2012年06月

英語読書(耳読書No.22)日記 The Winter Sea (Audible)

The Winter Sea
The Winter Sea
クチコミを見る
コチラはPB版です。実際はU.S.Amazonの( audible. )でUnabridged版をダウンロードしました。

Author : Susanna Kearsley
Period: June 23th ~ June 30th 2012 (48days)
Category:Historical Romance
Length: 15 hrs and 54 mins(544 pages


Total recommends:★★★★☆
Difficulty:★★★★☆
Story:★★★★★
Can't-sleep-degree:★★★☆☆
Romance-packed-degree★★★★★
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:★★★☆☆

これは実は昨年4月に目読書で読んだ再読作品。何度でも読みたい大好きな大好きなお話です。この本を読んでから同じ作者の作品にかなり目を通しましたが、これがやっぱり最高傑作。話をわかっていても、やっぱりうっとりしながら世界に浸ることができました~。もう聴いていてスコットランドの海辺のお城の窓から遠いフランスを思って海辺を見ながら波の音が聞こえてくる錯覚に陥るほど(笑)ああ、癒し。

目読書の読書日記はコチラです。
14.Sophia's Secret ( The Winter Sea)

読んでもけっこう18世紀が舞台の場面は難しかった覚えがあったんですが、耳で聞くとさらに難しかったです。

理由は

ズバリ、スコットランド訛り。

いや、ちょうどオンラインレッスンで先生がスコットランド訛りを披露してくださって、まさに耳読書で聴くのと同じイントネーションで話すので大笑いさせてもらいました。語尾が上がるのと、平たい響きで何言ってんだかわからないところもあるし、使う単語自体も違う。この著者はかなりスコットランドがお好きなようです。他の作品でもスコットランドなまりがでてきました。

でも、慣れると100%わからなくても耳になじんで親近感がわくんですよね~。訛りって面白い。アウトランダーシリーズを目読書してから耳読書もしたらおもしろいかも。”Aye”の言い方がわかってよかったです(笑)今度オンラインで使ってみよう。

超私好みのこの作品、上品でロマンチックで読み終わるときに「ざわっ」ときます。
こういう作品を求めて何年かアマゾンを漂っているんですが、なかなか出会いません。くすん。
同じ作者の作品でこれに近いのが

Mariana
Mariana
クチコミを見る

タイムスリップではないけど、現代と世紀をさかのぼって場面が展開するもの。おととしのベスト作品に挙げたこれも素晴らしい。
The Forgotten Garden
The Forgotten Garden
クチコミを見る
この人の作品も格調高くて文学の香りもする、こころが「ざわっ」とする系。(angel的にですが(笑))
去年のベスト作品もこれにちかい「ざわっ」系を選びました。

さて、今年はそんな作品に出会えるのでしょうか?出会いたいなあ。

昨日で一応授業が一区切りで気が緩んだのか、今日は一日中ほとんど寝てました。目読書は金曜日の時点で半分ぐらいのハイペースだったんですが、6月中に読了は無理なようです。

これで全部でええっと一応49冊に一応なりました~。(もうすでによくわからなくなってきている)ぜいぜい。え?けっこう読んでたんですね。

テレビも映画も見ない分、ほとんど読書してる私です。実は超寝不足。仕事がなんだか精神的にハードな分、読書が気晴らしになってます(笑)うーん、あと1冊だった。あと2時間では目読書は無理そうなのでやめときます(笑)50冊できりがいいけどなあ。いや無理ですね。あと40%はある。

しかし、一人でこんなことしてて何してんだかとふと思うときもないではないです(笑)もうなんか暴走中ですね。まあいいか。今日は18世紀のスコットランドに行けましたしね。

夏休みにはなんとか挽回したいんですが、旅行があるからなあ。しかもイギリス行寸前まで実はほとんど授業あったりなんかして(笑)

次の耳読書はまだ決まっていません(笑)またイギリス舞台のお話の再読をしようとUKアマゾンのオーディブルでポチットしたら(すでに二つの国のアマゾンの会員になってる)、「国外はだめだよ~。売ってあげない~」と出た!プンプン。イギリス行ったときにCD探して買ってみようと思います。

明日からもう7月ですね!まだ未完成のテストの仕上げをしなくっちゃ。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

ママ非常勤講師のゆううつ?

今日もお越しいただきありがとうございます。今日はおはようございますですね。

昨日は夕飯も出来合いのおかずを買ってしのいだ夜でした~。

パート講師とはいえ、やっぱり試験前は忙しい。いろんな学校で教えてきましたが、学校によってほんとに様々です。大きく分けると公立と私立はえらい違う。

この場合は給料も違うのでまあ仕方ない。と言っても所詮非常勤です(笑)

私の場合は夫に「こんなに授業の教材を多岐に用意する非常勤講師は見たことがない」と言われるほど、
ある意味「まじめ」な講師です。手が抜けない。でも、それだからこそ、仕事が切れずに来ているとも思
っています。昨日も子供が塾の宿題をする横で試験前用の小テストを何種類も作って、テストを作ってました。学校にいる時間が限られるので、家でするしかない。

でも、事情をよく知らない先生に「先生はいつも忙しそうですが、他の学校でも教えてらっしゃるんですか?」と聞かれました。うーん、ママが子育てしながら(?)受験塾に通わせながら、主婦と教師をこなすのはけっこうたいへんなんですがね。子供さんがいらっしゃらないんでしょうね。(子供の教育に力をいれなければ別かも)

まあ私がどんくさいのかもしれませんが、人知れずけっこう英語も勉強してるんですがね。→言い訳。本読んできいてるだけとう噂も(笑)

非常勤講師は教える時間に応じて有給みたいなものはあるますが、それは名ばかり。学校によっては、「子供の参観で授業に穴をあけるなんてとんでもない」という風潮がまかり通っています。ほとんど急な熱以外で休みを取ることのない私ですが、どうしても一日都合が悪くてお休みしようとすると、

「授業を誰かと変わって別の日に教えてください」とのこと。でももともとタイトなスケジュールで、他の日に入れるなんて無理。ティームでペア先生がいる場合は、「ごめん、一人でやってもらっていいですか?」と無理を頼みました。

自習にする場合も教材を作っておかねばいけません。それも学校によっては「それも他の先生に迷惑をかけるので極力避けてほしい」なんて言われたりします。

だから普段の子供の参観はほとんど行けません。他の子供関係の登校の登板とかも「仕事の都合をつけてくるのがあたりまえ」という雰囲気の中「ごめんね。この日はいけません」と都合をつけるのが大変です。たまたま都合がついて参観にいけたしすると今度は体が悲鳴をあげます(笑)

大変なこともあるけど、やりがいのある仕事でもあります。なんでもそうですが、いいことといやなことは抱き合わせ。それをいかにいい方向に向けていくかは自分次第ですね。

今日もがんばってきます。
がんばりましょうね!

いってきまーす。

Hug

今日もおこしいただきありがとうございます。お元気ですか?

今日もカフェからUPです。授業をこなしてあわてて子供の授業参観に行って、子供を塾におくったら、疲れて駐車場の車のなかで爆睡、でも、暑くて目が覚めました(笑)もうこの昼寝作戦はそろそろ無理かも・・・。

今日は明日の教材を作らないといけないんですが、授業がひと段落したので、ちょっとのんびり気分。
今から教材作って、PB読みたいと思っています~。

さっき、ぴあのさんのところで学生さんの夢のお手伝いというのを読ませていただいて、ふと思ったこと。

今日授業中に中学生の生徒が「先生しんどい」と言いました。授業は英語を書かせるタスクをしていたので、教室をうろうろして子供の質問を受けながらのスタイルでした。「そうか、大丈夫?」ときくと、「家に帰りたい」
「じゃあ、授業が終わったら担任の先生の所に行こうか、今はあと少しだからこれ仕上げられる?」ときくと、
その生徒は私にもたれかかってきました。

見た目からはわかりにくいfragileな心を持つ子です。

思わずもたれるままにさせて、ぎゅっと横で抱きしめてあげました。頭をなでて、子供を抱っこするときによくする肩をポンポンと叩きながら、しばらくそばに居てあげました。

周りの生徒は「先生お母さんみたいやなあ」と結構やさしいまなざし。みんなその子のことを理解しています。

しばらくして、「あと少し書いたら終わりだよ。大丈夫」と言ってその子のそばを離れて授業をすすめました。

チャイムが鳴るとその生徒が寄ってきて

「先生大好き」

「先生もあなたが大好き」と言うと

安心して友達のところに戻っていきました。家にも帰りませんでした。
毎日子供と接していると、たくさんたくさん、心を持て余している子がいます。今日抱きしめた子が欲しかったのは

「安心」

そんな安心を与えてあげることをもっとたくさんの大人が気がつけば、ちょっとの気遣いで変わっていくのにと
日々子供たちを見ていて思います。

やさしいまなざしを持って日々を過ごしたいなと思った今日でした。

さて、仕事に戻ります。
仕事が済んだら、今度は読書、サンプル読み始めました。どれにしようかな。第一候補はこれ、
Flat-Out Love
Flat-Out Love
クチコミを見る
最初は引き続きサイコスリラー読もうかなとこれも考えたんですが、
Gone Girl
Gone Girl
クチコミを見る
ちとコワイのが続くと心がすさむので、やめときました。
下のこれもどうしようか考え中、画像しかない。
imagesCA1KHA59
これはYAだそうで読みやすさも「Easy」とありましたが、とりあえずサンプル読んで決めたいと思います。

どれもけっこう売れ筋のようです。

さて、ほんとに仕事しまーす。
今日も読んでいただきありがとうございました。

明日もがんばりましょうね!

「怒ってる」の表現

今日の「英語読書」抱合せコーナー「英語表現」です。ネタがある時だけですが。

先日のブログでI am stressed out.という表現をあっこさんが使っているのを読んで思い出しました。ついこのあいだタイトルにしましたね~。その節は皆さんに慰めていただきありがとうございました!

ネイティブの先生と話をちょうど似たような話をしたところで、帰ってきたら、また「検索ワード」にこういうのが入っていました。

I am bit upset→正しくは 
I am a bit upset.の意味をお知りになりたかったようです。

I am angry.
I am upset.
I am embarrased.

「怒ってる」「困ってる」てな感じですね。不快な感情を言い表す言い方。I am madまで行くともうヤバイ。


最近はPBを読むたびにでてくるのが、これ、

I am pissed off.

どんな本をよんでるんやと言われそうですな(笑)これ、イギリスでよく使われる表現です。でも意味は「ネイチャーコールズミー」ですからね。(べたべたすぎる?)

peeってのもありますね。looとか。なんのこっちゃ。もっともっとイギリスっぽいのは、I 'll spend a penny.いや、逸脱しました。すみません。peeもlooもspend a pennyも「怒る」とは関係ないですね。

アメリカ英語だともっときわどくなるから書きませんがね。

で、職場で、ネイティブに、
”I have silly questions.  ” 

いやね、先にこうやって聞かないと、piss off なんて急に口にだせないし(笑)
「pissed offってフツ―に使っていいもん?」
「ここでは使っちゃだめだよ。勿論」 神聖なる学校ですからね(笑)

他にもPBで出てきた俗っぽくてイギリスっぽい表現を口に出したら、くすくす笑いながら答えてくれました。

やっぱ知っておいて、使わないってのがいいですね。

英語読書日記 (目読書No.20 )Still Missing

Still Missing
Still Missing
クチコミを見る
Author:Chevy Stevens
Period:June 18th~June 25th
Category: Mystery Thriller
Pages:
362
pages

Total recommends:★★★★☆
Difficulty:★★★☆☆
Story:★★★☆☆
Can't-sleep-degree:★★★★☆
Romance-packed-degree:☆☆☆☆☆
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:★★★★☆

Kindle 
2012年 目読書20冊目
2012年読書合計46冊目(忘れるので全部の合算を書くことにしました。)

犯人はだれ?家族とは?ゆがんだ愛情の行く末は?「希望」の光は見えるのか?

最初から読者を飽きさせない早い展開で物語は進むのでこれはやっぱりページ―ターナー本と言えます。自分の都合で一気読みできなかったのが残念ですが、「え?こういう展開?」と読んでいるものの予想を裏切ってくれるのがミステリーの醍醐味。これも「そうくるか~」みたいなお話でした。ミステリーはストーリーにあまり触れられないので書きにくいですねえ。

これは「洋書ファンクラブ」の渡辺さんが書評を書いてらしたので、気になって読んでみました。
http://watanabeyukari.weblogs.jp/yousho/2012/06/still-missing.html

これはカナダの方の作品ですが、どこまでもアメリカに近い感じを受けました。しかし、こういう「異常犯罪」が絡んだ話を書くとすごいというか、「ここまでするか」の世界です。ミステリーとして面白かったですが、内容は多少残酷な部分もあります。描写が残酷というより、物語のなかで起こる事実が残酷という意味です。

娘を持つ母親としては、話の内容がどうしてもついていけない感覚に襲われましたが、それでも「最後はどうなるねんや~」と思いながら、主人公の必死のもがきを見届けました。それに話の中の「家族」の描き方がやっぱりすごくドライです。

謎解きというより、最初から誘拐犯が出てきて、誘拐された主人公の苦悩を描いているので、それをそばで追うように見ている感じで話が進みます。女性の苦しみを描いた作品。

英語はかなり読み進みますが、超簡単でもなかったと思います。

これによく似た話はいくつか読んだことがあってやっぱりお国柄が出るような気がします。いくつかご紹介しますね。まずは、この作品を推薦している作家さんの作品。
Catch Me
Catch Me
クチコミを見る
「児童虐待」がテーマですが、女性が苦しむお話でもあります。どんでん返しがすごい。ベテランの味が味わえます。

Before I Go to Sleep
Before I Go to Sleep
クチコミを見る
この作品はイギリスが舞台です。これは伏線もすごかったですね。読みやすいし。アマゾンでは「この商品を買った人は~」のところでこれが出てました。これ以上に読みやすいミステリーがなかなかないですね。

Into the Darkest Corner
Into the Darkest Corner
クチコミを見る
これも舞台はイギリスですが、ストーカー被害者を描いた作品。これは苦しいけど秀逸です。イギリスではかなり評価が高い作品です。コチラの方が現実的なストーカー被害を描いた感じがします。

どちらにしてもちとコワイ・・・。でもどれもおもしろかったです。

さて、今日の読書日記はどなたかに反応してもらえるかなあ。

次に積読に行こうかと思ったんですが、PBは海辺のお供にしようかなあと思ったので、まだ探し中です。またミステリーにしようかなあ。ペーパーバックって軽いですよねえ。かさばるのが玉にきずですが、今のKindleは2台目なのでちょっとぬれたりするのはいやなので(笑)もう無料で交換してもらえないし。

さて、7月まで1週間を切りました。今日で47冊に手が届きますが、あと3冊は無理ですね(笑)行っても49冊。ここまででもよく頑張りました。

「自分をほめてあげたい」(旬なので使っときます)

読んでいただきありがとうございました。

お中元はありませんが、せめてお礼まで

今日もお越しいただきありがとうございます。何週間かぶりにカフェからUPです。

子供の塾のお弁当に冷凍食品を減らそうとすると、時間がかかる・・・。なんとかこなしてここまでたどり着きました。ぜいぜい。コーヒー飲みながら書いてます。→本来は教材を作るためにPCを持ち込んでいる(汗)このあと取り掛かりま~す。

今日は久しぶりにブログで知り合った方が拍手コメントくださいました。
「もうお忘れかもしれませんが」と書いてありましたが、久しぶりにコメントいただく方も、覚えていますよ~。もちろん!それに、姉のように妹のようにいつも見守ってくださる方々。ブログでこんなふうに絆ができるなんて、本当にうれしく思います。思いやりや、熱い思いがメッセージに込められて心を動かされます。

拍手コメントしかない、このブログ。

実は小さな小さなコメント欄に読者のみなさんからたくさん、たくさんの応援や、励まし、共感、思いなどをいただいています。

英検1次に受かられた方、惜しくも残念だった方々からもコメントいただきました。級は違っても、合否がどうでも、試験までの日々を頑張られたことに変わりはありません。受かられた方はもうあと一息。残念だった方は、ちょっと気晴らしして、またむくむくと気持ちがわいた時があれば是非またがんばってくださいね。そんな時にこのブログが役に立てばうれしいです。

かなりどんくさい私がここまで体を引きずってブログを継続できているのも、こうやって遊びに来てくださる皆さんがいるからこそです。小さなコメント欄に書くのは大変なことなのに、先にどこかで打って、それをコピペまでしてくださって、メッセージをくださって、本当に感謝です。どうしても書くのがたいへんで、どうしても伝えたいことがあればおっしゃってくださいね。

いつもいつも皆さんのコメントに目頭が熱くなり、「よし、今日も頑張ろう」と力をいただいています。
本当にありがとうございます。

皆さんが私の心をいつも鼓舞してくださるように、あたたかくしてくださるように、
逆に私も読んでくださる皆さんに少しでも「angelはんもがんばってはんねんから、私もせなあきまへんな」(なぜか京都弁っぽく言ってみました(笑))思っていただけたらそれほどうれしいことはありません。

本来はコメント欄を設けて一つ一つに御礼をさしあげるべきところを本当にご迷惑をおかけしています。
英語の勉強に関しての疑問点などは、折を見てブログでUPしたりしています。全部にお答えはできていないかもしれないですが、ベストを尽くしたいと思っています。何年かしていると、同じような質問も多いので、お答えもたまに重複することが多いですが、ご了承くださいね。

今読んでる本はあと30%弱。けっこう早く読めるんですが、読む時間を確保するのが大変です。最近は朝ごはん時なども読書にあてています。メインはご飯食べるときと、寝る前。こうやってすこしずつ「カフェ勉」が復活できるようになったらもう少しいろんなことができるかな?やりたいなあと思っています。

あっという間にもうすぐ7月。けたたましく過ぎた6月はいつものことですが、授業と教材とテストに追われる日々。
7月からはホリディシーズンなので、今度は旅行の準備が大変です。でもこれは寝不足でもうれしいですよね。

では、そろそろテストを作りまーす。
読んでいただきありがとうございました。

明日もがんばりましょうね!

締め切り前の非常勤講師

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

いつまでもブログを更新せずに「化粧品」のままってのもちょっとなので、本家本元の英語ブログにしときます。
ホントは今日は目読書日記をUPする予定だったんですが、

予定は「未定」ということになってしまいました(涙)

昨日は、職場に仕事しに出てたし、今日は朝から子供のそろばん検定。
でも、午後から夫が仕事を休んで(日曜は基本的に休みなのにボランティアで普段は仕事に出る)子供を連れてUSJに行ってくれました。

「僕らがいない間にテスト作ってしまうねんで!PB読んどったらあかんで!ブログUPしとったらあかんで!」とのお達し・・・。

わかってるよ、そんなこと。→わかっていないから今まで仕事を引き延ばしてきた私。

とりあえず、ちょっと昼寝してからとりかかりました。

え?そのあと本でも読んだかって?

二人が帰ってくる夜になってもまだ作っていました(涙)前年度の比じゃないぐらい時間がかかっている・・・。
受験生用のテストは気を使いますぅ。

ほんとは、今読んでる本を今頃は読了しているはずだったんですが、昨日寝る前にちょっとだけ読んで、ちょっとしんどい内容なので、切り替えて裏読書してました。いやあ、軽い内容だと読み進むのであとちょっとだけど、さすがに2時過ぎでは読了は無理なので、少し残して寝ました。で、寝不足。結局予定の2冊読破はお預けとなりました。仕事優先ですしね。

試験はおおかた8割以上できたので、今度は明日の授業の準備。それから洗濯物干してやっと今に至ります。

テストも初めての学校の初めてのテストなので、ちょっと気合入れて作らないとね。エライ先生に認めてもらいたいのでがんばりました。明日には仕上げたいです。

というわけで締切前の作家(いやどちらかというと漫画家か?)のような一日でした。晩ご飯はクラッカーです~。

読んでいただきありがとうございました。
明日もがんばりましょう!

化粧品

今日もお越しいただきありがとうございます。

大阪の主婦さんのところで「化粧品」のお話が盛り上がっていて、私には外国語のように響いてオモシロイです。

今日の「読書日記」との抱き合わせは化粧品ネタで。(読書日記を書くときはどうも遠慮していいる私)こちらに来ていただける方はおそらく圧倒的に女性の方、主婦の方が多いと思うので。男性の方はごめんなさい~。

お化粧品をあまり使わなくなったのは、肌に急に発疹がたくさんできて皮膚科に走ってからのことです。20代前半だったかなあ。

それまでは資生堂に始まり、その次はシュウ・ウエムラなんかで全部ラインナップしてました。その後はカツウラ化粧品、次はDHCを使っていましたが20代後半で出会ったのが、

「美肌水」

そう、尿素とグリセリンと水を混ぜだものです。10年以上使っていました。尿素はずっとホームセンターで購入してました。原材料費はたぶん1本20円ぐらい?それ以外はオリーブオイルとカツウラのパウダーのみ。

尿素水はいまだに髪の毛を湿らしたり、顔以外の乾燥するところに気が向いたら使ったりしています。家族で使っているので切れると「ママ作って~」となります。水道水で薄めます。

その後、尿素の本で石鹸作りにはまってからは、材料を自分で調達することを覚えて、基礎化粧品も原材料を混ぜて作るようになりました。凝ってる時は日焼け止め効果のある粉白粉、口紅も作っていました。石鹸も売ったりしていました。

でも、そんな時間がもうないので、今は化粧水とオイルの2本柱が基礎化粧品です。

ここのところ作っている化粧水は以前にも書いた「紫紺エキス」と精製水を混ぜたものに、気分でいろいろ変えますが、保湿液を混ぜて使います。尿素水より明らかにモチモチします。

そのあとすぐにオイルを塗ります。オイルもいろいろ使います。昼間はシアバターが基本。夜はブレンドものや、
ホホバなど、酸化しにくいものを塗ることが多いです。

それだけ。たまに母が好きな「Lush」のスクラブをもらったりして使います。シャンプーは「Lush」の石鹸シャンプーバーを母子で使用しています。

あと、ファンデーションは持っていないので、(買ったりもしますが、数回使ってたいてい捨てる羽目になります)結婚と同時に加入した生協で知った化粧品「ゼノア」の保護クリーム「フリージアクリーム」を朝に1回だけ塗って、同じメーカーのいわゆる「てんかふん」みたいなもの粉をはたいて終わりです。目立つようなおおきなシミはかえってできません。鉱物油を塗ってなかからかな?クレンジングも石鹸でいけるので、楽ちん。

アイシャドウと口紅は生協で適当に買ったりしてます。でもなかなかなくなりません。チップがボロボロになってもまだある。多分2年ぐらいあるかも(笑)いやもっともってるかも~。

「じゃあ、angelさんは超肌きれいでモチモチで、色白?」と言われると、そんなあことないです(笑)
年齢的にアラフォーと名乗れないおばちゃんですしね。あ、言ってもた。かえって手抜きの手入れでましなだけです。日焼けするとすぐ黒くなるから、日傘必須。色白じゃないです。

でも、ひとつだけもしかしてよかったことは、20年以上ファンデーションをあまりつけずに(必要な時はスーパーで試供品をゲットする)保湿だけを気をつけてきただけなんですが、この前

同い年の人に何年かぶりに会って、言われました。「しわが少ない」
いや、脳のしわも少ないかも(汗)

でも、しわもいいと思うんですがね。笑いじわ大好き。

心豊かに過ごして、もっと「美しい心」育てたいです。まだまだ未熟~。
では、めずらしく化粧品の話題でした~。

参考にならなかったらごめんなさーい。

英語読書(耳読書No.21)日記 Shopaholic and Baby (Audible)

Shopaholic & Baby (Shopaholic Series)
Shopaholic & Baby (Shopaholic Series)
クチコミを見る
コチラはPB版です。実際はU.S.Amazonの( audible. )でUnabridged版をダウンロードしました。

Author : Sophie Kinsella
Period: June 19th ~ June 22th 2012 (4days)
Category:Comtemporary Romance ( Chick lit )
Length: 11 hrs and 56 mins(448 pages

Total recommends:★★★★☆
Difficulty:★★☆☆☆
Story:★★★☆☆
Can't-sleep-degree:★★★★★
Romance-packed-degree★☆☆☆☆
Adventure-packed -degree:☆☆☆☆☆
Mystery-packed-degree:☆☆☆☆☆

評判通り、これはなかなか止まらなかったです(笑)懲りない、ちょっとおバカだけど、お人よしのベッキーが繰り広げるひと騒動なんですが、今回は前回にくらべるとですが、まあ、イライラ度はひどくなかったです。ただのおバカだけで終わってもらうと読んだ価値ないですからね。

でもこれは妊娠、出産を扱ったもので、出てくるシチュエーションが妙に現実的な部分もあるので(お話や出てくる登場人物たちは超非現実的)、ある意味非常にわかりやすいです。自分の出産の時の記憶がざざっと甦ってきました。キンセラさんは出産したことがあるのだろうか(笑)出産シーンのところはちょうど子供を寝る横で聞いていたので、寝顔をおもわずすりすりしながら聞きました(笑)

このシリーズの魅力の一つである「たわいのない会話」や「些細なことだけでもこだわる」描写はたまらなく面白かったです。マタニティに関することは「わかるわー、ついそういうの買うよね~。あとでまったく必要ないということがわかっても、本人は必死」と思いながら聞いてました。自分とかなり重なってしまって、「私ってこんなナイーブな妊婦だったのか」とちらっとあせりました(笑)いや私は乳母車は5つも必要とは思いませんがね。

これは久々に「悪役」が出てきて盛り上がりがありました。でも前回と同じで少し終わり方がしりきれとんぼな感じがしました。聞いていて、「え?ここで終わり?」といった感じ。続きを書くことを意識しているからなんでしょうか?
もうショッパホリックシリーズは読みたくなかったんですが、読みだすと(聴きだすと)最後まで止まらない。次の展開を知りたいがために読み進むこと請け合い。ページーターナーな本ともいえます。しかも聞きやすい。でもこのナレーターは不評のようです。ちょっと非ネイティブには速めだし、大人っぽくってベッキーのナイーブさが突出してでてこない。まあ、それである意味イライラ度がましかも(笑)前巻のほうが話はいまいちですが、ナレーターはこれにくらべるとびっくりするぐらい聞きやすかったです。ナレーターで全然違いますね~。

イギリス英語をききたさにこれ聴いたんですが、かなりキンセラ女史の作品を聴いてちょっとずつわかって最近思ってたことがあります。けっこうな数の非ネイティブである私たちが使うべきじゃあない言葉のオンパレードです(笑)どうか自分の口から滑って出てこないことを祈ります。最近無意識に耳読書で何度も聞いたフレーズが勝手にでてきたりします(汗)もうすでに心の中では出てる(笑)→ムカッと来た時とか(汗)

まあかわいい方だとは思いますがね。そういうのは「理解している」と「使う」とは大違いであることを認識しておかないとだめですね。現地で空気が凍る体験をした話を聞いたことがあります(笑)

次の耳読書を探していたんですが、これの続きを聴くつもりはないで、ちょっとネタ切れ状態。イギリス英語を夏までは聴こうと思ってるんですが、重すぎず、今の路線を逸脱すぎず、もうちょっと" She is a COW!"と雄叫びが何度も聞こえないようなもの(笑)を探しました。

でもすぐには見つからないし、探すのに時間がかかるので、かねてから耳読書で再読したかったこれいっときます。去年読んだ超お気に入りの一つ。もうちょっと忘れたころに読んでもよかったんですが、聴き終った作品と同じナレーターの人で、この話だとこの大人っぽい声の雰囲気は合うんじゃないかな。
The Winter Sea
The Winter Sea
クチコミを見る
去年はイギリス版をPBで購入して読みました。ちょっと長めですが、またうっとりすることとします。

今日も読んでいただきありがとうございました。
目読書がどこまでできるかなあ。今日も子供が塾の間はカフェに行かずに家にいったん帰って、せめて耳読書しながら教材づくりにいそしみました。

明日は授業はないけど、仕事しに行こうと思っています。

明日もがんばりましょうね。

大黒柱(我が家の日常)

今日もお越しいただきありがとうございます。雨でけっこう寒い一日でした。
今日はほとんど英語ネタなしでーす。え?けっこうそんなん多い?愚痴言ってみたりね。すみません。おばちゃんのつぶやきにお付き合いいただいて恐縮です。

今日は今読んでいるページターナー本の続きを読もうと思っていたんですが、これ、
Still Missing
Still Missing
クチコミを見る
いやあ、テーマとしてはかなりな話なんですが、先が知りたくて・・・。今45%ぐらい。耳読書も半分終わりました。

で、今、子供が塾の宿題をする横で、授業の準備をしながらPCにちょこっと向かっています~。

え?子供を寝かせなさい?そうなんです。時間かかってます。

家は母も娘もパパがいないとこうなります。

実は今日は夫が「なんか調子が悪い」と電話があったので、駅まで車で迎えにいってバタバタしました。

鬼の撹乱。熱があったので、すぐにベッドに入って寝ています。ひえぴたとアイスノンとポカリスエットがうちの「熱の3種の神器」しかし、土日も仕事に出るから体が悲鳴を上げてるんです。もう。

そうなると、困るのが私たち母子。

娘は塾の難しい宿題を一人でこなさないといけない。
明日はたまたま理科と社会なので、なんとか一人でやってくれてます。娘の質問にあたふたする私。
「黒潮は暖流?」「下からくるから当然そうでしょう」と偉そうに答えました。

そのあと、「じゃあ、黒潮の正式名なんだっけ?」
「・・・(汗)」→とっさに手元の電子辞書でしらべるものの、広辞苑にはのっていない。母の沽券台無し(汗)

中学受験も経験し、中学受験の塾で学生バイトも経験して、クイズオタクな夫がいないとこうなる・・・。
しかし勉強になるから一緒にやったほうがいいかも(汗)

私も授業の準備をするのに、「ええとやね、このasの品詞は接続詞やんね、分詞が付くから、ええと、ちょっとまてよ・・・」となります(汗)昨日「カリスマ非常勤講師になるぞ!」と宣言したのはどこの誰だ?

これが「歩く文法」の夫がいるといちいち調べなくてもよどみなく答えがもらえる→時間の短縮。きのうもunlessとif notとas long asの違いをおさらいするのを手伝ってもらいました。

母も娘も大黒柱の偉大さを知った夜でした。
もっと大事にしてあげないとね。

早く良くなってね。

今日も読んでいただきありがとうございました。
明日もがんばりましょうね。
記事検索
ギャラリー
  • 取捨選択
  • おばけの学校
  • 2017年夏期講習 第5週目終了
  • 2017年夏期講習 第5週目終了
  • 2017年 夏期講習第4週 終了
  • 2017年 夏期講習第4週 終了
2017年の洋書本棚
2016年の洋書本棚 50冊
2015年の洋書本棚 60冊
2014年の洋書本棚 35冊
2013年の洋書本棚 50冊
2012年の洋書本棚 95冊
2011年の洋書本棚 50冊
2010までの洋書本棚 34冊
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
  • ライブドアブログ