英語で何て言う?

「よくもまあ」って英語でなんて言う?

今日もお越しいただきありがとうございます。

英語読み聴きしてて、頻繁に出てくる表現を見つけるとつい書きたくなるこのところの私です。好評なのが嬉しいし。

まず受験英語のオーソリティー?である夫に(超進学校の英語の先生)に「この日本語を英語でなんて言うか知ってる?」と試しています。この間もGood riddanceを教えてあげて、早速職場の英語母語者の先生に「こんな表現を覚えた」と言ったら、「ほお」と褒められたそうです。うふふ。普段は文法、語法で世話になってるけど、たまには私が教えることもあるのだ。

これは教科書には出てきにくいような。問題集であったかな?あまりにも頻繁に目に耳にするので、麻痺しています。

小説とか映画やドラマでは当たり前です。

でも、これも使わないほうがいいかもです。そんな状態に陥らないほうがいいということですね。怒った時につかうものですから。


「よくもまあ」
って表現ドラマでは当たり前。私は歴史ものをよく読み聴きするのでドラマしてる場面では必ずセリフの一つです。



How dare you!


「ハウ、誰 ユー!」じゃなくて、「デア(ヤに近い感じ)」ですね。

「よくまあそんなこと言えるわ」は

How dare you say such a thing (to me )!


そんなこと言うなんてあんた何様?dareは助動詞で「恐れ多くも、向こう見ずに、あえて」という意味を加味しま?す。!マークなので、感嘆文ですが、?をつけてる疑問文が下の写真の例ですね。どちらもあるようです。

子供が親に偉そうなことを言った時に親が使うというシーンでもよく登場します。この間”The Glass Castle”という小説でも出てきたし、これも会話で使われる頻度、喧嘩とかのシーンであればすごい確率で出てきます。

I dare say. なら「あえて言うよ」となります。こちらだと受験英語でも出てくる可能性が高め。

dareをつけるのは、普通ならわざわざ言わないけど、わざというときに使う感じです。仰々しく聞こえます。

ご存じこちらでももちろん使われています。ご存じハリポタ。ググったら出てきた。
ダウンロード
とにかくドラマや映画で出てこないことはないような。ハリーがスネイプ先生に「よくもまあ、ダンブルドア校長の座にのうのうと居られますね」というシーンだったと思います。違ったらすみません。

ほんとに出てきます。私が今見ているGame of Thrones(相変わらずBGMでセリフをきいて、家族に呆れられている私)クイーン、セルシが弟ティリオンに言ってるシーンがあったような(笑)でもDownto Abbeyでももちろん出てきてたと思います。今聴いているaudibleでもこのセリフなしには済まされません。悪役多いし(笑)それ聴いてて出てきて思いついたのでこれ書いています。

で、やっぱりこれも見つけました(笑)例のやつ。
ダウンロード
どないなってるんやろ・・・。これどう対応するんでしょうかねえ(笑)

またドラマなどででてきたら、「お、出てきた」と思い出してくださいネ。

読んでいただきありがとうございました。


個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。 

「せいせいした」って英語でなんて言う?

日もお越しいただきありがとうございます。

もうね、全然自分の英語できてません(涙)車関係でかなり時間がつぶれるし、疲れてくる夕方は体がだるく熱くなってくる(要するに微熱が出ます)ので、休憩(というか睡眠)タイムだし、おまけに定期テスト作成時期なので、バタバタしています。今年はどうも停滞期だと思ったほうがいいかもー。くすん。

でもなんとかまずはテストの第一稿(なんて偉そうなものでもないですが)ができたので、

ちょっとすっきり。せいせいしました。

これ、ちょっと無理やりですね(汗)そう、久々のなんて言う?コーナーです。読み聴きした小説やニュースで気になったものを挙げています。案外、隠れ人気コーナーなんです。(拍手が多くなるとうれしくなってまた書きたくなるので面白そうな表現を探したりなんかして(笑))

やたらに耳にするので備忘録に入れとこうと思って書いています。

見ていたドラマ2本でもでてくるわ、本読んだり、聴いたりしてもわらわら出てくるわで、その確率は80%ぐらいな感じ。いやもっとかも。なので、日本語なしに先に入ってしまいました。文脈で状況でわかる理解の仕方。そういう学び方がいいとも思うのですが、だめ?英→英の直回路なんですがねえ。日本語出来ないと怒られることも多いしなあ。くすん。

「あの人がいなくなってせいせいしたわ」という言い回しです。私はあんまり使うことはないなあ。あ、思われてるのはあるかもしれないけど(笑)

Good riddance.


ググるとほかの表現もあって、もっとダイレクトで意味が分かりやすいけど、私がこのところ連続で耳にするのは断然この表現でした。

指しているものがモノでも言えます。

ダウンロード (16)私が遭遇した例は、たいてい「あの人がいなくなってよかったわ」「トーマスがやめるのはちょうどいい」てな感じ。これどこのドラマかわかる人も多いと思います(笑)英語でしかきいてないので違ったらすみません。しかしあのドラマって・・・。トーマスは役はすごい役だけど(うまいですよねえ)端正なハンサムさんですねえ。


GOTでもSeason 7でも使われていました。どこだったかなあ。また見たときに確認してみます。


人のことを指して言っているのが大多数でした。ドラマや小説で頻繁に目に耳にするのですが、もちろん入試英語とかでは見たことないです。会話で使う頻度が高いみたいです。

文頭でいきなり使っている例が多かったです。決まりセリフという感じ。続けるとしたらto
をつけます。

Good riddance to bad rubbish.という表現をいくつか見ました。

他にもこんなのもありました。
images
こんなのモットーにしないほうがいいような(笑)シリーズの過激版ってところですね、買えます(笑)

今日は備忘録でした。ドラマなんかで出会ったら、「あ、出てきた」と思い出してくださいネ。

ああ、英語のお勉強しないでこんなことばっかりしときたい今日この頃です。でもそうはいかないのでなんとかガンバリマス。

読んでいただきありがとうございました。

明日も頑張りましょうね。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

小説や映画、ドラマで英語を知ろうの巻 ③「会えて嬉しい」

今日もお越しいただきありがとうございます。ほんとに暑い日がつづきますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。母の体調も気遣ってくださる方もいてほんとにありがとうございます。退院してから、その時にごそっと減った体重が戻らず、夏は食欲もなくなるので、なかなか大変そうです。以前からですが、このところも東京オリンピックを観たいというのが口癖になっていて、私も毎日祈る日々です。

さて、今日は英語でなんて言うのネタが一つ残っていたので、ちょっと休憩しちゃうついでにUPさせていただきます。

昔読んだこの本、これは一度ネタにしてブログに書いたかもしれません。実は人に差し上げてしまったので手元にはないのでもう確かめようがないのですが。余裕があった時には家にあるペーパーバックを応募していただいて、差し上げていました。今はkindleに移行しているので、ずいぶん本も減りました。
学校でseeとmeetは同じように使うと教えます。そうしないと収集つかないのもあるから。

でもこの本でバリのシーンだったかな。英語がつたないおじいさんと主人公が会話するときに、
"Nice to meet you."と"Nice to see you."はつかう場面が違うとおじいさんにレッスンするシーンが出てきてからは、授業でネタにさせてもらってます。そういうのが結構生徒は好きだったりして、よくメモしてます。

Nice to meet you. は「はじめまして」
Nice to see you. は一度会った人に対して「会えてうれしいです」


英語を読んだり聞いたりしていると、これ、ちゃんと分けて使っているんだなあとよく思うことも多いです。簡単なんだけど、意識がないとスルーしちゃいそうですよね。

あ、ご存じだったらすみません。こういうのを知るとけっこうへえボタンな私です。備忘録として残しときたくて記事にしました。あ、こういうこと知ってても別にテストとは無関係ですよね。あはは。テストだと出し方をかなり工夫しないとどちらも正解となりえるので、出せない問題ともいえるかも。でもこんなことの方が日常では大事な気もするのですがね。

日本語ではひとくくりにされてしまう表現も、英語だとシチュエーションで変わる場合もあります。逆に英語だとなんだか情緒がない表現が日本語だともっと細やかな場合もある。

これ読んだのは、もう何年も前なんですが、今だ覚えています。

やっと週末ですね。暑いので少しでもお体休めてくださいネ。私もちとヘトヘトです。ヘトヘトなりにも一緒に頑張りましょうね!

読んでいただきありがとうございました。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

英語で「こんにちは」ってどう使う?

今日もお越しいただきありがとうございます。暑くなってきましたね。皆さまはいかがお過ごしですか?前回の記事にも、いつもいつもですが、思いやりあふれるコメントくださる方々に感謝です。英検の時は読み逃げの人が超増えるので(笑)よけいにありがたいです。たくさん訪問者が来てくださるのはありがたいけど、優しい読者の方が多い方がやっぱりいいですもん。

英検を受験したことで週末がつぶれて仕事が立て込む、暑くて夏バテ、冷房で体が冷えてだるいという悪循環で寝てばかりですが、仕事は待ってくれない。仕事が遅いのでなんとか今日中にしないといけないのになあ。くすん。微調整がきかない体を持て余しています。耳ではドラマを聴きながらです。しかし1から聴き直すと、今更ですが、先を見越したような伏線やセリフが満載ですねえ。すごいなあ。今日中にシーズン1は聴き終わってしまいそうですが、7までに全部のシリーズを制覇するのはおそらく無理です(笑)あ、やりすぎ?なんとか気を紛らわしながら、途中昼寝を挟みながら仕事してるんですが、もう飽きてきて、

これ書いています。

またふと思い出したので、ちょっと軽めのなんて言う?シリーズを書いてます。

「こんにちは」「やあ」(「やあ」はなんだか英語の翻訳っぽいですよね(笑)日本語では実際には声に出して使われていないような)など、誰かと会った時に英語でどう言います?

Hello. Hi!

最近、特にアメリカが舞台だと、頻繁に使われているのが、

Hey.です。ホンマホンマ。

一応英語母語者にも裏とりました。笑顔でHeyでっせ。見聞きしてると、若い人は特にHeyを連発しているように思います。

HelloやHiはかなり古めかしいらしい。でも老婦人にHelloと言われると私は気持ちがいいですし、Hiもちょっと距離がある場合なら普通に使われていると思います。

私がイギリスで下宿していた時に、Land lady(家主のおばちゃん)がいつもすごく抑揚をつけて"Hello."というのが大好きになって、そっくりまねするようになりました(そのころからマネがうまかった)時々家で電話に出ると、よく本人に間違われてまわりにかなり受けてました。その言い方を今でも使うので、未だHelloと発しただけで「うわっ、すごいブリティッシュ」と笑われます。あ、そういえば、オンラインレッスンでも「Hiと発しただけでブリティッシュイングリッシュだって思った」と何人もの人にいわれました。わはは。

私は日本語母語者なのとおぼちゃんなので、英語で話すときは、Heyはなんとなく抵抗があります。だから間をとってHiが多いです。でも、赤ちゃんとかにはHelloなような。大人も赤ちゃんにはちょっときちんと感を出しながらゆっくり簡単な基本的な言葉からですものね。要するにHelloはちょっと仰々しい感じが出るということだと思います。

改まった感じの時はHello.それもちょっと抑揚をつけて言うのが大事です。フラットにこれを使うとすごく失礼な感じ。それならHiのほうが愛想があります。その場に合わせてHelloとHiとHeyを
使い分けるのがよさそうですね。

挨拶一つでもちょっとしたニュアンスがありますね。ご存じの方も多かったらすみません。簡単だけど、侮れないことも多いなあと思う私です。

皆さんはどれ使われていますか?

では、仕事に戻りまーす(涙)

読んでいただきありがとうございました。

また一緒にがんばりましょうね!

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

小説や映画、ドラマで英語を知ろうの巻 ①「クラブのレギュラー」って英語でなんて言う?

今日もお越しいただきありがとうございます。今日は英検の2次だったかたもいらっしゃるでしょうか?どうか皆さんが合格してますように!という私もお尻に火がついてくれないかなあ。くすん。体がついて行きません。寝てばかりで、起きてまたブログ書いてちゃだめですね。

ご質問というか、ご本人は答えがわかっている状態で質問をうけました。久々の「英語でなんて言う?」コーナーです。案外隠れた人気なんです。これまたお待たせしてすみません。

私のブログの記事の「クラブのレギュラー」という言葉にお友達が反応されて、コメントで「angelさん、英語ではregular memberとか regular playerじゃないですよね。これですよね」ともう一つの言葉を教えていただきました。それを英語母語者に確認してみたらその通りでした。

varsity player(競技によって他の名詞も入ります)とか
varsity
で使うそうです。名詞と形容詞と両方あるようですね。

アメリカのドラマで使われていたそうです。おお一つ賢くなりました。運動では球技で多く使われようですが、ドラマでは水泳の代表選手を示していたそうです。

varsity player以外の二つはものすごくあいまいで、日本以外では通じないかもとさえ言われました。なので和製英語と言ってもいいかも。regularの意味をもともとカタカナが取り違えて使われているような感じですものね。ほんまにカタカナめ。

ちなみに学校で”club activity”という言葉を目にしないことはあり得ないほど頻繁に生徒が書く英語ですが、実際にはこの発想がないそうです。これも実は和製英語に近い感じだそうです。

英語があってても、その発想自体がないので、すごく不自然な英語が多いとよく言われます。

ものすごく面白いと思ったのですが、日本人の群れる、グループに帰属意識を持ちたがる性質の表れなんだなと思いました。

「クラブ活動に行く」じゃなくて、もっと直接的に例えばテニスクラブでテニスをしているのなら、

I play tennis after school.とテニスに重点が置かれる感じだそうです。クラブに参加することじゃなくて、テニスをすることが大事なわけですね。クラブ活動が大事じゃない。そこに文化の違いを感じます。個人主義のほうが勝っているのです。日本ではとにかく帰属意識が大事。仲間がいないと勉強できない状態の人も多かったりします?人間は一人じゃないということを感じることは大事ですからね。仲間意識に頼りすぎないのなら、それは健康的だとは思います。もしそれが一人でできるのなら、もっと強みがあるかも。まあ、学校でアクティブラーニングが流行るのも仕方ないかなあ。昔と違うってことですね。遊びながらしかできないのか、起きれないのか、生徒達よ。→ちょっと愚痴ってみる。

これもよく外国人から聞くのですが、日本の体育祭とかのあの一糸乱れぬ組体操やダンスも人によっては奇異に映っているのです。もともと軍隊から派生してますものね。全体を見るか、個を見るか。

お友達も同じことを教えてくださいました。”She belongs to the field athletic club."と言ったら、”She does tracks at school."みたいな感じで直されたそうです。

意識の向け方が日本語と英語では違うことに妙に感心する日々です。

英訳、和訳もいいですが、文字通りの日本語を英語にまたは逆でも、そのまま変換すると変になってしまうこともけっこうあるので、その柔軟性はやっぱりその言語を使われている世界にどっぷり触れることによって文化や習慣を理解したり、感覚を得られるものかもしれません。

生徒を見ていると、日本語をそのまま一字一句英語に直してパズルのようにはめ込むことが多いです。子供だけじゃないですよね。日本語にはめ込んで理解を促す方法をとっているのでそれはある意味仕方の方のないことかもしれないけど、英語らしく表現するにはまったく足りない状態。自分もまだまだだと思いながらです。

日本語と英語の違い、小さな違いがほんとに難しいなと思います。

一生学習者な私です。

ネタ提供ありがとうございました。これ書いてるうちに他にも思い出したので、また書いてみたいです。

個別にはお返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

「ギョっとすること」って英語で何て言う?

今日もお越しいただきありがとうございます。早速北海道の方々からコメントが(嬉)案外家の中が暖かそうです。ストーブ派も多そうですね。海外からきた同僚の先生がよく言ってました「家の中が寒い」セントラルヒーティングになれてるとそうなりますね。

あとは、同じくマンションにお住まいの方は床暖房がいいと。うちもヌックあるんですが、我が家の家計にとってはすんごいガス代なので、ガス系は今はガスファンヒーターにしています。朝中心です。でもこれ以上寒くなったら床暖の出番があるかも。実は我が家では、人間は私一人が寒がっているだけなんですがね。

今日はもう、ギョギョッとするほど寒い私でした。私もさむがり、愛犬もさむがり、二人でガクガクブルブル。今は羽毛のベスト着てるので、ファスナー開けて愛犬入れてると一石二鳥です。

「ぎょっとする」、というのはどういうのが英語であるでしょうか?

要するに驚くということなので、これも「驚く」で調べるとものすごくヒットします。驚くにも、怖いからとか、いろいろあるから用途も様々ですね。

surprising オーソドックスですね。

amazing これも学校で習います。

shocking カタカナと一緒だから使いやすい。でもネガティブな印象ですかね。

flabbergasting 私この言葉を言うのが結構すきなので、よく使います。相手にフフッと笑ってもらえることもあります。

調べるといくらでも出てきます。ニュアンスが少しずつ違うし、みなよく驚くからこのあたりの言葉は豊富なんですね。

確かCBSニュース聞いてて出てきたと思います。映像が浮かぶような表現。これ使って見たくて、この記事書くことにしたんです(笑)

eye popping

images (1)
実際は何かの統計の数字に対して「驚くべき確率で」という感じで言ってました。画像を貼ろうかと見てみたら、ほんとにeye poppingしてる人の写真が(汗)それはちょっとコワいので、可愛いの選んでみました。

しかし、これまたカンタンですよねえ。聞いたら「ああ」と思う表現でもいざ自分が話すとなると使えていない。こうやって書いとくと、けっこう残りやすくって、今度はそれを家族にクイズ形式で出してみて、チャンスがあれば英語で話す時に使う。この3段論法で随分のこりやすくなってはいますが、まだまだ修行だなあと思う毎日です。

この手の動詞たちは過去分詞(ed)にすると「自分が驚く」となる族の動詞たちですね。

「ぶったまげたあ!」は"I'm flabbergasted!"となるのは学校で習いますね。よく例として使うのが、「みんな、I'm exciting.なんて言うたらあかんでえ」です。なんでかって?いや、ここでは(汗)

驚くほど寒いだったら、副詞なので、
"It was surprisingly cold today, wasn't it?"となりますね。

今日で高校のお仕事は一応仕事納めな私です。今日は成績をつけたりいろいろ雑用で2校を駆けずり回ってきました。ぜいぜい。でもちょっとうれしいのでブログ書いてます。明日はまた別のお仕事があるんですが、それが終われば、

冬休み!

明日なんとかがんばってきます。そのあとは散らかりきったおうちをなんとかしないとなあ。またアイロンたまってますー。

なんとかまた耳だけ、ながら英語の軌道修正もしたいです。できるかなあ。

それではよい週末をお過ごしくださいね。わたしもゆっくりお風呂に浸かってあたたまりますー。

ほっこり目玉おやじ
ダウンロード

読んでいただきありがとうございました。また一緒にがんばりましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

「~にはまる」のバリエーション

今日もお越しいただきありがとうございます。

苦しんでおります。ブログ書いているのはただの逃避行です。仕事から逃走中~。あ、追記です→スマホからお越しの常連の方が「拍手できなくて」とわざわざコメントくださいました。読んでいただくだけでもうれしいので、お気になさらないでくださいね!コメントもほんとにうれしいです♡ありがとうございます!

このごろはよく他の方のブログにもお邪魔してコメントも書いたりもするようになりました。感心したり、勉強になったり、1級を勉強されている人とかは応援したりとかね。一方通行なこともあるんですが、たまにはやり取りしてくださる方もいて嬉しいこの頃です。そういう方々とけっこうつながっていることもあります。ネット上の付き合いは難しいなあといつも思います。いい意味にも悪い意味に都合がよかったり、いろんな意味でカンタンに消えちゃいますからね。文字の付き合いなのでよけいです。

このブログは拍手ボタンがあるのですが、SNSの「既読」ボタンまたは「いいね」ボタンとちょっと意味合いが違うので、かえっていいような気がします。そんな中気に入ってこのブログに来てくださる方には感謝です。読み逃げの方は仕方ないとして、それでもあまり一方通行な感じもないのはその方々のおかげ。反応をくださるとブログの書きがいを感じます。

今はテストの採点中。もう授業はないのですが、先日はたまたま自分担当のテストが兼任している学校同士重なって、午前中に2校回って、午後からまた別件の授業をこなすという、私にしてはめまぐるしい一日となりました。帰宅してなんとか夜中まで採点して、いまだ終わりません。全部で400枚はある(涙)テストが集中してかえってきたので、可愛そうに思った夫が記号のテストだけ手伝ってくれました。そうでもしないとはききれません。ありがとうよ。テストが集中すると、「こんなに仕事引き受けてどうすんねん」となっております。マックスで週に25コマってのもありました。もうこれ以上は私には無理。ぜいぜい。でもって来年はどうなるか全然見えません。

はやく終わってちゃんと勉強したいです。休みはちょっとは勉強モードに入れるチャンス。でも主婦なので、どこまできるかな(汗)去年は断捨離にはまってたので、全然やってませんでしたしね。

ハマると言えば、ちょっと前まで聞いていたaudibleはかなりはまりました。後半7時間以上を二日で聴き終わってしまった。まるで火曜サスペンス劇場?あんまり見たことないけど。

私がはまっているドラマはご存じGame of Thrones。というか、他のドラマ見る暇がないのもあります(涙)じっと見る時間がない。なので、いまだ雑用の時には音声のみを聞いています。(たまに「真田丸」がBGMにもなる・・・。大音量なのでイヤホンも効かない(汗)でもなんだか真田丸とGame of Thronesのノリが似ているような気もする。三谷さんGOT好きかも~。)しかし、GOTはもう何回聞いたかな(汗)今また次の周を聞いている最中です。今はシーズン2の終わりぐらいです。聴いてたら、この間特集した"Spare me."が出てきて嬉しかった。さっきまた逃避行であの番組のイギリスのアクセントについての特集の記事を見つけてを読んでおりました。

じゃあ、英語で「~にはまる」ってどう言いましょうか?これは皆さんもご存じだと思うのであんまり役には立たなかったらスミマセン。

I'm addicted to ~.これはいまだ入試問題でもでてきますよ。ゲームの話題がちょっと前までだったけど、スマホやSNS関連も取り上げられるようになってくるだろうから、これからも出てくるでしょうね。使いやすいと言えば使いやすいですね。追記:お友達が「宇多田ヒカルの歌にたしかありました」と教えてくだささいました。そういえばありましたね。

I'm crazy about ( for )~.マドンナの歌にありますねえ。最近あんまりこの表現きかないような。恋愛バージョンという感じ?人に夢中な時は"I'm carzy for you~♪I never wanted anyone like this.♪”(音楽つきで読んでみてくださいネ)

I'm hooked on~. これが一番よく聞くようなきがします。アメリカ英語のようです。

I'm into ~.
これは「よくばり英作文」でも「英語必携表現集」でも出てきます。これが私たちが使うには無難かもしれませんね。これもまた簡単でとっさに言えそうにない表現だなあと初めて見たとき感心しました。

他にもあれば是非教えてくださいネ。仕事に戻ります(涙)

来週も充実した1週間をお過ごしくださいね。また一緒に頑張りましょう!

読んでいただきありがとうございました。 

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。 

「うのみにしない」って英語で何て言う?

今日もお越しいただきありがとうございます。いつも拍手とコメント嬉しいです♡なのでつい書いちゃう。英語でなんて言うシリーズが結構好評です。そうなると毎日英語を聴いたりしていて、「これはなんて言うシリーズ候補か?」なんてメモしている自分が(笑)

私も覚えやすいし、読んでくださった方にも役に立つのがいいですね。

毎日podcastのニュースとaudibleを全部で2時間から4時間ぐらい聞くのが習慣です。(アイロンかけ出すともっとかも~(笑))podcastの自分ノルマを聞き終わったら、ご褒美にaudibleとしています。そうじゃないとaudibleばかり聞いてしまいそうだから(笑)なので、ニュースの配信の少ない月曜日はちょっとうれしかったりする。人参作戦と読んでいます。

先日はaudibleから気になる表現を拾いました。今回はpodcastnewsから。

うのみにしない、話半分に聞いておく

は「塩」を使う表現です。私は先にこちらを知りました。

images
(take ~ )with a grain of salt 
というのはよく聞きます。ニュースでも確かTIMEにも出てきたような。面白いのでスタプラに書いてお友達のこれまた大好きなお姉さま♡にも「それここでも出てきましたよ」と共にシェアして覚えたもの。

今日聞いたニュースではこう言ってました。
with a pinch of salt.

アメリカ英語はgrain、イギリス英語はpinchを使うようです。

一度メモしたりシェアしたあと、その言葉に出会うと、「お!ここでも出てきた」となります。このブログがそのきっかけになるといいです。

「話半分できいといてや」という感じですね。我が家ではかなり出てくる確率が高い(汗)最近の鼻歌がピコ太郎になっている(オリジナル替え歌まであり)我が家の夫の話は、「パパの話は話半分がちょうどやねえ」なので、これからここにa pinch of saltと入れるとします。まあおもろさも大きいので良しとしております。
追記:羽生くんの素晴らしいスケートを見て「僕はここまで上手にできへんなあ」とテレビの前で回転しだしたので、早速”Take his story with a pinch of salt."と子供にレクチャーしときました。

podcastの欠点は、時差があるので、ニュースとしては半日から1日遅いニュースを聞くことになるんですが、短いニュースは繰り返し聞けるので、聞きながしだけの使い方にとどまらないということです。昔は同じニュースを2回とか3回、そのニュースも重複があるものを聞いていた時もありました。今は重複聞きを減らして、2回聞きと1回聞きのものを分けています。

audibleも聞いているので時間を確保するのはなかなか大変ですが、どこでもアクションが起こせるので英語漬けの毎日が可能です。最近はアプリでスマホ、padやkindleなんかで聴けないことはないけど、やっぱりpodcastが使いやすい私です。聞くのがなくなったりしたら以前も紹介したBBCのワールドラジオを流したりもするけど、(まとめがBBCのWorld Updateになって、これまた重複があって、内容が深く頭に残ったりもします。同じソースというのが効果的) やっぱり首にかけていつもお供にできるipodnanoが私にとっては一番使いやすいです。

また書いてしまった。仕事に戻りますー。今は採点シーズンです(涙)

読んでいただきありがとうございました。もし参考になったら拍手で教えてくださいネ。励みになります!

また一緒に頑張りましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

「勘弁してよ」って英語で何て言う?

今日もお越しいただきありがとうございます。今日は備忘録なので短いです。案外こんなのが好評だったりもします。そんなことない?でもそんなブログも多いような。スタプラやってないので、ついここに書くしかない。(スタプラは備忘録には適してないですがね)

今聞いているaudiobookにちょっとはまっています。かなりなヒット作のようで、アメリカアマゾンでは4000件を超える感想があったので、聴いてみました。子供が試験中でお弁当を作る必要がない分、ちょっと時間の確保ができないんですが、、聴きやすいし、甘い要素もあってエンタメ的要素が多くってつい先に進みます。

聴いていて、状況はわかるものの、日本語にとっさにできない表現があります。たいていは単語も難しくない。

今回はこの表現。

Spare me!

audibleを聞いていてこういうのが出てきたらとっさにメモするようにしています。「勘弁してよ」って日本語はでてこないですよねえ。 この間もThe President electを子供に説明しようとしたら、「次に大統領になる人」と言ってから、はたと、「あれ、なんか違う」とググって「次期大統領」と出てきたひとりでへえボタン押してました。「The next Presidentとはいわんのかいな」とアメリカ人に聞くと、「The President electが決まり文句」と教えてもらいました。Lost in translationな私です(汗)

で、ある登場人物が”Spare me."を2回ほど使っていたんですが、はたして、これを普通に使えるのか、これまた聞いてみました。

親しい間柄で使うのはまだしも、あまり使わないほうがいいみたい。あ、俗語とか、品が悪いとかではなくてです。

それと、80年代に使われていたような言葉だとも聞きました。50代60代の人が若い時に使っていたような感じとも。

「そんなこと言われなくてもわかってるよ、もう勘弁してよ」という意味なので、日本語で使うとしても、家族とか友人の親しい間柄で使う感じですね。Come on.とかも同じようなシチュエーションで使うのはよく聞きますが、やっぱり礼儀正しいわけでもないのは同じ。

こういうのはネットで調べたらすぐに出てくるんですが、使っていいものかはやっぱり聞いてみないとわからないなあと思いました。

「勘弁してよ」を調べたら、こちらの方が感じがまだよさそうです。しかも簡単。

Please!

「勘弁してください」ぐらいな感じですね。カンタンだけど、とっさに出てこない英語の数々、出てくるようになりたいですね。

簡単すぎました?すみません~。でも私には「へえ」ボタンだったので記録しときました。

読んでいただきありがとうございました。今はテスト週間です、やわな私が今回は2種類作ったので、ヘトヘトですー。なんとか乗り切りたいです。

読んでいただきありがとうございました。

また一緒に頑張りましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

「いい質問だね」のバリエーション

今日もお越しいただきありがとうございます。

ガクガクブルブル。寒いですねえ。スキー用の靴下はいて、フットヒータの上に足を乗せ、愛犬膝にのせてその上にブランケットかぶってあたたまる超寒がりな私です。しかし、横でTシャツランニング(よく見たらランニングだった(汗))一枚で過ごすおっちゃんが一人・・・。なんて温度差だ。

「最近angelさんブログの更新多くない?」と言われています。そうなんです。隙間の試験勉強がとりあえずないのもありますが、ブログの反応が以前より増えているので、嬉しくて書いているのもあります。それよりも大きな違いは、

実は体調を崩してスタディプラスで勉強記録をつけるのをやめたのもあります。

記録をつけると、工夫したり、ちょっと無理したりして勉強時間は確かに増えるんですが、

その「ちょっと無理」が重なって倒れるので、やめてみました。

タイマーで時間を計ったりするのもやめました。ちょっと慣れるまでそわそわしたけど、人間怠惰にできていますねえ。

というわけでスタディプラスは自重してますが、まだつながっているお友達もいて、ありがたいです。何人かの方々と英語仲間として頑張りましょうね!とやり取りさせてもらいました。

それで、勉強記録を書いたりするときに、気付きがあると、あちらに書いていたのです。余裕があればこちらにも書いてはいたんですが、

ここでは、コメント欄を閉じているにも関わらず、たくさん反応をいただけて、それにずっと感激していました。ほんと、ありがとうございます。それに報えてなかったらすみません。

ブログはたまにコワいかなと思うこともありますが、やはりアーカイブがいいです。スタディプラスは数字としてはあちらに軍配が上がりますが、記録としては使いにくい。今日みたいな「なんていう」シリーズは前からあったんですが、最近はずっとスタプラでつぶやいていました。(すぐつぶやけるので、ストレス解消だけになっていたこともあるかもと反省もしています)

で、初心に帰ってブログ書いています。やっぱり書き魔な私(汗)今日は久々の備忘録「英語でなんて言うの?」のコーナー復活?

今日は上のお題のネタ。

「いい質問だね」

一応これでもなんちゃって非常勤講師なので、よく使うフレーズです。

"That's a good question!"これは私もよく使います。

この間、podcastを聞いていたらこんな表現が、BBCのダンさんの質問に対してでした。

”That's a super important quetion."

こんなのすっと言ってみたいなあ。

そのあと職場でふと思い出して聞いてました。かっこは「ほんやくこんにゃく」でも使って英語でのやり取りをご想像ください。

私:「ほら、いくらやったっけ?ドルで『いい質問だね』っていうの」

同僚:「ああ、聞いたことある、でも金額まで覚えてない」

私:「・・・。」

ググりました。


"That's  the $64( sixty-four dollar ) quesiton"もしくは、
”That's the sixty- four-thousand -dollar quetion."なんてのがあります。もともとラジオのクイズ番組の賞金の金額からきたもの。

私:「古いもんねえ。ということは、やっぱり使わない?」

同僚:「使わない(笑)」とのこと。使うととってもお年寄りに聞こえるかも~?

ここからなのかな?
”That's a million-dollar quetion."というのもあります。

ということで、機会があったら、使って見たい、
”That's a super important quetion!"

これを生徒に向かって使って見ようと思います。

使ってこそ言葉が自分の中に生きてきます。暗記だけではだめだめ。と毎日生徒に言う自分なので、実行しないとね。

あ、次回はお友達がaudibleの違うサイトを教えてくださったので、(合法で無料らしい)またUPしますね。

読んでいただきありがとうございました。仕事に戻ります(涙)

明日もがんばりましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。
記事検索
ギャラリー
  • 冬のくだもの
  • 冬のくだもの
  • 新しいボキャビル始めました
  • 脱力中
  • 試験を受ける方へのエール
  • 初の試み「音読生活」(含む旧ブログ)拍手ランキング
2017年の洋書本棚
2016年の洋書本棚 50冊
2015年の洋書本棚 60冊
2014年の洋書本棚 35冊
2013年の洋書本棚 50冊
2012年の洋書本棚 95冊
2011年の洋書本棚 50冊
2010までの洋書本棚 34冊
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
  • ライブドアブログ