2017年02月

洋書を読むときの知らない単語の扱いはどうする?

今日もお越しいただきありがとうございます。ひさびさのはてな?シリーズ。

最近仕事も増えたのもあって、耳で聴くaudibleが中心な私ですが、目で読むことが減るとやっぱりスピードも落ちるので、せめて今年は月に1冊は目で本を読もうと頑張っています。実はaudibleがすごく充実してきた今日この頃、audibleのない本のほうが少なくなってきているので、選ぶのが難しかったりします。

小説は楽しむものでもあると思っているので、語彙にこだわって読むことはあまりない私ですが、

語彙力はあったほうがもちろんいいです。かつてお友達に教えていただいたものですが、仰ってる通り、英文の95%の語、言い換えると5%わからない単語があると、とたんに読解力が落ちるという研究を紹介していただいてここでも書いたことがあります。恐らくですが、大人が読んでいる小説を楽しむにはやっぱり1万語は超えたほうがいいのではないかというのが自分の印象です。

英検1級ぐらいということです。私が洋書読みを本格的に始めたのは1級を受かったあとだったので、語彙に関してはそれが助けてくれたという経験で書かせてもらっています。

前後して1級に受かる前からアンラーン、すなわち多読の方法で「やさたく」の本も読んできたというのも洋書を読むハードルがもともと低くなったと思っています。これは時間のかかるものですが、英語を英語で理解する力を養ってくれる。わからない単語をなんとなくこうなんだと少しずつ理解する。日本語を介在させない直解の力ですが、これは図る定規が少ない。入試や試験ではわかりにくいものの一つかなあと常々思います。これは母国語のとるアプローチなので、その方法だけで力をつけるにはかなりの時間が必要なのは自明の理ですね。

二つの要素

「語彙力がある」「語彙を推測しながら読む」の両輪が洋書を読むのに大きく助けてくれる要素じゃないかなと思います。

あと、本を読むときにいわゆる多読の基本原則を守って「辞書は引かない」でいいのかどうかです。

一度同じようなテーマで書いたときは、「どちらでもいい」でした。実際に紙ベースでペーパーバックを読むときはあまり辞書を引きません。

一方でkindle(電子書籍)で読むときは辞書機能を使います。わからない語や、覚えたけどあやふやになりつつある語の確認のためにも引きます。

ただ、その回数が問題だと思っています。あまりたくさん引かないといけないと中断されるので、読む速度はつかないでしょう。多読の一つの利点は、前からたくさん量を読んで、語一語一語ずつを意識するのではなく、

チャンクで読む癖をつけるというものがあると思います。語彙を調べすぎるとその能力が養われにくいのでは?

スラッシュリーディングはそれのまずは目印みたいなものだと思います。違ってたらすみません。どこかでスラッシュを打つとダメと書いている人がいたけど、自分は教えるときもスラッシュも構文解析もてんこ盛りでやります。ようするに語句の塊、意味の塊を意識させることが大事。それを前から読めるように促すのが目的。日本語訳がないと楽なんですが、そこに和訳がはいるので(入試にまだでてくるので)両方の力をつけてあげようといつも試行錯誤して頑張っている最中な私です。

ということは、やはり前述の、わからない単語が5%以下のものを読むのが一番いいということですよね。読んでいてストレスがあまりかかるのなら、それはその数字を超えているということでね。よくあるんですが、自分がkindleで単語を確認すると、「wikipediaに接続します」という表示が出て結局わからないことがあります。

新しすぎて既存の辞書にのっていない単語ということだと思います。電池を持たすためにwi-fi機能を切って読むのが常なので(読んでるときに電池切れになるのがあまり好きでないので)結局「こんな感じかな」と通り過ぎることも多いです。それで話がわからなくなるということはあまり起こらないので、気にしていないです。それが多いとやっぱり自分にとっては語彙の難しい本という位置づけになると思います。

あと、ご質問であったのが、「これは1級に出そうだと思いながらチェックする」というすごい努力をされていることです。素晴らしい。それでしんどくなると思われないのならそれも一つの方法だと思います。それで語彙力をすごく上げてらっしゃる方だっていらっしゃいますしね。

私は1級語彙と読書の語彙の位置づけが少し違います。というか、そこまで時間と根性がないといったほうがいいかも(笑)ええ加減ですみません。

試験は試験というスタンスです。1級で出てきて、その後本を読んでいて「あ、出てきた」というプロセスです。kindleの辞書機能は調べた単語をすべて記録してくれるのでうまく活用でもできると思います。それを覚えるためのテスト機能もある。自分はほとんど使ったことがないのですが(汗)

文の中で出会って、「こんなコロケーションで使うのか」にとどまっています。出会うたびに「これ見たことあるなあ」からだんだんはっきりする単語もなくはないですが、そこにフォーカスするのではなく、

話そのものにフォーカスして味わうことを優先しています。

それがアンラーン、直解の魅力ではないかと思っています。

時間をかけてやっていると、カンみたいなものも養われるような気もします。たとえば、英検1級の単語も「これだと思う」という解き方でも正答率が高くなっているようです。消去法でも答えを導き出すことも多いですが、このコロケーションという解き方もしています。

それと選択肢を見る前に答えがわかることもあります。それは過去問の力だと思っています。実はある程度試験範囲がある。決まったパターンがあります。案外良心的だと思っています。ああ見えても努力が報われるように意識してくれてる部分も多い。

印象ですが、1問正答率を上げようと思ったら、それに対して500語ぐらいの単語という感覚を持っています。英検は語彙力が9000語ぐらいでも受かると思いますが、1万語、そこからさらに500語、1000語と増えれば増えるほど満点に近くなると思います。なので1万語という数字をあげさせていただきました。

テストはテストとして扱う方がテスト対策としては王道なので、問題解く方が効率がいいと自分は思います。

再度書かせていただくと、単語は辞書を引く時もあれば、引かない、引けない時もあります。聴いている時も確認したい語があれば調べたりもしますし、聞き流すというのもあるのも同じ感じです。いまされている方法、ストーリーもわかるけど、1ページに2語ぐらいの語を調べるというのでも私は大丈夫だと思いますヨ。kindleだとあまり手を止めなくて済むのでよけいにいいと思います。

あんまり参考になってなかったらすみません。

読んでいただきありがとうございました。

また一緒に頑張りましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

ながら化傾向とフーディーニ

今日もお越しいただきありがとうございます。いつも拍手にコメント嬉しいです!お風邪を召されている方もいらっしゃって、良くなって良かったです。コメントを書こうとしてくださる皆さんのツボがそれぞれ違うのがすごく興味深いです。いつもありがとうございます。

講義の授業は終わっていて、あとはほぼ試験だけとなりつつある私なので、気分ももう春休みモードの私です。 映画なあと数本で目標になります。これまた時間を駆使して見ている自分を応援してたりして(笑)そういうのがストレス解消になってる部分もあります。あり余った時間がじゃないのがみそ。

このところ、老体に鞭打って助けようとしてくれる高齢の母の調子が悪くて、バタバタしていました。病院もはしごしてるし、ほんと年を取ると大変だなあと思いました。風邪をこじらせて点滴生活だったんですが、昨日は好物のクリームシチューを作ったら、ちょっと食べれるようになって、ちょっと安心しました。ホワイトソースは牛乳でつくるとほんとにクリーミーにできるので、それが好きなようです。いつも運動がてらうちまでの往復がウォーキングの時間となっていたんですが、今は晩御飯食べた後に帰りは家まで車で送っています。体力がもどるといいのですが。私の仕事が緩めになったころでほんとよかったです。

そして、普段ささいなことでもすごく助けられていたんだなあと身に染みて感謝しながら家事をしている最中です。限られた時間の中で今まで以上に工夫をするのがゲームみたいだと思いながら取り組み中です。洗濯物は前以上に干すのが早くなったぞ(笑)

家に来てさみしがりやの我が家の愛犬と一緒に昼寝してくれるだけでもありがたい今日この頃です。「今が一番幸せ」といってくれるのもすごくうれしい。弱ってきて一日一緒にいると寝ていることの方が多くなってきた母を見ると少しでも長生きして、女手一つで私を育ててくれ、苦労した分穏やかな毎日を過ごしてほしいなあと思います。

そんなこともあって、次年度の仕事はもっと効率よくできないか模索中の私です。幸い、どこでも重宝がられてありがたい。一生懸命やっててよかったなと思います。 

ということで、家のことに目が行くようになってきて、ますます「ながら化」が進んでいます。すなわち耳で英語を聴くという取り組みが以前より増えている。audibleのすすむこと、すすむこと(笑) でも、ipodの電池の減りが激しくて、なかなか大変です。酷使してますしね。

音読もいままでやっていたルーティーンを減らしています。例えば、本を1冊一気に音読していたものを1日に半分にして2日でやるとかね。パス単はこのところ一日1冊よみではなくて、4分割して、出る度A、B,C、熟語と一日ずつにして読んでいるのは書いたかな?そうしています。

今日はご質問をいただいて、それを書こうと思ったのですが、書き始めたら、前置きが長くなったので、タイトルかえてジャーナルだけで完結としました。次回に回します。洋書を読むときの語彙についてのご質問です。Mさん待っててくださいネ。ご参考になることが書けるといいのですが。

おまけ:我が家のフーディーニ犬
KIMG0126
相変わらず好き嫌い王のうちの犬。とにかく食べることに関してはこまります。小さい犬は結構大変。気に入らないと食べないでガリガリになる。トリミングの担当の方に痩せすぎだとか、便秘、水分をもっととらないといけない、尿結石に注意しないととか脅されて、毎日いかに餌と水分をとらすかの戦いです。鰹節はもう食べてくれなくなって、やぎミルクも飽きてしまって、ささみをだしでゆでてえさに混ぜたらちょっと安定してきました。でも飽き性なので、肝とかイワシも作ったら、匂いかいだだけでまたハンストされました。ささ身だととりあえずたべてくれるので、なんとか頑張っています。ハンストには負けないぞ。

それと、この間、ものすごく不思議なことありました。夏にあまりにも暑くてこわかったので、ベッドルームで一緒にねるようになったんですが、(そこからずっと私から離れなくなってきた)布団の上で寝るのが好きなので、冬は寒いと思ってフリースの服をパジャマにして着せています。

でもある朝、起きてみると脱いだ状態で横で寝ている。パジャマは夫と二人で着せたので二人とも着せたことは覚えていました。自分で脱げるような形じゃない。細くて足も長いので脱げないです。

これはあくまで私の推理ですが、ベットと壁の細い隙間にはまって落ちたときに(落ちたかどうかも定かでない)もしかして脱げたのかもと思っています。本人はどうやって脱げたのか語れないので、謎のままです。ちょっとコワい。まるでフーディーニ?

できるときにできることを、限られた時間、人生、時間を間延びさせるかどうかは自分次第ですね。Vanderkam さんもTEDで言ってました。

一緒に頑張りましょう!

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

論理力?

今日もお越しいただきありがとうございます。ばたばたしてるとなかなか更新できませんね。くすん。

いつも拍手にコメントありがとうございます。いろいろ助けてくださる方々、感謝です。

先週、スカイプお話会でお話させた頂いた方々。ありがとうございました。もう少しタイミングを考えて春休みとかにすればよかったかなあとも思ったんですが、ちょっと時間が空いたのでついね。どんくさいのもありますが、忙しいのが当たり前になってしまっていてなんかマヒした状態です(笑)なんとかご質問にいろいろがんばってお答えしたつもりです。少しでもお役に立っていればいいのですが。

その他にも「今回は無理でしたが、お話したかった」と書いてくださる方もいらっしゃって。うれしいです。ありがとうございます。

私もいろんな視点を教えていただいて学びがありました。

先週は生徒に「先生、英検の面接のコツを教えてほしい」とけっこう聞かれました。面接自体はネイティブスピーカーの先生が一手に引き受けてくれていたので、私は指南役。ネイティブスピーカーの先生と話していて二人で面白いことに気が付きました。

私が、「英検って上の級になるとちょっと小難しい社会的なことに対して賛成、反対と自分の意見をはっきりさせて理由を言わないといけないんだけど、普段日本語でもそんな会話しないから辛いんだよね」というと、

「自分たちは小さいころから意見をいわないといけないように教育を受けているから、その感覚はない。話をしているとつねに反論された時のカンターアタックを考えながら話してる自分がいるんだよね。ずっとわかっていたんだけど、日本人の英語はかなり脈絡がないことが多い」この話はいろんなネイティブスピーカーの人からよく聞いてました。「大人の日本人にも突然違うこときかれてびっくりする」と言われたこともあります。ごめんよ。

やっぱ母国語の論理性の問題が影響しているのではないかということに落ち着きました。日本語の世界では、私たちは「考える」「論理を展開する」訓練を母国語で受けていない。小さなころから自分の意見を言う環境があまりなくて、空気読むみたいなあうんの呼吸みたいな文化で育った私たちとは全然ちがうのだなあと思います。

英語で話をしているときに「この人ももしかして怒ってる?」と思っても、あとでケロッとしてる場面に何度も遭遇してきました。自分の意見をはっきりと言わないといけないと思っているだけで、感情に任せていっているわけではない。(のはず(笑))

日本語だと、なんだか情みたいなものが挟まってしまう感覚があります。日本語の考えをそのまま英語に移すと通じないことが多いのですが。そこを埋めないといけないのが辛いですよね。日本人の言っていることは、質問もしにくいのではなかろうかと思いました。意見を言っているようで言っていない言い方ができてしまうから。それと本音と建前が違うことも多い。感情の層が多い感じで、直接本音が言えないともいえるかも。

自分が英語を話しているときによく思うのですが、こんなええ加減な私でも、どうも違う人間がいる感覚がある時があります。英語の方がもっとはっきりものが言える。声の出し方や、音の高低も違うのでよけいです。日本語を話している時に、ネイティブスピーカーに「別人みたいにきこえる」と言われたこともあると書いた覚えもあります。言語で性格が変わるってへんかもしれませんが、言語自体に性質があるような気がします。日本語をそのまま当てはめると通じないというのも一つにはその違いもあると思います。

たとえば「めんどくさい」という言葉(自分の気持ちを表す意味で)は英語では言わないほうがいいとされる言い方なので、一応ないみたいです。概念として持たないほうがよいということだそうです。甘えが許されないといったほうがいいでしょうか。あ、俗語ではあります(笑)映画やドラマ見てるとしょっちゅう出てきます。そういうの覚えると耳につきますねえ。

ということは、普段から論理的に考える癖をつけたほうが英語にはいい影響があるということですね。昔、子供とこういう本をやろうと一生懸命になってた時期もあります。
とっくに気が付いている人も多いってことですね。

伝える力や日本語力もつけたくてやり始めたブログですが、今だ日本語も英語も発展途上だと思っています。

なので、今日も歩き続ける日々です。

あと少しで授業も終わりです。今は試験前の仕上げをしています。生徒の一生懸命にとりくむ真剣なまなざしが好き。

読んでいただきありがとうございました。

いい一日をお過ごしください。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

知識と教養の英検1級?映画編

今日もお越しいただきありがとうございます。急に仕事の帰りの電車で思い立ってからこれ書いています。

いやね、昨日と今日で映画見てたんです。またコマギレで。今週も頑張ったご褒美。目標まであと6本なので、むきになっているところもアル。無理しないほうがいいとも思うんですが、つい。

で、見ていて英検1級の読解問題を思い出したんです。1級の問題だったはず(汗)いやね、もう何年も解き続けてきたし、覚えていないほど(激汗)2010年に、それまで取り揃えて持っていた何年分もの過去問は潔くヤフオクで売ってしまったので、確認しようがないのです。再受験するとはその時は考えてなかったしなあ。いやいただいたなかのCDにはいってるかな?

過去問で読んだ内容だと思うのです。

それはアメリカの歴史の話で、イギリス(追記:どうもオランダのようです!bさんありがとうございました!)とフランスが新大陸(アメリカ)で毛皮(ビーバー)の取り合いをしたお話でした。(追記:2015年2回の問題ですね。Jさんありがとうございました!)そこに現地のネイティブアメリカンがからんで、狩られた動物が激減したという内容のものだったと思います。元ネタはナショジオ(ナショナル ジオグラフィック)ではなかろうかという類の英文でした。

これ見てて「あ!これは」と思いました。映画はこれ。最近の映画ではかなり長い。

 念願のアカデミー主演男優賞をやっとのことでもぎ取ったディカプリオ。いやあ、これに賞あげなかったらみんな怒るで。クマのシーンはほんとに目を背けました。馬のシーンもびっくりでした。それとか「あれ、ほんとに食べてるの?」とかね。

なので、なんでフランス人がいるのかとかいう疑問なしにすっと映画の世界に入っていけました。昔「ラスト・オブ・モヒカン」でもうるうるした自分もいましたし(笑) ディカプリオもすごいと思いましたが、おなじぐらい驚いたのが、「スリムなトム・ハーディー」いやあ、この人も役柄でえらい印象が違います。この間お目にかかったのは「Child44」でした。 ロシア語なまりの英語から一転あれはコックニーですか?あ、アメリカのPhilly accentと呼ばれるものみたいです、もとはイギリスのどこかなはずですね。彼はガラッとアクセントを変えられる俳優さんのようです。Bad accentって評価のもみたけど、面白いと思いました。ついでにビル・ウィズリーじゃないや、ドーナル・グリーンも、ナルニアで出てた少年もでてきてびっくらしましただ。あ、またオタクになってきたので、この辺で止めときますね。

気迫ある演技もですが、その熱ある演技とは対照的に突き放すような、凍てつく自然のとらえ方に痺れました。コマを切り取って絵葉書にしたい。

ああ、映画っていいですねえ。

どなたか覚えてる方いらっしゃいます?これ英検1級でありましたよね?

で、映画見て問題を思い出す割には、正答率はそのころより倍増かといわれると、相変わらずうだつの上がらない満点とれない私ですが、(ついでに言うと、まだましな語彙も満点を取ったことがない(汗)とれても24点という、どんくさい私です。しかも知ってる単語を早とちりで間違えるというポカが多い(激汗))

それよりも思ったのは、

英検は役に立つ。です。やっぱりこうじゃなくちゃねと妙に帰りの電車で一人感心していた私でした。今までも映画のタイトルが語彙問題で出てきたりもしてました。ずいぶん昔だと思うのですが、nick of timeとかは映画見たことないけど、「あ、映画のタイトルだ」と思ってその時は意味がわからなかったこともあります(笑)

受かるためでもあるテストですが、それだけで終わったら本末転倒かも。
私は点数や競争は苦手だけど、こういうところに魅力を感じます。

知識を教養を強要されてる?ような1級問題。世の中で何が起きているか試験問題解いて知ることもありました。

やっぱり、感心したり、ちょっと感動したり、テストも何かの役に立つことが大事かなと思いました。

読んでいただきありがとうございました。

また一緒に頑張りましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

Reset your mindset -兼業ママの英語漬け大作戦-

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

今日は少し暖かくなったのもあったのか、体がずいぶん楽でした。実は体調が悪くなると、午後から夜まで寝っぱなしという日々で、4日連続で晩御飯もお弁当も作れませんでした。でも仕事はなんとかこなさないといけないので、お腹とか、背中とか、腰とか、はては足の裏にもカイロを貼ってなんとかしのいだ私です。ほんとに冬眠中といってもいいかもー。

でも今日はその反動か、温度のせいか体が楽になったので、そういう時はがんばって英語する私です。ご質問いただくものの中で集中しているのが、やっぱり時間術。今日はものすごく移動時間が多かったので、それを追ってみたいと思います。

朝 6:30~7:00過ぎ 子供を起こして用意をしながらpodcastを大音量で聴く。25分ぐらい
  7:30 前後  子供を駅まで送っていく往復でpodcastを聴く。            20分ぐらい
       7:45ぐらいから 短文集を音読。今日はセリフ読み。柔軟体操しながら   20分ぐらい
  ~9:00  出掛ける準備と家事を少ししながらpodcastを聞く。     40分ぐらい  
  ~9:40  通勤時に長文を音声に合わせてシャドウイング        30分
お昼~12:20  お弁当食べながらkindle                  15分ぐらい
午後      授業が終わって雑用しながらpodcastとaudible                       30分ぐらい
  ~17:30  仕事の帰りに 長文をシャドウイング            30分
  ~18:15          audible 今日は子供と待ち合わせ             40分ぐらい
夜       子供の塾の前にレストランで夕食。待ってる間にkindle                5分ぐらい
     (おしゃべりもしますが、子供も本を読んでます。食べるときは読まないですヨ)
  ~20:30           子供の塾を待つ間コーヒー買って車で長文を音読       30分ぐらい
     ~20:50  短文400文を音読 ここもセリフ読み。             20分ぐらい
    ~21:15  kindleで英語読書                        20分ぐらい
        塾に迎えに行って、手続きとかがあって終わったら夜の10時!明日の弁当はないぞ。
 ~23:00  帰宅するまでaudible。歩いて移動の時も聴いているので、新しいのを2時間以上聴いた。

今日はイレギュラーですが、移動が多くてもながらでも英語漬けにはなれているかな?全部で6~7時間。ごらんのとおりほとんどがながらと隙間です。あとネイティブスピーカの先生との授業やおしゃべり、授業で生徒と一緒に英語読んだり、問題解いたり、入れるとほんとに英語一色です(笑)

何もやらないよりはやっていればなんとかぎりぎり英語力はなんとかなってると信じたいです。あ、テストを座って解いたりする時間が普段は確保できないので、テスト力はなかなか維持できないので、そこは許して状態ですが(汗)英語を「使う」という意味ではなんとか頑張っています。

元気な時はこうやってできますが、いつもではないです。

それと、前から気が付いていて、お話させていただいてまた再確認したことなんですが、

ながらだからできることがあるということです。専業主婦や家にいる方、お子さんや家族に時間を割かないといけない場合はかえって時間がとりにくいと思います。リズムがとりにくい。

そこをどうするかは、お話もさせていただいたのですが、

やることをルーティーン化して、やる時間帯、やるものを固定することがいいと思います。

朝洗濯物を干す時間はだいたい決まっていたりしますよね。それと同じ目線で英語をながらでも組み込んでいくといいと思います。洗濯物を干す時間は英語を聴く時間、シャドウイングする時間とかね。そしたら家事もあまり苦でなくなったりもします。私はお料理をする時間はaudibleの時間にあてているので、時間がある時はおやつつくったりする時間を作ってaudibleとセットにしたりもします(笑)あとアイロンの時もですね。

どんな人でも実は時間はありあまっているどころか、全然足りないと思っている。

見方を変えて取り組んでみる。

mindsetと英語では言いますネ。 たしか1級単語ですよね。

Why don't you try to change your mindset?

明日から歯磨きや家事と並行してやってみては?

私もまたガンバリス。いやまた冬眠に入るかもー(笑)

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

ご連絡

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか。

今日は仕事もちょっと押し迫ってきて、やっとおしりに火がついてきたので、勉強もそっちのけで仕事に取り掛かり始めました。もっとはやくにやれよと自分の心の声が言っております(汗)いやたまには映画だって見たいし・・・。予定外の昼寝もしているので、用事が進みませぬ。それに子供がバレンタインでいろいろ準備するので、ちょっと時間とられます。友チョコフィーバーが早く去ってほしいのは私だけではないはずだ。禁止令出してくれー。

ブログの更新の予定はなかったんですが、スカイプお話会に申し込まれて連絡の取れない方がいらっしゃるので、ご連絡を兼ねて書かせていただいています。

月曜日にご希望の方々で、私のほうからスカイプ経由で申請を兼ねて希望時間を伺わせていただいているのですが、お返事をいただいていません。2回申請させていただいたのですが、よければ一度スカイプを立ち上げていただいてよろしいでしょうか?

もうおひと方、あ○○○さん、スカイプ番号を教えていただけるとありがたいです。先着順で時間をとらせていただいています。

それでは、よろしくお願いします。

angel

三昧

今日もお越しいただきありがとうございます。寒いですね。ガクガクブルブル。

今はこちらの私立高校は入試業務で授業がないのですが、なんだかんだと用事が入るので、かえって仕事が規則的にある時の方が英語ができてます。

あと、木曜日からスカイプお話会を開催しています。もともと不器用なので、一日に数人の方にさせていただいていて、その合間に家事したりしています。夜ご希望の方もいらっしゃったので、お弁当作ったら、ちょうど時間でした。スカイプの申請の行き違いや、マイクが突然使えなくなって、再起動したり、通勤前とは知らずに時間を延長してしまって申し訳ないことをしたりとマイナートラブルはあったものの、なんとかお話できてよかったです。楽しかったです!少しでもお役に立ててたらいいのですが。ということで、今はスカイプ三昧。

おひとり有名なブロガーさんが声をかけてくださいました。ご存じの方も多いかもしれません。
リンクはコチラです。↓
ちょっと英検1級受けてくる
英検1級や英語全般のことを客観的に分析して、すばらしい。とても分かりやすくて参考になるので、1級を勉強されている方はとても参考になると思います。私もいつも読ませていただいています。

いろんな方とお話させていただいたりしているこのところですが、それ以外にも他の先生の授業を見れる機会もありました。私の授業も見てもらう予定なんです。切磋琢磨しないとね。

そして、まだまだな自分を発見しています。

まだ教師力も英語力もつけないとなあと思えた今週でした。教えるのに英語力は必須だけど、教師力は違うものだとまた改めて思いました。

とかいいながら、ホントはやること山積みなんですが、不規則なのを言い訳に、それに乗じて何をしているかというと、

合間に映画三昧の日々です。次の日に授業の準備がないのも大きな理由です。普段はそんなに余裕がないです。でも、今年度の目標本数を逆算すると、ちょっと工夫しないと無理。あ、去年から映画部門はアカデミーに合わせて3月ぐらいで切り替えることにしました。去年は40本でした。これが過去ログ。
http://readaloudlife.blog.jp/archives/1054124460.html

見たい本数の数字が頭にこびりつくとどうしてもやってしまうサガなのです。これもGrit力か?いやただの娯楽力(汗)三昧力とでも呼びましょうか。もともと見たい映画が山積みなので、何を見るかにはあまり困らない。困るのは時間がないとどうしても短めのを選ぼうとしてしまうのは本と同じですが(笑)今年度は50本が目標です。

今で42本目。あと8本。
 
映画館はすごく近所にあるので便利。車ですぐなので、レイトショーを利用したりも。でも、映画館に行かない限り、映画を1本続けて最後まで見ることはあまりできないです。ましてやドラマはよほどでないと無理な私です。くすん。

映画もやっぱり得意のコマギレ作戦。

やっぱり30分単位で見ています。実は英語の取り組みもそれに近いことに気が付きました。なんとかやり切りたいです。今日も4回ぐらいに分けて、「これはハリウッド版もののけ姫だ」と思いながら映画見てました。ちょっと前のだけど同じこと思った人もいるかもしれないですね。さて、なんでしょう?

明日も仕事なので、教師力をつけるべくまた頑張ってみます。

読んでいただきありがとうございました。

よい週末をお過ごしください。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

つなげる力

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

最近愛犬が「遊んで遊んで」と抱っこをせがむので、だっこすると、今度は膝の上で立ち上がって、私が話しかけて、舌をペロペロ出して返事をしてくれるという遊びを強要されます。で、キーボードが打てない・・・。しかも最近PCを子供にジャックされりるので、なかなか思うように使えません。学校の宿題でパワポを使わないといけないらしいです。

なので、連絡すべき方々になかなか連絡できなくてすみません。

そうそう、Yさん木曜日でした。すみません!業務連絡ですー。ご応募いただいた方、どうもありがとうございました。お話しできるのが楽しみです。英語じゃなくても全然大丈夫ですからね。あと連絡またすぐにしますね。ちょっとお待ちください。

この間聞き終わったaudibleがあります。英語読書日記に詳しくは書いたんですが、反応がないわりに結構読まれているみたいなんです。

日本語の本はこれです。


ブログはコチラ↓
http://angelbooklog.blog.jp/archives/68853366.html
読書ブログにはダックワースさんのTEDも貼っておきました。

このgrit力、すなわち「やりきる力」というのは成功のカギだということを説いた本です。いくら知能指数が高くても、いくら才能があっても、このgrit力を備えていなければいけない。

で、自分の周りを見てみると、たとえば、レベル別に分かれている生徒の上のクラスはどんなテストをやっても成績がダントツです。これはもともと賢いからそのクラスに入れたのではなく、コツコツとやるべきことをやりきって成績を出しているから上位クラスにいるということなのだと気が付きました。中にはもちろんすごくセンスの高い子もいますが、ほとんどの子は提出物や小テストなどを絶対取りこぼさない子たちです。

ほかの成績の高いクラスでも同じです。それと見事にレベルが上がるほど寝ない。耐える力を持っています。

できるクラスはgirt力が高い。そこから、おもしろいことに気が付きました。数年前にその子たちを持っていた時に、英語の成績があまりよくなかった子がいます。数年後に、その子の名前がトップに躍り出ていることに気が付きました。

そう、その子の努力の結果です。粘り強く取り組むことに気が付いて、コツコツ積み上げたことが花開いた状態。

粘り強く取り組むというのがまずキーワード。

ご存知の方も多いと思いますが、私は今教えている生徒たちのような勉強のできる生徒ではありませんでした。

教師になりたての頃は本当に何も知らなくて、周りの先生にたくさん教えていただきました。その中の一人が今の夫です。

文法も語法もすべて一から、やり直しました。今でもずっとやり直している状態だと思っています。

それをここまで引っ張ってきてくれた力は、やっぱりこの「やり続ける力」grit力だとは思うのですが、

そこから、また考えました。

例えば私は兼業ママです。体力もない。ええ加減なりに家事を最低限でもこなして、弁当こさえて、家で教材作りや予習に追われて、ながらで勉強する。ブログをつい夢中になって書いてしまいます(これが余分?)

どれも中途半端です。

座って勉強できる時間も限られていて、車の中や家事をしながら必死で英語環境を作っています。柔軟体操しながら音読しないと寝落ちしそうになります。集中してメモをとりながら、書いたりしながらできたらもっといいのになあと思いますが、できるときにできることをするしかない。

試験も高得点とれなかったり、知らない文法や単語や語法に出くわしてあたふたしたり。(この間、分裂文という言い方もあるのだと夫に教えられた)

生徒にいい授業を提供したいというのも英語を勉強している理由の一つですが、映画や小説を英語で直でわかりたいという小さなころからの夢もありました。

英語力を上げるのに、試験はいちばん効果が高いです。

でも四六時中試験のことばかりはできない。授業の準備もあるし、家のこともあるし、疲れてしまってめげそうになる。

そんな時、映画や小説の世界が私を救ってくれます。

もちろん試験を極めるにはそれでは効率が悪い。

でも、もし自分が兼業ママをしながら試験だけを受け続ける生活を続けていたら、

何もかも投げ出してしまっていたかも。


メッセージを読ませていただいて、思いました。

「grit力を細い糸でもいい、その気持ちを少しでもつなげる力が必要だ」

私にとっての映画や小説はまさのその「つなげる力」となっているのだと思います。

人によっては、それもできないはず。そんな時、一日5分でもつなげていく。そんな力が必要ではないかと。

このブログには「angelさん、どうやって英検1級までもっていったんですか?」という方も多くきてくださっています。

そして、このブログを読むことで、なんとか気持ちを持ち続けようとしてくださっている方もいる。

涙が出そうです。

このブログがその「つなげる力」になってくれることを願いながら書いています。もちろん伝わってない場合も多い。でも、伝わったら、その気持ちがまた誰かに伝染していけばいい。いい思いが広がればそれでいいと思っています。

なんとか細い細い糸でもつなげていける。これが私たちに必要なものかもなあと思って書きだしてしまいました。なんかまとまりがなくてすみません。

なんとか少しでも先へ、ゆっくりでも先へ歩いて行きましょう。私も頑張っています。

一緒に頑張りましょう。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

ご愛読感謝週間

今日もお越しいただきありがとうございます。ガクガクブルブル。

ご愛読してくださっている方々への感謝を込めて、リクルーシブな私でよければ、限定ですが、

「スカイプでお話しましょう会」をしたいと思っています。

ただ、仕事もあるので、できる日と時間に限りがありますが、それでよければ是非。

条件はこのブログにコメントをくださっている方です。コメントをくださる方々にお礼を直接言えたらいいなあと思っています。

せっかくなので、英語をメインにしてお話するというのがいいと思いますが、日本語でも全然オーケー。

なんちゃってブリティッシュに関して、お答えできるようなことでもいいですし。「実はすごいブロークンなんだangelはん」と思っていただいてもいいです(笑)

コメントをくださっている方々の何人かは英検も受験されてる方もいらっしゃるので、たいしたことなくてもよければ、その練習台に私を使っていただいてもいいです。私は英検のスピーチはもともとなんだかくだけてて(汗)高尚なスピーチはできませんが、お付き合いできると思います。今までも何人かの方々とやったことがあります。

また、1級だけでなく、それ以外の級は逆に先生っぽくできます。けっこうそれはやる機会があるので。

それから、英検は今回は残念だったけどという方もお疲れさん会ということでもいいです。

実はすでに仲のいいお友達と定期的にスカイプで英語でお話しています。間違えても気を使わなくてよくて、すごく楽しいです。時間もあっという間に過ぎて、日本語ネイティブスピーカー同士でもこれだけ英語で話が弾むんだと教えていただいています。スタディプラスをやってるときも時間のある時にやっていました。

「使ってなんぼ」の実践ですね。なので、感謝の気持ちを伝えるのと、ちょっとお話できたら楽しいかなあと思ってやってみます。英語で話すのは私にもとても勉強になることなので遠慮しなくていいですし、英語が出にくい場合は日本語にしますので安心してくださいね。

あ、大丈夫、タダです(笑)授業じゃないし。

時間は25分としときます。以下の日にちで希望を書いて拍手コメントではなく、コメント欄にメール番号かスカイプ番号を一緒に連絡していだけると幸いです。前もってなにか質問したいことがあれば書いてくださってもいいです。

予定があわなかったら申し訳ありません。

2月9日(木)午後 すみません、締め切りました。
2月13日(月)午前・午後  
すみません、締め切りました。
2月17日(金)午前・午後       
すみません、締め切りました。


朝は8時から大丈夫です。

メールとスカイプ番号はこのご連絡以外では一切使いません。また、以前に連絡いただいた方は、同じ理由で、番号を再度教えていただくことになります。お手数をおかけして申し訳ありません。いただいたコメント内に打っていただいた、メール番号とスカイプ番号は編集で削除します。今までも、私の読んだペーパーバックをお譲りさせて頂く際に、住所も書いてもらったりしもしていてますが、すぐに削除してますし、トラブルはないので、ご安心ください。

そうたくさんは応募はないと思いますが、せっかくなので、少しでもお役に立ちたいし、楽しくできたらいいなと思っています。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

やっぱり音読生活

今日もお越しいただきありがとうございます。まだまだ寒いですね。

インフルエンザが蔓延していて、学級閉鎖の嵐です。そのおかげで授業の間に時間ができてかえって助かった私。あ、でもかかった生徒は心配。早く良くなってね。皆さんは大丈夫ですか?

時間に余裕ができたと言いたいところですが、冬眠中もあって動きも鈍い。仕事の準備も相変わらず自転車操業で前の夜遅くまでやってたし、疲れてくるとすぐに熱が上がるし、ストレスがマックスだったので、あまり余裕とも言い切れませんでした。熱がちょっと出るたびに「急に上がったらインフルエンザだよね。そうなったらおやすみしなくちゃねえ」と不謹慎にも頭をかすめました。いや、ただの疲れでした(笑)

シャドウイングしたりpodcast聞いたりしても、自分の心がここにあらずな状態に。これは勉強によくないと思って、なんとか解決の方向に無理矢理向けました。

いやあ、「今の若者って」という週でした。ものすごくいい子もいます。でもものすごく利己的な子も同時にいます。ちょっとこの先、独りよがりな大人がこれ以上増えたらどうなるんだろうかとさえ思ってしまいました。

でも、このストレスもただではすましませんよ。すべて英語に還元です。

英語で愚痴を言えるのがよかったりします。ネイティブスピーカーの先生たちに「ちょっときいてえや」と聞いてもらってすっきり。それだと聴き耳立てられても、近くに英語の先生はいないので、全然わからないか、なんとなくな程度なので、けっこうみんなで愚痴合戦(笑)

話したいことがあるので、ものすごく英語が出てくるし、同僚なので、「ああ、わかるー!」と話が結構弾んだりします。ちょっと気分も晴れました。いつもありがとう。

「英語は使ってなんぼ」を実践中。

それから、週末以外は毎日これを音読しているのですが、
慣れてきて最高37分で800文読めるようになってきました。このところ、タイマーではかって時間と競争しています。それが英語力と何の関係があるの?と聞かれても困りますが(笑)ゲーム的な要素は案外リズムをつけてくれて、いいと思っています。

で、最近生徒に、毎日800文読んでるといったら、呆れられたり、「そんなん無理」と言われたので、授業で使っている構文集を時間を計って読んでみたら、

150文6分で読めたので、「先生で6分だから、10分位で読めると思うよ、慣れないうちは15分ぐらいかかるかもしれないけど、やってごらん」と言い放ったので、

自分も毎晩それを追加して読むことにしました。なので、全部で950文。その他にも読んでいるので、ちょっと声が枯れるときもあります。

もう趣味の域かも・・・。

でも英語使うときにやっぱり読んでる文の一部が口からついて出るんですよね。それに、読んでいると、なんだか落ち着いてくるのは私だけかなあ。まるでお経の気分。

本を1冊毎日声を出して読む。暗記する作業もしないでただ淡々と読む。これを要領が悪い方法と思ってくださっても全然いいんですが、自分では効果はあると思っています。

今日、授業で生徒と一部を一緒に音読したら、一人の生徒に負けました。

私に言われてから毎日読んでくれてたみたいです。一生懸命な生徒、うれしいなあ。

気分ダダ下がりにさせられることも多いけど、こうやって、ふっと軽くなることもあるなと思いながら帰ってきました。

そんな時には夫もステーキ肉を買ってきてくれたり、一緒にウォーキングにつきあってくれたり。

穏やかなりに、ちょっと反抗期気味の我が家の子供も、何かをやってあげると「ママありがとう」だけはちゃんと言ってくれる。なので喧嘩も長引かない。

小さな小さな愛犬はしっぽを大ふりして帰ってきた私を歓迎してくれる。

ちょっと疲れも飛びました。

明日も音読生活。ガンバリマス。

また一緒に頑張りましょうね!

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。
記事検索
ギャラリー
  • もどかしさを通過しよう
  • 自分しかできないことをちょっとだけ無理してみる
  • 「美女と野獣」観てきました。
  • 「美女と野獣」観てきました。
  • 英語を好きになってほしい
  • 英語を好きになってほしい
2017年の洋書本棚
2016年の洋書本棚 50冊
2015年の洋書本棚 60冊
2014年の洋書本棚 35冊
2013年の洋書本棚 50冊
2012年の洋書本棚 95冊
2011年の洋書本棚 50冊
2010までの洋書本棚 34冊
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
  • ライブドアブログ