2017年 Journal

オーダーメイド

今日もお越しいただきありがとうございます。今日はオンライン英会話についてです。

このブログ、知る人ぞ知るブログだとおもうのですが、いつも来ていただいている人にはとても好評でうれしいかぎりです。いつも拍手にコメントありがとうございます。ほっこりします。

地味に続けていますが、このブログにくるとモチベーションが上がったり、逆にほっとするといっていただけることもけっこうあるんです。やる気をもったり、ほっこりしてかえっていただけるとほんとううれしい。

逆に辛口なのも案外密かな人気です。あ、密かな人気は我が家のワンコかも(笑)写真UPするとコメントが増えて嬉しいです。

実は、読者の方々のご意見や感想やつぶやきから記事を書くことも多いです。ブログで集客とかしてないし、商才も営業力もないし、どこの回し者でもないこのブログ。派手さのないオーダーメイドなブログってとこですかね。

今私が取っているスカイプレッスンは、いわゆるオーダーメイドのレッスンです。先生を探すのは時間もかかるしちょっと一苦労ですが、

いったん自分に合ったいい先生が見つかると、その効果もすごいと感じています。英検でこのところちょっとたくさんレッスンしたのもあって、そこからのスピンオフです。

大手に頼るというのも楽な方法ですが、レベルが上がっていくと、オーダーメイドなレッスンもいいと感じています。今はいろんなサイトがあって、世界中から先生を探すことが可能です。私はお友達から教えていただいたサイトで見つけました。

leaning English skype とかで検索するといろいろ出てきます。海外が拠点の日本人向けだけじゃないオンライン英会話も今はたくさんあります。そういうところだと、先生は日本人の生徒ばかりじゃなくて、世界中の生徒相手に教えています。中には日本語でも見れるようになってるのもあります。個人の先生が登録するところもあります。レッスンは多岐にわたっていて、また別の知り合いに教えてもらったイギリスの発音特化の学校とかも充実してました。すごい授業料なので、私はとってませんが。その人はとってたそうです。

オンラインレッスンで私が見るのはやっぱりレッスンの価格と、支払い方法が安全にできるかとかと自分のタイトなスケジュールに合った先生という点です。

値段は英語母語者だと高めですが、探せばものすごくお得な先生もたくさんいます。

資格持ってる先生も多くて、一つの目安とも言えますが、持っていなくてもいい先生はたくさんいるのも事実です。資格も実は中身が違ったりします。外国人に英語を教える資格は普通の英語母語者ならけっこうすぐにとれるもの多い。実際にレッスンを受けて判断することが大事だと思います。

私が習っている先生たちは英語が第一言語(母語)と第二言語の先生たちです。ほぼ、ネイティブ〇〇〇〇と言えるかもー。(笑)

1回で1時間がメインなのですが、結局大手で週に4日か5日の30分でやっていた時よりも実質時間も、中身もUPしたと感じています。取ろうと思えば1回でもっと長時間してくれる先生もいます。

一人の先生との最近のレッスンで「angelはspeakingはアドバンテージだから、writingの宿題を出そう」とまたまた違う先生とライティングの添削もしてもらえることになりました。ライティングとスピーキングの両方をやることに。私の場合はライティングを避けがちなので強制力が働いていいです。前に書いた別の先生とはアプローチも違うので、新鮮です。

家庭教師の様に毎回同じ先生とやっていて、毎回すごく英語を使って、引き出してもえて、濃い授業をしてもらえます。

同じ英語の先生として他の先生のレッスンはとっても勉強になります。そのうちこうやって上手に教えてみたいなあと思うこともあります。

今は不定期に修行のためもあって、ボランティアで時々やらせていただいてます。でもいい授業をうけたりすると、いつか時間ができたら、私もオンラインで細々と個人レッスンをやってみようかなとまたちょっと思ったりも。でもブログはそれの広告にはしようとは思ってません。

以前にレッスンをやってみようかなと思った時に、ブログ上で期間限定で有料で募集してやろうとしたら、すごく厳しいコメントをいただいて、価値がないとみなされてたようなので、やめさせていただきました。実際にやってると、価値があると思ってくれる人も結構いるんだけどなあ。そんなこんなで、直接教える仕事があるのでそちらを優先することにしました。

で、話を戻すと、ほんと、一人一人の得て不得手を踏まえてレッスンがすすみます。まさにオーダーメイドですね。

これは大手ではなかなか得られなかったものかもしれません。

複数の先生のレッスンを曜日と時間をだいたい固定で取っていますが、レッスン内容は人によって分けています。先生によって全然違いますからね。すごくいろんな質問をしてこちらから英語を引き出してくれる先生とは、もう自由に話していますし。テストにたけている先生にはこの間までインタビューの練習を徹底的にしてもらってました。また別の先生とはライティングのレッスンを始めました。

春はいわゆる今はやりのみながこぞってとっている大手の会社でやっていました。予約なしはよかったんだけど、先生選べないし、やりたくても混んでて先生がいなかったり。予約は追加料金かかるし。大手のレッスンでは、どうしても一辺倒になってしまっている自分に気が付いたので、ちょっと高くついても、自分が確実に空いている時間に自分のほしいレッスンをしてくれる方向に切り替えました。

大手の良さは、コースがきまっていて、教材が用意されています。それもある意味いいと思います。

決まったカリキュラムに沿って進む授業をしていると、相手の対応やセリフが訓練の結果なのか、同じだったりする。実を言うと、先生によってはこちらの英語を理解していない場合もありました。マニュアルがしっかりあるので、先生の力量をカバーできているというのもあります。

そんな先生にあたってしまうと、同じぐらいの金額で英語母語者と話せたりもするので、トータルでは少し高くついても、自分の目的にあった方法を選ぶことに。

やっていて、英検の2次に失敗したのもやめた大きな理由です。まあそれは自分の責任も大きいですが(笑)

やみくもに話してればいいってもんじゃないと思ったのは事実です。少なくとも私の場合はそうでした。

そこを超えないと英検1級とかテスティングに関しては無理かも。

でも大手には大手のいい部分もあると思うので、わたしの感想が一概にすべての人に当てはまるものではないとも明記しておきます。

レベルによっては大手のマニュアル通りの方がいい場合もあります。日本語や日本人になれている先生のほうがよかったりもしますしね。

個人的に教えてもらうと、毎回いい授業をしないと生徒をすぐに失ってしまうので、先生のやる気が違います。すごく充実したレッスンを提供してくれる先生が多いのも事実です。

それと、ちゃんとレッスンをしようとしたら、最低でも45分は必要ではないかと思い始めました。25分、30分ではおしゃべりして終わりという感じが多いのですが、1時間とかだと、ものすごく濃いです。その良さに最近目覚めてきました。目的をはっきり持つと自分がただおしゃべりのために25分程度でいいやとか、いや、試験対策に45分は必要だとかとわかってきます。

たしかにいい先生を探すのは難しいです。でも大手でも人気の先生のレッスンはなかなかとれないのが実情。 無駄に自己紹介と同じことをいうのを繰り返していても、進歩もないような気もします。ある程度のレベルになってきたら、そこは終わらないといけないのでは?たとえば1級を受けるぐらいの人は。同じ先生だと、同じ話はできないし、違う表現で英語を言わないといけないという意識が働きます。あ、自分がそうだったので書いてます。

ココだけの話ですが、英会話は宣伝を兼ねて有名人や有名ブロガーに目をつけることも多いと思います。「レッスンをタダにするので、ブログでその様子を書いてください」というもの。でも「ああ、この人はそのオファーを受けた人だろうなあ」というのは見かけたことはあります。それはそれでレッスンが充実したものなら、win-winで悪いとも思いませんが、読む側には判断がつかない場合もありますよね。

どれがいいかは、自分が体感して初めてわかるものだと思っています。人がいいものが自分にいいかはわかりませんしね。

そこを狙ってたくさんのビジネスがうごめいているのが実情なんだろうなあと感じています。

大手であろうと、個人であろうと、大事なことは、

いい先生に出会えることですね。

私も今教えている生徒にそう思ってもらえるようになりたいと毎日努力の日々です。

ブログも同じかも。ただ単に情報収集だけでない、いいブログに出会えたと思ってもらえるブログになりたいです。

読んでいただきありがとうございました。

今日も明日も、頑張りましょうね!

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

2017年 第3回 実用英語技能検定

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?ほんとガクガクブルブルな私です。拍手やコメントうれしいです。20拍手超えるなんてうれしいなあ。うるうる。

寒い上についでに雨模様。これからどんどん寒くなるんですねえ。くすん。しかも今日の早朝から夫は出張にでかけていまごろは夏の国。いいなあ。

昨日は仕事から直接子供を駅まで迎えに行って、帰宅してすぐにご飯作って、食べて子供の習い事に行って、親子げんかもして(笑)子供の宿題てつだって、夫の出張の準備を手伝って、お弁当2食分用意して(子供の塾で夜のお弁当もいる)授業の準備ができなくて、仕方がないので、翌日の授業を新しい準備をしなくていい方法に変えてやることにしました。寝たのもかなりおそくなって、5時起きで夫を空港行きのリムジンバスのバス停まで送ってと、もうバタバタでした。今日は授業してても寝そうでした。ぜいぜい。

その間もずっとこのブログにアクセスがあって(汗)これですね。
images (1)
やっとPCに向かっています。一日遅れです。1次受けたと言ったので、書かないとですね。タイトルが思いつかないので、英検のアナウンスを思い出してみました。(音声ないか探したけどウェブ上ではありませんでした)

結果です。


年度回一次試験二次試験証明書※
合否スコア詳細合否スコア詳細
2017年度第2回1級合  格2位合  格2位
2017年度第1回1級合  格4位不合格(6位)
2016年度第3回1級合  格5位合 格5位
2016年度第2回1級合  格6位合 格4位
2016年度第1回1級合  格3位合 格3位
2015年度第3回1級合  格1位合  格1位

応援してくださっていた方々にこの場を借りてお礼申し上げます。すごく励みになりました!

ブログのお絵かきツールが使えないので、不便。直接コピペして、点数を消さしていただきました。点数をこの表の中の自分の点数で順位をつけています。2015年3回以前は全部で4回受かっているので、今回で9回めです。自分が今まで取った点数のなかで2番目にいい成績がいただけました。ほっとしました。

意外に思われるかもしれませんが、英検で表彰台に乗れるような高得点をとれなくても、

早く英検から卒業するのが今の夢です。

燦然と目立つ前回の不合格→忘れないように太字と赤字で自分で強調しときました。あはは。

不合格だった時の1次の成績は実はそれほど悪くはないのに、落ちました。リニューアルから混乱があるように感じるのですが、このところは2次の採点の厳しさも感じます。2015年か2016年1回めの1次の大量合格者を出した時は2次の会場の雰囲気がいつもと違いました。(どっちでしたっけ?)

でも、過去問が出ているので、2次も用意周到に準備をすれば合格できるようもになってきているんじゃないでしょうか。その分採点基準もあがったのかな。

今回は前回がやっぱりショックだったので、試験直前はほぼですが、一日にオンラインレッスンを1レッスンという形で準備しました。一人でまったくやっていない(汗)以前ほどはできません。気力もないし、体力もない。他のスピーキングのテストを受けていて、いろいろ気が付いたこともあるからかも。英検を一番中心に考えてできなくなっているのもあります。

ほんとは原稿を用意してやろうかと思っていたんですが、そんな暇もなかったのが実情です。直前は体調が悪い時期がかさなったので、ちょっと辛かったです。

やっぱり即興のみです。「いっきゅうほるだー」ですが、なんにも暗記できてません。いわゆる特化本ももう使ってません。

でもよく考えてみると、それもいい練習になったと思います。

用意していた具体的なものがなかったので、普段と同じ目線で頭の中でスピーチを作るという感覚がえられました。即興の練習は普段の会話力を明らかに伸ばすものでもありますものね。職場で英語で先生たちと話すのも滑りが良くなった感覚も覚えました。

去年からの貯金のない底の状態を考えると今回は随分ましになったのがよかったです。

準備の中心はスカイプで英検のことを知らない先生に説明してひたすら過去問を次々と淡々とやり続けてもらいました。質疑応答は私のスピーチを聞いて疑問に思ったことを聞いてもらって、英語で説明する。論点が甘かったりすると鋭く突っ込まれるのはとても練習になりました。

あとは前回免除最後の2次の挑戦で、なんと1点足らずで残念だったお友達がいて、今回1次からうけていらっしゃったので、2次の練習のお声をかけさせていただきました。前回2次不合格の偉そうにも言えないわたしなんですが、できるだけ、いろんなことをお伝えさせていただきました。

もちろん実力は十分だったので合格されました!少しでもお役に立っていたらうれしいです。

それから、このブログと共にがんばってくださった方が嬉しいご報告をくださいました。コメントをいつも読ませていただいていても「受かるとおもうなあ」と思ってましたヨ!

ほんと受かられた方、おめでとうございます。微力ですが、少しでも役に立っていたらそれほど嬉しいことはありません。

そして、惜しくも残念だった方もいらっしゃるかもしれません。どうか、英語を楽しむことを思い出してください。

試験は試験です。試験の点数で人間の価値は変わらないと私は信じています。

今私は、学校で、学力がかなり違うクラスを持っています。学校では成績のいい子がやっぱり得ですが、私からすると、どの生徒もみな同じだと思っています。みな本当にかわいいです。成績に関係なく、人懐こかったり、一生懸命だったり、思いやりがあったりする子が一番だと思っています。毎年100人~300人という子供たちと20年は接してきてそう思います。

人間力があることが大事。数字だけでカバーできない見えないものがあると思っています。

そして生徒はちゃんと見ています。敏感に感じ取ります。だからこそ襟を正して自分が思いやりのある先生でありたい、どの子にとっても頼りになる先生でありたいと今生徒たちの顔を思い浮かべながら今書いています。

そして会ったことはないけど、読んでくださっているあなたを思い浮かべながらも書いています。

テストはそれを育てるチャンス。そこで数字だけを追ったり、勝つことに固執するか、自分を成長させる過程とみるかはその人次第です。いつまでも1級とったということに固執するとけっこう痛い目にもあったりもしますしね。(→痛い目にあった自分)偉そうについなってる人もいたりしてー。どや顔する時間があったら、単語一つでも覚えたほうがいい。

私は挫折を知りすぎている先生なので(笑)それが先生として一つの個性となって出ているのではないかと感じています。

たかが英語テストでも使いよう。

英語を通していろんなことができるのに、テストだけで立ち止まっていてはもったいないと思います。英語を使って何かができるようになることが大事。

その過程での挫折は自分を成長させます。成功体験ばかりしているのはかえって良くない。

夫はすでに私の英検の結果を聞くことさえしません。受かってもすべっても同じ目線です。それはきっとどっちでもどんな成績でもつねにいつもとかわらず同じように英語を勉強しているのを見ているからだと思います。

何も変らない。

またてくてく歩いて英語をやって、楽しむ日々が続いています。

自分が英語で何かをするためにがんばっている。生徒に還元できるように頑張っています。それを見て、気が付いた生徒たちが「先生、質問していい?」とたくさんの問題集やノートを抱えてやってきます。彼らの期待に応えることが私のやるべきことでもある。

だから歩き続けます。

いつでもたよりになるように。ブログでもそれを少しでもできたらと書き続けて今に至ります。

さあ、また歩いて行きましょう。また一緒に頑張りましょうね!

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

速度は遅いけど

今日もお越しいただきありがとうございます。ガクガクブルブル。

今日はこちらの方も寒さが急に増して、用事で何度も家を出たんですが、出るたびにどんどん厚着になっていった私でした。今日はダウンコートを着ている人が増えたような気がします。私は今のところ、ダウンコートはまだ解禁にしてないです。あとがコワい。
 
この間ソファーのカバーを赤に替えて、それに伴って、ホットカーペットカバーの茶色を新調したので、今度はいつものモノトーンのカーテンが合わない。なので、カーテンも替えたら、けっこう重労働でした。しかもしばらく使ってなかったので、珍しく厚地の綿の生地なので皺がけっこうある(汗)アイロンは無理、できても気力もないのでそのまま吊り下げています。

でも色を暖色にするだけでもなんだかあたたかい印象ですね。

ついでに我が家のわんこも暖か系、トリミングに行ってきました。帰ってきたところです。
DSC_0053
最近はおやつのサツマイモが毎日のお楽しみ。トリミングでも「かわいい!」とかわいがられて、トリマーさんになついています。ティーカップじゃないけど、小さいのがかなり珍しがられます。(知り合いに二人ティーカップを飼っている人がいるのですが、すでにこの子を超えて大きい(笑))

寒かったけど、今日は家族3人で夜のウォーキングに行ってきました。空気が冷たいけど、歩くと体が温まってかえって気持ちがよかったです。

最初は私が競歩の選手の様に歩いて先頭だったのですが、帰りはのろのろ遅い組となりました。

なんでも歩みが遅いのが自分の特徴でもある(汗)

英検も合否はわからないけど、まあ落ちてても英語力維持もかねてまた一次から受けるのみなんですが、

一応終わったので、ちょっと一息。

で、ですね。やっていたタスクの中でこのところサボってるものがあります。

一つはディクテーション。これは一人でできるので、すぐに復活可能です。仲よくしてくださっている先生がご好意で教材を提供してくださったのもあるので、材料は少なくとも数か月分確保できてます。じゃあやりなはれって感じですね。ボキャビル週間が終わったら、切り替え予定です。

もう一つは、そう鬼門のあれです。

ライティング(汗)ちょっと気を許すとあっという間にやってません。いかん・・・。

で、この間、スカイプレッスンで新しい先生とセッションをもって、その先生と話してたら、「ライティングやってあげる」と言ってくださいました。

そしてそこから早速ライティングレッスン。

これがまたすごくって、ものすごく気に入って、今後はもう少し長めの時間でお願いすることにしました。ものすごいスモールステップで積み上げていきます。しかもITにたけてらっしゃって、どんどこいろんな技を駆使してやってくれる。すごいなあ。まさにオンライン講師って感じです。

ちゃんと宿題も出してくれて、これで定期的にライティングができる。他力本願ですが、一人だとすぐにしなくなるので、お金を出す価値もあると思いました。それともちろんすべて英語で進めるので、英語を使ってという一石二鳥な感じです。

私がレッスンをとれるのは午前中が中心です。でも仕事で毎日は無理。午後から夜は主婦なのもあるので、かなり難しいです。長期休み以外は決まった曜日しかできない。その先生とも週に1回という感じになりそうですが、

ゆっくりでも、少しでもやることが大事ですからね。なんとかガンバリたいです。ゆっくりゆっくり進みながら、なんとかここまできました。ほかの人が見たらまだそんなところを思われてても、自分の歩いてきた道をふりかえると、すごい進歩もしているんです。

あなたの歩んできた道もです。

速度は自分が決めればいい。自分の速いが人の遅いでもいい。進んでいることに変わりはありません。

寒くなってきました。お友達のおうちではもう雪が降っているんですね。

皆さまも暖かくして週末をお過ごしくださいネ。

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

温床

今日もお越しいただきありがとうございます。ちょっとガクガクブルブル。

私は暖房機マニアなんですが、あまりいっぺんに暖房機をデビューさせるとあとが大変なので、まずは電気じゅうたんと加湿器です。マンションなので、これだけでもかなりあたたかいです。

しかし、なんと昨日の夜急にソファーの上に敷いていたミニカーペットが壊れました(涙)これで2枚目・・・。3枚目を即注文しました。こんなの。
2特典【お米+ポイント】 広電 一体型電気マット VWM-903MC ホットマット 電気マット KODEN ホットカーペット 90×45cm VWM903NC 床暖房 カバー一体ホットマット パーソナル暖房 電気ホットマット CWM-903NC
2特典【お米+ポイント】 広電 一体型電気マット VWM-903MC ホットマット 電気マット KODEN ホットカーペット 90×45cm VWM903NC 床暖房 カバー一体ホットマット パーソナル暖房 電気ホットマット CWM-903NC
そうなんです、ソファの上にも電気じゅうたん敷いています。今回は前回より一回り大きいのを買いました。日中は愛犬の居場所でもあるし。あ、お天気の日はこんな感じですがね。

久々の登場です。寝てますが・・・。
DSC_0048
ただいま絨毯と同化中。あったかいの大好き。小さいくて細いので、超寒がり。今年はソファのカバリングを赤にしたので、カーペットは茶色にしました。

床つながりのタイトルですが、ここからは非常勤講師の日常コーナーです。

授業をしていると、いろんな生徒がいます。

ここ数年で、英語を上手くなりたいと思っている子はすごく増えています。音読を入れると大きな声で読んでくれるようになってきました。音読の効果を生徒自身が体感してきたからというのもあります。

それでもまだたくさん障壁があります。

授業中にある生徒を当てて答えてもらったら、

ものすごい流暢な英語で答えてくれました。その子は自分の趣味が高じて英語の映像もたくさん見ているので、英語が大好きです。生の英語をたくさんきいているので、やっぱり本物みたいに話したい気持ちが高じて発音に対してすごく熱心です。

その子が英語を発している間、ずっと周りのクラスメイトがくすくす笑うのです。こういう現象は最近は減ってきているんですが、まだあるかとちょっとゲンナリしました。

英語らしく発音しても、英語らしくなくてもどちらにしても揶揄される今の日本。

ちょっと授業の手をとめて生徒たちに言いました。

「発音がすごくいい!素晴らしい。でも、なんで聴いてる人から笑いが出るか先生には理解できない。君たちが将来大人になった時、その子の発音を笑うどころが羨ましく思うときがきっとくるんだよ。逆に、誰かの英語を『日本語訛り』だという人だって出てくる。おかしいなあ。それに、先生が英語らしく英語を話してもみんな笑わないのに、どうして?変だよ」

笑われた子は、もう慣れているのか、あまり気にしてなさそうで、終わった後また個人的に質問に来ていました。よかった。

学校の先生の中には、生徒に自分が英語を話しているところを見られたくない先生もまだ存在します。そこで間違えたって、日本語っぽい英語だって、それはそれですごくいいロールモデルになるのにです。

間違えてもコミュニケーションを取ろうとすることが大事だとわかってもらえるのにです。

英語母語者の先生と授業をするときは、英語の指示に対して、生徒がまだ理解が浅いかなと思うところを私がもう一度先生に英語で質問したり、やりとりしたりしながら理解を促すようにしています。また、先生の後に、違う英語で話しかけて生徒が理解しているか確認したりも。

英語母語者の先生がクラスにいるときは私も日本語を使いません。生徒達は最初は面食らうけど、徹しているうちに生徒の反応が徐々に変わっていくのがわかります。

逆に私が一人で日本語をバリバリに使って構造解析する授業でも(そこでも時間のゆるす限り英語を音読してもらっています)真剣に聞いてくれるようになります。「この先生は英語ができる」と思ってくれるようになって、信頼関係ができてくるから。あ、それから私の「素晴しーい!」を聞くのも大好きになってくれてます(笑)

使ってなんぼです。

使って体感して失敗しての繰り返しでしか身につかない英語力があることを子供たちに知らせてあげないといけないと思います。(ちなみに、今我が家では「私失敗しなので」を見ておりますがね。)

受験戦争で、マークシートを塗りまくり、暗記マシーンに徹し、日本語英語で過ごす中高生活を得た後、その後にお互いに「日本語英語」を揶揄しあって、テストに走り、競い合う生活がまっているかもしれない。英語を使うためでない英語が目的になることも。

それを脱却させたいからこの国は今なんとか変えようとしているはず。英語で交渉できる人材を増やしたいから力を入れようとしているはず。

でも現場はまだまだです。

なんとか変えてあげたい。

徐々にでも。

どこにも属さないある非常勤講師の小さな小さな叫びでした。

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

ぬくぬく生活とボキャビル生活

今日もお越しいただきありがとうございます。だんだんと私の苦手な季節になってきました。寒くなってくると、とたんにわかるんですが、ちょっと気を許すと、足が氷の様に冷たくなってしまうので、去年よりさらに「ぬくぬく」度を上げるべく努力しています。

新しい車の座席のヒーターはなんと2段階に格上げです!まだ低温のほうで頑張っていますが、来年になったら高温を使います。うれしいなあ。

それと今朝からお友達を見習って、白湯を飲み始めました。昔読んだヨガの本で書いてあったので、その時はよく飲んでいたんですが、また思い出して朝起きたら、漢方と白湯を飲んだら、目がさめて体もあたたまっていい感じです。

あと、友人たちに教えてもらった足指を動かす運動をお風呂やリビングでやり始めました。なかなかいいような気がします。足の指を強くすぼめて今度は反対側にまた強く反る、足でぐっぱをする感じです。あ、もちろん、音読しながらという条件付きです(笑)ながら族ですしね。

教えていただいたサジーは毎日欠かさず飲んでいるので、アッカンベーをして舌瞼の裏を確認するとかつては真っ白だったのですが赤みがさすようになってます。サジーを教えてくださった方にいつも感謝しています。

あと、職場の室内履きを変えたら、これもちょっと調子がいいような気がします。お試しで安いものを買ってみました。
モカシン レディース ショートブーツ もこもこモカシンブーツ 女性用もこもこブーツ シューズ 靴 at-5031904-61-5120
モカシン レディース ショートブーツ もこもこモカシンブーツ 女性用もこもこブーツ シューズ 靴 at-5031904-61-5120
偽物でもあったかいぞ。あまりに違うので、普段、子供を迎えに行ったり、近所のスーパーにジーンズで出かけるときるように偽物ムートンモカシンをまた1足買い足しました。

体調が随分ましになったのも、日中職場で体が随分冷えていたのかもと思いました。すごいです。フットヒーターもすごいと思ったけど、靴をかえれば出かけている時も仕事中も冷えない。他の女性の先生方にも絶賛お勧め中。足を温めるだけでこうも違うとは。

これに味をしめたのもあるし、姉がムートンのブーツで毎日犬の散歩に出かけて快適だときいたのもあるので、自分のクリスマスプレゼントということで、ブーツを注文!高いけど、自分の健康のことを考えて、清水の舞台から飛び降りました。いや、この間事故に遭った時の保険金が戻ってきたのもある(笑)
UGG アグ ムートンブーツ クラシック トール 2 レディース WOMENS CLASSIC TALL II 5815 1016224
UGG アグ ムートンブーツ クラシック トール 2 レディース WOMENS CLASSIC TALL II 5815 1016224
近所で見つけたUggはショートばかりで、背の高いおばちゃんの私には可愛すぎるので、お取り寄せでこちらのトールにしました。これがよければ、スリッポンもお金ためて買いたいです。

あれ?また英語ブログから
防寒ブログに脱線してますね。すみません。冬になるとよくあるんです。常連の方は慣れてらっしゃるかもー。

では、最近取り組んでいることを書かせていただきます。

英検の2次は出掛けた日を除いて、だいたい1週間は時間を確保してスカイプで1時間はがんばってたんですが、

それ以上にやっていたのが、語彙増強作戦。以前から書いているボキャビルを並行してやっていました。一つ一つは10分20分とかなのでこれもコマギレ作戦。パス単のアプリは子供のお迎えで待つ車の中が中心です。

この間,英語で何ている?シリーズで取り上げた翌日からまたこれやっています。
これをほぼ毎日音読しています。

yasuboyの方は、間違える分野でまずテストしてごそっと点を落として、わからない単語を再テストにためて復習するという方法でやっています。知っている分野ばかりだと伸びがないですしね。

でもボキャビルだけしているわけではないので、(PCや机にずっと向かえないので)できる範囲でです。

最近仲良くしていただいているお友達の方に教えてもらったサイト
https://www.vocabulary.com/

上位に以前書いた人とまた違う日本人の人がいらっしゃるんですが、どう考えても週日毎日何時間もあのサイトでやっているとしか考えられないほど大量に問題をとかれているようです。私はこれだけに時間を費やすことは到底無理なので、毎日コンスタントに一定時間か、一定の数字になるようにやっています。

そうそう、これの中でお友達に、またまた面白いのを教えていただきました。

なんと、「GOTバージョン」のボキャビルクイズー!むっちゃ受けました。Zさんありがとうー!なんだかやたらに正答率が高いのは気のせいか?わはは。

こうやっていろんな方に助けていただいて成り立っている自分のブログです。感謝。

とまあ、やっぱりながらで英語というスタンスは変わりません。podcastもaudiobookもランチのkindle読書も塵も積もればです。お風呂の暗唱も朝と合わせるとスピーチだけでも40分取り組めてることになります。なかなかやるな、ザ・フロ勉。

声に出して音読(シャドウイング、暗唱、素読など)をトータルすると、一日2時間ぐらいはやっています。

単語、短文、長文の3つです。洗濯しながら、運転しながら、柔軟体操しながらのながら族。

授業で英語を使うのは別で英語に費やす時間は平均5、6時間、多いともっとできます。

集中できなくても、要領が悪くても、試験がうまくいかなくても、落ち込んでも、体調が悪くてできない日があっても、

できるときにできること。をモットーにがんばっています。

よかったらまた一緒にがんばりましょうね!

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

過去問

今日もお越しいただきありがとうございます。明日のお弁当と仕事の準備で、ブログ書くまでなかなか行きつかなくて、こんなに遅くなりました。

相変わらず試験とは相性が悪いというか、今年度はついてないというかという日々なんですが、案の定、昨日から微熱が続いてたので、オンラインレッスンを一日に1レッスンとるだけのこのところでした。昼寝ばかりの週末。

それでも、今回は前回よりは英検仕様で準備できたと思います。前回落ちたときは当日の試験直前がメインだった感じでした。1学期は仕事におわれているので、しかたもないのですが、なかなかきつかったです。

今回は1次通過するかしないかぐらいから、試験と同じ形で過去問を使って即興スピーチのあと、英語で質問してもらうという形で、スカイプで何度がセッションを持ちました。

依頼した先生は日本人の生徒が私以外に一人で(しかも日本在住じゃないみたいでした)英検自体を知らない。それでも、「これなかなか面白いね」とタイマーを用意して、1分測って、2分スピーチのあとに、スピーチの内容から質問をしてくれました。まったく本番と同じ形です。

1時間のレッスンなので、5本のトピックの中からまたさらに違うトピックを選んでそれを繰り返しました。なので、1つの回につき、3つか多くて4つ。

これが練習になりました。

自分がとっつきにくいものも即興でスピーチを作っていかないといけなかったから。

スピーチは相変わらず普段のおしゃべりから派生したようなお粗末なものですが、今週に限ってはほぼ毎日1時間、多い時はお友達ともやったので、もう少しできた日もありました。

新しいものから順番に過去にさかのぼってやったのですが、やっているうちに、

似たようなお題で少し変えてあるお題に遭遇して、その時は以前に言ったことをなんとなく思い出してやっていました。それと、出来が悪いなと思ったものは「もう一回やる」と同じお題でスピーチを作り直すことも何度かやりました。

本番では、過去問CDについている冊子をもってそれを見ながらまた待っている間に一人即興スピーチをするんですが、今回はそこで、即興スピーチを作りながらいくつかは書き出しました。

本番で、気が付いたのですが、

過去問、もしくは酷似の問題が出ていました。私が手にしたカードには自分でわかるだけで2本。

即興しかやっていない今日この頃なので、なんとなくやった記憶のあるものにすぐに集中して理由を二つ頭に浮かべる作業をしました。メモできたらいいのになあといつも思います。できないのが規則なので、二つの理由を何度も反芻してその周りを巡る(理由を考える)グルグル回る感じです。

スピーチは相変わらず何度も言い換えてしまう癖が出て、間違いをたくさんマイナスされてるだろうなあと思います。今回は前回の反省を踏まえてがんばって理由は二つ言いいきりました。

質疑応答は聞かれた質問に思いっきりたくさん答えたので、試験官がもう一つ質問しようと話し出したところで時間切れとなりました。"I want to discuss more."と付け足して笑顔をいただきました。予想していた自分の意見と反対の立場だったらという質問も今回は身近な例を踏まえて答えました。

試験官は優しいお二人で、おそらく試験官歴も長いと思います。若い試験官の人は口調も厳しいなあというのが長年受けてる私の印象です。おそらく試験官歴も浅い。そして若い人に当たると点も辛い気がするのは気のせいか?いや、それをも凌駕しないといけませんね。精進します。笑ってくれないひともいるんです。それで本来の力を出せない人もいると思うんですがね。でも笑ってるからと言って甘いかというとそうでもないんですよね。あはは。


前回ぎりぎりで不合格になったので、合格できたかどうかもよくわかりません。もともとない自信をさらに喪失しましたしね(笑)

他の英語の試験も受けているので、最近は英検のあのディベートやデスカッションから出来上がったと思われる形に自分を追い込むことに少々つらい自分もいますが、(我が家にはそういうのが得意な人もいますが、私は苦手です)

練習は確実に力になってくれていると信じたいです。オンラインで毎日付き合ってくださった先生に感謝です。「次回からこの模擬試験風なのはしない」と言ったらちょっとうれしそうだったような(笑)
話題がかなり堅いのも事実ですしね。日本のことを知らない人にいろいろ説明するのは勉強になりました。

今日は子供も試験で、夫が出張でいなかったので、昨日と今日は夫に代わって子供の模擬面接もやり、子供を試験会場まで送り、最後に自分が試験会場にたどり着くというリレーでした。

おわったことなので、今はさばさばしています。不合格の時にご報告するのがつらいなあ。

でも、何人もの方が、「angelさん、応援しています!私(僕)だけでなくみなさんきっと応援していますよ」と書いてくださっていました。うるうるです。

そんな声にお応えで来たかどうかはわかりませんが、できることをやって、ベストを尽くしてきました。

明日から何か変わるかという言うと、

ほとんど変わりなく、毎日の取り組みを粛々とまたやる日々です。

音読生活をやり続けるだけ。あ、お風呂暗唱は宣言してから毎日続いています!朝と夜で回数が2000回を超えるのも夢じゃない感じなんですが、今だ毎日発見があるのも驚きです。舌の位置とかすごく敏感になれます。

そのせいかどうかはわかりませんが、この間はじめてお話した大学の英語母語者の先生に、「あなたは外国に住んでいたことがあるのね」と言われました。ちょっとうれしかったです。それに、横で出張から帰ってきた夫が見ていたシンゴジラで出てきた日系アメリカ人役のお姉ちゃんの英語を子供が聞いて、「ママの英語の方が好き」と言ってもらえた。えへへ。なのでまたはりきって練習中。

道は果てしなく遠く、たどり着くかわからないけど、

それでも歩き続ける私です。

よければ、ご一緒に!

また一緒にがんばりましょうね。

あ、書いてるうちに日付が変わってしまいました。

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

英語を使おう

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

英検1級2次まで残すところあと2日となりました。今回はなんとか自分のスピーチの原稿を用意できたらと思いながら、そこまでいたらず、スカイプのレッスンを取って英検仕様で即興スピーチをやっている状態です。

それをできるのは一日にほんのちょっとなので、あとはやっぱりながらでいつもの英語の取り組みです。

今日はそういうこともできない一日でした。でも英語漬けでした。

英語で教える授業を見学する機会をいただいて、それを教える外国人の先生とお話して、朝から午後までずっと英語漬けでした。

充実した一日。

それで、英検のスピーチができなくても、その一日が命取りになったとしても、

英語を使っている自分。

試験で自分があまり知らないかもしれない話題で無理やりスピーチを作って話す。

自分の仕事に関係のあることを深く英語で話し合う。

スピーチの準備が間に合わなくても、英語で意見を交わしていることの方がやっぱり大事じゃないかと思いました。

テストが悪いわけではなくて、大事なことを見失わないでテストを受けよう。

試験は手段です。試験を目的にするのではなく、英語力をあげるためにやっている。

その点数は励みにしてもいいけど、その使い方を間違えてはいけない。

合格を目指してがんばって、そのあと受かっても受からなくても、

あなたは確実に努力しているのです。試験中と同様に、試験勉強をしている間は英語を使っている。

そのことが大事だと私は思います。試験は強い動機です、合格を目指して頑張れる。それを利用するのはいいこと。

そのあと、それに酔いしれたり、英語をやめてしまうのではなく、優越感や劣等感をなるべく早く振り落として、

本当の目的に向かって歩き続けることが大事。

今日はもう一つうれしいことがありました。間接的に、去年教えた生徒が「今年はangel先生に教えてもらえなくて本当につらい。angel先生に教えてもらいたかった」と聞きました。

必要とされる英語教師が私の一つの目的です。英語ができるようになることと、成績をあげてあげる、テストに受からせるのと同時に、

英語を学ぶ喜びを知ってもらうことが大事だと強く思いながら教壇に立つ日々です。それが伝わった、その一瞬を味わうために血のにじむような努力を続けてきたし、今も続けています。だから試験も受けています。

もっともっともっと英語を使えば、試験を超えて英語ができるようになる。


そう思えば試験も怖くないです。いやちょっとは怖いですかね。また落ちるんじゃないかと思う気持ちは痛いほどわかります。実際にここに一人いますしね(笑)

さあ、最後のふんばり。出来るときに、できることを。いつかたどり着くあなたの目的に向かって、

歩き続けましょう。ゆっくりでもいい、立ち止まらないぐらいにゆっくりでも。

一緒に私も横で歩いています。

一緒に頑張りましょうね。

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

ヤダヤダヤダ

今日もお越しいただきありがとうございます。

映画やドラマ、小説などで面白かったり、気になった表現の備忘録です。何て言うシリーズにしようと思ったんですが、タイトルに使いたかったので違うカテゴリーに入れてみました。こんなカテゴリー作ってたんだ(汗)


読んで聴いて、使ってみたくなるような言葉たち。

まずはタイトルの言葉です。駄々こねてるわけでもないですよ。あ、気分は「英検2次ヤダヤダヤダ」ですねえ。

audiobook聴いてた時に出てきたんですが、他の作品でも聴いたことがあるし、インタビューとか聞いてるとたまに言ってる人がいます。


yada yada yada
と書きます。発音はまさに「ヤダヤダヤダ」です(笑)でも「ヤラヤラヤラ」にも聞こえるんです。ダの発音が日本語と微妙に違うからかなあ。もちろんインフォーマルな言い方ですが、こういうの結構好き。機会があったら是非使ってみます。

もっと簡単で正式な類語は

and so on

「などなど」と言いたいときに使います。

もう一つはお馴染,今がんばってなんとか隙間を使って見ているこちらの作品から。シーズン5のDVDが横で待っている(汗)
images (5)
イザベル役(右)のペネロープ・ウイルトンがマギースミス(左)です。この二人のシーンで出会った言葉です。バイオレット・クローリー伯爵夫人が使用人が自分の大事な骨董品のペーパーナイフを盗んだと、クビにした時、どうしても信じられないイザベルはバイオレットの留守に乗り込んで椅子の下からナイフを探し当てます。

そのときに「あった!」と「やった!」という両方の意味と喜びをいっぺんに表すような瞬間に使う言葉を言いました。

Eureka!


日本では、カタカナでユリイカとかも言うようです。ユーリカモーメント Eureka momentもよく見かけます。子供の通信教育で取っていた「知の翼」の別口みたいな講座のタイトルがユリイカでした(笑)

英語の発音はコチラ [ju(ː)əˈriːkə]
ユーと、リを強調します。これ聞いた瞬間むっちゃうれしかった私ですが、字幕なしで見てるので、実際どういう日本語が貼られているのかわからないのです。ご存じの方がいらっしゃったら是非教えてくださーい。「あった」だけだとどうも物足りない感じになっちゃいますよね。

こんなこと書いてる暇あったら、あんた英検しなはれと言われそうですね(汗)どうも今は寝ないといけない時期に突入してしまって、やばいです。

雑談にはこういうの、とっても重宝するんですが、やっぱり面接では使えそうにないですねえ。

ちょっとマニアックですみません。私は面白い表現に出会ったら、まずポストイットとか、手帳とかにメモして、そのあと、夫に「この表現知ってる?日本語でこういうの英語でなんて言う?」とテストします。そのあとこれを書くと結構覚えれるので、ありがたいです。

win-winですね!

言葉って面白いですよね。みなさんにも受けると嬉しい。

読んでいただきありがとうございました。

また一緒に頑張りましょうね!


個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

どこでも英語

今日もお越しいただきありがとうございます。前回の記事に反応していただいてうれしかったです。英語学習じゃないネタもよく書くんですが、反応がないと正直ちょっと寂しかったりもします。ありがとうございます。

スコーンが好きとか、いろいろコメントをいただいたのですが、クランペットのことを書いてくださった方が複数いらっしゃいました。クランペットは食べれるお店を見つけたので行ってみたいなあと思いました。→勉強しないでずっとぐるなびを見続けていた女(汗)

このところ毎日お出かけの私です。

この3日間家族のためにずっとアッシー君(死語を使いたかったりして)に徹しています。まずは親孝行に母が行きたがっていて、車でしか行けにないところに行きました。それが二日続いた後、

今日は子供がまんがの原画展におさななじみと行くときに、ちょっと遠くて車で連れて行きました。子供がお友達が無理してお金をねん出して入場料を買って一緒に来てくれるから、なるべくお金を使わせたくないとお願いされました。往復の電車賃は中学生にとっては大金ですからね。お友達はほんとにいい子で二人が穏やかに一緒にいるのを見るのがとても好きです。よっしゃまかしとき!と子供たちを送って、お迎えまでの間、時間をつぶすべく近くのIKEAに行ったが最後、インテリア熱が再発しそうですー。ついでに横の東京インテリアまで見てしまった。

インテリアブログもずっと止まったままなのですが、わざと止めています。英語ができなくなるし(汗)

結局最後はIKEAのレストランで勉強してました。

でも、英検2次はちょっと無理なのでほかのことですがね。IKEAのテーブルで勉強するおばちゃんは私ぐらいだったかも。

それでも、実はpodcast newsもノルマを果たして、今日聞き始めたaudibleは5時間以上も聞いちゃいました。最後は明日のお弁当作りながらです。明日はサンドイッチ。

スコットランド訛りがたまらないなあ。IKEAにいても心はスウェーデンじゃなくて、スコットランドにいました(笑)

どこでも音読生活ができないときはどこでも英語生活で切り抜けます。子供のお友達が乗ってる車の中やIKEAでぶつぶつはさすがにできないですねえ。

私の生活は英語漬けでもありますが、常にいろいろなことのバランスで成り立っています。
家族の一員としている以上それは仕方のないこと。一番大事なのは家族です。

英語じゃない。はず(汗)時々英語になってたりして。

主婦であり、英語講師であり、母であり、妻であり、英語学習者であり。

どれも中途半端だけど、そんな人もいていい。
仕事もしなくちゃいけないし、それに伴って教えることも学ばないといけないし、英語の力もつけないといけない。でも、趣味の英語読書だってしたいし、たまには映画だって見たい。

どれをとってもひとかどの人にはなれなくても、それが心地のいいことでもあります。

ブログも趣味でこうやって綴り続けることが心地がいいです。

自分が英語力があるということを誇示しようとするのではなくて、英語力をつけようとがんばったり、趣味を極めるためにブログを綴っているというのがまた心地よく感じます。

そして極め付けがこんな私でも誰かの役に立っていることもまた自分のエネルギーになっています。

ブログや動画、SNSは不労収入の入口みたいな感じがするこの頃、

一番大事なのは読んでもらってほんの少しでも共感を得ることだろうなと思います。

なんとか家族孝行も一区切りしそうなので、来週から試験勉強を増やせたらと思っています(汗)毎週英語でおしゃべりするお友達も「angelさん、来週は英検手伝います!」と言ってくださっています。ありがたいなあ。あまりにできない自分がいるので、来週だけはオンラインレッスンを増やしています。焦るなあ。

それでも、できるときにできることをモットーに頑張りたいと思います。

読んでいただきありがとうございました。

また一緒に頑張りましょうね!

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

イギリスの好きな食べ物

今日もお越しいただきありがとうございます。前回のお風呂音読はちゃんと続いています!3日坊主にならないようにしないとですね。

今日はお腹すくお話です。ご飯食べました?

私がイギリスが大好きなのは、すでに読者のみなさんの周知の事実。ですよね?おそらく英語そのものよりも、文化や歴史の方が好きで英語をやっていると思っています。ましてや英語のテストはいわずもがな。だからテスト受けても全然萌えませんー。日本ってなんか特殊じゃないかなあと思ってるのは私だけ?いや、ガンバリマスがね。くうう。

多分最低6回はイギリスに行っています。7回だったかな。覚えていない(汗)友人の家に泊めてもらったり、B&B、とホテルといろいろ分けて泊まり歩くのが常です。子供のお受験がはじまって、さらに犬を飼ったのもあって家を長期であけにくくなったのもあって、なかなかいけない今日この頃。くすん。子供も犬も金食い虫だしー。最近は夫が年に何度も海外出張に行くのでちと羨ましい私です。

秋からオンラインレッスンを変えて、個人レッスンでいくつかお願いしているんですが、そのなかのおひとりがお友達が紹介してくださったイギリス人の先生。

今回のテーマの一つが食べ物についてで、「今無性に食べたい食べ物は何?」ときかれました。

私が大好きなのもの、つねに食べたいもの、イギリスを訪れたら必ず食べるもの、日本にいても定期的に自分で作って食べるイギリス料理があります。

こんな話題を私に振ったが最後、次々出てくるイギリスの食べ物の話に大笑いしてくれました。

まず、これ。これに目がないんです。探したら出てきますね。
Roast beef & Yorkshire puddings
images (2)
ローストビーフじゃなくて、左のヨークシャープディングをこよなく愛する私です。イギリス人にそれを言うとかなり受けます。でもロンドンにいるときに食べたいといったら、なかなか見つけられなくて、友人の同僚の人がたまたまヨークシャープディングをランチに出している店を知っていて教えてもらって一人で食べに行きました。

最後に子供といったイギリスではヨークにも滞在したので、もちろん食べました!名前の通り、ヨークではけっこうある。

お魚のフライでフィッシュアンドチップスも有名ですが、我が家は魚派じゃないので、結局横のチップスばかり食べてました。フィッシュアンドチップスはそのおうちのママが「疲れたから今日はほか弁」的なノリとまったく同じ感じで食べことが何回かあります。NZでもそうでした。揚げ物の入った紙袋をびりびり広げてテーブルで食べたりもしました。どちらかというとお昼にちょっと食べる感じです。

ヨークシャープディングはイギリスのスーパーでは冷凍で売っていますが、こればかりは持って帰れないので、自分で作っています(笑)

スーパーと言えば、行くと必ずスーツケースに詰めて帰るものはこちらです。もしくは友人が来日するときにどれかを必ず頼みます。

Strawberry crisp
ダウンロード (11)ダウンロード (10)
ジョーダンズより、私はなぜかTescoのが好きです。妙に好き。「テスコに行きたい」とテスコを探す私です。滞在先になかったら、スーパーで買って毎朝食べてました。

Bisto
ダウンロード (12)
即席グレービーソース。日本のローストビーフソースとは違うのです。この薄味な感じがなぜか好き。これを頼むとみんな大笑いして買ってきてくれます。

Yorkshier tea

ダウンロード (13)
ミルクティーにはこれです。ロンドンや空港ではポッシュなフォートナムメイソンも買うけど、家用にはこれです。

そういえば、つい先日子供が「ママ、イングリッシュフルブレックファーストが食べたい」というので、何でか聞いたら、舞台がイギリスのアニメをみて自分も同じようなものを食べたことがあるのを思い出して食べたくなったそう。

うちの近所にはないんですが、元同僚のイギリス人に聞いた、本格的なフルブレックファーストが食べれるパブを聞いたことがあるので、おそらく車で1時間以上かかるんですが(汗)家族で行ってみようかという話をしていました。うう、食べたい。

こんな感じです。太りますが・・・。
English full breakfast
ダウンロード (9)
最近はイギリスでもフルブレックファーストを食べれるホテルも減っているようで、昔泊ったおしゃれなコベントガーデンのホテルもコンチネンタルでがっかりでした。田舎に行くとけっこうあります。イギリスの家庭ではシリアルとサンドイッチ用ぐらいの細さの耳付パンをカリカリに焼くというのが定番。コンチネンタルですね。家族で私の友人の家に滞在した時にわざわざフルブレックファーストを出してくれるカフェまで連れてってもらいました。まさにこんな感じでした。

このグリーシーさがたまらない。トマトも焼くとすごくおいしいですよね。

他の友人の家ではこれにオレンジを割って絞るオレンジジュースの機械で生オレンジジュースがついていたので、子供が超気に入っていました。それも珍しい。

ブレックファーストもですが、アフタヌーンティーにこれも食べたい!
イメージはこんな感じです。
Scorn with clottette cream & jam
images (3)
スコーンも大好きです。私が初めて白いクロテッドクリーム付きのスコーンを食べたのは、ヨークに留学している時です。ホームステイ先のママさんが湖水地方に連れて行ってくれた時に食べさせてくれました。白い方のクロテッドクリームも初体験でした。

家族でコッツウォルズに行ったときにはこのスコーンが有名なお店を教えてもらってまさにこんな感じのスコーンとミルクティーでアフタヌーンティーしました。私はジャムはつけるとしたらやっぱりストロベリーが好きです。ううやっぱり食べたい。

イギリスの食べ物の話で面白いのはちょっと古いかもしれないけどリンボウ先生の「イギリスはおいしい」という本です。興味があったら是非読んでみてくださいね。

オンライン英会話で盛り上がって、記事が一つできました。これを胸に次回イギリスにいくことを夢見てまたガンバリマス。

みなさんはどんな週末をお過ごしですか?

私はもっとテストの準備をしたいところですが、家族孝行もしなくちゃいけないので、出かけることが多いです(涙)まあ、家族持ちなので仕方ないですね。

みなさんはどれが食べたいのありました?よかったら教えて下さいね。人気投票したら面白いかもー。

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

記事検索
ギャラリー
  • 2017年 第3回 実用英語技能検定
  • 速度は遅いけど
  • 温床
  • ヤダヤダヤダ
  • イギリスの好きな食べ物
  • イギリスの好きな食べ物
2017年の洋書本棚
2016年の洋書本棚 50冊
2015年の洋書本棚 60冊
2014年の洋書本棚 35冊
2013年の洋書本棚 50冊
2012年の洋書本棚 95冊
2011年の洋書本棚 50冊
2010までの洋書本棚 34冊
  • ライブドアブログ