TOEIC

1級合格直後にノー勉でTOEICを受けると何点取れるか?

今日もお越しいただきありがとうございます。

今日は英検終了後に受験したTOEICの結果が出てました。TOEIKerTOEICer(おお、ご指摘ありがとうございます。)には絶対なれないけど。(スペル間違えるぐらいだし(汗))久々に受けてみたんですが、リスニング記念に今回は一部公開させていただきます。勉強しないので全然点数よくないけど(笑)英検同様、点数競争はおばちゃんには無理なので、お許しください。

試験回数205
試験日2015/11/15
LISTENING495
READING4
TOTAL9
これは履歴書には書けない、自分の最高点にはちょっと届きませんでした。

特化せずにどれだけ点数がとれるか。全くのノー勉でテスト受けに行きました。どうしてもできないんです。英検終わったら、読書や映画に少しでも埋没したいし。今回、初めてリスニングが満点だったので記念に載せることにしました。リスニングだけね。リーディングは悪いです。

リーディングで点数が取れてないのは覚悟の上でした。

いやね、実は1列分まったく違う場所にマークミスして、消しゴムで思いっきり消して(しかも会場で係りの人に借りた消しゴムで(汗)忘れたんですー)10問ほどもう一度解きなおしながらやり直しました。それでもなんとか5分前に終わりました。

やっぱりね。

特化しないと点数には反映しないんだなということです。TOEICのリスニングは特化しなくてもなんとか取れることがわかりました。でもリーディングは英検同様特化しないと無理。少なくとも私には無理です。でもそこにエネルギーをどうしても使えません。試験自体は英検と違って、難しいと思って解いていないのに間違えている。

英検合格直後にわざと受けたんですが、それでもこれだけしかとれないということは、TOEIC力が足りないということを示しているんだろうなと自分で理解しました。 英検のCSEスコアが3000点超えても、特化せずに満点は無理です。一生無理な気がしますー。

別に実力不足だと言われても全然かまいませんが、

自分の中ではテストはテストなのだと妙に納得しました。

これで頭打って「よし、TOEICのリーディング特化するぞ、問題集バリバリ解くぞー」とはやっぱりならないと思います。

今やっていることに平行しては無理です。やると語彙力が落ちたりするような気がして。ただでさえ、ピークより落ちている語彙力の底上げを今やっている最中ですしね。問題集も、自分が教えるために何度もおさらいする文法書さえもたまにしかできてませんしね。贅沢は禁物なのだ。そこまでスーパーウーマンにはなれないです。

TOEICに関する問題集などを一斉しないで、900点はなんとか超えるということで。1次試験の後ならもう少しましかなあ。

ということで、めずらしくTOEICネタでした。

ご参考にならなかったらすみません。アンチTOEICでもなんでもないです。念のため。ただのおばちゃんです。

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。 

第194回TOEICアビメ

今日もお越しいただきありがとうございます。

TOEICのアビメというものが送られてきました。以前もUPした時に何をどう見ればいいのか教えていただいたんですが、だからといって見方をマスターしたかは別物。結局何をすればいいのかよくわからないですねえ。でも、しばらく受けないから、UPさせていたただきます。写真がイマイチですみません。
141127_1923~01

リスニングです。上から100、87、100、85 UPする意味ないかな。見えないですね。
141127_1923~02
課題は長めのリスニングというのはじゅうじゅうわかっています。「あ、これはこっちだ!」と消しゴムかけてたらリズムが切れること数回。問題をいくつもまるごと落とした結果です。80%台のものはpart3と4に集中してることも自覚しております。うーん、机に向かってやれってことだな。でもなかなかできないです。いつか受けるときの課題ですね。集中と瞬発力。

リーディングです。上から87、100、96、100、96です。
141127_1924~01
文法で落としてますね。たしか悩んだ問題がありました。語彙は「金のフレーズ」が効いたのかな?このところ思うのは、わたしにとっては、ダブルパッセージよりも曲者だなと思うのがpart7のシングルパッセージとpart6です。

リーディングは今までで一番点数がよかったです。ほんとにこれ以上は取れないんじゃないかなあと思います。もともと小説を読んだり聴いたりがメインで、新聞や雑誌すら読んでません。両方できれば尚良しですが、私には働きながら、仕事持って帰りながら、いちおうママで、何もかも中途半端なので、なかなかできまへん。

でもそれではいけないなあと思って、このところはニュースをpodcastで聞いて、世間にかろうじてついていっている状態です。でも、ニュースはたいてい悲惨な事件や悲しいことが中心なので、知ってそれについて問題意識を持つことはいいことだとは思いますが、残念ながら好きとはあんまり思えません。情報を入れてる感じ。ニュースを聞いてそれで英語で話をするときに話題ができますが、事件のことじゃなくて、特集している文化的なことで話が盛り上がることが多いです。

試験前には試験用の読み物、公式の問題しか解いていないです。

それから、part5に関しては普段から基本的な文法を教える立場なので、難易度がよほど高くない限り文法ではあまり迷いがないです。基本をしっかりさせてTOEIC色のあるものを攻略すれば450点は超えると思います。

ということは、試験用の問題を解き続ければ限りなく満点に近づくことは可能ではないかなと思いました。
それが一番近道じゃないかなと思いました。それはどの英語のテストに関しても共通するものですね。

あくまでも個人的な意見ですが、参考になれば幸いです。やっぱり私はTOEICkerにはなれないです。
試験を通して英語力を上げるのは賛成ですが、その試験だけで英語力が測れるかというと無理ですもんね。

というわけでどうしてもパッションがわいてこないです。私は期間限定でしかできません~。たったの2ヶ月弱でももうぐったりです。小説読んでるようには感動しないしなあ。

私の場合は英語での読書が非常に役にたっているので、やっぱり今のスタイルがいいかなあと思います。英語が学べて、感動できて、英語でそれについて語りあうのが楽しいです。同僚の先生と同じ本読んでるときや、英会話の先生と同じ本を読んでいたりすると、その話題だけでも、話してるとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

試験をたてつづけに受けながらも、英語読書も抑え気味でも、止めずに目標の30冊行ったので、自分では非常に満足です。

試験の満点をとるためではなく、大好きな本を速く、深くわかるために英語勉強している。
自分の軸は今はそれだと思います。

あ、自分が英語教師だということが抜けてましたね。追記しとこっと。

今は耳読書が中心ですが、毎日18世紀のスコットランドにタイムスリップした気分です。ちとhotな部分も多いけど~。ワクワクしながら英語が学べるのはやっぱりやめられません。

では、子供のお迎えに行かなくっちゃ。帰ったらまた仕事です。くすん。

読んでいただきありがとうございました。
明日も頑張りましょうね!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

TOEIC950点を維持したもの

今日もお越しいただきありがとうございます。

もう常連さんはご存知だと思いますが、

私はTOEICは苦手です。

というかテスト全般がもともと得意じゃないし、時間がかかります。

去年に960点をとってから、いままでの1年でたしか4回受けたと思います。もっと受けてたかなあ。

平均すると953点。だから950点ぐらいが今のスコアということになります。

去年の10月以来今年の10月までの間はTOEICに特化せずにIELTSと同日に受験、英検の直後に受験して950点でした。

この間受けたものはちゃんと勉強しましたよ。でもリスニングで失速して955点。

いちおう特化して効果が出たかなと思うのはリーディングです。

普通リスニングがもっと伸びるはずなんですが、私の場合はそれが当てはまりません。どんくさすぎ。
リーディングはもともと読むのが速いし、ビジネス関連で親しみがないけど、語彙が難しくないので、ある程度までは大丈夫です。

10月受験でつかった教材を紹介します。

まずはやってよかったと思うものから。

試験前に1冊1000フレーズまるごと毎日音読していました。ここからわらわら出る感じですが、このところ解いてる感じではこれ以外の違う語彙も増えてるような気もしました。それでも、よく考えられてるので、英語使ってる時にここからいくつかを口にしている自分がいました。音読万歳。
これは以前にやったことがあるもので、今回何周かやりました。不正解がほぼなくなるまでやった感じです。

CD付 新TOEICテスト990点攻略 (新TOEICテストスコア別攻略シリーズ 5)
付録まではできなかったけど、かえってやらなくてよかったかも。やってたら、使って良かったものに入っていたかな。かなり難しいと聞いたので、避けました。本は2巡しました。パターンが網羅されてて上手だなあと思いました。説明もすごくわかりやすい。さすがですね。TOEICはやっぱり新しいものがいいような気がします。問題傾向が徐々に変わっていますものね。

5回分模試が入っている韓流もの。これも最新版。これもたしか2巡しました。よかったです。春に受けた時とおなじようなレベルだとびっくりしました。10月はリスニングが難しかったので、これのリスニングのレベルを超えていたのかなと思いました。リスニングの間違いは常に一桁で、2巡目は1,5倍速でテスト解いて手応えはあったので、けっこういけると思ったんですがねえ。

韓流のこれら一連の中から日本の公式6と同じものもあるのではということも聞きました。かなりバランスのとれた感じで癖がないのがすごく本番のテストに近いと思いました。

あと、日本の公式は5より4の方がいいと聞いたので、4しかやりませんでした。4をひたすらBGMで倍速で聴いたりもしてました。アナウンスの声の人たちが他ででてきても聞いたらわかるかも~。

模擬試験は細切れですが、2巡して全部でテスト20回分ぐらいの量は解いたと思います。

あとはそれほどいいなとは思わなかったもの。あくまで個人的な感想です。ご了承ください。
リーディングで450点以上を維持しようと思ったら、これはマストかもしれませんが、私はこれは好きではありませんでした。以前に買ってやっていましたが、同じ印象です。今回も3回ぐらいやりましたが、間違える箇所はいつも同じで、どうも懲りすぎてる感じがしました。解説読んでもどうもしっくりこない自分がいました。答えを覚えてしまったので、それ以上はやりませんでした。
これは悪くはないと思います。へんに凝った問題がなくて素直です。でも高得点狙いの人には簡単だと思いました。
ほかのサイトで見ると、これを絶賛されていることが多いです。これは私は難しすぎると思いました。Aクラス入りを狙う人が、変に手をつけるとやけどしそうな感じ。たしかにこれで高得点をとれれば満点に近づくのかもしれないけど、あまりにも意地悪だ。間違えたところを丁寧に見直しても、「こういう引っ掛けってあり?」みたいに凝った作りだという印象です。それに耐えてきっとみなさん満点とってらっしゃるのかなあ。実際のテストはもっと素直な印象でした。本には3回とあるけど、実際は2回で十分らしいです。

やっぱり公式問題集が本番と近いので、そちらのほうが効果が高いと私は思いました。そちらに重点を置いてやることで、リーディングはある程度まで取れたと思います。今回は485点なので、2,3問間違えたのかな?

難問ばかりのものをやると、かえって初級レベルの問題に当たった時に、「こんな簡単でいいのか?裏があるのでは?」と疑い深くなってケアレスミスするんじゃないかなあと思いました。

以上、だいたいですが、10月の受験に実施につかった問題集を取り上げてみました。やった期間は1ヶ月半ぐらいでやりました。

これはアドバイスを頂いた時に、同感したことなんですが、TOEICは問題集が山ほどあるので、試験範囲が他のテストよりはあるんじゃないかなと思いました。だから人気なんでしょうね。それでも問題集で「ここが出る」はテスト出題者ももちろんチェックしてるから、あまりに使い古されたものはだんだんでなくなってくる。だから、900点ぐらいまでは英語力も必要じゃないかなとも思いました。

しかし、こんなことを言うとまた怒られそうですが、TOEICの勉強をしていると、英検1級とかでインプットした単語やTOEIC関連以外のリーディングが確実に減るので、

実際の英語の力は落ちてるんじゃないか。という感覚が強いです。例えば、ほかのテストは長文問題はもっと難易度が上だし、長文一つがもっと長い。

SWというテストを受けない限り、スピーキングやライティングが無縁の世界で過ごしてしまうのもあります。私は働く受験生ママで、どうも体も言うこと聞かないという言い訳もあるけど、時間は有限なのです。だから特化すると公式をやるだけでも精一杯。しかも細切れです。

英語で過ごす時も、ちょっと英語出にくいと思いながらの時期がありました。それに、英語で小説も読まないので、心が殺伐とした気持ちになりもしました。

950点を超えたところで煮詰まってるのは、英語力もあるかもしれないけど、それよりも「TOEIC力」といわれる英語力と関係のないところが左右しているとも思います。私の場合お給料上げてもらえるわけでもないので、どうも力がはいりません。もともとどんな試験もだけど~。それより、大事なことがあるからだと思います。本を読んだりすることがやっぱり好きみたいです。

自分の中では問題集で特化しても代わり映えしない点数だったので、まあリスニングでこけたのはあるけど、タイトルの答えを言うと、普段の英語漬け生活。強いて言うと、

毎日音読しているおかげだと思います。それが力を維持してくれた。

試験より、点数より、資格より大事なことがあるほうがやっぱりいいや。

でも、頑張ったので、私に役に立った教材がどなたかのお役に立てば嬉しいです。

読んでいただきありがとうございました。

よい週末をお過ごし下さい。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

第194回TOEIC結果 

今日もお越しいただきありがとうございます。またやってしまった・・・。

TOEICの結果です。

しかもまたいつもの「リーディングのほうが点が上」という・・・。

やっぱりリスニングがいまいちだったのいうのが的中。もう受けたくないのになあ。おばちゃんというハンデがあるけど、瞬発力ないけど、(足も遅い、歩くのもかなりゆっくり)頑張ったけど、当日あんな手応えだったので仕方ないですね。



もう、どうしたら点が伸びるのかわからないし、虚しくなるのでしばらく遠ざかろう。

え?点数ですか?いつもと代わり映えしまへん。









TOEIC スコア
  実施日 
  Listening       Reading       Total     

 特化しなくて過去2回950点で、特化して5点アップって・・・。やった甲斐がないですねえ。くすん。

これはやった問題集が悪いとかそういうのではなくて、やっぱりリスニングのときにリズムが崩れるのがダメなんですね。私に必要なのは瞬発力かなあ。公式問題集はもっとできてたので、残念です。満点は諦めていますが、せめていつもの490点ぐらい欲しかったなあ。

リーディングは、もう自分ではこれが限界なような。これ以上TOEIC脳作るのに費やす時間が哀しい。おそらく語彙とかでひっかかったのではなかろうかと思われます。時計忘れて早く終わってしまったがために荒く読んだところがあるのか?それとも外資系とかで仕事しないとだめ?学校でしか働いた事しかないしなあ。世間知らずだからか?まあいいか。→かなりやけになっている。

なんだかんだ言っても、今年のTOEICは終わりです。来年もなしにしたかったなあ。

若い方はリスニングが伸びやすいので、そこから攻めてみてくださいね。何をやったかはまた後日UPできたらしますね。

しかし、今日はネイティブスピーカーと一緒だったので、久々の「ほぼ英語だけで過ごす半日」だったんですが、
英語が出てきにくかったです。それでも"Your English is amazing."と言ってくれる同僚に感謝です。かなりお世辞だろうな(汗)ちょっと言いたいことが出てきにくかったので、英会話でもやろうかなあ。音読しないととたんに出てこないような気がします。

それに、文法も教えるときにまだ瞬時に疑問が沸くときがあるので文法もやろうと思っていたんです。リスニングもテストで点取れないし。生徒の英語を添削してあげないといけないのに、自分は最近書いてないから、なんだか怪しくなってきたし。ああ、やることいっぱいです。

修行は続く。と、いいながらドラマ見ようとしている私・・・。いいのか?

読んでいただきありがとうございました。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

TOEICのアビメがよくわからない

今日もお越しいただきありがとうございます。

ちょっと単純作業な仕事に飽きてきたので、これ打ってます。油売るなって感じですね。

TOEICの結果が郵送で送られてきました。

ふと思ったんですが、いつも皆さんこれ見ていろいろ分析されてますが、実は私、「これはpart5のことを言っているのか?」「これは写真問題なのか?それともpart2?」と思っています。要は自分がええかげんなだけですが(汗)

アビメの意味も誰かに教えていただいて、また忘れてるぐらいですからね。

アビメ上から

Listening
90%
100%
100%
91%

これはpart1,part3,part2,part4の順だと理解しといてよろしんでしょうか?

Reading
96%
100%
100%
96%

こっちのほうがわかってない度高いです。

以前のものと比べても、その時によってできるところとできないところがてんでバラバラです。(ついでに言うならリスニングはその時によってすごい差がある(汗))私はTOEIC力が足りないので、親しみのない語彙が出てきたらお手上げです。

ちなみにちょっと前の960点とった時のものを探したんですが、見当たりません(汗) うーん。

何をどう直して行けばいいのやら。→どっちにしろ、自分のペースで勉強するだけですが・・・。

どなたか教えていただけたらうれしいです。反応あるかなあ。兄さんが教えてくださるかも。

読んでいただきありがとうございました。仕事に戻ります(涙)

2014年3月のTOEIC

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

最近、ほんとにここまで行き着けなくて、読書日記も2冊分書けてない状態です(汗)

今日はTOEICの結果が出る日だったんですね。

実は受験してました。

で。さっきまで気が付いていませんでした。
夜になって、メールを数通打っていて急に思い出しまして見に行きました~。

でも最高記録に達しませんでした。点数はベストスコアじゃないけど、
気づきがあったので、ちょっとUPします。

試験日が実はIELTSと同日でした。だから掛け持ち受験。ものすごく疲れていたのを気づかれていた方もいるかも。次の週のはじめはやたら眠かったような・・・。

連日のIELTSプラス、インタビューテストの直後にTOEICも受験していました。受験会場に遅刻しそうになって、タクシー使いました。駅でIELTSで見かけた人がTOEICの会場にもいたので、同じような事してる人がいるんだと、変に感心してました。

でも、疲れてるわ、滋養強壮剤買う時間もなくて、リスニングの最中はもうあくびが出て大変でした(笑)


試したかったのは、「TOEICに特化しないでどこまで点がとれるか」です。今年に入ってやっていることは英検とIELTSが中心。といってもIELTSはそれほど集中できずにGame of Thronesのドラマにのめり込んでましたが(汗)去年TOEIC用の問題集を数冊やりましたが、今回は全く1冊もやらないと決めて。というかできなかったのが実情ですかね。

昔は英検1級のあとにTOEICを受験していました。それに近いことを今回もしてみました。

結果はこれです。











TOEIC スコア
  実施日 



あちゃー。やっぱりリスニングが。しかもリーディングよりも悪い・・・。このパターンは前にもありました。

今回は実はもう一つ試したことがありました。
IELTSで「スキミング」の練習を多少したんですが、それを試してみました。おかげで試験は20分以上時間が余りました。TOEICでは英文が比較的難しくないので可能だと思いました。

やり方は簡単です。皆さんすでにやってらしゃると思います。

設問を先に読んで、その答えに近い部分だけ読んで答える方法です。

設問はたいてい前から順番に問われるので、最初から読んでいるのと同じようなんですが、設問→問題に目を移して全部を読まずに答えの箇所になっているところまでスピードを上げて読むこともありました。英文をよまず
に単語だけ拾って答えられる問題もけっこうありました。

英検1級でもスキミングまでは行きませんが、設問→問題文の順で読むように最近はしています。IELTSはこれができない場合もあります。設問ごとにあっちこっちに答えが点在してます(笑)

今回のTOEICはリスニングは疲れてできなかったのが大きな原因だと思いますが、リーディングは特化してない分詰が甘かったのだとも思います。でも今までで最高点がとれました。これでリスニングがいつものように480点とか485点ならよかったのになあ。私鈍臭いので今までのリスニングの最高点は490点で、満点とったことないんです(涙)体力が持たないんですが、その言い訳をしないで済むようになりたいとも思っています。

でも、私の場合TOEICは水物です。すごい点が乱高下するので、どう分析すれば良いのやら。
今回はTOEICに特化しなくても900以上取ることは可能だとわかってよかったです。やっぱり自分のやりたいことをやっててもいいんじゃないかなと思えました。

久々のブログ更新です。もうすぐほんとに授業が始まるので、それまでに貯金するような気持ちで日々を過ごしています。仕事が始まったら、またリズムを変えていかないといけません。

また一緒にがんばりましょうね!

読んでいただきありがとうございました。子供迎えに行ってきます!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

TOEIC part3,4の解き方

今日もお越しいただきありがとうございます。日曜日です。

土曜日は週日が忙しくて、最終日に金曜日に一気に仕事もしてきたので、疲れて寝てばかりでした。それに12月なので、恒例の模様替えとかもしはじめて、主婦一色でした。まだカーテン替えてないし、クリスマスツリーも出さないと、まだメルヘンの世界の娘がいますしね。毎年サンタさんを待っています。

今日日曜日は子供の作文の表彰式と、試験の送り迎えでバタバタ。合間に家事をしながらこれ打っています。勉強は無理かなあ。

今日はTOEICの勉強をし始められた方に質問を受けました。すでに英検1級を持たれている方からです。

TOEIC、part 3,4の解き方。

私はリスニングは最高で490点で、満点は取ったことがないので、こんな私が語るべきではないのですが、それなりに思ったことを書いてみよう思います。

私の場合は敵は体力もあります(笑)リスニングに関してはその時によって点が、てんでバラバラ(笑)ヘタするとリーディングより下かリーディングと同じと言う時だってありました。ほんとに。前回もリーディングとの差はわずか10点です。その時の体調で左右されることが多いので実は昔からあてにしていません。

ということは、まだまだ真の実力がないのかもしれません。だから参考にはならないかもしれませんが、そんな私の感想でよければ読んでくださいね。

part 3, 4はリスニングだけでなく、おっしゃる通り、「速読」の力、「スキミング」の力が左右すると思います。読む力がないと解けないようになっています。しかも時間内に。

私が取り組む時には、他の方がされている通り、先に問題文を読みます。余裕のある時は2回。余裕のないときは設問と、答えの選択肢を1順した後、設問を1,2,3と読んだりもします。問題文の量と難易度で変わります。
その時ついでに3パターンの話のイメージがわけばもっと正答率は上がると思います。

それをしたあと、流れてくる英語を聴きながらマークをしています。難易度の簡単な問題はそれですっと終わります。まだ問題文の英文が流れている間に解き終る場合もあります。

終わったら、設問を読み上げている時に次の問題文を読む作業にかかります。

リズムとしては前の設問1の時に次の設問1の設問と答えを読むという感じでリズムをつけて読んでいます。

これが崩れるときは2パターン。

難易度の高い問題(4,5問に1回ぐらいの間隔でやってきます。正答率が一番低いもの)と、いったん聴きながらマークした答えに、聴き終ったあとよく考えると違うと思ってマークし直す時です。それもやはり難易度が高いひっかけのある問題が多いと思われます。

そしてリズムを崩すと次の設問が読めないので、聴きながらか、聴いてから解答することになるので、負荷がかかり間違えやすいです。

part3,4では、ひっかけは、part2では同じ音の単語で違う意味のものを用意するという単純なひっかけではなく、内容へのひっかけがあるように思います。最初に言っていたものが答えを思いきや、最後にどんでん返しがあるというような感じ。

質問してくださった方は、すべて英語を聴いてから問題を読んで解いているという方法を取られています。その解き方は、リテンション力があれば、まさに正攻法の解き方で、真の実力者ともいえるんじゃないかと私は思います。例えば日本語で聴くときにはその力に余裕があるので、できますよね。だから本来そうやって解けるのがいちばんいいんじゃないかと思います。

この間英検のリスニングを解いてそれを感じました。TOEICのリスニングより勿論難しいので、リテンション力をもっと要求されます。問題文を覚えていないといけない。特に難しいのが、第二問。ここで点が取れればリスニングは合格点に達すると思われる難所です。読む時間も与えられるのに先読みしても、私にはかなり難しく感じました。

理想を言えば、速読とスキミングの力、プラス、聴いた英文を覚えておけるリテンションの力の両方があれば鬼に金棒ではないかと思います。

TOEICはスピードが必要で、英検1級は精度がさらにプラスされる感じです。でも英検はリスニングで、6割~8割でも他の分野でカバーができて平均7割でOK。9割を取るのは至難の業なので、TOEICの方が負荷が軽いと思います。リスニングだけで9割はちょっとやればできるようになります。難易度が多岐にわたっているので、かなり簡単な問題から、1級レベルの問題まであります。試験ごとのデータで正答率が出るので、それをシャッフルして、どのテストでも同じ成績が出るように作られているんだなとわかります。まずは簡単な問題をこぼさないことをやれば安定していきます。最後の1割はひねりがあります。それと私が一番苦手とするビジネス特有のもの。だからこれでちょっと補てんしました。
ほんとにここからわらわら出てきます。新傾向になるまでは使えます。さすがです。私の場合は難易度の高い単語の方がわかるという変な傾向でした(笑)600点レベルでも知らないのがあって大笑い。だから点とれないんです。

TOEIC高得点を取られている方々が口をそろえて言うのは、やっぱりTOEIC対策、TOIEC力というのは必要じゃないかなと思います。

去年使っていたPart5対策の問題集で印象に残った文がありました。
これです。
上級者向けですが、問題量が多いので、いいかどうかは何とも。同じ問題が繰り返し出されるので、これもいい人とよくない人に分かれますしね。私は金のフレーズのほうがお勧めです。でも何度もやって上の本もやったりしたので、TOEICの力の蓄積があったかもしれません。

著者の言葉にこうありました
「私がクラスで常に訴えていることがあります。それは『英語の知識を多く持っている人ではなく、英語で業務ができる人がTOEICのハイスコアを達成し、TOEICもそのような設計がされているしそれを望んでいる」ということです。」

今の私に必要なのはこれとまったく正反対のこと。「英語の知識を多く持つこと」です。逆に英語で業務はあまり関係がない。その矛盾と向き合いながらの受験でした。真の英語力ではないことはもう最近では世間の常識だし、TOEICの創設者もすでに認めていること。日本よりもTOEICが必要だった韓国でも、独自のテストに移行しようという今です。

留学したいと思っている方や洋書をスラスラ読みたいようになりたいという希望を持たれている方は、900点ぐらいまでで、やっぱりTOEFLやIELTSに移行したほうがいいと思います。本を読むなら、英検でもいい。日本なら英検1級の方がまだ英語力を問われます。問題形式が多岐にわたっていますしね。英検1級の語彙は英文を読むのをぐっと楽にしてくれるのは事実です。小説は特にその傾向が強いです。TOEICではないものの一つ。

でもTOEICはある意味、客観テストとしてはよくできているし、モチベーションにはなります。ビジネスにはこのテストはやっぱり有効だと思います。それに今の日本では点数を履歴書に書くとかなり得です。だから今後もまた現状維持のために受験します。満点はとれないかもしれませんが。

さて、ここのブログに移ってからの初めての「はてなシリーズ」。しかもお題は私の鬼門のTOEICでした。きっともっと的確な答えを持ってらっしゃる方々がいらっしゃると思います。こんなんですみません。

ご参考になれば幸いです。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

道しるべ

今日もお越しいただきありがとうございます。寒いのが苦手です。

昨日からなんか調子悪いとはおもっていたんですが、今日はめずらしく仕事を早引けして帰ってきました。
いや、おはずかしいんですが、膀胱炎になったようでトイレにすぐいきたくなるし、熱っぽいし。朝急いで病院に走って抗生物質もらって飲んだんですが、なかなかきかず、

1つ授業をして、「これは1時間もたない」と判断しました。帰りの車もこわかった。今やっと効いてきた感じです。

というわけで、昨日からジャーナルをほぼ日刊にしてがんばろかと思った矢先にこれですね。腰も痛いしなあ。やっぱり冷える冬はおばちゃんにはよくない。かさむ光熱費をもうけちらずに暖房つけてあったまります。(車にも座席に寒冷地仕様のヒーターをつけています(笑)今日からつけました)熱もあるみたいなので、おとなしくしています。

膀胱炎って小学生以来なった覚えがないんですが、その頃私は腎炎にまでなったので、怖さをなんとなく覚えています。昨日はりきって運動と勉強したのがだめだったのかなあ。

これだけだと英語ブログになりませんね。帰宅したらとどいてたので、記念にこれUPしときます。2度ととれないかもしれないし(笑)
131126_1311~01
せっかくPCでの貼り方をおしえていただいたのに、PRT Scを押してもうんともすんとも言ってくれず、写真とりました。英検を主軸に勉強しないとやっぱりここまでとれないような気がします。

私の場合はなんでも人の何倍もかかってるような気がします。でもいつもそうですからね。亀のようにゆっくり。

前回3年ぶりに受験した1級が不合格Aだったのも、あのまままた合格とらなくてよかったなあと今になると思います。

試験に向けてボキャビルを昨日また再開してみて思いました。

これはもっとボキャブラリーを増やす時間や、英語で読んで得られる感動、知識や、英語をもっと聞けるようになるチャンスや、まともな英文を書くチャンスを与えられたんだなと。

試験に受かるためではなく、英語力をつけるためのガイド。

今までもがんばってきましたが、これからもがんばる機会を与えてもらっている。ということで不合格は必然。

英検1級に受からずに奮闘し続けた数年も、やっぱりそれに見合う英語力がなかったから必然。

今ある自分も必然なんだなと思います。

がんばった結果ではなくて、がんばってきた道筋が宝物。

それがわかっただけでも人生捨てたもんじゃないなと思います。

またてくてく歩いていけばいいですしね。

一緒に歩める仲間とともに。

今日も読んでいただきありがとうございました。
明日もがんばりましょう。今日は休みまーす。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

2013年10月27日実施第184回TOEIC結果

今日もお越しいただきありがとうございます。お元気ですか?

いつも拍手やコメント本当にありがとうございます。

今日はちょっと肩の荷が下りた気分です。理由はいくつか。

今日で一応春から苦しみながらこなしていた英語の添削の仕事が今日で一区切り。和文英訳の宿題を提出させてひたすらその英語を添削していました。ウィークディは子供のお受験もあって午後から夜までなんだかバタバタするので、週末を中心にがんばりました。(週末もバタバタですが)あんまりお休み気分がなくて、好きな読書も減り、映画も観れない日々で悲しかったなあ。

二つ目はここのところ、臨時で頼まれた家庭教師の代講を夜にしていました。病気の先生が復帰されてきたので一応先週で終わりました。保護者の方に「これからも先生でお願いしたい」と言ってもらえてちょっとうれしかったけど、毎回終わると夜中で、パパがいない時には私の母に家にいてもらわないといけなくて、そのたびに高齢の母が体調を崩し気味だったので、時間的には今後は無理。でも喜んでもらえてよかったです。

三つ目は二年たってもうんともすんとも動かなかったTOEICの点数がやっと動いてくれました。英検の試験の次週に受験したのが功を奏したのかもしれないし、あまりにも勝負に弱い私を見かねてふっとラッキーが舞い降りてきたのかもしれないし、いつもの四倍の値段の滋養強壮剤が効いたのかもしれません(笑)もしくは前のブログを試験の前日に最終回にして、肩の力抜いて受けたのがよかったのかもしれません。

自分の中の目標は前のブログに書いた通り、950点でした。

でもタイ記録が920点だったので、「せめて今年中に930点ほしいなあ」と思っていました。

結果は、

リスニング485  リーディング475  トータル960点でした。


ああ、肩の荷が下りました。もうこれ以上は無理かも~。

自分にとってはなかなか困難だった環境でなんとかがんばりました。ほんとにたまたまかも(汗)

なんとかHPの点数のページを貼り付けようと試みたんですが、やり方がわからない。どなたか教えてくれたらうれしいです。

私の勉強方法は「最短でTOEIC900点、950点over」というやり方とは対極だったんじゃないかと思います。

ご存知の通り、私はTOEICの勉強が好きではありません。夏からちょこちょこ見ていたのは「金のフレーズ」のみです。あとは、いわゆる売れ筋の模擬試験のしかもリスニングテストだけを夏から一回か二回できたらいいほうでした。「議事録」とか「チラシ」なんてTOEIC600点レベルの単語すらここ最近知りました。

オーソドックスに小説を読み、聴き、ナチュラルスピードのニュースを聞き、仕事で必要な英作文の対応に追われる日々。それに英検1級のレベルの文を週に3,4回読んで音読という勉強法です。テクニックや解法はまったくしりません。先読みは試験中に自分で気が付いてするようになりました。英語もガッツリ読んで答えています。

以前からいろんな方もおっしゃってることですが、最後はTOEIC力が左右するんじゃないかと言うことです。はっきり言って私は持ち合わせていません(笑)そのテクニックを究めるより、英語の本を読む時間を確保したいのが本音です。

で、試験に特化しきれなかったことを後悔しているか?

後悔していない自分に気が付きました。

TOEICだけに特化していたら、大好きな読書ももっと減らさないといけなかっただろうし、英検も不合格Aどころか、Bだったかも(笑)

経験上、点数はものすごく乱高下します。50~60点もあいたりね。だから英語力だけの問題なんだろうか?と実は思ってもいます。

正直申し上げると、TOEICの点数が800点台後半でも900点越えても、ペーパーバックを読んでいる感覚の違いはここ2年、あまり差がないように思っています。TOEICを物差しにするにはあまりにも基準を満たす条件が少なすぎるのではないかなと、去年の実験(前のブログの記事です)で実感しましたしね。説得力ないかなあ。すみません。

読書をしてて、自分の英語の力がついていないかというと実は違います。テストでは測れない英語の力があるはずだとも思いたいです。海外の友人と電話で話したり、メールのやりとりしたり、チャットしたり、同僚のネイティブスピーカーとやり取りしていて、いつもそう感じてきました。でも証明できないですからね。自分のなかの主観的な実感だけ。

でも、このところやり取りしているNZの友人が今日またメールをくれました。なんと、私のメールの間違いを直して送ってくれたんです!!この新しいブログのアドレスも教えてねと言われたので、送ったら、読んでくれてるんです。日本語の勉強になるかなあ、わたしの下手な文章で汗)でも、ありがとう!my kiwi sister!

彼女がメールでこうも書いてくれました。そのまま引用させてもらいます。

ーI think your English is pretty impeccable to be honest though. Please don't be so hard on yourself. The nature of language learning implies occasional mistake-making. No mistakes, no learning.ー

点数で証明できなくても、この言葉で救われます。これが私の英語の合格証。

これからも今までと変わらずまたコツコツ、生活の一部として英語と楽しく向き合っていくことはなにも変わりません。

そんなシンプルな努力の日々を過ごして気が付くと

「そろそろ取らしてあげるよ」とちょっとご褒美がある。

で、また歩き出します。

また1級にも再挑戦したいです。でもそれは本をもっと読めるようになるためと、英作文、英語がもっと上手に指導できるようになりたいというのが目的です。

一緒にがんばりましょう。やるべし、やるべし!ですね。

今日も読んでいただきありがとうございました。
明日もがんばりましょう。

仕事に戻ります(汗)あと少し!

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。

TOEIC受けてきました。

今日もお越しいただきありがとうございます。

TOEICの本格的な勉強を結局せずに受験しました。朝はNZの友人に長いメールを英語で書いていたんですが、それが役に立つとも思えませんしね。

ブログを引っ越ししてから、ちょっと肩の荷が下りて、こうやってTOEICのことも書けるようになってきました。前はプレッシャーが大きくてなかなか書けなかったんです。「勉強の方法」を求めて私のブログにいらっしゃる方々が多くていつも一生懸命でした。私も知りたいけどなあと思いながら、自分にできることを必死で考えて書いたりしたときもあります。

このところいつも受験するときには、こういうのを買って挑んでいました。
どうしても体が最後までもたないんです。この間はかなり寝不足で、フラフラだったので1000円のドリンク飲んでました。1000円のご利益は明日分かります。

でも今日は昨日夜遅くに家族でお湯場に行ってぐっすり寝たので、試験直前もあんまりしんどくなかったんです。だから何も買わずに試験会場に入りました。

でも、やっぱり後悔しました。260円でも買って飲むべきでした。くすん。

リスニングきいてる間に何度もあくびをして、あふれる涙をふきふき解いていたおばちゃんは私です。きっとそれが点数に反映するだろうなあ。

どうもぼおっと聞く癖がついているのか、今日のリスニングはいつもと違う感じで解いた問題があります。ほんとはテクニックとして先読みして聴きながら解くんですが、ぼおっとあとで思い出して解くみたいなものが数問ありました。ストーリー全体を予想するというか、あとで「こういう話」という大要で解いていました。

リーディングはいつもは最低1問ぐらいは「お、これ前に解いた」問題がシャッフルされて出ることが多いんですが、今日はそれがなかったです。リスニングもなかったような。

たいていだいたい7分ぐらい前に解き終るのが平均的な時間なんですが、以前に少し点が下がった時は15分も余ってました。英文が難しくないので、ついざざっと読んでしまいました。あまりスピードを上げないようにしないとと心がけています。

シングルパッセージは1回読んで問題文を読み、また問題文をチェックして解くように心がけています。2回読んでいる感じです。たまに3回もあります。それは難易度の高い問題じゃないかなと思っています。すごく短いのは別。

最後のダブルパッセージに入るのは35分から30分を残すぐらいで入るのが常です。そこからさらに意識して速度を落とすようにしています。2回読むことを意識してやはり解きます。

時間が余れば、part5に戻ってできるとこまで見直しています。

でも、経験から言うと、時間が余らない方がリーディングは出来がいいような気がします。じっくり長文を読んで精度が高いのではないかと思っています。

私がTOEICを受け始めたのは、1997年か98年(追記:1996年の始まったぐらいだったと思い出しました。97年は確か留学してたからその前。)ごろだったと思います。問題量はここ数年でかなり増えています。

長文が難しいとかはあんまり思って解いていないです。単語もわからないなと思っていません。(実際はわかってないかも(笑))そこが実は曲者なんですよね。でも満点近くいかないのは、TOEIC力だと思って、ボキャビルしてみました。でもなかなか効果でてませんね。今日はTOEIC単語とは思えない知らない単語が一つありました。消去法でそれが答えかなと思ったんですが、自信ないです。

このやり方で、だいたいリーディングは400点以上450点のスコアな感じです。400点なかったらどうしよう。リスニングは体調で変わるのでもっと乱高下します(笑)400点から480点ぐらいの幅がある(汗)今回はあくびが邪魔をした・・・。

900点越えを狙ってらっしゃる方の助けにはちょっとはなるかなあ。なるといいなあ。

解き終って鉛筆を置いてなんとなく周りの雰囲気を感じるんですが、鉛筆おいている人はあまりいないように思います。あのテストは800点代後半にならないと最後までいけないように作られていると私は思っています。たくさんの人が後半数十分はページをめくる速度が速くなって、色塗りしています。

今回は私も900点ないかも~。えらそうなこと言えません。でもまあいいです。こうやってかけてなんとなく気持ちもいいですしね。

今日は夕食も今終わったので、洗い物したら、タダ券が今日までなので、家族でまたお湯場に行ってまいります。
今年のTOEICは終わりです。来年は今年ほど受ける予定は今のところないです。また2年以内に更新する感じで行きます。

受験された方、お疲れ様でした。

私もちょっと休憩して、楽しみながらしばらくしたら、英検1級の勉強を少しずつ始めれたらいいなあと思っています。ボキャビルして読書をもっと楽にしたいですしね。

読んでいただきありがとうございました。
来週もがんばりましょうね。

お返事できない非公開としてコメント欄をつけさしていただいています。カウントは常に(0)ですが、ちゃんと届いています。いただいたコメントはいつも感謝と共に大事に読ませていただいています。ご了承ください。
記事検索
ギャラリー
  • 冬のくだもの
  • 冬のくだもの
  • 新しいボキャビル始めました
  • 脱力中
  • 試験を受ける方へのエール
  • 初の試み「音読生活」(含む旧ブログ)拍手ランキング
2017年の洋書本棚
2016年の洋書本棚 50冊
2015年の洋書本棚 60冊
2014年の洋書本棚 35冊
2013年の洋書本棚 50冊
2012年の洋書本棚 95冊
2011年の洋書本棚 50冊
2010までの洋書本棚 34冊
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
  • ライブドアブログ