2014年04月

TEDでリスニング、リーディング

今日もお越しいただきありがとうございます。

今更ですが、最近のマイブームはTEDです。

家でお昼ご飯を食べれるときや、一人で晩ご飯とかいう(子供が塾で。夫が晩ご飯いらない時とか。ちょっと寂しいですね)に見るようになりました。

だいたい9分から15分ぐらいの間のものが多くて、すごく凝縮されたものを堪能できることに気がつきました。

昨日見たのはこれ、英語は速めですが、わかりやすい方です。


まずはスピーチを見て、それからスクリプトがついているので、それを読みながら聞くという、リスニングとリーディングの両方ができる一石二鳥な教材です。映画やドラマの字幕も速めの英語に慣れて、読むいい練習になるとこのあいだドラマでやって思いますが、とにかく長いし、セリフだけじゃないので英語学習を考えるとこちらのほうがよさげです。でもドラマはもっと楽しいので、楽しくしたいときにはうってつけ。

スピーチなので、短い時間で練られた文を読むのと同じ。テーマによってはすごく難しく感じることもあります。「今のジョークがわかんない」とか、「専門的なことがわからない」とか。短いプレゼンなので、万人にわかるようにはプレゼンターが意識してくれていても、英語ネイティブスピーカーじゃない私には、難しい場合も。

Studyplusでは同じのを見てるお友達もいるので、「私も見ました!」と連帯感も生まれてちょっといい感じなんです。お互いに見たのもので興味の持ったものを見てみるとかね。

15分ぐらいの間にプレゼンターが伝えたいことを一生懸命に伝えてくれて、それが自分に伝わって感動すらすることもある。なかなかいいです。

毎日は無理だけど、これはブームに終わりたくないなあと思いました。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

ネイティブ信仰

今日もお越しいただきありがとうございます。

巷で賑わう英語熱。私も熱っぽい一人です。英語教えてるので、そうならざるを得ませんが。発音記号も教えなあきまへん。

でも、よく見かける「発音」に関する意見はちょっと怖いです。
「ネイティブのように話さないと」「アメリカンアクセントを手に入れる」「クイーンズイングリッシュがいい」

私の英語は「angel先生、ブリティッシュアクセントですね。イギリスに留学していたんですか?」とか、「もしかして帰国子女ですか?」とか訊かれはします。オンラインのフィリピンの先生には確実に言われます。アメリカ人やカナダ人やニュージーランド人にまでブリテッシュアクセントだと言われたこともあります。

以前のブログでお友達にならってスピーチを読み上げたものを録音して披露させていただいたこともあります。たまには褒めてもらえることもありました。

でも何度も書くようにイギリスでは「アメリカンアクセントだ」と指摘されてました。日本で働いてる時はアメリカ人とかと接することが多かったからか、聞く英語はアメリカ英語が多かったからだと思います。

イギリス英語っぽい発音を身につけたのは実は日本でです。

でも発音を良くしようと思って手に入れたものではありません。

音読してただけなのは、常連さんはご存知だと思います。イギリス英語を聴いて真似する作業を繰り返して、なんちゃってブリティッシュの英語を話せるようになっただけです。発音矯正なんかも一度もしたことありません。

でも念を押したいのは、自分が完全なブリティッシュアクセントを話してるなんで一度も思ったことはありません。
自分の中では日本語訛りとイギリス訛りの混ざったものだと思って話しています。


そんなことより大事なこと。何度も書いているように「話す中身」です。

それは英語を話していていつも痛感するから。

いったい「ネイティブ発音」を叫ぶ方々はいつも英語を英語ネイティブスピーカーとしているんだろうか?英会話の授業以外に。

たしかに発音はいいほうがいいとは思いますが、発音できないから序列ができたり、コンプレックスを感じるのはなんだか日本独特の「TOEIC○○点ですか!」の匂いを感じます。ましてやほかの人の英語を「日本語英語」というのも悲しい。自分の英語聞いてからそれは言おうよ。

発音はニュートラルにできれば十分通じますし、実は堂々と日本語英語で話していても通じます。
先日それをまたまた確信したことがありました。

BBCニュースでオバマ大統領来日から、日本の外交に対して、日本人の元外交官にインタビューがなされていました。その人の英語を聴いて非常に感銘を受けました。

インタビューを受けれること自体、英語が非常にうまいのは当たり前なんですが、発している単語の発音が時々どう聞いても「カタカナ」英語です。ほんとに。でも中身のある内容をスラスラーっと、時には相手のイギリス人のインタビュアーの質問を軽く笑い飛ばしながら答えられていました。あとで調べたらオックスフォードの修士を持っていらっしゃいました。

こういうのを英語ができるというのであって、発音がいいのは二の次ではないかと思うのです。このインタビューを聴いて、昔ブログで書いた時に引用した、元国連大使の明石氏やニュースキャスターの筑紫さんの英語を思い出しました。

共通するのは「中身のある英語」です。

皆さんはどう思われますか?

私は2年前に結婚式に招待されてイギリスに行ってきました。そこでは娘と以外は英語の世界。しかも披露宴では知らない人同士で座らないといけなかったし、日本人に慣れている人は一人もいませんでした。英語ができて当たり前。

最初は珍しいので、ちやほやされました。「日本からわざわざ来たのね」「英語が上手」とか社交辞令が続きます。私も必死でいろんな質問をしたりしました。でもイギリス人同士の会話は聞き取れないことももちろんありました。話題も共通の新郎新婦以外に共通点がないので、あっという間に尽きてしまい。食事が終わるとみなそれぞれに知り合いのところに去って行きました。娘と私を残して。

もちろんやさしい方がいなかったわけではありません。でもその人も私ばかりの相手をしているわけにも行きませんからね。

泣きそうになりました。惨めでした。(実際にひっそりと泣きました)知り合いがほとんどいないパーティー、しかも全部英語はつらい。

こういう経験は初めてではありません。海外で日本人が一人というツアーで会話から置いてきぼりになったこともあります。そういう時は誰も共通の話題のない日本人の相手なんてしてる暇はありません。自分は楽しみにきているんであって、英会話学校の先生でもないんですからね。

披露宴の半分以上は子供以外と口をきくこともなく、タクシーを呼んでもらって早めに友人の家に戻ってまた一人泣きました。あの時は本当に娘がそばにいてくれたよかったといまだに感謝しています。それを素直に娘に伝えています。辛かったけど、今ではふたりのいい思い出です。「ママ悲しくて泣いてたね」「ママのこと慰めてくれてありがとね」そして、結婚式に呼んでくれた二人は去年我が家に訪ねに来てくれました。終わりよければすべてよしですね。

痛感したのは「中身のある会話の出来る人間になろう。それが日本語であれ、英語であれ」です。

だから、発音がどうのこうのと言われると、申し訳ないんですが、それより前に表現できるすべを手に入れるべきだと思います。それが単語であれ。

本当の英語上級者とは、発音なんて気にしていなんじゃないかと思います。相手と議論できる中身がなければ意味がない。私はそれをこの身で体験しました。

幼少の頃から英語に親しみ発音のきれいな人と発音はダメダメでも語彙が豊富で言うべき言葉を発することの出来る人を比べると、もちろん日本語英語の人にネイティブスピーカーは耳を傾けます。これほんと。

私の職場にカタカナ英語バリバリの先生がいます。でも英語を話す勢いに圧倒されます。素晴らしい。

私は発音がきれいな人よりもそんな人に魅力を感じます。周りの英語ネイティブスピーカーの人もやっぱりそうみたいです。発音が注目されるのは最初だけ。

何も発音を無視しろと言っているわけではないんですが、日本では、どうもみなさんファッションのように発音信仰がはびっこているように思えてなりません。で、そのおっしゃる英語はどこの標準の英語なのだ?英語といえどもいろんな英語があります。ニュースを聞いているとさまざまなアクセント、外国語訛り。みな堂々と英語を話していて、日本人の英語とは雲泥の差。英語の小説の朗読を聞いていても、アクセントを話すことが役柄を表すので重要です。まあ、好きな英語の話し方を目指すことは悪いとは思っていませんが。英語ネイティブというけれど、それが実はスゴク品が無い場合だってあるわけです。世界は広い。

ちなみに「ネイティブ」という言葉を英語を使うときにそのまま使っている人をよく見かけますが、あれは和製英語です。通じません。「なんのネイティブ?」となります。私は同僚に” native English speaker"と直されたことがあります。上のタイトルはわざと変なタイトルにしました。

何度も書くように私たちはnative Japanese speakerであって、native English speakerにはなれません。近づくだけ。高校や大学で留学経験のある人も帰国子女でなければ、発音でわかります。帰国子女の子でさえも日本語の発音がまざっている子はたくさんいます。だから、1年ぐらいではそう簡単に変わりません。(最近は教壇に立っていて、帰国子女のいないことはないぐらいな確率で海外経験のある子供たちがいます。両親のどちらかが外国人だったり、外国人の子だっています。)

日本語訛り入っています。でもそれでいいと思うのですが。

実は発音よりも日本人の英語を聞きずらくしている原因があると思います。

それは、英語を話す時の「抑揚のなさ」です。

音が上下に動かない。いわゆる「平たい英語」というやつです。話すときに大げさに口を動かす意識をして、リズムをつけて強弱を意識するだけで、英語っぽくなります。私は日本語話すときも抑揚がある方なので、(教師になってからはもっと)あまり抵抗がなくできるようになりました。

発音の練習に多くの時間をかけるなら、その半分でもいいので、言うべき表現や語彙を手に入れたほうが英語が上達すると私は思います。

探したらありました。2年前にも同じようなこと書いてました。
http://blog.livedoor.jp/angel430/archives/3867656.html

ほんとにおんなじこと書いてますね(汗)まあいいか。この手のことは何度も書いたんですが、見当たりません(汗)

これを書いても巷の「発音信仰」を変えられるとは思っていません。発音を重視する人の気持ちは変えられません。そういう人ってオンライン英会話を利用してるのに、フィリピンの先生に対して差別的であったりするので、不快です。文句あるなら高いお金払って英語ネイティブの授業をとればいい。

それをわかってこれを書いています。ただただ、英語難民の方々の何人かの人に助けになればと願って。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

英検1級「でる順パス単」②

今日もお越しいただきありがとうございます。ブログ書いてる場合じゃないんですが(笑)

今取り組んでいる教材の一つこれ、
英検1級でる順パス単 (旺文社英検書)
英検1級でる順パス単 (旺文社英検書) [単行本]

ちょっと前までは付箋を張ってその部分だけを唱えていました。写真をUPしたら、けっこう反響がありました。

今は、ほぼ毎日例文を除いてすべての単語の英語と日本語を唱えています。

全部で45分から1時間ぐらいの間で読み上げます。
喉痛くなります(笑)

忙しいときや、体調の悪時は「分割作戦」でAだけやるとかでこなしています。一つやると15分から20分ぐらい。それなら隙間に入れ込めます。

この唱えるだけのやり方がいいかどうかは何とも言えません。私はこの方法しかできないので、10年以上唱えてきました。音読生活者ですからね(笑)単語をみて日本語を隠してテストとかしてないです。

だから日本語の意味を明確に言えない時もあります。言える時もある、というか、英単語を唱えるとペアで日本語が出てくる状態です。そこで初めて日本語を頭が認識する感じかもしれません。

この「あいまいさ」がいい時もあり、悪い時もあります。英検の語彙問題を解いていると、選択肢の中で答えが光って見える感じはあります。日本語の意味を明確に言えなくてもこれという感覚。単語に対してプラスイメージとマイナスイメージを抱いて判断していることもあります。

マイナスはもちろん「日本語」にできないことも多いということです。そこをテコ入れする作業はやっぱりひたすら唱えてツルッと滑るように出てくる作業しかありません。自分にはそれが一番楽な方法です。

このあたりは英文を読んで単語ノートなどに意味を調べて蓄積する、書き込んで英文ごとに印象付けるという方法を取られている方も多いですよね。いわゆる学生時代から培った方法です。時間があればそれもすごく有効で、両方できればもっと深くなるだろうなあと思います。私は机に向かって英語だけをする時間がかなり少ないので、今はそれができていない状態です。

いいことをもう少しあげるとすると、studyplusでも書いたんですが、(ログに対して自分の感想が多いです。読んでくださってる方々ありがとうございます。お役にたつことがあればいいのですが、弱音もたくさんはいてすみません)

目読者や耳読書にはものすごく効果を発揮していると思います。単語のイメージがなんとなくあるので、映像が浮かびやすいです。最近は読書を我慢してニュース英語をひたすら聞いているんですが(これがけっこうつらい)、1級英語がバンバン飛び交っています。それがわかります。毎日唱えているいくつかがかならず出てくる。

毎日出会っている単語は覚える作業をしなくても脳みそが一番上にスタンバイしておいてくれる状態です。その状態を作り上げるために大量の単語を毎日唱えています。脳トレになっているような気もします。気のせいか?

これやってる時は、前にブログにも書いたことがあるんですが、生徒の名前を覚える、思い出すのが早くなることを何度も体感しています。鈍い私の脳みそもちょっとは活性化されているようです。まあ、それも年々エンジンがかかりにくいような気もしますが(笑)

何度も書いているんですが、英語の上級を目指そうと思ったら、語彙は重要です。言葉の意味が分からなければどうしようもなりですからね。類推するのもひとつの訓練ですが、それが多いのはやはり効率が悪すぎる。

毎日1回その単語に挨拶するつもりで読んでいます。その挨拶が付箋をつけていたものは、100回以上です。でもまだまだ足りないと思いっています。365日出会い続ける、いやそれ以上共に過ごす覚悟じゃないとおばちゃんの脳みそはなかなか反応しないのだ。

いろんな単語集があります。ご自身が覚えやすいものを手に取るのが一番いいと思います。複数を同時にやると重複した単語を覚えれますね。私はそれにはこれらを利用しています。
CD付 英検1級 文で覚える単熟語 三訂版 (旺文社英検書)
CD付 英検1級 文で覚える単熟語 三訂版 (旺文社英検書) [単行本]
これは今3巡目です。文をまるごとシャドウイングしたりして音読しています。これは美味しい総合的な教材。最低5周ぐらいしたいです。え?要領悪いので、おそらく他の方の3周ぐらいな感じだと思っています。

最近はおさらいとして、昔1級に受かる前に何回も解いたこれを軽くやっています。
英検1級語彙・イディオム問題500 (英検分野別ターゲット)
英検1級語彙・イディオム問題500 (英検分野別ターゲット) [単行本]
間違えたものに付箋をつけてまたやり直すつもりです。もう4年ぐらいやってなくて、処分したので、買い直しました。出版されている過去問より古い過去問も扱っているし、過去問にはパス単に載っていないものもあるので、包囲網が増える感じですね。クイズを解く気分で楽しいです。パスタンだけでいきなり1級の問題を解くと、問題文に手こずります。だから問題形式のものの読む速度を上げるためにも非常に有効だと思います。

その他に、もちろん
2014年度版英検準1級過去6回全問題集 (旺文社英検書)
2014年度版英検準1級過去6回全問題集 (旺文社英検書) [単行本]
これの語彙だけを、隙間を見つけてざっと解きます。もし過去問を試験形式で受けていなければ、語彙だけに終わらず、時間を図ってできれば全部を通してやったほうがいいとは思います。私はそれもやってるし、語彙問題を解くのが好きなので、語彙部分だけをドリルみたいにしてやることが多いです。解いたことある問題はだいだいですが7分から8分ぐらいで解きます。

あとはスマホのアプリとかも皆さん活用されてますよね。私はガラ系なので、やってないです(笑)オンラインの語彙テストはたまにやっています。

いや、もう時間がないからこの辺で。なにやってんだか。

で、1級の語彙はやって役に立たないか?

やらないとちゃんと英文が読める、聞けるようにはなりません。頭打ちになると思います。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

新学期

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか。

いよいよ今週から授業が本格的に始まって、教室に行くと、去年教えていた生徒の顔、初めての顔、違う学年で、全員知らない顔。

でも、みんなやっぱりかわいいです。

今日初めて授業するクラスで自己紹介したり、授業の説明したり、そのあといきなり授業したりしたんですが、(私はいきなり授業をだだっと始めて授業を加速させるタイプです)

特に私が初めての生徒たちはお腹抱えて笑ってました。

そんなに面白い先生に飢えていたのか・・・。大したこと言ってないのになあ。普通のことを言う時に抑揚をつけるだけで女の子は笑います。

特に中学生は躾も大事なので、先生はみなピシッとしています。そこに大声のおばちゃんがいきなり英語でけたたましく入っていくだけでみな「な、なんなんだ、このセンセ」となって面食らって笑います。

私の”Hello"は面白いらしい・・・。一応イギリス英語っぽいしな。

やっぱりこの生徒たちを責任をもって1年間預かろうと心に誓った今日でした。

来年は偉そうに言えるように今のうちに精進しないとね。仕事選べますように!

さあ、限られた時間でも勉強しなくっちゃ。

明日も一緒に頑張りましょうね!
読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

TOEICのアビメがよくわからない

今日もお越しいただきありがとうございます。

ちょっと単純作業な仕事に飽きてきたので、これ打ってます。油売るなって感じですね。

TOEICの結果が郵送で送られてきました。

ふと思ったんですが、いつも皆さんこれ見ていろいろ分析されてますが、実は私、「これはpart5のことを言っているのか?」「これは写真問題なのか?それともpart2?」と思っています。要は自分がええかげんなだけですが(汗)

アビメの意味も誰かに教えていただいて、また忘れてるぐらいですからね。

アビメ上から

Listening
90%
100%
100%
91%

これはpart1,part3,part2,part4の順だと理解しといてよろしんでしょうか?

Reading
96%
100%
100%
96%

こっちのほうがわかってない度高いです。

以前のものと比べても、その時によってできるところとできないところがてんでバラバラです。(ついでに言うならリスニングはその時によってすごい差がある(汗))私はTOEIC力が足りないので、親しみのない語彙が出てきたらお手上げです。

ちなみにちょっと前の960点とった時のものを探したんですが、見当たりません(汗) うーん。

何をどう直して行けばいいのやら。→どっちにしろ、自分のペースで勉強するだけですが・・・。

どなたか教えていただけたらうれしいです。反応あるかなあ。兄さんが教えてくださるかも。

読んでいただきありがとうございました。仕事に戻ります(涙)

新たな決意

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

4月も2週目が終わろうとしていますが、新しい年度を皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?

私は仕事が徐々に始まって、勉強モードから仕事モードに少しずつシフトしています。

でも、仕事で勉強ができないとますます「勉強しなくっちゃ」と気持ちが焦ったりもします。

この間仕事でちょっとしたことがありました。「ありえない」と不服を申し立てました。
いつも思うのは1年契約の非常勤講師の立場の弱さです。

それをはねつけるために今まで必死で勉強してきました。年齢がいけばますます実力が必要です。

そして子供の受験と、自分の体調の許すこの仕事をずっと続けてきました。我が家は私が仕事を辞めることは不可能。頑張らないといけない立場です。

悔しいことを体験したら、それを嘆くのではなく、

すぐに勉強します。もう何年もそうしてきました。そうやって負のエネルギーをはねつけてしまう。

だから今回もやっぱり猛烈に勉強しています。
それが要領が悪かろうが。がむしゃらに。夫が「こんなに英語勉強するおばちゃん知らん」と横で恐るほど(笑)

こうなったら、担当したクラスの成績を上げて、生徒からの評価を上げて、来年は複数から一番いい仕事を選べる立場になれるようにもっとスキルを高めると誓いました。私を怒らせると怖いんだよ。(実はぜんぜん怖くないんですが(汗))

今持っている資格をもっと強化すべくまたいろんなことを両立してやっていかねば。

その道が遠くても、引き寄せるぐらいに。

studyplusで記録をつけるようになってから、新たに参加してくださった皆様、わざわざすみません。そしてありがとうございます。参加してくださった方々が「前よりも勉強する時間が増えた」と思って、そしてお互いに切磋琢磨できていればそれほどうれしいことはありません。隙間を駆使してマニアックに頑張る私に引かれるんじゃないかと内心心配です。それに引っ張られてる人もいらっしゃると信じて(笑)これからもよろしくお願いします。

今日も読んでいただきありがとうございました。

良い週末をお過ごしください。


お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

TOEICで辛い思いをされた方へ

今日もお越しいただきありがとうございます。

昨日TOEICのことを久しぶりに書きました。

TOEICに特化せずにどこまで点数が取れるかと書きました。IELTSが思ったように点がのびていなくて、TOEICがあの点数というのもやっぱりどうも変な感じです。

TOEICの勉強は一切しなかったのは本当ですが、

英語の勉強は相当しています。今も。それはstudyplusの仲間がきっと「そうだ」と言ってくださると思います。

あれだけやってこれぐらいしか取れないのかと思われても仕方ないぐらい毎日英語と格闘しています。
実際に実力がないと揶揄されたこともあります。

思うようにはやっぱり行きません。

英検1級は再挑戦をはじめて2敗中です。前回は1点に泣きました。

TOEICで点を取れないこととは比にならないぐらい辛かったです。あの恐怖がいつもやってきて、どのテストを受けても最悪のことを必ず頭に描きます。TOEICは今回900点ないんじゃないかというように。

自分のやり方がまずいんじゃないかと思わない日はありません。

要領が悪いと思わない日はありません。

また1級に滑るかも知れない。IELTSの目標点に至る日はこないかもしれない。

いくらエッセイを書いても書いても不安は増すばかりです。

いくら単語を覚えても安心できません。

でも小さな歩みを止めることはない。

今回思うような点数じゃなかった人もたくさんいらっしゃるかもしれません。

でも、歩みをとめないでくださいね。

毎日あなたの英語力は少しずつ少しずつ進歩しています。

あなたのやり方で大丈夫。いつの日か溢れるようにそれが出てくる日が来ます。

さあ、一緒に歩き出しましょう。

こんな私でよければ一緒に伴走しましょう。


お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

2014年3月のTOEIC

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

最近、ほんとにここまで行き着けなくて、読書日記も2冊分書けてない状態です(汗)

今日はTOEICの結果が出る日だったんですね。

実は受験してました。

で。さっきまで気が付いていませんでした。
夜になって、メールを数通打っていて急に思い出しまして見に行きました~。

でも最高記録に達しませんでした。点数はベストスコアじゃないけど、
気づきがあったので、ちょっとUPします。

試験日が実はIELTSと同日でした。だから掛け持ち受験。ものすごく疲れていたのを気づかれていた方もいるかも。次の週のはじめはやたら眠かったような・・・。

連日のIELTSプラス、インタビューテストの直後にTOEICも受験していました。受験会場に遅刻しそうになって、タクシー使いました。駅でIELTSで見かけた人がTOEICの会場にもいたので、同じような事してる人がいるんだと、変に感心してました。

でも、疲れてるわ、滋養強壮剤買う時間もなくて、リスニングの最中はもうあくびが出て大変でした(笑)


試したかったのは、「TOEICに特化しないでどこまで点がとれるか」です。今年に入ってやっていることは英検とIELTSが中心。といってもIELTSはそれほど集中できずにGame of Thronesのドラマにのめり込んでましたが(汗)去年TOEIC用の問題集を数冊やりましたが、今回は全く1冊もやらないと決めて。というかできなかったのが実情ですかね。

昔は英検1級のあとにTOEICを受験していました。それに近いことを今回もしてみました。

結果はこれです。











TOEIC スコア
  実施日 



あちゃー。やっぱりリスニングが。しかもリーディングよりも悪い・・・。このパターンは前にもありました。

今回は実はもう一つ試したことがありました。
IELTSで「スキミング」の練習を多少したんですが、それを試してみました。おかげで試験は20分以上時間が余りました。TOEICでは英文が比較的難しくないので可能だと思いました。

やり方は簡単です。皆さんすでにやってらしゃると思います。

設問を先に読んで、その答えに近い部分だけ読んで答える方法です。

設問はたいてい前から順番に問われるので、最初から読んでいるのと同じようなんですが、設問→問題に目を移して全部を読まずに答えの箇所になっているところまでスピードを上げて読むこともありました。英文をよまず
に単語だけ拾って答えられる問題もけっこうありました。

英検1級でもスキミングまでは行きませんが、設問→問題文の順で読むように最近はしています。IELTSはこれができない場合もあります。設問ごとにあっちこっちに答えが点在してます(笑)

今回のTOEICはリスニングは疲れてできなかったのが大きな原因だと思いますが、リーディングは特化してない分詰が甘かったのだとも思います。でも今までで最高点がとれました。これでリスニングがいつものように480点とか485点ならよかったのになあ。私鈍臭いので今までのリスニングの最高点は490点で、満点とったことないんです(涙)体力が持たないんですが、その言い訳をしないで済むようになりたいとも思っています。

でも、私の場合TOEICは水物です。すごい点が乱高下するので、どう分析すれば良いのやら。
今回はTOEICに特化しなくても900以上取ることは可能だとわかってよかったです。やっぱり自分のやりたいことをやっててもいいんじゃないかなと思えました。

久々のブログ更新です。もうすぐほんとに授業が始まるので、それまでに貯金するような気持ちで日々を過ごしています。仕事が始まったら、またリズムを変えていかないといけません。

また一緒にがんばりましょうね!

読んでいただきありがとうございました。子供迎えに行ってきます!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。
記事検索
ギャラリー
  • 速度は遅いけど
  • 温床
  • ヤダヤダヤダ
  • イギリスの好きな食べ物
  • イギリスの好きな食べ物
  • イギリスの好きな食べ物
2017年の洋書本棚
2016年の洋書本棚 50冊
2015年の洋書本棚 60冊
2014年の洋書本棚 35冊
2013年の洋書本棚 50冊
2012年の洋書本棚 95冊
2011年の洋書本棚 50冊
2010までの洋書本棚 34冊
  • ライブドアブログ