠い目を必死で開けてベッドで寝る直前に聞き終わりました。Ipodに新しいAudibleを入れるのに同期すると、今聞いているものがまた上書きされるので、翌日の分を朝入れるために。ほんとはなんとかできるのかもしれませんが、機械音痴の私がここまで使えるようになっているのでまあいいか。ちょうどきりよくきけましたしね。朝に新しいAudibleダウンロードしました。

 5月でなんとがんばって耳読書だけで、6作品もきけました。(これ打つまで5作品だと思っていた(笑))手があかない分、運転しながら、歩きながら、試験の採点しながらなので、耳読書しかできないのが現状でした。耳が進化してるのかどうかはほんとなんともわかりません(笑)

目読書と耳読書で月に平均8冊ぐらいをこなしていくと、(裏読書を合わせるともっと())今度「次何読もう?」だからwish listに入れてあるものを片っ端から聞き、読みあさっている感じです。

この作品も実は目読書で読もうと思ってポチッとしてあったんですが、耳になりました。
さて、次に聞いているのは、読者の方が教えてくださったたぶんBeach readingと言われる種類の小説。今朝から2時間半ぐらい聞きました。→やっぱり採点しながら聞いた。

The Geometry of Sisters: A Novel
The Geometry of Sisters: A Novel
クチコミを見る
Audibleを聴いてると、なぜか、最初の時間はちょっと気がそがれます。1時間以上は耐える感じ。これは目読書でも同じですね。最初の20%を超えるとちょっと把握できる感じです。登場人物がだいたい揃うまで方向がわかりにくいです。読むより聴くのはさらにわかりにくい。今聞いているのは久々に二人のナレーション。しかも1人称と3人称が交互に出てきてややこしいので、ちょっといつもより時間がかかりました。

だから最初に「この人は誰だっけ?」と思いながらも、ストーリーを追っていくうちに「ああ、そうか」となる。そんな感じで読んでます。耳だとそれがさらに強い感じになります。

でもこれも「自分探し、家族の再生」を描いているような感じです。これもいいですねえ。タイトルに惹かれました。
英検1級の語彙をやってる時に覚えた単語です。

さて、実は今日目読書も読み終わったので、それもまたUPしたいんですが、この原稿も途中まで子供のピアノ待ちの間に打ちました。(マクドでは無線が弱くて途中でダウン。なのでワープロに原稿打ってコピペしました)目読書の分は今日は無理かなあ。

どうも細かい仕事が増えて、なかなか立ちゆきません。くすん。進むのは耳読書のみ。それだけでもできて感謝の気持ちを忘れたくないです。

今日は胃薬飲んで早めにねます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

明日もがんばりましょう。

久しぶりのKey-eye

今日もお越しいただきありがとうございます。カフェでーす。

PC持ってくるとついブログUpしてしまってだめですねえ(笑)勉強しいや→自分に言ってます。

今日は仕事から帰るのがちょっとおそくなりました。ちょっといろいろ雑用をしてるともう大変。
オンラインのレッスンの予約時間に間に合わない。もちろんお昼ごはんも後回し。

帰ったら予約時間の2分前。急いでPCを立ち会あげると、もう先生からコンタクトが入っていました。

今日はJinky先生とフリーチャットをしました。ていうか、何を選んでもほとんどフリーチャットになってしまいますがね(笑)勉強しいや。

オンラインレッスン、久しぶりです。Key-eyeはカメラがないからQQとはまた違いますね。
「今帰宅したばっかりでまだ息が切れててごめんね~」とちょっとずつ自己紹介から話し出すと、
「え?なんかちがう」といつもの反応でした。

「顔が見えないから、英語だけ聞いてるとすごくイギリス英語に聞こえるんだけど」とお褒めの言葉。いや日本語訛りもはいってるけどな(笑)でもそれいうと、「いやすごくブリティッシュサウンドだよ、ナニ人かなあと思った。」といわれました。抑揚とかかな?褒められてうれしいけど、読者の皆さんに誤解されるといけないので。

もちろん、まだまだです!

先生の褒め殺しに「いや、間違えたりするのも気にせず、堂々と話し切るからだと思うよ。それに話してると英語がぐちゃぐちゃになって通じてないこともあるよ~」と答えると、

「間違いを気にしない。それが大事なんですよ」いや、今度も予約とるよ、Jinky先生(笑)

でも褒められるのはうれしいですね。頑張ろうって気になれる。今日、私もたくさん生徒をほめて帰ってきました。

初めてでもとても話しやすい、明るい先生。
私が英語の講師というのもあるけど、学校の話をすごく興味深くきいてくれて、いろいろ意見交換できるのがすごく有意義です。フィリピンの英語教育はある意味成功例ですからね。先生は高校でTheology(神学)を教えたこともあるそう。

あっと言う間に教育ネタで時間が過ぎて、25分過ぎました。英語を話すうえで障壁になっているものは先日UPした論理性とか、考え方、そして母国語の及ぼす性質とかを例を挙げて話すと、すごくわかってくれて、「わかるわー」と意気投合してもらえました。先生の例も話してくれました。お互い第二外国語同志だとかえっていい干渉が入って話しやすいよね~。とお話しました。お互いに歩み寄ろうとするから。

先生の写真のポーズがすごくかわいかったので、最後に”By the way, your photo is so quite."とこちらも褒め殺し。

職場にはアメリカ人とイギリス人がいるんですが、イギリス人と話すと抑揚がどんどんイギリスによって行くのが自分でもわかります。昨日もアメリカ人の先生と話しててふと気が付いたんですが、彼と英語の話をすると、最近かならず、

「少なくともアメリカ英語ではこうだ」という一言を付け加える。

それって、私の英語がアメリカンじゃないことを意識して言っているんですね?(汗)まあいいか。

どっちでもいいんですが、とりあえず夏はイギリスに行くのでブリティッシュ英語の「なんちゃって英語」でいいかなあと思っています。イギリス英語って言っても、イギリス以外の人が聴くとブリティッシュに響いても、イギリス人の英語はいろいろありますからね。私の英語は「外国人の英語」。それでいいと思います。

オンライン英会話アウトプットにはもってこいですが、私には1コマ以上とるのは無理。毎日も無理。
今日もレッスンが終わったとたんに娘が学校から帰ってきて、

「ママの用意ができたらすぐに塾に出発だ」→好きな科目の日なので、授業より早めに行って勉強するというのがはやっている(涙)まあ、4年生でそれやってくれてるから、えらいですがね。

おやつ時間のお昼を急いで済まして家をでました。駐車場で爆睡してからカフェに来てこれ書いてます。

さて、今から明日の授業の準備ができたら、読書したいです。あっという間の一日。でもちょっとでも英語ができて感謝です。

今日も読んでいただきありがとうございました。
明日もがんばりましょう。

key-eye

今日もお越しいただきありがとうございます。今日は遅くてご飯が出来上がったのが、夜の9時過ぎ。

さっきね、とんでもないことに気が付きました。で、ついこれ書いてます。

メールをチェックしてたら、引き落としの案内が。

「あれ?なんでこんな支払が発生するの?」
見てみるとKey-eyeのオンライン英会話の支払い。今年になってやってないぞ。しかも去年1,2か月やってただけなんですよね。予約争奪戦についていけないし。

急にまた支払いがくるなんておかしいなあと思ってサイトにいくと・・・。

毎月レッスン料を引き落とされているのにも気づかず、ずっと支払ったレッスン料を5か月分もレッスンせずに
無駄にしていたようです・・・(汗)し、知らなかった(涙)

その間ずっとQQでやってたんですが、その間もダブルでレッスン料はらったままKey-eyeのレッスンは期限失効の状態・・・。

呆然として、思わず明日レッスン予約しました。

忙しいとこんなことすら管理できてない。そういえば、アマゾンのオーディブルも2か月気が付かずにお金はらっていました(汗)でもあれは期限の失効前だったので、ちゃんとダウンロードしてきけました。

さて、混雑するKey-eyeでどれだけレッスンがとれるのか・・・。私の場合は週にほんのちょっととれるだけ。苦しいな。家にいないからなあ。

でもとりあえず支払った1か月はしないとね。

がんばりましょう!

言語の壁:Way of thinking

今日もお越しいただきありがとうございます。昨日ちらっと書いてて「気づき」についてです。

ネイティブの先生と話してて思ったこと。

「日本人はピラミッド型で話をするから、すごく話がわかりにくい。日本のプレゼンは相手が理解しないといけないとみなおもっているけど、アメリカのプレゼンは相手に理解させることが大事」

いいとこついてます。これ、みなさん知ってらっしゃること。
わかってるけどなかなか治らない根本的な問題ですよね。授業の講義にしてもそうです。大学とかの講義って、(いや高校も)聴いてて途中から眠くなったことありません?

生徒にスピーチをさせる授業があるんですが、「Conclusionがない」と横で見てると一蹴されることが多い。

それは、日本人の考え方が英語とずれているからですね。

きっと英語ネイティブは英語ではなしてて、日本人の英語に対して
「だから?」と思っているんだなあと思いました。日本にいる外国人はそれに慣れてるから聞かないだけのことが多い。

日本語の文章をそのまま英文に訳しても意味の通じないってことが多々あります。そう、それですね。逆もしかり。

人の日本語の文読んでて、全部読めない時もありますよね。これも最後まで飛ばし読みの人もきっといるはず(笑)最後まで読んでもらえる文章書くように日々修業です。

英語と日本語は「なんとなく」って範囲がまるで違う。日本のなんとなくはかなり広くてとても非論理的。
で、枝葉末節にこだわって話の全容が見えない。揚げ足取りをするような時も多いです。言いたいことをパパッと並べて順番気にしないっていうのはよくあること。話題がコロコロ変わったりする。悪い言い方をすると「ちょっと非
論理的、もしくは感情の赴くままに話す」ような部分もあります。ややこしいのはそれを隠して話すことも。陰口やいじめが多いのもこの日本語の性質にあるかもと思うこともあります。

日本語のその「あいまいさ」はいい部分もあります。言葉にしなくても主語がなくても、何を言っているのかわかるそのあいまいさは時として美しいです。

逆にあまりに難解で何を話しているのか、書いているのか、わかりにくい文もありますよね。例えば、相手の教養を試すような文。読む人を選びます。それはそれでまた魅力的ではありますが、わかりやすい文を読ます、聞かすという意識は欧米の方が一般的なような気がします。間違ってたらごめんなさい。

でも残念ながら、そのはかなさとかは英語になかなかそのまま移行して通じるものではありません。言葉は単に言葉として存在するのでなく、人の性質までも左右しているからややこしいのではとも思いました。

英語を話すとき、少し話す内容の輪郭をはっきりした感覚で話すと、ちょっと英語っぽくなるのではないかと思いました。枠を最初に言うというか、箱の外をまずイメージして話す。

それからその中の中身を話します。それについての説明とともに。

で、何が言いたかったか、もう一回。

英語ネイティブの人、特にアメリカ人の人はこの会話パターンを幼いころから型を習うように自然にそうなっているような気がします。「論理的に話すこと」をすごく大事にします。

「なぜ」「どうして」「どうやって」etc.こちらがあいまいなことを口にすると、
「だから?」と必ず切り替えしてきます。

昨日もネイティブに「この英語、日本語でなんていうの」から漢字の話になり、私が"I sometimes have difficulty spelling Kanji."というと、

”Do you use the word 'spell' ?"みたいなことをきかれました。書き順もあって、その書き順は結構忘れたり、変わったりしてると答えると、「で、漢字を書くときには「スペル=綴る」って使うのか、僕は聞きたいんだ」と言われました。

私が肝心の質問の意味に答えていないのがすごく典型的。説明できていない。なんとなくwriteとか、draw
とかじゃなくて、spellを使ってみたら、鋭い質問を浴びせられました。ちょっとした骨子のない会話でもこのていたらく。

そういう積み重ねじゃないかなあとふと思いました。

先に述べたので、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、
一番の基本

①イントロ
②ボディ
③コンクルージョン

これって英検のエッセイそのもの。入試問題も実はこのルールに乗っ取って書かれているものが多いです。勿論長い文章を抜粋しているので、全部がそうはなっていないですが。学校の教科書もよく読むときちんと型がある。

私はこれを英検のエッセイを勉強したときに初めて意識しました。「文の書き方」や「型」を習うことがなかったから、一つの障壁として「なんか通じない」ということが起きているのではないかと気づきました。

今の学校教育では英語の授業でこれをきちんと説明します。少なくとも私が教えている環境では。

それなしに、「単語」「フレーズ」を覚えて、本をやみくもに読み進むだけではちょっと効率が悪いかもしれません。
それと、思うのは、文章の書き方を私たちは習っているようで習っていないということです。英語だけでこれをカバーするのは結構難しい。

教育も行政もよく似た動きしてますね。「自力でなんとかしてください。」全体の考え方自体がirrational。
まあ、批判したって始まらない。とにかくできるようになればいいんですからね。

で、コツとしては、英語を話すとき、書くときに意識みてください。

①何かを言うときに「ブレる」癖を意識する:一つのことにちょっと固執する感じ。頑固になるとうわけではないです。屁理屈ではなく、ロジックを重んじる。

②「最初に言いたいことをまず言い放つ」:何が言いたいか相手に伝えることが大事

③まとめる習慣をつける:ここで相手が理解しているか確認もできます。

まあ、これを直すのはけっこう意識しないといけないから大変です。
だから英語を話すときは

「違う自分物になりきる」感覚も必要じゃないかとも思います。
「英語話してる自分」

それと大事なことは、「間違いを恐れない」ですね。日本語のうまいネイティブの人が話しているのをきいていると、自然じゃない日本語を使っていても動じない。あれを見習わないといけないと思います。私たちの英語もきっとそう響いているはず。

書いてみると「そんなことわかってる」な内容ですが、実践が難しい。
「考え方を、視点を変えてみる」が実はコツなんじゃないかなと。
その論理性を身に着けることができたら、例えばテストの英文も答えがクリアになりやすいのではとも思いました。あいまいさを少し排除する意識を持つ。

「なりきる自分」ちょっと試してみてください。日本語を話す自分、あいまいさを愛する自分を捨てる必要はまったくないと思います。ちょっとの違いを意識する。私もできていなから日々苦労しています。わはは。

ご参考にならなかったらすみませ~ん。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
さて、仕事に向かって今から「なりきって」きます。

がんばりましょうね。

Thank you.

今日もお越しいただきありがとうございます。暑かったですね。

昨日夜中に書いたつぶやきにこんなに反応をいただき、本当にありがとうございました。
そしてご心配おかけしてすみませんでした。感謝しています。

今日もがんばって生徒笑かせて帰ってきました。やっぱりかわいいなあ。掛け合いできるようになってくるとますますかわいく感じます。

生徒の笑顔と皆さんの愛ですぐ元気になってしまってすみません~。

やっぱり、目の前にいる生徒と、PC(じゃいない方もいらっしゃいますね(笑))もとい画面の前でこのブログをちょっとでも楽しみにしてくださる方が大事。みんなの英語が少しでも伸びるといいなあといつも思う私です。→いや自分の英語もですがね。

今日からまた通常授業になり、次の教材も一応形になり、テストも返却してあとの処理はあるものの、ちょっと落ち着きました。それプラス母の引っ越しでなんだかいまだバタバタしてて、こうやってカフェに来たのは久しぶりです。

今日は帰宅して子供の塾のお弁当作ってたら、お昼ご飯を食べる時間がなかったので、ちょっとおやつを食べながら打ってます(笑)ダイエットにならないですね。

1学期さえなんとか流れればあとは大丈夫なはず(笑)新しい職場なのもあってまだバタバタですがね。

ティームティーチングもちょっとずつお互いのペースもとれつつあるかな?一緒に組んでる一人の先生の優秀さに思わず今日も「すごいよ」と褒め殺し。(褒めるの大好き。褒め殺し大好き)英語が時々速いけど、それについていけばきっと伸びるはず?(笑)がんばります。1対1で話してる時はまだましでも会話にネイティブが2人以上入ると顔引きつって横にいます(笑)あのジョーク、マスターしてみたい気もするな。いや無理無理。

今日は生徒のスピーチを録画したものを担当のネイティブの先生が一人一人が自分のスピーチをチェックできるようにすべてガジェットに入れて一人で用意してくれて、生徒は自分のスピーチをチェックするということをやりました。あんまりいうとばれますね(笑)とにかく昔じゃ考えられない。ガジェットを最大限に利用してます。ついていけない(汗)おもわず”I'm useless."というと、「そんなことないよ~」と慰めてもらいました。ホッ。

これから英検を受験される皆さんも自分の英検2次のスピーチ録画or 録音されてみては?必ず気づきがあります。ああいうのを見ると、アウトプットの大事さをこのところ実感しています。

で、今日ネイティブの先生と話しててふと思ったことをまた別でUPしてみますね~。英語を話せるようになるTipsになるかな?

イギリスの友人宅にも正式に泊まることになって、かえって喜んでもらえてうれしいです。「DSもWiiもあるから○○(私の娘の名前)も退屈しないからね~!(彼女のフィアンセが好きらしい)」と出勤前に携帯からメールくれてました。よかったです。ホテル代浮いた(笑)

先週しばらく耳読書しかできなくて、目読書は寝る前に10分とか、20分とかで今やっと50%です。これ、
Between Shades of Gray
Between Shades of Gray
クチコミを見る
かなり悲しいお話です。スターリン時代のソビエトとリトアニアのお話。

耳読書は昨日からこれを聴き始めました。これも半分ぐらい聴きました。
The Long Way Home
The Long Way Home
クチコミを見る
これもいいです。「ハートウォームなロードムービー」といえそうな内容。自分探しというか、人間って捨てたもんじゃないってメッセージが伝わってきます。これ映画で見つけても見てるようないい内容です。

ちょっとずつですが、最近は目読書用、耳読書用をあまり分けないで読めるようになってきたかな?「読みたいから読むor 聴く」に近づきつつありあます。多分(笑)

耳か目のあいてる方に気になったものをほり込んで言ってる感じです。Wishlistに入れたものを耳があいたら、Audibleで、目があいたらKindleでといった感じです。まああまりに込み入った感じのものはまだ目に偏るとは思いますが。やってれば、変化が多少があるということですね。

ちょっと忙しかったので、他の英語の取り組みできてないけど、まあいいや。手がすこしすいた今、目読書にいそしみたいと思います。

またもう少し落ち着いたら実ビジもお音読パッケージも、いろいろ再開したいと思います。

では子供の塾が終わるまでちょっとの間読書します。いや、またブログの記事ちょこちょこため書きしちゃうかも~。

今日も読んでいただきありがとうございました。
明日もがんばりましょうね。



反論

英語を一生懸命やっていて

誰かの役に立てばと書いていて

反論があるのは当然

でもそれを偶然見つけてしまうのはちょっとつらいですね

勝手に言わせておけばいいと夫は言います

その通り

でも自分の日々の努力を否定されているようで

悲しいです

毎日教壇に立ってすこしでも子供の英語力を伸ばそうとして

ブログに来られる方に少しでも役にたとうと思ってるんですがね





いいはなつのは簡単

うえからものをいうのは簡単

理論だけをいうのは簡単

難しいのは実行です

私は実行の人でありたい

共に行動する人でありたい

明日になったらまた元気に教壇に立ちたいです

現場を知っている人間として

ちょっとつぶやいてしましました。すみません

明日もがんばりましょう

ホームステイ気分?

今日もお越しいただきありがとうございます。日曜日ですね。
晩ご飯をぐつぐつしている間にこれ書いてます。

この前イギリスの友人から届いた結婚式の招待状。
招待状の中にこんな単語。immediate family とか、RSVP

RSVPは知ってました。respondez s'il bous plait フランス語の略ですね。
「お返事ください」どこで覚えたのか忘れました。1級単語が、実ビジでしょうねえ。

で、immediate familyは調べてなるほど~。「近親者」でした。ほおお。
覚えてどこかでまた出てくるといいなあ。

前にメールでいろいろ質問してた返事も招待状が届いたちょっとあとにメールで返事がきました。
今はロンドンに住んでいて結婚を機に実家近くに帰る予定の彼女。とっても忙しいのにごめんね。

泊まるホテルはどこがいい?

移動は電車がいいか、それともレンタカー借りてみようか。
とか、細かいこといろいろ。

細かい質問にそれぞれ返事をくれました。

でも結婚式のある町には彼女の新居というか、婚約者のお家があって、けっこう広いそう。以前から
「そこに泊まっていいよ」と言われてたんですが、肝心の私の友人は実家にいるはず。(結婚式の前日に二人が泊まるのはよくないようなことをキンセラ女史の小説'I've got your number'の一シーンであったのを思い出しました。)彼女の家も広いそうなんですが、親戚がたくさん来られるので(確か7人か8人兄弟)私達の泊まれるスペースはない。

婚約者の彼には会ったことがないし、彼の親戚やお友達がいたら悪いし、気使うから、ホテルを考えていました。

でも再度" You are more than welcome to stay in our house for the whole of your visit ~.”と書いてくれて、彼の家に泊まるのは彼のお姉さん夫婦と姪っ子二人だということも書いてくれました。ちょうどうちの娘と同い年の女の子もいます。

それをきいたうちの子供がちょっと興味を持ちました。

で、メールで「子供がちょっと興味をもっていて、英語でコミュニケーションできなくてもいい機会だからお言葉にあまえようかな」みたいなメールを昨日送ってみました。

きっとバタバタしてあんまりコミュニケーションもとれないかもしれないけど、忙しい友人に結婚式前に会うにはそれが一番会いやすいですしね。まあ、だめならホテルも大丈夫そうだし。考えてるホテルはすごく便利な場所なので、どっちでもいいように心構えしておこうと思っています。

ちょっとだけホームステイ気分?だといいんですがね。
1週間他の町に滞在した後なので、洗濯させてもらえたらいいなあ(笑)→主婦根性まるだし。

ホテルじゃなくて人のお家に泊めてもらえるのは結構貴重な体験。子連れだからちょっと気も使うけど、それでもいつも友人たちに感謝です。

さて、ご飯の後かたずけしたら、残った仕事をかたずけてなんとか読書したいなあ。

読んでいただきありがとうございました。

英語読書(耳読書No.15)日記 On the Island (Audible)

imagesCAV734Z0

U.S.AmazonのOn the Island ( audible. )で Unubridged版をダウンロードしました。写真は日本アマゾンで今のところ見つからないので画像を貼っています。(日本は7月発売予約受付中のようです)

Author : Tracey Garvis Graves
Period: May 25th~26th 2012 (2days)
Category:ContemporaryRomance (Beach read)
Length:  7 hrs and 3 mins (332 pages)

Total recommends:★★★★★
Difficulty:★★★☆☆(ナレーションがちょっと速めです。実際は★2つぐらいの感じ)
Story:★★★★☆
Can't-sleep-degree:★★★★★
Romance-packed-degree★★★★☆
Adventure-packed -degree:★★★☆☆
Mystery-packed-degree:☆☆☆☆☆


うーん、当たりが多い。これもまたまた面白かったです。これもアマゾンで上位のベストセラーです。評価もすごく高い。で、聴きだすと止まらなかったです。またまたほどんど一気聴き。まだ採点したり、教材作ったり(印刷、セットなど)、耳しか空いていない私はどうも耳読書が先行しています。初日で一気に4時間きいてしまって、中盤から話が一気に面白くなるので止まらなくなりました。結局二日で聞きました。でもこれは時間が許せば一日で聞けたかも。目読書で週末に手にしたら一気読みしてたと思います。ロマンチックというか、とても純粋というか。最初はサバイバルで、最後は心暖まるいいお話でした。最後は仕事帰りに歩きながらやっぱりちょっとウルっときたなあ。

しかし、サンプルで聞いたときは「おお、これはとてもクリアなアメリカ英語で聞きやすい」とポチットしたんですが、いざ聞き始めると「は、速い!」と驚きました。いままできいたAudible16作品中最も速く感じたと思います。だから7時間ぐらいの作品なんですね。実際は332ページなので、7時間ほどで収まってるのはなんでだろうか?と思ってたんですが、読むのが速いからだと納得しました。

最初は聞きながら通勤電車の中でipodの速度を「やや遅め」に設定しようとおもって格闘したんですが、結局わからず(いや忘れて)そのままの速度で聞きました。→機械音痴

でもね、めげないのが私。なんせ「生英語」を聴いて理解しないといけない場面もあるので、(いやしてなくて引きつって笑ってる場合も多々ありますがね(笑))「あれに比べたらこれはいける!」と無理やり自分に言い聞かせて最初の15分ぐらいはぐっとこらえて聴きました。でも英語圏で住んでる方はもっとそんな環境だから、これぐらいで弱音を吐かないのだ。とまたぐっとこらえて聴くこと40分ほど。

聞いてるとだんだん慣れてきて面白くなってくる。不思議。まあイギリス英語に慣れてるから面食らってたのもあるかもしれません。で話の先が知りたくなるので、速さは気にならなくなりました。

聞き取れるのはおそらく英文がそれほど込み入っていなくて、使われている単語もさほど難しい語彙が出てこないことにあったんだと思います。ですので、聞いた感じは私にとっては難易度は★4つぐらいですが、英文がそんなに難しくないので★3つに収めました。

話のテンポがすごく早くていきなり「乗り合わせた飛行機の操縦士が心臓まひで飛行機が墜落した」で始まります。ありゃりゃ。場面の展開もすごく早くて主人公のAnaとT.J.二人のナレーションで交互でパパッと進みます。だからこれは読んでもあっという間に読めると思います。全然退屈しません。これはBeachで読むのにもってこいかも。雰囲気たっぷり。名前の通り、これはBeach Readと言われる部類に入ると思います。

Beach Readてのはホリディもしくはバケーションで2週間とかの長期休暇を取る人たちがのんびりビーチでPBを読みきるってコンセプトのようです。Chick Lit もBeach Readも正式なカテゴリーではないようですがよく出てきます。あとCup of tea read とか、Cozy read とか。読者の方にも教えていただいたのがあるのでまた読んでみますね♪

今年はBeachにも、海外へも行くので、思わずいろいろスーツケースに入れたい気分になりました(笑)ライターとはさみ。それから石鹸かな。でもこういう目にはやっぱり遭いたくないですね。無事で帰ってきたい。

設定も絶妙でうまい。ありえない話をおこりそうな話として追体験できる感じです。

これは女性に超お勧めの本です。ちょっと速めなので、ナレーションは抑揚を抑え気味なので、目読書でもいいかもしれません。読むには英語は平易な方だと思います。ああ、面白かった。

この間5月末までの3か月で15冊達成と書きましたが、あと一作品ぐらいいけるかな?うーん何にしようかなあ。

これを目読書で読まれた方がお一人いらっしゃって前の読書日記の時にコメントいただいたんですが、(次のにもコメントいただきありがとうございます)数日前にどこかでブログを読ませていただたような。この作品をポチットとしたときに見つけたんですが、再度探したけど見つからなくて残念。たしかKresley Cole という作家の作品も読んでらっしゃる方ですか?同じ方ならぜひサイトを教えてくださいね♪違っても、ブログされていたら是非。遊びに行かせていただきます♪これ読んでるの(聴いてるの)日本で私たち二人以外にいらっしゃらないでしょうかね?面白かったですね。

それと、ご質問で「耳読書に適したレベルはどれくらいからでしょうか?」といただきました。ちょっとまだ結論を急ぐには数をこなしていないので、しばらく考えさせていただけたらうれしいです。ご質問の内容に対して、その定規がはたして通用するのかどうか自分でもちょうど考えていた時だったので宿題にさせてくださいね~。

土曜日の記事にまたまたたくさんの拍手やメッセージありがとうございました。本当に書く励みになりますし、書いてよかったなと思います。感謝です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
明日もがんばりましょう。

英語学習者(自分を含めて)へのエール

英語を勉強していて、「別に受かるつもりもなかったけど、受けてみたら英検1級に受かった。TOEIC900点超えた」てな感じのお言葉。これほんと?

で、「2週間で英語ぺらぺらになる方法」とかいう伝説のようなセリフについふらふら。

仕事で英語が必要であろうとなかろうと、使う機会があろうとなかろうと、

英語ができるようになるには「なんとなくできた」というのはただの幻想だということに気が付かないといけません。

「あの人が受かったのに、自分はなぜ受からない?TOEICの目標点に達しない?」

仕事で英語が必要であろうとなかろうと、個人差はあるにしろすごいエネルギーを費やさないとその壁を超えることはできません。それは本人の力を結集して初めて客観的な数字が出てくるもの。

いつも生徒たちに試験前に言う一言は
「前の定期テストでやった勉強を必ず超える勉強をしよう。前回5時間勉強したなら、今回は6時間はやりましょう」と言います。勉強してがんばったという体験、そして勉強したらこれだけできたという成功体験を積み重ねさせることが成績を上げる実は黄金のルール。「前の自分を超えよう」ともよく言います。そしてその体験が今度は大学生になって、その次には仕事をするうえでどれだけ役に立つかを言ってあげます。

それは自分がやってみて体感したから言えることです。

どんな天才も人には見えない努力なしには語れません。涼しい顔しているライバルは実は必死のぱっち(笑)で水面下では足をバタバタさせて泳いでいるはず。「自分はたいしてやっていない」という言葉に騙されてはいけません。成績の差は努力の差。費やす時間を増やすことが大事。そのちょっとの差が、時間が経つとすごい差になっているだけです。能力が高いとかいうのはただの言い訳だと思います。

「英語を使う機会が多いからラッキー」というのも、実はその人が自分で引き寄せているもの。意識下で強く思えばそういう状況になったりします。それは自分の努力が引き寄せます。お金を使っても使わなくても。私の前の職場はほぼネイティブと話す機会はゼロに近いものでした。今は職場に行けば簡単なあいさつにしろ、英語を使
わない日はありません。それは自分がそういう状況にいたいと強く願って、行動に移した結果だと思います。

でもね、今までも今も必死のぱっちですわ(笑)

英語を使う状況下は最近は特に比較的安価でお金を払えば今はオンラインをつかったりして手に入れられます。英語もたくさん聞けます。

英語の洋書をスラスラ読んでる人も実は少ないのです。「これちょっと読めないなあ。でも頑張ってみよう」の連続で気が付くと蓄積である程度読めているようになっている。これが私の現状です。楽しいですが、そこに楽しいだけしか存在しないかというと、そうではないです。母国語を読んでいるわけではないので負荷がかかって当然。その負荷をしんどいと思うか、ちょっと頑張ってみるかの違いです。まだまだ道は続いてる、一人の英語学習者であるというのが今の
心境です。

なりふり構わず勉強する体験を、今までで一番がんばった体験を数度超えると門は見えてきます。
自分の方法でなりふりかまわずガガーッと走り切ってみる。なりたい自分を見据えて。

えらそうに言うつもりはありません。一緒に頑張りたいだけです。私も落ち込みながら、嘆きながらも歩み続けている一人。思ったように時間が確保できなかったりといろいろあります。(ブログ書いてたりね(笑))でもそれでいいと思います。途中下車してはまた鈍行に乗り続ければいつかはどこかにたどり着く。

私は英語どうせ使わないからと、関係ないと思ってみても、結局やりたい自分がいますよね。「どうせ使わない」という気持ちを捨てることで見えてくるものはあるはず。さあ、また電車に乗りましょう。英語が使える場所につくために。「英語」という言葉を違うものに置き換えてもいいです。

さあ、まだ間に合います。あと一息。大袈裟にいうと、それは今後の人生にとても大切なもの。

「自分を超える」

一生懸命は悪いことではありません。
さあ、この前の自分を超えてみましょう。

ライバルは自分自身。
答えの一つはそれです。

一緒にがんばりましょう。
もうちょっとしたら子供の習い事に連れて行って、そのあと仕事に行ってきます~。

読んでいただきありがとうございました。

英語読書(耳読書No.14)日記 Twenties Girl (Audible)

Twenties Girl
Twenties Girl
クチコミを見る
コチラは日本アマゾンでのCD版です。 実際はamazonのaudible.でUnubridged版をダウンロードしました
(表紙は違うものでした。)
Author : Sophie Kinsella
Period: May 20th~24th 2012 (4days)
Category:ContemporaryRomance (Chick Lit)
Length:  15 hrs and 5 mins (448 pages)

Total recommends:★★★★★★
Difficulty:★★☆☆☆
Story:★★★★★
Can't-sleep-degree:★★★★☆
Romance-packed-degree:★★☆☆☆
Adventure-packed -degree:★☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:★★★☆☆

いやあ、面白かったです。超お勧め!ハッピーでほんとにいいです。これは感動の涙しました。キンセラさんのお話の中で私はこれが一番好きです。読んで聴いて笑って最後にはさわやかで幸せな気分になれる本。こういうのがもっとたくさんあればいいのにと思うほどです。だから個人的な超お気に入りとしての★6つ久々につけたいと思います。目読書でもなんでも是非読んでほしいなあ。まあおばあちゃんネタに弱いだけの私かも~(笑)歴史が絡むと惹かれます。

ヒロイン、ラーラとその105歳で大往生した大叔母さんの幽霊シェイディがお話の中心です。でもシェイディを見れるのはラーラだけ。で、大騒ぎを起こすお話なんですが、もう大叔母さん(幽霊の姿では23歳の女性)がキュートで主人公のララをどこまでも振り回して大笑い。お話の中には「なんでもっと生きてるうちに会いにいってあげなかったんだろう」というようなセリフやシーンが何度も出てきて胸がきゅんとなりました。読んだらお年寄りに優しくなれます。ほんとに。

これは謎解きの楽しみもあって2重3重に楽しめました。

この人の作品の魅力の一つはたわいのない会話にちりばめられている「笑い」なんですが、例を一つ上げると、電話で「鈴木メソッド」の話でキャッチボールをしいているところなんて笑っちゃいました。鈴木を「スズーーーキ」と何度も発音するので余計に笑ってしまいます。ちなみに鈴木メソッドとは、バイオリンの英才教育ですね。日本人の鈴木さんが創始者で欧米でも有名みたいです。

他にはロンドン塔を観光したり、ロンドンアイに乗ったりと、自分が何度も行ったことがあるところは舞台が目の前にスクリーンのように浮かんで楽しかったなあ。大事なシーンの一つが「ナショナルポートレイトギャラリー」なんですが、これは私がロンドンで一番好きな美術館です。ロンドン美術館の横にあって、前回夫と子供とはいかなかったけど、ロンドンに行ったときには一人で見にいってました。3回ぐらい行ったことがあります。トラファルガー広場の横だったかな。今回も行けずに残念です。

これ、テストの採点のお供にしてよかったです(笑)教師をしていて何がいやって採点がいや~。肩凝りますし。だから主人公のラーラとシェイディの珍道中?を楽しみながら聞かせてもらいました。ちょっとは,滅入る気分もましってもんです。耳だけでも英語漬け(英語のテストの採点してるはずなのにねえ)

途中パスポートの申請に行ったときに、疲れてうとうとしながら30分ほど聞いていました。(しかも足を運んだのはそれで2度目ですしね)これぞ睡眠学習。

でもなんとなく話の筋をそれずに聞けるところがこの人の作品の魅力なんじゃないかなあと思いました。何でこんなにわかりやすいのか?おそらく会話のテンポや、たわいのない言い回しの小さな積み重ねを楽しんでいるうちに話に入り込んでしまうからではなかろうかと。横で人の井戸端会議を聴いてるような感じでもあります(笑)って言っても悪意のないものですがね。それとやっぱり舞台がイギリスというのが私には大きいのかもしれません。スッと入っていける。

耳読書で聴くにはほんとにもってこいです。お話にもよるけどほんとに聞いてておかしくて楽しいのでストレス解消になります。ヒロインの名前がLala Lintonというのですが、この名前を口にするのが癖になるようなかわいい言い方なんですよね。「ラーラー」の伸ばすところを間延びした感じで言います。

おもわず今日も同僚のイギリス人の先生と話してる時は特にこのLaLaの口調になりきってました(笑)
お昼休みに「ねえねえ、ダイソンの掃除機ってどう思う?」と聞かれたので、”Well, actually I have been thinking about buying the one." と始めて、結局日本製を買った顛末を話しました。(最近この先生とよもやま話ができるようになってちょっとうれしい私です)このactuallyではじめる言い方はイギリス人よく使いますよね~。(アを特に強く間延びするように言うのがっぽいです(笑))The thing is とかも。私も多用しています(笑)くせになってる。

でもキンセラさんももう聞きたいのがほぼなくなっちゃいました。ショッパホリックもイライラしますしね。でも気が向いたら残りも聞いてみようかな。

次はアマゾンでもベストセラーにランクインしているこれに挑戦。→最近ちょっとベストセラーに凝っている(笑)
images
アメリカでランクインしているのが日本のアマゾンで探せないので、これは画像だけです。これのAudibleを聴いてみたら、アメリカ英語でもはっきりとしていて聞きやすそうだったので挑戦してみます。かわいい女の子の声です。


それと、どうやったら集中できるのか?いつ聴くのか?という質問を何人かの方に聞かれました。

あまり集中しなくてもいいものをまず選んで聞いているところもあります(笑)上でも書きましたが、キンセラさんは特に耳に飛び込んでくる感じで喫茶店の横で誰かが話してるのを聴きながら違うことをやってる感じです。耳ダンボ状態ってやつですか(笑)

イヤホンをして聴くだけに集中してることはまずないです。何かのついでです。車の運転や、家事、通勤の歩いてる時。今回はテストの採点をしながら。最後の5時間を今日で聴き終りました。最後はスーパーに行った車の中で涙しながら。たまーに子供を寝かしつけながら聴くことはあります。(普段は目読書が多いです)

コチラに来てくださる方で何人かの方が耳読書にすごく興味を持ってくださっていて、もちろんもう耳読書をされてる方や、中には「挑戦してみます」「もうすぐ始めますよ」という方もいらっしゃってうれしい限り。

私ももう少し数を読んだ後でまとめ的なものが書けてみなさんのお役に立てたらと思います。

「葛根湯を飲んでいる」と書いたら、みなさんいろいろお見舞いや、アドバイスをいただいてとてもありがたかったです。ありがとうございました。体もほぐさないといけませんね!

一緒に頑張って楽しみましょう!
最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事検索
ギャラリー
  • もどかしさを通過しよう
  • 自分しかできないことをちょっとだけ無理してみる
  • 「美女と野獣」観てきました。
  • 「美女と野獣」観てきました。
  • 英語を好きになってほしい
  • 英語を好きになってほしい
2017年の洋書本棚
2016年の洋書本棚 50冊
2015年の洋書本棚 60冊
2014年の洋書本棚 35冊
2013年の洋書本棚 50冊
2012年の洋書本棚 95冊
2011年の洋書本棚 50冊
2010までの洋書本棚 34冊
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
  • ライブドアブログ