2015年04月

カプセル生活

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか。

休みは朝寝に昼寝に早寝のangelです。いくらでも眠れるんですが、これってもしかして特技か?

いや、ただの貧血女ですー。

処方してもらった鉄分とっていったん数値が戻ってたんですが、やっぱり定期的にふらつくので、ちゃんと病院行って見てもらいました。悪性ではないようです。ご心配おかけしました。安心のためにもう一軒内科を訪ねていくつもりです。貧血を馬鹿にするなと怒られたんですが(汗)怒らないでね。馬鹿にはしてません。症状を持っている本人がつらいのはお分かりいただけますよね。通院しています。本人は一生懸命生きとります。健康になろうと努力もしています。今日はその努力の一端を書きます。英語ネタ少ないのでスルーしてくださってもいいですよー。

よく考えると、子供を産む前に産婦人科で「鉄分が足りてません」といわれていたのを思い出しました。そうか、音読生活以外に、貧血生活もずっと続けてきたわけですね。そりゃだめだ。で、この年齢ですからね。違う病名言われていた時もあったんですが、最初から貧血だといってもらっていたら、こんなに悪くもならなかったかもとちょっと保険外の高い治療を強いられたことを恨んだりして。まあ、いいか。

いろんな治療法があるけど、今の漢方の治療でゆるゆる行くのが自分にはあっているのでストレス溜めない生活しようと思いました。 この間BBCで違う治療法をすると、癌になる確率が格段に増えると聞いたので、念のため。元も子もないですもんね。父も癌で亡くなったし。

つい最近は太ってる老人のほうが痩せている老人より認知症になりにくいということも聞きました。ほんとかなあ。

毎日飲んでいた鉄分ですが、逆に胃腸によくないんですよね。鉄分が足りても他で調子悪くなったら意味ない。いったんやめて昨日あることを実行しました。

肝とひじきを買ってきて、「ひじきレバーペースト」たるものを作りました。食糧から鉄分をとるのが一番いいらしい。乾燥ひじきはヒ素が含まれているらしいので、よく水につけて何度も沸かしてからね。

一番強力な、一番鉄分がとれる材料を買ってきました。しかしですね、私は昔から肝はぜったい食べれない食材なんですよ。ううう。考えだけでも無理です。母に何度も佃煮のように味付けしたものを無理矢理食べさせられた経験があるんですが、無理。匂いで完全アウトです。

しかし、この際背に腹は代えられませぬ。

で、どうしたかというと、薬局でゼラチンのカプセル買ってきて、ペーストを爪楊枝で入れました。

いや、もう二度と柔らかいペーストを小さなカプセルにいれるなんてこともうしませんよ。

永遠に時間かかるし、ゼラチンが溶けそうになるし。とりあえず20個ぐらい作ってやめました。

匂いがなくて、飲み込むならなんとかできるので、とりあえず、食後に数個がばっと水で飲んでいます。

必死で時間かけて詰めた分のカプセルがなくなったらどうするかって?

チルドで凍らせたものを細かく切ってカプセルに入れる作戦を敢行しようともくろんでおります。それと、もう少し大きめのカプセルでもいけそうなので、次回は大きいサイズに挑戦です。

どなたかいい方法あれば教えてくださーい。いったいどれぐらいを毎回飲めばいいのかわからないので、適当に飲んでいます。この私のへんてこな努力が実を結ぶ日がきますように。あと、小松菜ジュースも毎朝飲んでるんですが、これもいいです。でも毎朝リンゴを切ると、愛犬が匂いを嗅ぎつけて飛ぶように足元に飛んできて「リンゴだ!ちょうだい」ダンスをするので、愛犬の朝ごはんはドッグフード+りんごという固定メニューになってしまいました。まあ、いいか。よく食べてくれるようになったし。

音読生活とカプセル生活だけで、貧血生活とはおさらばしたい私です。

昼寝以外にはそんな細かい作業を永遠としていた私なんですが、そういうときは英語の取り組みは耳だけになる。え?ちゃんと英語聞いてるんですよ。わはは。

実は今聞いているaudibleにあまりにもはまってしまって止まりません。やっぱりヒストリカルです。英語も聞きやすいし、舞台がイギリスなのもあってどんどん聞き進んじゃっています。

うーん、最後にちょっと英語ネタで、あとは健康ネタになってしまった。

いや、不健康なりに元気にやってることを報告したくて書きました。

仕事の時はルーティーンで自分に課したノルマはほぼ果たしてるんですよ。ホンマホンマ。まじめな隙間女なのだ。

読んでいただきありがとうございました。

明日も頑張りましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

The 隙間リーディング

今日もお越しいただきありがとうございます。連日UPです。読者が増えるとこうなる。コメントありがとうございます。今日は「ぷっ」と笑いもいただきました。

根を詰めるのはちょっと無理なので、試験勉強をするとことはできませんが、英語の勉強はできる。

よく似たセリフを思い出しました。

「 Mr.フロド、あなたの重荷を肩代わりすることはできないけど、あなたを背負うことはできる」というサムのセリフが大好きな変人angelです。いつもあのシーンでシンクロしてセリフを言うこれまたさらに変人な私です

今週はエンタメもしたけど、英語も真面目にやってました。久々の試みとはこれでした。

名付けて、

「ザ・隙間読書」

ほんとに隙間でやって完走できるか試してみました。格好の材料があったから。

これ、


そうです。久々のTIME。今年の100人の特集号。

前にこれ100回読んだらやろうと思っていたものを実行に移してみました。去年から決めてました。
これとは、これ、
覚えたとはいいがたいですが、この単語たちになんとなく親しみがわいたら、100回読んだらTIMEだと決めてやっていました。だから実行しました。

TIMEは週刊誌です。だから1週間で読むのがふつう?いや、私は今まで何度も手にしたことがありますが、いまだかつて全記事を読み切ったことがありません。わはは(汗)

1週間でできるかやってみました。

できました。ほんとに全部目を通せた。最初の編集後記から最後のJoel Steinまで一応目を通しました(笑)ジョークが全部はわからないですがねえ。でも、やればできるんだ。ぜいぜい。時間はかってないので、どれくらいで読んだのかはわかりません。とにかく1週間で読み切ると心に決めていざ実行。

これは普段のものとちがって選ばれた有名人をまた違う有名人が短く紹介しているという形なので、かなりハードルが低いと思って読みはじめました。

お友達が「持ち運びができるのがいい」とその携帯性をほめてらっしゃたのを思い出して、暇ができたらいつでもどこでも出して、読みました。

職場にも持って行って、休み時間に職員室に帰ってきたら1記事読む、1ページ読む。弁当食べながら読む。 とにかく暇を見つけたら1分単位でひとつずつつぶしていった感じです。

ページは一応96ページまであったんですが、写真が占めるのも多いこの雑誌なので、実際の英文の量はその半分ぐらいかもっと少ない感じ。ペーパーバックの5分の1から4分の1ぐらいな感じでしょうかね。まあ今回は全部の記事が世界中のセレブの文なので読みやすいものだったと思います。普段も100ページぐらいあるのか?全然わかっていない私です。

最後は病院の待合で20ページぐらい進みました。ちゃんと病院行ってきました。

ひとつひとつの記事が短くてやさしいものだったのも功を奏しましたが、ちょっと楽しかった自分を発見しました。

なぜなら、普段大量にpodcastを聞いてるせいじゃないかと思います。

そう、podcastニュースで旬の人物を把握していたので、わかる人が多かったんです。BBCが中心だったけど、けっこうトレンドわかってたんだと感心しました。Thanks to BBCです。背景がわかって読むとやっぱり違いがあるような気がしました。時に難しめの語彙もあったけど、とにかく読み進むのみ。

やっぱり耳で時事を確認するのもいいと再認識したこの1週間でした。

例えば初の黒人プリマドンナMisty Copelandもインタビューを聞いていたので、「へえ、こんな美しい人だったんだ」とか、Mellody HobsonはTEDを見てたし、Silver Linings Playbookの兄ちゃんとか、Taylor Swiftの猫の名前は友人の名前だったのかとか。日本でも話題のThomas Pikettyとか、日本人は前からアメリカで「断捨離で」話題のMarie Kondo とHaruki Murakamiが出てました。整理整頓はdeclutteringというんですね。知ってる人のほうが多かったのはちょっとうれしかったです。もちろんアメリカ人の政治家の人なんかはブッシュ元知事以外はよくわかっていませんがね(笑)

寄稿している人をチェックするのも面白かったです。オバマさんも、クリントンさんも、キャメロンさんも、ラッドさんも、とにかくすごいセレブの方々の文のオンパレードでした。

しかしこの号を読んでも、「英検1級対策」にはならないような気がします。もうすこし何かの問題に特集した記事のほうがいいでしょうね。過去問がいいとやっぱり思いました。

この1週間これだけをやっていたわけでもないです。いつものルーティーンの取り組みも、podcastもaudibleも並行してやっていました。土日はエンタメだったので、読んでません。実質5日ぐらいで読みました。

でも、しわ寄せもあったんです。ペーパーバックを読む時間が減るので、同時並行で読んでる本がまだ読み終わっていません。まあ、いいか。寝る前は小説の読書の時間にしていました。

というわけで、隙間で読むには、小説より、英字雑誌のほうが向いている場合もあるんだと再確認した1週間でした。本は一気読みしたほうが面白味が出ますしね。

しかし、ここにきて、今「ちょっと待てよ。これはDouble Issueと書いてある」と自分で気がつきました。やっぱり多いと思ったよ。まあいいか。頑張りました。

しかし、やろうと思っていることが多くてなかなか全部できないですが、しないでおこうと決めたので、やっぱりバランスとっていきたいです。健康第一と昨日宣言しましたしね。

できることをできるときに。楽しんでね、

また、一緒に頑張りましょうね!

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

健康一番、勉強二番

今日もお越しいただきありがとうございます。

コメントいただきありがとうございました。

この時期はみなさん英検などの資格試験に懸命になられていて、テスト対策になやんでここに来る方も多いと思います。

そんな中で、前回の記事は映画やドラマや読書ばかりしている自分なので、反応がないのかなあと、ちょっと引け目を感じていました。いや、週末だけで普段はそれなりにちゃんとやっていますがね。今週はちょっとした短距離マラソンしています。久しぶりの取り組みでけっこう新鮮。

ブログは一方的です。特に私のブログはコメントのやり取りがないのが特徴ですしね。それでもコメントを残してくださる方もいるちょっと信じられないブログです。一方で「英語の勉強のやり方」を模索しに来る方も多い。期待外れの時もあって当然です。

そんな中、

体をいたわって心配してくださる方もいるんだと、ありがたく思いました。

ちゃんと検査に行ってきます。

年齢も年齢なので、仕方ないんですが、悪性のものだったらいやですし、子供のことを考えると無理は禁物ですしね。

健康一番、勉強二番で行こうと思います。

職場では、他の先生方もお疲れ気味です。私も今日は仕事が立て込んで、子供に駅で少し待ってもらって、お迎えに遅れました。

今週は祭日があるし、来週は連休なので、あと少し。

いや、更新予定はなかったんですが、お礼が言いたかっただけです。

いつも読んでいただきありがとうございます。

無理せず、楽しく、コツコツ一緒に頑張りましょう。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

休日の英語:エンタメウィークエンド

今日もお越しいただきありがとうございます。いつもコメントありがとうございます。励みになります。

やさしいコメント、いたわってくださるコメント、頑張ってらっしゃることを報告してくださるコメント、うれしくてついこうやってまた画面に向かってしまうんですよねえ。

さて、4月から生活が変化していると書きました。子供が中学生になって、電車通学になったり、仕事が増えたり。

それに伴っていろいろなことを見直しています。あ、献立宅配は好き嫌いの多い子供にはちょっと不評ですが、だからこそいいかもと思っています。毎日はかわいそうなので、頼まないで子供の好きなものを挟んで作っています。夫は、いろんなメニューが登場するので、喜んでくれています。何より家で晩御飯をつくる回数が増えました。ずぼら主婦でごめんなさい。

英語に関しても生活パターンが変わったので、工夫が必要でしたが、なんとか一定のパターンでできるようになってきました。去年みたいな2000時間を一定期間でやるような無茶はもう無理ですがね。

敵は何といっても昼寝の時間です。午後から時間がとれる時はつい長めにねてしまって。

でも、このところやっぱり歳のせいもあって、1か月に何度かひどい貧血に悩まされるので、 その時は体を休めないとどうしようもありません。鉄分とってるんですが、ひどいのでまたお医者さんに検査しにいかないと。懸命に勉強されている方々に思いをはせながら、 こんなんでは自分は英検1級のような試験はとうてい準備できないなあと寝ながら思います。

新しいほうの仕事はまだまだ慣れていないのでやっぱりストレスがたまります。

だから、体をリフレッシュする目的でも、週末は無理せずに好きなことをすることに切り替えました。でも、貧乏性なので、「ボキャビルしなくていいのか?文法しなくていいのか?」とつい思ってしまうんですが、必要性を感じたらまた週末に勉強することにして、5月病対策に(っておばちゃんなので、そういうのはあまりないんですが(笑))しばらくは、

エンタメ週末にしてみようと思いました。自分を甘やかしてるだけという噂もー。

まあ、たまった用事もあるときもあるし、採点の仕事とか入ってくるとこれもできなくなりますがね。できるときはやってみよう。

ウィークディに必死で取り組んでいる、ニュースや、ボキャビル、英文音読を、

読書、audible,できれば映画の時間に費やしたいなと。 

なずけてエンタメウィークエンドとでもしましょうか。

というわけで、家族でオンデマンドで見たのはこれ。インターステラー。なんでインターなのか、見てわかりました。ヤマト発進!といいそうになったぞ。ワープなのだ。

映画として楽しみました。映画に科学的根拠を求めたら、どうなるんだろう?私はもともと5次元といわれてもわからないので、いいのだ。あの農家の家はどこかで見たことあるなあと思ったら、やっぱりマン・オブ・スティールだったんですね。

いやあ、エンタメ堪能しました。音楽がよかったです。スタンリー・キューブリックの宇宙の黒いのに会いに、一人で映画館行った変人の私なのだ。オマージュだとわかりました。へんな言い方してすみません。「2001年宇宙の旅」ですね。

これは、家族で見たので、日本語字幕で見ました。古い映画っぽさもあったと思います。意識してるような。メッセージ性の強い映画は好きです。子供たちには苦難の先にはかならず希望があってということと、愛と勇気をあたえないとね。

それから、まだまだミーハーな私はこれも。

ご存じOutlanderたまたま今日新しいエピソードが毎週金曜日に来ると知ったので見ようと思います。1巻の半分で止まっていたので、次はSeason2になるのかと思ったら、S1のままでした。1巻全部シーズン1のようですね。後半はかなり怖いシーンもあると思うのですが、ドキドキ。これは原作読んで、聞いてるから、字幕なしで見てます。だんだんジェイミーのスコットランド訛りがここちよくなってきたりしてますー。

まだまだ完璧じゃないけど、楽しめてちょっとうれしいです。でも、まだまだ修行ですがね。

この間、職場の英語ネイティブスピーカーの先生とけっこう長い間おしゃべりする機会に恵まれました。普段は全く違う学年なので、それほど話したのは初めてです。かなり日本語がお上手なんですが、私が英語の先生なので、英語で話してくださいました。「そのアクセントは、海外に住んでいたことがある?イギリス?」とあてらえました。いや、「なんちゃってイギリス英語」はほぼ日本で習得したと自分では思っています。

その先生は日本に留学したときに、本当はやりたい研究があったのだけれど、とにかく最初に課せられたのは日本語習得だったので、翻訳ができるまでになってしまったのだと笑っていました。

言語の習得についていろいろ話してたんですが、二人で意気投合した結論は、

「壁を超えること」でした。

 前の記事でも書いたんですが、ある一定量、それは個人差があるとは思いますが、を超えると小さな変化が訪れる。そのチャンスを逃さないで、また同じ量かそれを、超える量をやるといいということです。

それは時間を費やすだけという意味ではなく、夢中になってなにかをやり遂げようとすることも含みます。

試験もその一つに入れていいと思います。

日本人にとっては英語の壁はかなり高いと思います。根気がかなり必要で、その前に挫折することが多いのが現状です。自宅でのかなりな自助努力なしに、学校英語だけでは 「使える英語」は実現不可等じゃないかと今は思っている私です。でも宿題で子供をつぶすのも本末転倒だし。難しいところです。

英語のどこかに夢中になる。映画でも小説でもいいし、ディベートだったり、英語を通して知る環境問題だったり、紛争問題だったり、経済問題だったり。

「ああ、知りたい」がミソかなと思いました。

 だから、勉強しなくちゃという取組と、やっぱり楽しまなくちゃをしばらく取り入れてみたいと思っています。自分が英語をやりたいと思った原点でもありますね。ああ、心の充電できた。あとは体だけですね。

読んでいただきありがとうございました。

明日からまた頑張りましょう!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。 

英検は過去問だけでは受からないか?

今日もお越しいただきありがとうございます。

このブログもずいぶん出世しました。窓際族を夢見てこのブログを始めたにも関わらずです。窓際族でいいんですが、読んでいただいて何か得るものがあればそれほどうれしいことはありません。今は英検が近いのでなおさらですね。

以前のブログで「新しいブログにはどうしたら行けますか」みたいなコメントが残っていました。もうこちらに来ていただいたかなあ。

ありがたいです。コメントのことはこのへんで、

検索ワードで気になるものがありました。

「英検は過去問だけでは受からない」 

こう考えるのは自然だと思います。私もそういう状態を長い間経験してきました。

しかし、2度目の合格の後に、はっきりと

「過去問で受かる」とも書きました。その時は英語の文は英検の過去問や英検関連の問題集でしか読んでいなかったからです。

そのほかにも、なんとか1級対策をしようと過去問を解く代わりにTIMEを読もうとする方々に書いた記事もいまだによく読まれる記事です。

http://readaloudlife.blog.jp/archives/2014-08-01.html

過去問を繰り返しやろうと書きました。

でも、それぐらいみなさんが1級の長文読解に苦心されているということですね。

この「過去問をやる」というのはどの程度やられているのかわからないので、私なりに考えてみました。

どんな試験でもそうですが、受験勉強は基礎力をある程度つけて行って、最後に過去問をやってどれぐらいできているか自分の力を図るのが王道です。

英検1級の難しさは、過去問をやる前の基盤を作るのが難しいようです。

普段、試験で出るような英文を読むことがないし、出てくる語彙に試験以外に出会うこともない。

私も思いました。「こんな単語覚えても試験以外で出てこないよ」

今は1級のためにいったん覚えた単語に出会うたびに、「あ、出てきた、これ、覚えたな」という経験をしょっちゅうします。

どんな時に出会うのか。英語の教材ではなく、ネイティブスピーカーが読んだり書いたりするものに取り組んでいるときです。

たとえば、BBCなどのニュースや英語の小説や、映画といったところです。新聞や雑誌もそうです。

試験以外に出てくるんです。だから問われている。

じゃあ、過去問じゃなくて、ネイティブスピーカー用のものを読み、聞いたらいいのだと思いますよね。

それができれば合格に近づくのは事実ですが、それをできるようになっている人は、英検1級を受かってからの人が多いとも言えます。

その下のところが難しいんです。だって、そうやっていて、過去問や相応の準備をせずに受かる人もそんなにたくさんはいないと思うんです。それなりの戦略が必要。

ボキャビル、リスニング、エッセイなど、それようの準備。時間内でちゃんとできるように仕上げていかないといけません。

テスト脳を試験日に合わせて用意しないとね。少なくとも私は受かる自信ありません。若くないしー。

過去問は必要です。

私が2回目に英検1級に取り組んだ時に一番大事にしたのも、過去問です。

しかし、過去問をやって「ああ、全然解らないよおお。解けないよおお」となる場合は、なにか普段から英文を読んだり、聞いたりしないといけません。やっぱりある程度量をこなさないと無理です。

もう何度も書いていて、申し訳ないんですが、まとめとしてまたここに書いときますね。私が過去問をやりながら並行してやっていたものは主に次のものです。過去問と並行というのがミソです。

過去問はこれですね。
これは毎日は無理でも、できるときに1題ずつでも解いていきました。

並行してほぼ毎日していたものを思い出してみます。

ボキャブラリー:
これを毎日一定量読んでいました。え?音読生活者ですからね。これのほかにもターゲットの語彙問題、実際の過去問の語彙を繰り返しも並行していました。とにかく欠かすことなく毎日取り組んでいました。

リーディング、リスニング対策:
これも毎日1つ20回とか30回音読です。音読と言っても、音声を聞きながら、シャドウイング、音声と同時に読む、そのまま素読というパターンで。英文を聞いて、読んでダイレクトに意味を解る訓練にもなるし、リスニング対策にもなると思います。さらに、これは実際の試験問題のレベルなので、ブレが少ない。日本語訳が横にあるので確認もしやすいですね。たまにわかりにくい訳があったような。

ライティング、スピーキング対策:
これは今でもできるだけ毎日1冊418文音読しています。正しい文法や言い回し、コロケーションを会得するには文単位、もしくは句単位でまるごと英文を飲み込む必要があると私は思っています。英検の面接でもここにのっているフレーズを無意識に使っていました。書いたりするときにも正しい方向に導いてくれたと思っています。

別に唱える英文はこれじゃなくてもいいと思います。前は茅ヶ崎の中級使ってましたしね。

プラス、週に何度か実際に200語のエッセイを書いて添削してもらうというのも取り組んでいました。

これ以外にも、ポッドキャストのニュース(当時はBBCとかCNNを中心に)を隙間で聞けるだけ聞いていました。同じものを最低2回とかも。

並行して初めて生きていきます。本は上の3冊が毎日の取り組みです。一つ30分から40分かかるので、決まった時間にノルマをこなすということを続けました。

たったの3冊でも、仕事をしながらこなそうと思ったら、かなり大変でした。一日だいたい7時間平均をずっと続けていました。

もうお分かりだと思いますが、過去問だけでは無理だけど、

過去問なしには無理です。過去問も1度に限らず、何度も解いていました。

上にあげた私がやっていた取り組みはあくまで一人の例です。やり方はいろいろあっていいと思います。私はうさぎと亀の自分は亀のほうだと思っているので、もっと違うやり方で受かっている人もいらっしゃると思います。

ただ、言えるのは、ある一定の量を超えないと無理だということです。

それを超えてはじめて洋書がちょっと読めている自分に出会ったり、映画が字幕なしでわかることも出てきたり、英字雑誌を楽しめるようになって来るのではないかと思います。

あ、1級に受かっている自分がいたりね。

何度も書いてるんですが、英語使ってるだけ、ドラマ字幕なしでみてるだけ、小説を英語の原書で読んでるだけ、英語のニュースを大量い見聞きしてるだけでは受からないと思います。

過去問いると思います。合格したければ。

でも、英語の勉強は資格試験だけじゃないということも明記しておきますね。上に書いた英語でおしゃべりだって、ドラマを字幕なしで見れることだって、原書でよめることだって、立派なことだと思います。資格にこだわっても、そうでなくても、どんなレベルでも英語を楽しむことは平等です。

資格に頼るのではなくて、自分の英語力を生かせてなんぼだとも思います。資格は勉強するためのツール。手っ取り早いし、モチベーションを維持しやすいですからね。

昼寝の時間を削ってがんばって書いてみました。どうかどなたかのお役に立ちますように。

あきらめずにコツコツ自分にあったやり方で必ず受かります。大丈夫。

そういう方々をたくさん見てきました。たくさんの方が報告してくださいました。

あと少しです。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

読んでいただきありがとうございます。2

どなたかのお役に立てばと、アーカイブといて残してあるこのブログにメッセージをくださる方はまだいらっしゃるんですが、最後のログにくださった方は久しぶりです。

メッセージくださりありがとうございます。

ありがたいことに新しいブログはみなさん検索して結構いらっしゃっています。このブログにも実は困っている方のためにと、後から加筆してつながるヒントをちりばめてあります。そこからお越しになった方も多いと思います。

読書日記は時々ですが、アマゾンに書評を書いたりもするので、そこからも行けます。それはオープンです。でもそれが一番人気ないかな(笑)英語読書はブームが去ったのかも~。

ほんと、すみません。

偉そうにするつもりはほんとに毛頭ありません。自分の中で無理してたくさんの人に読んでもらわなくてもいいと思って書いてるだけです。

引っ越し先のブログではそんなたいしたことは書いてませんが、相変わらず同じ調子で、でも自分のできるペースで細々とブログは続けています。

どうか、また出会えることを心から待っています。すみません。もし、出会えたらぜひまたコメント待ってます。そういう再会が今までもたくさんありました。感謝です。

読んでいただきありがとうございました。

英語一緒に頑張りましょうね。

2015年4月
angel

 

まだまだできるか?働くママの勉強時間捻出法

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?なかなか更新できませんでした。なのにたくさんの方がいらっしゃって、うれしい限りです。あ、写真追加しときました。

いやあ、怒涛の1週間でした。ぜいぜい。

しかもですねえ、やっと仕事が一巡したと思っていたら、急にPCが壊れて動かなくなり、とほほだったんですが、傷口に塩を塗るように、子供が自分の携帯電話を落として壊しました。保険入ってて良かった~。修理するのにSDカードが必要になり、この際、都会の電気屋に速攻走って、新しいPCとそれでゲットしたポイントでSDカード買って修理に出しました。ぜいぜい。

1年で動かなくなるPCって・・・。3か月で壊れた携帯って。どうも私は電化製品を壊すエネルギーをもっているのではいかと思われます。今回は懲りて外国製ではなく、日本製にしてみました。高いなあ。さて、何年動いてくれるかなあ。しかし、さすがです。すぐにセットアップできて使えるようになりました。でも英語の時間が減ったぞ。ホンマに。

いろいろ壊れるのを知り合いの人に「それはangelさんがパワーアップしてるってことよ。あなたのパワーに機械が合わなくなったので、新しいのが来ることに。だからそれはいいことなのよ」と言われました。何かを新調すると運が向いてくるそう。なるほど、いいこと言いますね。そう考えるとちょっとは気が楽です。

しかし、お財布事情はパワーアップどころか、ボーナス払いですがね(涙)お受験貧乏を抜け出す途中なんですよ、我が家は。ぜいぜい。

先週土日は採点作業につぶれて、終わったと思ったら、貧血でクラクラしてきて寝込みました。翌日の授業もまだ下を向けない状態でなんとかこなしました。ぜいぜい。

授業がフルであったので、まずは試運転って感じです。

仕事をしながらどこに英語の勉強を入れ込んでいくか。お風呂もトイレも相変わらず活用されとります。

まずは、朝勉ができなくなりました。子供が中学に電車通学するようになり、朝早いのと、駅が遠いので駅までは車で送迎しています。その間にはもちろんPodcastきいてますがね。

だから、朝は音読はやめて、ニュースを聞く時間にあてています。それに合わせて授業を前倒しで早く授業を入れてもらいました。出かけるのも早くなっています。

あ、お弁当は夜に3人分を作って、今は朝炊飯器のご飯をよそって用意。それも朝弱い私に代わって最近は夫が先にやってくれてることが多い。ごめんよ。夜おかずを詰めて冷蔵庫に入れておいても大丈夫と、近所のママ友がすすめてくれたので、やってみたら、楽になりました。夜は弁当の用意しながらaudiobook聞いてることが多いです。なんと生まれて初めて5日連続で弁当を作りました。わはは。なんちゅうずぼら主婦だ。我が家のギネスだー。と家族で拍手しました。さて、続くのか?

通勤はすべて車なので、行きはaudiobookを聞いて、帰りはシャドウイング教材にしています。音読しないとね。

帰ってきたら、家でお昼が食べれるときには、ランチしながら、そのあとも文法をします。しかし、かなり眠いです。

そのあとは眠さマックスなので、音読です。いつもの単語と短文を1冊ずつ。でも、これも毎日はできないです。

夜はかなり忙しいので、耳が中心です。ご飯を食べるときにはうちは英語のニュース大音量でかけてても大丈夫な環境なので、仕事が増えて聞けなくなったpodcastのニュースが中心です。

洗い物や弁当作りの時は、先ほども書いたようにaudiobookが中心です。最近夫と子供がよく話しかけてくるので、片耳にしていつでも中断できるようにしています。

お風呂ではpodcast。

あとはペーパーバックを夜寝る前や、職場でお弁当食べながらとか、暇を見つけたら読むようにしています。

それで、ちりも積もると4,5時間ほど捻出できます。日によっては子供の習い事や夜勉もあるので、もう少しできます。

いつもではないですよ。緩急つけてます。

あと、これでしっかりお昼寝もしています。子供を迎えに行く直前にちょっと仮眠する作戦です。帰るコールで寝過すことがなくなってなかなかいいです。私は昼寝をしないと無理ですしね。でも寝すぎてしまって勉強時間が減ることも多かったんです。

時間捻出に関しての付録としては、

新しく、献立宅配と、以前に頼んでいた生協を復活させました。

これが素晴らしい。

買い物に行く回数が減って時短です。スーパーに行かないというわけにはいきませんが、週に何回か、献立を考えずに作れるのはありがたいです。かえって栄養のバランスがついたような気がします。生協は去年はお受験で予算が許さずにお休みしていました。お金がちょっとだけかかるけど、ママも楽させてもらいまーす。でも、無駄にする食材がへってるので、損でもないかも。材料も切ってあるもの選べるので、日によってはすごく時間が短縮できます。

まだまだ体制は落ち着いていませんが、なんとかできてます。

まずは連休までの間倒れないようにしないとね。

皆様もお疲れでませんように。

読んでいただきありがとうございました。

おまけ:
KIMG0001
話しかけたり、いろんな声色を使ったりするとこういうしぐさをしてくれます。首をかしげたり、耳が動いたりね。相変わらず我が家のアイドルであります。

また一緒に頑張りましょう!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

観だめ

今日もお越しいただきありがとうございます。ああ、新学期。ブログの更新がちょっと増えると読者も増えてますかね。ありがとうございます。来週からは授業が立て込むのでどうなるやら・・・。なんとかガンバリマス。

仕事に飽きるとこうやってブログ書いてますね。記号の採点がいいんだけどなあ。文法分かってない生徒の英語や、「これってもしかしていける?」みたいなビミョーな英語が曲者なんです。自分の実力が問われます。文法苦手。しかも文法書には載っていないことに悩むので調べるのに時間がかかります。

最近本のほうが圧倒的に多い私ですが、たまには映画もと、忙しくなる前の最後のあがきで春休みの最後の方はレンタルDVD4本観だめしました。ついこの間は子供に付き合って「ホビット」と「ロード・オブ・ザ・リング」をイッキ観しました(汗)

1本は夫の好みで「ゴジラ」です。これは途中からUSJから帰った子供も合流して観ました。映画に文句言ってたら夫に怒られた。そこからは黙って鑑賞しました。すんません。

あと一本は「顔のない依頼人と鑑定士」これは最初に日本語字幕で見てから英語だけで見ようとおもったんですが、見る気が失せました。1回で終わり。「ニューシネマパラダイス」は永遠に私の名作なんですがね。これはジェフリー・ラッシュだから見たというのもあります。インテリアは見ものです。

4本のうちお気に入りは次の2本

これは 英語字幕がなかったので字幕なしで見ました。

お、おもしろかったです!邦題は「フライトゲーム」ですが、原題は「Non-stop」。ほんとにノンストップでした。フライトアテンダントのお姉ちゃんがどっかで見たことあるなあと思ったんですが、あれは「Downton Abbey」の姉ちゃんだろうなあ。サスペンスなので、展開が早くて息つく暇がないので一気に見ました。ときどき早い英語は巻き返しで確認しました。携帯のラインみたいなのを使って犯人が犯行予告をしてくるというなかなか趣向を凝らしたものでした。

最後にずっと見たかったこれ。やっと見れました。これは原作読んでるのもあってもちろん字幕なしの英語だけで見ました。これは上のNon-stopより英語が分かりやすと思います。
 
The Book Thief
Markus Zusak
Black Swan
2008-01-01

これが映画化されたものです。原作も素晴らしいですが、映画も素晴らしい!アカデミー俳優二人揃えて、主人公の女の子が超可愛くて、ついでに脇役の隣の少年も超キュートで、配役が素晴らしいと思いました。イメージがまったく崩れませんでした。原作を読んだ時にはまだ映画未公開だったのですが、トレイラーに近いものもがあったので、ジェフリー・ラッシュが出てくるのはわかってました。やさしさがにじみ出る演技がよかったなあ。エミリー・ワトソンはこれまたすごい。怖い中にもときどきちらっと優しさが覗くという演技が素晴らしかったです。

すごく丁寧に描かれていました。原作がしっかりしていて、それがうまく映画化されると映像の力ってすごいと思います。泣いちゃったなあ。

ヒロインの女の子の巻き毛がとっても素敵でした。 

今時の映画で2時間を超える映画で鑑賞者を持たすのは短気になりつつある人が多い中、なかなか難しくなってると思うのですが、これは私は映像のすみずみまで楽しみました。色合いも、セットも、衣装も、好きです。 

さて、こんどはいつ映画見れるかなあ。くすん。ドラマは体壊しそうになるので、よほどでない限り、なかなか観れないです。

読んでいただきありがとうございました。

また気合入れて頑張りましょうー!仕事に戻りますぅ。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

またまた復活「夜勉」

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?仕事しながら隙間でブログ書いています。

コメントもうれしいです。前の常連さんが「見つけました!」と言ってくださったり、スタプラの方が駆けつけてくださったり、いろんな言葉に心温まっています。あったかいんだから~♫。いや、すんません。しかし、まだ寒いっすね。

このブログこっそりやってたのに、書いてるとやっぱりすこしずつ読者が増えるんですねえ。リンクも足跡も残してないのになあ。それを考えると、こんなオタクで変人で、しかも長文が多い私のブログにわざわざ読みに来てくださってる方もいるんだと感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

子供の行事やら、私の仕事の打ち合わせやら、採点やらで、いろいろ立て込んで参りました。朝早起きになって眠気が常に襲って来るようになりました。来週からはもっと忙しくなるので夜もっと早く寝るようにしないとと思っています。

今年度は仕事のコマ数がドッと増えて、休みが一日減ったので、いろいろ工夫をしないといけません。 まあ、それでも去年より実質働く日数が1日増えただけなので、ありがたい職業だともいえます。お昼ご飯を家で食べれる日だってけっこうあるんです。新しい学校も大事にして下さる感じで時間割も無理がないようにいれてくださってました。それでこれだけお給料もボーナスもいただけたら御の字ですね。本当に感謝です。一生懸命生徒の英語力あげるようにがんばらなくっちゃ。

すったもんだしたけど、今年もなんとか乗り切りたいです。倒れないようにだけしないとね。昼寝必須。昼寝がなければもっと英語できるんだけどなあ。

ということで、まだどうなるかわかりませんが、 前年度よりは勉強するのに工夫がいります。お風呂勉、トイレ勉とつづいてまたまた復活できるものを発見。

必殺「夜勉」です。え?夜勉強できないのかって?ご飯時に勉強できてる主婦はすくないはずです。ブログも夕方から夜の9時ぐらいまでは確か訪問者が少ないような気がします。→ええかげんなのでちゃんと毎日見てるわけではないですがね。忙しいですよねえ。ご飯して、後片付けして、子供がいるといろいろやること多いし。

だからあえて「夜勉」、「Evening 勉」のほうがいいかな。寝る前やお風呂入る前にはちょっとはできますからね。私は眠くてなかなかできませんが(汗)

子供が週に1度塾に通うことになりました。終わって家に帰るとかなり遅いです。普通は軽く食べて帰宅して軽い食事なんだろうけど、うちは終わったらすぐに塾の近くで食べることにしました。塾は超大都会なので、レストランに困ることはないです。あとは予算だけですね。わはは。

仕事で遅くなって、そのままピアノのレッスンに連れて行ったりしないといけない時に家の近所で外食にしていたんですが、そういうのをなるべくやめて、毎週一回都会で3人で安くて美味しいものを食べようということになりました。夫も食べログ見るのが好きなので大賛成。子供も終わったらすぐに食べれるので大賛成。安くて美味しくて、なるべく健康的なものを探すのが夫の今後の宿題になりました。

余裕があるわけではないけど、その話に甘えることにさせてもらいました。

夜、晩ご飯の支度や後片付けとお弁当の準備をするとけっこうな時間とられますものね。仕事して帰ってきて立ってると足にきません?私だけかなあ。

その間の時間を有効に使わせてもらうことに。ご飯の支度がないので、その分英語ができます。

カフェだと机に向かってする取り組みができますしね。それか家で英語の取り組みしてから出て行くのもいいかも。あったかいんだから~♫愛犬がカイロになってくれますしね。(ベットリがますます加速中の甘えたです)

それに、大きな本屋さんもあるのでそれも魅力的。洋書の日本でのベストセラーもわかります。ちょっと前にバーゲンをやっていて、かなり安かったのでペーパーバックを2冊衝動買いしました。文庫本や漫画1冊より安い!もっと買っておけばよかったかなあ。最近はKindleでも高いですからね。1冊はもうすぐ読み終わります。今その本屋のベストセラーに入っていて、6割安で買ったので得した気分でした。

まだまだ落ち着いていませんが、またまた隙間でもなんとなく自分の英語をする作戦が整いつつあります。それでもなかなかまとまってできないけど、やらないよりはマシ。

他に何か工夫できることはないかなあ。考え中。

一歩進んで、また2歩下がるような歩みでも、

進んでいこうとすることが大事だと信じています。

一緒にがんばりましょう。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。 

どうしたら英語ができるようになるのか?

今日もお越しいただきありがとうございます。書き魔のangelです。仕事せえよ、家事せえよと聞こえてきそうですね。ちょっとバタバタしてきましたが、ひさびさのはてなシリーズ。悩める方がいらっしゃったので。

上のタイトル。なんか大雑把ですね。でもみな考えること同じですね。この手の記事をいままで何度書いたかなあ。何度も質問も受けてきたりしてますしね。

「どうしたら、英語話せるようになるのよ!」「どうしたら、英語聞けるようになるのよ!」
「どうしたら英語読めるようになるのよ!」「一生懸命やってるのに英語出てこないし、書けないし」

あげるとキリがないですね。

はては「中学高校でちゃんと英語教えてくれなかったらだー」という声もよく聞きますね。

35人~45人のクラスで6年間で英語がものになったら先生みんなこぞってその方法知りたがりますがね。


ないです、そんなの。

少なくて週に4時間、多くて9時間かける40週前後を6年間。トータルだと1000時間~2000時間。まあ、自宅学習を含んでいないので、実際は6年でこの倍はあると考えてもいいですね。だと2000時間~4000時間。

上にあげた数字の1000時間~2000時間、やってみましたが、内容の差はあれど、やろうと思えば1年以内に達成できる数字です。やろうとおもえばですがね。自分でやってみたから、実現は可能であることは確かです。

で、1年で2000時間ほどをやってみた私が「英語できるよーん」と思っているか。

あんまり思っていないです。それどころかますますもっとやらないとという気持ちになって勉強している毎日です。わたしも一人の学習者。しかも亀のような歩みのです(笑)

だからこんな私が答えるべきことでもないとも思っています。

ちまたにそういう人、「TOEIC○○点をとった私としては」「私って上級」「私はプロ」と言ってらっしゃる方々に聞いたほうがいいかも~。私は「~ができるよになった」とあんまり書かないし、というか、思ってないです。

実際は1万時間以上かけて初めて実感がある。そうある達人も言っていました。それはうんうん頷いちゃう。私はトータルすると超えてるかもしれませんが、もともとの低い英語力からのスタートだし、もっと「中身のある1万時間」が必要かなと。


ということで、共に勉強する身としてなら一緒に考えることはできます。もともと優等生で始めたわけでない英語生活。今もか(笑)悩める人がいるとね、ついこういうふうに書いてしまうんですよ。

ベストの方法はないことを前提として話しています。あれば私があやかりたいです。

じゃあ、どうすればいいか。


一つ目のポイントは、

「目的を明確にしよう」です。

しかし何をもって「英語ができるようになるか」というのがそもそも難しい。

英語がペラペラ。どんな風に?どの程度?

旅行で困らないように。外国人に道を聞かれた時に困らないように。聞かれる確率どれぐらい?その仮定法のような確率の低さにかけている人もいるかもしれませんね。

映画が字幕なしでみたい。わたしもそう思っていました。今も思っています。字幕なしで映画は見ますが100%の理解度じゃないです。巻き戻して聞き返すこともします。

外国の雑誌やペーパーバッグがスラスラ読みたい。わたしもそう思っていました。今も思っています。これもかなり読んでいます。今で子供向けでない本がだいたい280冊ぐらい。でも100%はわからないのももちろんあります。kindleだと辞書機能も使っています。そもそもネイティブスピーカーだって全員が一語一句完璧にわかっているかというと、きっとそうでないとは思います。私たちが四字熟語や熟語の意味をとっさに言い換えられないのに似ている感じじゃないかなと思います。

英検1級程度の語彙でびびってたらダメですよ。知らない単語が出てこない英文はないと思うぐらいの覚悟が必要です。

外国人と冗談を交わしながら談笑したい。わたしもそう思っていました。今も思っています。エエ加減度胸英語も相まって、談笑することはできますが、もともと常におしゃべりしとかないといけないたちでもないので、そればっかりできないや。外国人といってもいろんな人がいますしね。気の合う人合わない人。冗談の通じる人、そうじゃない人。例えばネイティブスピーカー同士で話が弾み出すとスピードが上がるので「ちょっとまってえや、今のはこういうこと?」とかいいながら必死でついて行く時もあるし、100%わかってなくてもわかったような気の時もあると思います。

英語を使って仕事がしたい。通訳や翻訳がしたい。たとえば、翻訳ができても英語話せない人もいるし。通訳できても翻訳できないひとだっているでしょう。分野もありますしね。

英語教えててもつねに全部の英語を解説できるかといわれると、そうでもない。先生という職業の立場で言わせていただくと、英語力のある先生=生徒にとっていい先生、指導力のある先生とは限りません。もちろん両方を兼ね備えることが本来なんですがね。知っていることをひけらかすのと、生徒の英語力を伸ばすのは別腹なのだ。

資格試験をつねにハイスコア、常に合格。それに特化する時間が必要です。資格がとれたからといって、急に英語のプロになれるわけでもないですからね。試験を意識して英語しないとスコアなんて簡単に下がります。それも実験的にやって前のブログで記事にしたことがありますね。「PBだけ読んでどれだけTOEICの点数が維持できるか」みたいな記事を覚えてらっしゃる方もいるかも。PBのみで過ごして(確か年間50冊か100冊読んだとき)TOEIC受け続けたらどんどん点が下がりました。でもそれが英語力がないと定義すると、片手落ちのような気がします。ネイティブスピーカーの人が1級受けてすべるのに似てるような。それに私たち全員が日本語能力試験1級受けて受かりませんねえ。少なくとも私は滑るぞ。

知り合いの日本人で欧米に5年以上いた人や、生活していた人、あちらの大学を出た人でも英検1級持っていない人の方が多い。「ちゃんとそれ用の勉強しないと無理」と言っていました。その人たちが英検1級やTOEIC満点が取れないからといって、取れる人より英語力がないかというと、そんなことはないですね。英語で授業を聞いたり、論文書いたりすることを国産の英検1級取得者がみなできるか?皆はできないですからね。シットコム見て大笑いできるか?

試験は試験。

ということで、上のこと全部できるひとなんてそういません。

自分が何をしたいか、どこを伸ばしたいか明確にしてみるといいと思います。

それぐらいやることが多くて、細分化していると思います。

目標を小さく設定してクリアしていってもいいと思います。

日本にいる人が一番飛びつくのはもちろん「試験」です。でもそれでもいいと思います。

勉強する動機が大事ですからね。でも試験ばかりを目標にしてると「英語を勉強する楽しみ」が「英語を勉強する苦しみ」になってしまうので、それもほどほどにしないとね。試験にすべって英語とたんにしなくなる人いません?それでは伸びません。試験終わって英語をする時間減りますしね。語学を通して「ああそうなんだ」と思える部分を残しておかないとしんどくなってきます。英語は道具であることを忘れてはいけません。

私は「今年は本を○○冊ぐらい読めたらなあ」とか、「今年は入試問題をたくさん扱うので、この問題集」「文法おしえるから文法の問題集」とか毎年小さな目標をなんとなくですが作っています。先生なのでやっぱり教えてなんぼですから、そこは手を抜けません。でもほんとはずっと本読んだり、映画見たりしていたいです。試験も受けたくないしぃ。

今年はハワイに行くからとか、1週間短期留学するからその時のためにとか、なにか強い動機を見つけてみてください。

大事なことは「使おう」とすることです。

そして二つ目のポイントは、具体的に何をするかです。

なにか目的にあった本を1冊仕上げることはどうでしょうか。

それは問題集でもいいし、会話集でもいいし、洋書一冊だっていい。本じゃなくても映画だっていいし、ドラマだっていい。ひとつのことを徹底的にやり込むことです。

高い授業料を払う必要はないと思います。 高い教材や英会話に投資するよりもコストパフォーマンス大です。続かないと思うのなら、スカイプ英会話でもなんでも定期的に受ければいいと思います。

英語を習うのは習う期間までの蓄積を貯めるためと考えたほうがいいです。そこは発表の場で、そのために普段から勉強をする。

本やなにかを1冊やり終える根性が必要です。なんとなくではいつまでもなんとなくの英語力しかつきません。それも1冊を何周もやる覚悟があると尚更いいと思います。語学は蓄積の成果ですからね。

小さな達成感を何度も感じながら、気が付くと「あれ?わかってる」という自分に出会うまでです。

何度も書くように、魔法なんてないんです。巷の「できるようなった」と言っている人たちは「努力した」人たちであることに間違いはないと思います。「いや、たいしたことしてないけど」というのはただの見栄です。

その努力をどうするかは自分次第。楽しみながらも、苦しみながらも両方必要だと私は思っています。

要は続けること、ある一定の量を英語に費やすこと。

英語を使ってというのが鍵ですよ。

お悩みにお答えできたのかどうかわかりません。あなたのつぶやきに勝手に答えただけでもいいや。少しでもお役に立つことを思っていつも書いています。それがこのブログの特徴であってほしいと思っています。


わたしもどこかの片隅で教壇に立ちながら「やるべーし」と叫びながら、

毎日自分も英語やってます。亀のような歩みでも。

子供の弁当作りが始まり、だんだん仕事が詰まって行きます。朝弱いんですよねえ。くすん。週末も仕事です。まだまだ体制はととのってないけど、なんとかほそぼそとでも続けるつもりです。

よかったら一緒に頑張りましょう。

やるべし、やるべし!

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。
記事検索
ギャラリー
  • 英語を好きになってほしい
  • 英語を好きになってほしい
  • 終了!2017年春期講習
  • 終了!2017年春期講習
  • 春期講習2週目終了
  • The Sleep Revolution
2017年の洋書本棚
2016年の洋書本棚 50冊
2015年の洋書本棚 60冊
2014年の洋書本棚 35冊
2013年の洋書本棚 50冊
2012年の洋書本棚 95冊
2011年の洋書本棚 50冊
2010までの洋書本棚 34冊
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
  • ライブドアブログ