英語で何て言う?

「ギョっとすること」って英語で何て言う?

今日もお越しいただきありがとうございます。早速北海道の方々からコメントが(嬉)案外家の中が暖かそうです。ストーブ派も多そうですね。海外からきた同僚の先生がよく言ってました「家の中が寒い」セントラルヒーティングになれてるとそうなりますね。

あとは、同じくマンションにお住まいの方は床暖房がいいと。うちもヌックあるんですが、我が家の家計にとってはすんごいガス代なので、ガス系は今はガスファンヒーターにしています。朝中心です。でもこれ以上寒くなったら床暖の出番があるかも。実は我が家では、人間は私一人が寒がっているだけなんですがね。

今日はもう、ギョギョッとするほど寒い私でした。私もさむがり、愛犬もさむがり、二人でガクガクブルブル。今は羽毛のベスト着てるので、ファスナー開けて愛犬入れてると一石二鳥です。

「ぎょっとする」、というのはどういうのが英語であるでしょうか?

要するに驚くということなので、これも「驚く」で調べるとものすごくヒットします。驚くにも、怖いからとか、いろいろあるから用途も様々ですね。

surprising オーソドックスですね。

amazing これも学校で習います。

shocking カタカナと一緒だから使いやすい。でもネガティブな印象ですかね。

flabbergasting 私この言葉を言うのが結構すきなので、よく使います。相手にフフッと笑ってもらえることもあります。

調べるといくらでも出てきます。ニュアンスが少しずつ違うし、みなよく驚くからこのあたりの言葉は豊富なんですね。

確かCBSニュース聞いてて出てきたと思います。映像が浮かぶような表現。これ使って見たくて、この記事書くことにしたんです(笑)

eye popping

images (1)
実際は何かの統計の数字に対して「驚くべき確率で」という感じで言ってました。画像を貼ろうかと見てみたら、ほんとにeye poppingしてる人の写真が(汗)それはちょっとコワいので、可愛いの選んでみました。

しかし、これまたカンタンですよねえ。聞いたら「ああ」と思う表現でもいざ自分が話すとなると使えていない。こうやって書いとくと、けっこう残りやすくって、今度はそれを家族にクイズ形式で出してみて、チャンスがあれば英語で話す時に使う。この3段論法で随分のこりやすくなってはいますが、まだまだ修行だなあと思う毎日です。

この手の動詞たちは過去分詞(ed)にすると「自分が驚く」となる族の動詞たちですね。

「ぶったまげたあ!」は"I'm flabbergasted!"となるのは学校で習いますね。よく例として使うのが、「みんな、I'm exciting.なんて言うたらあかんでえ」です。なんでかって?いや、ここでは(汗)

驚くほど寒いだったら、副詞なので、
"It was surprisingly cold today, wasn't it?"となりますね。

今日で高校のお仕事は一応仕事納めな私です。今日は成績をつけたりいろいろ雑用で2校を駆けずり回ってきました。ぜいぜい。でもちょっとうれしいのでブログ書いてます。明日はまた別のお仕事があるんですが、それが終われば、

冬休み!

明日なんとかがんばってきます。そのあとは散らかりきったおうちをなんとかしないとなあ。またアイロンたまってますー。

なんとかまた耳だけ、ながら英語の軌道修正もしたいです。できるかなあ。

それではよい週末をお過ごしくださいね。わたしもゆっくりお風呂に浸かってあたたまりますー。

ほっこり目玉おやじ
ダウンロード

読んでいただきありがとうございました。また一緒にがんばりましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

「~にはまる」のバリエーション

今日もお越しいただきありがとうございます。

苦しんでおります。ブログ書いているのはただの逃避行です。仕事から逃走中~。あ、追記です→スマホからお越しの常連の方が「拍手できなくて」とわざわざコメントくださいました。読んでいただくだけでもうれしいので、お気になさらないでくださいね!コメントもほんとにうれしいです♡ありがとうございます!

このごろはよく他の方のブログにもお邪魔してコメントも書いたりもするようになりました。感心したり、勉強になったり、1級を勉強されている人とかは応援したりとかね。一方通行なこともあるんですが、たまにはやり取りしてくださる方もいて嬉しいこの頃です。そういう方々とけっこうつながっていることもあります。ネット上の付き合いは難しいなあといつも思います。いい意味にも悪い意味に都合がよかったり、いろんな意味でカンタンに消えちゃいますからね。文字の付き合いなのでよけいです。

このブログは拍手ボタンがあるのですが、SNSの「既読」ボタンまたは「いいね」ボタンとちょっと意味合いが違うので、かえっていいような気がします。そんな中気に入ってこのブログに来てくださる方には感謝です。読み逃げの方は仕方ないとして、それでもあまり一方通行な感じもないのはその方々のおかげ。反応をくださるとブログの書きがいを感じます。

今はテストの採点中。もう授業はないのですが、先日はたまたま自分担当のテストが兼任している学校同士重なって、午前中に2校回って、午後からまた別件の授業をこなすという、私にしてはめまぐるしい一日となりました。帰宅してなんとか夜中まで採点して、いまだ終わりません。全部で400枚はある(涙)テストが集中してかえってきたので、可愛そうに思った夫が記号のテストだけ手伝ってくれました。そうでもしないとはききれません。ありがとうよ。テストが集中すると、「こんなに仕事引き受けてどうすんねん」となっております。マックスで週に25コマってのもありました。もうこれ以上は私には無理。ぜいぜい。でもって来年はどうなるか全然見えません。

はやく終わってちゃんと勉強したいです。休みはちょっとは勉強モードに入れるチャンス。でも主婦なので、どこまできるかな(汗)去年は断捨離にはまってたので、全然やってませんでしたしね。

ハマると言えば、ちょっと前まで聞いていたaudibleはかなりはまりました。後半7時間以上を二日で聴き終わってしまった。まるで火曜サスペンス劇場?あんまり見たことないけど。

私がはまっているドラマはご存じGame of Thrones。というか、他のドラマ見る暇がないのもあります(涙)じっと見る時間がない。なので、いまだ雑用の時には音声のみを聞いています。(たまに「真田丸」がBGMにもなる・・・。大音量なのでイヤホンも効かない(汗)でもなんだか真田丸とGame of Thronesのノリが似ているような気もする。三谷さんGOT好きかも~。)しかし、GOTはもう何回聞いたかな(汗)今また次の周を聞いている最中です。今はシーズン2の終わりぐらいです。聴いてたら、この間特集した"Spare me."が出てきて嬉しかった。さっきまた逃避行であの番組のイギリスのアクセントについての特集の記事を見つけてを読んでおりました。

じゃあ、英語で「~にはまる」ってどう言いましょうか?これは皆さんもご存じだと思うのであんまり役には立たなかったらスミマセン。

I'm addicted to ~.これはいまだ入試問題でもでてきますよ。ゲームの話題がちょっと前までだったけど、スマホやSNS関連も取り上げられるようになってくるだろうから、これからも出てくるでしょうね。使いやすいと言えば使いやすいですね。追記:お友達が「宇多田ヒカルの歌にたしかありました」と教えてくだささいました。そういえばありましたね。

I'm crazy about ( for )~.マドンナの歌にありますねえ。最近あんまりこの表現きかないような。恋愛バージョンという感じ?人に夢中な時は"I'm carzy for you~♪I never wanted anyone like this.♪”(音楽つきで読んでみてくださいネ)

I'm hooked on~. これが一番よく聞くようなきがします。アメリカ英語のようです。

I'm into ~.
これは「よくばり英作文」でも「英語必携表現集」でも出てきます。これが私たちが使うには無難かもしれませんね。これもまた簡単でとっさに言えそうにない表現だなあと初めて見たとき感心しました。

他にもあれば是非教えてくださいネ。仕事に戻ります(涙)

来週も充実した1週間をお過ごしくださいね。また一緒に頑張りましょう!

読んでいただきありがとうございました。 

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。 

「うのみにしない」って英語で何て言う?

今日もお越しいただきありがとうございます。いつも拍手とコメント嬉しいです♡なのでつい書いちゃう。英語でなんて言うシリーズが結構好評です。そうなると毎日英語を聴いたりしていて、「これはなんて言うシリーズ候補か?」なんてメモしている自分が(笑)

私も覚えやすいし、読んでくださった方にも役に立つのがいいですね。

毎日podcastのニュースとaudibleを全部で2時間から4時間ぐらい聞くのが習慣です。(アイロンかけ出すともっとかも~(笑))podcastの自分ノルマを聞き終わったら、ご褒美にaudibleとしています。そうじゃないとaudibleばかり聞いてしまいそうだから(笑)なので、ニュースの配信の少ない月曜日はちょっとうれしかったりする。人参作戦と読んでいます。

先日はaudibleから気になる表現を拾いました。今回はpodcastnewsから。

うのみにしない、話半分に聞いておく

は「塩」を使う表現です。私は先にこちらを知りました。

images
(take ~ )with a grain of salt 
というのはよく聞きます。ニュースでも確かTIMEにも出てきたような。面白いのでスタプラに書いてお友達のこれまた大好きなお姉さま♡にも「それここでも出てきましたよ」と共にシェアして覚えたもの。

今日聞いたニュースではこう言ってました。
with a pinch of salt.

アメリカ英語はgrain、イギリス英語はpinchを使うようです。

一度メモしたりシェアしたあと、その言葉に出会うと、「お!ここでも出てきた」となります。このブログがそのきっかけになるといいです。

「話半分できいといてや」という感じですね。我が家ではかなり出てくる確率が高い(汗)最近の鼻歌がピコ太郎になっている(オリジナル替え歌まであり)我が家の夫の話は、「パパの話は話半分がちょうどやねえ」なので、これからここにa pinch of saltと入れるとします。まあおもろさも大きいので良しとしております。
追記:羽生くんの素晴らしいスケートを見て「僕はここまで上手にできへんなあ」とテレビの前で回転しだしたので、早速”Take his story with a pinch of salt."と子供にレクチャーしときました。

podcastの欠点は、時差があるので、ニュースとしては半日から1日遅いニュースを聞くことになるんですが、短いニュースは繰り返し聞けるので、聞きながしだけの使い方にとどまらないということです。昔は同じニュースを2回とか3回、そのニュースも重複があるものを聞いていた時もありました。今は重複聞きを減らして、2回聞きと1回聞きのものを分けています。

audibleも聞いているので時間を確保するのはなかなか大変ですが、どこでもアクションが起こせるので英語漬けの毎日が可能です。最近はアプリでスマホ、padやkindleなんかで聴けないことはないけど、やっぱりpodcastが使いやすい私です。聞くのがなくなったりしたら以前も紹介したBBCのワールドラジオを流したりもするけど、(まとめがBBCのWorld Updateになって、これまた重複があって、内容が深く頭に残ったりもします。同じソースというのが効果的) やっぱり首にかけていつもお供にできるipodnanoが私にとっては一番使いやすいです。

また書いてしまった。仕事に戻りますー。今は採点シーズンです(涙)

読んでいただきありがとうございました。もし参考になったら拍手で教えてくださいネ。励みになります!

また一緒に頑張りましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

「勘弁してよ」って英語で何て言う?

今日もお越しいただきありがとうございます。今日は備忘録なので短いです。案外こんなのが好評だったりもします。そんなことない?でもそんなブログも多いような。スタプラやってないので、ついここに書くしかない。(スタプラは備忘録には適してないですがね)

今聞いているaudiobookにちょっとはまっています。かなりなヒット作のようで、アメリカアマゾンでは4000件を超える感想があったので、聴いてみました。子供が試験中でお弁当を作る必要がない分、ちょっと時間の確保ができないんですが、、聴きやすいし、甘い要素もあってエンタメ的要素が多くってつい先に進みます。

聴いていて、状況はわかるものの、日本語にとっさにできない表現があります。たいていは単語も難しくない。

今回はこの表現。

Spare me!

audibleを聞いていてこういうのが出てきたらとっさにメモするようにしています。「勘弁してよ」って日本語はでてこないですよねえ。 この間もThe President electを子供に説明しようとしたら、「次に大統領になる人」と言ってから、はたと、「あれ、なんか違う」とググって「次期大統領」と出てきたひとりでへえボタン押してました。「The next Presidentとはいわんのかいな」とアメリカ人に聞くと、「The President electが決まり文句」と教えてもらいました。Lost in translationな私です(汗)

で、ある登場人物が”Spare me."を2回ほど使っていたんですが、はたして、これを普通に使えるのか、これまた聞いてみました。

親しい間柄で使うのはまだしも、あまり使わないほうがいいみたい。あ、俗語とか、品が悪いとかではなくてです。

それと、80年代に使われていたような言葉だとも聞きました。50代60代の人が若い時に使っていたような感じとも。

「そんなこと言われなくてもわかってるよ、もう勘弁してよ」という意味なので、日本語で使うとしても、家族とか友人の親しい間柄で使う感じですね。Come on.とかも同じようなシチュエーションで使うのはよく聞きますが、やっぱり礼儀正しいわけでもないのは同じ。

こういうのはネットで調べたらすぐに出てくるんですが、使っていいものかはやっぱり聞いてみないとわからないなあと思いました。

「勘弁してよ」を調べたら、こちらの方が感じがまだよさそうです。しかも簡単。

Please!

「勘弁してください」ぐらいな感じですね。カンタンだけど、とっさに出てこない英語の数々、出てくるようになりたいですね。

簡単すぎました?すみません~。でも私には「へえ」ボタンだったので記録しときました。

読んでいただきありがとうございました。今はテスト週間です、やわな私が今回は2種類作ったので、ヘトヘトですー。なんとか乗り切りたいです。

読んでいただきありがとうございました。

また一緒に頑張りましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

「いい質問だね」のバリエーション

今日もお越しいただきありがとうございます。

ガクガクブルブル。寒いですねえ。スキー用の靴下はいて、フットヒータの上に足を乗せ、愛犬膝にのせてその上にブランケットかぶってあたたまる超寒がりな私です。しかし、横でTシャツランニング(よく見たらランニングだった(汗))一枚で過ごすおっちゃんが一人・・・。なんて温度差だ。

「最近angelさんブログの更新多くない?」と言われています。そうなんです。隙間の試験勉強がとりあえずないのもありますが、ブログの反応が以前より増えているので、嬉しくて書いているのもあります。それよりも大きな違いは、

実は体調を崩してスタディプラスで勉強記録をつけるのをやめたのもあります。

記録をつけると、工夫したり、ちょっと無理したりして勉強時間は確かに増えるんですが、

その「ちょっと無理」が重なって倒れるので、やめてみました。

タイマーで時間を計ったりするのもやめました。ちょっと慣れるまでそわそわしたけど、人間怠惰にできていますねえ。

というわけでスタディプラスは自重してますが、まだつながっているお友達もいて、ありがたいです。何人かの方々と英語仲間として頑張りましょうね!とやり取りさせてもらいました。

それで、勉強記録を書いたりするときに、気付きがあると、あちらに書いていたのです。余裕があればこちらにも書いてはいたんですが、

ここでは、コメント欄を閉じているにも関わらず、たくさん反応をいただけて、それにずっと感激していました。ほんと、ありがとうございます。それに報えてなかったらすみません。

ブログはたまにコワいかなと思うこともありますが、やはりアーカイブがいいです。スタディプラスは数字としてはあちらに軍配が上がりますが、記録としては使いにくい。今日みたいな「なんていう」シリーズは前からあったんですが、最近はずっとスタプラでつぶやいていました。(すぐつぶやけるので、ストレス解消だけになっていたこともあるかもと反省もしています)

で、初心に帰ってブログ書いています。やっぱり書き魔な私(汗)今日は久々の備忘録「英語でなんて言うの?」のコーナー復活?

今日は上のお題のネタ。

「いい質問だね」

一応これでもなんちゃって非常勤講師なので、よく使うフレーズです。

"That's a good question!"これは私もよく使います。

この間、podcastを聞いていたらこんな表現が、BBCのダンさんの質問に対してでした。

”That's a super important quetion."

こんなのすっと言ってみたいなあ。

そのあと職場でふと思い出して聞いてました。かっこは「ほんやくこんにゃく」でも使って英語でのやり取りをご想像ください。

私:「ほら、いくらやったっけ?ドルで『いい質問だね』っていうの」

同僚:「ああ、聞いたことある、でも金額まで覚えてない」

私:「・・・。」

ググりました。


"That's  the $64( sixty-four dollar ) quesiton"もしくは、
”That's the sixty- four-thousand -dollar quetion."なんてのがあります。もともとラジオのクイズ番組の賞金の金額からきたもの。

私:「古いもんねえ。ということは、やっぱり使わない?」

同僚:「使わない(笑)」とのこと。使うととってもお年寄りに聞こえるかも~?

ここからなのかな?
”That's a million-dollar quetion."というのもあります。

ということで、機会があったら、使って見たい、
”That's a super important quetion!"

これを生徒に向かって使って見ようと思います。

使ってこそ言葉が自分の中に生きてきます。暗記だけではだめだめ。と毎日生徒に言う自分なので、実行しないとね。

あ、次回はお友達がaudibleの違うサイトを教えてくださったので、(合法で無料らしい)またUPしますね。

読んでいただきありがとうございました。仕事に戻ります(涙)

明日もがんばりましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

重箱の隅

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

2学期に入ってさらに忙しさに拍車がかかっている私です(涙)もともとどんくさいし、自前の教材も作りながら、テストを作りながら、テストの採点をしながら、毎日綱渡りな気分です。学校を兼務していて、それぞれ試験期間も違うのでそれも大変。

試験監督してて、眠気が襲うので、椅子に座ることができません。ずっと歩き回ってました(笑)

その上、1学期にはなかった新しい仕事も受けているのでかなり苦しい。しかも生徒はハイレベル(汗)今は週末は1日しか休みがないのですが、その休日も教材作りなどでかなり時間がとられます。

自分の英語力は下げるわけにはいかないけど、耳しか空いてない時間が増えていて、ジレンマに陥る日々です。漢方と滋養強壮剤でなんとか生きながらえているような感じ。こんなことでは自分の英語力を上げることもままならない。

夕方仕事から帰って、子供を駅まで迎えに行って、習い事に連れて行って、晩御飯作って、お弁当作って(朝作れません)、そのあと仕事が待っていて、夜中までかかる。

正直辛いです。やわな私ですみません。でも仕事をやめるわけにはいかないしなあ。

それでも日々生徒たちが待っています。

授業をしてて、圧倒的に欲しいなと思うのが、生徒の素朴な疑問に即答できる力です。 できればネイティブスピーカーの先生の脳みそだけ借りてきたい気分。

こういうのって試験とかの成績とあんまり関係ないと感じることもあります。これ知ってるからと言って点数にはつながらない。

日本語の文字面を英語に変換するだけで意味が通じないことがほんとにたくさんあって大変です。
たとえば「静かにしなさい」というとき、Be quietとよく使いますが、ここで

Be silent.と言って、生徒が急に小声でささやき声になったらわかってない。silentは静かでも音のない静けさをさしているので、「黙らんかいな」という意味。ささやきもダメなのよん。これをネイティブスピーカーの先生に言ったら大ウケした。


この間も

「ちょっと私のかばん見とってくれる?(見張っといて)」みたいな英作文があったのですが、

学校で教えるのは

Can you keep an eye on my bag?です。

このeyeが単数なのは、「監視」のための目ということで、個人の目を示していないともとれます。

最初は「見張る」→「じっと見ておく」なので、watchが使えるかなと思ったら、watchは動くものを「じっと見る」ので不可。テレビや映画などに使います。へえボタンですよねえ。

そこで生徒が「先生Can you keep your eyes on my bag?はあかん?」と聞いてきました。目が二つならもっと見張れるわな。ゲゲゲの鬼太郎は一つでもすごいけど。きいてきた生徒も偉い!Gooood question!と褒めてあげました。

辞書で見るとkeep one's eyes on もあります。文法的には間違いでない。でもちゃんと調べてからと先生の宿題としてお持ち帰りました。

ネイティブスピーカーの先生に聞くと、
✖Can you keep your eyes on my bag?

○Can you keep an eye on my bag?

I will keep my eyes on my bag.はいけるとのこと。keep one's eyes on は目を皿のようにしてじっと見張る感じで、もともと前提としてそのあたりに泥棒がうようよしている雰囲気がある状況で使う感じだそうです。

なので、自分のものを監視しておくには使っても違和感がないけど、人のものを見張るには言い過ぎだそうです。

「へえ」と思ったらぜひ下の「へえボタン」=拍手を押してくださいー。うそうそ。でも拍手やちょっとしたコメントでも励みになってます♡

学校によってはネイティブスピーカーの先生が常駐でないところもある。ネットでもこういう細かいことはなかなか答えに行き着きません。ネイティブスピーカーにきくとしても、ニュアンスのちがいを英語で説明して解説してもらうので、自分の英語力が問われます(汗)

この手の生徒の素朴な疑問に瞬時に判断できる日が私に訪れるのだろうか。でも日本人の英語の先生でそんな先生探すほうが難しい?

で、今日音読してたら、ありました。毎日音読してたがな(汗)

ここに竹岡先生がkeep an eye on と、ついでkeep one's eyes onも書いてありました。上のような「このような状況で使う」というところまでは踏み込んでいないものの、さすがあ。

この本、簡単に口につきやすい表現がたくさん詰まっているんですが、侮れない秀逸なものだと思います。いや回し者でもなんでもないんですがね。竹岡先生の作った学校用のテキスト何冊も使ってて、重複も多くて助かってる私です。

てなわけで、重箱の隅がこのところの住処になっているような毎日です。これで資格試験に受かるとかでは断じてないですが(笑)へえと思って教えても、これまたすぐ忘れるんだな(汗)

いろんな種類の英語にまみれながら、学校英語の現場で大きなうねりの中でどうしたら、子供たちに英語力をつけながら、大学へのパスポートとなるように持っていきながら、そしてそのなかで、どうやったら英語を好きになってもらえるかと思いながら、どうやったら英語を使えるようにしてあげれるかと思いながら、

英語力って何?と自問する毎日です。試験もなんにもないオバケの学校あったら私も行きたい。

それでも、できるときにできることををモットーに毎日を過ごす私です。

今日も音読生活。あ、また油売ってますね。仕事に戻ります(涙)

読んでいただきありがとうございました。また一緒に頑張りましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさせていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

きりがない

今日もお越しいただきありがとうございます。忙しすぎるのだ。スローペースな私は全然ついて行ってません。いろんなことが同時進行でややこしや(涙)早くこの状態から脱出したいよう。

そうそう、有名な英語の先生の英語の知識に対して叩いているのをたまたま見てしまいました。確かに私も教えていて、「これは言うのかなあ、使うのかなあ。こうじゃないかなあ」と思うことはよくあります。使ってるテキストは複数なので、いろんなカリスマ先生監修のものを使います。

教えてて困ったことも~。その都度ネイティブスピーカーに聞いたり、調べまくったりで対応してきました。

自分だっていまだに「ああそうだったのかあ」ということに毎日に会っていますから。

「カリスマ先生も人間」と思っています。知らないことだってあるだろうなあ。

この間もpodcastでイギリス人が


完了形でI have lived here for 10 years.みたいことを習うけど、
実際にはI live here for 10 years.としか言わない。完了形でいわれるとおかしい感じだ。

というようなことを言ってるのを聞きました。

それを同僚のネイティブスピーカーの先生たちに「こんなこと聞いてんけど、そんなに完了形はおかしいんかいな」と聞くと、

「完了形でいい。現在形で言っても別に意味が通るのも事実」と言われました。

でも英語を習う人はやっぱりルールを習わないと、最初から現在形で習うと応用が利きません。だから最初はネイティブスピーカーに違和感があるものでもルールを覚えてから例外を取り入れていくのがやりやすい方法だというのがみんなで出した結果となりました。私が「ネイティブスピーカーにはなれないから、わからないことがたくさん出てくる」というと皆に「それでいいんだよー」と言われました。

世の中のカリスマ講師の方々だってやっぱり毎日そういう経験をされてると私は想像します。いくらTOEIC満点とってるひとだって、連続1級保持者でもです。だってそれを取り続けようと思ったら、ほかのことになかなか手を付けれない人だっているだろうから、たとえば本からしか得られなかったり、ドラマや映画から来ているようなことまでは手が回らないですよね。それとか、今までもいろんな英語のできる先生と同じ職場だったことがありますが、英語がつたない人だっているし、話せない人だっています。

それぐらい多様化しています。

また別のネイティブスピーカーと話してたんですが、私が「最近英文読んでると、引用されるドラマがあって、そのドラマって面白いの?」とThe Big Bang Theoryというドラマのことを聞いてみました。聞いたネイティブスピーカの人はみんな見てた(笑)

「いや、かなりオタクのドラマだよ。みんな知ってるけど、アメリカ人でも真っ二つにわかれるほど好き嫌いがあるドラマ。あれに出てくるジョークを日本人の君が全部わかるとは思えない。すごいアメリカンジョークもあるで」という返事でした。
それとか、イギリスでは当たり前のこととかも、アメリカ人にはわからなかったりね。

アメリカンジョークをわかる人が逆に日本の英語のテストで満点取れるか?まあ取れる人もいるだろうけど、英語圏に数年いても1級受かるのは難しいみたいですしね。

だからものさしを統一できないんですよ。いろんなカリスマがいていいし、人それぞれでいいと私は思っています。


ほんとあげるときりがない。

私はそういうことに目くじら立てるのは好きじゃないなあ。

カリスマって大変ですねえ。いろんなものをしょって立たないといけないし、敵も多くて、お互いに叩き合ってるのを見るのはあまり気分がよくないです。

その話を夫にすると意外な反応が。
「カリスマというのは批判が上がるほどだからカリスマなのだ。それは素晴らしい。万人に受けているようではカリスマとはまだ言えない。だから万人に受ける僕はカリスマ教師にはなれないのだ」

生徒にも同僚の先生方にも愛されてる夫、カリスマへの道は険しい?

夫と同様に、知らないことは素直に認めて学ぶ自分でありたいです。

やっぱり万年学習者ってのがいいなあと思いました。

仕事に戻りますぅ(涙)今週末はエンタメもできないー。きいいいい。悲しい(涙)

つぶやきでした。


読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

「私は彼より背が高くない」を英語で言うとに悩むの巻

今日もお越しいただきありがとうございます。勉強しないでブログ書いてる私です。何のための時間確保なのだ?(笑)連日の更新なんですが、きっと常連の方々は「まさかangelさん、今日は更新してないよね」と思われてるかも~?めずらしく連投です。

今日はまたまた「ああ、一からやり直しだ英文法」という思いで書いております。

いったんはわかっても、また迷宮の森に自分から入って行ってしまいます。

怒涛の英語の勉強半年を経て、「これおかしい。言わないぞ」と匂いを嗅ぎ分ける時もあれば、「あれれ?どうだっけ」と悩む時も。そのあれれ?はたいていはすごーく簡単な基礎の部分だったりします。ほんとに自分の脳みそがざるのようだと思ったり、思考能力が足りないんじゃないかと思ったり。英語漬け生活をし続けてたらましなのか?と思ったり。いや、体が・・・。今日は鉄分も足りて眠気はましです!嬉しい。

でも悩んで理解して自分のモノにして、また忘れたら、また考えて、覚えての繰り返しで行くしかないかなと思います。こうやって悩むたびに文法も大事だなあと実感する毎日です。基本から教えることができて本当に生徒に感謝です。

今日悩んでいたのものの一つは比較です。

さて、問題です。
「彼は私より背が高い」

これは簡単ですね。He is taller than me.
あ、最近はmeが主流ですね。He is taller than I am.でもまだOK。He is taller than I もまだまだ書いてある本もあるけど、ネイティブスピーカーが横で怒り出した経験もあります(笑)Iだけというのはかなり古い。

じゃあ、これ、

「私は彼より背が高くない

あ、「私は彼より背が低い」I am shorter than him.で逃げちゃあだめですよ。否定文で言うにはどうするか。簡単なんですよ。でも奥が深いと自分では思いました。考えようによっては鯨構文につながっていくんじゃないかと思ったんですが。皆さんはどうでしょうか?

解説は限定です。

おまけ。「悩める私」
141020_1603~01

相変わらずお座敷犬です。かなりな甘えたですが、家族みんながデレデレです。

今日も読んでいただきありがとうございました。

明日も頑張りましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。
 
限定(パスワードが必要です)はこちらから。 
↓ 
続きを読む

素朴な疑問に答えたい。

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

11月に入って、「お?このネタでブログ書きたいなあ」と思っても思うように行きません。

どうやって先月まであんな時間を捻出していたのだろうかと思います(笑)でも、その分家族との会話が増えて、(子供に小言が増えたかも~)いろいろなことが目に入ってくるようになったので、それはそれで良いと思います。処分すべきものが家に溢れていて、整理したりとかね。ちょっとずつ断捨離。

さて、今日はまたまた「ああ、基本が大事だよなあ」と思ったことを書きたいと思います。今日の気づきです。

では、まず問題です。

「最近ヨガをしている」を英語でなんて言うでしょうか。

それか、
「最近ヨガしてないな」

え?簡単ですよね。でも教えるとなると、いろんな知識を総動員して、いろんな答えを待ち構えてなんでだめなのか言ってあげないといけないんです。だから私には文法も大事だなとしみじみ思います。英語のネイティブスピーカーにはなれないので、文法で理論を頭に入れないとやっぱり判断できない。あ、話してる時にはそれほど気にしているわけじゃあないです。で、自分の中の情報を総動員させてふさわしい説明を日本語で簡単にしてあげないといけない。相手に納得してもらわないといけない。

ということで、できましたか?

簡単な英語を英語らしく言う。これは単語を覚えるだけではできません。

私は語彙を増やすのも、レベルの高い英語をするのも、大事だともちろん思いますが、基本も大事かなと思えるようになってきました。少なくとも自分にとっては、案外曲者です。英文法はたとえば、studyがstudiesになるように、easy はeasierになると、違う文法項目でも、似たようなルールを持っている。別々に習ったルールを頭の中で組み替えて筋を通す作業の出来が高いほど正しい英語が使えるようになっているんじゃないかなと思います。先生は特にわかりやすい説明が命。

そんな気持ちをもてる、頭を捻る機会をもたらしてくれる子供たちに感謝です。

あとはプライベートモードで詳しい解説をさせていただきますね。すみません、いろんなことを特定されるといけないので。同じテキストを勉強している子が検索したりするんですよねえ。

じゃあ続きはここから。

続きを読む
記事検索
ギャラリー
  • 新しい芽
  • ブログという媒体
  • 耳中心で英語力の維持はできるか?ながら族の挑戦
  • 英語長文を読むときにスラッシュは打つべきか?
  • もどかしさを通過しよう
  • 自分しかできないことをちょっとだけ無理してみる
2017年の洋書本棚
2016年の洋書本棚 50冊
2015年の洋書本棚 60冊
2014年の洋書本棚 35冊
2013年の洋書本棚 50冊
2012年の洋書本棚 95冊
2011年の洋書本棚 50冊
2010までの洋書本棚 34冊
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
  • ライブドアブログ