Short stories

赤ちゃんがやってきた

今日もお越しいただきありがとうございます。

今日は英検2次テストでしたね。受験された皆様が受かっていますように!私の夫の同僚の若い先生も今日1級の2次に挑戦されました。景気づけにこのブログ読んでくださったそうです。優秀な先生なので、きっと大丈夫だと思います。

で、私はこの週末は英語ができないのはわかっていました。もうご存知の通り。原因はこれですね。












130224_1550~01
うちの箱入り娘「ピノ」です~。本日やって参りました。お店で移動のための専用箱に入れてもらって家に着いたばかりのショットです。とってもおっとりした性格の女の子だそうです。でもまだ生後55日の赤ちゃんなので、子犬特有の動きがとってもかわいいです。「プードル命」の専門店だったので、店主さんの熱心なレクチャーを2時間ぐらい受けてから連れて帰りました。ものすごく丁寧な指導がついているので、安心です。困ったことがあれば24時間対応してくださるそうです。

かえってくるなりエサやりだったんですが、最初は喜んで食べはじめ。一応7割、8割ぐらいは食べてくれたので、多分?一安心。1週間は我が家になれるために触らないように言われています。でもいきなりトイレシートに行っておしっこしてくれてた。偶然か?でもそのあともトイレで連続でしているのでちょっと感動してます。まあこれからですね(笑)

最初の30分ぐらいは「クーンクーン」とさみしそうになくので、つい構いたくなりますがその時は無視するように言われたので、心を鬼にしていました(笑)子供が「鳴き声がおならの音みたい」と言っていました(汗)「ワン」となくのはもっと先なんですね。→全然わかってない初心者(汗)

やっぱり前もって熟読していた本とは勝手がちがいました。子育てと同じでそれぞれなんですね。でも「どうしても散歩にはださないといけない」とか「おやつをあげて躾をする」「ペットフードは手作りだ」とかもそれぞれだとわかりました。このお店では赤ちゃんなので、ペットヒーターをつけてあげるやり方であとは湿気の管理もいわれました。うちはアレルギー娘がいるのでその辺は大丈夫。

でも娘が「ピノばっかりかわいがらないでね」「ママに一番なついたら嫌だなあ」と私にもピノにもちょっとヤキモチ(笑)

我が家に赤ちゃんがやってきたので、前から温めていた「心温まるショートストーリー」をご紹介したいと思います。

このお話は昔ニュージーランドの知り合いの家のトイレに貼ってあった「本当にあったお話」です。とってもいいお話だったのでずっと頭に残っていて、探したら出てきたのでご紹介させていただきますね。よかったら、こころじわっとなってくださいね。

A Sister's Helping Hand
Who can measure the special bond of twins?
by Nancy Sheehan

Reader's Digest - May 1996
Pages 155-156

Condensed from Worcester Telegram & Gazette
November 18, 1995

Heidi and Paul Jackson's twin girls, Brielle and Kyrie, were born October 17, 1995, 12 weeks ahead of their due date. Standard hospital practice is to place preemie twins in separate incubators to reduce the risk of infection. that was done for the Jackson girls in the neonatal intensive care unit at The Medical Center of Central Massachusetts in Worcester.


Kyrie, the larger sister at two pounds, three ounces, quickly began gaining weight and calmly sleeping her newborn days away. But Brielle, who weighed only two pounds at birth, couldn't keep up with her. She had breathing and heart-rate problems. The oxygen level in her blood was low, and her weight gain was slow.


Suddenly, on November 12, Brielle went into critical condition. She began gasping for breath, and her face and stick-thin arms and legs turned bluish-gray. Her heart rate was way up, and she got hiccups, a dangerous sign that her body was under stress. Her parents watched, terrified that she might die.

Nurse Gayle Kasparian tried everything she could think of to stabilize Brielle. She suctioned her breathing passages and turned up the oxygen flow to the incubator. Still Brielle squirmed and fussed as her oxygen intake plummeted and her heart rate soared.


Then Kasparian remembered something she had heard from a colleague. It was a procedure, common in parts of Europe but almost unheard of in this country, that called for double-bedding multiple-birth babies, especially preemies.


Kasparian's nurse manager, Susan Fitzback, was away at a conference, and the arrangement was unorthodox. But Kasparian decided to take the risk.

"Let me just try putting Brielle in with her sister to see if that helps," she said to the alarmed parents. "I don't know what else to do."


The Jacksons quickly gave the go-ahead, and Kasparian slipped the squirming baby into the incubator holding the sister she hadn't seen since birth. Then Kasparian and the Jacksons watched.


No sooner had the door of the incubator closed then Brielle snuggled up to Kyrie - and calmed right down. Within minutes Brielle's blood-oxygen readings were the best they had been since she was born. As she dozed, Kyrie wrapped her tiny arm around her smaller sibling.


By coincidence, the conference Fitzback was attending included a presentation on double-bedding. This is something I want to see happen at The Medical Center, she thought. But it might be hard making the change. On her return she was doing rounds when the nurse caring for the twins that morning said, "Sue, take a look in that isolette over there."

"I can't believe this," Fitzback said. "This is so beautiful."

"You mean, we can do it?" asked the nurse.

"Of course we can," Fitzback replied.

Today a handful of institutions around the country are adopting double-bedding, which seems to reduce the number of hospital days. The practice is growing quickly, even though the first scientific studies on it didn't begin until this past January.


But Heidi and Paul Jackson don't need any studies to know that double-bedding helped Brielle. She is thriving. In fact, now that the two girls are home, they still steep together - and still snuggle.


上と同じものですが、サイトはこちら↓双子ちゃんの写真もみれます。
http://www.planetdeb.net/spirit/rescue.htm

今日も読んでいただきありがとうございました。
明日もがんばりましょうね。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

ちょっといい話

今日もお越しいただきありがとうございます。3連休の最後、みなさんは何をしてお過ごしですか?今日もBGMつき。

私は結局仕事をしながら、相変わらずの休日でした。テストは無事なんとか形になりつつあります~。で、そのテストを作るのに、いろいろウェブ上をうろうろ、そしたらとてもいいお話をいろいろ見つけました。

そのうちの一つを今日はここにUPしたいと思います。簡単な英文でジーンとできる。よければ読んで帰ってくださいね。子供のために訳した、なんちゃってええ加減訳も後ろにつけました。

ちょっとお茶でもしながらどうぞ。

Lessons Learned

One day, the father of a very wealthy family took his son on a trip to the country with the express purpose of showing him how poor people live.

They spent a couple of days and nights on the farm of what would be considered a very poor family.

On their return from their trip, the father asked his son, "How was the trip?"

"It was great, Dad."

"Did you see how poor people live?" the father asked.

"Oh yeah," said the son.

"So, tell me, what did you learn from the trip?" asked the father.

The son answered: "I saw that we have one dog and they had four. We have a pool that reaches to the middle of our garden and they have a creek that has no end. We have imported lanterns in our garden and they have the stars at night. Our patio reaches to the front yard and they have the whole horizon.

"We have a small piece of land to live on and they have fields that go beyond our sight.

"We have servants who serve us, but they serve others. We buy our food, but they grow theirs.

"We have walls around our property to protect us, they have friends to protect them."

The boy's father was speechless.

Then his son added, "Thanks Dad for showing me how poor we are."

http://www.squidoo.com/greatstories より

ある日、とても裕福な一家の父親が、貧しい人々がどうやって暮らしているかをちゃんと見せてあげたいと思い、息子を連れて田舎へと旅をした。

父親と息子はかなり貧しいだろうと思われる家族の住む農場で2,3日過ごした。
旅行から帰る時に、父親は息子に尋ねた。「旅行はどうだった?」
「よかったよ」
「貧しい人々がどうやって暮らしているのかわかったかい?」
「うん、わかったよ」
「そうか、じゃあ、旅をして何かわかったことがあるかな?」
息子は答えた。

「うちは犬を一匹飼っているけど、あの人たちは4匹飼ってたね。うちのプールはお庭の真ん中まであるけど、あの人たちはどこまでも続いている小川があるね。それとうちの庭には外国から取り寄せたランタンがあるけど、あの人たちには夜になるとお星さまがあるよ。それから、うちの中庭は前の庭まで続いているけど、あの人たちには地平線みんながお庭だね。

僕たちは小さな一角の土地に暮らしているけど、あの人たちにはどこまでも続く野原があるね。
僕たちには僕たちのために働く人がいるけど、あの人たちは他の人のために働いてるね。僕たちは食べるものを買うけど、あの人たちは自分たちで食べるものを育ててるね。
家には僕たちを守るための家を囲む壁があるけど、あの人たちには守ってくれるお友達がいるね」

少年の父親は言葉もなかった。

そして彼の息子はこう付け加えた。

「パパ、僕たちがどれだけ貧しいかをおしえてくれてありがとう」

また素敵なお話がいろいろあるのでよければご紹介させてくださいね。

今日はこれ聞きながら書いてます。今日のBGMこれ映画の挿入歌でもあるんですよね。


今日は子供はパパと「花鳥園」というところへ行くそうです。お花と取りがいっぱいで、娘のお気に入りの場所の一つ。(小さいときから彼女のお気に入りの場所は「須磨水族園」「神戸花鳥園」です。どこまでも生き物が好き)

横で夫が「行ったら課長ばっかりおる園とちゃうで」とつぶやいておりますが、まあ無視します。無視してたら、「カチョー、カチョー、ブチョー」とブルース・リーの真似をし出したので、ひたすら無視することにします。

「私も行こうか?」と一応言ったんですが、家で待機していいと言われたので、家事と昼寝させてもらうことにします。ちょっと後ろめたいな。冗談もう少し受けてあげたらよかったかな。

昨日、書いた記事にすぐに助け船を出してくださり、ありがとうございました。やり方を教えてくださった方、連絡先を教えてくださった方、感謝です。ちょっと今日時間を見つけてやってみますね。

今日も読んでいただきありがとうございました。
明日は月曜日。またがんばりましょうね。
記事検索
ギャラリー
  • ボキャビルに単語本は必要か?
  • 単語検定
  • 仕事のお供とサイバーマンデー
  • 仕事のお供とサイバーマンデー
  • 仕事のお供とサイバーマンデー
  • シャドウイングを超えるもの
2017年の洋書本棚
2016年の洋書本棚 50冊
2015年の洋書本棚 60冊
2014年の洋書本棚 35冊
2013年の洋書本棚 50冊
2012年の洋書本棚 95冊
2011年の洋書本棚 50冊
2010までの洋書本棚 34冊
  • ライブドアブログ