2015年01月

祝2000時間超え

今日もお越しいただきありがとうございます。今日はみなさんのところも寒いんじゃないですか?がくがくブルブル。

でも、みなさんからはあたたかいコメントがくるので、心はあったかい私です。

で、 勉強せずにブログばかり書いてるのは誰だ?教育ブログが終わったら、本家ブログと読書ブログを更新。なにやってんだか。

昨日はほぼ冬眠といっていいほど寝たので、今日は昼寝なしです。え?当たり前か・・・。

一日に3回寝て、その上しっかり夜も寝ているおばちゃんは私です。無理しないと家族に誓ったので、私がぐーたらして寝てるとみなが安心する不思議な我が家です。あはは。近所のお友達も一緒に夫がUSJに連れて行く話をしていて、日程が合いにくいので、「私が連れて行ってあげようか?」と申し出ると、二人で声をそろえて、「ママには無理」とあっさり断らえた・・・。いや、わたしもホグワーツ城を見たい気もするんですがねえ。

まあいいか。

今日は1月末日。スタディプラスを始めてほぼ一年がたちました。パチパチ。

スタディプラスがなんとか最後にスタプラ効果で130時間に滑り込めました。やったあ。先月は170時間ぐらいあったんですが、さすがに今月は無理でした。

半年連続200時間に比べればずいぶん減ったものの、それでも

1年で2000時間超えてました!

途中アカウントが変わったので細かいところまではわからないんですが、超えたのは確かです。

でも、中身は他の方々と違ってそれほど濃いものでもないなあ。試験対策以外はながらで頑張りました。でも英語に触れていた時間。あ、ちなみに仕事は入れてません。どう勘定したらいいのかわからないから、入れてるのはネイティブスピーカーの先生たちとランチする時のおしゃべりタイムだけ。打ち合わせや、英語のティームティーチングの授業では確かに英語を使っているんですが、(ええ加減でもね(汗))入れてません。

自分の日常に当たり前のように英語があったのは事実です。

歯を磨くのと同じスタンス。

机に向かえなくても、英語はできます。じっくり腰を据えてできなくても、たとえそれが勉強らしくないことでも、それもひとつのスタイル。なにもやらないよりはやったほうがいい。

試験を受けても、受けなくても、どんな形でも英語をつづける。

それが亀のような歩みでも。

楽しみながら。

そのことに意義があるかなとちょっと思えるようになったことがうれしいです。
 
確かに、例えば英検1級は自然には受からないと思います。そういう人はめったにいないので安心してくださいね。ほとんどのみなさんは努力の結果として合格を手にしてらっしゃいます。やっぱり必死で勉強しないと無理。

一生懸命に取り組む真摯さが合格をもたらしてくれると今でも思っています。

その真摯さをまた思い出して、でもこんどは体のことを考えながら、家族のことを考えなら、

出来る範囲で頑張っていけたらなと思います。

人が頑張っているのをみるとつい自分もやりたくなっちゃいますよね。自分ががんばらなくちゃいけないときはそれも発奮材としてはいいかもしません。がむしゃらな自分も必要かもしれません。

でも、いつもそうであるべきでなくてもいいと思える時も出てきました。誰かと争ったりするのも疲れちゃう。それに、若くて体力があったら、もっと自分だけのために時間が作れたらいいけど、そうもいかない。仕事や家族や子育ても自分を必要としている。

どんな歩みでも人より遅い歩みでも歩んでいることに違いはないんです。

先に進んでいる自分がいるでしょ?

と自分を褒めてあげないとね。1年で2000時間。今日は夫とワインで静かに祝杯しました。いやね、いつもはお喋りな夫も今日は生徒のTOEFLに付き合ったとかでお疲れモードです。だから静かなだけですがね。これからは高校生もTOEFLの時代みたいですよ。IELTSのほうが私はいいけどなあ。アメリカ好きな人がいるからしかたないですね。

読んでいただきありがとうございました。

明日も頑張りましょうね! 

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

追記:そうそう、コメント欄ですがいままで海外からのコメントが入らないような設定になっていたようなので、それを外してみました。海外の方は試してみてくださいね。ダメならまた教えてください。

アバランチな日々

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

お受験が終わって2週間が経とうとしています。ほっと一息いれてるはずなんだけどなあ。

忙しいっす。

今までは塾のお弁当と送迎があったので、授業が終わったら、取るものもとりあえず帰る毎日でした。 それがなくなったら、「もっとまとまった時間がとれる!」と内心喜んでいたんですが、

なんかよけいにできない。

理由はいくつか。いままでギリギリのところで仕事の準備や雑用をしていました。子供を塾に送ってから夕方また学校に戻って仕事したりとか。でも、ほんとはもっとやらないといけないところを必要最低限の省エネモードだったということです。だから、本来はもっといろんな仕事が山積みでした。机の上は雪崩が起きそうです~。

残って残業しています。いままでためてただけだったんですねえ。

帰ると疲れて昼寝コース。あーあ。

仕事もちょっと増えて、教材を新たに作ったり、生徒の英文チェックの仕事が増えたり。これは家に持って帰ってやってます。で、ええかげんな私は日々語法との戦い。コンマひとつでも「ここは等位接続詞だから、ええっと」「これはuncountableだからええっと」「ここはcome?go?」とか確認しながらトロトロやってます。前の学校は英文チェックはネイティブスピーカーの仕事。自分がやるにしても、毎日すぐに聞ける環境でした。今は瞬時に聞けなくて、ちょっとつらい。

机に迎える時間は勉強じゃなくて、仕事にとって変わられています。くすん。

さらに、よせばいいのに、教育ブログでお受験のまとめを書き出したら、毎回長文の連載を連日UPしてしまいました。それにもものすごく時間が取られました。誰にも頼まれてないのに、書き出したら止まりませんでした。あはは。読書日記も滞ってしまいました。くすん。

さすがに寄る年波で、もともと体力に限界が来ているのもあるんですが、歯の神経関係でひどい目に遭って以来去年から歯医者に頻繁に通う日々。このあいだついに神経のところに慢性化してしまったものを取ることになってしました。

まだ歯茎に糸が。もうすぐ抜糸です。ほっとくと、疲れて免疫が弱った時にまた腫れて痛むので、思い切りました。

病院やら、歯医者やらに通わないといけないのも時間取られますよね。先週あわてて漢方もらいに行ったし、こんどは貧血対策だ。待ち時間がもったいないですよねえ。でも今そういうことを怠って無理をしたら、こんどはこんなことでは済まないかも知れない。子供は大きくなっとは言え、まだまだ中学生。

そう思うと、なりふり構わずはできなくなりました。健康で長生きしてあげないと。

いままでどうやって時間を捻出していたんだろうと、過去の自分の勉強記録を見て、他人のもののように感じることも。

仕事で、英語で打ち合わせをするときに、授業をするときに、言いたいことがさっと出てこないこともちょっと増えたような。でもええかげんなので、言い切っちゃう私。ネイティブスピーカーはいちいち直してくれませんし、英会話習ってるわけじゃないから、もう開き直ったりしてることも。仕事ですしね。週に何度がそれがあるだけでもマシといえばましなんですが、一緒にランチしてるときなんかもっとええかげんになってました。

うーん、なんとかしないといけないど、

できてない。

それでも歩みを止めてるわけではないです。できることを出来る時に。今月はやっぱりペースダウンだし、中身が濃いわけでもないですが、今でなんとか120時間は超えました。130時間は行くかなあ。

読書日記もまた書きます。子供のお受験の間に3つほど溜まってます~。で書くとまた英語勉強する時間が減るんですよねえ。でもいいや。

貴重なひとりの時間、充実した時間にしたいです。

今日も読んでいただきありがとうございました。

また一緒に頑張りましょう!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

ほっと一息

今日もお越しいただきありがとうございます。あまりに更新してなかったので、ちょっと更新。いつも覗きに来てくださる方がたに感謝です。

お元気でいらっしゃいますか?インフルエンザが流行っていて、そこらじゅうで学級閉鎖と聞きます。皆さんやご家族は大丈夫かな。

子供のお受験がやっとひと段落しました~。ああしんどかった。

まだ暗いうちからお弁当を作ったり、送迎をしたり、長時間待ったり、掛け持ち受験で急いで移動したりと、怒涛の日々を過ごしました。もうあんなことできないや。

それプラス、次々に発表される合否通知も重なって、仕事もあってと目が回るような日々でした。今もまだちょっとぐるぐるした感じです。

英語?それがけっこうできたりして。移動中は英語聴いて、子供が試験を受けている間、生徒の英文を添削したり、問題集開いたり、アプリで英語したり、英語読書したりとまとまった時間がとれた時もありました。

頭に入ってるかはどうかは別でっせ。 

ということで、しばらは別ブログで「お受験奮闘記」のまとめに入っています。もうすでに忘れそうです。今お受験の昔の自分の記事を読んで思い出しています。けっこう楽しんでたりして。過去の自分にけっこう教えられることもあったりして。ちょっと反省。

2回目の英検奮闘記やIELTSのことも忘却の彼方で、待ってくださっていた方がいたら申し訳なかったです。

落ち着いたらまた英語にもっと向き合いたいです。

来て下さりありがとうございました。もうすぐ1月の英検ですね。どうか一人でも合格されますように。

また一緒に頑張りましょう!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。 

翻訳と原書

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

ちょっと間があいてしまいました。スカスカのブログでもかけたらいいのに、全部読んでもらえないかもしれないブログ書いてします私です。すみません。

子供のお受験が始まっていて、それプラス仕事も本格的に始まって、体調が悪いピークと重なって文字を見るのも、打つのも無理でした。走り回る中、暇があったら仮眠してました。主婦なんですが、晩ご飯4日連続で作らなかった主婦は私です。あ、でも子供の弁当は毎日作ってましたヨ。

英語は12月から子供のお受験もあるので、ずっと耳が中心です。一日に何時間も英語を耳にしてるんですが、日によって「お?私すごく聞けてるんじゃないの?」と思ったり、「あーあ、なんかわかんないや。力落ちてるのかなあ」と不安になったりの日々です。

今聞いているaudiobookはスリラーなんですが、ダン・ブラウンの規模を超えるような、でも突拍子もない感じではなくて、「うわあ、起こりそうでコワイ」系です。長いお話で最初は「あれ?わかってないんじゃないの?」とちょっと焦ってたんですが、7時間を越えるぐらいで(それでもまだ話の3割ぐらいなんですがね)話がつながってきて、分かっていないわけではなくて、ストーリーが複雑なんだということが判明して一安心してるところです。

audibleはやっぱりリスニングテストとは違う。

あれなら日本でも翻訳が出ると思います。

翻訳といえば、このあいだ面白ことがありました。

わたしは普段、日本語より英語で本を読むほうが圧倒的に多いです。日本語も読みたいけど、自分を英語に晒すためにはやっぱり英語中心になってしまいます。最近は新聞もすこしは読んでますが、あ、見てるだけかな・・・。

翻訳本が出ている、もしくはあとで出るヒット作もあります。最近はアメリカアマゾンを中心に作品を選ぶので、日本で話題になる前、映画化される前に原作を読むこともあります。アメリカで映画化されてヒットして読む場合も日本はもっとあとのブームになります。3年ぐらい空く場合も。

へたすると日本ではまったく触れられないことも~。ガラパコス状態と見るか、自国の文化が豊穣であると思えばいいのか。まあグローバル化がすべていいとは限りませんしね。

英語読書を始めた頃は、翻訳を読んでから原書に挑戦ということはやっていました。逆はないです。たまに本屋さんで自分の読んだ原書の翻訳を手に取るんですが、

違和感がある時があります。自分のイメージと違う。

たとえば、主人公のセリフ一つでもすごく違います。「え?こんななよっとした話し方かなあ」「もっと方言喋ってて、朴訥とした感じなんだけどなあ」

一方でそこにはすごい苦労が伴ってるんだろうなと訳者の方の苦労も感じることもあります。

翻訳された作品が実はかなり違うものも多いのではないかと思います。

日本語の方が書き言葉と話し言葉のギャップがあるような気がします。英語だとすごくカジュアルな感じもあるのに、日本語だとなんだか熟語が多くて硬い感じに映る。言語の違いなんだなあとつくづく思います。文化や背景の違いまでを細部に渡って伝えるのって難しいだろうなと思うことも。

なんでそんなことを書いているかというと、このあいだ図書館から子供のために本を借りてきました。子供が読むのは主に海外のファンタジーの翻訳です。

「ママ、この本読まない」といいます。

理由が面白い。

テレビでたまたま海外ニュースが流れていて、同時通訳、もしくは逐次通訳での日本語でした。

「ママ、この本はまるでこの通訳の放送を聞いているみたい。本当は面白そうな話なのに、なぜか読んでいて面白く思えないから読むのやめる」

その本の翻訳を手がけた人はかなり有名な翻訳者です。

なんと、通訳出身。子供はそんなことまったく知らずに見抜いたんです。

驚きました。いやあ、思わずわが娘ながらすごく感心しました。子供は本の虫です。年間何百冊も読みます。入試真っ最中でも、毎日最低1冊ぐらいは本を読んでいるぐらい。読む本がなくなった時に、手に取っていたのは、全国の中学入試の国語の問題をあつめたもの。それを読み物として読むほどです。だからあながち彼女の目も節穴じゃないと思うのですが。

その人の超有名な翻訳本があるんですが、その本が出た当時はその経歴ゆえに「翻訳の常識を覆す翻訳」と言われていました。それはそれで生き生きとしたところがあるとは思うのですが、原作と違うと嫌う人も多いので有名です。

子供がやめると言ったのは、もしかして原作そのものが面白くないものだったとのかもしれませんが、上のセリフが子供の素直な感想です。

ここで言いたいのは翻訳がダメだということではなく、

「違う」と言いたいだけです。

もちろん原書に近いイメージ、もしくは自分の持つイメージと同じイメージで翻訳する人に当たれば大当たりですが、すごく難しいことだと思います。私の子供の好きなファンタジーの翻訳本をたどるとやっぱりあるひとりの翻訳者に集約されていることに気がつきました。児童文学翻訳の第一人者。訳はすごく大事ということですね。

原書があって、それプラス訳者の読んだイメージで翻訳は読まないといけません。フィルターがかかる感じです。へたすると訳者の世界観が出てしまう場合もあるかも。

もちろん訳している人が一字一句吟味してからふさわしい日本語に直しているのだから、一番の原書の理解者であるとは思います。その人のイメージに乗っかって作品を楽めればそれはそれで作品を堪能できていいと思います。

たまに私の子供のように気が付くこともあるだけ。

わたしは英語で原書を自分なりに堪能できるようになってから、ますます原書で楽しみたい派です。

作者のダイレクトなメッセージが感じられる気がしています。

翻訳であろうが、原書であろうが読んで感動したり、感心したりできたらいいとも思います。

こういう「違い」は、新聞記事や雑誌とかではあまりないかも。もちろんテストの英語でも。小説特有かもしれません。

もし、あなたが翻訳の小説を読んでいて違和感を感じたときは、その「違い」があるのかもしれません。

どうです?英語読書楽しいですよ。原書にチャレンジしてみませんか?

と誘ってみたりなんかして。

あんまり書くとまた肩こるのでこのへんで。英語日記もまたためてるんですよね。よんだら早く書きたいのになあ。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

スマホ生活発進

今日もお越しいただきありがとうございます。ガクガクブル。またなんか寒いんですが。

タイトル通り、始めました。スマートフォンというもの。略すとスマホという表記の方が多いんですねえ。さすが平たい、カタカナ王国ニッポン。いちおう多数派で統一しときます。

理由はね、夫のガラ系が突然壊れたからです。充電機能が使えなくなったので、ついでに家族全員で変えることに。でも、お受験貧乏なうちはiphone3台なんて無理なんで、家族3人一番安くつくAndroid系のスマホにして、プラス私の母の携帯を足して契約しました。4人で毎月1万円ちょっとです。ほかに比べたらかなり安いですよねえ。周りの人はほとんどiphoneで、聞く話によると1台8000円はかかるとか。それに家族の携帯と家のネットもってすごくないですか?うちは家のネットは管理費込みなので、それもないんです。それを考えると通信費はかなり安いほうかも。

それでも最初に必要なお金はすごい出費です。契約期間とか待ってられる状態じゃなかったし。景品くれるなら、あの契約解除金なんとかしてほしい私です。どこから捻出しようか・・・。

子供の携帯は「子供携帯」でさすがにちょっと可愛そうだったんですが、中学入試が終わったらと約束していました。

でも、そこまで持たなかった・・・。かなり年季入ってましたしね、うちのガラ携帯。子供にはちょっと早めのスマホだとおもうので、「うちの携帯は連絡するために必要なもの。ゲームは入れない。自分の部屋に持ち込まずにリビングでしか使わない」と約束して与えました。どこまで耐えてくれるかなあ。やっぱり子供にはリテラシーいりますしね。しかし、子供も同じ機種にしたのは正解。覚えるの早いから便利。

使いこなしてないけど、すごい機能がいっぱいですね。

私がまずやったのは、もちろん英語関係です。

これは便利ですね。PCだと、たくさんありすぎでかえって読まないんですが、スマホだと一日1記事読む習慣がついてきました。ってまだ3日目だけど・・・。明日続けば本物かなあ。いや仕事が本格的に始まったら本物ですね。時事ものはついpodcastのニュースを聞くことで満足しているので、せめて1つぐらい目で確認しようかなと。

あとは英文の中でわからない単語があったときにポップアップで意味が出てくる機能がほしいなあ。どなたかご存知ですか?

しかし、タダのものはやはり限界がありますね。「これ以外の記事見たかったら購入して」とあるので、いろんなものを用意してリレーのようにしようかなと思っています。

ラジオも入れました。これで英語ラジオが聞きたい時に聞けます。それからどこかで雑音が気になる時に音楽も聴ける。このあいだ子供のお受験で待合室で勉強してる時にイヤホン忘れてちょっとママさんたちのおしゃべりが気になった私です。次回の試験はイヤホン持参だ。

家ではPCが中心だし、座って勉強するだけの時が今はあまりないので、今のところはこれぐらい。他の方がされている単語アプリとかもやってみたいけど、様子見です。podcastとaudibleはもともとipodnanoを首にかけて使っていて、軽いし、快適なので、携帯にまとめなくてもいいかなという感じです。本はやっぱりkindlepaper whiteがいいです。字が大きくできるし、バックライトもあるし。携帯だと画面が小さすぎますね。目がしんどい。

で、まだ使い始めてほんとに数日なんですが、

なんと初期不良で私の携帯は交換です。

くすん。お店でいろいろややこしいのはやってもらおう。

その時間あったら英語したい私です。

読んでいただきありがとうございました。

明日も頑張りましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

仕事始め

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

いつも拍手やコメントありがとうございます。コメント読んで嬉しくなるとつい書いちゃうじゃないですか!読書日記もなかなか好評で嬉しい限りです。待っていてくださった方がいらっしゃったなんてまたまた感激。これからも一緒に英語読書楽しみましょうね!

今日は仕事はなかったんですが、よく考えると子供の入試の付き添いで授業の初日にしかいけないことがわかって、急遽職場に行って授業の下準備だけしてきました。ということで今日が仕事始め。

もともとバタバタしてるのに、さらに気分はバタバタです。授業の教材を見ながら、他の先生とちょっとした打ち合わせをしながら、だんだん現実に引き戻されていく自分がいました・・・。

また勉強しなくっちゃという気分になれます。

学校英語だけど、されど学校英語です。教える項目は120%わかってて当たり前の状態にしておかないといけませんしね。もともとザルの脳みそだからよけいです。

また文法をおさらいしておこうと思った今日でした。

本も読みたいし、聞きたいし、いろいろやりたいことが山積みです。

試験を受けると、本を我慢しないといけなかったりと、なかなか思うようにできない自分がいます。体力もないし、寄る年波でいろいろ体調管理も大変なので、 やっぱり去年のような試験中心の生活はずっとは続かないなあと思っています。

それもいいけど、今度は仕事をする上での中身の充実も大事だなと考えています。私の周りには英語の資格試験を受けてなくても、持っていなくても優秀な先生がゴロゴロいるので、よけいにそう思います。

どちらにしてもやっぱり高みを目指してコツコツすることに変わりはないですね。

でも、今は自分のことだけを考えれる時期ではないので、それを肝に銘じながら英語します。そういいながらも、毎日の英語漬けの生活は続いています。もう生活の一部になっているものが多いので、けっこうな時間を費やしています。「ながら生活」にブログのタイトル変えたほうがいいかなあ。わはは。

今日は試験の前ということで、夫がこの地域ではけっこう有名なケーキ屋さんでケーキを買ってきてくれたので、家族3人で景気づけに塾から帰った夜食に食べました。普段はしないですよ。

あと少し、でも英語は細々と続けています。

取り急ぎ近況でした。

読んでいただきありがとうございました。
明日も頑張りましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

正月気分

今日もお越しいただきありがとうございます。正月早々疲れてますだ。

子供のお弁当作りと送迎で毎日があっという間に終わります。正月らしいといえば、おせち料理を食べたことぐらい。いえいえ、自分で作ったわけないじゃないですか。昔はよく作ってましたよ。友人のおうちに小さなおせちを持って行って、友人のお父さんに超気に入られたこともあったなあ。その後彼女は「angel(実際はほんとの名前)と出かける」と言ってよく使われたぐらいです(笑)一応何年もお料理教室に通っていたような(汗)おかしいなあ。

今年は百貨店のおせちを注文してました。あとは夫の両親のおうちにもっと豪華なおせち料理の食い逃げにいったぐらいです。あはは。やっぱり高いおせちはおいしかったなあ。その間子供はひたすら塾で試験と勉強です。お受験にお正月はないのだ。

で、まだまだお受験ママ体制はつづいています。今日から一日2食弁当。年末から弁当を作らない日はないので、かなり疲れてきています。塾の送迎と弁当作りだけでヘトヘトで、私の体力が持たないので、遠い塾への夕方の弁当は夫が電車で運んでくれてます。今日からもう仕事してるけど、なんとかあと数日夕方のお弁当は時間を工夫して運んでもらう予定です。

それプラス、いつも高齢の体を引きずって来てくれる母が熱を出して寝込んでいるので、それも痛い。ちょっと来て相撲とかみながら洗濯物を畳んでくれるだけでもどれだけ助かっているかを身にしみて感じています。お粥やらいろいろ運んでいます。

英語は12月ぐらいから耳のみなので、なんだかちょっと取り残された気分もあります。でも仕方ないですね。体壊すわけにもいかないので、休息できるときはお昼寝して居眠り運転しないように頑張っています。

相変わらず勉強部屋は車の中か、台所かという状態です。1月いっぱいはそうなります。今後は試験につきそうので、待合室で何時間もまっていないといけない。それかどこかカフェかレストランがあれば避難しようと思っています。そこで勉強するか、目読書する予定です。きっと気もそぞろだろうなあ。

今回で身にしみたのは、自分の今の仕事がいかにフレキシブルかということです。わたしは中学と高校で英語を教える非常勤講師です。ですので、子供の休みとほぼ同じ時期に家にいる。季節ごとに何週間も休めるのはやっぱりいいです。その間のお給料もいただけて、福利厚生もしっかりしてる。給料がフルタイムには到底届かなくてもそれはまあ仕方ないかなと思えるだけのことはあります。自分個人の年金がしっかりもらえるまで、出来る範囲で働こうと新年早々思いました。でも、できるかなあ。

今回も子供の入試の日程は、自分の職場でも中学入試があるので、わたしは授業がなくて休み。有給休暇をとらなくても堂々と付き添いできます。ありがたや。普段は授業に穴をあけるのはよほどのことがない限りできません。授業参観がウィークディに当たるとほとんど行けません。

家族を持つと、なにかに集中するのはすごく難しいです。ましてや仕事を抱えて、いろんなことを同時並行でやろうとするとどっちつかずになることが多い。

独身の人や、子供のいない人、仕事していない人、体力のある人、を見るにつけ、羨ましいなともちろん思います。あと男性で家事をあまりしなくていい人とか。最近はそうでもない人も多いですね。いいことだ。

でも、違う立場で時間があったら、ここまでできたかなと思うと、

きっとできてないと思います。
 
時間がないからこそできる。限られているからこそできる。 

どんな立場にいようとも、やっぱり自分は自分。

他人を羨ましいと思わない人はいないけど、それを嫉妬に変えるかは自分次第ですね。

それよりも、自分の思った道を突き詰めてみるほうにエネルギーを向けたほうがやっぱり楽しいや。

とういうことで、疲れた体を引きずって読書日記を綴り続けてるんですが、これが、またやさしい常連さんが覗きに来てくれてありがたやです。この場を借りてお礼申し上げます。

でも、そうでもないとだれも読みに来てくれないかもというぐらいです(笑)読書日記でも書いたんですが、多読をする人は減っているような気がします。日本語でも本を読まなくなってるんですがら、尚更ですね。で、多読で英語の力はつくんですが、皆の思っているような感じでじゃないし、これまた時間がかかります。

試験で手っ取り早く実力をつけたいのよ派でたくさんの世の中ですもんね。まあ仕方ない。

だめもとでここで宣伝させていだだきます。あ、横にもリンク貼っているので常連さんはそこからよく来てくださいます。
英語読書日記

他の人のところに足跡残したりとか、ほとんどしてないから、読者が増えないのは仕方ないですがね。そういう営業活動はもういいやという気分になってしまったしなあ。でも、書いたからには多少は読んでもらいたいのが本音です。でも人気ブロガーになりたいとかじゃないです。それはちょっと怖いのだ。きのうもこのブログに急に100人ぐらい押し寄せてきてちょっと怖かったです。なんだったんだろう。

今日は読書日記ちょっと整理してみました。突き詰めてますよ~。本棚も全部完備しました!昔読んだ本も本棚でなら見ていただけます。

公式記録は264冊になってます。修正します。前はもう少し多かったです。また思い出したら足しときます。覚えていない・・・。

でも、実際には裏読書と名づけてけっこうな量読んでます(笑)トータルすると300冊にはなるんだろうなあ。でもそっちは数えてないし、覚えてないので公式記録に乗っ取り、今年は300冊めざそうかなと。

今日読み終わった(聴き終わった)本はかなーり面白かったです。記事は書いたんですが、その前に読んだほんの日記がまだなのでそのあとにUP予定です。

誰かに読んでもらえますように。

なんかダラダラ書いちゃいましたが、どんな状況でもなにかに夢中になることが大事だなと思った今日でした。

おまけ:タイトル「同化中」絨毯みたいなうちのワンコです。日向ぼっこ大好き。
150104_1058~01
読んでいただきありがとうございました。

明日は月曜日、仕事の始まる方もいらっしゃるかな?
また一緒に頑張りましょう。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。 

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。本年も拙ブログにお越しいただきありがとうございます。

ここ5,6年は年末年始は家族でホテルで過ごすのが恒例だったので、家でお正月を過ごすのはすごく久しぶりです。いやお正月という感じでもないですね。子供の塾が毎日あるので、お弁当に始まり、なんだかヘトヘトです。毎日必ずお昼寝しないと体が持ちません。くすん。寝る時間もったいない。

来週から子供の試験がはじまるんですよねえ。なんとかガンバリマス。

去年の元旦のブログを読むと、ホテルで書いてました。すでに英検の勉強を1日から始めていて、試験まで読書はしないと宣言してました。今は英語のほとんどの時間はaudiobookで耳読書三昧です。というか、しばらくはこのスタイルしか無理かも。はじめて読む作家のミステリースリラーですが、なかなかです。

毎年わたしはレゾルーションみたいなことは立ててないような。目の前にあることをひとつずつ消化していくスタイル。本も読み出したら半年ぐらいして、「これぐらいいっちゃう?」とだだだっと読んでいってます。だから今年もどうなるか。

あ、せめて2015年には300冊、達成してみたいなあ。

本も読めるときに読むし、試験も受けたくなったら受けることにします。あまりガチガチに決めると、頑張りすぎてちゃいますしね。つきつめてやって、体を壊すということを繰り返してますしね。もうおばちゃんなので無理は禁物です。健康も考えないといけません。

それに毎年春にならないと次年度の仕事の都合がわかりません。それも大きいかも。それ次第で予定が大きく変わります。仕事が増えれば時間も自ずから減ります。

今年は子供が中学生になるので、それも大きなイベントです。いろいろ大変だなあ。子供の入試が終わったら英語を再開したいとせっかく言ってくれてるので、それも頑張らないと。それに、恐怖は地元の公立に行く予定はないので、通学に時間がかかる、普通中高一貫校は給食がない、で、すごく早起きして弁当作りが待っている。

ガンバリマス・・・・。できるかな。

自分の英語ばかりできる環境じゃなくなる気配が大きいです。

それでも、歩みを止めるつもりは毛頭ないですよ。

今年もコツコツガンバリマス。

本年もよろしくお願いします。
また一緒に頑張りましょうね!

読んでいただきありがとうございました。

追記:audiobookのご質問を受けました。audiobookはCDではなく、アメリカアマゾンのaudibleをダウンロードして購入しています。期間がありますが、返却可能で1作品分の権利を返してくれます。わたしは聴くのが早いほうだと思うので、もっとずるをしようと思えばできるかな?もちろんしません(笑)しばらく聞いて無理ならあっさり返します。全部聞いたのものは返しません。

イギリスはもっと限定されるので、アメリカアマゾンで購入するようになりました。最近は日本に売ってくれない作品もあって、アメリカ版も買いにくくなっています。購入方法は一番安い年間会員になって先払いでクレジット(1作品=1クレジットです)を購入しています。たしか23か24作品ぐらいです。それだとかなりお得です。1作品ずつ買うとかなり高いです。月会員とかもありますよ。ご参考になりましたか?

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。
記事検索
ギャラリー
  • 新しい芽
  • ブログという媒体
  • 耳中心で英語力の維持はできるか?ながら族の挑戦
  • 英語長文を読むときにスラッシュは打つべきか?
  • もどかしさを通過しよう
  • 自分しかできないことをちょっとだけ無理してみる
2017年の洋書本棚
2016年の洋書本棚 50冊
2015年の洋書本棚 60冊
2014年の洋書本棚 35冊
2013年の洋書本棚 50冊
2012年の洋書本棚 95冊
2011年の洋書本棚 50冊
2010までの洋書本棚 34冊
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
  • ライブドアブログ