2013年10月

久々のジャーナル

今日もお越しいただきありがとうございます。今日は行事で授業がなかったのを知らずに、なんだかラッキー。

結局あっという間に過ぎましたが、朝眠い頭をなんとかおこして英語に取り組んだので、まあまあノルマは果たせました。ほんとは添削の仕事にそろそろとりかからないといけないんですが(汗)まだ提出していない生徒もいるので待っています。全部一緒にやりたい。→言い訳(笑)

ご訪問者が一人来てくださっただけでも、うれしいですねえ。ウキウキ♪もうすでにコメントいただいて、うれしさもひとしおです。ほんとにうれしい。カウントが1プラスされるだけでこれほどうれしいとは。前のブログでも感謝してたけど、感謝が足りなかったなあ。今しみじみ。

読んでもらえる目が少なくてもいままでも変わりなくおごらずやっていきたいです。

さて、いままでちょっと出してなかった、今やっている英語の取り組みを今日は大公開。大ってほどでもないですが(笑)今のところ、読まれてる人が知らないひとじゃないとちょっといいですね。

10月31日(木)の英語
音読 30回 
CD付 英検1級 文で覚える単熟語 三訂版 (旺文社英検書)
CD付 英検1級 文で覚える単熟語 三訂版 (旺文社英検書) [単行本]
科学・技術10
①まず英文だけをじっくり2回ほど読む
②別ページの英単語リストでおぼろげなものに付箋
③日本文を読んでから英文を読み意味をクリアにする。
  英文を塊でよみながらなんとなく日本語にしたりもします。
④両耳にイヤホンを当てて英文を同時読み 
⑤素読→意味を英語の語順で読む練習になります。
⑥片耳にイヤホンをあてて英文をシャドウイング
⑦片耳にイヤホンをあてて英文を同時読み→そっくりにやるようにすれば発音矯正になります。

これを普段は10回~15回ぐらいに分けて、朝、通勤の帰りの車の中、とかで分けてやっています。仕事で車の中の作業があるとここまで丁寧にはできないけど、1日でなるべく一つ進むようにしています。次の英検まではこの作業は続ける予定。

以前おそろかにしていて、このところ意識するようになったことは、「日本語直訳」です。意味の塊で頭の中で日本語をなんとなく浮かべてゆっくり読むようにしています。英語の語順で読むようにはもちろんしています。精度を上げるのが目的。

この本は私の場合、語彙を覚えるためと言うよりは長文を毎日読んで、音読するというトータルな使い方をしています。語彙はもちろん知らないものも出てきますが、けっこうわかります。英検1級レベルの英文が読みたいというのが
理由です。これは、リケジョのRDさんが紹介されているのを見て夏に購入しました。ありがとうございました。

TOEIC
日本語を見て英語が出てきにくいものにあらかじめ付箋をつけてあるので、その部分を自分で英語が出てくるようにしています。付箋をつけているのは約100単語ほど。でもそのうちどうしても出てきにくいのは20個ほどだと思います。10分ぐらいで終わるので、子供の塾待ちの車のなかとかでもやっちゃう。今日はお家で柔軟しながらやりました。

他の取り組みもしなさいよねって感じですね。どうも意識がむかなくていけません。ボキャビルは私もともと好きなので、できる(笑)そうそう、12月の試験申し込むの忘れてました。今年中にタイ記録破りたいけど無理かなあ。

これはみなさん絶賛ですが、私もお勧めできます。問題解いてるとワラワラ出てきます(笑)

リスニング
BBCのポッドキャスト
今日のニュースをダウンロードして約30分聞きます。たいてい、子供の塾弁を作ったり、晩ご飯を作ったりしながらです。なるべく2回繰り返して内容をよく理解できるようにします。1回でもなんとなくわかってると思うんですが、もちろん精度が低いので、今の私のテーマ「精度を上げる」を意識して2回聴くようにしています。ええ加減さをなんとかしないと(笑)

耳読書
A Half Forgotten Song
A Half Forgotten Song [ペーパーバック]
今年読み始めた作家さんです。"Legacy”の著者。これで3冊目。3作目の作品だと思います。ちょっとブログ関係のこととかもあって、気がそがれがちでなかなか集中できないんですが、これもデュアル・タイムストーリーです。長いけどがんばります。

英文読解
夫が持ってた英文解釈のレベルが一番上の問題集をコツコツやっています。アマゾンで調べけど、どうも学校用ですね。市販されてない。出品者から20,000円の値段がついている・・・(汗)

まさにこれはノート見開き左に英文を自分で手書きで写して、そのあとスラッシュやSVを明らかにして、右ページに日本語訳を書いて行っています。辞書もほとんど使わずに訳せるんですが、これぐらいがかえってストレスがなくていいかも。構造がわからないことはないんですが、たまに語のかたまりを間違えちゃったりします。えへ。

これも「精度を上げる」ことを目的にコツコツ取り組んでいます。私は一応受験生を教える身ですからね。基本が大事。長い英文でもないので、10~20分でできますが、忙しいときはできない。週に2,3回取り組めたらいいほうです。たいてい子供のそろばんを待つ間にやっています。今日は家でできた。

目読書
In a Treacherous Court
In a Treacherous Court [ペーパーバック]
これの前の目読書がかなーりな大作だったのと、耳読書で中世イギリスブームだったので、ふとおススメに出てきてポチットしたもの。中世モノのフィクションです。次にしっとりしたのを読もうと思って間に短くて軽くて、すぐ読めるかなと読みだしたんですが、目読書まで行き着かなくてなかなか進みません。今70%です。たいていお昼ご飯時に開くことが多いです。ほんとはノンストップラブストーリーなんですが、あまりに飛びすぎでスピード感でてないです。こういうのは一気読みしないとなあ。

英作文というか参考書通読
英検を受験したのは、これへの前段階としてです。でも遠い道のりのようなきがしないでもない・・・。まずは概要を頭にいれてみます。どんなものかの説明を今日は読みました。Chapter2の途中まで。

ホントは英語の資格試験の点数を上げたり、合格したりするにはもっと試験対策をすべきなんでしょうが、やっぱりできないです。遠回りでも要領悪くてもまあいいか。私の場合は試験をぶっ通しで受ける体力にも問題がありますね(笑)

遠回りが実はそうじゃないこともすでにわかってますしね。歩みは遅いが・・・。

今年は休みじゃない限りジャーナルを書き続けるのは無理ですが、今日はお休みだったので、記事にしてみました。

読んでいただきありがとうございました。
明日もがんばりましょうね。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

再出発

お越しいただきありがとうございます。

心機一転、一からまた勉強の始まりです。

がんばりすぎず、肩の力抜いて。

ブログはやめようかと何度も思いましたが、子供がブログの中の旅行記を楽しみに読んでくれていたことを思い出しました。

またそれが思い出になり、「あ、あのときのブログに書いてあるよ」とまた話に花が咲く。

過去にすがったり、過去を悔やんだりするのではなく。

前を向いて歩くために。

そんな思いを持ってまたやっていきたいです。

それからブログを続けていると、誰かの力になれる。ささいなことでも、それが今度は自分のエネルギーになる。
善意のエネルギー。言葉の持つ力。

それを心に留めて少しずつ書いていきたいです。

読書日記は別ブログに移動しました。

さて、読者は現れるのか(笑)以前のブログでこのブログのアドレスをきいてくださった方、本当にありがとうございました。ほんの数人でもほんとにうれしいです。惜しんでくださった方で連絡の取りようがない人には連絡のしようがなくてつらいですが、自分で選んだ道なので仕方ない。姿をくらますにはこれしかなかったですしね(笑)

読書日記はamazonやブクログに登録してあるので、そこからも少し訪問してくださった人がいてうれしい。お一人読書日記専門で読みに来られる方がいて、惜しんでくださったので、お知らせしたら、そこからも何人か読みにきてくださいました。読んでもらえる人がいるのはほんとありがたいとますます思いました。

この英語ブログはそういうことすらせずに細々やります。初心に帰ってコツコツ。くじけそうになりながら、失敗を重ねながらも歩んでいく。そうやって得てきた自分の周りの小さな幸せに囲まれ、それに感謝して過ごすことが大事だと思っています。

ホントは11月からの再始動の予定だったんですが、今日ひょんなことから、予定外のお休みになったので、今日から始めることに。

この小さな小さな小さなブログを育むのもまたいいかなあと思います。うふふ。

さあ、今からどれだけ英語できるかなあ。昼寝しちゃうかも~。(愛犬はすでに今私の膝の上で寝ています)

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

See you somewhere in the world.

お越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

ずっといろんな思いがぐるぐるしてました。ブログを休業していたのはいろんな理由がありました。

ブログを書くのは大好きだけど、諸刃の剣。もともとブログに向いてる強さはあんまり持ち合わせていませんしね。だからここのブログに移った時に、夫に「コメントはダメ」と言われてのスタートでした。

ここのところ、実生活で知り合いの人がかなりひどいサイバーハラスメントに実際に会っているのを目の当たりにしたりもして、さらに怖さが増してました。

気にしちゃだめだと思いながらも、「英語の教師なのに、そんな英語力しかないのか」と思われてるのかもと思ってあせったり、「この人こんなに英語の本読んでるけど、ほんとにわかって読んでのか?」とか。実際に「ウオッチャー」してる人を知って、自分も知らないところでいろんなことを言われているのかと思うとどうしても書けなくなりました。そんな人がいても当たり前だし、人はいろんな面があって当たり前で、いいところもたくさんあると思います。私にそういう強さがないだけ。

以前に有名なブロガーの方が「TOEIC950点ない人に英語を教えてもらうな」と書いているのを読んでから、正直反感を持ったこともあります。自分が950点持っていないのに偉そうにも言えないと思ったのと、履歴書に効果があるのとで、今年になってからはすべての試験を受け続けています。実際にはTOEICは教鞭をとるうえであまり必要ではありません。違うテストの方が役に立ちます。でもアンチTOEICとは思っていないです。受け続けてますしね。

教師としても去年は英語だけの授業で、ディベートやプレゼンの授業に必死でついていきました。何度も壁を越えてきたつもりでも、本を何冊も読んでも、まだコンプレックスだらけ。それにいつも来てくださる方の言葉に触発されて、「ちゃんと真摯に取り組もう」とブログをお休みして少しでも時間を確保しようと思いました。背中を押してもらえて感謝しています。

それでもTOEICの模擬テストを通してやる時間は到底確保できません。1か月に一回、週末にリスニングの45分が確保できるかどうか。あとは添削の仕事や採点で手いっぱいでした。ほとんど毎週子供の試験か、自分の試験か、仕事かという日々でしたが、それを言い訳にはしたくない。

解いてもケアレスミスがあるものの、どうしてもTOEICの問題文に面白味を感じなくて、やっぱり英検1級の問題を読むことにしました。

夏休みに、英検1級の問題文を解いたときに、自分の力が落ちているのを確信していました。もともとないともいえますが(笑)機会を与えてくださった読者の方に感謝しています。

人に英検1級の奮闘記を読んでもらっていて、自分は何をしているんだ。と思い、えらそうにブログで語る前に自分も頑張ってみようと、9月に入ってからは、長文問題は1級の「文単」を出来る日は1日に1題をよく読んで訳を確認してから、音読、シャドウイング、同時読みを全部で50回するという生活でした。朝ごはんや、車の中、いろんな隙間を見つけては細切れでやりました。

長文はどうしても英検の問題の方が好きなので、「高地トレーニング」と自分に言い訳してTOEICの長文より英検の英文で毎日を過ごしていました。英検が終わってからは30回にしました(笑)それでもかなり苦しいです。

それに、生徒に英作文を教えていて、自分の力のなさをひしひしと感じる日々でした。授業中にふと発せられる素朴な英語の疑問に答えらるのかといつもドキドキする自分。なぜそうなるのか理由をいつも考える自分。夏休みに少しは貯金ができたものの、それでもまだまだ。自分のない貯金を吐き出すような日々。生徒の成績は彼らのがんばりもあって、評価を受ける成績をとってももらえました。でももっと絶対的な指導力が欲しい。自分で英文を書くことを強いるにはやっぱり自分が試験を受けるしかない。

それにもっと上を目指すには、英検1級の総合的な力はあって当たり前じゃないといけない。

発作的に英検1級を締切ぎりぎりで申し込みました。

でも特別な準備はもちろんできません。日々の朝の読み物を「文単」に変えて、車の中のシャドウイングを実ビジから「文単」の音声に変える。TOEICの試験の直前には「金のフレーズ」を確認する。リスニングを少しでも強化しようと、ながらBBCをPodcastに変えて、できるだけ1日に同じニュースを2回繰り返して聞くということをやっていました。(今もやっています)過去問をとけなくても、誰かにレッスンを受ける時間がなくても、机に向かえなくても、すべてながらでも、できることをしないと。子供の塾弁を作りながら、晩ご飯を作りながらの時間はPodcastを聴く時間にあてました。

TOEICは去年読書三昧で下がった数字をなんとか有効期限2年までに上げないといけない。それだけはクリアできました。読書を減らしましたしね。でも920点。

英検は残念ながら不合格Aでした。大量の読書のせいなのか、なんと全分野で語彙の点数が一番高いという、なんだか複雑な結果でした。語彙が難易度一番低かったのではと自分では思っています。

英検の報告に来てくださった方々に直接言葉を掛けれなかったのはエラそうに言える立場ではないからです。ほんとスミマセン。

今は、時間を作って、前にも書いたように「英文解釈」の問題をノートに英文を写し、それにスラッシュや構造を分析して、右に日本語訳を書いて、詳しい解説を読んで確認するという作業をやっています。今日は家族で塾の帰りに夕食を食べるために行ったレストランで1問やりました。やっぱり隙間。今まで一番後回しにしてきた精読を改めて丁寧にやっています。それに向かわせてくれる環境に感謝です。それで少しは精度が高まって試験も突破したいです。特に私は多読を大量にやっているのもあって、その癖を英文によって変えることも必要ではないかと、「音読トレーニング」の土屋雅稔さんの「英語学習最強プログラム」を読んでなるほどと思い、英文解釈をすることにしました。

もともと来年早々にはブログの心機一転は考えていたことなんですが、今日きめました。

「英検1級奮闘記」の看板も下ろして、一からまた一英語学習者としてブログを移転して真っ白な気持ちで真摯に始めたいと思います。

こんなにたくさんの方々が毎日いらっしゃって、うれしく思いながらも、読者の数を気にするのもどうかなあという自分もいます。

英検1級保持は過去の事。それをいつまでも引きずって、持ち上げられて書き続けることに抵抗があります。

一番悔やまれるのは拍手をこんなにたくさんいただく方々に対してです。こんな情けない私のブログにも関わらず待っていてくださってる方がいる。このままこのブログでやり続けるか、新しいアドレスで始めるか。それは休業宣言をしてからずっと悩んできたことでした。

でも背中を押してくれたのは、やっぱり生徒です。昨日個人的に生徒の悩みをきく機会があって、その子のとつとつと振り絞るように語る「どうしたらできるようになるのか」という言葉に自分が「君はそのままでいいんだよ。よくがんばっているよ。つらいね。大丈夫、先生と一緒に少しずつ歩んでいこう」と少しずつ話をしていくうちに、こわばった泣きそうな顔が、少しずつ少しずつ柔らかくなって、はにかんだ笑顔が見えた一瞬にわかりました。

私はこのままでいいんだ。

苦しみながらも、こうやって日々に感謝していればいいんだ。

教えている生徒の苦しみが痛いほどわかる先生でいいんた。

ということを生徒に教えてもらいました。

良く考えると、支えられてきて、等身大の私をそのまま受け止めてくれていた周りの人たちに気が付きます。ブログを書きすぎても、勉強しすぎてもいつでも応援してくれる家族。何度も仕事が終わらず3時とかまで泣きながら仕上げた時も起きて一緒に付き合ってくれるやさしい夫。50歳近いのに、ひたすら勉強し続ける私を支え続けてくれる80歳を過ぎた高齢の母。白内障の手術をして眼帯をしながらうちにやってきて子供が学校から帰ってくるのを私の代わりに待っていてくれます。

そして拍手をしつづけてくれたあなた。

英語を勉強してがんばる姿を見せればいい。見栄を張る自分じゃなくていい。他人と比べる自分じゃなくていい。等身大の自分で歩んでいこう。強気じゃなくても、弱虫の自分でいい。たくさんの小さな幸せがこんなにも周りにある。寄り添って生徒の何人かは救えたこともあるし、悩んでここに来られた方の力にも少しはなれたかもしれない。娘はコツコツ目標に向かって歩んでくれている。

これからもTOEICを受けたり、1級を受けたり、本を読んだり、そのまた別の試験の準備もはじめようと思っています。実は読み続けていた読書日記もおおざっぱに綴り続けています。まとめてまた記録したいです。これからも細々とブログも綴れたらなと思っています。明日も子供の試験が二つあって、(そろばんと漢検)それプラス自分もTOEICです。綱渡り。今は貧血ぎみなので、点数はベストスコアは期待してませんが、肩の力抜いてまた行ってきます。

このブログはこれが最終回ですが、そうやっていれば、また縁あってあなたともつながります。そんなつながりが大好き。

どこかでつながってます。

私がいままで海外の友人と何年たってもまた再開できるように縁があればネットでもどこでも、世界のどこかで会えるはず。前にもブログで書いたイギリスまで出かけた友人の結婚式で、友人のお父さんが新婦の父のあいさつをするときに、私を含めて海外からきている友人たちのことを触れて言った言葉をまたタイトルに使わせてもらいました。

本当に感謝でいっぱいです。今までありがとうございました。

またお会いできますように!

やっぱり休業中

タイトル通り休業中ですってば・・・。

誰ですか、拍手たくさん残してくださってる方々は・・・・・。(笑)

いや、ありがとうございます。つい拍手に押されて書いています。常連さんが来るたびにポチットしてくださってるのでは・・・。ほんまにもう、すいません。へんな気をかえって使わせていますね。お返事を書きにいったりもできなくてすみません。拍手や気持ち玉はたっぷり残してますよ!

皆さまはお元気ですか?私はぼちぼちやってます。今は試験で採点に追われる日々です。

でもこうやって皆さんの戦略にはまっているのか?(笑)だめですよ。休業中でっせ。再開するときはまた新たにどこかの片隅で地味に地味に新装オープンしたいとは思ってはいるんですが、どうなるかは未定です。

授業の準備や雑事がないのは精神的にちょっとは楽なんですが、ドンくさい私なので、時間がないのは同じ。結局なにもできないです(笑)新しい仕事も増えてあたふたしています。

またすぐ授業が再開するので、ちょっとげんなり。ああ、また恐怖の添削が早々にあるなあ。週末がつぶれるのはねえ(涙)今のうちに授業でやる文法項目を整理しとこっと。今度は苦手な分野なんですよね。でも、こうやって文法を何度も確認できるのはありがたいです。そうでなければ、なかなかできませんよね。参考書通読しても忘れるし、検定試験にはそれほど文法が占めていないから、大人が文法をガッツリやるのはけっこう珍しかったりします。そう思うと感謝です。ホンマに忘れるんですよねえ、私って。ふだんどうやって英語話してるのか自分でも不思議です。ええ加減過ぎる・・・(汗)一応外国人の先生とティームティーチングはまだ今年もしてるんですがね(汗)

英語話してるで思い出したんですが、この間ニュージーランド人の友人から知り合いを介して手紙をもらったので、スカイプして話しました。その時も適当な英語だったんだろうなあ。1時間ぐらい話してたんですが、なんとかやり取りしてました。けっこう話しこんで、いろいろ近況報告したり、悩みをお互いに話したり、彼女の赤ちゃんと遊んだり。愛犬を見せると「バウ、バウ」と吠えて、動くのを見てすごくびっくりしてました。ぬいぐるみと間違えていたようです(笑)今度は子連れでこの狭い家にやってくるかも・・・。ホンマにやってくるのならみなで雑魚寝コースですね(笑)

英語はなんとか隙間でがんばってはいるんですが、この間たまたま試験監督中に、英語だったので自分の担当していない問題を初見でやってみました・・・。生徒は授業でみっちりやって覚えた上なので、難易度が高いのは当たり前と言えば当たり前なんですが、む、難しいぞ。やるな受験生。「itを表すものを日本語でこたえよ」なんて「これやんなあ」と思いながら・・・(汗)

出直すことを決意。

「英文解釈教室」でもやろうかと思ったら、夫が「あかん、こっちやり」と問題集をもってきてくれたので、それやることにしました。あんまり古いものよりも新しめの方がいいとのことですね。確かに話題が違う。難易度も高めのようで有名な大学名が並んでいます。机に向かえる時間が限られているので、この間は子供の習い事を待つ間、マクドでやりました。本来なら目読書の時間をまわしました。これ以上やることを増やすのはかなり苦しい。

やることいっぱいでほんとに困っています。限られた時間を使おうとするとなかなか大変です。モグラたたきのように「ほら、ボキャビル、ほら、リスニング、あらら、そうこう言ってるうちにスピーキングできへんようになってるで。英作文もおしえてるんやろ、もっと文法とコロケーションしっかりさせや。音読ばっかりしてる場合ちゃうんちゃう?」とどこからともなく声が聞こえてきそうです。

土台が大事ですからね、要領が悪かろうが、足りないところはやるしかないです。

ながらでもやらないよりは力の維持になるはず。英語もaudibleや英語読書をしてるだけでは力の維持すら難しいことを体感しました。今は趣味と割り切って英語読書を半分にして、その分違うことをしています。ブクログを見ていただいている方は気が付いてくださっているかもしれませんが、今40冊ぐらいなので、今年の目標はきりよく50冊です。できるかな(汗)超長編には手が付けられないな・・・。

英語は一日に2時間はかならずがんばって聴くように工夫しています。たとえば、BBCを1時間ぐらい、audibleを1時間ぐらい、音読教材を30分ぐらいとかね。その割に実力が伴ってないだろうけど、ながら以外ではできないので今はこれでやっていくしかない。

聞いてるのは台所に立ってる時や、洗濯ものを干すときや、車の運転中とかです。危ないか?(笑)それでも濃密な時間じゃなくても、精聴できなくても、いつの日か日本語を聴くような感覚で聴けることを願ってやっています。ニュースはaudibleほど入ってこない(汗)来年はもう少し集中できる時間がとれればいいなあ。でも来年は子供の受験だしなあ。

好きな読書を自分なりに楽しんで、最近は私のストーカーとして活躍中で、家の中でタタタタっと足音させて後ろについてくる愛犬や娘の服やセーターを作る日々を夢見る私ですが、その夢はなかなかかなわぬ夢のようです。仕事せなあかん(涙)プロレタリアートはつらい(笑)まあ、でもそれが私の生ぬるい英語を底上げしてくれる原動力でもあるので、なんとかがんばります。

そうそう、最近は週末にどっと疲れがでてきて、仕事のないときは寝てばかりだし、寒くなってきたので、おゆばに家族ででかけてます。この間、無料券を5枚ゲットできたので、それで2回ほどいけます。うれしい。来週はヨガのレッスンに行く予定。なんとか乗り切りたいです。

でもとりあえず仕事に戻ります・・・(涙)

読んでいただきありがとうございました。
一緒にがんばりましょうね!

お元気で!

10月も休業中

12月16日追記:ECAkiさま。コメントありがとうございました。連絡の取りようがないので、連絡できません。すみません。
10月6日追記:
オンライン英会話とおススメの先生を教えてほしい。フィリピンの先生の発音は?というご質問をいただきました。私なんかよりもっともっと詳しい人がいらっしゃると思うんですが(汗)

私はもともとそれほどたくさんはレッスンを取ってなかったし、レッスンの進め方もフリートークが中心でした。そして今はオンライン英会話はやっていません。すみません。

フィリピンの先生はネイティブスピーカーではないので、先生によって千差万別です。もちろんものすごく上手な先生もいます。たいていそういう先生は人気の先生なので、どこのオンラインレッスンでも予約が殺到していてなかなか取れないのが今の実情じゃないかと思います。逆に考えるといい先生は見つけやすいともいえますね。予約が詰まっている先生をなんとか予約できたらいい。

発音についてですが、私はもともと訛りをきくのもそれほど苦にならないタイプなので、(自分の英語にもともと偏りがありますしね(笑))フィリピンの人の人懐こい話し方も好きです。私は発音の前に「話す」場を作ることが大事だと思っていましたし、フィリピンの先生と話すことでそれほど自分の発音に影響がでるとも思わなかったので、どうしても毎日英語で仕事をしなければならない時にたくさんとっていたのが現状です。

私が利用したオンラインはQQEnglish,BES,Keyeye,A&AEnglishの4つでした。それぞれに特徴があってどれもよかったです。結局はレッスンしてくれる先生の力量ですからね。

それとフィリピンの先生は入れ替わりが激しいのが当たり前です。(フィリピンじゃなくても当たり前だったりもする(笑))先生が突然いなくなるのは日常だと思っておいた方がいいです。地方によってはオンラインがつながりにくくてキャンセルになったりもします。

ブログを新たにUPできなくて、これ以上詳しくかけなくて、さらに追記ですみません。休業中なのでお許しを。

追記終わり~。


10月ですね。ひつづき休業中です。

なのに、なのに、こんなに拍手が・・・。

あ、ありがとうございます。お礼言わないわけにいかないじゃないですか!

今日はイレギュラーなスケジュールで英語たくさんしたかったんですが、ブツブツやるとウトウトという状態です。

微熱があるみたいなので、仕事もほったらかしてゆったり過ごすことにしました。明日も仕事だし、まだ子供の遠足弁当も作らないといけないので無理は禁物。

夏から時々Youtubeをちょくちょく聞くようになりました。きかっけは授業です。

子供たちに英語の歌の授業をしたんですが、お決まりはちと古い。ビートルズやビリージョエルは親の世代でも懐メロですしね。

だからそれプラスこんな歌を入れたらけっこう受けました。みんなで大合唱。


この曲を選んだのはただ単にロンドンの風景だったから。

かわいいけど、いつも聴くにはおばちゃんにはアップテンポです~。

さっきipodを入れ替えてたら懐かしい歌手を見つけました。で、YouTubeで流して大声で歌って、勉強中の娘に怒られました。ごめんなしゃい。

私がアップテンポな曲を聴くのはもうこの辺が限度かも・・・。
でもやっぱり古い?

でも英語で歌を歌うと英語上手くなるんですよねえ。これホント。

お休み中でこんなブログUPしてすみません・・・。休みます。

ではまた忘れられたころにUpしてるかもしれません。

お元気で!

記事検索
ギャラリー
  • 英語を好きになってほしい
  • 英語を好きになってほしい
  • 終了!2017年春期講習
  • 終了!2017年春期講習
  • 春期講習2週目終了
  • The Sleep Revolution
2017年の洋書本棚
2016年の洋書本棚 50冊
2015年の洋書本棚 60冊
2014年の洋書本棚 35冊
2013年の洋書本棚 50冊
2012年の洋書本棚 95冊
2011年の洋書本棚 50冊
2010までの洋書本棚 34冊
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
  • ライブドアブログ