2015年05月

今週のエンタメウィークエンド 31st May 2015

今日もお越しいただきありがとうございます。

先週は忙しかったのもあるし、体調もいまいちだったんですが、今週末はちょっとましなので、エンタメなのだ。

念願かなって見てまーす。GOT(Game of Thrones)最新シリーズ。シーズン1と2はレンタルで借りて
字幕なしと英語字幕で見ていました。シーズン3はアメリカアマゾンで中古を安く買って家にあります。シーズン4からは待てなくてDVD化するまえに最新を追っている状態です。4はお友達に見せてもらいました。だから4から字幕もないのでそのまま見ることに。でも原作読んでるのもあってまったく大丈夫なことに気が付きました。英語力もついたのか?わはは。そのへんはわかりまへん。見たいから見てるだけ。

原作とは話の進め方がかなり違うんですが、両方ともすごいです。ドラマも本当にすごいなあ。世界的にこんなに大成功を収めてるドラマはこれが初めてだそうですね。

とにかく回を重ねるにつれて予算がUPしている感が。このところ映画さえもあまりたくさん見れてませんでした。このドラマは休みごとに見ていたものです。

おもしろすぎて止まらないー。で、週末に公開されてるの全部みちゃいました。木曜日から今日までに7話。きゃあー、7時間超えですねえ。まあいいか、週末はエンタメときめましたしね。もともとこういう楽しみのために英語勉強してきたわけですし。1級勉強終わられた方はぜひ!来週から一緒に楽しみませんか?と誘惑したりして。1から3はレンタルにありますよー。

私は歴史ものや歴史っぽいものが大好き。もともと映画はよく見るんですが、ドラマはなかなか追いつきません。でも原作を読んで気に入ったものはがんばって見ています。

今はがんばってこれとOutlanderを見てるんですが、OutlanderよりGame of Thronesのほうが英語がわかりやすいです。Outlanderは主人公クレアの英語はわかりやすいんですが、たくさんの男性のスコットランド訛りがかなり苦しいです。

Game of Thronesはけっこういろんなイギリス英語が出てくるんですが、主要な人たちの英語は比較的聞きやすくなってきました。特にラニスター家の英語はEnglishの設定。スターク家は北なので、ヨークシャーとかあっちの聞きにくい方言なので、ジョン・スノウの英語は主人公達の中で一番手ごわいかも。
ずいぶん慣れました。実際はイングランド出身の俳優さんなんだけど、すごくうまく方言(ヨークシャー)を話していると同僚のイギリス人に教えてもらいましたいや、まてよ、私にとって前回かなり苦労したのは、ラニスター家の双子の片割れジェイミーでした。スカンジナビア出身の俳優さん。英語うまいよなあ。前よりは聞けるようになってきているとは思います。

このお話原作でもドラマでも、ドラマはもっと、読者の期待を簡単に裏切ってばったばったといい人たちがやられちゃうんです。なんとか小さな善を最後には生かしてほしいという願いを皆が持ってみてるはず。でもその善を貫き通そうとして、善になりきれなかったり、悪は場合によっては悪でなくなるのではないかという視点で見たり。でも悪人は張悪人だったりと、息をつかせぬ展開が待っていて。みていてやきもきします。

Outlander見てて、「まてよ、この人Game of Thronesに出てなかった?」という人も発見しました。私にとってはこの間「ドラキュラ ゼロ」(現代は ドラキュラ アントールド」で出てたタイワン・ラニスター役が死んじゃったので、見れないのが残念です。脇役大好き。

このお話は原作とは離れつつあるんですが、原作を読んでいるので、かなりわかりやすいのは事実です。Outlander同様かなり変えてありますが、GOTのほうがうまさを感じるのは私だけじゃないと思います。お金かけてるだけありますねえ。とにかく展開も早くてでもスリリングで目が離せないです。そろそろ次巻読もうかな。

というわけで、英気をたっぷり養ったあとは、お仕事がんばらないとね。これで寝不足から解消だ。あとは毎週1話ずつ見るのみ。何やってんだか。

また来週も一緒にコツコツ頑張りましょうね!

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

やっと行き着いたエンタメワールド

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

しばらく間があきましたね。すみません。一度記事を書いたんですが、結局Upしませんでした。

仕事も忙しかったし、体調もいまいちでした。貧血がまたね。でもこれが今日来たから大丈夫。1か月ぐらい待ちました。

オーガニック モラセス(廃蜜糖)350g
オーガニック モラセス(廃蜜糖)350g
入荷待ちだったんです、売り切れ必須。鉄分補給にスプーン一杯飲み始めました。

それとまだ性懲りもなく戦っていました。

「最新の英語のドラマを見る旅」に出てました。もちろん字幕なしの世界です。

私って超PC音痴なんです。なので先週はまだ買ったばかりのこの日本製PCに(1TBもあるのを奮発しました)ウィルスを入れてまた一からリカバリーするというすったもんだでした。

そのあと、スタプラのお友達が困ったわたしのために、「このサイトで見れますよー」と教えてくださったんです。

で、早速やってみたんですが、

見れない・・・。 途中までしか行き着かない。何度もやり取りしてくださってありがとうございました。助けてもらえるってうれしいなあ。そう思うと私もこのブログで微力ながら皆さんの力になれたらとまたがんばれます。

このPCのセキュリティがきついようです。でも、それはそれでいいことだ。ちゃんと仕事してるのね。

で、思いつきました。

古いPCがあるじゃん。使えないと思っていたんですが、よく考えたらリカバリーしてドラマ用だけに使えばいいのだ。ウイルスがやってきてもそれ以外何もしなければ、大丈夫。もうOfficeも入れないでおこう。

時間かけてまた頑張りました。インターネットにさえつながっていない時もあったのになあ。リカバリーしたら、動くぞ(汗)なあんだ。でもモーターがわんわん鳴るのでやっぱりメインには使いたくないですね。

英語する時間削らないとしかたがありませんでした。くすん。

で、再度それで教えていただいたサイトをためしたんですが、やっぱり入れない。くすん。

そのあと、いろいろ自分で調べたら違う多分アメリカのサイトのテレビの見方をていねいに解説いてくださっているのを見つけました。

何度も失敗を繰り返しました。なかなか怪しいし、やらしいのも出てきて消しながらで大変ですが(汗)、無視してやり続けました。ボタンを間違えるとウイルス必須。なんか地雷のようだ。

この方法だと画像はいまいちだけど、最新を無料で見れます。しかし、
私としてはアメリカアマゾンのインスタントビデオ有料で見てもいいんですが、地域限定で制限がかかってできません。ウイルスも宣伝もちとしんどいです。でも仕方ない。これしか方法は今のところありませんしね。

すったもんだのあげく、で、できた! まずはこの1話を見ました。


念願のGame of Thrones見れましたー。週末じゃないのでたくさんは無理。1話だけね。Youtubeで見れたら簡単なんだけど、ダメなようでUPされてもドラマはすぐ消されるみたいですね。これはprecapという「前回までのお話」という感じのまとめです。

原作ではこのあたりでは出てこないティリオンもいるぞー。うれしいなあ。原作とだいぶん離れてますが、でも大丈夫。あいかわらずえぐいシーンもあります。それはあんまり好きじゃないです。火あぶりいやだあ。

これでHuluをやめようかどうか。古いしなあ。それに私は日本語字幕は使わないようにしているのであんまり意味ないし。でも夫も見るしなあ。しばし様子見です。

これからなんとか「字幕なしエンタメワールド」にはいっていけるか?音痴なので、2話に行き着くかどうかは謎なのだ・・・。

ということで、ノルマを最低限にしたり、減らしたりしながら時間を確保してやっとこぎつけました。でもこのところは昼寝を何時間もして体力を温存していたのもありました。

もうすぐ5月も終わりです。夏まで私は仕事を突っ走らないといけないので、なんとか頑張りたいです。

読んでいただきありがとうございました。

明日は金曜日なんとか乗り切りましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

「聞き音読」についてチラ見してみました。

今日もお越しいただきありがとうございます。

先日新聞の広告で見つけた「聞き音読」について本屋さんでチェックしてみました。

これ、
お?ずっと「多読多聴」マガジンだと思っていました。逆なんだ。すいません。

昨日は都会に行かないといけなかったので、夜にテレビで話題になっていた「カフェ付、コンシェルジュ?つき本屋」に行ってちらっと読みました。ほんとは子供の本を買おうと思ってたんですが、子供の書籍はなかった。しかし夜9時前なのにすごい人でした。同じジャンルの本がまとめられていておしゃれなんですが、日本語の本に英語の本がまじっています。で、そんなに英語の雑誌や小説を読む日本人がここにたくさん現れるのか?とふと頭によぎったけど(笑)まあいいか。しかし、「ガーディアン」が1000円というのを見てちょっとのけぞりました。それならPB買うぞ。

上の本には「聞き音読とは、音読をする人が「○○回読んだ」と回数をこなす人がいますが、それを目指すのではありません」みたいなことを書いていました。

一つの短編をCDと同時にシンクロリーディング(私は「同時読み」とこれを読んでいます)して、音をCDに合わせて乗せていく作業を繰り返すことで、発音がものすごくよくなる。とも書いてあったような。

私は音を同時に乗せる重要性を「KHシステム」という本で学んでから、おそらく10年以上それを実践しています。それ以前、通勤で毎日「ヒアリングマラソン」とかの同じ音声を毎日繰り返し聞いてシャドウイングしているうちに、流れてくる音声と同時に言えるということを実際に体感して「これだ」と思っていたので、ますます拍車がかかりました。それを合わせると20年選手です(汗)いや、おばちゃんですからね。マネ歴長い。

発音はマネ、しかもそっくりそのままのマネに尽きるんじゃないかなとやっていてずっと思っています。

でも、その音を乗せようとおもったら、かなり読み込まないとできないので、「○○回読んだ」というのも必要じゃないかなと私は個人的には思っています。

たとえば、数年前にキャサリン妃のスピーチを100回ほど同時読みなどをしてブログで自分の音読を披露したこともありますが、(いやあ、今考えてもお恥ずかしい) 

回数必要だと思うんですが。

シンクロさせる作業以外にも、素読で「感情をこめて読む」というのもお気に入りです。

自分があたかももとからその文章を口からついて出ている感じで読むんです。その時に、

①母音、子音がちゃんとできているか、②抑揚はあるか、③リズムはあるかを意識しながらね。

どちらかというと、「演技している」感じです。口の動かしかたや、口の空き程度も日本語よりも大きめにやることをお忘れなく。

いろんなパターンで音読をやっていて思うのは、たとえば、「聞き音読」(同時読み)と素読とシャドウイングの3つはそれぞれ使っている脳が微妙に違うような感覚です。もしくは向く意識が違います。

素読は文字依存が強いので、リーディングの力も同時につけていっているような気がします。なんとなく覚えるという意味では、素読するのが一番効果が高いかも。

それと全部そうですが、音読はかなり「スピーキング」の練習になるんじゃないかと思います。英会話習うのもいいと思うんですが、そこで出せる英語がなかったら意味ないから、インプットをする作業が話すときに生きてくるようにするということが大事かなと自分では思っています。

口動かす時間に比例して会話はできるようになってくると思います。アウトプットだけでは足りないと思います。アウトプットする倍、いや5倍、10倍インプットするのが私はいいと思ってやっています。

ちなみに私はもともと無精者なので、英会話は習ってないです。 

毎日同じ英文をひたすら読むことは、悪くないと思っています。単語と同じで、その英文の構造までまるまる自分に入れ込む作業は、自分が文を組み立てて話すときにしっかり生きてくると思います。ほぼ毎日かかさず本を1、2冊音読する作業を1年以上やっていての自分の感想です。

口について英文が出てくるのを待つ感じでやっています。いったん暗記もしたりもしたけど、とにかく口に出して1冊、一つの英文をコンスタントに読むことが長続きの秘訣かも。

最後にやっぱり大事なことを。

「流暢さ」よりも「中身」が大事だと思うのは変わりません。話す内容を持っていなかったら、話は続きませんからねえ。痛い目に何度もあった経験から書いているだけで、「発音信仰」すべてを否定するわけでもないんですがね。

ある程度の発音矯正はこの本に書いてある通りできるとは思います。大人になってからでも。

「ええ加減なんちゃってイギリス英語」でよければですよ。マネするのをアメリカにかえればなんちゃってアメリカ英語になるので、アメリカ英語みたいに話したい人はアメリカ英語ばっかりマネすればいいだけ。

こんな場末のおばちゃんの意見より、違う有名な人のところに行ってもらったほうがいいかも~。自分でやってみて感じた感想を書いているだけです。あしからず。

とまあ、また思うままに書いてみました。単純作業の仕事で疲れるとすぐこうやってだだっと書いてますね(汗)

今は早くこの仕事を終わってなんとか「エンタメ」するぞーと思ってやっています。

皆様はこの週末いかがお過ごしかな?充実した週末を過ごせますように!

読んでいただきありがとうございました。


お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

いろいろpodcast ほぼイギリス英語編

今日は2回目なのだ。誰か読んでくださってるかなあ。わはは。でも読者が来てるのは事実なんですがね。

仕事しながらずっとpodcastの旅を続けております。

今日はずっと家にいるので、まずはいつもの定番を最低2回は聞きました。3回~5回聞いたのもあります。横に書いてる時間は1回分の時間です。

NHK World News 14分
Sky News  10分
BBC World Update 29分
CBS Evening News 20分
BBC Minutes 1分

これらを1回ずつ聞くとすると73分ですね。でも実際は3時間近く聞いていたと思います。

でも、まだ仕事が終わらないのだ。

で、次は借りてた映画のDVDを入れてBGMにしようとしたら動かない・・・。くうう。

仕方ないのでitune storeに行ってまたいろいろ聞いてみました。

全部で合計すると5時間以上はゆうにきいてると思います・・・。だんだん疲れてきたし、ちょっとめどがついたので、これ書いてます。3分の1ぐらいしか終わってませんが(汗)

今日はイギリス英語が中心でした。

イギリス英語(PR英語)の発音練習とかも聞いてシャドウイングしました。「Learning British Accent」というもの。私にはイギリス英語が一番マネしやすいなあと再度実感しました。面白かったです。

手当たり次第に聞いたので、全部覚えてないんですが、いいのを見つけたので、またポチッと購読ボタンを押してしまった。ザ・イギリス英語。これは知り合いの方がいつも聞いてるpodcastで、ずっと知っていたんですが、今回初めて聞きました。これはかなーり生イギリス英語ですねえ。教科書チックじゃなくて、すぐに使えそうな言い回しが満載だし、実際にこういう感じの会話はすごく親しみがあります。イギリスに行ったときとか、同僚の先生とかの会話とかです。ずいぶん前に紹介していただいたのに、今まで聞いてなくてちょっと損した気分。これはいいですねえ。

ご存知の方も多いと思いますが、知らない方のために書いときます。役に立つと拍手が増えるのでうれしいし。

「Luke's English Podcast」 画像はこれ、有名みたいですね。
「luke english podcast transcript」の画像検索結果
スクリプトもあるみたいですね。素晴らしい。
これ↓
http://teacherluke.co.uk/

どうもほぼimprompt(即興)でロールプレイをする番組のようです。だから英語が自然。ニュース英語よりも私は聞きやすいと思いました。とってもとってもいいと思ったんですが、これを日々の英語の取り組みに入れるのがなかなか難しいなあ。毎回時間が違うのが取り入れにくいです。でもなんとか聞きたいと思いました。

ほぼ生イギリス英語に近い感じを体感できます。しかも文化的なことも学べるのがgood。「イギリス人なら、こういうシチュエーションでこんな反応をする」という内容です。

イギリスに行きたいと思っている人はこれ聞いといて損はないと思います。

ああ、また勢い余ってブログ書いてしまった・・・。

ちょっと脳が疲れてきたので、休憩します~。早く仕事終わりたいなあ。ドラマ見れるかなあ。子供迎えに都会までいかないといけないんですよね。頑張ります。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

なんでそんなに英語勉強するの?

今日もお越しいただきありがとうございます。

ある日、生徒に「先生はもうそんなに英語ができるのに、なんで英語勉強する必要があるの?」と聞かれました。

そんなに英語できるって、どんなに英語できるんでしょうねえ。わはは。その子は「先生どこの大学?国立?私立?英検何級?TOEIC何点?留学したことあるの?」と根掘り葉掘りいきいていた子です。

そのあと、試験前に「先生も毎日時間を捻出してこうやって英語毎日やってるよ。だからみんなも一緒にがんばろう」と言ったら、上の疑問を投げかけてきたんです。「英語ができる」=「資格を持っている」と短絡的に思っただけなのはわかっているんですが、あとで考えさせられました。まあ、英語でたくさん話しかけもしていますが。おそらく前者の判断だと思われます。

こういうお題は昔から扱ってきましたね。

自分で「英語できない」と思っている部分があるから英語勉強してるんです。仕事で「あれ?これはどうしてこうなるんだ?」と思うからがむしゃらになれる。私は毎日教壇に立つので、よけいに思うかもしれないけど、多かれ少なかれ、みなさんそうじゃないかなあ。

ということは、そういう「やらないと」「やりたい」感情を持つことが、機会を持つことが大事かもと思いました。

英語が通じなくて、うまく言えなくて詰まる自分。読みたい本があるけど、原書だとまだ難しい。字幕なしで映画見るとやっぱりまだもやもやする。悔しさもうまくつかえば、ばねになってくれますからね。

ライバル意識はかなりうまく使わないと危ない武器です。少なくとも私は苦手です。学生時代からそういう方法で勉強してないしなあ。私立で順位を発表する学校で教えたりするとちょっと違和感を感じる私です。なんでもランクつける人間になりそうで怖い。子供もそういう環境にいません。あ、それこそうまく使えれば短期で伸ばすこともできるんですが、あまりそれに深入りしないほうがいいと経験上学びました。コワいもん。

うまく使えばいいとは思います。

試験を利用するのが日本では主流。その他にも、1級取得後、私がやってきたように、「この本を1冊しあげよう」「今年はPB何冊読もう」「半年で何時間勉強できるかやってみよう」とスモールステップで階段を上がっていく。

で、資格試験にはゴールがないし、「英語ができる」にゴールもないということが徐々にわかってくるんです。

英検1級受けて、また再受験して、TOEIC何度も受けて。本何百冊読んで。

ゴールはないということを確信したときに待っているもの。

気がつきました。

習慣です。

勉強をつづけたあかつきに、残るのは「英語で知る」自分だと何度も書きました。

それに尽きます。

私は自分が「英語ができる」と思っていませんが、試験にほとほと疲れて、それでも毎日音読や、リスニングや、ボキャビルや、ノルマをこなしていけるのは、

習慣と、「知りたい」という気持ちじゃないかなと思いました。

やっていれば、だんだんと本を読むのがはやくなったり、1年前の自分よりもしかして理解度が上がっているかもと思えたり。

たったそれだけのことでも大きな違いです。

小さなノルマをコツコツ習慣にすること。

これが大きな大きな力になっていつの日か自分のなかにある。

毎日がほんとに充実してきます。「ああ、この話はどうなるのだ?もう止まらないー」と思えることがものすごくうれしい毎日。

一生勉強。

日本語ネイティブスピーカーにとってはなんだか英語を使うことはちょっとした中毒的なものがあるのかも。なんかいいなあと思えるからみなやりたがる。

普段授業を始める前は、簡単ですが、一定パターンで英語であいさつをします。1年生はそういうのが大好き。大きな声で英語であいさつしてくれます。試験監督の仕事で別に英語であいさつしなくてもいい時に、私が教室に現れると、生徒は「先生、今日も英語であいさつしたい」と言ってきます。

みんなニコニコ。ほんとにかわいいです。

それが、彼らの「英語なんかやりたい」原点になることを願いながら、今日も簡単な英語で生徒に話しかける私です。

毎日私がコツコツやっていることが、書いていることが、誰かの「英語やりたい」つながってくれることを願いながら。

似たような話をよく書いていますが、つい思うままに書いてしまいました。仕事に戻りまーす。今日は英語をBGMにしてお仕事です。がんばって早く抜け出すぞー。

読んでいただきありがとうございました。


お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

PC音痴奮闘記と音読生活

今日もお越しいただきありがとうございます。仮想世界の中では、もうゾンビのような私です。

とにかくコンピューターが苦手です。にもかかわらず結構がんばってるつもり。


ほんとは、タイトル「死闘、ituneとの戦い」とでもしたかったんですがね。

その前に「リカバリー地獄」もありましたしね。

しかし、週末から毎日ほふく前進状態。

一日に二つの学校に行ったので、長時間勤務。職場で仕事しながらipod流したら、週末のリカバリー前の状態でもうすでに聞いたニュース。もう2回ずつきいてたけど、また聞いたよ。まあいいか。という状態を二日(汗)しかたないので、audibleを多めに聞きました。しかしですね、何度やっても、同期状態を示しているのに、同期されないぞ。

PCをまっさらにしてから、またaudibleを入れなおすのも一苦労です。audibleを入れるためのソフトを入れておしまいじゃないんです。ituneに認識させないといけないんですが、IDとパスワードがituneのと違ったりするので、もうどれがどれかわからなくなるんですよ。だってPCを新しくするときしか使わないもん。え?私はその作業をこの1年で3回やったんですがね(汗)もうのたうち回りました。

audibleとpodcastがつながらないダブル地獄だ。

私の英語漬け生活はituneとipodがつながらなければ死んだも同然なのです。だからゾンビと名づけときました。とりあえず、audibleが新しいお話なので、数日は大丈夫。

昨日は、仕事から家に帰ったら、もう7時半すぎてて、こんな時こそ献立宅に感謝です。かえってすぐにごはん作れるのはほんとに働くママの味方です。しかも栄養も考えてある。そのあとまた夜中まで仕事しながら、なんとかipotとituneを同期するのに奮闘しました。

いろんなサイトを参考にしながら、「やったけど、動きまへん」こと数回。最後はituneのソフトを全部アンインストールして、またダウンロードして、最後に行き着いたサイトでやっとやり方がわかって無事同期完了です。

何時間も仕事しながらなので、時間に限りがあるんだよ。前はちゃんと自動で同期してくれてたと思うんですが。windowsと相性が悪いとは聞いていたものの、おばちゃんにはつらいですわ。寝るのがかなり遅くなってねむいったら。しかも貧血がひどくなってるのでつらかったです。意識して鉄分のあるもの中心に食べたらちょっとましになって安心。

あれ?また日常ネタで、英語ネタがないですね。じゃあ、ここから英語ネタ。

ふと、今日の朝刊を見ると、「多読多聴マガジン」の広告があって、「聞き音読がすごい」とありました。
私がブログをはじめてから一人で勝手に命名している「同時読み」のことですな。いつからそういっているのか覚えていないんですが、5年ぐらい前かなあ。

音読生活は長いのですが、こうやって公で言われるとちょっとうれしいなあ。音読についていろいろ言われたような気もするから。頭で別のこと考えながら言っててもあんまり効果ないんじゃないかとかね。とにかく習慣なので、お経と同じように毎日唱えて、日々の生活で英語使うときにそれが一部分出てくることを重ねてるだけです。

暗記じゃなくて、口と音に脳が後でついてくる感じです。時間が必要ですが、膨大な慣れから、なんとなくこうなるという感覚をつけることにも一役買ってくれてるんじゃないかなあと最近思います。audibleに関しても一役買っていると自分では思っています。

それと、「聞き音読」、ここでは「同時読み」以外の、素読、シャドウイングもいいと思います。私は一日に短文、長文のどれかで、3つをやっています。今度その本見てみよう。

音読はほんとに効くと思おうのですがね。やればやるほどするめのようにじわじわと。

実は最近英文を読んでいてもそれを感じています。え?ただのええ加減なだけ?まあ、読んでいて、へえ、ほおと思えてえてるから良しとしてます。なんでもテストで測れないということにしといてくださーい。読み続ける、読んで何かを思うことに意義があると思いたい。

今週はテストの採点がわんさかあります。なんとかまた隙間で頑張りたいです。

一緒に頑張りましょうね!

読んでいただきありがとうございました。


お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

今週のエンタメ ウィークエンド 17th/5/2015

今日もお越しいただきありがとうございます。仮想世界の中ではもう瀕死の私です。

やられましたよ。ウイルスったらウイルス。

仕方ないので全部初期化しました。PC音痴の私はもう、どうしようかと思いました。で、よく考えたら、前の重い2つ前の(どれだけPCが家にごろごろあるのかって感じですな(汗))も初期化したらまたサクサク動くのではなかろうかと、今更ながら気が付くどんくさい私です。

まあ、音痴のくせに何かしようとして自分で墓穴を掘ったので、しかたないですね。一応入っているセキュリティがデータの流出を防いでいたことを願う。個人情報以外はもともとあまり入ってなかったので、まあ良しとします。買ったばかりなのだ。それでもうこんなにトラブルのも私らしいですが・・・。

海外のサイトに安全に行けるという会員になったのですが、おそらくクリックしてはいけない、または同意を外してダウンロードすべきところをできていなかったがためにやられたみたいです。とにかくフィッシング詐欺みたいなソフトがうようよしているんですね。すぐにソフトを外して会社に「ウィルスが入ってきて、どうしようもないからやめたいから課金せんといてくれ」と英語でメールしたら、こちらで手続きをしなくても、ちゃんと向こうで全部してくれました。知らずにに会費を払い続けることはなさそうです。多分(汗)

英語で適当でもやり取りで来てよかった。

なるべく海外のサイトで危ないことはやめようと心に誓いました。でも、どうして
日本では映画やドラマが時期がずれて、お金もかかるのだろうと思う私です。ちゃんと合法でお金払うから安全なアメリカやイギリスのアマゾンインスタントビデオとか利用させてほしいと日本で導入する前から思っていました。字幕とかの問題もあるのだろけど、それすっ飛ばしてみたい人は私ひとりじゃないですよね。Huluは古いのばかりですしね。あと、もうひとつ似たようなFなんとかが日本上陸するそうで、アメリカGoogleでアメリカサイトに入って入会しようとしたら、郵便番号で地域が限定されたのか、蹴られました。とにかくまる一日以上は万年PC初心者奮闘記でも書こかと思うほど、「きいいいいい」となってました。


PCが不自由な状態だったので、かわいそうに思った夫が私のエンタメウィークエンドのためにレンタルDVD借りてきてくれました。

今週はこれ。

いやあ、レンタルでも新しめの作品を見ると、よく見る顔がでてきているような。

「あ、この人はホビットの人」「この人はGame of Thronesの人」とか言いながら見ました。子役はどこかで見たぞ。Game of Thronesだったような気がするんですが、見た限り出てきませんでした。スターク家の末っ子の男の子かなあ。今回は最初字幕を外してみていたんですが、夫も一緒に見だしたので、途中から英語字幕で見ることにしました。英語字幕があるだけでクリアに細かいところまでわかりました。字幕なしでも見たいのでもう一回みれたらいいけど、時間とれるかなあ。

違う視点で作った「ドラキュラ伯爵誕生秘話」って感じで面白かったです。ちょっと毛色が違うけど「ヴァン・ヘルシング」を思い出しました。あれ、私結構好きなんですよねえ。バンパイア物はいろいろありますね。「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」もまるでポーの一族みたいで好き💛あ、歳がばれますねえ。

私はGame of Thronesでタイウィン・ラニスター伯爵役だった人の声を聴いただけでわかってしまった。ああ、やっぱり渋いぞ。”Let the games begin"って意味深だなあ。しかし脇役が肝心ですよねえ。

映画とドラマはやっぱり今週も1本ずつでした。PCにへばりついていたので、机に向かってはあまりできなかったんですが、隙間と、寝るときに一気にaudibleを聞き終わってしまいました。先週こちらでもUPした34時間、
720ページものです。あまりに面白くて寝ながら聞いたら、つい聞きすぎて寝不足に。続きが気になって朝早く起きてベッドで寝ながら聞き終わりました。こういうのは久しぶりです。すごい濃いドラマしてました。エンタメだ。ああ、面白くて読書日記も熱がはいりました。

来週は授業があんまりないんです、でもお休みじゃないんですよね。ほぼ毎日学校に一応行かないといけません。採点を一気にしないといけない日程なので、数百人分を週末でがんばらないといけないので、来週のエンタメができない分、終日に見れたらいいなあと思っています。いや、見るぞー。

また明日からがんばりましょうね!

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。 

Podcastで英語漬け

今日もお越しいただきありがとうございます。ああ、金曜日だあ、うれしいなあ。

ブログを頻繁に書いているせいか、読みに来てくださる人が「ちょっとはやいよー」と思われているのか、反応がわからないので、思うままに書いています。って反応があっても思うままに書いてることもあるけど、すんません。この間「何かコメント書きたいんですが、なんて書いたらいいか言葉につまってしまって」とコメント書いて残してくださる方もいらっしゃいました。やさしいなあ。たまにcontroversialなのかな(汗)

まあ、日々できるだけですが、奮闘している私です。英語漬けシリーズとでもしましょうかね。

私がこのところ定番として聞いているpodcast newsは

NHK World News
Sky News
BBC World Update
CBS News Evening News

たいてい毎日この4つは聞いています。行きつかないときはCBSを省略するぐらいです。一日で2回ずつ聞くことも多いので、ニュースだけで1時間半から2時間ぐらいは費やしています。日によりますがね。前回書いたようにpodcastがノルマで、お楽しみがaudileです。リスニングは1日に3時間以上は聞くと思います。pocastが日に1時間~3時間の間で、audibileが30分~2時間半。トータルのリスニング時間は少ないときで1時間半、多いときで5時間を超えます。audibleが止まらないと、3時間ぐらい聞いちゃうときも。今がそうです。もうおもしろくて止まらなーい。

朝に一つニュースを流しながら、ダウンロードして出かけるのが習慣です。充電も兼ねれます。

そんな生活を1年以上はしていると思われます。2年だったけ?覚えていない。

最近のお気に入りは「Sky News」です。10分ほどで、イギリスの国内外ニュースを配信してくれます。

全部をituneに入れると、聞けない時もあるし、あまりたくさん入れると、PCの動きが極端に悪くなるので、新しいPCになってからは、少し減らしています。

podにダウンロードしているニュースを全部聞いてしまって、家にいるときは、直接itune storeに行って聞いています。PCから直接聞くのはこれら、

BBC Global News
CNN 

GlobalNewsは購読すると毎日2個はいってくるのでitune Storeから聞くことに。最近はCNNはたまです。時々クーパーさんの英語が聞きたくなる時に聞いています。"Appreciate it."ってセリフが好き。家で長時間仕事するときはこのほかにもいろいろ聞きます。


それに加えて先日新しいのを発見、短いのが特徴のを聞いてみました。

BBC 1 minutes
これは別のBBCで紹介されていたので、知っていたんですが、リズムが良くてしかもイギリス英語。

TIME's Top Stories
これも1分ぐらいです。

USA Today's 5 things 
これも3分ぐらいでダイジェストなのでいいですねえ。

BBC 1 minutesを毎日ダウンロードすることに。超細切れ隙間時間に有効利用。今日は教材を印刷しながら5回以上繰り返し聞きました。イギリス英語ですが、その訛りは様々で、しかも1分にまとめてあるので、速かったりもします。徐々に理解度が上がってくるのを待つ感じです。インド訛りと思われるタフな英語もあるけど、頑張ってます。

レベルが英語学習者向けのもありますよね。上の3つは学習者にターゲットを絞ったものではないと思います。しかし、今は世界中で「時短」が流行ってるんだなあと思いました。みんなせっかちになってるんですね。

でも、この短いバージョンを学習者が利用しない手はないです。

そう、繰り返し聞くんです。短いから使いやすいです。私は普段podcastのどれかは必ず2回聞くようにしているんですが、これぐらい短いと5回とかでもできそうですね。聞くたびにだんだん音が拾える作業はとても有効だと思うんですが。わたしの脳は変な脳なので、なんとも言えません(汗)

リズムの速い英語を聞くのは結構面白いと思って聞いています。 繰り返し聞くと「聞き流し」より、効果が高いのではないかと思っています。

今のお気に入りのSkyNewsも結構はまっていて、あのリズミカルなノリは、特に日本語ネイティブの大人の人が英語を話すときに欠けてている能力のひとつだと思います。 抑揚になれると、自分の英語にも抑揚がついてくるんです。ホンマホンマ。BBC1mitutesはSkyNewsよりも速くてリズミカルです。音楽に乗って時々、役割分担があって、かなりセンスが高いです。この両方が今のマイブームになりそうです。

一方で、30分程度のpodcastはアナウンサーの英語だけでなく、インタビューも多いので、いろんな種類の英語が聞けます。

audibleもそうですが、私のリスニング能力が完璧ではないことは百も承知です。でも、毎日大量に聞いているので、ネイティブスピーカーと英語で話すときに、ふとニュースを思い出して、話を切り出すことがここ1年ぐらい多いです。だから、けっこう理解してるんだと思っています。時々数字とか、聞き違いがあるんですが、教えてもらって「ああ、そういうことだったのねえ」と勉強になります。それで会話のネタになったりね。わはは。ジョニー・デップが自分の愛犬を自家用飛行機でオーストラリアに運んで、期限内に国外移送しないと犬を処分するといわれているとか、そういう小ネタが結構話題になったりします。パイレーツの撮影みたいです。え?ちがった?違ったら教えてくださいね。オーストラリアやニュージーランドはかなり厳しんだよー。知らなかったんですかね。

なんとなくも量を凌駕すれば、なんとなく度が減って理解度が上がるということを体感しています。右脳の動きが強いのかなあ。よくわかりません。音読もそうですが、多読や、多聴で遠回りで学ぶ方式をかなり取り入れています。いきなり暗記とかの左脳的?な受験勉強的なことより楽しいです。でも時間が何倍もかかるし、テスト対策にはならないかも。

とにかく亀の歩みなのだ。

それでも、直接私を知る方々が実際に私の英語を聞いたりしたうえで、認めてくださっているので、それでいいと思っています。見栄を張る必要もないし、無理をして力を誇示することも、もともと向いてませんしね。万年学習者なのだ。

「英語で知る」がテーマであって、ついでにほんのちょっとでも、聴ける能力があがってくれればいいやと思っています。もはや習慣になってるだけだし。遠回り大好き。

どうです?podcastで英語漬け。生英語で鍛えませんか?

今からちょっとまた職場に行って雑用してきまーす。くすん。

週末、充実した休日をお過ごしください。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

ノルマと習慣化

今日もお越しいただきありがとうございます。

試験前だからですかね。また読者が増えています。どうやってここにたどり着かれてるのかなあ。ありがとうございます。まあ、日々のことを読みに来られてるから増えているわけではないかもしれないけど。書いちゃおう。

しかし、ヘロヘロでご挨拶だけです。

試験前なのもあって、ばたばたです。今日は残って仕事して、かえって晩ご飯の下ごしらえして、ちょっと昼寝して子供の帰るコールで起きて迎えに行って、ピアノ行って帰ってきて、ご飯支度して、お弁当の下ごしらえしてやっぱりばたばたです。 

いやあ、献立メニュー大活躍。しかも結構おいしかったりする。子供が食べてくれそうにない材料は入れなかったり、好きな材料にかえてアレンジ。野菜いっぱい取れるのもいいです。大ヒット。

ピアノを待つ間や超隙間で英語もやってますよー。今週は、5時間以上を毎日確保するのは無理だけど、自分にノルマを課しているものに優先順位をつけて全然やれないということはないです。最近復活させたノルマが一つ、新しく増やしたノルマが一つ。ちょっと大変だけど頑張っています。ブログもよく書いてますしね。

大事なことを一つ、優先順位をつけるってのがポイントです。

ボキャビルができなければ、次の日にボキャビルをやって、違う取り組み、例えば英文の音読をやめて、一日おきにどちらかをするとかね。バランスをとって、やっています。

実際に何時間取り組めているのかはざっとしかわかりません。4時間から6時間の間だと思います。ちょっと前までは手帳に簡単に記録していたんですが、さすがに書く時間さえなくなってきました

それでも続けられるのは、

習慣化されているからだと思います。

この時間にNHK聞いて、子供を駅に送るときはSkyNews聞いて、夕ご飯時にはBBC聞いて、台所立ってる時にはaudible聞いて。audibleは話にはまってしまうと、台所に立つのが全く苦じゃなくなって、一石二鳥です。以前は「ああ、食べた後の洗い物っていやなんだよねえ」と思っていたんですが、audibleを聞く時間が増えると思うと苦じゃなくなりました。お弁当も夜下ごしらえしてるので、結構時間が確保できたりします。


ノルマと習慣化。それを生活に入れ込んでいく。洗濯を干すのと、英語を聞くのも同じ目線で同時にやる。

家事と同じで、英語の取り組みもアクションの数を減らすとよいです。すぐに取り組めるようにシステムを作っておく。ソファの横に音読する本と、タイマーが置いてあるとかね。

ノルマと習慣化どす。

こんなやりかたでは、英語の力が急激には伸びないかもしれないし、テストに特化もできないので、結果も出せないといわれるかもしれませんが、

英語で楽しんでる自分がいるのも事実です。苦じゃなくやるというところがいいんじゃないかなあと自分では思っています。

習慣化できてますか?歯磨きと同じ目線で毎日同じことやってみてくださいね。

ちょこっとだけ書こうと思ったら、結構書いてしまった。あはは。

私もなんとかやってます。一緒に頑張りましょうね!

読んでいただきありがとうございました。


お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

今週のエンタメウィークエンド 2015・5・10

今日は2れんちゃんで、連続UP。暴走中~。わはは。ついてきてますか?いや、勝手にUP してるだけですがね。

週末はエンタメウィークエンドといったので、今週もがんばってなんとか1本見ました。ドラマは金曜の夜に見ました。なるべくこれをルーティーンにしたい私です。でも、やっぱりこれでせい一杯ですねえ。やること多いのもまあありがたいです。

昨日から2回に分けてやっと見た映画。見たくて、アマゾンでインスタントビデオないか見に行ったらなかったので、レンタルDVD借りにわざわざ行ったのだ。

これが監督最後の作品になるって聞いて無性に見たくなりました。引退されるそうです。大好きだと思う映画はたいていこの人の映画だったんですよねえ。


 「フォーウェディング」や「ラブ・アクチュアリー」「ブリジット・ジョーンズの日記」 「ノッティングヒルの恋人」などの脚本を手掛けてる人だったんです。

群像劇っぽかったり、脇役がやたらに光っていたり、個性的だったり、と思ったら、この人です。この映画の生活に入り込んで自分もその一人になりたい気分にさせてくれる、ありそうな、温かい世界を展開していくれます。好きだなあ。この雰囲気。ビル・ナイの自然な感じの演技を堪能しました。

それにセッティングも楽しめるのがこの人の映画。家や街の雰囲気づくりもうまい。家の中のちょっと雑多な感じもほんとにありそうで、イギリスに行きたくなること請け合いです。普通の街角や、コーンウォールの浜辺。いいなあ。音楽ばっちりなんですよねえ。アットホームでほんとうにハートウォーミングになります。細かいところまで楽しい。最後にベンチで脇役の男の人が読んでるPBが「Trash」というところまでクスッとなりました。(監督が脚本を手がけた去年の作品です)

ああ、もうこの感じを味わえないのかあ。残念です。

人生はプレシャスなものなんだというメッセージを受け取りましたよ。監督。

上にあげたいくつかの映画がお好きなら、これも超お勧めです。

ああ、映画っていいですねえ。

英語の勉強も大事だけど、最近こうやって映画を細切れでも見れるのがうれしくて、うれしくて。なんで今まで我慢できたんだろうか。私も試験に翻弄されてたわけですねえ。でもそれもためにはなりました。いいとこどりしなくっちゃあね。

これも字幕なしで頑張りました。と言ってもこれも一回だけ英語字幕にして確認しました。聞き取った意味があってて安心しました。なんとかこの年齢でもリスニングがんばってマス。

それから、追記しとこう。週末はエンタメと銘打ってニュースよりもaudibleを優先。今聞いてるのが止まらないンデス。今聞いてるのはコレ。
30時間34時間、1000ページ近くの720ページの大作ですが、すでに半分ぐらいまで聞いてしまいました。何時間でも聞いときたい。これは3部作の2巻です。もっとはやくに手をつければよかったぐらい。audibleが出てたので、飛びつきました。このところaudibleのクレジットが残し少なくなってきたので、年間クレジットが買えるようになるまでは、大作で長く聞く作戦と思って聞き始めたものの、

またまた、止まらない・・・。エドワリアンなので、時代は違えど、ロンドンのホワイトチャペルはこの間聞いた話と同じ舞台なので、なかなか面白いです。


どんどこ趣味の世界が展開されております。すみません。

読んでいただきありがとうございました。明日の弁当の準備しなくちゃあ。

来週からまた1週間頑張りましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。 
記事検索
ギャラリー
  • もどかしさを通過しよう
  • 自分しかできないことをちょっとだけ無理してみる
  • 「美女と野獣」観てきました。
  • 「美女と野獣」観てきました。
  • 英語を好きになってほしい
  • 英語を好きになってほしい
2017年の洋書本棚
2016年の洋書本棚 50冊
2015年の洋書本棚 60冊
2014年の洋書本棚 35冊
2013年の洋書本棚 50冊
2012年の洋書本棚 95冊
2011年の洋書本棚 50冊
2010までの洋書本棚 34冊
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
  • ライブドアブログ