Journal2013

ドラマ三昧

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?このところの近況です。

最近ちょっと前までのストイックな生活とは打って変わって楽しい英語しかしていないような気がします。
人間とは自分に甘いものなんですねえ。
楽しみにしていたGame of Thrones のシーズン4は10エピソードを1週間で見てしまいました。でももちろんほかの取り組みをしないでということです。わはは。勉強でもこれぐらいの勢いだせたらなあ。仕事しながらでも見ちゃったぞ?いつもはお休みの時しか見ないようにしてるんです。時間が限られてるから。やればできるんだ。

シーズン4のメイキングです。
 
ドラマを見た人には超面白いかも。俳優さんの英語がドラマの中の英語と違う人が何人かいました。前から聞いてたんですが、主人公のひとりジョン・スノウ役はなかなかタフなヨークシャーアクセントを話します。でも実際、彼が話すのはイングリッシュアクセントです。だからインタビューの英語はまだ聞きやすい。すごいなあ。そういえばなんかスペクタクルな映画で主演はってましたね、彼。テレビのCMでみてびっくりした。それだけこのドラマがの波及効果がすごいってことですね。

audibleはこれを観ながら、2巡目まで聞いたんですが、実はドラマは本で言うと3巻の後半がほとんどです。ほんの少しだけずれて出てくるシーンもあるかもしれないけど、3ですね。3はもう忘れ気味で、おぼろげなところがあったので、3を聴き直せばよかったかもと思ったシーンもありました。

このドラマはおそらく映画の予算を軽く超えちゃうような規模ではなかろうかというスペクタクルなシーンも多いです。妥協がない。ほんとにすごかった。

しかし、嬉しかったのは字幕なしでも十分、いやかなり楽しめたことです。もちろん苦しいところもあったけど、少し巻き戻して数回きいたら分かるところもたくさんありました。案外簡単なことを言っているのに、音を拾えてなかったんだとかいうこともありました。え?リスニングテストできないくせにって?ほんとですよねえ。でもなぜかストーリーだとわかりやすいのはなんでだろ。やっぱり大量の読書の読み聴きがきいているとしか思えません。でもそれが何なんだと言う感じですよね。仕事にまではつながってないしな。と、どなたかに叩かれそうだ。まあいいか。

音が耳の中で残って、あとで前後関係を理解しているというところもありました。本を聴いているのとよく似た理解の仕方です。文脈でイメージをふくらませていると思います。もっと突き詰めて勉強すべきなんだろうけど、受験生の母なので、終わるまでは着手しないと決めました。→ほんとに着手するのかは不明~。

実は2順目のaudibleは途中なんですが、いったん止めて、次はこれ聴き始めました。一度目で読んでいるので、ずいぶん楽です。しかも女性のブリティッシュアクセント。私にとっては一番聞きやすいパターンです。
アイロンかけながらずいぶん進みました。これも怒涛の33時間もの。4つのパートに分かれているので、1パートぐらいまで終わったら、ドラマ見たいと思います。でも1パート8時間超えるんですよね。はは。でも、最近はタイアップがお気に入りです。字幕に頼らなくてもけっこうわかるし、予習済みなので英語が耳にすごく入ってきます。これは原作がヒストリカルロマンスの大ヒット作ですが、歴史もかなり詳しいし、漫画みたいだし、かなりうねりの大きいおはなしなので、強烈なファンもいますよね。これは以前貼ったのよりは短いバージョンです。

今度はスコットランド訛りがたくさんですね。早く見たいので、耳読書が進みます。おお、相乗効果。今聞いていると、やっぱり昔旅したスコットランドの風景がざっと蘇る私です。ああ、行きたいなあ。あ、夏にね。夏でも寒いし。

しかし、見事に現代ものじゃないですね。すいません。

というわけで、あまりにも勉強していない自分がいるので、せめてスタディプラスでコメント書くときは下手な英語で書くようにしています。書く事をあまりしてなかったから、「あれ?こんな簡単なことが出てこないぞ。スペルは?」となるので、けっこういい勉強になります。お友達の皆さんには駄文をお見せすることになり迷惑かもしれないけど許してええ。で、結局英語でもけっこうな量書いてます。スルーされてたほうがいいかも(笑)

でもこのドラマが終わったら、手の止まるドラマも終わりにします。ほかの事出来ないですしね。やりたいことが山積みです。

読書もこの1年の目標30冊にあっさり届いてしまいました。これ以上読むとリンクした本棚に読んだ本が隠れるのでどうしようかなあ。本棚大きくしようかなあ。でもそうすると、また本読んじゃいそうですねえ。ちょっと耳読書をして手を開けたいと考えています。

そんなこんなで、前回のTOEICモードとは打って変わって、完全に趣味に走ってしまいました。TOEIC関連をUPするとすごくお客さんが来てくださるんですが、これでまた減るかも~。

そうそう、こちらに読みに来てくださる方が「スタディプラスをします」とコメントに宣言されたんですが、探したけど見つかりませんでした。よければお友達申請してくださいね。え?コワイ?たしかに私とお友達になった方でコワイ思いをしている人もいるかも~。でも今は鬼気迫る勉強モードじゃないので大丈夫ですヨ。 

明日もお休みですね。お休みの方はゆっくり休んでくださいね。

また一緒に頑張りましょう!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。 

終了! ひとり夏期講習 2014年版

今年の夏期講習一応新学期も始まっているので、終了宣言です。でも、毎日勉強時間がそれほど変わっているわけでもないんですが。

今年は子供が受験生で毎日本当にバタバタしていたのが大きいですが、それでもがんばりました。

毎日やったことは前半と後半に分かれます。
まずは前半2週間ぐらいの間はIELTSが中心でした。後半はIELTSに当てていた時間を違う問題集に変えてやりました。

取り組んだものをあげていきたいと思います。

ちなみに去年の夏期講習の記録はコチラ
http://blog.livedoor.jp/angel430/archives/4569444.html

毎日の音読
これはもう1年ぐらいずっと唱えています。前回も取り上げましたね。春からは毎日1冊418文全文音読してました。これは効き目大。今は週末のみに変えています。
全部で40のスキットが入っています。この夏で1巡、20回音読を終えました。シャドウイングと素読を中心にできるときにはオーバーラッピングもやりました。英検までは「文単」をやっていたんですが、より会話調のものをさがしてこれを夏にやりました。今は2巡目をやっています。 
これも英検1級のパス単から移行して取り組みました。今はまたお休みしていますが、また復活する予定です。夏のあいだ27回1000語を音読してました。

以上がほぼ毎日音読していた3本の柱です。全部やると2時間近くかかります。調子のいい日はそこまでかかりませんでした。シャドウイングは車の中を利用してやりました。だから家でやるのは1時間半もないですね。

英文解釈
全部で100章あります。これは夏のあいだに一気に仕上げようと8月に入ってから毎日10章、5章づつがんばったんですが、体調もあってまだ73までしか終わっていません。9月初旬を目指して終わりたいと思っています。

英文法や英作文の読み物
1冊通読しました。これはリファレンスとしてこれからも役に立ちそうです。
上の本が終わってから8月ぐらいからあっという間に読めました。これはたくさんの人がオススメする本、「世界一」シリーズの有名な先生の本にも載っていたました。(後で知った)1巡ではもったいないので、また2巡目に入りたいと思っています。これは超オススメです。

あとはIELTS本ですね。これは別に独立させたほうがいいので、省略しときます。

リスニング 
ニュースはポッドキャストを利用しています。これは夏に限らず通年同じです。CNN以外はほぼ毎日です。全部じゃないですが、1回だけでなく2回繰り返しもあります。
NHK World Radio Japan 
BBC Global News
BBC World Update
CNN   Anderson Coope
r

ちなみにこの4本を1回ずつ聴くと3時間ぐらいです。だから日々のリスニングは最低でも1日3時間。これに耳読書もいれるともっと聴いていることになりますね。イギリス英語が主ですが、配信の具合でかわりますが、日によってはCNNも聞くようになりました。日本のNHKも聞くので、だいたいですが、世界のニュースを網羅出来てるかなあ。BBCはニュース以外の特集も面白いです。トレンドがよくわかります。

目読書 
今年は試験が多いので読書は抑えています。ちょっと悲しい。8月に読んだ2冊

If I Stayはアメリカで映画化されててベストセラーだったので読みました。短いのであっという間に読めると思います。ティーン向けの本は口語が多いのですが、それはそれでけっこう学べます。その部分を除けば読みやすいですからね。

The House By the Seaはイギリスの本屋さんで買って帰った積ん読です。IELTSの試験の待ち時間にKindleなどの電子機器は禁止なので、紙ベースのものをと試験日から読み始めました。先が読めても読みたいようなロマンチックなお話です。半分ぐらいから一気読みに近いスピードで読みました。これはふと思い立って時間をだいたいですが計算したら10時間弱で読んでいました。今は本だけに集中できる環境じゃないのが悲しい。

耳読書
たしか48時間。なので7月2週目ぐらいから8月初旬までかかりました。1ヶ月ぐらいできいたでしょうか?これはあとでも出てくるドラマとのタイアップで聴きました。難易度マックスでした。人によっては読んでも難しいかも。登場人物がどの話よりも多くて(多分(笑))語彙が特殊だったりもします。8月後半はこれ。本来の自分の好みのお話。最近はaudibleが充実してきて、読みたい本があってaudibleがあると耳読書候補で、目読書するものがなかったりします。これは聞いたことのあるイギリス人ナレーターだったので、もううっとりしました。いつまでも聞いておきたい声。

耳読書はこれでいったんおやすみしています。今は聞いていないのでかなーりさみしい。

夏限定もの
ドラマ


春からハマっているこれですね。ちょっと遅れて原作を聞いてからドラマを見ています。前にも書きましたが、まずは字幕なしで見て、英語字幕で1,2倍速から1,5倍速で見るようにしました。今回はまだレンタルされていなかったので、英検1級再合格の自分へのご褒美とかこつけて中古品(といっても新品同様)を買っていました。だから日本語字幕はなくて、リージョンフリーのDVDで観ます。この作品でヨークシャー訛りがかなり聞き取れるようになってきた?

あとはほんの少しだけですが、1週間ほどスピーチをシャドウイングしました。80回ぐらい。でも先週はちょっとサボってしまいました。これだけ全部を毎日やろうと思ったら、かなり苦しい。

他にもまだあったかな。たくさんありすぎでわかりません。

これを毎日スタディプラスで記録していました。ちょっとした一言や、知った単語や、これは1級単語だとかいうコメント。しんどい時には弱音も吐きながら(笑)ラジオ体操仲間ができたりと楽しい毎日です。

毎日これだけのことを入れ込もうと思うと(ほんとにほぼ毎日どれもやっていたと思います)かなり時間に工夫が必要でしたが、なんとかがんばりました。勉強時間は自己記録を達成できました。おそらく次の休みまではここまでできないと思います。まあ子供の受験がなければもっとできたかな(笑)でも、かえってストップがかかってよかったかも~。

で、肝心の自分の英語力がどうなったかというと、

ここまで来るともう効果なんて見えません。去年も思ったんですが、夏にやっとことが半年経って「もしかしてあの貯金が効いてる?」とかすかに思う程度。

英語力云々というより、もうすでに自分の人生の、生活の一部として存在しています。

テストの結果も通過点としては大事かもしれませんが、先がある。そこを見つめてやっていれば、まだまだ足りないというのが今の思いです。

仲間と共に勉強した夏。やっぱり思ったのは、

どんな英語学習者も同じ。私の勉強し続けることに価値があるというスタンスは変わりません。

いくら資格をとっても、実際教壇に経てば、1級持ってる先生も、持っていない先生も同じ。どんな資格も関係ありません。生徒にとっては自分たちの英語を伸ばしてくれる先生がいい先生です。いくら資格を持っていてもそれがなければ意味ないです。それをいつも感じながら過ごしています。英語がペラペラでも、自分だけができることを吹聴して、上手に教えられなければ意味がない。英語力を活かす場所がなければ意味がない。

これだけやっても毎年来年の仕事に対して不安を抱く気持ちは変わりません。でもその気持ちを深めるよりも、勉強をつづけていればいつの日かチャンスが来るんだと思う方がいいですしね。

仕事が始まってまた英語の取り組みをすこしずつ変えています。

大事なことは、「楽しいと同時に、少し苦しい」です。苦しいばかりでは伸びない。それは断言できます。

さあ、もうすぐ勉強の秋。
楽しく、そしてたまに苦しく一緒にまたがんばりましょう!

読んでいただきありがとうございました。 

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

久々のジャーナル

今日もお越しいただきありがとうございます。今日は行事で授業がなかったのを知らずに、なんだかラッキー。

結局あっという間に過ぎましたが、朝眠い頭をなんとかおこして英語に取り組んだので、まあまあノルマは果たせました。ほんとは添削の仕事にそろそろとりかからないといけないんですが(汗)まだ提出していない生徒もいるので待っています。全部一緒にやりたい。→言い訳(笑)

ご訪問者が一人来てくださっただけでも、うれしいですねえ。ウキウキ♪もうすでにコメントいただいて、うれしさもひとしおです。ほんとにうれしい。カウントが1プラスされるだけでこれほどうれしいとは。前のブログでも感謝してたけど、感謝が足りなかったなあ。今しみじみ。

読んでもらえる目が少なくてもいままでも変わりなくおごらずやっていきたいです。

さて、いままでちょっと出してなかった、今やっている英語の取り組みを今日は大公開。大ってほどでもないですが(笑)今のところ、読まれてる人が知らないひとじゃないとちょっといいですね。

10月31日(木)の英語
音読 30回 
CD付 英検1級 文で覚える単熟語 三訂版 (旺文社英検書)
CD付 英検1級 文で覚える単熟語 三訂版 (旺文社英検書) [単行本]
科学・技術10
①まず英文だけをじっくり2回ほど読む
②別ページの英単語リストでおぼろげなものに付箋
③日本文を読んでから英文を読み意味をクリアにする。
  英文を塊でよみながらなんとなく日本語にしたりもします。
④両耳にイヤホンを当てて英文を同時読み 
⑤素読→意味を英語の語順で読む練習になります。
⑥片耳にイヤホンをあてて英文をシャドウイング
⑦片耳にイヤホンをあてて英文を同時読み→そっくりにやるようにすれば発音矯正になります。

これを普段は10回~15回ぐらいに分けて、朝、通勤の帰りの車の中、とかで分けてやっています。仕事で車の中の作業があるとここまで丁寧にはできないけど、1日でなるべく一つ進むようにしています。次の英検まではこの作業は続ける予定。

以前おそろかにしていて、このところ意識するようになったことは、「日本語直訳」です。意味の塊で頭の中で日本語をなんとなく浮かべてゆっくり読むようにしています。英語の語順で読むようにはもちろんしています。精度を上げるのが目的。

この本は私の場合、語彙を覚えるためと言うよりは長文を毎日読んで、音読するというトータルな使い方をしています。語彙はもちろん知らないものも出てきますが、けっこうわかります。英検1級レベルの英文が読みたいというのが
理由です。これは、リケジョのRDさんが紹介されているのを見て夏に購入しました。ありがとうございました。

TOEIC
日本語を見て英語が出てきにくいものにあらかじめ付箋をつけてあるので、その部分を自分で英語が出てくるようにしています。付箋をつけているのは約100単語ほど。でもそのうちどうしても出てきにくいのは20個ほどだと思います。10分ぐらいで終わるので、子供の塾待ちの車のなかとかでもやっちゃう。今日はお家で柔軟しながらやりました。

他の取り組みもしなさいよねって感じですね。どうも意識がむかなくていけません。ボキャビルは私もともと好きなので、できる(笑)そうそう、12月の試験申し込むの忘れてました。今年中にタイ記録破りたいけど無理かなあ。

これはみなさん絶賛ですが、私もお勧めできます。問題解いてるとワラワラ出てきます(笑)

リスニング
BBCのポッドキャスト
今日のニュースをダウンロードして約30分聞きます。たいてい、子供の塾弁を作ったり、晩ご飯を作ったりしながらです。なるべく2回繰り返して内容をよく理解できるようにします。1回でもなんとなくわかってると思うんですが、もちろん精度が低いので、今の私のテーマ「精度を上げる」を意識して2回聴くようにしています。ええ加減さをなんとかしないと(笑)

耳読書
A Half Forgotten Song
A Half Forgotten Song [ペーパーバック]
今年読み始めた作家さんです。"Legacy”の著者。これで3冊目。3作目の作品だと思います。ちょっとブログ関係のこととかもあって、気がそがれがちでなかなか集中できないんですが、これもデュアル・タイムストーリーです。長いけどがんばります。

英文読解
夫が持ってた英文解釈のレベルが一番上の問題集をコツコツやっています。アマゾンで調べけど、どうも学校用ですね。市販されてない。出品者から20,000円の値段がついている・・・(汗)

まさにこれはノート見開き左に英文を自分で手書きで写して、そのあとスラッシュやSVを明らかにして、右ページに日本語訳を書いて行っています。辞書もほとんど使わずに訳せるんですが、これぐらいがかえってストレスがなくていいかも。構造がわからないことはないんですが、たまに語のかたまりを間違えちゃったりします。えへ。

これも「精度を上げる」ことを目的にコツコツ取り組んでいます。私は一応受験生を教える身ですからね。基本が大事。長い英文でもないので、10~20分でできますが、忙しいときはできない。週に2,3回取り組めたらいいほうです。たいてい子供のそろばんを待つ間にやっています。今日は家でできた。

目読書
In a Treacherous Court
In a Treacherous Court [ペーパーバック]
これの前の目読書がかなーりな大作だったのと、耳読書で中世イギリスブームだったので、ふとおススメに出てきてポチットしたもの。中世モノのフィクションです。次にしっとりしたのを読もうと思って間に短くて軽くて、すぐ読めるかなと読みだしたんですが、目読書まで行き着かなくてなかなか進みません。今70%です。たいていお昼ご飯時に開くことが多いです。ほんとはノンストップラブストーリーなんですが、あまりに飛びすぎでスピード感でてないです。こういうのは一気読みしないとなあ。

英作文というか参考書通読
英検を受験したのは、これへの前段階としてです。でも遠い道のりのようなきがしないでもない・・・。まずは概要を頭にいれてみます。どんなものかの説明を今日は読みました。Chapter2の途中まで。

ホントは英語の資格試験の点数を上げたり、合格したりするにはもっと試験対策をすべきなんでしょうが、やっぱりできないです。遠回りでも要領悪くてもまあいいか。私の場合は試験をぶっ通しで受ける体力にも問題がありますね(笑)

遠回りが実はそうじゃないこともすでにわかってますしね。歩みは遅いが・・・。

今年は休みじゃない限りジャーナルを書き続けるのは無理ですが、今日はお休みだったので、記事にしてみました。

読んでいただきありがとうございました。
明日もがんばりましょうね。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。
記事検索
ギャラリー
  • もどかしさを通過しよう
  • 自分しかできないことをちょっとだけ無理してみる
  • 「美女と野獣」観てきました。
  • 「美女と野獣」観てきました。
  • 英語を好きになってほしい
  • 英語を好きになってほしい
2017年の洋書本棚
2016年の洋書本棚 50冊
2015年の洋書本棚 60冊
2014年の洋書本棚 35冊
2013年の洋書本棚 50冊
2012年の洋書本棚 95冊
2011年の洋書本棚 50冊
2010までの洋書本棚 34冊
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
  • ライブドアブログ