2016年01月

たかが音読、されど音読

今日もお越しいただきありがとうございます。ガクガクブルブル。いつも拍手やコメントありがとうございます。嬉しいです。

今日のお題は音読です。最近やたらによく聞きます。ブームなんですか?→ブームに疎い。

こんなこと思ったことありませんか?

「音読は声をだしているだけで、頭に入っていない」

わかります。このブログにも「音読はザル」という検索ワードや「音読は無駄」というようなのでたどり着いた方もいらっしゃるようです。

やり方を間違えると、時間の無駄になるのも事実です。

ずっと折に触れて書き続けている、「自分が言えそうな英語」というキーワード。これ、すごく大事なんです。

模範解答を読んではっきりと意味が瞬時に入ってこなかったり、自分で言い換えが言えそうにない表現。その類は実際に自分が英語を発するときには出てこないのは、実際に今練習している人ならうなずけると思います。

模範解答でも、自分のエッセイでも、最終的には一字一句を暗記して言えるのではなく、文中の言葉を入れ替えた状態でも出てくることが肝要です。

それが、「こういうことが言いたい」と頭に浮かんだとたん、日本をなるべく介さずに英語を出す練習になっているからです。

ですので、スピーチの練習は、音読をする場合には、頭を「素通り」しない状態にどれだけ近づけるかが鍵じゃないかと思います。

そのためには、ただ素読するだけでなく、シャドウイングに始まり、いろんなやり方で読むといいと思います。

私は自分のエッセイを秋に受けた英検では、200回、実際にはその前の年にもやって、そのスピーチはその時のリサイクルだったので、トータルで1つにつき360回読んでることになります。でもそれがすらすら出てくることはありません。あ、おばちゃんなのでなおさらです(笑)

ましてや自分の英文でない模範解答を自分の口からついて出るようにするにはもっと大変じゃないかなあと想像できます。

型を作る感覚でやったほうが気が楽になるとやっていて思います。

思うのは、覚えたものがでているという感覚より、瞬時にその時に思ったことが英語で言える、それは毎日口にしているもののどこからかをほんの少しずつ借用しているのだろうけど、その意識なしに言っているといったほうがただしいかもしれません。いいたいことが日本語になるかならないかの前にすっと出てくる。言いたいことが日本語になってから英語というのもあります。

あんまり普段英語で会話しなくなった私ですが、先日職場で、ネイティブスピーカーの先生とあーでもない、こーでもないとけっこう話す機会があった時にその感覚を確認しました。

前回2次の練習をやった時にも書いたのですが、普段の大量の音読は、自分の脳みそを英語の語順で言う矯正をしているのではと感じています。

それとこの間も2次を受ける方に直接申し上げたこともあるんですが、大事なこと。

「即興」の練習です。

前回は音読から徐々にお題を見て、即興で練習にシフトしていきました。頭に浮かんだことを瞬時に英語にする練習です。同じお題で何度でも納得の行くまでというのもありました。そうしたら、まとまりがかなり出てきます。

それから、思うのは、英語がとっさに出てこないのは、短文や語句の塊が頭にストックされている量が少ないと起こるのではないかと思います。

それは、普段から妄想英会話でもなんでもいいので、言いたいことを英語にしてみたり、英語が使える環境なら英語を使い続ける練習もすごく効くと思います。2次のインタラクティブの部分はまさにそこを見ているんですよね。

相手の質問に答えられる会話能力。意見に信憑性があるかどうかではなく、英会話能力を見ているのです。

もう何度も書いていると思いますが、何も音読だけが方法ではありません。実際にやってみると、試行錯誤の上に、自分のやりやすい方法が見えてくるはず。

英会話レッスンなどで培える部分も大きいと思います。

はっきり言えるのは、近道はないということです。

どうか自分を信じてとことん悔いのないように過ごしてくださいネ。

一緒に頑張りましょう。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

2015年度第3回英検1級受けてきました

今日もお越しいただきありがとうございます。ガクガクブルブル。寒いとだめです。機能が停止中。ほんとに冬眠したいです(涙)

で、ブログも更新がなかなかできない。あ、忙しかったのもあります。すみません。

忙しいのはタイトルにもあるように英検をまた受けただけじゃなかったので、ブログまで行き着きませんでした。あ、今回は親子で英検受験したんです。だからある意味ダブル受験?なんとか二人そろって1次を通過したいものです。

冬は特にダメです。ガクガクブルブル。セーターはユニクロのカシミヤ(なかなかお値段以上の働きをしてくれますよね)をとっかえひっかえ着て(へたするとカシミヤセーター2枚もあり)カイロ貼って相変わらず仕事に出ておりました。

「冬休みがあるし、お休みもまたけっこうあるから前回より勉強できるからガンバロウ」と今回も申し込みました。秋から連続して受けることを決めていました。(春は仕事が入れ替わるので未定)今の実力を少しでも上げようと思うとこの方法しか今の私には残っていません。8500円であとは自力でなんとか頑張れる。合否があるので他のテストより効果が高いです。環境を変えようと思って必死で頑張っています。春までに自分の力をもう少し底上げしないといけないと思っています。

しかし、ご存じのように断捨離騒ぎで、実際に過去問を手にしたのは3週間どころか、それを切っていました。実質2週間ぐらい。不器用なのでなかなかやりたいことがこなせてないです。

前回の合格後、語彙が弱くなっていると感じたので、ボキャビルを英検にシフトしたりしたんですが、

やっぱり過去問が大事だと今回さらに痛感しました。

今回は前回ほど過去問を解く時間がなくて、いちばん手つかずになってしまったのが読解問題です。

試験前約2週間ほどで、

語彙は短時間でできるので過去問(隔年でね)2冊分、6年分を2巡。12回。

リスニングは1冊、3年分。回数で言うと6回分を1回ずつ解きました。

読解問題はまともにできたのは2回分ぐらい。3つ目で時間切れでした。

それが如実に出ました。

読解問題でこけました。あまりに低い正答率です(涙)

語彙は全問正解だと思ったんですが、惜しくも1問落としました。悩んで書き直したのがアウトになってしまった(涙)点数につながったのは、カンも戻ったのもあるだろうし、ラッキーだったのもあると思っています。前回から引き続き、コツコツやった甲斐がありました。

リスニングは前回と同じような感じですが、1点あがりました。要するに2点問題を落とさなかったのがこれまたラッキーでした。自分でやった時にはほんとに全然点が出なくて、すごく焦っていました。今回も試験で先読みをすごくたくさんやったので、やっぱり前回に書いたように、

「テストのリスニング力はリーディング能力も必要」

ということをさらに強く感じました。私は普段はぼおっと英語を聴いているので(ええ加減ですみません。普段はイメージで聞いていると思います)聞き方がやっぱり違うような気もしました。

作文はおそらく多くの方が書かれたのと真逆を書いたと思います。「石油燃料は次世代のエネルギーになりうる」の立場で書きました。見直しがあまりできなかったのでちょっと心配。bodyが浅いと自分で思っています。ライティングはほんとはもっと力を入れるべきところなのはわかってはいるんですが、全く書かずに本番に突入でした。音読のみ。机に座ってやる作業は過去問で精いっぱい。ながらです。

今回は前回より難易度が少しだけ上がったようなことをききました。合格点が2,3点下がるかもと。そうなると私の点数は前回と同じような立ち位置です。あ、読解の出来の悪さを考えるとかなり凹みますが。これではまだまだ安定したと自分では全く思えません。全問正解できたのはやっぱりイギリスネタでした。あはは。

もし2次試験に進むことができたら、レッスンに頼らずに(頼れずにが正しい(笑))今回はやっているので、自力でがんばらないといけません。それに前回の点数を上回れるとは到底思えない。

でもそれを目指さないと、自分の壁は超えられません。英検の点数にこだわってるわけではないんですが、合否がかかるのは自分にプレッシャーをかけれるので、次につなげられます。

この記事を書くのはすごく悩みました。「受かって当たり前」と思われていると思うので。でも本人はそう思っていません。毎回必死のパッチで勉強し続けています。今回も短い準備期間でも、忙しくても歯を食いしばってがんばりました。

英語を教える立場としては、まだまだ未熟なところがあると思っています。だから頑張り続けています。

正直、テストが好きで受けているわけではないのでかなりつらいです。英語教えていなかったら、趣味に走り続けていると思います。英語読書三昧したり、映画見たりしていたいなあと思いながら。

ブログも以前のように知り合いしか来ないブログではなくなってきているので、上がったと思ったら、一瞬で奈落の底に落ちる点数を載せる勇気もなくなりました。季節になるとすごい数の方がいらっしゃるので、びっくりしています。

迷いがたくさん。落ち込みもたくさん。

そんな中、コメントくださった方がいらっしゃいました。うれしかったです。

その方のためにも、がんばって苦しんでいる方々に、こんな私のブログでよければ、少しでもお力添えできたらと思い、書くことにしました。

またメッセージいただけたら嬉しいです。お友達申請で見つからなければまたおっしゃってくださいね。

一緒に頑張りましょう。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

Podcastでリスニング癖をつけよう

今日もお越しいただきありがとうございます。ガクガクぶるぶる。愛犬抱いて湯たんぽ代わりにしている私です。(抱っこ癖がすでについている)

仕事に出掛けるようになって寒さが身に染みるので、ついに靴下の重ね履きを始めました。ウール混の5本指ハイソックスを履いて、その上に160デニールの裏起毛タイツを履いて、おなかにカイロをはるという暴挙にでました。おばちゃんなのでお許しを。

それでも最初の週だったからか、体がついてこない状態でした。

「電気代が」と言っていた若い頃が懐かしい。 家では家族に「うちあったかすぎるんちがう?」と言われております。
我が家は大規模な断捨離を冬休みにしたんですが、それで日の目を見た暖房機。結婚した当時に買ったものなんですが、これ、
これなかなかいいんです。でも電気代が結構かかる。しかし、このところの私はそんなこと言ってる場合じゃない寒がりになってしまったので、使い始めました。デザインも好き。

あったかいのでベッドルームで勉強するときに使い始めたとたん、

急に昇天されました。家が暖かいので使う出番がなくて何年もしまってあったんですが、最後にちょっとでも使えてよかったです。 え?大丈夫まだ似たような暖房機があるんですわ(笑)→暖房機マニア。

またなんか主婦っぽく始めてしまいましたね(汗)

今日はリスニングについてちょっと書いてみます。

私はテストのリスニングはあんまり得意と思っていないんですが、得意でないなりに、聴くのは好きです。

そんな私のリスニング方法でよければ参考にしてくださいネ。

聞く時間ですが、だいたい毎日ニュースに2時間前後、audibleを1時間から2時間(日によって違うへたすると3時間ぐらいの時も(笑))、音読の音源も入れるなら日に平均1時間半ぐらいを足して一日3時間から5時間ぐらい?時間があればこれに映画とが加わります。(でも、なかなか行き着かないのが実情です。じっと1時間以上も座る時間が確保できないから(涙))隙間、ながらが多いので日によって少しずつ変化はあります。週末は映画見るとかね。

量さえ確保すればいいってもんでもないと思いますよ。→自分に言っている。短い時間でも「ちゃんと聴けてる」ことも大事ですからね。

私がリスニングの主軸に今置いているのはpodcastのニュース番組です。

これは以前にも書きました。

聞き始めたのは2年ぐらい前からだと思います。もっとかなあ。ことの起こりはよく覚えていないんですが、podcastで思い出すのはこれ。
この作品で主人公がpodcastを聴くのを習慣にしていた記述があって、(実際にはaudibleで聴いたので耳にしていて)

主人公ドンが毎日同じ番組を1回聴くように、最初はBBCのGlobal Newsを2本ほどを私の場合は2回とか繰り返し聞いていました。前にも書きましたが、理解できない割合を繰り返しで減らす作業だと思ってやっています。

そのうちに徐々に番組を増やしたり、変えたり。

今はイギリスのニュースだけではなくて、スタプラのお友達を見習って日本のNHKの英語ニュースに始まり、アメリカ、最近はこれまたスタプラのお友達を見習って、カナダのワールドニュースも付け加えました。(スタプラは一方通行じゃないのはいいですよね)

番組の長さはそれぞれ1分から30分ぐらい。最長でも30分ぐらいのものを選んでいます。すべて学習用のものではなく、ふつうのニュースです。

おそらく一番簡単だと思われるのはNHKです。日本語でもすぐに確認できますしね。それに背景知識があると理解度が高いのは周知の事実ですね。

自分で一番難しいと思うのがBBCminutesという1分ものです。一回で全部を完璧にわかるのが理想なんですが、なかなか(笑)わかる時はちょっと嬉しかったりします。

長めの番組のインタビューも勉強になります。まるで1級のリスニングの4番を毎日聴いてる気分?(笑)でもテストと違って設問に答えなくていいからいいです。

30分ものを中心に聞いていたんですが、徐々に短めのものを聴くようになりました。なぜなら、2回目を聞きたかったらアクションが起こしやすいし、何かをしながら聞いているのが常なので、その時の取り組みに合わせやすいからです。洗濯物を干しながら30分もかからないですよね。仕事でいうと1クラスの小テスト採点や印刷も30分もかからないとか(先生はうなずいてますよね)

聞き方もいろいろです。家にいるときはスピーカーで聴いたり、イヤホンにしたり。外ではイヤホン。

実はスピーカーで聴くと、案外簡単なニュースも入りにくいことに気が付きました。イヤホンだと集中できます。だからスピーカーで聴くときはituneの機能で「繰り返し1回」にして何度もながしたりします。これは我が家では許されます。なぜなら夫も聞くし、子供もほんのちょっとですが、知ってる言葉を拾ったりしているので、少しは英語を聴くことに慣れがあるかもと期待しながらです。実際は謎(笑)それであーでもない、こーでもないと話が始まることも。

それから、毎日聴く番組はほぼ固定です。あちら側の都合で土日や月曜日がない場合もありますが、そこはaudibleを多めにしたりしています。

聞く番組を決めておくといいことがあります。

購読している番組を全部聞こうとするので、ある一定量の(大量の)リスニング時間が確保されます。忙しい時は工夫したりしてなんとか聞こうとする自分がいます。毎日ipodに入ってくるものを消化しないと残っていくので、それも相乗効果です。ituneが重くなってPCの調子が悪くならないようにしないとね。ituneはかなり重いらしいです。

それと、「podcastが終わったらaudibleを聴くのだ!」とお楽しみをおいてあるので、それも聞く習慣につながりました。学習効果が高いのはやはりニュースなので。私の読書の位置づけは「趣味」です。学習の域じゃなくなってきています。で、それを楽しみに英語を続けているようなものかも。

ほんのちょっとしたこういう癖をつけると習慣になります。

毎日同じことをする、歯を磨く、洗濯や食器を洗うのと同じ目線です。毎日襲ってくる奴らをその日、その時にやっつけないとダメなわけです。

あと、レベルですが、やはり「聞いてある程度はわかる」というのが大事だと思います。もしニュースを聞いて「全然わからない」としんどくなるようだったら、

ニュース以外にもpodcastはあります。学習者用に少し易しく構成されたものを選べばいいと思います。長すぎて今はもう聴いてないんですが、”Luke's English podcast"などは普通は一人の人が話し続けるのでかなり聞きやすいと思いました。一人語りは客観性が失われる場合も多いので、そういう場合はいろんな人の「一人語り」をきけばいいと思います。それに比べてニュースは客観性に関しては意識も高いと思いますが、それでも違う番組を聴いて私はバランスをとっています。同じニュースを違う番組で聴くのもなかなか面白いです。番組によってトップニュースが若干違うのも興味深い。

podcastのニュースはテレビで放映されたものを使っている場合もあるので、映像がある場合もあります。同じものをサイトでチェックできるときもあります。ということは、映像ありのものを映像なしで理解しないといけないので負荷がかかっている状態。リスニングが鍛えられます。

私は聞いたことないんですが、バイリンガルニュースや、Student Newsなどの番組は易しめだと思います。あ、この間VOAを聴いてみたんですが、なぜかわかりにくかった(汗)相性もありますから、まずはituneで試し聞きしてみるといいと思います。

たまーにですが、家にじっといるときにはたまにラジオを流しっぱなしにすることもあるんですが、私の場合は気がそがれやすいし、一つの番組を「聴く」気持ちで聴いたほうが情報が入りやすいことに気が付きました。例えば「いまの誰?」「何人被害者が出たって?」と思ったら、すぐに戻れるし、短い番組を2回目に聴く時にその部分に注意して聞いたりします。そういう意味ではかなり効果の高いやり方かなとも思いました。

でも、podcastじゃないとだめってことじゃないです。英語のテキストについている1枚のCDを繰り返し聴くこともすごくいいことだとここに書いときます。実際私は1冊を毎日読みこんだり、1冊の一つの英文を一日に数十回、聴いて、シャドウイングして、同時読みして、音読してということも並行してやっています。いわゆるこのブログで示すところの、「音読」が基本で、まずは音読ありきです。その上にpodcastが位置していると思っています。

音読生活者なので、podcastも余力があればもちろんシャドウイングする時もあります。それから、それを倍速で聴くこともします。いろいろ。

何が大事か。(これ最近生徒に「先生の常套句になってる」と指摘されました(汗))

継続して、それを習慣にして、そこから何かを「知る」ことが大事じゃないかなと思っています。テストに直結はしないかもしれないけど、自分では英語学習をするうえでコアなところだと思っています。

上でも書きましたが、人によって聞くことに割ける時間はそれぞれ。個人のペースで毎日継続できることが大事だと思います。意気込んでその時だけではなく、たとえ10分でも毎日継続することが力になっていくと思います。

付け焼刃では語学は習得できませんからね。

ということで、リスニングについて思うところを書いてみました。昨日更新予定だったんですが無理でした(汗)来週は時間があるような、忙しいようななので、なんとか寒さとともに乗り切りたいです。

少しでも参考になりますように。このブログに来られた方の中で「ご利益ブログ」という検索ワードを見つけたんですが。これもどなたかのご利益になってればいいです。

読んでいただきありがとうございました。

また一緒にがんばりましょうね。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

できるときにできることを

今日もお越しいただきありがとうございます。いよいよ遅まきの新学期です。

この引きこもり状態からどうやって社会復帰しようか悩み中。

性分なのか、暇な状態がない・・・。何もしていない時は寝てるときだけといういつものお休みとなりました。まだ整理途中なのですっきりしていないんですが、発進しないといけません。

英語してなかったら断捨離してましたね。

やりたいことが山ほどあって、でもどんくさいので全部はできない。

今日も夫が自分が添削している教材の問題を見せて「これちょっと解いてみ」と言われて京大の問題を解かされました。

もちろん完璧にできまへん(涙)これからその問題集を解いてついでに添削してもらう予定です。いつになるかは未定(汗)

もうね、ほんとにやることいっぱいで、ちょっと気を許すとできなくなる自分がいます。

自分としては「英語を実際に使えて、かつ教えることのできる非常勤講師」でありたいと思っています。

でも、実際にそんな先生の方が少ないんです。 片方ができる人はごまんといますがね。我が家は生英語は私の方が強いですが、超難解な英文解釈は普段からずっと高3生を教えているので夫のほうが強い。例えばペラペラ話せても、難しい入試問題を解けなかったり、難しい入試問題を指導できても話せなかったりとかね。入試問題、英語の資格試験もそれぞれ特化しないと極められませんしね。

ホントは映画見たり、本読んだり、聴いたりしたいんですが、仕方ない。

でもだからこそできるのかも。仕事として求められるから。

読めて、聴けて、話せて、書けて、そして教えることのできる自分。

まだまだその道のりは長いと自分で思います。

今日も用事が多くてなかなか机に向かえませんでした。もっと集中できる時間があればと思わない日はありません。それでも与えられた機会を最大限に利用するしかありません。

めげてなんていられません。だから、いつもならaudibleを聴く時間に充てているアイロンの時間を長文のシャドウイングタイムに変えたりして工夫します。机に座って一つのことができなくても、ながらでもやらないよりはまし。それでこれまでも頑張ってきました。料理を作りながら、お弁当を作りながら、洗濯物を干しながら。ブツブツするだけでも小さな積み重ねです。

そうやって頑張ってやっていると、夫が「何かおかず一品買ってこようか?」と言ってくれたりする。だから自分ばかりを優先しないで家族のために頑張ることやめない。

明日からさらに隙間になっても、頑張ります。その頑張りは今までも生かされてきました。そしてこの先もきっと生きてくるはず。

できるときにできることを。

また一緒に頑張りましょうね。なんかつぶやきでした。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。 

リハビリ状態

今日もお越しいただきありがとうございます。がくがくブルブル。暖冬なので、この言葉が出るのがこの冬は遅めですが、今日は思わずスキー用の靴下(断捨離で見つけた)を履いてみました。とほほ。家ではフットヒーターが離せなくなってきました。埃が気になりますが、平らなものよりも足がフィットしていいような気がします。自動切りタイマーがあるので、便利。すぐ忘れるんですよねえ。最近ガスの火を消すのを忘れてよく怒られます。

来週から本格的に授業が始まるので、教材の準備をしにいったりと、気持ちが徐々に引き締まりつつある今日この頃です。今年はちょっとは前向きに採用試験とかを受けてみようという気もあるので(受けさせてもらえるかは不明)、焦ってきて、ちょっと勉強にシフトしたものの、

全然できない自分に出会って凹みます(涙)

冬休みは普段できないことに取り組もうと思っていたんです。文法書を1冊仕上げるとかね。それにドラマとか、目読書とか。しかし、実際には英語以外のことに取り組んじゃいました。

あ、実際には全くやってないわけではないですよ。podcastやaudibleは毎日何時間もききながらの断捨離でした。スタディプラスに記録するときはよほど疲れてなければ英語で書くようにしているので、だいたい、100~300語ぐらいは下手なりに英文でつぶやいています。付き合ってくださるお友達にも感謝!

机に座れないだけ。ほんとは年末に目読書を1冊読みかけて半分ぐらいまでがんばったんですが、年越し状態です。今読んでるのはタダでももらったこれ。
オーストラリアが舞台です。ホントは新作を読みたかったけど、kindleでも2000円を超えるのはなかなか手が出ないとブツブツ言ってたら、夫がたまった本屋さんのポイントでこれをゲットしてくれました。
次は紙ベースでこれを読みます。これはゲーム・オブ・スローンズのデナちゃん役で一躍超人気になった女優さんが主演で映画がもうすぐ封切られる予定の、原作が大ヒットした”Me Before You"の続編。やっぱりケーキよりうれしいぞ。夫、いつもありがとう。

しかしなかなか時間がとれません(涙)ランチ時や寝る前になんとか取れたらいいほう。一日1時間とか読めたらなあ。今は30分ベースです。

やることがたくさんなのはある意味感謝すべきだとは思うのですが、

あっちをたてるとこっちがたたず状態な私です。

英語もささやかですが、いただいたボーナスで1月ぐらいから特化してオンラインレッスンでもと意気込んでいたんですが、

家のガス給湯器が寿命になってきて、ついでにボロボロのガスコンロも交換することになりました。痛いですねえ。

主婦はつらい。レッスン代どころではない状態になってしまいました。またがんばって働かなくちゃ。

仕方ないので、贅沢はおいといて、

独学でやるしかないです。

もっと大変な状態でがんばってらっしゃる方もいるから、それを見習っていきたいと思います。みなさんいろんなことを兼ねながら頑張るのはそれぞれ同じ。

私もなんとか踏ん張ります。

まがりなりにも主婦で(汗)、50歳を超えていてなかなか大変ですが、

家族も、家の家事も、仕事も、そして英語もどれも中途半端でも、どれも大事。そのどれもあきらめたくない思いで頑張っています。

いろんなことをやらないといけない状態で、家族が応援してくれているのもほんとにありがたい。勉強できる環境に感謝です。あとは自分の頑張りのみ。

でも断捨離途中でも、たまったモノにありがとう、さようならと別れたことで、家の中に風が吹いたような気もします。

新しい何かがまた、形のない何かが入ってくる予感をもって頑張りたいです。

また、一緒に頑張りましょうね。

おまけ、我が家の冬の風物詩。日向ぼっこ大好き。
KIMG0059 (1)

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

D.I.Y.


今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

今日はまだ完璧に片付いていない我が家の整理、収納を中断しようとおもいます。

いやね、収納をやりだすと、今度は

「入れ物」を考えて、カスタムメイドのものが合わないとDIYで作ってしまうくせがあって(汗)癖って・・・。買えば高いしサイズを合わすのが大変。見た目も重視したい気持ちもあるんですがね。不器用なりに何かを作るのが大好きなのでつい自分で作ってしまいます。恥ずかしいけどちょっとだけ公開。

まずは今回新しく作った「ゴミ箱システム」といっても家にあるものを寄せ集めて作りました。
KIMG0057
あんまりじっと見ちゃあだめですよ。板も再利用だし。(板やネジがごろごろしているあたりがへんな我が家)カウンター下にゴミ箱があるんですが、使いやすいようにゴミ箱を変えて、さらにそれを隠すために寸法を合わせてワゴンを作りました。 下にコロをつけて可動します。間が空いているのはゴミを捨てるため。上の白のカウンターも自分でつけて、さらに上に作り付けのカウンターがあります。今回は板を再利用しているので、ホームセンターでカットしてもらえない分時間がかかりました。自分でのこぎりで切るのが大変。とにかくいかに手間を省いてゴミを入れて、ゴミ出しするかが一番の優先事項で今はこういう形になりました。ゴミ箱に袋を設置するのもぱっと済みます。

以前に作ったゴミカバーは新聞用に変身です。こちら。
KIMG0058
ちらっと新聞が見えますね。上の超細かい引き出しは「フェリシモ」で買い集めたものです。また買い足そう。ほんとは白が欲しいんですが、白がなかなか見つからなくて妥協しています。コンマリさんも書いてましたが、我が家はずっと前から細かいものの住所は決めてました。新聞入れもあまり動かずぱっと入れる動作を考えてここに置いてあります。ズボラが生んだ工夫です(笑)新聞に始まり、ものも近くにいる誰かがとってバトンのように渡すズボラ家族(汗)

まだ整理途中ですが、すきすきになってきた本棚はコチラ、これは以前にスタぷらでも載せました。子供がよく読む本を取りやすい場所においてあげました。
BlogPaint

ファブリックは冬はいつも赤系統なんですが、今回は白黒。ソファに敷いているのも白のもこもこだったんですが、犬が食べるのでしかたなく赤に変えました。とほほ。昔は「エスニックがいいよねえ」とバリっぽいのに凝ったり(本棚の中のアッタの籠が名残。けっこう高かった。家具も茶色がメインだったので床も当時はブラウンを選びました。)もしてたんですが、家具を白にしてからは白黒がメインになってきました。だんだんオープンな家具を避けつつあります。本棚はIKEAですが、量を減らしてそのうち変えたいと思っています。埃がすごいんです。世の中のオープンな家具に囲まれて暮らしているおうちを見ると、「掃除が大変そう」と思ってしまいます。扉があっても埃ってすごいですもんね。

おうちにいれたら、英語じゃなくていろいろやりたいことがいっぱいですが、

現実に戻って英語します(涙)

で、英語ネタじゃないですね(汗)

英語もおうちの整理もですが、やっぱりその人に合わせて初めて生きてくるんじゃないかなと思います。服も買ったものの、着心地が悪くて今回処分したものがたくさんありました。

英語の問題集もやってみたものの、やっぱり合わない。ブックオフに売った本もたくさんありました。

人がやって効果が出たからと言って、自分がやって効率がいいかどうかはわからない。

いったんやってみてやっぱりDIYしながら工夫を凝らして自分の形にしていくことが大事かなとやりながら思いました。やろうと思ったら、アクションが少なくすむ工夫が必要です。それだけでも全然違う。

明日から新学期、私はまだ仕事の準備だけですが、どんどん気持ちが引き締まってきました。断捨離は春休みまでお預けです。

最後にお知らせを一つ。

整理してまた処分しようと思うペーパバックがあるので、ほしい方に差し上げたいと思います。仕事が空いたころにまたお知らせしたいと思います。ほんとは冬休み中にしたかったんですが。どんくさいので遅くなりました。5,6冊あるので、また時間ができたらUPしますね。

ということで、今日も勉強ネタがなくてすみません。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

お正月のエンタメ

今日もお越しいただきありがとうございます。急きょ思い立って書いています。

今だ断捨離中のangelです。まだ冬休み中。コンマリさんは3回聞いたんですが、これ以上きくと、「収納アドバイザー」とかの方向に行ってしまいそうなので、英語に戻るべく聴くのやめました。わはは。今は超ロングなaudible聞いています。1月いっぱいはかかるかもー。しかも難易度もマックスだと思うのでがんばらないとね。

そんなこんなでスタプラすらもなかなかその日のうちに記録ができないほど、日々無印、ニトリ、他のインテリアショップ、100円ショップ、ホームセンターに通う日々です(汗)このあたりはなかなか便利でいろんなインテリアショップがあります。遠いのはIKEAぐらい。フランフランも近くにあります。最近はニトリがかなりIKEA化してるし、日本のおうちに特化してる感もあってなかなか秀逸です。

もともと収納オタクで、カレン・キングストンに始まり、いろいろ読み漁った時期もあります。

でも、もう限界ですね(汗)新学期だ。残りは春休みの宿題にします。ゴミ袋30袋ぐらい使ったかも。

家の中をかたずけながら、お正月はずっと家族と過ごしていました。

今回のメインイベントはこれ。予習に時間がかかりました。子供のために皆で6話見てから映画館に3人で行ってきました。
 
映画館ガラガラヘビでびっくりした。子供曰く「日本語字幕で見る人の方が珍しいと思う」とのこと。そうなのか?じゃあ、なんで日本は政府を上げて英語特化しようとしてるのだ?昔生徒にも「先生ハリーの声ってほんとはこんな声だったんだ」と言われた時も驚愕したんですが、英語を学びたい日本人が増えているはずなのになあ。テストの英語だけじゃあ実際には太刀打ちできないんだけどなあ。

で、肝心の映画ですが、ガラガラなのをいいことに堪能させていただきました。「ああ!ハンソロ!」と何度もつぶやいて子供に怒られた。

終わって夫と拍手喝采したら、子供に怒られた。

きっとこれ読んでる人の中にも「映画館では静かにしましょう」と思っている人もいると思います。以前にコメントで怒られたこともあります。私の場合はそんなに大声ではないですよ。ガラガラだったので、それなりだっただけです。

ちなみにアメリカでご覧になったお友達によると、お決まりのセリフや、お決まりの登場人物が出るたびにみなが大騒ぎだったそうです。わかるなあ。スタンディングオベーションの映画館もあったんじゃないか?私は特に強烈なファンでもなんでもないけど、お決まりのセリフや、これまたお決まりの展開になかなかうなりました。監督さんはこよなくスターウォーズを愛する人だということがよくわかる映画。しかも長さを感じさせないのもうまいですねえ。

この間書いた、ピンクのR2KTを見落としたのだけが残念です。夫は見たらしい。auの一寸法師みたいなものかなあ。

こういうのは大画面じゃなくちゃ。映画館っていいですねえ。

今回映画館で気がついたのですが、夫と二人で映画を見ると割引がある年齢になってました。うーん、喜んでいいのか。子供のお受験でしばらく映画館に行くどころではなかったんですが、映画館もものすごく近くにあるので、(ちょっとしたウォーキングコースで歩けない距離じゃない感じ)大画面でみたら面白そうなものは観に来ようと話してました。その暇ができるかが問題ですが(笑)

とういうことで、なんとか明日からもっと英語にシフトしたいと思っています。I hope.

読んでいただきありがとうございました。

明日も頑張りましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

2016年の抱負

新年あけましておめでとうございます。2016年です。

こちらはおだかやな晴天で、親子で夫の実家におせちを食べに行っておいしくたのしく過ごしてから、近所の神社にお参りに行ってきました。のどかな元旦に感謝です。そのあとはまた、

断捨離中です(笑)随分、自分の勉強スペースが出来上がってきました。ペースは乱れておりますが(汗)

今日は夫の両親と一緒に都会に出て夕食の予定だったんですが、お姑さんが大掃除の疲れがでていたので、予定を変更して家族3人で近所にできた超大型ショッピングモールにあるレストランのビュッフェを食べに行ってきました。ビュッフェのいいところはめいめいに好きなものを食べれるので、普段食べれないエスニック料理を中心に堪能してきました。あ、もちろん収納用品やインテリアショップもチェック。ボロボロになっても使っていたキッチンのリネンやコットンのキッチンタオルが買えました。NZの友人にもらったので大事に使っていたんですが、さすがに破れて穴だらけなので新調しました。なかなかないんですよね。大判のやつ。リトアニア製とチェコ製のもの2枚を買いました。ちょっとうれしい。

さて、毎年新年の誓いというのはあんまりはっきり立てていないんですが、今年はぼんやりと思ったことを書いてみようと思います。ほんとは元日に書きたかったんですが、いろいろとやってるとだめですねえ。家族サービスもあるしなあ。家事もないわけじゃないし。日付が変わってしまいました。

今年は相も変わらず英語漬けなのは変わらないと思うのですが、変化をつけたいと思っています。

いままで中学生、高校生を主に教えてきた私ですが、その上の年齢の人にも英語を教えれたらいいなと思っています。ほんとはもっと前にそれを実行しようと思って学位を取ろうと思ったんですが、いろんな面で無理になったので、今の状態で挑戦してみようかなと少し前向きになりました。

年末に履歴書を出して応募中です。連絡あるかなあ。大きい学校なので採用試験ぐらいは受けさせてほしいです。

去年の1月ぐらいに大人の人対象の講師に応募したことがあるんですが、返事すらもらえずかなり落ち込みました。でも、その学校は聞いたこともないところなので、それもしかたなかったかも。年齢も行き過ぎなのもあるかもしれないけど、その落ち込みをぐいっとはねつけての挑戦です。前回は1級2回合格しての応募でした。今回は3回合格。それでもだめなら仕方ない。ガンバルのみです。実はあんまり回数は関係ないような気もします。それより年齢が大きいかも。

今の現状を打破しようとがんばるんですが、そうやってはねられること何回も。おととしも有名な学校から不採用をもらったこともありました。あの時は年齢がはっきりした原因のようでした。大学院出てないのも大きい。

そうやって落ち込んでは勉強する日々を何年も過ごしてきました。今年もそうかもしれないけど、

またやってみます。少しずつですが自分なりに前に進んでいこうと思います。

私が大人になってから教師を目指したきっかけは、職場で後輩に仕事を教える機会があったからということは大昔に書いたことがあります。何かを教えることが楽しいと思った自分。その初心に戻って、

今までの経験と新たな経験を積んでいい英語の先生を目指したいと思っています。

それが今年の抱負です。

子供のことを考えると、自分にお金をかけることはなかなかできないので、学歴はこれ以上は無理かもしれないけど、英語の実力はもっともっと上げれます。まだ先があるし、まだまだ足りない。まだまだ道は続きます。

だから、もっと勉強しないとね。ガンバリマス。

読んでいただきありがとうございました。

また今年もよろしくお願いします。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

自己研鑽の継続 今年もお世話になりました

今日もお越しいただきありがとうございます。

今年ももうすぐ終わりです。お掃除はおわりましたか?私は3回目のコンマリを聴きながら(笑)ゴミ袋が10袋ぐらいになってます。本は200冊ぐらい手放しました。寝室がまだなので、もっと出ると思います。ブームの前からこの手のことをやっていたので、モノを捨てる癖がついています。それでもすごかった。

でも今年中には終わらないので、また新年落ち着いたらもう少しやりたいと思っています。家族の集うリビングを先にやりました。ほんとは衣類かららしいんですが、私はとにかく勉強ができる体制を作りたかったので、そちらを優先しました。それに整理だけななくて、掃除しながらなのでけっこう一日じゅう働きづめでした。やせたかもー。

びっくりしたのは、収納する場所がないので、新しく収納スペースを作ろうと、収納グッズを買い出しに行こうとおもっていたのに、その必要がなくなったり、片づけているうちに、買おうと思っていたものが出てきたり。

かなりすっきりした状態で、明日から掃除のペースを落として英語をもう少しやりたいと思っています。主婦なので、やっぱりバランスをとらないといけません。最初は「もうその辺にしといたらいいじゃん」と心配していた家族も、すっきりしたおうちに満足みたいです。

さらに家族でほんわかできたらいいなと思っています。

私のこの一年は変化に向かってぐっとこらえる1年じゃなかったかなと思います。

毎年、自分なりに少しずつハードルを上げてやってきました。去年から英語の試験を一つ増やしました。4月からは仕事を少し増やしましたが、それでも去年の英語の量とはさほど変わらないことをやっていると思います。

去年はできなかった、英語読書も今年はきりよく60冊できました。去年は35冊でしたので、がんばりました。

前からいただいていたご質問で、「IELTSで7.0、英検1級合格、TOEIC900以上を取ると、今後の目標設定に困りませんか?このような上級者はどのような方針(目標、指針、戦略)で英語を学習していくのでしょうか。それとも、このぐらいのレベルになると、数値目標がなくても自己研鑽を継続できるのでしょうか。 」というご質問を受けていました。

ブログを始めてから5年ぐらい?毎年過去の自分を超えることを課してきました。試験ばかりじゃないです。本の冊数とかも、仕事とかもです。

数値は厳密にはたてなくて、だいたいの目標をたてるええ加減な私なんですが、 たいていは去年の自分越えを目指している自分に出会います。

自己研鑽の継続はできます。

たまには維持の年もあるでしょう。

でも、何度も書くように、英語を通して知る、考えるということが少しずつ可能になる自分がいる限り、

継続はできると思います。

それと、もう一つ強い動機があります。

私は英語でお金をもらっているので、自分の英語力=仕事力だからというのもあると思います。実際には英検1級が仕事に直結していなくても、見えることと、見えないこと、自分の中の自信につながっていきます。

試験は手段で目的でないことは何度も書きました。武器にすればいいだけ。

それを武器に自分は子供のためにできることをするんだと思えます。

自分だけのためでないというとこも大きいかもしれません。

子供の将来のことを考えたら、 自分の努力は無駄にはならない。大きな大きな動機です。

迷いもないです。

これが、質問のお答えになるかどうかはわかりませんが、一年の最後の思いとともに書いています。

今年もよくがんばりました。

でもこのがんばりは一人でできたものではないです。

家族がいたから、

そして読んでくださるあなたがいたから頑張れました。

読んでくださる方々のことを思い浮かべながら今年最後のブログを終わりたいと思います。

今年も読んでいただきありがとうございました。

来年もまた、一緒に頑張りましょうね!

よいお年をお迎えください。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。
記事検索
ギャラリー
  • Podcastで英語を聴こう
  • ワンパラタスク
  • 夜の英語
  • たかが10分、されど10分
  • 百万語読書 
  • 英語が聞き取れない感覚はいつになったら取れるのか?
2017年の洋書本棚
2016年の洋書本棚 50冊
2015年の洋書本棚 60冊
2014年の洋書本棚 35冊
2013年の洋書本棚 50冊
2012年の洋書本棚 95冊
2011年の洋書本棚 50冊
2010までの洋書本棚 34冊
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
  • ライブドアブログ