2014年06月

もうすぐ英検2次

今日、1次の合格通知と、2次試験の案内が送付されてきました。今度も1回で済んで欲しいなあ。

前回はたくさんの拍手とコメントありがとうございました。嬉しかったです。そして惜しくも不合格の方も、また気持ち新たに一緒にがんばれたらと思います。

ネットで合格を確認した先週からやっと重い腰をあげて2次対策を始めて、日々に追われてそれに集中することはできてません。家事をしたり、用事をしたりする時にながらで英語を聞くのがほとんどなので、(座っているときはご飯食べてる時とかね)一日にとれる時間は限られています。1次試験の解答発表からやってる人に比べるともう、3週間ぐらいビハインドです。私らしいです。

で、最近Windows8に乗り換えざる得なくなって(我が家のPCはXPとVistaで、両方一気に壊れました(汗))新しいPCからオンラインレッスンを再開したのが英検の試験終了後2週間以上たった今日から始めました(汗)

自信はもともとあんまりたくさん持ち合わせていないので、当たって砕けろです。

ここのところ1学期もあと残すところ少しとなってちょっと体も疲れてきたのか、英語の勉強に朝活も入れているのもあるのか(といっても30分~1時間とれればいいほうですが)午後になるとものすごい睡魔に襲われてちょっと大変です。試験の時も眠くて生あくびしながら受験するという体たらく。

仕事も本音はもうやめて家で愛犬と戯れつつ本読んだり、映画見たりする生活を夢見てはいるんですが。夫いわく「ママが家にいると逆に一日12時間ぐらい英語漬けの生活をしてしまいそうやから、仕事ある程度入れとき」だそうです。そうかも(汗)英語だけがやりたいわけじゃあないですしね。それに専業主婦になれるような身分でもないです。我が家はダブルインカムじゃないと、エンジェル係数が高すぎ(涙)→犬も含む(笑)

でも、この間、去年教えていた生徒に呼び止められ、
「先生の授業が受けたいなあ」と言われました。

それから今年始めて教える生徒の子がその子の先輩で、「先輩が先生の授業すごくわかりやすいって言ってた」と教えてくれました。疲れた頭にしばし清涼飲料水飲んだ気分でした。

教えているクラスのいくつかは学年でもトップを走ってくれているのでありがたい。彼らの期待に答えられるよう頑張らねば。

文法を教えるときは、いかに文法用語を使わずに理解させるかに心を配っています。

というか、いかに笑いをとるかですかね(笑)笑うと理解しにくいものですごく入りやすいみたいです。

理解した気になると、だんだん理解していくんです。これほんと。英語と日本語は対極の言語なので、なんとなくを「なんかわかる」に変えてあげる作業が必要ですからね。もちろん「これはやなあ、文法用語ではこんな偉そうな言葉があんねん」と文法用語もしっかり最後に定着もさせます。十何年も同じことやってますしね。決めゼリフもあるわなそりゃ。夫という師匠もついてるのでありがたいです。まあだからといって、全部完璧かと言われると、日々忘れては教えるときに思い出すという繰り返し。それのおかげで英語が勉強できている「教えることは学ぶこと」方式を地で行っています。生徒に感謝。

教えることは確かに楽しいです。子供たちが英語を好きになってく過程を見るのはやっぱりやりがいがあります。それに授業を通して、自分がいままでに培ってきた英語自体の知識や、その背景の歴史、英語で読んだ物語、映画や、そして旅した国の文化、英語もいろんな英語あること。英米の違いとか、毎日聞いていいるニュースで、いま世界で何が起きているかを話してあげると、目を輝かせて聞いてくれる子もたくさんいます。生徒によって興味を示すところが違うのがおもしろい。授業では「先生、いま社会の授業みたいや」とか言われたりもします。

そしてそのどれかに興味をもって「英語を学ぶのは大学に入るためではなく、英語を通して必要な知識や感動を得ることが目的」になる一助になれば一番うれしい。人よりいい点をとること、できるようになることがゴールではないことをはっきりとわかってほしいといつも思います。生徒にはいい成績を取ったことでなく、頑張ったことをたくさんたくさん褒めてあげるようにしています。その子が50点でも30点から50点とったことを褒めてあげる。まだまだ大人でもそんな人が多すぎますからね。先生でもそんな人多いし。

それから、やんちゃな子供を注意してると「お母さんがいるみたいや」「お母さんに怒られてるみたい」と何人もの子に言われています(笑)最近は教室に入っていくだけで笑いを取ることも・・・(汗)

元気な彼らに元気をもらっています。

そんな思いを持ちつつ、また1級の面接楽しんできます。

このところの常連になってるセリフですが、「だめならまたやればいい」ですからね。過程が大事。

といいながら、ブログ書いてないで勉強しいやって感じですな。

子供を塾に迎えに行くまでちょっとはできるかな。仕事も持ち帰ってるの忘れてたし、テストも作らないといけなかった(涙)うーん。

今日も読んでいただきありがとうございました。

また一緒に頑張りましょうね! 

 お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

英検1級1次結果 2014年第一回

今日もお越しいただきありがとうございます。

英検の1次の結果が出ました。

82点でした。

合格点は78点なので、なんとか1次突破できました。

ということはエッセイが20点。

苦手分野でいつもより時間を削っての背水の陣の気分だったので、できた気がしていませんでした。せめて16点か17点ぐらい取れてくれれば御の字ぐらいの気分。合格点も昨日教えてもらうまで知らなかったので、80点前後だろうから諦めていたといっても過言ではないです。

今回の1次突破で一番喜んでくれたのは実は夫です。

試験の前の晩、宴会で酔っ払って、電車で寝てしまって遠くまで行ってしまい、また乗り換えて最寄駅で降りれなかったので、また戻って、家に着いたのが1時半ぐらいでした。私も早く寝ればよかったんですが、英検の緊張と夫の帰りの遅いのとで、寝付けませんでした。

睡眠不足で受けた影響をモロに受けたのか、もともとの実力がなかったのか(笑)、今まで受けた英検の中でもリスニングで歴代の悪い点数をとってしまいました。だから、ちょっと責任を感じてくれていたようです。

リスニングのハンデとエッセイの自信のなさ。そして前回1点差に泣いた自分のことを考えると、1次通過することが想像できませんでした。本当に私らしいといえば私らしいどんくさい展開です。打ちのめされ続け、成功体験が少ないとこうなります(笑)

で、明日からどうするかというと、おそらくおんなじようなことを繰り返しているんだろうなと思います。
さすがに準備はしないと2次は突破できないだろうから、エッセイを書いていたような感じで、練習時間を確保できればいいなとは思っています。普段ええかげんに英語しゃべりすぎですしね(汗)

でも、また淡々と毎日英語を読んで、声に出して、聞いて、話して、使う日々に変わりはないです。

ダメならまたやればいいだけ。

今回惜しくも1次突破出来なかった方もいらっしゃると思います。

こんな私の言葉では説得力がないかもしれませんが、

やり続ければかならずや出口が見えてきます。今は遠い先に点のように見えても。

そこまでたどり着く方法はたった一つ。

自分の足で歩き続けることです。歩みがおそくても。てくてくね。

私は前回4年前に1級に合格してから、昨年の秋に再挑戦を始めて3回目でやっと1次突破できました。自分の中ではさっきまで4回目もあると思っていました。

5回目でも、6回目でも体の続く限り挑戦していたと思います。


「英検1級の実力を持っていれば、何度受けてもちゃんと受かるはず」と間接的に言われた時には、すごくショックでした。


でもその言葉さえも受け止めて真摯にやり抜くことを自分に誓いました。

英検1級保持者として始めた旧ブログを閉じて心機一転ゼロから頑張ってきました。でももうえらそうに上から目線で1級を語ろうなんてもう思ってませんが(笑)

落ちてしまってやめてしまうのは簡単です。
受かってしまって、やめてしまうのもまた簡単です。

もちろん次のステップが待っているので、さらに階段を上っていかねばなりません。

そうでない人もいるかもしれないけど、それでもやっぱり1級の力を維持し続けるのは難しいというのが自分の感想です。

今の私には合格点に達したからといって、偉そうにはできないというのが本音です。結果も大事だとは思いますが、それまでの努力が一番の宝物であることは確信を持って言えます。頑張った自分を重ねることによって、自分の毎日が豊かになっていく。英語がわかる楽しみが毎日待っています。

50歳前のおばちゃんでもこうやってなんとか踏ん張っていると、たった一人の人にでも励みになれば嬉しいです。

毎日コツコツ、謙虚に、そして楽しんでやっていきたいです。

読んでいただきありがとうございました。

また一日頑張りましょうね。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

P.S.Youtube見ました。面白かったです!あれ全部聞き分けできるようになりたいです!

置かれた場所

今日もお越しいただきありがとうございます。

そろそろ英検の1次の発表でしょうか?よくわかっていない私です。いつもどなたかが書いてたりするのを見て随分遅くに気がつく・・・。

英検が近づくと、前のブログがまだまだ盛況になります。その度にメッセージを残してくださる方もまだまだいらっしゃって、「次のブログも読みたい」「閉じないで」と書いてくださってありがたい。

このところお疲れで、今朝は朝活出来たにも関わらず(子供が朝早くに起きたから)それがアダになって、教壇に立っているとき、横でネイティブスピーカーの先生が話している横で立ったまま寝そうになるし、帰宅して塾弁作ったら爆睡してました。うーん昼寝さえなければカリスマ非常勤講師になっていたかも~。無理無理。

授業は生徒たちが随分懐いて?きて、反応もよくなってきました。「英語はロマンやでえ」と叫びながら授業してます。文法の説明はオリジナルなセリフが多いので、最近は真似もよくされるようになってきました。かわいいなあ。あ、「読むべし~」は言ってないです。それはこちらのオリジナル。

で、1次に余裕な皆さんが2次の面接の準備を着々と進められている中、ボーダーの自分は何をしているかというと、

先週はドラマと読書三昧の1週間。

今週は、

またいつもと同じ淡々と日常が英語な日々を過ごしています。

朝起きて仕事に出るギリギリまで英語を唱え、職場のお昼休みにはkindleを読みながらお弁当を食べ、耳しか空いていない時にはipodかウォークマンを吊り下げて聞く日々です。

子供が塾にいるあいだの夜の少しの時間と、子供が勉強している夜にテーブルに座ることができるので、こうやってブログ書いたり、Studyplusの記録つけたりしています。たまには勉強もね。 

もうがっくりくるのは懲り懲りだし、受かったら、受かった時に考える、Tomorrow is another day方式を今は採用しています。受かってもまた受けるかもしれないし。エネルギーが残っていればですが(汗)

ふと、思ったのは、今はけっこう方向性なく英語を生活に取り入れて、限界がどこまでなのか見ている自分もいます。前からそうですが、倒れそうになるまでやってしまう自分もいます。

一方で倒れる前に寝てしまうので(笑)ほんとうには倒れないんですが、もうひとりの自分が「今の状況に満足」とも感じています。

一介の非常勤講師だけど、周りの先生は大事にしてくれるし、英語も話す機会も増えたし、おととしや去年のように、プレッシャーで押し潰れそうにはならないし。薄給でも保険や年金の福利厚生もしっかししてるし。

子供のお受験もあるので、朝から夜まで分刻みで移動したり、英語したりするのはちょっとたいへんだけど、工夫も生まれました。

今の置かれた状況に感謝の気持ちを持たないのはやっぱりいけないなと、この置かれた場所で一生懸命にやることが大事かなとも思います。そうやってコツコツやってきて、今の自分がいることを忘れちゃいけない。こんな年になっても仕事がもらえることに感謝しないと。

英検はダメだったら、また受けて、今の力を維持そしてまた上げることができると思うことにします。実際にそうですしね。受かっちゃうとやっぱり力が落ちることはもう経験したし。まあ、とか言いながらビビってますが(笑)そりゃ受かってくれてる方がウレシイ。楽習→苦学→楽習のサイクルは必要です。

置かれた場所で咲きなさいという言葉も大事かなと思った今日でした。

読んでいただきありがとうございました。
明日も頑張りましょうね。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。





 

楽習生活

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

先週英検1級1次試験が終わって、結果も前回書きました。

点数はなんと前回1月受験と全く同じ。でも内容がちと違う。リスニングでこけました。寝不足で疲れてたのは事実ですが、(夫が宴会で帰りに居眠りして2回も電車を降りそこねて帰ってきたのが午前様だった)寝不足でも点を取れる実力がほしいところで。す3月のTOEICでも試験のはしごしたら、見事にリスニングが落ちていました。それを反省してなんとか工夫して聴く量を春から増やしているんですが、試験のリスニングをじっくりすわってやるということができなかったので、それも点に反映したんだと思います。でも隙間でも、体力ナシ子でも頑張れることをなんとか実証したいとも思っています。 

前回のショックがかなり大きかったので、今回も合格発表まで英検のことは考えるのは潔くやめています。4年前に受かった時も1次で65点ぐらいあったんですが、それまで1次を突破したことがなかったし、受かっているとは到底思っておらず、旅行行っていました。だから準備も直前しかしなかったので、ラッキーだったと思います。

今回は62点なのでもっと受かってるとは思えない(笑)1月はエッセイに力を入れての期待感があったんですが、ボロボロだったので、今回もエッセイは勉強したけど、長文に時間を配分したので、やっぱり自信ない。

だからって英語の勉強時間が減ったかというとそうでもないことにちょっと嬉しさを感じています。

ちと貧血気味なので、楽習状態ですが、英語に触れている時間は全く減ってないと思います。

今週はaudibleを1つ聴いて(こちらは読書日記にUPしました)それと並行してドラマを1シーズン見終わります。
試験勉強の間、夢見ていた生活です。

今見てるのはこれ、あと1話です。
    
大好きなイギリス中世歴史モノ。原作をaudibleで3巻全部読んでから、これを購入して見るのを楽しみに勉強を頑張ってきました。自分へのご褒美。ドラマはあまり普段見ない私ですが、原作のしっかりしているものには食指が湧きます。これも作りこんである感がありました。3冊の原作をうまく取り入れていて、3冊中では、起こる同じ史実が別の視点で描かれるのを、ドラマでは同時に見られるという醍醐味があります。やっぱり脇役がいいなあ。→脇役好きな私。

でも、ドラマを生活に入れ込むのは私にとっては少し苦しかったります。仕事が全部入ってるとなかなかできないことだったと思います。たまたま行事でいくつか抜けたのがよかった。たまには好きな英語していいよって言ってもらえたんだなあといいようにとっときます。

字幕なしで100%理解するのは無理でも、原作を読んで(聴いて)知っているので全く大丈夫でした。のめり込んで見てます(笑)試験で実証できなくても、いままでの努力が少しは報われてると思いたいです。

読書や映画をそのままで楽しみたいから英語を続けてきました。それが少しずつできるようになってほんとうに嬉しいです。英語ネイティブスピーカーの耳には到底なれないけど、楽しめるまでになってきました。

小さな時に、初めて見た映画はたしかテレビで見た「荒野の7人」だと思います。亡き父が映画が好きで、テレビでやっている映画を一緒に見たのが私の原点です。小学生の低学年だったと思います。絵画を見たりするのが好きなのもよく考えると、父親が好きだったので、しょっちゅう展覧会に行くのが習慣だったんだと今になって思います。

それからもう何十年もたってるけど、やっと夢が叶いつつある。きっと死ぬまで追い続けるんだと思います。

自分的楽習生活は今日でまたやめにしたいと思います。次のテストに向けてまた来週から始発しないとね。
まずはテストに申し込まないと、締切になる(汗)テストに申し込むには時間が必要なのでなかなか重い腰が上がりません。パスポートナンバーとか、いろいろややこしい。

また一緒に頑張りましょう。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

英検1級解答速報

今日もお越しいただきありがとうございます。連日ですね。

受験された皆さんは少しは体休めることできましたか?

なんかいつになくアクセスが増えていてますね(汗)昨日もびっくりしたけど、今日もこれUPしたら点数チェックしに来る人多いんだろうなあ。

落ちてますって(笑)→すでに開き直っています。

1語彙  23点
2穴埋め 3点
3長文  12点
4長文   4点 

リスニング20点
     計62点

これはだめでしょう。前回と同じくエッセイできた気がしないし、前と同じ点数だとしても80点には届かないですからね。20点なんてもう取れる気がしてません。前より点数がさらに悪いし(笑)(追記:後で見てみたらまったく同じ点数でした(笑))また1点足りなかったら笑いますね。いや1点ってことはないと思います。もうすこし下かな。前回の合格点が78点だから今回は80点超えるのかなあ。だからよけいに無理ですねえ。

語彙はやっぱり23点以上は無理です。もし24点、25点取れるとしたらカンが働いただけ。これが精一杯かなあ。でも語彙は読書するときにやっぱり読みやすいと、今日久々に読書三昧してて感じます。ボキャビルやってよかったです。語彙問題で点とれたことより嬉しかったりする。

今回一番自信がなかったのは(というか語彙以外は全くないですが(笑))読解問題でした。あきらかに前回より読んでる量も少なかったし、対策できてなかったので。だから試験で一番時間をかけるように心がけたところです。前回よりやっぱり低いですね。でもってエッセイにいつもより5分少ない時間配分でやったので、またダメでしょう。せめて前回と同じ点数が1点でも多くとれてくれないと添削してもらった先生に申し訳ないなあ。すごく責任感じてくれるんです。先生は優秀なんです、点がとれないのは私のせいなのになあ。50本も書いてそんなんじゃあね。でも私らしいといえば私らしいです。

リスニングは実は20点も取れると思っていませんでした。ほんとに頭が?になってたしなあ。せめて20点あってよかったです。年をとるごとにここは苦しいパートじゃないかなあと思います。反応が遅すぎ(汗)

これで、また英語読書三昧に戻りたいんですが、そうも言ってられない。けどしばらくは読書とドラマに没頭したいです。数日ですが。久しぶりにaudibleを2つほどダウンロードして、一つ聴き始めてやっぱり聞きやすいです。メロメロラブラブちっくなのを先に聴いています。あっというまに終わりそう~。今日はスタディプラスがなぜかずっと繋がらないし、それをいいことに娯楽英語ばかりですねえ。まあいいか。

開放感があるようなないようななんですが、のんびりしたらまた始動したいと思います。

昨日、試験が終わって、帰りの車の中ではもう英語のリスニングはせずに、音楽を聞きながらドライブ気分で帰りました。

昔はずっとそうでした。ドライブしながら音楽をよく聴いてストレス解消してました。

内なる空間に身を置くこともたまには必要。
その感覚をしばし忘れていました。

今日は目読書、耳読書、そして今から晩ご飯も作らずに(パパが遅くなるので、同僚と食べて帰ると電話があった)ドラマ見ます。明日からまた仕事だし、こんな気分は今日だけかもしれませんからね。

試験のために英語をするのではなくて、英語を通して感じたい、知りたいことがある。

それを忘れたらおしまいですね。

読んでただきありがとうございました。

また気持ち新たに頑張りましょうね。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

Tomorrow is another day.

今日もお越しいただきありがとうございます。

今日は英検でした。受験された皆様お疲れ様でした。私も一受験者として受けてきました~。

結果は「明日考えます」(笑)

問題を見るとまた語彙を全部調べ出してしまうし、仕事しないといけないので、我慢しています。

試験会場では以前に見たことある人もいらっしゃいました。ほんとにこんなに年齢層の高い試験も少ないんじゃないかと思います。しかもみなさん結構ギリギリまでトイレ行ったりと、その自由さはTOEICの比じゃないですよえ。

会場で座っていて、ふと「この中に私のブログを読んだことある人、きっと一人ぐらいいるだろうなあ」と思うとなんだか不思議な気分でした。みなさん私もいたんですよー!一緒に頑張っていました。

で、多分わたしは次回も受けるんじゃないかと解いていて思いました(笑)

リスニングができませんでした。

語彙問題は悩んだものには印をつけるのですが、4問はありました。
ラッキーだったのは、昨日練習に書いたエッセイで使った単語が答えのひとつでした。スタプラの仲間の人の誰かが気づいてくれたらなあ。「出てるじゃーん」とちょっと嬉しくなりました。

読解問題は、設問を的確に把握できたかどうかは別として、すごく面白い題材でした。

中でも一番面白かったのは最後の長文でした。

昔耳読書で読んだ(聴いた)Ken FollettのWorld Without Endの設定そのものだったから。あれ読んでたら状況はバッチリわかったかもしれません。

ただし、設問で答えを選べたかどうかは別ですよ(笑) 

時間配分は想定通りでした。とにかく「長文に時間をかけること」と肝に銘じました。
1語彙 10分48秒
2穴埋め① 7分11秒  ②8分24秒
3長文①8分33秒 ②11分10秒
4長文18分88秒

語彙から順番通りに解いて、残り35分あまり。

エッセイは書き終わるのに33分かかったので、見直しがあまりできませんでした。エッセイのお題は私には悩むもので、最初5分以上、YesにすべきかNoにすべきか悩みました。だからまた出来が良くなかったと思います。まあ、これもいつものことです。修行するのみ。

最後のリスニングは「あれれ?どれだ?」と思っている間に時間が過ぎてしまいました。過去問を通しでやったのは1回だったので、それがアダになったのか、難易度が高かったのか。

しばらくは英検特化はお休みですが、英語漬けであることは変わりないです。

試験は難しいけど、受かるだけが目的じゃなくなってきているので、充実した時間を過ごせたと思いました。

だめでもまた受けます。

このところ、ずっと英語漬けの生活を許される立場に本当にありがたいと思っています。家や車で英語を大音量で聴いても誰にも咎められない。一緒にわからない単語を調べてくれたり。どんな話か話をしたり。

ブツブツ英語をつぶやいていても、みなそれが当たり前のよう。愛犬は私がソファで唱え出すと、「お膝に乗せて」と尻尾を振って飛びついてきます。

そんな環境を当たり前のようには思っていません。家族に感謝し、仲間に感謝し、それを口にだしていうことしかできないけど、いつも声を出していいます。

ありがとう。

読んでいただいた方々にも

ありがとう。

また一緒に頑張りましょう。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

史上最大の作戦。明日はD-Day?

今日もお越しいただきありがとうございます。このところメールを頂いていたり、コメントいただいていたりしてまともにお礼と返事をできなくて申し訳ありません。

昨日からこの言葉ばかり聞いてて、夫がテーマソングを口ずさんでいたので拝借。ほんとは昨日がD-dayですね(笑)

明日は試験です。史上最大の作戦。
私にとっては日常を滞りなく過ごすことです。奇襲もなんにもない。一応限定バージョンで今日の勉強記録付けときますね。週末は多めにできました。

私の勉強法は一番遠回りかもしれません。人の何倍も勉強してやっと同じゴールにたどり着く。

若い人を見ていると、いとも簡単に過去問を解いて、点数をあげて、短時間で仕上げていく。羨ましいなと正直に思います。

わたしはその倍、いや5倍も10倍も時間をかけてそこまで亀のように歩いていきます。

でも副産物がいっぱい。「最短で試験に受かる」方法ができないために出会ういろいろなこと。

たとえば読書が一番に挙げられますね。英検に受かってからまた再受験するまでに200冊ぐらいのPBを読みました。

リスニングができないからと、一日3~4時間英語を聴き続ける生活をして、世界で起きているいろいろなことを知り、深く悲しんだり、感心したりできました。TEDや映画やドラマも字幕なしでも、100%の理解度でなくても楽しめるようになってきました。

エッセイを強化しようと去年の12月ぐらいから半年ぐらいで50本近く書くと、書くためには知識が必要なので、前にもまして世の中のことを知ろうと思えるようになりました。

そして長く耐えて勉強することがいかに大事かを知ったことが何よりも得難いものです。娘は私が勉強する横で同じように塾の宿題をしてくれます。「勉強しなさい」がただの親からの「叱り文句」ではないことをわかってくれています。

試験は明日ですが、受からなくてもいいという気持ちで試験を迎えられることに嬉しさを感じます。あせったりもしますが、もしまただめだったら、

またやればいい。


勉強するチャンスを与えられただけ。

合否ではなく、やりきったことが残ります。

誤診だと思いますが、一時は難病だと診断されて落ち込んだこともありました。今はただのからだが弱いおばちゃんでとどまってられる幸せ。しんどいこともあっても、勉強できて嬉しい。

そして皆さんに出会えたこと。励まし合ってこれたこと。

傷ついたことも全てがバネになっていたと今になって気がつきます。

いいことも、悪いことも、人には起こるもの。それを内包して全部に感謝の気持ちを込めて今の自分があると思えば、大したことなかったんだと思えます。

たがが、英検、されど英検。それが1級でなくても、なにかを目指してコツコツ続ける大切さ。

今の自分が少し好きになれてよかったです。

明日はいつものように過ごしてきます。


また一緒に頑張りましょう。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。 

限定バージョンはこちら 続きを読む
記事検索
ギャラリー
  • ボキャビルに単語本は必要か?
  • 単語検定
  • 仕事のお供とサイバーマンデー
  • 仕事のお供とサイバーマンデー
  • 仕事のお供とサイバーマンデー
  • シャドウイングを超えるもの
2017年の洋書本棚
2016年の洋書本棚 50冊
2015年の洋書本棚 60冊
2014年の洋書本棚 35冊
2013年の洋書本棚 50冊
2012年の洋書本棚 95冊
2011年の洋書本棚 50冊
2010までの洋書本棚 34冊
  • ライブドアブログ